[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
松代屋の掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!



231.面白いですね。 返信  引用 
名前:山城の画餅    日付:2005/2/4(金) 22:47
駅は街の玄関口。
姥捨駅の駅舎の窓は「亀」の様に見えます。
鈍行のマークでしょうか。
新村駅は街灯から稲妻が。
もしかして、新幹線特急「ひかり」の命名ルーツは此処にあったのでは???。
夫々味のある風景ですが、その味を見付け出されることに感心致します。
この様なことを始めたら、もう特急には乗れませんね。
※人物伝「楠木正成」拝読させていただきましたが本日はこれにて。



232.Re: 面白いですね。
名前:松代屋重五郎    日付:2005/2/6(日) 21:24
山城の画餅さま。毎度ありがとうございます。

レトロな駅。いいものですが、今のうちに訪ねておかないと、建てかえられたり、廃止されてしまうのではないかという危惧の面から見て回ることにしました。行動半径上、長野県内のみになると思いますが、面白い物件があったら番外編で紹介したいと思います。

しかし、地方私鉄は慢性的な赤字続きから存立の危機に立っています。
本日、別所線にも行ってきたのですが、存立の危機が叫ばれていました。
このサイトによる紹介がほんの少しでも存立の役に立てばと思ってやみません。
http://oniheru.fc2web.com/

229.レトロ 返信  引用 
名前:つーやん    日付:2005/1/16(日) 22:48
こんばんは。

レトロな駅舎はやはりいいものです。特に今私はこんな都会に
住んでいるので、そんな駅舎で静かに何時間でも佇んでいたい
気持ちでいっぱいです。
今後も安らぎを与えてくれる駅舎に期待!!しますぞ。



230.Re: レトロ
名前:松代屋重五郎    日付:2005/1/17(月) 21:47
こんばんは。
レトロな木造の駅って懐かしいと言うか、いい雰囲気がありますよね。
自分のよく知っている町でありながら、駅が変わったことによって町まで他所の町のようになってしまった。そういう経験ありませんか。っていうか自分自身経験があるんです。
そりゃ、老朽化によって建て替えるのはしょうがない。でもその前に写真だけでも撮っておきたいというのが今回の企画です。よろしくです。
http://oniheru.fc2web.com/

226.「建勲神社」について 返信  引用 
名前:山城の画餅    日付:2005/1/14(金) 21:50
 見出しの件について、分かりまた事項を、お知らせいたします。

 神社名、建勲神社(たけいさおじんじゃ 通称けんくんじんじゃ)
 所在地、京都市北区紫野北船岡町49番地
 御祭神、増太政大臣正一位 織田信長公
 宝 物、
 @重要文化財 「太刀 一振」
        (永禄3年5月19日 今川義元討捕刻彼所持刀
         織田尾張守信長)
 A重要文化財 「紺糸威胴丸具足 1領」
         御祭神桶狭間合戦着用
 B重要文化財  信長公記
 Cその他    刀、太刀、剣、短刀、脇差等
             以上同神社パンフレットから。

 拝観について
 宝物所有は、建勲神社であるが、京都国立博物館に常時保管預けし ており、宝物の消息は、同館に聞かねばわからない。
 宝物が、当神社に返ることはなく、又神社独自で、何れかで展示す ることもない。(社務所神官の話)
 神社境内は自由拝観、との事でありました。

 京都国立博物館に廻ってみますと、3月の年度代わりまで、刀剣類等の 展示計画はないとの事でありました。
 4月から、新年度展示計画となるが、パンフレット等、今は出来ていないとの事でした。
 具足はパンフレットで見ますと、それは立派なものでしたが、どうも締めくくりの部分で、気の行かない答えとなり申し訳ありません。
 以上で御座いました。
   



227.Re: 「建勲神社」について
名前:松代屋重五郎    日付:2005/1/15(土) 16:26
山城の画餅さま。建勲神社ならびに京都国立博物館に足を運んでいただいたようで、本当にありがとうございます。
今度、上洛の折の参考にいたしたいと思います。
http://oniheru.fc2web.com/


228.楽しい時間でした。
名前:山城の画餅    日付:2005/1/15(土) 21:52
どういたしまして。
実は、私も宝物に興味を抱き、目にしてみたくなったのです。
情報を、提起して戴いた当方がお礼申し上げます。
楽しい時を過ごさせていただき有難う御座いました。

222.城下町を行くを拝読 返信  引用 
名前:山城の画餅    日付:2005/1/12(水) 0:3
 前回に引き続きまして、本日は「城下町をゆく」読後感等を、お話させて戴きたく、又訪問させていただきました。
 私は、山城に居住しておりますので、貴ページ「京都を行く」本能寺編を拝読し、再認識のため即参詣して参りましたが、前回と異なる観点をインプットしておりましたので、見るものが新しく見え、大変楽しかったです。
 まさに、灯台もと暗しで、前知識を持つと持たないとでは、見学の楽しみ方が異なってきます。
 この様な意味で、私は、「自分の足で取材された紀行文」を拝読させていただくことが趣味です。
 さて、管理人様は、松本城下を行かれたときは「トンカツ」を、京都にこられた時は「○嶋亭のすき焼き」を食されたとあります。
 これを、食して下さいました事は、京都人として大変嬉しいです。
 まさに、記述されているとおり、池波正太郎の世界ですね。
 今度入洛されるまでに、秋山小兵衛よろしく「菜飯屋さん」を見つけておき、連絡させていただきましょう。
 あ、それから前回は、甲冑を着けたときの身の抵抗感等、体感者にしか出来ない貴重な回答をいただき喜んでおります。
 本能寺を、楽しませていただいたことと、あわせお礼申し上げ、本日は失礼します。
 
 



223.Re: 城下町を行くを拝読
名前:松代屋重五郎    日付:2005/1/13(木) 0:19
山城の画餅さま いらしゃいませ!!
当、HPをみて本能寺に参詣。ご参考になってうれしく思います。身近なため気づかないことって多いですよね。私も「自分の足で歩いた紀行文」読むのが大好きです。ガイドブックだけではわからない点など歩いた人じゃなきゃわからないということが多いですからね。これからもそういう観点で書きたいと思います。
ところで、画餅さんに質問なんですが、船岡山に織田信長を祭った「建勲神社」があるそうなんですが、どういうかんじの場所でしょうか?ネットの案内では明治になって造られた比較的新しい神社のようですが。信長が桶狭間の合戦で今川義元から奪った左文字の名刀や信長着用の甲冑など保管されているようですが公開はされてないのでしょうか。その辺のことご存知でしたら教えていただければありがたいのですが。


224. 中間報告します。
名前:山城の画餅    日付:2005/1/13(木) 22:20
 建勲神社について
 建勲神社は、通称織物の町「西陣」と申します地に御座いますが、未だお参りしたことがございません。
 但し、昨年度、小生、拙サイトをアップするに際しまして、同神社の周囲一帯を散策したことが御座います。
 その時、感受しました事項は、ページ内「料亭大市の建物の周囲に残る刀痕」の項に記載しておりますので、参考となるか否か分かりませんがURLを添付致します。
 当該神社付近には、豊臣秀次の居所であった「聚楽第」等があったそうです。
 同神社所有の「宝物の拝観等」に関します事項は3〜4日お待ちください。
 京都に左様な宝物があるなんて、楽しくなってきました。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~toukondankon/


225.Re: 城下町を行くを拝読
名前:松代屋重五郎    日付:2005/1/13(木) 23:11
早速のご返事ありがとうございます。
あの辺りに聚楽第があったのですね。大変勉強になりました。

貴HPの「幕末刀痕弾痕」大変興味深く拝見させていただきました。
生々しい歴史の生き証人。それを見るときちょっとした緊張を覚えます。
それにしてもかなりあるもんですね。
http://oniheru.fc2web.com/

218.初めまして。 返信  引用 
名前:伊能四郎    日付:2005/1/1(土) 21:40
先日NHKスペシャル映像記録史「太平洋戦争」を見まして、
戦艦大和がレイテ湾で謎の反転をした話を知り興味を持ちました。
そこで検索エンジンで検索したところ、「シリーズ提督の決断」がヒットしました。
「日本史人物伝」がとても面白いです。
また来させていただきます。



219.Re: 初めまして。
名前:松代屋重五郎    日付:2005/1/4(火) 13:41
伊能四郎さん。はじめまして。
年末年始、実家に帰っていたものでご返事が遅れて恐縮です。

レイテ海戦は謎が多いのですが、未だに真相がわかりません。「栗田提督」の項を書くときもいろいろ説がある中でワタシがもっとも納得した説を取り上げて書きました。
歴史とは必ずしも過去のことだけではなく、現在を生きるわれわれにさまざまな教訓を示唆します。このことを書きたくてあーでもない、こーでもないと言いながら書いています。(笑)

これからもご贔屓によろしくお願いします。またお出でくださいませ。


220.Re: 初めまして。
名前:伊能四郎    日付:2005/1/7(金) 15:5
 お返事ありがとうございます(^^)。

 私は38歳になりましたが、ここ数年、「歴史」というものに興味が
沸いています。高校生の頃はいわゆる「社会・理科」などまったく面
白みのない教科だなあと感じていました。

 しかし、私も年をとり、円熟味を増し(笑)、松代屋様のおっしゃ
る「現在を生きるわれわれにさまざまな教訓を示唆します」が分かる
ようになってきたのです。もしかすると、世界の歴史を良くご存じで
あればあるほど「世の中は同じことを繰り返し、同じ轍にはまってい
るなあ」とお感じになるのでしょうか。あるいは、人が少しずつ賢く
なっていっているとお感じになるのでしょうか。

 私はまだそのような認識には至っておりませんが、とにかく「歴史
って面白い、役に立つなぁ」と思うようになりました。とりあえず簡
単な本から読み始めています。今後ともよろしくお願い致します。


221.Re: 初めまして。
名前:松代屋重五郎    日付:2005/1/7(金) 23:57
こんばんは。

学生時代に歴史は面白くないと思った人はかなりいらっしゃいますね。
それは、やっぱり歴史は暗記ものという考え方が主流だからだと思います。
確かに、学校の場での歴史教育は暗記中心。これじゃ、面白くありません。私も、受験の経験があるのでわかるのですが、受験の歴史勉強って役に立ちませんね。受験が終わると忘れてしまうので意味がないんです。

でも、実際、歴史というのは、人が生きていく上での知恵や教訓などが詰まっていて大変興味深いものです。

例えば今回、四郎さんが興味を持たれた太平洋戦争。戦場という過酷かつ異常な状況下において迫れられる迅速な決断。指揮官たちが下したその決断を今日、我々は非難はできませんが批評はできます。
我々の生活のなかでも決断を迫られることがあります。そんな中でふと、「あの場面で、○○提督の下した決断は・・そしてどうして成功し、なぜ失敗した」と考えることで決断を下す判断の材料になることもあるのではないかと思います。(やや強引ですが)

また、個人だけではなく社会や組織論など歴史は大きく引用されます。やっぱり歴史は知っていなくては駄目だと思います。といいつつも、自分の興味のあることから勉強していくのが1番いいことだと思います。
とりとめのない話になってしまいましたが、四郎さんの「歴史って面白い、役に立つなぁ」という感想がうれしくてうだうだと書いてしまいました。

これからもよろしくお願いします。

216.ありがとうございました 返信  引用 
名前:つーやん    日付:2004/12/25(土) 18:29
こんばんは。

ネットがまだなんで会社からやっと見れました。
先日はどうもお疲れ様でした。
楽しいひと時を過ごすことが出来て、ほんとにうれしかったです。
また機会があれば、お会いしましょう!



217.Re: ありがとうございました
名前:松代屋重五郎    日付:2004/12/26(日) 12:3
こちらこそありがとうございました。
大変たのしかったです。
一度、こちらへも遊びにおいでください。

214.始めまして。 返信  引用 
名前:山城の画餅    日付:2004/12/20(月) 21:9
 始めまして、山城の国の画餅と申します。
 幕末サイト検索中に辿りつき、マイ甲冑での祭礼参加写真、得と拝見させて頂きました。
 甲冑について、以前某TV局が「秀吉中国返し実験」等のタイトルで大学生を使役し、同スピード、同装備で実験しましたが一時間位で全員リタイアしたのを見ました。
 それだけの重量で、行動は相当に制限されると想像します。
 にも拘らず、あの背筋の伸びた姿勢と写真は、甲冑が身を引締めたか、またまた、ルポマン様のカメラ技術でしょうか。
 どちらにしましても、大したものと感心させられました。
 その他、実際に足を運ばれての、楽しい読み物も拝読させていただいた感想も御座いますが、本日は先ずご挨拶まで。
 ありがとう御座いました。



215.Re: 始めまして。
名前:松代屋重五郎    日付:2004/12/21(火) 21:52
山城の画餅さま。はじめまして。
当サイトへおいでいただきありがとうございます。

「中国の大返し」たしかに甲冑つけての大返しは不可能でしょうね。
史実では「小荷駄隊」と当時よばれた補給部隊が甲冑や武器を運んだようです。
まあ「中国大返し」は別として実際は甲冑をつけて行軍することはあったはずなのでそれでも大変だったことは間違いないと思います。

甲冑をつけての感想ですが、動きは相当制限されます。古武術のなかには甲冑をつけたのを想定しての流派があるそうですが、なるほど納得させられます。


これからもご贔屓によろしくお願いします。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb