[ 携帯用URL ]
胡蝶蘭 病害虫 掲示板
胡蝶蘭の病害に関する掲示板です 同じ病原菌であっても、品種や環境によって症例は様々です。いろいろな症例のコメント、克服事例を皆さんに提供していただいて、使える情報資料にしたいと思います。みなさんの情報提供をお願いします。また、よくわからない病害もたくさんあります。そんな時には、品種や発生状況のコメントを書き込んでいただいて、情報交換をしていただければ幸いです。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



224.(untitled) 返信  引用 
名前:市橋    日付:2005/11/28(月) 20:39
下記のHPにTSWVとINSVの接種試験の結果があります。これによればINSVはPhalaenopsisには感染しないことになっています。この記載が信頼が置けるとすれば、黄斑症はTSWVでもINSVでも無いことになります。

http://www.extension.umn.edu/distribution/horticulture/DG7375.html



225.Re: (untitled)
名前:山根    日付:2005/11/28(月) 20:49
市橋先生 お世話になります.貴重な資料ありがとうございます.TSWVは+になってませんか?


227.Re: (untitled)
名前:市橋    日付:2005/11/29(火) 8:31
山根 先生

舌足らずで申し訳ありません。
このデータではTSWVは+です。
私が以前黄斑症の株を愛知農試に持ち込んだ株で
PCRでTSWVの検定をしてもらいましたが、その時は
陰性という結果になりました。このことは前の掲
示版107に書いてあります。


228.Re: (untitled)
名前:椴山彬彦    日付:2005/11/29(火) 9:38
 市橋先生、山根先生、ありがとうございます。
 INSVはPhalaenopsisに感染しないということでしたので、先の台湾からの報告をまじめに読んでみたら、TSWV、INSVともに黄斑症株から抽出したトスポウイルス様のものとは、血清学的に別物だと、はっきり書いてありますね。
 もしも、INSVであっても、トスポウイルスの検索の中には、引っかかってくれるでしょうから、今まで通りの方針でお願します。
 それにしても、よく似ています。

 CymMVもORSVも、ものすごい感染率ですね。重複感染があるでしょうから、8/10ということはないのでしょうが。
 さて、ターゲットのTospovirusは、まだ検出されていないとのことですが、シクラメンのINSVを見せられると、Tospovirusの疑いは、ますます濃厚と思えてきました。
 引き続き、よろしくお願いします。


229.Re: 黄斑症に関するコメント
名前:山根    日付:2005/11/29(火) 11:46
皆様 こんにちは.
→岩堀様 お世話になります.確かに同心円状とスポットタイプの黄斑症状ですね. 
→市橋先生 そういことですね,失礼しました.確かにTSWVそのものの検出は報告されていませんね.
→樅山様 Tospo属あれば引っかかるはずです.今もRNA抽出やってくれています.CymMVまたはORSV感染率は9/12です.うち重複が1株.今のところ古い株も入ってますので,高めの率だと思います.ではでは,失礼します.


230.Re: (untitled)
名前:小島卓巳    日付:2005/11/29(火) 13:26
http://www.agrireseau.qc.ca/Rap/documents/b02cs05.pdf#search='Phalaenopsis%20TSWV%20INSV'ここのファイルの4ページにはINSV検出されてるみたいですね。内容がいまいち分からないので先生方にみていただきたいと思います。


231.Re: (untitled)
名前:市橋    日付:2005/11/29(火) 14:26
小島 さん

なぜかこのpdfページ開けません。
フランス語のようなのでお手上げですが。

市橋


232.INSV
名前:山根    日付:2005/11/29(火) 14:38
小島さん ありがとうございました,よく見つけられましたね.
市橋先生 私もフランス語分かりませんが,ファイルは落とせましたので添付します.
 INSVは1株罹っていたようですね.その他のウイルスの記載が無いのが気になりますが,,,,.


233.Re: (untitled)
名前:山根    日付:2005/11/29(火) 14:53
市橋先生 失礼しました,この掲示板にはpdfは添付できないようです,pdfから情報取りだそうとしたらパスワードかかってるようです.

このURLでどうでしょうか?よろしくお願いいたします.
http://www.agrireseau.qc.ca/Rap/documents/b02cs05.pdf


234.Re: (untitled)
名前:市橋    日付:2005/11/29(火) 20:54
山根先生ありがとうございました。

そうですね1株INSVが検出されているようですね。
病徴がわかると良いのですが。カナダの公立機関は
英語とフランス語の両方で使用が義務付けられてい
るはずなのですが、ケベックは独立運動があるよう
にフランス語に固執していますね。

台湾のyahooも検索する必要がありますね。

216.訂正 返信  引用 
名前:花くま    日付:2005/11/9(水) 22:23
Original Size: 973 x 649, 156KB

あまり考えず思いつきで投稿し申し訳ありません。
詳細を調べるとカビと重なっているようです。
別の写真をUPします。薄いボヤーとしたところが黄斑の後のようですが定かではありません。右の黒い凹みは黄斑のみが壊死した痕です



217.Re: 訂正
名前:小島卓巳    日付:2005/11/11(金) 0:7
葉やけに見えるんですが病徴の初期段階の画像があれば張ってくださいませんでしょうか?


218.Re: 訂正
名前:花くま    日付:2005/11/11(金) 23:10
写真は無いですが種類により異なり米山さんのNO63と68に似ておりました。
ご報告したかったのは、通常黄斑を全く生じない品種が数種、異常高温を持続させると黄斑が現れたと言うことです。
投稿した写真は日焼けでなく持続温度上昇による壊死で、
10日位を掛けて黄斑を伴いながら除除に黄化から壊死に進行した物です。面積は小さく、点在します。
白く乾涸らびた中に黄斑が3個ぐらい入っていたと思います。
なお低温で黄斑を生じる品種は高温では発症しなかったです。
強制換気すれば黄斑や壊死は生じなかったと思います。


219.Re: 訂正
名前:神田    日付:2005/11/11(金) 23:54
花くまさん
貴重な体験談をありがとうございます。
今まで私の考えていた黄斑の出る環境とは全く逆の環境でも黄斑は出ると言う事ですね。
 もしもこれがウイルスが原因だった場合はいろいろなウイスルが起因して症状が出てると考えられるのでしょうか?
 生理障害だったとするとこれは品種間格差と言う風に考えられると思います。
 又違う面からも検討が必要になってくるのでしょうか?
強制換気で発病が抑えられたと言うお話はいろいろな所でも聞けるお話ですので今の所の防止策と言うか予防策はやはり換気なのでしょうか?
今年の冬は重油の値段が去年の倍です。密閉しすぎて黄斑が大発生しないように祈りたい気分です。
 又気づいた事がありましたらどんどん書き込みをお願いいたします。

215.黄斑 返信  引用 
名前:花くま    日付:2005/11/9(水) 12:19
Original Size: 1203 x 841, 252KB

この品種は種苗登録された多く栽培されている品種です。
夏に少し壊死が出ました。
黄斑が黒い文様となってそのまま残っています。黄化部分は白くなっています。



ページ: |< << 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb