[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
Nana's Cafe

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



94.株価・財務データをダウンロード  
名前:DigitSquare    日付:2007/5/3(木) 13:4
国内企業約4000社の2000年以降時系列、

・株価、信用残高
・貸借対照表(単独・連結)
・損益計算書(単独・連結)
・キャッシュフロー計算書(単独・連結)

及び米国企業30社の過去10年分時系列、

・株価
・財務データ(貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書)

がCSV形式でダウンロードできます。
http://digit-square.com/

92.割安株なら低リスク☆  
名前:三空    日付:2007/4/19(木) 8:35
業績のいい割安な銘柄はほとんどあがりますね
http://www.kabushiki-fan.com/

91.(5701)日本軽金属  
名前:裏銘柄    日付:2007/3/9(金) 8:9
欧州では最近、運用会社のファンドマネジャーの投資企業リストに環境銘柄がズラリと並ぶ。地球温暖化や工業汚染など世界規模の課題が山積する中、彼らは「環境」が株式市場で長期の有望なテーマになるとみている。
□ ■ □
 環境銘柄の一つが栗田工業。純水製造装置を手掛ける。中国では急速な経済成長に伴い、工業排水による水質汚染が深刻化、農村部の約三億人が安全な水を飲めない状況だ。同社は二〇〇六年度の中国における売上高を前年度比二割増を目指し、急成長を見込む。
 今年の株式相場のテーマは何か。毎年、市場関係者に尋ねると、環境問題は必ず出てくるが、人気が持続しないのが常だった。それは主な環境銘柄の株価上昇率にも表れる。京都議定書が発効された〇五年二月を基点にすると、日経平均株価と同等かそれを下回る銘柄もある。「環境問題にかかわる事業は時間軸が長期で、投資家は収益性を見極めにくかった」(立花証券の平野憲一執行役員)ためだが、状況は変わりつつある。
 今年一月末、スイスで開かれたダボス会議。政府関係者、企業経営者、学者などの間で活発な議論が交わされたのが環境問題だ。環境を取り上げたセッションは十七とこれまでにない規模。ゼネラル・エレクトリック(GE)やアルコアなど米企業は温暖化ガス排出に独自の規制を設け、今後十五年間で三割削減する目標を打ち立てた。
 米国は世界最大の二酸化炭素(CO2)排出国。「温暖化防止に消極的だった米国の姿勢が明らかに変化した。米国の経営者は省エネを通じたコスト削減など、環境問題自体に事業機会があると認識し始めた」。五年連続で会議に参加した野村証券の木内登英シニアエコノミストは、今までと違う感触を得て帰国した。相次ぐハリケーンなど異常気象が米国人の日常生活に大きな影響を与え、当事者として無視できなくなってきた。
 〇五年二月からの株価上昇率が二〇〇%に迫るイビデン。〇六年三月期のディーゼル車向け排ガス浄化装置(DPF)の売上高は四百八十億円と、この二年間で六倍になり収益をけん引する。欧州では二〇一〇年をメドに、次期排出ガス規制「ユーロ5」が適用され、規制が一段と強化される。ディーゼル車の販売拡大が期待でき、部品メーカーの商機は広がる。「イビデンの〇七年三月期のDPF売上高は七百億円程度が見込まれる。今後、米国でもディーゼル車が普及し、同社の優位性はさらに高まる可能性が高い」(コスモ証券の鳥居寛アナリスト)
 環境問題に積極的に取り組んでいる企業などに投資するSRI(社会的責任投資)ファンドにも資金は流入する。QUICK・QBRによると、一月末時点の純資産残高は二千七百十三億円と、〇三年末に比べ三倍以上増加した。ファンドの設定本数もうなぎ登りだ。
□ ■ □
 ここまで相場上昇を支えてきたM&Aや土地の含み益などはある意味、短期的なテーマだ。ニッセイ基礎研究所の矢嶋康次シニアエコノミストは「環境問題を克服するための技術力が、長期の企業価値の優劣を決める」と話す。
 第七十九回アカデミー賞授賞式では、元米副大統領のアル・ゴア氏が主演する「不都合な真実」がドキュメンタリー賞を獲得した。崩れ落ちる氷河、各地で頻発する干ばつや嵐は、地球温暖化の脅威を訴える。日本は圧倒的な環境対応の技術力を持つ。米国が環境問題に本気になったことは、日本の株式市場にとって「好都合な真実」になるかもしれない。(細川倫太郎)
【表】主な環境銘柄と株価上昇率(単位:%)
  銘 柄  内  容  株 価上昇率
ディーゼル関連  イビデン  排ガス浄化装置(DPF)  194.9
日本ガイシ  排ガス浄化装置(DPF)  109.2
水資源関連  東 レ  海水淡水化  78.5
東洋紡  海水淡水化  47.2
オルガノ  超純水製造装置  187.5
栗田工業  超純水製造装置  71.5
エネルギー関連  荏 原  家庭用燃料電池  18.3
トクヤマ  多結晶シリコン(太陽電池の原料)  189.2
計測機器関連  島津製作所  有害物質の測定  55.0
リサイクル関連  ダイセキ  産業廃棄物処理  106.4
日経平均株価      54.3
(注)株価上昇率は京都議定書が発効された2005年2月(月末)と27日終値を比較。

90.2007「株式投資」No.1ブログ  
名前:-300万の損失が3ヶ月で+500万に!    日付:2007/3/6(火) 0:30
株式投資には絶対はありませんが、ここで取り上げる銘柄は何が何でも上げてきますね。NIKKEIラジオ、経済新聞でも聞けない・目の届かない高騰銘柄情報ばかりで参考になります。
http://ameblo.jp/kabu3150/

89.(5715)古河機械金属  
名前:裏銘柄    日付:2007/2/22(木) 15:9
古河機械金属(コード5715)=鉄鋼・金属
 〇…3年前に金属、建機など主力事業を分社化、経営の立て直しを急いできた。環境を味方にしてV字型回復を果たしつつある。国際銅市況の反落が嫌気されているためか、このところ相場らしい動きが無くなっている。しかし前期復配、今期増配と理想的な展開をたどっており、一部で強い出遅れ感が指摘されるようになった。

 〇…先に発表された第3四半期決算では、通期業績の見直しが行われなかったものの、年間計画に対する達成率はこの時点で、経常利益計画の9割強にも達している。第4四半期の収益が多少スローダウンしても、通期業績が計画を大幅に上回ることが確実視されている。3月後半には改めて増額修正が発表されることになるだろう。

 〇…ネックである国際銅市況の反落は、一部ヘッジファンドの投機失敗が主因。膨らんだ需要は依然として活発だ。LME銅相場にはようやく底入れの気配が漂ってきており、ここは勝負どころだろう。目標値は400円。 

いずれ銅市況は↑だと思います。

88.(9065)山九  
名前:裏銘柄    日付:2007/2/14(水) 13:33
@2/9日足、振り分け線示現。
A好取組(日証金貸借倍率0.8、逆日歩5銭)
B四半期決算(進捗率83.6%)

87.(7003)三井造船  
名前:裏銘柄    日付:2007/1/25(木) 14:18
(7003) 三井造船

高船価船の引渡し本格化などで来期以降、業績は様変わりへ

バルクキャリアの新造船船価は再び高値に迫る
● 造船大手の一角で、舶用ディーゼルエンジンでは国内首位。船
   舶事業では中国など新興工業国の荷動き活発化を背景に向こ
   う3年分の高水準の受注残を抱えているものの低船価時に受注
   した船の引渡しが続き利益の出ない繁忙状態が続いているが、
   今第4四半期から高船価船の引渡しが本格化し、船舶事業の収
   益急回復などで来期以降の業績は様変わりが予想される。
● 新造船の船価は、中国における鉄鋼生産拡大など荷動き活発化
   に伴う海上運賃上昇を背景に2002年を底に回復基調となって
   いる。鉄鉱石などを運ぶバルクキャリア(バラ積み船)のケー
   プサイズ(載荷重量17万トンクラス)の新造船船価は2002年
   の3400万ドルを底に05年5月には2倍の6800万ドルまで上昇、
   その後やや調整したものの足下では6600万ドルと再び高値に
   迫る勢い。こうした中、船舶事業では、昨年に低船価船の引渡し
   がほぼ一巡し、今第4四半期以降、高船価船の引渡しが本格化し
   てくる。また同社は前期に玉野事業所(岡山県玉野市)と千葉
   事業所(千葉県市原市)のクレーンを増強し、船体ブロック大型
   化による工数削減など生産効率改善に努めており、船価回復
   と相俟って船舶事業の収益は第4四半期以降急回復が予想
   される。
2008年度をメドに舶用ディーゼルエンジンの年産能力を4割増強へ
● 日本や韓国での新造船ラッシュを受け、フル操業状態が続いて
   いる舶用ディーゼルエンジンについては生産拠点の玉野事業所
   を中心に能力増強を進めており、08年度までに年産能力を前期
   比4割増の500万馬力に引き上げる予定。このほかプラント関連
   では昨年3月にサウジアラビアで住友化学エンジニアリングと
   共同で受注総額1000億円規模の大型石化プラントを受注して
   いるが、今後もオイルマネーで潤う産油国を中心に大型プロジェ
   クトの受注が期待される。
● 今3月期の連結経常利益は、舶用ディーゼルエンジンの好調な
   機械事業が引き続き業績けん引役となり、前期比27%増の
   160億円と回復する見通しだが、来期は船舶事業の利益急拡大
   などで今期予想比87%増の300億円レベルと業績の様変わりが
   予想される。

1/24終値 418円

86.集まれ!デイトレーダー   
名前: YYDTサークル      日付:2007/1/21(日) 19:39

PBRも低く、PERも割安なのに何故か放置された銘柄が沢山あります。この様な銘柄
の中からYYDTサークルでは二日に一度の割合で当日の短期投資に適した銘柄を、朝方
に会員へメール配信しています。当会員は情報を共有して短期の利益を目指し買い上げに
向かう仲間の集まりです。(只今サイト内で、3ヶ月間の体験メール配信を受け付け
てます。) 私達の投資方法を試してみませんか?

11月28日  2347 アイ・ビー・イー 始値 59,500 終値 61,500
29日 始値 63,500 終値 66,500

11月30日  2798 ワイズテーブル  始値 177,000 終値 182,000
1日 始値 181,000 終値 180,000

12月 4日  4356 応用技術     始値 57,100 終値 60,500
5日 始値 70,500 終値 70,500

12月 8日  3041 ビュティ花壇   始値 284,000 終値 305,000
9日 始値 307,000 終値 312,000

12月12日  7748 ホロン      始値 67,600 終値 73,100
13日 始値 83,100 終値 83,100

12月14日 8943 エスグラント   始値 208,000 終値 215,000
15日 始値 219,000 終値 228,000

*配信希望の方はサイト内の無料体験受付から、お申し込み下さい。
 
http://www.yydt.jp

85.造船・重機  
名前:裏銘柄    日付:2007/1/16(火) 9:4

【重機・造船】

コード 銘柄 株価 PER PBR 配当
7003 三井造船 363 18.8 2.58 2.5
7007 佐世保重工業 347 37.31 3.33 2
7011 三菱重工業 540 38.84 1.34 6
7012 川崎重工業 440 22.91 2.87 4
7013 石川島播磨 379 27.46 3.06 2

1/15 終値ベース

84.(7003)三井造船  
名前:裏銘柄    日付:2007/1/15(月) 9:51
(7003) 三井造船

高船価船の引渡し本格化などで来期以降、業績は様変わりへ

バルクキャリアの新造船船価は再び高値に迫る
● 造船大手の一角で、舶用ディーゼルエンジンでは国内首位。船
   舶事業では中国など新興工業国の荷動き活発化を背景に向こ
   う3年分の高水準の受注残を抱えているものの低船価時に受注
   した船の引渡しが続き利益の出ない繁忙状態が続いているが、
   今第4四半期から高船価船の引渡しが本格化し、船舶事業の収
   益急回復などで来期以降の業績は様変わりが予想される。
● 新造船の船価は、中国における鉄鋼生産拡大など荷動き活発化
   に伴う海上運賃上昇を背景に2002年を底に回復基調となって
   いる。鉄鉱石などを運ぶバルクキャリア(バラ積み船)のケー
   プサイズ(載荷重量17万トンクラス)の新造船船価は2002年
   の3400万ドルを底に05年5月には2倍の6800万ドルまで上昇、
   その後やや調整したものの足下では6600万ドルと再び高値に
   迫る勢い。こうした中、船舶事業では、昨年に低船価船の引渡し
   がほぼ一巡し、今第4四半期以降、高船価船の引渡しが本格化し
   てくる。また同社は前期に玉野事業所(岡山県玉野市)と千葉
   事業所(千葉県市原市)のクレーンを増強し、船体ブロック大型
   化による工数削減など生産効率改善に努めており、船価回復
   と相俟って船舶事業の収益は第4四半期以降急回復が予想
   される。
2008年度をメドに舶用ディーゼルエンジンの年産能力を4割増強へ
● 日本や韓国での新造船ラッシュを受け、フル操業状態が続いて
   いる舶用ディーゼルエンジンについては生産拠点の玉野事業所
   を中心に能力増強を進めており、08年度までに年産能力を前期
   比4割増の500万馬力に引き上げる予定。このほかプラント関連
   では昨年3月にサウジアラビアで住友化学エンジニアリングと
   共同で受注総額1000億円規模の大型石化プラントを受注して
   いるが、今後もオイルマネーで潤う産油国を中心に大型プロジェ
   クトの受注が期待される。
● 今3月期の連結経常利益は、舶用ディーゼルエンジンの好調な
   機械事業が引き続き業績けん引役となり、前期比27%増の
   160億円と回復する見通しだが、来期は船舶事業の利益急拡大
   などで今期予想比87%増の300億円レベルと業績の様変わりが
   予想される。

   1/12終値 363円


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb