[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
伊勢中世史研究会掲示板
中世の伊勢に関して議論をしていく掲示板です。会員の方以外もご自由にどうぞ。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前 一覧
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付




893.第15回三重県の中近世瓦を見る会のご案内 返信  引用 
名前:事務局 竹田憲治    日付:2016年1月22日(金) 6時48分

第15回三重県の中近世瓦を見る会のご案内

開催日時:平成28年1月30日(土)9時30分集合
場所:三重県埋蔵文化財センター(斎宮歴史博物館)
集合場所・時間:斎宮歴史博物館駐車場に9時30分集合
実見資料:佐田遺跡出土瓦
※会員のみが参加できます。

892.交流展示「すばらしい三重の文化財1『うけつぐ、まもる、つたえる。』」 返信  引用 
名前:多度神宮寺    日付:2016年1月8日(金) 9時29分
三重県総合博物館で、交流展示「すばらしい三重の文化財1『うけつぐ、まもる、つたえる。』」が開催されます。
三重県指定文化財等所有者連絡協議会と三重県総合博物館が連携して、三重県内の個人・団体の所有する優れた文化財の公開・活用を行うことを目的とした交流展示です。
第1回目は、多度大社の銅鏡(重文)が30面すべて出陳されます。
 
1 展覧会の概要
 期  間:平成28年1月9日(土曜日)から1月24日(日曜日)まで
      ※期間中の休館日は1月12日(火曜日)・18日(月曜日)
 開催時間:午前9時から午後5時まで(土日祝は午後7時まで)(入      場は閉場の30分前まで)
 会  場:三重県総合博物館(MieMu)3階企画展示室(津市一身田      上津部田3060)
 観 覧 料:無 料
 主  催:三重県総合博物館、三重県指定文化財等所有者連絡協議会
 後  援:三重県博物館協会、三重県教育委員会
 助  成:公益財団法人岡田文化財団

2 主な出展資料
 ・多度大社所蔵 銅鏡(重要文化財)、金銅五鈷鈴(重要文化財)
 ・伊奈冨神社所蔵 木造男神坐像(重要文化財)、伊奈冨神社御神宝(県指定有形文化財)
 ・朝田寺所蔵 曾我蕭白(そがしょうはく)筆 唐獅子図 附杉戸絵(重要文化財)
 ・三重県総合博物館所蔵 羅漢図(県指定有形文化財)
 ※多度大社銅鏡30面の一挙展示、伊奈冨神社男神坐像と随神像すべてそろっての展示は、非常に貴重な機会です。
 ※近年注目されている、伊勢と縁の深い奇想の画家・曾我蕭白の代表作が展示されます。
 ※羅漢図は当館初公開です。

3 ギャラリートーク
 日  時:平成28年1月11日(月曜日・祝日)午後2時から
 場  所:三重県総合博物館(MieMu)3階 企画展示室内
 参加方法:当日会場にお集まりください。

891.第45回三重大学歴史研究会大会の開催について 返信  引用 
名前:三重大学歴史研究会    日付:2015年12月17日(木) 23時35分
 下記の日程で三重大学歴史研究会大会を開催します。本会では、活動を市民のみなさまに知っていただくべく、会員以外の方の参加を広く呼びかけています。午前中は、藤堂藩の炮術師、中国唐・宋時代の犬食文化、中国における七夕をテーマとして、学生による研究報告を行います。
 午後は高校世界史教科書の執筆者の一人である東京大学の杉山清彦先生(中国近世史、大清帝国史)、本会の藤田達生先生(日本中世・近世史、織豊時代史)を講師にお迎えし、シンポジウムを開催します。テーマは、東アジアの近世国家で、16〜17世紀に東アジア各地域に興った新政権の特徴や成立の背景を中心に、東洋史・日本史それぞれの立場から御講演いただきます。現在学校現場で教えられている歴史教育をふまえつつ、最先端の研究内容をお話しいただいた後、来場者からの質問も含めた対談を行う予定です。
 学生部会のみ、シンポジウムのみの参加も可能です。みなさまの幅広い御参加をいただきますよう、よろしくお願いします。

第45回三重大学歴史研究会 大会
日時:2016年1月30日(土)午前8:30 受付開始
場所:三重大学 総合研究棟U 2階 会議室2・3

【大会日程】
 8:30 受付開始
 9:15 開会
 9:30 学生部会報告
     楠田崇平・釈迦郡拓真
     「藤堂家に関わった炮術師・鉄炮隊像」
     杉本和希・旦木里奈・白雪
     「唐宋における犬食の南北比較」
     小川のどか・加藤朗子・王菲
     「中国における七夕の伝説と現在の行事」
11:40〜13:00〔昼食休憩〕
13:00 シンポジウム「東アジアの近世国家―大清帝国と江戸幕府―」
      杉山 清彦 氏(東京大学大学院総合文化研究科准教授)
      「近世東アジアの二つの武人政権―大清帝国と江戸幕府―」
      藤田 達生 氏(三重大学教育学部教授)
      「日本近世国家形成と東アジア」
      討論
16:10 閉会

※講演終了後は、会員の総会等となりますので、会員以外の方は16:10迄となります。
※会員以外の方は資料代(300円)をお願い致します。

〈お問合わせ〉
〒514-8507 三重県津市栗真町屋町1577
三重大学教育学部歴史学研究室内 三重大学歴史研究会
電話(059)−231−9219(大坪) E-mail:otsubo@edu.mie-u.ac.jp

 教育学部校舎は三重大学ホームページを参照してください。トップページ右上の「キャンパスマップ」をクリックするとマップが表示されます。マップ内のKが総合研究棟Uです青い矢印部分が入口になります。

890.第14回三重県の中近世瓦を見る会のご案内 返信  引用 
名前:事務局 竹田憲治    日付:2015年12月13日(日) 9時19分
ほぼ月例の三重県の中近世瓦を見る会を行います。参加は会員限定です。

開催日時:平成27年12月23日(祝)9時30分実見開始
場所:伊賀市I氏宅
集合場所・時間:上野ドライブイン(名阪国道大内IC出てすぐ)に9時集合
実見資料:伊賀国中世寺院出土瓦

889.第13回三重県の中近世瓦を見る会のご案内 返信  引用 
名前:事務局 竹田憲治    日付:2015年11月8日(日) 16時0分
皆様

次回の三重の中近世瓦を見る会を11月14日(土)に伊賀市にて行います。
集合場所は西蓮寺駐車場(伊賀市長田)、集合時間は9時30分とします。西蓮寺から約5分の百田不動寺にて伊賀の中世寺院出土の瓦の実見を行います。

888.『伊勢の中世』227号出ました! 返信  引用 
名前:事務局 竹田憲治    日付:2015年9月19日(土) 7時50分
本会の会誌、『伊勢の中世』の227号が出ました。内容は味噌井拓志さんの「名所図会に描かれた狛犬について」です。江戸時代後期の「西国三十三所名所図会」、「伊勢参宮名所図会」に描かれている狛犬の現状をレポートしています。“中世”ではないですが、ご愛嬌。配布は会員限定です。入会希望の方は掲示板に書き込んでください。

887.『伊勢の中世』226号出ました! 返信  引用 
名前:竹田憲治    日付:2015年8月15日(土) 9時37分
伊勢中世史研究会の会誌、『伊勢の中世』226号が出ました!内容は小生の「津市美里町穴倉金剛寺、福徳寺の一石五輪塔1」です。同地にある天正十二年銘の2基の一石五輪塔の紹介です。

886.『伊勢の中世』225号出ました! 返信  引用 
名前:竹田憲治    日付:2015年8月11日(火) 9時10分
伊勢中世史研究会の会誌、『伊勢の中世』225号が出ました!内容は伊藤徳也さんの「那智勝浦紀行 付本宮町の城」です。熊野灘東岸和歌山県域の城跡の紹介です。

885.『伊勢の中世』224号出ました! 返信  引用 
名前:竹田憲治    日付:2015年8月9日(日) 17時43分
伊勢中世史研究会の会誌『伊勢の中世』224号が出ました!内容は小生の「津市白山町川口 西称寺の一石五輪塔」です。同寺にある元亀二年(1571年)、元亀三年(1572年)銘の一石五輪塔の紹介です。

884.『伊勢の中世』223号出ました! 返信  引用 
名前:竹田憲治    日付:2015年8月8日(土) 7時41分
本会の会誌『伊勢の中世』の223号が出ました!内容は小生の「津市白山町岡 称名寺の一石五輪塔2」です。同寺にある、永禄五年(1562年)銘の2基の一石五輪塔の紹介です。

882.2015年度戦国・織豊期研究会の開催のお知らせ 返信  引用 
名前:石神教親    日付:2015年7月7日(火) 12時40分
2015年度戦国・織豊期研究会の開催のお知らせ

今年度も下記の要領で戦国・織豊期研究会を開催いたしますので、
よろしくご参加下さい。



1 日時 2015年7月31日(金)〜8月2日(日)
2 場所 中京大学名古屋キャンパス
    (愛知県名古屋市昭和区八事本町101-2)
3 内容 
7月31日(金)午後2時〜 古文書見学  中京大学古文書室
    ・「日野烏丸家文書(室町将軍・守護・織豊関係文書)
    ・「伊藤宗十郎家文書(織豊期商人関係文書)」
    ・「熱田浅井家文書(佐々成政書状・長束正家書状・
      加藤清正書状等)」など     
8月1日(土) 終日 研究報告会
 中京大学名古屋キャンパス 現時点での報告予定(順不同)
 石川 美咲
「戦国期土岐・後斎藤氏の美濃支配―真桑―莚田用水相論を事例に―」
 山下 智也「戦国・織豊期三河の宿・市場(仮題)」
 千枝 太志
「伊勢参 詣曼荼羅における空間描写と都市構造(仮題)」
 矢田 俊文「中世阿波国撫養地域と1596年地震」
 鶴崎 裕雄「「関ヶ原前の伏見に於ける家康、慶長四 年二月廿五日夢想連歌に見る家康の一族・家臣団」
 羽柴 亜弥「戦国・織豊期の津島(仮題)」(現地見学案内)
    夕方〜 懇親会
2日(日) 見学会 津島神社周辺(詳細は検討中)
      現地案内) 石田泰弘氏・羽柴亜弥氏
4 申し込み ご参加される方は、下記の申込書をメールもしくは郵便などで播磨までお申込み下さい。
5 申し込み先
  〒466-8666 名古屋市昭和区八事本町101-2
   中京大学文学部内 播磨 良紀
   E-mailyharima@lets.chukyo-u.ac.jp 
6 宿泊など 宿泊については斡旋いたしませんので、各自ビジネスホテルなどお取りください。
7 その他  もし、何かご不明な点などありましたら、メールで播磨までお知らせ下さい。
  なお、見学地やタイムテーブルなどの詳細が決まりましたら追って連絡します。
8 申込書
  2015年度戦国・織豊期研究会参加申込書
    7月31日(金) 古文書見学会参加 (  )
    8月1日(土) 研究報告会参加  (  )
            懇親会参加    (  )
      2日(日) 現地見学会参加  (  )



883.Re: 2015年度戦国・織豊期研究会の開催のお知らせ
名前:竹田憲治    日付:2015年7月8日(水) 5時58分
夏の学会シーズン開幕ですね。

881.『伊勢の中世』222号出ました! 返信  引用 
名前:竹田憲治    日付:2015年7月2日(木) 6時7分
本会の会誌、『伊勢の中世』222号が出ました!内容は長谷川哲也さんの「奥佐田城跡の調査」です。これまで、中腹の曲輪群のみの存在が知られていましたが、山頂にも小規模な曲輪があることがわかりました。

880.『伊勢の中世』221号出ました! 返信  引用 
名前:竹田憲治    日付:2015年6月20日(土) 5時34分
『伊勢の中世』221号出ました!
本会の会誌『伊勢の中世』221号が出ました!今回の内容は小生の「津市白山町岡 称名寺の一石五輪塔1」です。天文廿二年(1554)年の銘の入った一石五輪塔の紹介です。

879.『中世史・考古学情報』1〜10号 返信  引用 
名前:竹田憲治    日付:2015年6月16日(火) 20時31分
【会員に差し上げます】在庫一掃のため、本会で刊行した「中世史・考古学情報」2001〜2010を差し上げます。ただし送料だけはご負担ください。先着順。欲しい人は竹田までご連絡ください。

878.伊勢の中近世瓦を見る会 多気・大蓮寺跡、法光寺跡 返信  引用 
名前:竹田憲治    日付:2015年6月14日(日) 6時31分
Original Size: 640 x 480, 304KB

昨日は「三重の中近世瓦を見る会」を行いました。実見したのは平成4年度に三重県埋蔵文化財センターが発掘調査を行った、多気北畠氏遺跡の大蓮寺跡、法光寺跡出土瓦です。
発掘調査の結果、大蓮寺跡、法光寺跡とも15世紀末以降の遺物が出土しており、寺の創建時期もそのころになると考えられます。
実見の結果、大蓮寺跡出土瓦は、製作技法や計測値の振れ幅が小さく、熟練した技術者による製作である可能性があることがわかりました。軒平瓦や軒丸瓦には引掛けのための突起をもつものがあり、二の平瓦には軒平瓦の突起と組み合わせるための抉りが入っているものがありました(写真、竹田撮影、三重県埋蔵文化財センター協力)。また瓦製露盤の伏鉢もありました。
法光寺跡出土瓦は、数が少なかったのですが、大蓮寺跡と比べると計測値の振れ幅が大きくかったです。
次回は、美杉ふるさと資料館展示の大蓮寺跡、法光寺跡出土瓦の実見を計画しています。


874.治田鉱山2015その2 返信  引用 
名前:石神教親    日付:2015年5月26日(火) 18時13分
Original Size: 640 x 480, 331KB

下の写真が坑道跡。
ここの写真が暗渠です。



877.Re: 治田鉱山2015その2
名前:魚屋善四郎    日付:2015年6月8日(月) 12時23分
治田銅山の画像、興味深く拝見しました。
近世紀州坑山の水車谷遺跡(熊野市紀和町楊枝川)はコンパクトにまとまったいい遺跡で、比較にはよいかと思います。遠いのと、夏でも午後3時には薄暗くなるので、見学するのはなかなか大変ですが、オススメノです。

876.第10回 三重県の中近世瓦を見る会のご案内 返信  引用 
名前:竹田憲治    日付:2015年6月3日(水) 6時32分
第10回 三重の中近世瓦を見る会のご案内
みなさんおはようございます。ようやく安養寺出土瓦に一区切りがつきましたので、第10回からは三重県埋蔵文化財センターの協力のもと、津市美杉町多気の大蓮寺跡、法光寺跡の瓦を実見させていただきます。
マニアックな会合ですが、初めての方もふるってご参加ください。
日時:平成27年6月13日(土)9時30分から
場所:三重県埋蔵文化財ンセンター(斎宮歴史博物館駐車場に9時20分に集合してください)

875.『伊勢の中世』220号出ました! 返信  引用 
名前:竹田憲治    日付:2015年5月27日(水) 6時35分
本会の会誌、『伊勢の中世』の220号が出ました!内容は小生の「中佐田城跡の調査」です。津市白山町佐田にある新確認の城跡の簡易測量報告です。まだまだ新確認できる城跡があるのですね。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb