[ 携帯用URL ]
やすやす掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
   タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



726.亡命  
名前:つね    日付:2005/11/7(月) 0:9
あの北川和美って人、いったい何者?(笑)

725.あった!これでモテリー。  
名前:やすやす    日付:2005/11/4(金) 18:46
前回書いた134のポジションでオファーが出ることになりました。
ということで2は却下。
来週発表になる条件面も考慮した上で決めるつもりです。

724.モテリー  
名前:つね    日付:2005/11/3(木) 22:14
そうなの?
首都圏のそこそこでかい本屋ならどこでもありそな気がするけど。

それよか、昔懐かしかつ衝撃的な本のタイトルがようやく分かり、
現在捜索中。入手したらここで発表します。おれはこんに見せたい。

今日は試合で前回都で優勝したとこ喰ったった。

723.常木、例の本なかなか見つかんないよ。。。  
名前:やすやす    日付:2005/11/2(水) 15:39
先ほど東京から静岡に戻って参りました。
先週から企業側との直接面接を始めまして、
今週いくつか最終面接も行ないました。

気に入っているポジションが4つあります。

1:不動産及びM&Aに関するストラクチャードファイナンス
2:エクイティ及び債券発行のアドバイザリー
3:企業向け融資のクレジットアナリスト
4:クレジットデリバティブ投資

ただ、134で今週中にも最終結果が出そうだというのに、2のポジションに関しては日系のためか採用プロセスが進むのが遅く、他から先にオファーが出た場合には諦めることになりそうです。

結果が出たらまたお伝えします。

722.エメネイ。  
名前:やすやす    日付:2005/10/24(月) 19:52
いやー久しぶしぃ。
はい、帰国してますよ。
え?旅行記?
なにそれ(笑)。。。

10日でイタリア3都市+ドブロヴニクって結構キツくて、
気づいたら既に帰国してました。

で、書き込みしなきゃしなきゃと思いつつ、
就職活動とかで東京行ったりしてたら、
もうあっという間に10日も過ぎてましたわ。

というわけで、今、必死に就活中なのであります。

>大迫:来週飲み行こう。詳しくはメールで。

721.1万9000人  
名前:つね    日付:2005/10/10(月) 2:38
昨年冬の大雪に、夏の大洪水、そして今回の大地震と、ここ
んところパキスタンはほんと恵まれていない。まあ、全て天
災だからどうしようもないんですがね。。

中国カシュガルから首都イスラマバードへと続く全長1300kmの
カラコルムハイウェイのうち600kmが土砂崩れによりが通行止
めになっているらしい。アボッターバード、マンセーラといっ
たイスラマから北へ100kmくらいの震源にほど近い地域が特に
ひどいようで。さらに、記事を読んでいるとカシミール地方に
は村ごとなくなったとかいう最悪なところもいくつかあるそう
な。。

ここで私が気になったのが、KKH上を旅している旅行者がどうな
っているかということである。絶対、巻き込まれて死んでるパ
ッカーがいるんじゃないか? 少なくともフンザやギルギットで
缶詰状態になっているのではないか?と思うのは私だけではある
まい。

いろいろ調べてみると、山で土砂崩れや雪崩が多発しており、
さすがにクンジュラブ峠は全面封鎖。フンザでは、灌漑設備や
発電所が被害を被ったものの、街へのダメージはあまりなかっ
たとのこと。しかし、昨日の時点でギルギット→フンザやスス
ト→フンザと通ってきた人がいたという話もあるので、意地で
の通行可能な模様。

犠牲者が2万人を越えるのはほぼ堅そうだが、私はこんなときの
パッカーの動向を見守りたい。

720.ドラクエ  
名前:つね    日付:2005/10/6(木) 0:30
プリトヴィツェは行かんの?
クロアチアだったら、おれ的にはこっちだわ。
九寨溝に匹敵する景観で、間違いなく中国よりも静かに
見て回れそう。

例のごとく旅日記よろしく。

いや、おれもモチベーションさえ保てれば、死ぬほど働く
つもりは・・・ないな。(笑)
どうあがいても、仕事に全ては捧げられん。

719.あらま  
名前:大迫岳志    日付:2005/10/3(月) 17:18
yasyasさん、凱旋帰国されるんですね。

今後の活動の拠点はとちらに?

とりあえず旅行記楽しみにしてます。

718.エジンベア。  
名前:やすやす    日付:2005/10/1(土) 21:30
いつでも行けると思いつつ結局行ってなかったので、
エジンバラへ行ってきました。
いーとこでしたよ…寒い以外は!!

で、一応スコットランドも見たということなので、
帰国します。15日です。

なんだか常木と全く逆パターンですが(笑)、
これからしばらくは死ぬほど働くつもりです。
そのためにはまず就職活動をしなければなりませんが…(汗)。

と、その前に、
最後のやすやす旅行記fromイタリア&クロアチア
をお送りしたいと思います。

ヴェネツィア→フィレンツェ→ローマ→ドブロヴニク辺りを周る予定。

717.未着  
名前:つね    日付:2005/9/25(日) 22:50
投函から1ヶ月が経ったので報告します。

何をって、例のごとく今夏も旅先から何人かの友達にエア
メールを送りました。今回は旅の終着地カトマンズから。

しか〜し。
はがきは一ヶ月経った今もまだ誰にも届いていない模様。
と言うか、おそらくもう届かないでしょう。どこへ行って
しまったのか、私のはがき。なーんて嘆いていても仕方が
ないので少し考察してみる。

私はほぼ毎回はがきを書いているが、実は届かなかったの
はこれが初めてではない。1回目は中国の成都、2回目はベ
ネズエラの首都カラカス、そして今回が3回目の未着となる。

実は、この3回には決定的とも言える共通点がある。それは、
郵便局もしくは公設のポストからの投函ではなかったと言
うこと。成都ではパッカーの定番宿である交通賓館の私設
ポストから投函。カラカスでは時間がまったくなかったの
で、宿の人に切手の購入ごと頼み、金とハガキを渡した。
今回はタメル地区のトレッキング専門代理店でハガキと切
手を購入し、店で書かせてもらった後、お礼とともに店の
おやじに渡した。(ポストと明記されていた)

カラカスは置いといても、あとの2回は請け負った感のある
場所での投函だったので、届かないことはないと思ってい
たのだが、結局ダメだった。店員や宿の人間が貼った切手
を剥がしてくすねているのかは謎だが、やはり「ハガキは
郵便局に出せ」という至極当然の結論に達した。(笑)

ちなみに、手渡しで届いた例も過去に1度だけあり、それは
ミクロネシア連邦のポナペ島であった。ただし、渡したの
は宿の日本人経営者であったことを付け加えておく。いか
に日本人が律儀で、人が一生懸命書いたハガキの切手を剥
がすことが罪深いと認識しているかがよく分かる。(笑)


ページ: |< << 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb