[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
ものぐさ温泉掲示板本館:四方山話井戸端会議場



申し訳ございませんが、現在、新たな投稿は出来ないようにしています。



[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!



8235.もぐささん 返信  引用 
名前:郷GO    日付:2010年9月25日(土) 13時34分
※No.8229より続く(スレッドが長いので、分けます。モグサ)

もぐささんは本格的な登山をされるのですね。
私は登山しないので、凄いなあと思ってしまいます(゜o゜)

先の由布岳の写真は調べたら、察しの通り荒木に入っていました^^;
噂では最近ジモ化したそうですが…
写真は確か南由布駅付近から撮った気がします。

高山植物の写真もありがとうございます。
私には二つの花の区別がつきませんが…(>_<)
「風のハルカ」でよく出ていた由布岳の遠景は蛇越展望所というところから見えるのですね。
こちらも情報ありがとうございます。

先日、夜中に大分道経由で由布院を通過しましたが、由布院の街は夜景が凄く綺麗だったです。
これからの季節は朝霧も綺麗でしょうね。
ただ由布院の朝霧は朝早い時間だけなので、宿泊しないと中々体験できませんが^^;



8238.■郷GOさん
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年9月26日(日) 1時0分
Original Size: 580 x 435, 99KB Original Size: 580 x 435, 96KB Original Size: 580 x 435, 100KB

(写真1)狭霧台展望台から見下ろす由布院
(写真2)由布院盆地の朝霧の発生源とされている金鱗湖
(写真3)金鱗湖畔の亀の井別荘。私は、この門の奥の高級世界は、知りませんが…。
大正時代、油屋熊八と中谷巳次郎が別荘を建て、内外の著名人をもてなしたのが、
由布院の観光開発の始まり。当時の由布院の扱いは、「別府の奥座敷」。
******************************************************************************
いえいえ、本格的とは、滅相も無い! 私は、そんな技術も装備も持っとりません。
山岳会に所属し、滑落事故多発の危険地帯も物ともせず、
「本格的な」山やるアルピニストの人に言わせると、私の場合は「ハイキング」。
まぁ、でも、今、他に、これといってスポーツもしてないし、
マイペースで出来る「山歩き」、ぼつぼつ楽しめたらいいかな、程度です。
人生で最も多く回数登ってるのは、間違いなく天拝山(←ここは、まぁ、お散歩コースのレベルですが)、
次いで宝満山といったところです。
…って、なんちゅうローカルな地名。まぁ、同じ福岡だから、通じますね(笑)

大分自動車道から眺める由布院の夜景は、ほんとに綺麗ですよね!
朝霧は、時間帯もさることながら、やはり気象条件に恵まれないと、
美しい雲海は出来ないそうですから、それが一番難しいかと…。
私も、さすがに長いこと九州に住んどるので、由布院の雲海は何度か見たことありますが、
見ようと構えて出かける訳ではなく、早朝に通っていて、たまたま運よく見られた、というやつで、
従って、雲海のデジカメの写真は、持ってなくって。
フィルムでは、もしかしたら狭霧台から撮ってたかいな?記憶あいまい。

由布院の展望所として最も有名なのは、言わずもがな狭霧台ですが、
ここは由布岳が背中になってしまうため、写真に一緒に写せませんもんね。
それに対し、蛇越の展望所は、ちょうど画角の真正面に由布岳が来るので、
由布岳をバックに由布院の町を写せる絶好の撮影スポットなんですって。
「風のハルカ」のオープニングは空撮ですが、同じアングルで由布院盆地を見下ろせるので、
もし、まだ行かれたことがなかったら、やまなみ走るついでにでも、お寄りになってみてください。
(検索すれば、地図も簡単に見つかります。)
現地には、朝霧の写真のパネルもあるので、実際の朝霧が見られなくても、
その写真を、写真に撮られては、いかがでしょう?(笑)

そりゃそうと、荒木共同浴場、最近訪ねてないけど、いつからジモ化したんだろう?と思い、
今日、日中、観光協会に電話して尋ねてみたら(役場は土曜日は休みなので)
一般開放をやめたことは確かみたいですが、その時期に関しては、
「地元の方たちが決められることですから。」との返事で、観光協会も把握していませんでした。
諸事情あってのことでしょうが、ジモ化、残念ですね。
観光協会によると、石武の方の一般開放は続けられているという話でしたが…。



8243.由布院
名前:郷GO    日付:2010年9月30日(木) 7時16分
Original Size: 320 x 240, 23KB

様々な由布院の写真、ありがとうございます。

由布院の朝霧は高い処から雲海として見るのも綺麗ですが、
金鱗湖付近で朝霧の中に居るのも幻想的な体験です。
10m先など全く見えないくらい深い霧です。
(写真は撮れないでしょうが…)

荒木共同浴場は2007年秋に行った時はまだ入浴出来たので、
それ以降にジモ化されたものと思われます。
由布院の共同浴場は閉鎖・ジモ化が続いているのが残念ですね。
石武や加勢はいつまでも残ってほしいです。

写真は由布院の「御宿一禅」。
写真では白濁っぽく見えますが、薄い水色の青湯で綺麗だったです。



8246.■郷GOさん
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年10月1日(金) 15時12分
Original Size: 480 x 640, 142KB Original Size: 480 x 640, 146KB

青湯の写真は、いつ見ても心まで和みます。一禅の写真ありがとうございます。
由布院のこのエリアは、代表的な「庄屋の館」はじめ、一禅、泰葉、香楽庵など、
神秘的な青湯に入れるのが嬉しい場所ですよね。私も、青湯好きの一人なので。
シリカコロイドの成長に伴い、お湯の色の経日変化が観察される青湯は、
その日、どの状態(段階)の「青色」に出会えるのかも、ドキドキ楽しみの一つです。
シリカによる青湯は、トロリとした、やわらかい感触で、
湯あがり後の保湿効果も高く、肌がしっとり潤うため、女性好みする泉質かと。

ちなみに、この手の青湯の発色メカニズムが解明されたのは、ほんの十数年前、
比較的、最近の話なんですって。
その研究に取り組んでおられるのが、別府の京大地熱研の大沢信二教授なのですが、
一度、ご本人の話を直接伺う機会があり、これは、たいへん面白かったです。
あらためてレジュメ(写真)を見直すと平成18年だから、丸4年前。早いなぁ〜。 

※レジュメには、私が、赤・青ペンでゴチャゴチャ汚い字の書き込みしてるけど、
 脳内スルーしてください。

掲示板での、そのときの話題。
http://www2.ezbbs.net/cgi/reply?id=onsen_kyusyu&dd=04&re=3615

過去ログでも、たま〜に青湯の話題になることがありました。たとえば。
http://www2.ezbbs.net/cgi/reply?id=onsen_kyusyu&dd=04&re=3642
http://www2.ezbbs.net/cgi/reply?id=onsen_kyusyu&dd=04&re=3243などなど…。

↑の時点で、奥湯の郷は入れていなかったのですが、その後2、3度、立ち寄らせていただきました。
でも、湯雨竹(竹製温泉冷却装置)が導入されてから、お湯の鮮度が良くなり過ぎて、
逆に青色が薄くなっていたから、なんとも複雑な気分で。最近は、どうしてるんだろう?

そういや別府の神和苑は、源泉が枯れた+αの事情で、長らく休業してましたが、
新たに源泉をボーリングし直して、再開されてますね。
他人様のブログで、どうやら新源泉も青湯らしいということを見て、少しホッとしましたが、
いずれ再訪し、自分の目で確かめてみなければ。

朝の冷たく澄んだ空気の中、金鱗湖で深い霧に包まれる体験も、素敵でしょうね。
ただ、これからの季節、大分自動車道は、玖珠から湯布院の辺りにかけて、
霧で、しょっちゅう通行止め&速度制限がかかるのが、ネック。
(遊びならともかく、仕事で行くときは、時間の計算ができん!!)
大分行きの用事のついでに、昨日、ちょっと別府の温泉回ったのですが、
その帰り、暗くなって高速に上がったら、湯布院付近は、すでに霧が出ており、
車の温度計では、室外温は17℃。ああ、秋だなぁ、と、実感しながら帰ってきたことでした。



8261.青湯
名前:郷GO    日付:2010年10月8日(金) 18時58分
最近公私ともに忙しくてレス遅くなりました。すみません。
写真&過去ログはありがとうございました。

青湯は私も大好きです(^^)
色も良いですが、浴感も絶品ですね。
昔、明礬(地蔵泉だったっけ?)→鉄輪(神和苑)の順で入浴したら、
驚くほど肌がしっとりしてびっくりしました(゜o゜)
青の濃さも天下一品です。
休業後の神和苑は私もまだなんで、再訪が楽しみです。

一方由布院の青湯は水色っぽい感じの青湯が多い気がします。
由布院では私はやっぱり一禅の青湯がとりわけ好きです。
奥湯の郷は一度だけ立ち寄りましたが、新鮮すぎるせいかほぼ透明湯でした。


8265.■郷GOさん
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年10月15日(金) 22時42分
お返事遅くなり、すみません。
お忙しい中、わざわざ書き込み、ありがとうございます。
日中は、まだ暑さも残るとはいえ、福岡も だいぶ涼しくなってきたので、
お体に気をつけて、お忙しさを乗り切ってください。

ひとくちに青湯といっても、施設の風情、お湯の質感などなど
これまた個々人で好みが出てくるのが、面白いですね。
そうなのですか、由布院では、一禅が、とびっきりのお気に入りでしたか。
雰囲気のある一禅、いつか泊まって、ご自慢の京風懐石も食べてみたいのですが、
その1/10の値段の予算で宿探しをする私には、なかなか手が出せません(笑)

明礬温泉+鉄輪温泉の組み合わせの「機能温泉浴」は、斉藤さんが、よく話されますね。
神和苑の、とびっきりの極上湯で〆たら、
むきたてのゆで卵のような、しっとり、ぴっかぴかの肌になれそうです。
今度の源泉の効果は、さて、いかがでしょう。

しかし、地蔵泉とは、懐かしい。
私も好きな温泉でしたが、入れなくなって、もう随分なりますね。
いつの日か再開されることを希望しているのだけれども。

8259.西鉄電車の「撮り鉄」の真似事をしてみた日。 返信  引用 
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年10月6日(水) 23時43分
Original Size: 640 x 480, 79KB Original Size: 640 x 474, 86KB Original Size: 640 x 480, 134KB

(写真1)那珂川の鉄橋を渡る6000形かいな?テスト撮影。
(写真2)4両編成感覚でいたら、お目当ての2000形6両編成の撮影、失敗。頭尾が切れた。 (´・ω・` )
(写真3)ダチュラの花と一緒に撮りたくても、にわか撮り鉄子、肝心の列車がブレブレ。
*********************************************************************************
今月17日に引退を迎える西鉄電車2000形車両は、
昭和48年デビューなので、私と、ほとんど同じ年齢になります。
西鉄天神大牟田線を、38年の長きにわたり、走り続けました。

まだ幼い時分、母に連れられ、電車に乗って行く大都会「福岡」、
学生時代には、通学定期券でお世話になりました。
この2000系の車両は、当時の特急・急行列車の主流。
黄色い電車が走る姿は、西鉄利用者や沿線の者にとっては、おなじみの光景でした。

私は、鉄道マニアでも懐古主義者でもないですが、
物心ついてから慣れ親しんだ車両が見られなくなることへの寂しさは否めず、
371さんの写真にも触発され、近所で、ちょっとだけ、西鉄電車の動画を撮ってみました。

◆西鉄電車2000形【2000形さよなら運行】・他 福岡市南区にて
http://www.youtube.com/watch?v=zwKHyicib-I



8260.西鉄電車の「撮り鉄」の真似事をしてみた日。
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年10月6日(水) 23時47分
Original Size: 580 x 435, 102KB Original Size: 580 x 429, 102KB Original Size: 580 x 535, 95KB

371さんが教えてくださったように、ただいま「さよなら運行」されている2000形は、
この編成1本のみ。平日は、一日5往復。
時間を合わせていかないと、なかなか姿を拝めません。
写真(鉄道だけでなく、風景も)を本格的に趣味にしている男性から、
ある車両を撮るために、待ち時間で一日潰すこともある話を聞いたことがありますが
私のように、なんか、その辺にいる列車を、とりあえずテキトーに撮ってみるのと異なり、
特定の車両を狙う「撮り鉄」というのは、たいへんな根気が必要なようです。

しかも、何度も撮り直せる被写体と違い、一発勝負。
タイミングが、超難しい〜〜〜!!!
鉄道を撮るのも、機材と技術、センス、そして訓練がいるみたいですね。

ついでに、ぶっ壊れてPC全体を巻き込み、往生したUSBハブを買いかえるべく、
某パソコン屋に寄ったので、「お父さん」パチリ。
もうすぐCSが始まります。ホークスがんばれ!!


8255.「ホンマカ」香港編 返信  引用 
名前:KIYO♂    日付:2010年10月2日(土) 16時40分
Original Size: 640 x 720, 92KB Original Size: 640 x 720, 52KB Original Size: 800 x 552, 66KB

もぐささん、こんにちは♪

忘れた頃に蔵出し画像として貼り付けさせて頂きます。

■左側
香港は乗り物好きには(撮り鉄含む)有意義な一日を過ごせる地のようです。
路面電車はカラフルで最初は嬉しくなって写していたら、ハタと気付く・・・。
なんだ、多分、路面電車は造りは同じで広告が次から次へと違うだけとだと
遅ればせながら分かった当方です(苦笑)

■中央
もぐささん、を意識して撮ろうと思ったのは天敵??画像になりそうですがカメラ付き携帯電話では
ショーケースの光反射からか美味そうに(苦笑)映りこまず・・・。
これまた女性には特に夜景が綺麗な香港島のビクトリア・ピーク(山頂)からビクトリア湾を臨める人気スポットから。

■右側
博多港からJR九の「ビートル号」へ乗船したことがありますがホバーのためかスピードは速いのですが
揺れもあったりして船酔いになりかけた当方で、その経験からウォータージェット噴射式の香港マカオ間に就航の
高速船にも不安がありましたがスピードは「ビートル号」よりも遅いですが揺れは感じない一時間となりました。
(一応、乗り物気ばかりではなく建物も、教会のようでした)

最後に、やっと秋の気配ですが日中はマダ半袖でも随分通用しそうな当地ですが
さすがに朝晩は涼しくなって嬉しくなる当方です。



8258.■KIYO♂さん
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年10月4日(月) 15時44分
Original Size: 640 x 386, 75KB Original Size: 640 x 342, 59KB Original Size: 640 x 325, 71KB

(写真1)博多港国際ターミナルと、ビートル(矢印)、チッチャ!
(写真2)博多港に停泊中のニューかめりあ(博多−釜山)、デッカ!
(写真3)門司港(北九州)に停泊中のセコマル(門司港−釜山)、デッカ!
**********************************************************************
ホンマカい? ほんマカオ!(((謎)))
香港の旅のお土産写真いろいろありがとうございます。

ただでさえ波の荒い(特に冬場)対馬海峡を、高速で渡るビートルは、
そうなんでしょう、波の状況次第では、地獄になるのかもしれませんね。
韓国まで行かなくても、博多港と壱岐を結ぶジェットフォイルでも、
時化ると、ツライらしいって聞きますもん。
香港では、そのトラウマを思い出さずに快適だったようで、よかったですね。

2階建て電車、香港トラム?
ボディーのコマーシャルが異なるだけといっても、これだけ色とりどりだったら、
眺めているだけでも、ほんと楽しくなりそうです。
日本じゃ、路面電車で2階建て車両なんて、聞いたことないし。(私が、知らんだけ?)

ビクトリアピークからの夜景は、確か、ナポリ、函館と並ぶ世界三大夜景になるんですよね。
夜景が美しいということは、昼間の眺めも、素晴らしいですね!!
超高層ビルが林立し、なんとも近代的な景色ですなぁ。

美味しそうなケーキも、ごちそうさまです。
天敵?いえいえ、ノープロブレム。写真を見るだけなら、ノーカロリーw

いいね〜、電車に乗って、ケーキ食べて、夜景を見て。
誰か、私を、香港デートに連れてって〜!“希望的観測”(←なんか言葉の使い方が、違う?)

こちら福岡も、日中は、まだ蒸し暑い場合もあり、私は半袖で過ごすことが多いですが、
夜は、半袖では寒いです。福岡より緯度が高い北陸は、福岡より更に冷え込むようになってるかと。
季節の変わり目、お互い、体調に留意しながら、過ごさんと、いけんですね。


8250.ぐりーんバス 返信  引用 
名前:371    日付:2010年10月2日(土) 0時26分
Original Size: 640 x 428, 82KB Original Size: 500 x 334, 65KB Original Size: 640 x 428, 84KB

もぐささん、ありがとうございます!
本当に、万感胸にせまるものがありましたね(シミジミ)
以前雑談の方に母の実家の酒屋で乾杯する西鉄ファンの熱狂の事を書きましたが
そのような方たちも多く別府の記念館を訪れているんでしょうね
ホークス戦中継の解説者として、ドンタクスの監督として若い野球ファンにも親しまれた稲尾さん…
ご実家が竹瓦温泉の近くとは知りませんでした

ぐりーんバス、夏休みは子どもは無料で乗れたんですよ
都市高で荒津大橋からドームに向かうのも爽快ですが平和台や大濠公園の解説を観ながら(1枚目写真)ゆっくり行くのもおつですわ
車内の写真しか撮ってないのがなんとも間抜けですが(汗
乗られる時はももちでドライバー交代の停車時間がありますので
その時に写真を撮るのが良いかと思いますよ



8251.西鉄2000形電車
名前:371    日付:2010年10月2日(土) 0時47分
Original Size: 500 x 332, 77KB Original Size: 640 x 425, 107KB

残念ながら17日で引退する2000形列車です
1枚目の写真はドームの帰りに福岡駅で撮りました
近年見かけなくなったなあ…と思っていたらこの編成1本のみになっていたと
つべの動画で知りました
西鉄の車輪マークとX字カットを復元しての運行ですね
天神に遊びに行く時や通学でお世話になりました
普通列車で出会えたらラッキー、福岡から普通に乗らず後発の2000形に乗って大橋で乗り換え、なんてよくやってましたw
お疲れ様でした



8252.■371さん
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年10月2日(土) 11時39分
Original Size: 580 x 360, 97KB Original Size: 580 x 435, 98KB Original Size: 479 x 580, 96KB

(写真1)水戸岡鋭治さんデザインの787系車両「有明」+「リレーつばめ」連結(JR)
(写真2)桜の季節の平和台球場跡(鴻臚館跡)
(写真3)別府市民球場に展示されている内川選手(横浜)と鉄平選手(楽天)のサインボール
     共に大分出身。色紙真ん中の「広瀬」は、県知事。
***********************************************************************************
きっと、そうなんでしょうね、当時のお店のお客さんたちで、稲尾記念館に「巡礼」し、
往時を懐かしまれる方も、何人もいらっしゃるのかもしれませんね。
別府なら、主目的=温泉旅行で計画して、ついでに日程に組み込めるし。
そういえば、私、マスターズリーグって、生で見たことないな。
色々と想定外のハプニングも起きそうで、なんか面白そうなんだけどw(…って、失礼な!)

西鉄のシティループバス「ぐりーん」の写真ありがとうございます!!
そうなんですか、夏休み、子どもは無料だったんですね、知らなんだ。
町の方を歩いていると、「ぐりーん」号が走っているのは、たまに見かけるけど、
いかんせん乗ったことないので、中の写真の方が、興味津津です。
「博多にわか・ぐりーん」号が運行されたニュースなどは、テレビニュースで見ましたが、
通常時も、車内に観光案内が表示されるのですか、へぇ〜〜〜〜。
あまりにも身近な場所だけに、かえって見過ごしているものも多かったりするので
あらためて「観光客」視線でバスに乗ってみるのも、面白いかもしれませんね。

この「ぐりーん」号に、私が興味を持った理由の一つは、
単純だけど、水戸岡鋭治さんデザインだから。



8253.つづき
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年10月2日(土) 13時52分
Original Size: 580 x 435, 99KB Original Size: 580 x 435, 93KB Original Size: 580 x 435, 95KB

(写真1)おまけ。広島市内を走る路面電車、広島電鉄1900系
     京都市電全廃直前の昭和52年より広電に移籍、当時のままの姿で現役で活躍中
********************************************************************************
(写真2・3)は、6月にJR広島駅で撮った写真です。
私は、ちっとも詳しくないから、よくワカランのだけど、
国鉄115系電車の2000番台広島地区投入車と、3000番台(瀬戸内色)で合ってるかいな?

ほーんと久しぶりにJR山陽本線と呉線の列車に乗りましたが、
シロートなりに感じたことは、ともかく古めかしいというか、
JRというより、「国鉄」と言う方が似合っている雰囲気というか…。

広島の列車を眺めた後、あらためてJR九州の福岡地区を走る車両を見ると、
とても洗練されており、近代的に思えます。
鉄道マニアが神と崇める水戸岡さんって、やっぱり、すごい人物だなーって。

西鉄の2000形列車、お別れ前に、記念の写真を撮ることが出来て、ラッキーでしたね。
いつだったか大橋駅で下車したとき、改札前に引退記念イベントの掲示がしてあって、
私は、それで引退のことを知りました。
同じく通学が西鉄電車だった私にとっても、とても懐かしいです。
ボックス席ってのが、なんだか上等な電車みたいな気がしてたw
引退前に、もう一回ぐらい、どっかで出会うチャンスあるかしらん…。

10月17日のラストランの後、筑紫車両基地での電車まつりに行くみたいですね。
http://www.nishitetsu.co.jp/release/2010/10_091.pdf



8254.どーでもいいことながら
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年10月2日(土) 14時36分
Original Size: 450 x 338, 39KB

※画像は、借りものです。

アンサイクロペディアって…。
ウィキは、いつも利用しますが、こんなサイトの存在、今まで知らなんだわ。(=´Д`=)

http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E5%9B%BD%E9%89%84115%E7%B3%BB%E9%9B%BB%E8%BB%8A

「冬はクソ寒い所にある路線や傾斜のキツイ路線、
 いわゆる田舎路線のために品種改良された耐寒仕様の近郊型カボチャ」

よーわかった(?)けど、しかし、JR倒壊だのJR死酷だのって、アンタ…。

九州旅客鉄道(JR九州)

「他のJRとは浮いた存在となっている一線を画している。」

(゚∀゚)……。
http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E6%97%85%E5%AE%A2%E9%89%84%E9%81%93



8256.アンサイクロペディア…
名前:371    日付:2010年10月4日(月) 1時30分
Original Size: 640 x 428, 82KB Original Size: 640 x 428, 65KB Original Size: 640 x 425, 114KB

www
名車ゆふ森もココの筆者にかかれば「温泉好きの芋虫」とな…ヲイヲイww
2000形は九州版時刻表(ハンディサイズで表紙の上部が黄色い本)で
到着時間を調べて行きました
乗る機会は残念ながらもうないでしょう 走っている姿を撮れたらいいですが

ぐりーんバスの日は今泉の「ナンバーワン」ラーメンを食べポートタワーにも行き観光客な一日でしたww
平和台跡ももうずいぶん長く行ってないけど今はこうなってるんですね
写真有難うございます

三枚目は今年春開業の紫駅です



8257.■371さん
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年10月4日(月) 14時58分
Original Size: 640 x 480, 141KB Original Size: 640 x 311, 68KB Original Size: 640 x 480, 86KB

(写真1)1988年から発掘調査が始まった鴻臚館跡、発掘が終わるの、いつ〜???
(写真2)長浜屋台街、一番手前が「ナンバーワン」…でしたよね?
(写真3)博多港から見る夕暮れの博多ポートタワー
******************************************************************************************
ああ、電車は、きっちり下調べしてお出かけだから、見事に写真におさめられたんですね。
機材も技術も持っとらん私は、列車が走ってる姿を撮るのは非常に難しく(流れる!!)
まして猛スピードで全力疾走してる急行の写真など撮れんので(撮ってもブレるの明白)、
最寄りの急行停車駅に行ってみようかな。17日まで時間あるだろうか。

紫駅、通過するとき眺めるだけで、駅の外観ゆっくり見たこともなかったけど、
入口付近は、こうなっているんですか、ありがとうございます。へぇ〜。
新駅設置のことを新聞で見た後も、なかなか建設工事が始まらず、
えらく短期間で立ち上がった印象を受けた駅でした。
最近、「紫」での町おこしを目論んでるらしい筑紫野市だけど、駅の名前も紫色してるや…。

ナンバーワンのラーメンも、美味しそうですね!!ラーメン食べたくなってきた。
長浜屋台の方では、その昔、食べたことがあるはずなんですが、
焼き鳥屋で酔っ払った後の〆ラーメンとして行ってるから、味の記憶なしです。
店舗の方では、まだ食べたことなくって。

古いポートタワーの展望台、写真撮るとき、強化ガラスの格子が邪魔で仕方ないけど、
うまいこと綺麗に撮ってらっしゃるや。船デッカ!

ドームからポートタワーまで行かれたんなら、ぐりーん号フル活用でしたね(笑)
小学生のお子さんにとっては、そりゃぁ〜〜〜、楽しい「一日旅行」だったろう!!
HP見ると、時々イベントも催されるみたいだから、私も、そういうときに乗ってみよっかな。
今度、もし遠方からお客さんがあって、福岡市内観光のお供せにゃならんときは、
ぐりーん号の乗車を検討してみます。

なんか一人でツボにハマってるJR九州ネタ、勝手につづき。
チャクウィキの都市伝説(?)の方は見たことあるけど、JRのページなんて、初めて見た。

九州旅客鉄道の噂
http://wiki.chakuriki.net/index.php/%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E6%97%85%E5%AE%A2%E9%89%84%E9%81%93

 特急に限らず、JR九州が積極的に新車を入れているのは、
 国鉄時代の車両は713系を除き交直両用車で(形式上は715系も交流専用車だが、構造上は両用車と同じ)、 
 しかも回生ブレーキも持たない抵抗制御のひたすら重くて電力バカ食いの電車である為。
 JR九州にとってはJR西日本エリア乗り入れ用と唐津線用以外はすべて交流専用車でいいし、
 そうなれば半導体による高効率の制御方式(サイリスタ連続位相制御、VVVFインバータ)が使えるし、
 電気回路も1500Vの枷がなくなるし、サービス用電源にいたっては直流区間用のインバータやMGといった
 余計な重量物は必要なく、トランスの分巻コイルから取り出せる、とメリットが限りなく大きい。
 
   ・鉄になれ、とは言わないが、「めでたい」まで批判するならこれぐらいの知識は持っとけ。

・・・・・・・・・・(´・ω・`)チンプンカンプン????? 日本語で、おk?

いや、別に私は、これを、すらすら判読できるようになるほど、
体内鉄分濃度を高める必要性は感じておらんのだけれど、
鉄の世界も、奥深い(おもしろい)もんだと、あらためて。

社歌(浪漫鉄道)は、たまに、ようつべorニコ動で聞いてますが、
JR九州野球部応援歌「鉄路轟々」なんて曲もあるんですね。初めて知ったわ。。。
カコイイ ・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・
http://wiki.chakuriki.net/index.php/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E6%97%85%E5%AE%A2%E9%89%84%E9%81%93#.E8.A6.96.E8.81.B4.E8.A6.9A.E5.AE.A4


8244.七年ぶりの喜びの日 返信  引用 
名前:371    日付:2010年10月1日(金) 12時17分
Original Size: 640 x 425, 57KB Original Size: 490 x 325, 120KB Original Size: 640 x 425, 65KB

雑談板にも書きましたがホークス優勝の日のPVの様子です
優勝してドームの生ビールを飲もうと一人駅までせっせと歩いていったわけですがw、(家族誰も付いて来ないし)
移動中に優勝が決まり、弟からメールが来ましたので明日の新聞を
仏壇に供えるよう頼んだところ
「7年は長かった 今仏様の前でしみじみとよろこびをかみしめ飲んでいます」との返事
本当に長く感じる7年でした

思えばホークスの転落が始まった2004年は自分の父に余命宣告された年でもありましたっけ
2005年はロッテの胴上げを目の当たりにし、「お母さん泣かないでー」
とか子どもに心配掛けまくって家につれて帰ってもらい1日休んでから父の病院に行ったら父の病状が悪化していて言葉を発せなくなっていたことや
06年プレイオフ敗退の後ワインを1本飲んで瓶を庭に投げつけ寝てる間にリバースしてたり
王さんの病状を最後まで心配していた母のこととか
毎年9月後半には私の人が変わるのが恒例となり今年遂に主人が腹を立て夫婦の危機w
毎年毎年過剰な入れ込み 脇役のホークスに勝手に腹を立てたり泣いたりを繰り返してきたものの今年は美味しいお酒を飲むことができました
今年はいつもと逆に、箱崎にお参りしない、七夕様にお願いしない、
優勝祈願メッセージも送らない、とやってきたので
CSは正直厳しいとは思いますが「神頼みしない神頼み」は最後まで続けていきますw



8245.王貞治ベースボールミュージアム
名前:371    日付:2010年10月1日(金) 12時37分
Original Size: 596 x 428, 94KB Original Size: 640 x 428, 82KB Original Size: 500 x 334, 81KB

ドームのビッグライフを改装してできた王さんの記念館です
国民栄誉賞受賞の盾や沢山のトロフィー、ホームラン世界新達成の映像を見られるコーナーや
子どもたちが球速を測れるコーナーなど楽しめる記念館です
(2枚目)昭和の茶の間を再現したコーナー
(3枚目)はぐりーんバスの車窓から撮った平和台のモニュメントです
ぐりーんバスの写真はまた今度載せますね



8248.■371さん
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年10月1日(金) 17時55分
Original Size: 580 x 435, 68KB Original Size: 580 x 435, 78KB Original Size: 580 x 435, 75KB

ホークス本拠地のヤフードームでのパブリックビューイング(PV)には
1万5千人が詰めかけたんだそうですが、その中に、371さんも、おられたとは!!!
まさか当日のドームの生写真を見られるとは、思ってもなかった。ありがとうございます。
有終の美は飾れなかったものの、優勝を決めて大いに沸き上がるドーム、
テレビの映像で見てても興奮が伝わってきてたから、現場の盛り上がりは、大変なものだったかと。

ホスピスで最期を看とられたというお父さん、そうでしたか、余命宣告は2004年でしたか…。
お父さんのお葬式から日を置かず、今度はお母さんの看病・お葬式と続き、
さらに可愛がっておられたワンちゃん、猫ちゃんたちまで、ご両親のもとに旅立ってゆき、
371さんご家族におかれては、ほんとにお辛いことが短期間に幾つも重なって、
お掛けする言葉も見当たらず…状態でした。どれだけ重い歳月だったことかと。
今秋は、彼岸のご両親も、きっと祝杯をあげられたでしょう!!
夫婦の危機?そのお話は、まだ聞いとらんばいwwwww

CSの成り行き、まだ、わからんとしても、でも、優勝なんてもんから長らく遠ざかっていたホークスが
レギュラーシーズン優勝してくれただけでも、嬉しいこと。
地元球団の活躍は、ファンだけでなく、地元を元気づけてくれますもんね。
さらに、371さんにとっては、ホークスの話題は、
野球が大好きだったという親御さんとの絆にもなる訳だから、
ホークスの浮き沈みに気持ちが連動するのも、自然なことかと。
弟さん共々、美味しいお酒を飲まれたようで、本当によかったです!!

王貞治ベースボールミュージアムの写真も、ありがとうございます。
私も一度だけ見学したけれども、こんな昭和の茶の間コーナーなんて、あったっけ?
いかに漫然としか見てないか、バレバレですね(汗)
いつか機会があれば、ドームのバックヤードツアーも面白そうだと思うのですが…。

そうそう、昨日午前中、やっと別府市民球場の稲尾記念館(写真)に行ってきました。
稲尾記念館は、想像より、こぢんまりしてたけど、無料で開放してあって、へぇー!!
私がいたときにも、観光タクシーで年配の方たちが案内されてきてましたが、
訪ねてくる人は、圧倒的に福岡の人が多いそうです。そりゃ、そうだろうさ!
時間あまり無かったこともあって、ソソクサと失礼したけど、
もし時間があれば、受付のオジサンが、あれこれ解説してくれるから、
野球に詳しい方が訪ねても、たぶんディープな話題で盛り上がれるだろうと思いました。



8249.追伸
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年10月1日(金) 18時14分
Original Size: 800 x 753, 285KB

稲尾さんの実家は、竹瓦温泉のすぐ近く、波止場神社の前であることは、
別府に馴染みのある人にとっては有名な話だけど、
ちょっこし別件の調べ物があって、
昭和29年発行の別府の最も古い住宅地図に目を通したついでに見てみたら、
確かに「稲尾」の文字が読めますね。

現在、ここには、当時の痕跡は、な〜にも残ってなくて、つわものどもが夢の跡。
(現在の様子の写真、撮ってるんだけど、今、探し出す時間なし。)


8239.秋到来 返信  引用 
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年9月29日(水) 0時19分
Original Size: 580 x 435, 144KB Original Size: 580 x 435, 148KB

本日28日、皇居の水田では天皇陛下が稲刈りされたそうですが、
我々庶民の世界の稲田でも、収穫の季節を迎えています。

実家近くでは、ちょうど今、彼岸花、花盛りです。
猛暑の影響か、例年に比べると、彼岸花も、少しばかり遅いかな?

2枚目奥に写っているのは、天拝山。
天神さんこと菅原道真が九州に左遷されてきた折、
この山に登って、天を拝み、自らの無実を訴えたという伝説から
「天拝山」と呼ばれている山です。
史実では、道真さんは天拝山には登っていないそうなんですけどね。
来月には、恒例の観月会が催されます。



8240.秋到来
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年9月29日(水) 0時19分
Original Size: 580 x 435, 98KB Original Size: 580 x 435, 97KB Original Size: 580 x 435, 98KB

最近、よく見かけるようになった白い彼岸花も、綺麗ですね。
コスモスの花も、ぼちぼち。



8241.秋到来
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年9月29日(水) 0時23分
Original Size: 580 x 435, 79KB Original Size: 580 x 435, 88KB

今回、彼岸花の写真を撮りながら、初めて気づいたことなのですが、
アゲハチョウ、キタテハはじめ、彼岸花の蜜を吸いに来る蝶って、意外と多いんですねー。

私は超常現象だの霊界だのの類は、事実としては信じていません。
― 勿論、人間が捉え、数式化できている自然現象は、宇宙の一部でしょうが ―
しかし、誰かの「死」にまつわる不思議な話を聞く機会は、かなり多かったりします。

私自身、亡夫の葬式の後、誰もいない部屋の祭壇前の経机がガタガタ揺れたり、
故人が可愛がっていた猫が、経机の下に蹲って出てこなくなったり、
(経机の下の猫は、愛猫家には、よくある話のようです。)
その他にも、いくつか不思議なことを経験しました。

亡夫のかつての同僚で、闘病むなしく60代で白血病で亡くなられたF先生は、
とても筆まめな方で、亡夫亡き後、細かい文字で優しい言葉を
ビッシリ綴ったハガキを何枚も送ってくださり、
どれだけ精神的に救われ、支えてもらったことか知れません。
私は、ご生前に一度もお目にかかる機会を得ぬままだったことが悔やまれますが、
この方も、また、私が勝手に人生の師と仰ぐお一人です。

ご自宅のお仏壇にお参りさせていただいたとき、
奥さまから、蝶のお話を伺ったことが、印象的でした。

なんでもF先生、蝶が大好きだったとか。
亡くなられた直後、ご自宅の家の壁に、キタテハが一匹、長いこと、とまっていたそうで、
逃げるでもなく、そこで心ゆく迄ゆっくり時間を過ごした後、飛び立っていった、と。
奥さまには、それが、まるで蝶に姿をかえたF先生の魂が、最後に家に帰ってきて
我が家や家族を見届けて、そして旅立っていったように思えたのだそうで。

彼岸花にたわむれる蝶を眺めながら、ふっと、そのお話を、思い出していました。

秋彼岸は26日に明けましたが、彼岸花を眺めながら、
今は彼岸にある方たちの顔を、しみじみと懐かしく思い浮かべる此岸の私でした。

暑さ寒さも彼岸まで。これから秋が深まるのでしょうか。


8233.ゲゲゲの女房(画像保存) 返信  引用 
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年9月25日(土) 1時51分
Original Size: 1440 x 810, 300KB

某匿名掲示板に貼られていた番組中の新聞テレビ欄。
テレビでは流れてしまうシーンも、細かく見ると、あまりにも可笑しくて、大爆笑。
保存の意味で、こちらに転載。

そういえば、番組に登場した架空の雑誌「ゼタ」は、文字の下半分を隠すと
実在の雑誌「ガロ」になるという話は、ネット(の一部?)では有名な噂になっていましたが、
そういう細部にわたる遊び心にも、愉快にさせてもらった番組でした。

本日、最終日。さびしいね…。スピンオフに期待。

夜、金スマ見てたら、ドラマヒットの影響で、
境港の鬼太郎ロード、多い日には、一日7万人もの観光客があるそうで、びっくり。
本間勝代さんの分析によれば、日本第3位のテーマパークと言える人出だとか。
800mの鬼太郎ロードに並ぶ妖怪の数は、現在、139体。

鬼太郎ロードは、私も2、3度訪ねているものの、隠岐には行ったことがありません。
鬼太郎フェリーに乗って、いつか渡ってみたいものです。

連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」4(>>008以降)
http://bbs71.meiwasuisan.com/bbs/bin/read/dorama/1284776023/



8236.Re: ゲゲゲの女房(画像保存)
名前:KIYO♂    日付:2010年9月25日(土) 17時53分
もぐささん、こんにちは♪

新聞には広告が付物ですね。

■あったら良いな、こんな広告

では、今は休眠中の某Blogから転載
-------------------------------------------------------------
■夢のような体重計

遂に悩める貴方へ夢を見させる、
蜃気楼のような素敵で華麗に貴方を
変身させるサーポートの一環として

お手伝い出来るかも知れない数少ない
叡智が集まった様にも錯覚を受ける

体重計の誕生か

・体重計に乗るのが怖い、貴女
・正確な体重を知りたくない、貴女

に最適の「モザイク付」体重計

準備は簡単、明瞭、即実践

わずか一枚のモザイク用シールを
デジタル表示欄に貼るだけです。
(アナログ系振動針は対応外)

さあ、今日から悩むことなく
ドンドン 乗って下さい。
-------------------------------------------------------------


8237.■KIYO♂さん
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年9月25日(土) 23時57分
Original Size: 275 x 183, 8KB Original Size: 350 x 350, 49KB

え〜〜〜、広告出していただき、ありがとうございま〜〜〜す。
「モザイク付」体重計が、一瞬、「モグサ用」体重計に見えたわ…( ̄△ ̄;)

え〜〜〜、弊社では、アドバイザーに著名な叡智、グリム兄弟先生をドイツから招聘し、
KIYO♂社製モザイク付体重計に、さらなる改良(改悪?)を加えまして、
この度、バージョンアップ版の開発に成功したので、ここにご報告いたします!
え〜〜〜、名づけて「ミラクル・モザイク付体重計」。
え〜〜〜、ミラクルだけにミラーというのは単なる駄洒落でございますが、
新機能といたしまして、「白雪姫の鏡機能」というものが搭載されており、
体重計に向かって、「ハカリよ、ハカリよ、ハカリさん」と語りかけると、
必ず「まったく変動なく、美しい体型が保たれております、心配ありません。」と応答し、
気分的な不安を取り除くことによって、体重はともかく、
気持ちを“軽く”してくれる効果が期待できるというものです。

   ……………ソウイウ問題ナノカ? (゚д゚`)・・・???

いや、実際、最近、年齢相応に(←と言い訳)腹が出てきたりしておりまして、
崩れてきた体型を直視するのがイヤで、温泉の脱衣場などに、
全身を映す大きな鏡があっても、無意識に視線を逸らしてしまう自分がいます、はい。

でも、見えない(認識できない)ものは「存在しない」って、なんだか
実存だとか本質だとか、とっても深遠な哲学の世界の入り口だったりするような?!

   ……………妖怪ヨロシク、話ヲ煙ニ巻イテミル (´-`)

◆「体重計 ヤバイかも」
どっかの温泉で、現物を見かけて、面白かったから写真撮ったのですが、
それが、どこの温泉だったのかの記憶が無くて、、、、
http://vgvd.jp/vv/goods/00000sh036/


8231.会津「磐梯山」でステーキ 返信  引用 
名前:KIYO♂    日付:2010年9月21日(火) 19時52分
Original Size: 640 x 720, 67KB Original Size: 640 x 715, 95KB Original Size: 800 x 536, 80KB

もぐささん、こんにちは♪

■東北方面へ再訪

今年の五月以来、連休を利用し宮城、岩手へ
遠出の湯巡りをしてきました。

今回は帰宅報告兼ねるため宮城、岩手からは
抜粋となりますが画像を貼らせて頂きます。

■温泉旅館のネーミングに驚く
宮城は鳴子温泉「農民の家」へ入浴

左画像は建屋と硫黄泉、においは特に気にならなかった当方です。
他に炭酸泉と大浴場に入浴できて得した気分に(苦笑)

■東北の駅百選
中央画像は駅百選に選定された岩手「北上線」ほっとゆだ駅

当方は無料駐車スペースに止められて「ほっと」し入浴することなく
少ない待ち時間で遭遇した「キハ100系」を撮り鉄。

列車を見送った後に「湯川温泉」へ向かいました。

■「磐梯山」
右画像は磐越自動車道「磐梯山SA上り」から臨む会津「磐梯山(今年の五月撮影)」

連休のため東北道のSA内は駐車待ちの車列で誘導員の指示待ち
温泉巡りの疲れも重なったのかリフレッシュのSAで気分が滅入って
東北道「国見SA上り」で車中泊の当方でした。

翌日早朝SAを出発したため、当方立ち寄り定番の磐越自動車道「磐梯山SA下り」レストラン
ステーキ宮(関西以西に店舗なし)でステーキを食べるはずが食べずに帰路に着く。

◎明後日からもETC休日特別割引(1000円)が行われるため各地の高速道路(自動車専用道含む)と
  SAは渋滞となるのでしょうね。



8232.■KIYO♂さん
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年9月21日(火) 23時54分
Original Size: 580 x 435, 147KB Original Size: 580 x 435, 100KB Original Size: 580 x 435, 28KB

KIYO♂さんも、この夏場の暑さには身動きとれんというお話でしたが、
連休は、東北まで遠出でしたか、おつかれさまでした!!

ススキと一緒に撮影されたキハ100系、季節感たっぷりですね。
東北の夜は、もう寒いぐらいではなかったでしょうか。

鳴子の「農民の家」、ちょこっとネットで検索して見てみたら、
なんでも建物内部はカオスの世界というか、複雑怪奇な迷路状になっているようで、
それはそれで楽しそうだけれども、方向感覚あまり発達してない私がお邪魔したら、
迷子になって、ここだけで簡単に一日潰れてしまいそうです(笑)
全国各地、思わず笑っちゃいたくなる面白い温泉、色々あるもんですねー。

九州在住者には珍しいステーキ、、、ではなく素敵な景色、
いつもお土産写真を色々見せていただき、ありがとうございます。

会津磐梯山も、なんと美しい山容でしょう!!
YouTubeに上げられている福島県の民謡「会津磐梯山」を聞きながら、このレスを書いています。

♪小原庄助さん なんで身上つぶした 朝寝 朝酒 朝湯が大好きで それで身上つぶした
  もっともだ もっともだ♪♪

このおはやしが、あまりにも有名な民謡、正式には、なんと30番まで歌詞があるんですね。
今、少し調べて初めて知り、ビックリ!!
(写真1)は、脇田温泉@福岡県宮若市「湯乃禅」、「庄助の湯」と名付けられている露天風呂。

しかし、やはり渋滞には難儀されましたか。ステーキ食べられず、残念でした。
私も、昨年のシルバーウィークに、KIYO♂さんのお膝元の石川まで自走でお邪魔したときは、
渋滞を見越して、徹夜で深夜移動したので、そこまでひどい渋滞には巻き込まれなかったのですが
今年、大阪の天神祭のときに伊勢神宮まで自走した時は、京都・滋賀で大渋滞に巻き込まれ、ウンザリ。

私の方は、17-18日にバタバタ別府に行ってきたのですが、
明礬温泉の「湯の里」(写真2)という温泉で一緒になった若い女性は、東京の方でした。
1,000円ETC利用で、連休にご夫婦で九州まで来られたそうです。
(関西圏をまたぐので、実際には2100円かかります。)
渋滞は、昨年に比べれば、今年は、まだマシでしたよ、というお話でした。

でもって、18日夕刻、別府からの帰りの高速道路(大分自動車道)、
1000円ETCの行楽渋滞ではなく、トンネル内で起きた高速バスを含む玉突き事故の影響による
大渋滞に巻き込まれ、ウンザリ。下り線は、日田−玖珠、通行止めになってました。
(写真3)は、のろのろ運転の高速道路上から撮影した、夕焼けの玖珠ウインドファーム風車群。
鏡山(675m)に並ぶ1100kW風車×11基、こちらも2005年2月から運転。
ついでながら、風力発電の風車を見ると、異常興奮してしまうもので、いつも連れに笑われます。。。
まぁ、以前勤めていた会社で、関わっていたせいなんですけどね。。。


8230.スーパー猛暑 返信  引用 
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年9月21日(火) 19時41分
Original Size: 640 x 480, 60KB Original Size: 640 x 480, 60KB Original Size: 640 x 480, 135KB

夏らしい景色ということで、7月の写真ですが
(写真1)姉子浜@福岡県、鳴き砂の浜として有名
(写真2)玄海ウィンドファーム@佐賀県
     佐賀県内で初のウィンドファーム事業、1,500kW風車×6基、2005年2月営業運転開始
(写真3)浜野浦の棚田@佐賀県、「恋人の聖地」に選ばれている
****************************************************************
9月も早下旬にさしかかりました。平年に比べると、まだ気温はかなり高いそうですが、
それでも今夏は「スーパー猛暑」と言われるほど厳しい暑さだっただけに、
ようやく感じられるようになった秋の気配に、一息といったところでしょうか。

9月16日放送のNHKクローズアップ現代「異常気象はなぜ起きた」
現在、世界中で研究が進められているという今夏の猛暑のメカニズム解説、
思わず、テレビの前に正座して見入ってしまいました。
http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail.cgi?content_id=2938
滅多に「異常」という言葉を使わない専門家に「異常気象」と言わしめた「珍しい」夏、
気象学にとっては、エポックメーキング的ともいえる夏だったとか何とか。

待ったなしの地球温暖化現象、私たちの子孫に美しい地球を受け継いでゆくためにも、
ブーム的な一過性の「エコ」ではなく、私も、たとえ小さなことでも、身近に出来ることから、
真剣に取り組んでいかなければと、あらためて考えさせられたことでした。

ところで、久しぶりにクローズアップ現代のオフィシャルサイトを開いたら、
今、ダイジェストの動画を見ることができるようになっているんですね。
時事問題を30分でまとめてあり、わかりやすいので、よく見るお気に入り番組のひとつですが、
ウチはBSの再放送見られん環境、ビデオも長らく故障中、
見逃してしまうものも多いので、これは嬉しい。

見そこなって残念に思っていた9月13日放送「ダークマター 見えない暗黒物質を探せ」
さっそく見たいと思います!(゚∀゚)

明日22日は「中秋の名月」。お月さん、見られるかな〜。


8226.由布岳への祈り 返信  引用 
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年9月19日(日) 22時34分
Original Size: 580 x 435, 86KB Original Size: 800 x 509, 127KB

温泉に入るでも観光するでもなく、
ただ、この景色を、我が目で見たい一心で、
別府からの帰り道に立ち寄った湯布院。

車と観光客でごった返す連休初日の由布院中心部の喧騒とは離れた田園風景の静寂、
刈り取りの季節を迎えた田んぼの稲が、夕日に照らされ、黄金色に輝き、
その向こうに悠然と聳える由布岳の姿の美しさに、しばし見とれました。

由布院盆地と、そこに暮らす人々の営みを見守り続けてきた霊峰・由布岳よ、
どうか、私の大切な友人のことも、しっかり見守っていてください!!



8227.Re: 由布岳への祈り
名前:郷GO    日付:2010年9月20日(月) 8時37分
Original Size: 1024 x 768, 50KB

由布岳は春夏秋冬、いつ見ても心洗われますよねえ。
由布岳って富士山みたいシンメトリーな形していないので、見る方向によって山の形が全然変わってくるのですよね。
そういうところも味があって、素敵な山です(^^)

写真は紅葉の時期の由布岳。



8228.■郷GOさん
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年9月20日(月) 11時22分
Original Size: 580 x 435, 72KB Original Size: 580 x 435, 83KB Original Size: 435 x 580, 138KB

お写真の右側、久大本線を列車が走ってる。
この角度は、荒木か石武に入りに行かれた折に、撮られたものと拝察。
清々しく澄んだ、抜けるような秋空ですね!

なんといっても、由布院のシンボルですもんね。
私も、由布院を訪ねる&通るとき、由布岳の双耳峰が綺麗に見える日は、
それだけで嬉しく、いい事がありそうな気がします。

麓から見上げる優麗なフォルム、由布院盆地を懐に抱く「母」的イメージから、
私の中では、なんとなく女性的な感じもするのですが、
地元の伝説によると、鶴見岳が女で、由布岳は男になるのだそうで。
由布岳と祖母山の妻争い(別府市ウェブサイトより)

5年前、紅葉の季節(10月)に正面ルートで登ったのですが、裾野の紅葉、見事でした。
上の方に行くと、高い樹木は無くなります。
マタエと呼ばれる鞍部から、東西ピーク(写真1・2)へのルートが分かれる訳ですが、
西峰の方には鎖場なんぞもあったりして(写真3)、ちょっとスリリングな気分も味わえます。
本格的に山やる人に言わせると、由布岳が最も美しいのも、やはり霧氷が見られる冬とのこと、
残念ながら私は冬山はしないので、霧氷を見たい時は、お手軽にお隣りの鶴見岳のロープウェー。



8229.おまけ
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年9月20日(月) 11時48分
Original Size: 435 x 580, 96KB Original Size: 435 x 580, 92KB Original Size: 640 x 480, 95KB

由布岳登山道に咲いていたリンドウ(写真1)、タンナトリカブト(写真2)

蛇越展望所から眺める由布岳と由布院盆地(写真3)は、絶景。
2005年のNHK朝ドラ「風のハルカ」のオープニング、
タイトルバックと同じ景色を、気軽に見ることができる場所。


8217.法華院温泉 返信  引用 
名前:郷GO    日付:2010年9月13日(月) 8時52分
Original Size: 1024 x 768, 49KB Original Size: 1024 x 768, 49KB

星さんは福島まで行かれたのですか(゜o゜)
もぐささんは鹿児島に行かれたのですね。
お疲れ様でした。

私は先日、ここに行って来ました。
涼しい風と美味しい水、そして優しい肌触りの温泉が、旅の疲れを癒してくれました(^^)



8219.■郷GOさん
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年9月13日(月) 16時25分
Original Size: 580 x 435, 83KB Original Size: 580 x 435, 73KB Original Size: 580 x 435, 111KB

ああ、法華院まで登ってこられたんですか。
どのコースを選択されたのか、わかりませんが、雨ヶ池経由でも、すがもり越経由でも、
片道2時間は歩かないと辿りつけない温泉、郷GOさんこそ、おつかれさまでした。
山で汗かいた後の温泉は、どんな温泉でも、サイコーに気持ちいいですよね!!
おそらく今夏の最高の思い出の一つになったのではないでしょうか。

平地では残暑が厳しくても、9月ともなると、坊ガツルまで上がると、
だいぶ秋の趣も感じられたことと思います。

私も、9月9日「九重‘夢’温泉郷無料入浴の日」イベントには息抜きに出かけ
長者原まで行ったので、青空広がるくじゅう連山は下から眺めたものの、
とても山に登るような余裕は無く、開放時間が終わると、ばたばた帰ってきました。

私の写真の残り2枚は、九重西鉄ホテル花山酔。
ミヤマキリシマが咲き乱れる三俣山の写真が使われた広告を、西鉄電車の中吊りなどで
よく見ますが、実際、三俣山が、目の前にドーンと迫ってるんですねぇ。
いや、こんなホテルの温泉、自腹で金払ってまで入らんよ、無料なら行ってみよう、と、
今回、初めて立ち寄ってみたら、実は、けっこう良い温泉だったりしたわけで、
自分の勝手な想像で決めつけてて、スミマセンの一湯でした。循環式ですけどね。
そういや同じ長者原のコスモス荘は、老朽化により全面建てかえ工事中、
久しぶりに横通ったら、取り壊し作業中なんですね。どう生まれかわるのか、楽しみ。

鹿児島っても、仕事のついで。佐多岬まで行くのは時間もかかるし、温泉は、そんなに数入ってません。
第一、温泉のことは、な〜にも予習しないまま出かけましたし。
天文館で白熊食べながら、連れに「星さん、月さんに会いに行こう!」と言ったら、
「あまりにも急過ぎる!ご迷惑かけるだけだから、慎みなさい!」と怒られ、自粛。(-_-;

芹 洋子の声は、いつ聞いても、やっぱり、きれい〜。
http://www.youtube.com/watch?v=oBeQizxPtwo



8220.壁湯温泉
名前:郷GO    日付:2010年9月14日(火) 14時26分
Original Size: 768 x 1024, 50KB Original Size: 768 x 1024, 50KB Original Size: 1024 x 768, 50KB

法華院は雨ヶ池コース行きました。
現地はすっかり秋の気配で、涼しい風か心地良かったです。
紅葉の季節は絶景だろうなと想像しながら法華院温泉を目指していました。

九重九湯の日は今年もやったのですね。
数年前、土曜・日曜が9月9日だったときに、二年続けて行きました。
無料だとついつい欲張ってしまいますよね^^;
九重九湯を一か所ずつ、計9温泉地を制限時間内に廻ったのが思い出で残っています。

九重西鉄ホテル花山酔はまだ入浴したこと無いです。
九重連山を拝めるのは、行かれたことあるかもしれませんが、馬子草温泉きずなを思い出します。
九州はホテル系のお風呂でも、お湯が良い温泉地が多いですよね(^^)
山鹿とか原鶴とか天ヶ瀬とかetc…

天文館の白熊は、私もGWに食べに行きました。
鹿児島行ったら、やはり女性には外せないスポットの様で…^^;

法華院の前泊は私のお気に入りの、壁湯温泉福元屋でした。
写真@→宿泊した部屋。黒川風に上手に改装されています。
写真A→貸切風呂の一つ。ボケた下手な写真で申し訳ないですm(__)m
写真B→福元屋自慢のご飯。独特の甘みがあって美味しいです(^^)



8221.Re: 法華院温泉
名前:    日付:2010年9月14日(火) 18時35分
Original Size: 400 x 300, 28KB Original Size: 400 x 300, 28KB Original Size: 400 x 300, 31KB

もぐささん、連絡頂けず、ヒガミます。
郷GOさん、
わたしたち、「法華院オフ」思い出します。

写真追加
万葉亭、中の湯旅館、滝川屋



8222.■郷GOさん
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年9月15日(水) 18時5分
Original Size: 580 x 435, 99KB Original Size: 580 x 435, 93KB Original Size: 580 x 435, 98KB

(写真1)雨ヶ池 (写真2)星生山から眺める硫黄山と三俣山 (写真3)久住分れから眺める主峰・久住山
***************************************************************************
雨ヶ池を通られたのなら、この季節は、ヤマラッキョウの見事な群落や、
マツムシソウ、アキノキリンソウ、リンドウなども見られたのではないですか?

…え?歩くのに一生懸命だと、いちいち花なんて見てるような余裕はないって?

私も、くじゅうの紅葉でも見に登りたい気持ちは山々なれど、なかなか儘ならぬので、
たまに配信されてくる法華院のメルマガと、ようこそ九重連山へのサイトなどを覗いて、
くじゅうの今の景色を眺めている今日この頃です。

ちと余談になりますが「ようこそ九重連山へ」は、くじゅうに関心のある人なら、
知らん人はおらんと言っても過言でない超有名サイト。
毎週のように登っておられて、くじゅうの最新情報を得るのに重宝しますが、
主催者の永松一郎さんは、玖珠町古後の方で、本職が中学の教頭先生だということ、
私は、昨年7月の大分合同新聞の記事で、初めて存じ上げました。
http://www.oita-press.co.jp/localNews/2009_124839657847.html

あと、個人的に好きなのは、福岡在住の写真家、川上信也さんの写真。(くじゅう写真館
今は本として上梓され、インターネットからは削除されてしまったけど、
彼が法華院に勤めていたとき、WEB上に連載されていた「坊がつる山小屋日記」のファンでした。
アイドル犬のポリくんも、すでに数年前に亡くなってしまったけどね…。

福元屋さんにお泊まりだったとは、いいなぁ!
秘湯を守る会の一軒、不動の人気を誇るお宿のひとつ。郷GOさんも、お気に入りなんですねー。
立ち寄りは何度もしていても、泊まったことないため、館内の様子、私は、直接知らなくて。
お写真で見せていただいても、素敵な雰囲気で、落ち着いた時間を過ごせそうです。
ご飯も、ふっくらしていて、美味しそう!
の〜んびりつかる、「ぬるい」露天風呂も、とっても気持ちよかったことと思います。

馬子草温泉きづなも、温泉ファンの間では、人気の高い温泉のひとつ、
ここの露天風呂から見る山の景色も、ほんとに素晴らしいですよね!私も好きな眺めです。
斉藤雅樹さんの『大分の極上名湯』は、私にとってはバイブルにしている一冊なので、
この本で紹介されている温泉は、だいたい一通り入っているはず。
ただし、今、目次を見直してみたら、いずれも、とっくの昔に廃業した
「湯布院高原ホテル」と「河鹿荘」は、入りそこなったままでした、残念。

九重九湯を一か所ずつ9つ、なるほど、そういう入り方も、思い出になりそうです。
しかし、いかんせん開放時間が4時間しかないから、移動が大変そう!!!

むじゃきの白熊、女性には外せないスポットなんですか、へぇ〜(←ぉぃ!)。
いえ、私、ふだんは、あまり食べ物への執着が無いものだから、その辺、疎くて。
ただ、この日は、クソ暑い中、城山の展望台まで遊歩道を歩いて登ってみたら、さすがに汗ダク、
氷食ワセテクレー!!という、極めて現実的な欲求に基づいた白熊レギュラーサイズでした。。。



8223.■星さん
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年9月15日(水) 19時42分
Original Size: 580 x 414, 100KB Original Size: 580 x 373, 99KB Original Size: 580 x 424, 98KB

(写真1)2007年法華院オフ会 北千里浜にて (写真2)2007年法華院温泉
(写真3)2009年南九州お遊び会 古里温泉 ふるさと観光ホテル
**********************************************************************
郷GOさんにおかれてはテリトリーでありましょう福島県の温泉も、
残念ながら私は知らない世界ですが、素敵ですねー!!
今は、星さんのお写真で楽しませていただいて、
いつの日か行けるときのために、....〆(・ω・` )メモメモ、っと。

この度は、鹿児島のお膝元まで伺っておりながら、
ご挨拶も申し上げぬままと相成ってしまい、失礼いたしましたっ。

だから、電話してみようって言ったのに〜っ!!>Pさん(話の矛先を、別の人に向けてみるテスト。)

突発的に色々と用事が飛び込んでくるもので、確固とした予定が立てられず、
なかなか事前にご連絡が出来ないのが実のところでして、スミマセン。

星さんたちと一緒に登った法華院オフ会、2007年夏だったから、もう3年経つんですね。
寒の地獄温泉で、月さんにご馳走してもらった冷やしトマトの美味しかったこと!!
なぜか、そのトマトが、私の中で強烈な思い出として残っております。

星さんたちが幹事してくださった南九州オフ会からも、ちょうど1年になるんですね。
今回の鹿児島行き、桜島には渡らなかったけど、
桜島を眺めながら、あれこれ懐かしく思い返していたことでした。
法華院や鹿児島のオフ会写真を見直して、色々思い出しては、一人ニヤニヤ中。



8224.もぐささん
名前:郷GO    日付:2010年9月17日(金) 21時3分
Original Size: 1024 x 768, 50KB Original Size: 1024 x 768, 50KB

様々なくじゅうの写真、ありがとうございます。
すがもり越も考えたのですが、山登り素人のオフ会で危険回避の為、仕方なく止めました…

私は花オンチなので、道中の花は何が何だか分かりませんでした(・・;)
通りすがりの登山客の一人が花の写真撮っていて、ご丁寧にも私に一生懸命説明してくれましたが、私には理解不能でした^^;

「ようこそ九重連山へ」のサイトも初めて知りました(>_<)
ありがとうございます。

福元屋の宿泊は再訪で、立ち寄り湯は別に数回入浴したことあります。
時期が良いので洞窟風呂はひっきりなしに客がやってきて、ロクな写真は撮れませんでした(>_<)
ここはホントに食事が美味しいので(特にご飯)、宿泊は是非お勧めです。
いつも朝食はパン派の私が、ご飯を三杯おかわりしました^^;

斉藤雅樹さんの『大分の極上名湯』は私も読んだことあります。
この本がバイブルとは、もぐささんは相当泉質重視派ですね^^;
しかしこの本の温泉、ほどんど入ったとは凄いです(゜o゜)
私はこの本の「極上名湯」と「超名湯」は大抵入ったと思いましたが、「名湯」はかなり残りがあったと思います。
(本が手元にないので、記憶あいまいですが…)

九重九湯の日は今年は分かりませんが、朝速かったり夜遅くまで開放している例外的な施設が一部あったので、それを利用して一日で九湯廻りました。
場所が離れての九湯ですから、確か7〜8時間かかったと思ったです。

むじゃきの白熊はスイーツなんで、やはり女性に人気高いですよ。
男女のグループで天文館に行くと、むじゃきは大抵行程に勝手に組み込まれていたりします^^;

写真@→坊がツル付近。ススキの穂の色が秋の気配を感じさせます。
写真A→塚原温泉の紅葉。例年だと11月中旬頃が見頃でしょうか?



8225.■郷GOさん
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年9月19日(日) 14時42分
Original Size: 580 x 435, 119KB Original Size: 580 x 435, 76KB Original Size: 580 x 435, 53KB

(写真1・2)すがもり越の山小屋が閉じられた後、始められた「山里の湯」。
       現在は、息子さんが頑張っておられる。
(写真3)大分自動車道(下り線)から眺める伽藍岳
************************************************************************
天文館むじゃきは、デートコースに組み込むべし、....〆(・ω・` )メモメモ、っと。

一面のススキ、きれいですね!!写真ありがとうございます。
坊ガツルの輪地切り(野焼きの際の延焼を防止する防火帯作り)も既に終わっているようですが、
昨日夕方、別府から湯布院まで、ちょっと横断道路を走ったら、
由布岳の下の草原も、ススキの穂が出揃い、
輪地切り作業も進んでいて、ああ、もう秋だなぁ、と感じてきたことでした。

標高が高い分、涼しいとはいえ、まだ直射日光(紫外線)はキツイ時期、
もしかしたら、そういう面においても、樹間が多い雨ヶ池コースは、正解かもしれませんね。

私たちのオフ会も、ほとんど山登り素人の集団でしたが、敢えて「すがもり越」選択!
同じ道の往復ピストンは面白くない、という、私の個人的好みによる判断に加え、
くじゅうが初めての人がいらっしゃったからこそ、逆に、せめて北千里浜で、
くじゅうらしいダイナミックな景色を見てもらいたいという気持ちが大きかったんです。
もっとも、何かトラブルが起きたときに助力を仰げる登山経験者が
何人もいらっしゃっるからこそ出来たことだったんだろうなと、感謝しています。

塚原高原の方も、今、ススキきれいでしょうね。
塚原温泉は、露天風呂・家族湯含め、今まで数えきれんぐらい訪ねていても、
考えてみたら、紅葉の季節に上がったことはありませんでした。きれいなんですね!
今、伽藍岳の火口を見学するのに見学料をとられるのが、非常に気にくわんけど…。

そういや「火口乃泉」の命名したのも、斉藤雅樹さんでしたっけ。
泉質重視うんぬんというより(私も、難しい泉質なんて、よーワカラン!)、
本の前に、斉藤さんという人物のことを尊敬しているので、それでバイブル。
私のような一般人でも、別府で斉藤さんのお話を聞くことができる機会は結構多くあり、
温泉界の最新情報、トレンドな話題など、シロートにも、わかりやすく解説してくださるので
斉藤さんのお話と、あと、京大地熱研関係の先生のお話が聞けるときは、
時間があれば、できるだけ連れて行ってもらい、勉強(?)するようにしています。
そりゃ究極の話、温泉なんて、自分が入って気持ちよけりゃ、それで十分なんだろうけど、
専門家のお話を聞くと、へーっと興味が増すことも多くて。知的好奇心といいますか。
だからといって、どっかの学会に所属して、
自主的に勉強しようとまで考えない不真面目さが、モノグサがモノグサたる所以。


8213.安達太良山 返信  引用 
名前:    日付:2010年9月12日(日) 15時44分
Original Size: 800 x 450, 84KB Original Size: 800 x 450, 84KB Original Size: 800 x 450, 77KB

天気に恵まれ



8214.Re: 安達太良山
名前:    日付:2010年9月12日(日) 17時23分
Original Size: 400 x 300, 21KB Original Size: 400 x 300, 26KB Original Size: 400 x 300, 32KB

黒金小屋、ついでに



8218.■星さん
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年9月13日(月) 14時45分
Original Size: 580 x 435, 100KB Original Size: 580 x 435, 98KB Original Size: 580 x 435, 100KB

おかえりなさい!ご無事の登頂おめでとうございます。
せっかくの遠征、マーロウ君(台風9号)の影響を心配していたのですが、
お天気が良かったようで、ああ、本当に綺麗な山の景色ですね。
-----------------------------------------------
あれが阿多多羅山、
あの光るのが阿武隈川。
かうやつて言葉すくなに座つてゐると、
うつとねむるやうな頭の中に、
ただ遠い世の松風ばかりが薄みどりに吹き渡ります。
-----------------------------------------------
智恵子は東京に空が無いといふ、
ほんとの空が見たいといふ。
私は驚いて空を見る。
桜若葉の間に在るのは、
切つても切れない
むかしなじみのきれいな空だ。
どんよりとけむる地平のぼかしは
うすもも色の朝のしめりだ。
智恵子は遠くを見ながら言ふ。
阿多多羅山の山の上に
毎日出てゐる青い空が
智恵子のほんとの空だといふ。
あどけない空の話である。
-----------------------------------------------
その昔、学校の教科書にも出てきた高村光太郎の詩、
実際に行ったことはなくても、いつしか私も自然と覚えた「あだたらやま」。
智恵子さんにとっての「ほんとの空」とは、この澄んだ青空なのですね。
お写真で「ほんとの空」を見せていただけたことに、感謝。

くろがね温泉も、なんとも気持ち良さそうです。
なんともダイナミック、星さんもご満悦の様子が伝わってまいります(笑)

私の写真は、「龍門の里 宝湯」@玖珠郡九重町。
平家の落人が財宝を隠した伝説が伝わる宝山(標高815.7m)が目の前で、それに因んでの命名だとか。
やわらかなモール泉が掛け流される2つの貸切湯「星の湯」「月の湯」は、立ち寄り湯もOK。
ただし、お湯を溜めるのに40分ほど要することもあり、予約制。
ご主人のお話では、特に女性には「星の湯」の方が圧倒的人気だそうで、
私も、はい、「星の湯」の方に入らせてもらいました。
ついでに、「温泉仲間に、星さん、月さんというニックネームのご夫妻がいらっしゃるんです。」
なーんてお話も、ご主人としてきたことでした。
2006年に開業してすぐの頃には、なんでも元プロボクサーのファイティング原田さんも
入りに来られたことがあるんですって。
もう一枚は、すぐ近くの龍門の滝。


8208.福岡市動植物園「夜の動植物園」 返信  引用 
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年9月6日(月) 17時27分
Original Size: 580 x 435, 96KB Original Size: 580 x 435, 96KB Original Size: 580 x 435, 97KB

少し前の話題になりますが、福岡市動植物園にて
8月の毎週土曜日(全4回)に開催されている「夜の動植物園」、
最終日の8月28日に出かけてまいりました。

午後6時開園の30分ほど前から、動物園の正門前には人の列。
人気なんですねー。

暑い昼間はデレーっと寝ている夜行性の動物たちも、活発に活動し始めるのが見られる涼しい時刻、
飼育員さんによる動物解説や餌やりなどもあり、なかなか面白いもんです。



8209.つづき
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年9月6日(月) 17時32分
Original Size: 580 x 435, 99KB Original Size: 580 x 515, 99KB Original Size: 435 x 580, 99KB

で、久しぶりの動物園。
一人勝手に「はやぶさ」マイブーム到来中の私の最大の目的は、
言わずもがな、ハヤブサだったりした訳でございますが。

ハヤブサさん、写真を撮るには、お姿が遠いですーーーーーーーーーっ!!!
私のコンデジでは、これが精一杯でした。かろうじてボケてない(ように見える)貴重な一枚。



8210.つづき
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年9月6日(月) 17時39分
Original Size: 580 x 435, 98KB Original Size: 580 x 435, 95KB Original Size: 435 x 580, 95KB

楽しかったのは、子どもに負けじと体を触らせてもらった、ビルマニシキヘビ。
蛇とはいっても、アルビノの白蛇さん。大変おとなしくて、可愛いのです。
この蛇さんに触りたい人は大勢で、ご覧のように大人気。
数え切れない程のホモサピエンス・サピエンスに
ベタベタ触られまくったニシキヘビも、さぞかし疲れる夜だったことでしょう。

おまけの一枚は、比較的よく写っていた、ワライカワセミさん(だったと思う)。



8211.内之浦宇宙空間観測所
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年9月6日(月) 18時20分
Original Size: 640 x 480, 175KB

所かわって、この写真は、鹿児島県・内之浦宇宙空間観測所のロケット打ち上げ台。

探査機「はやぶさ」は、ごぞんじのように2003年5月に
内之浦宇宙空間観測所から、M5ロケットで打ち上げられています。

打ち上げ当時の様子は、YouTube他、動画サイトに、いくつもアップロードされている模様。
(一例)M-Vロケット/MUSES-C(はやぶさ)打ち上げの様子

今、自分の写真を見直してみたらば、私が内之浦宇宙空間観測所の見学に
行っているのは2003年11月、打ち上げのすぐ後だったという訳です。

泣きたくなるようなボロさ、荒涼と寂寞感の漂う施設に、
ホントに、こんなところで宇宙開発なんて大仕事やってんの?
科学技術立国を標榜する日本のはずなのに、予算配分どーなってんの?と、
疑問に思ったのが、正直な感想でした。

そのボロさは、NASAの人間にも、ボロをまとったマリリン・モンローと言わしめたとか何とか。
http://smatsu.air-nifty.com/lbyd/2010/07/200357-af3f.html

地球に帰還した「はやぶさ」カプセルの全国巡業が始まるようです。
今年11月には、はやぶさが旅立った内之浦宇宙空間観測所でも、イベントとカプセル展示があるとか。
カプセル展示に関しては、私は「噂」としてしか聞いてないので、ホントか嘘か知りませんが、
いずれにせよ、今年のイベントには、大勢の巡礼者が内之浦に集まるのかもしれません。

NHK 追跡!AtoZ 予告編 2分で泣けるドラマ。
http://www.youtube.com/watch?v=ZqJ2UWbDlgU
今、↑の関連動画を見たら、誰かがサイエンスZEROの番組も上げてくれてる。
見そこなってたので、嬉しい!!NHKが削除する前に、ダウンロードしとこっと。

A to Z 本編 http://himado.in/27146



8215.京都新聞記事
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2010年9月13日(月) 3時14分
2ちゃんねるに、どなたかが新聞記事の写真をUPしてくれてました。
※玉石混交の2chですが、使い方次第では、有益な情報も色々得られる場です。

----------------------------------------------------------------
名無しSUN:2010/09/12(日) 13:56:57 ID:y1QQ2M0N

本日付けの京都新聞に、
「サンプルリターン」成果に注目
というタイトルで、藤原顕さんのエッセイが載っていました。
以下に記事のJPG画像をアップしましたので、関心のある方はどうぞ。

http://www1.axfc.net/uploader/He/so/293562

※藤原さんは2006年まで「はやぶさ」科学主任を務めておられた方です。
----------------------------------------------------------------

すでに↑のアップローダーに上げてある画像は落ちていると思うので、
私が使っているオンラインアルバムの方に、再UPしています。
URL長ったらしくて恐縮ですが、関心のある方は、コピーしてください。

http://a05-b05.mypicturetown.com:80/P2PwebCmdController/share.jsp?cid=jaJPSEMTRC&x=aEKk%25Mz-o5JwN5NsaQtU9u_KMO4si_6n8ot-U..IpC_X%2AXCF9AzK%26W96%25NzMHZz%26zkeU%25n0xCHRtNVY-IHKJFKv%26ikdePQvRkr3yZ0t%26AgqZZ62


ページ: |< << 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb