[ 携帯用URL ]
胡蝶蘭 病害虫 掲示板
胡蝶蘭の病害に関する掲示板です 同じ病原菌であっても、品種や環境によって症例は様々です。いろいろな症例のコメント、克服事例を皆さんに提供していただいて、使える情報資料にしたいと思います。みなさんの情報提供をお願いします。また、よくわからない病害もたくさんあります。そんな時には、品種や発生状況のコメントを書き込んでいただいて、情報交換をしていただければ幸いです。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



266.コチョウランのウイルスについての発表 返信  引用 
名前:山根健治    日付:2006/11/24(金) 16:13
秋も深まりましたね.さて,今年のカナダの国際学会で台湾のグループが行った2つの報告について夏秋先生が知らせくれました.一つはtospoについてで,以前市橋先生から情報頂いたものだと思います.
http://www.apsnet.org/meetings/2006/abstracts/a06ma833.htm
http://www.apsnet.org/meetings/2006/abstracts/a06ma133.htm

もう一つはスポットをつくるpotyvirusらしいです.Abstractなので詳細は分かりません.tospoについてこちらで使っていたユニバーサルプライマーでかかるかどうか調べているところです.
人もノロウイルスなど胃腸炎が各地で流行っているようですので,皆様もくれぐれもお気を付け下さい.では,取り急ぎご報告まで.



267.Re: コチョウランのウイルスについての発表
名前:椴山彬彦    日付:2006/11/25(土) 21:38
 椴山です。
 山根先生、ありがとうございました。
 双方とも、黄斑症の発生している葉から分離されたようですが、黄斑症にもいろいろなタイプの出方がありますので、単一のウイルスではないという可能性もある、と受け止めました。
 部門では、6月以来、台湾の胡蝶蘭種苗関係者との意見交換の事業が進んでおりますので、こちらからも詳細なレポートが手に入れられないかどうか探ってみます。
 それから、夏秋先生には、色々と気にかけていただいているようで、ありがとうございます。よろしくお伝えを願います。


268.Re: コチョウランのウイルスについての発表
名前:椴山彬彦    日付:2006/11/30(木) 17:20
 中興大学へ客員教授で行ってみえる米田先生から返信が入りました。
 発表をされたご本人から直接話を聞いてもらえました。
 台大蘭園の頼さんから持ち込まれたもので、モノは間違いなく黄斑症です。
 あちらでは「台湾ウイルス」と呼んでいるそうです。
 残念ながら、アブストラクト以上の資料の用意はない、とのことですが、3月に韓国で開かれる学会に招待されている、ということですので、そちらから、また何か詳しい情報が得られないかと、皮算用をしております。

265.Re:花老け 返信  引用 
名前:山根健治    日付:2006/11/9(木) 21:8
ご無沙汰しております.花老けについての,深井先生のご報告,たいへん参考になりました.事例を集めて,発生条件の絞り込みが必要のようですね.ORSVとCymMVの混合感染株で葉身に空洞ができるケースもありました.花老け株の花や葉身の一部でもあれば検査はできますよ.黄斑症状もあればよろしくお願いいたします.では.

264.花老けについての研究報告のお知らせです 返信  引用 
名前:椴山彬彦    日付:2006/11/7(火) 17:53
 花老けについて、興味深い報告を読ませてもらいましたので、了解を得て、紹介させていただきます。
 リンクアドレスです。
 http://www.jfga.or.jp/orchid/pha/hanafuke1.doc
 (名前の横のURLからのリンクもかけてあります)
 広島県農業技術センターからの依頼によって、香川大学教授の深井誠一先生がまとめられたものです。

 花老けの外観からして、花弁の陥没部分は脱水状態になっているものと勝手に思い込んでおりましたが、実は、大きな空隙以外は正常な組織が維持されている、という報告です。
 花老け、花老け、と騒いでおりながら、花老けという現象では実際に何が起こっているのかを見ようとしなかった、という点で大いに反省させられました。
 深井先生には、時々、部門のHPを見ていただいている、とのことですので、質問などもありましたら、ここへ書き込んでいただければ、お答え願えると思います。

 ついでですが、部門での、花老けの発生事例の収集は、思うようには進んでいないようですが、各県代表のみなさん、よろしくお願いします。
 細部の状況については、担当の池さんからの直接取材、ということでも構わない、と思います。
http://www.jfga.or.jp/orchid/pha/hanafuke1.doc


ページ: |< << 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb