[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
将棋所のサポート掲示板
将棋所についての質問やバグ報告、USIエンジンの作成報告などに使用して下さい。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
   タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



1369.棋譜解析で悪手を指した際の評価値の解釈について 返信  引用 
名前:いんこ    日付:2021/5/12(水) 23:3
棋譜解析の評価値は常に先手番からみた値で、正の方向に振れるほど先手が形勢がよく、負の方向に振れるほど後手が形勢がよいとのことですが、それを踏まえたうえで以下のような仮想の棋譜解析があったとします。

指し手/善悪/評価値
=============
51 ▲55桂/    /-290
52 △同歩/ 悪手 /-370
=============

52手目は後手の悪手なので評価値は正の方向へ振れるはずですが、評価値は51手目より80ポイント負の方向へ振れ、後手がよりよくなるように変化しています。
このように、悪手を指したのに悪手を指した側がよりよくなるよう評価値が変化する場合が度々あるのですが、いったいどのように解釈すればよいのでしょうか?



1371.Re: 棋譜解析で悪手を指した際の評価値の解釈について
名前:将棋所の作者    日付:2021/5/14(金) 0:37
棋譜解析の欄は左から実際の指し手、評価値、読み筋となっていますが、その評価値というのは、その手を指したあとではなく、指す前に判断した評価値になります。対局中にグラフを表示する場合、エンジンが手を指す直前に返してきた評価値を採用していますが、それと同じ考えです。
そのため、その手を指したあとの局面での評価値と比較して、評価値が落ちていれば悪手と判断します。
ただし、対局中は、読み筋通りの手を指すことが前提での評価値ですが、棋譜解析ではエンジンの読み筋と実際の指し手が異なることがあります。その場合、実際の手を指したあとでの評価値のように受け取れるので、そこは誤解を招くところかもしれません。
棋譜解析の欄を見る時は、「エンジンの読み筋通りの手を指していればその評価値だったが、実際の手が悪手だったので次の局面で評価値が下がってしまった」みたいな感じで見ると理解しやすいと思います。


1377.Re: 棋譜解析で悪手を指した際の評価値の解釈について
名前:いんこ    日付:2021/5/15(土) 2:27
ご返信の内容を踏まえたうえで適当な棋譜の棋譜解析を読むと、たしかに悪手と表示された後に悪手を指した側の形勢が悪くなるように評価値が変化していました。
人間の感覚的にはわかりにくいですがソフトの思考の仕組みを考えるとこのような表示になるのですね。
仕組みがわかりましたので今後は問題なく読み取ることができそうです。

ありがとうございました。

1290.同金直につきまして 返信  引用 
名前:たち    日付:2021/4/9(金) 8:40
後手の持駒:歩三
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・v玉v桂 馬|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金 歩v歩|二
| ・ ・v桂v銀v金v銀 ・ ・ ・|三
|v歩 ・v歩v桂 ・v角v歩v歩 歩|四
| ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩v歩 歩 ・ 銀 ・ 歩 ・ ・|六
| ・ 金 金 銀 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:香 歩二
手数----指手---------消費時間--
1 8六金(87) (00:00 / 00:00:00)
2 同 飛(81) (00:00 / 00:00:00)
3 8七歩打 (00:00 / 00:00:00)
4 中断 (00:00 / 00:00:00)
まで3手で中断
将棋所でこれをki2に変換しますと1手目が同金と変換されます
他のソフト(Kifu for Windows、GUI)では同金直です
ちなみにmybonaでは将棋所のki2で貼り付けると1手目以降が表示されません
お時間のある時で結構です。ご検討いただけましたら幸いです



1291.Re: 同金直につきまして
名前:将棋所の作者    日付:2021/4/10(土) 14:13
以前も同じようなことを指摘されたことがあるのですが、この場合、8八に玉、4四に相手の角があり、7七にある金が角による王手を防いでいるので、その金が8六に移動できません。そのため、将棋所では、8六に移動できる金は1枚だけと判断して、「直」の文字を付けずに単に「同金」と表記します。棋譜を読むときも同様に、8六に移動したのは8七の金と判断します。
このような場合、「直」の文字を付けた方がいいのかもしれませんが、その判断が結構面倒です。というか、本来必要ないものを付けるためにそのような作業をする気が起きないので、とりあえず現状のままとさせて下さい。


1292.Re: 同金直につきまして
名前:たち    日付:2021/4/10(土) 16:42
早速のご返答ありがとうございます
実は将棋DB2サイトのCSA→ki2変換に使ってました
確かに、おっしゃるとおり同金直の判断ロジック変更は大変そうですね
了解しました ありがとうございました


1294.Re: 同金直につきまして
名前:たち    日付:2021/4/12(月) 11:1
了解です。ちなみにGUI、MyBonaではエラー Kifu for Windowsでは直をつけて判断するようです
2021-03-06王位戦豊島将之竜王vs斎藤慎太郎八段戦79手目同金より 

1287.連続棋譜解析後の結果保存について 返信  引用 
名前:ちょうの    日付:2021/3/4(木) 16:43
いつも利用させていただいております。
本日初めて連続棋譜解析という機能を利用し、解析が終了したのですが最後に解析した棋譜以外の開き方、保存方法がわかりません。
調べても的を得た情報が得られずこちらに書き込みさせていただきました。
よろしくお願い致します。



1288.Re: 連続棋譜解析後の結果保存について
名前:ちょうの    日付:2021/3/4(木) 17:28
アップデートすることで解決してしまいました。申し訳ありません。

1280.(untitled) 返信  引用 
名前:かきね    日付:2021/3/3(水) 0:30
棋譜の分岐のやり方がいまいちわかりません。



1281.Re: (untitled)
名前:かきね    日付:2021/3/3(水) 0:47
棋譜の分岐のやり方がいまいちわかりません。
プラスマークがそもそもなく、自分の検討手をさすと対局棋譜がなくなってしまうので、毎度コピペし直している、そんな感じです


1286.Re: (untitled)
名前:将棋所の作者    日付:2021/3/3(水) 22:27
まず、分岐のない普通の棋譜を貼り付けた場合、その段階ではプラスマークなどは表示されません。検討中や棋譜入力中に途中局面で手を指した場合、その手が棋譜に表示されている手と異なっていれば、そこから先の指し手の表示が消えて、自分が指した手が最後に表示されます。その手の右端には*マークが表示されているはずなので、その手を右クリックすると分岐する指し手のメニューが表示されて、その指し手を選ぶことで局面を変更することができます。

1258.(untitled) 返信  引用 
名前:user    日付:2021/2/8(月) 3:8
将棋所4.9+やねうらv6思考エンジンで動きません
やねうらv4では動きます



1259.Re: (untitled)
名前:user    日付:2021/2/8(月) 3:9
<1:info string loading eval file : eval/nn.bin
<1:Error! : failed to read nn.bin


1264.Re: (untitled)
名前:将棋所の作者    日付:2021/2/9(火) 20:19

やねうら王を使う場合、エンジンとは別に評価関数のファイルが必要になります。NNUE型のエンジンを使用していると思うので、エンジンがあるフォルダ内にevalという名前のフォルダを作って、その中にnn.binというファイルを置くと動くようになります。
NNUE型の評価関数にはいろいろありますが、例えば水匠の場合、

https://twitter.com/tayayan_ts

そこの一番上に書いてあるリンク先から水匠3をダウンロードして展開し、その中にあるevalというフォルダをやねうら王のエンジンと同じ場所にコピーすれば動くようになります。
もっとも、水匠をダウンロードした場合は、そのフォルダの中にあるエンジンを直接登録した方が簡単かもしれません。


1279.Re: (untitled)
名前:トピ主    日付:2021/2/21(日) 17:55
無事できました。ありがとうございます

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb