[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
めっせーじぼーど

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



440.はじめまして 返信  引用 
名前:サクランボ    日付:2006/8/12(土) 17:0
はじめまして。ピアノを5年間習っている者です。
私は他の方より上達が早いと先生によく言われます。しかし、練習環境が
悪条件で、指のタッチが弱く、コンクールでもよく審査員の方々に指摘
されて、どうすればいいものかと・・・。何かアドバイスをよろしくお願い
します。



441.Re: はじめまして
名前:Mika父    日付:2006/8/12(土) 17:27
サクランボさん、はじめまして。

私はピアノの指導者じゃないのでアドバイスと言われても困るのですが
「練習環境が悪条件」というのは楽器の話でしょうか?。先生ともよく
相談して矯正すればタッチは良くなると思いますよ。上達が早いという
事は不器用なタイプではないはずですから(笑)大丈夫!。

436.MIKA父様、はじめまして 返信  引用 
名前:TOMO    日付:2006/7/3(月) 9:28
はじめまして。以前からこちらのHPを読ませていただいていたのですが、今回、MIKA父様に、御存知のことがあれば教えていただきたくカキコさせていただきました。
 6年生の娘が、今回クラコンに挑戦することになりました。先生もクラコンを生徒を受けさせるのは初めてで、選曲で悩んでいます。今、練習しているのは、シンフォニア、ハイドンのソナタ、きらきら星変奏曲などです。自由曲なので、どれ位のレベルの方が多いのでしょうか。何かアドバイスいただければ嬉しいです。よろしくお願いします。



437.Re: MIKA父様、はじめまして
名前:Mika父    日付:2006/7/3(月) 19:37
はじめまして。
クラコンに出られるんですね。「弾きこなせるギリギリの難易度」を
探して選曲する事も自由曲の面白さかもしれません。しっかり悩んで
下さいね(笑)。例年のレベルから考えると予選云々はどれを弾いて
も何の心配も無いでしょう。いきなり本選を睨んだ選曲、練習をすべ
きだと思います。予選は(かなり)広き門、本選は狭き門という認識
で臨んで下さい。


438.Re: MIKA父様、はじめまして
名前:TOMO    日付:2006/7/4(火) 13:29
 お返事有難うございます。                   クラコンについて全然見通しがつかず不安だらけだったので、本当に助かりました。MIKA父様のアドバイスを参考に申し込み締め切り日ギリギリまで、じっくり考えてみます。あまりコンクール経験のない娘ですので、予選は(かなり)広き門というのに、少しほっとしています。親としては、結果にこだわるわけじゃないけれど、受ける以上は、良い演奏をしてもらいたいと思うので、夏休みは練習に励んでほしいものです。
 本当に有難うございました。

434.合唱 返信  引用 
名前:あざみ    日付:2006/6/23(金) 17:44
皆さん。こんにちは。Mikaお父さんの「Mikaさんもお母様がみている」という勇気ある言葉に出てきました。
私の周りでは<えっ!まだレッスンについていっているの?まだ、練習に付き合うの?などとズキっとくることをいわれる方多いんです。
わたしもまったく練習にタッチしない日々は楽だろうなと思うのですが
娘はまだ無理なようです。練習時間の無駄多すぎ。また、だいぶ
良くなりましたが、先生がレッスンで言われることを理解せず、忘れる。そんな効率の悪い時間がもったいなくて金魚のふんのようにレッスンに付いていっています。

 本当は、時間がかかっても何から何まで、本人が考え、悩み、ピアノを続けていくことが理想なのでしょうが・・・。中学生は時間がないので、待つことができません。

 ところで、学校の合唱コンクールの曲の伴奏譜を持って帰りました。
自分から手を上げてやりたいといったふたりの生徒たちが、部活が本格的になりとてもできないといってきたので仕方なくひき受けたらしいのですが、
(世界にひとつだけの花)メロディは簡単だけど、左のリズムが他の子供には難しかったようです。「ショパンのノクターンで付点音符のリズムが甘いとさんざんしごかれたあとだったのでものすごく簡単!!」と
威張る娘に呆れましたが、ロマン派勉強中の娘の弾くスマップの曲がなんだか格調高く仕上がっているので面白いです。これからみんなとあわせていく中でどういう風におもしろく崩していくのか楽しみです。

 ちびさまのホームページしばしうっとりしました。素敵ですね。
 
 



435.Re: 合唱
名前:Mika父    日付:2006/6/23(金) 23:25
あざみさん、子供には個人差があって「同じくらいの年齢だから、その
くらいは出来るだろう」が通用しない事を思い知らされましたよ。特に
我が家の場合、母親である前に基礎を支える「先生」だった事を完全に
忘れていました。「まだ〜なの?」大いに結構!(笑)。マイペースで
行こうじゃないですか。

ロマン派の格調高い(?)スマップ、実に楽しみですね。合唱を通じて
みんなと楽しめれば、ピアノとの関わり方が一歩前進するのかもしれま
せん。頑張って下さい。

432.MIKA父さま、御無沙汰しております。 返信  引用 
名前:chibi    日付:2006/6/19(月) 20:39
今晩は。MIKA父さま、MIKAちゃん、お元気にしておられますでしょうか。。コンペのシーズン、予選間近になると、なんとなくこちらに遊びに来させて頂くと、気持ちが落ち着くので、ついこの時期に顔を出させて頂いてしまっています。早速、あざみさんやアイボリーさんのコメントを拝見し、我が家も一緒だわーと(笑)。部活ならまだ納得がいきますが、我が家は、部活にも入っていないのにまったく練習不足です^^;今週末、予選なのですが(無謀すぎ)、まあ、のらり、くらりで、参りました。でも、いくら言っても、聞かないことは、とうに承知なので、ほっといています。コンクールに出るか出ないかも先生と本人で、決めたことだったので、一切口出ししないことに。。でもこれが身体に非常に悪い(笑)喉のそこまで、出かかった(ピアノの、練習は、いつするのーーー!!)(えーーー!?それで練習は、もう終わりぃ!?)(フレーズが、途切れてるぞおーーー!)などなど。。今にも激怒しそうな感情を押さえて、忍耐との戦いです。でも、結果が出たとき、満足のいく演奏が出来て納得できるかできないか、自分の演奏に悔いが残るのか残らなかったのか、本人が決めたことなので、自分自身が一番よくわかるはずだと信じて、私は何も言わずに我慢しようと思います、苦しいけど(笑)娘は、テレビ局に入社して、バラエティ制作部で、お仕事する、が夢らしく、ピアノよりも、そちらへの思いが強いようです。小学校までのピアノに対する気持ちが、こうやって変化していくのも、ある意味、成長したということでしょうかねえ。。来年は、受験なので、ピアノからしばし離れる良い機会かなと思います。私自身もいつまでも「ピアノがとっても大好きで、とっても上手に弾くこども」の幻影に縛られず、解き放れる良い機会でもあるかなと。。ピアノ以外の夢を追うことも、部活でも、勉強でも、一生懸命になれるものがあるということは、いけない事ではないですものね。むしろ、良いことなのですよね。と、自分自身に言い聞かせたりして。。。はあ。。。予選前、私の気持ちを落ち着かせるのが、大変です。娘が弾くのにね。情けない母親です(苦笑)自分の趣味にでも没頭しよう!

なんか、思いっきり独り言をカキコしにきてしまいました^^;;

http://rosebasket.sakura.ne.jp/



433.Re: MIKA父さま、御無沙汰しております。
名前:Mika父    日付:2006/6/19(月) 22:26
chibiさん、お久しぶりです。

小学校まで二人三脚で頑張ってきたピアノを、子供に全て任せて一切
口出ししないというのは不安がつのりますよね。うちも小6の時に意
を決して自分の足で歩かせる事にしました。それから約2年が過ぎ、
最近一つの結論が出ました。詳細なことは省くとして、今は再び母親
がピアノを見ています(笑)。要するに一人では歩けなかったんです
よねぇ。2年間は全くの無駄でした。

「自分に厳しくするだけの意欲も目的意識も無ければピアノは辞める
しかない」一度はその結論に達したのですが、元々そんな出来の良い
娘ではありません。同じ年頃の子に出来るんだからお前もやれ、と言
うのはちょっと酷です。好きで続けているピアノですから、ある程度
までサポートしてやるのも一つの選択肢なのかもしれません。

中学生の頃は夢もいろいろ有るだろうと思いますが、現実が見えてく
るとさてどうなるか・・・まだまだ流動的です。親も子も悩み続けて
あと5〜6年、笑い話になる頃にはピアノとの付き合い方が今とどう
変わっているものやら・・・「怖いもの見たさ」に似た感覚かもしれ
ませんねぇ(笑)。


439.ピアノは友達?
名前:Syrinx    日付:2006/7/6(木) 1:36
はじめまして。”かごめ変奏曲”をサーチしていてここまでたどりつきまた。うちのJrは4年生の男の子。先生がのーんびりされているので、Jrものーんびりピアノと付き合っています。今は”かごめ変奏曲”と”調子のよい鍛冶屋”を習っています。
うちのJrは先生に”コンクール出てみない”と聞かれて、即断ったそうです。^^;私はコンクールとかよく判らないのでなんとも言えませんでした。
chibiさんのお子様は勇気がありますね。

コンクールは嫌だけど、先日ある国立大学で100年前の国産第1号のグランドピアノが見つかって、たまたま弾かせていただけることになりました。それには即”弾きたい!!”と飛びついてました。今まで弾いた中で”一番やさいい音”だったそうです。ギロックの”ワルツエチュード”と”ソナチネ”の2曲を弾いてました。

私はJrがピアノを習いだして2年目ぐらいに”この子にとってピアノって何だろう?”って考えました。Jr曰く”友達。しかも大親友。時には男の子で、時には女の子。でもオカマじゃないよ”

野放し状態でピアノを続けるJrですが、毎回目を輝かせてレッスンに来るそうです。習い始めてまだ3年半ということもあるのでしょうか・・・。Jrは男の子、天才ではないので、ピアニストを目指しているわけではありません。親としては、ピアノには一生Jrの心を支えてくれる親友であってほしいと願います。Jrは嬉しい時、悲しい時ピアノに向かいます。友達と遊んでいも、
時折、ほんの一瞬ピアノに触れに行きます。そんなJrを見てると、ピアノとの間に私には判らない何かがあって私は口を挟んじゃいけない気にもなりす。
そんなJrも中学生になったら、ピアノから離れる時が来るのかな?しみじみ考えちゃいました。

chibiさんは娘さんにとって、ピアノはどうあってほしいと思いますか?
chibiさんの娘さんもピアノが大好きなんですよね。
コンクール?のことは判りませんが、それが終わりでも始まりでもないんですよね。
娘さんの人生で、また夢を叶える過程で、ピアノはきっと娘さんの心を支えてくれるのではないでしょうか。
今まで本当に深く触れ合ってきたようですものね。
大親友として?もう姉妹だったりして^^)。


ページ: << 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb