[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
畑神左の独学書道塾 掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容

投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



45.競書誌について 返信  引用 
名前:匹田 明美    日付:11月24日(木) 20時3分
書海と大東書道で競書誌を申し込みたいのですが どこで申し込めばよいですか? 教えてください よろしくお願いします



46.Re: 競書誌について
名前:神左    日付:11月24日(木) 22時11分
書海社も大東書道研究所もHPはありませんので、下記に電話をしてもらえれば親切に対応して頂けますのでよろしくお願いします。

書海社
 03-3408-1598

大東文化大学書道研究所
 03-5399-7345

よろしくお願いします。

44.書海の第二部の課題 返信  引用 
名前:神左    日付:11月21日(月) 16時46分
Original Size: 1200 x 1600, 168KB

第二部は楷書以外を書いて出していますが、今月は芳翠先生の草書を臨書したものを提出しました。
自分では、すっきりと、バランスよくできたかなと思ってます。
とても芳翠先生には足元にも及びませんが・・・


43.書海11月の課題 返信  引用 
名前:神左    日付:11月21日(月) 16時14分
Original Size: 1113 x 1574, 198KB

毎月、書海社の課題は、締め切り間際になって100枚ほど書き込みますが、いつも選ぶのに苦労します。
というのも、完璧なものは出来ないので、良いところと悪いところとが混在してますので、最後は、勢いとか、バランスとか、線質とか、その時々の気分で決めます。

今月は、線の切れと力感のあるものを選びましたので、細かい部分の未完成度は不問としました (汗)


40.お世話になりました。 返信  引用 
名前:秋桜    日付:10月28日(金) 7時42分
おはようございます。

望月先生

はじめまして。
全くの初心者ですが、これからも御指導よろしくお願い申し上げます。
畑先生の掲示板をお借りしまして、御礼申し上げます。ありがとうございました。


畑先生

この度は、大変お世話になりました。
取り敢えず練習あるのみで、先生からお教え頂いた留意点を踏まえて頑
張って参りたいと思います。ありがとうございました。

写真の方は、しばらくお時間を下さい。

出来上がり次第、先生方に駄作の添削をお願いしたいと考えています。

厚かましいお願いでお手数とは存じますが、宜しくお願いします。



41.Re: お世話になりました。
名前:神左    日付:11月21日(月) 16時13分
秋桜さん

 おはようございます。
 適切なアドバイスができなくて申し訳なく思ってます。
 
 書は本当に興味尽きない、良いものですから永くじっくりと
愉しんで下さい。
 目標の書がかけるように、精進してもらえればきっと自分でも
ビックリするものが書けるようになりますよ。

 では、ご披露して頂くことを楽しみにお待ちしております。
 頑張ってください。

            畑 神左
 

42.美しの琉球 豊平峰雲書 返信  引用 
名前:神左    日付:11月14日(月) 13時15分
Original Size: 1600 x 1200, 101KB

沖縄県知事のインタビューの時、背景に飾ってある楷書の屏風が気になっていましたが、沖縄のあるスナックに、例の屏風のレプリカとともに、書家、豊平峰雲の書が飾ってありました。

「美しの琉球」なかなか良い字ですね!
 沖縄を愛している書家の気持ちが伝わって来ました。
http://www.city.naha.okinawa.jp/wk_simin/hyoukei/y2003/m09/hyoukei_030904.htm


37.ありがとうございました。少し補足させて下さい。 返信  引用 
名前:秋桜    日付:10月27日(木) 21時6分
畑先生こんばんわ。

御仕事でお疲れにもかかわりませず、懇切丁寧な御指導を頂きましてあ
りがとうございます。かな文字の御説明よく分かりました。かな文字も
是非マスターしたいと思いました。流れるようなタッチで書ける様に成れれば、どんなに気持いいかとも思います。
 あと、お伺い申し上げたかったのは、漢字の楷書体についてでござい
ます。何の知識もありませんので、愚問の連発になりますがご容赦下さ
い。私は現在かな文字ではなく、漢字の楷書体を書き連ねる作業をやっ
ている最中でございます。(1cm四方の文字を写経の様な感じでやっているとお考え下さい。)何とか大筆の運筆の基本を小筆で発揮させる
にはどうすれば良いのか、悩んでおります。この状況を想起して頂きまして、お手数とは存じますが今一度御指導をお願い致します。
 私の言葉足らずでこちらの意図を先生に充分にお伝え出来ませず、誠
に申し訳ありませんでした。どうか失礼をお許し願います。



39.Re: ありがとうございました。少し補足させて下さい。
名前:神左    日付:10月28日(金) 0時44分
秋桜さん
 今晩は。
 どうも、私の早とちりで申し訳ありませんでした。
 今、秋桜さんの書き込みを見なおしましたが、かなとは書いていませんでしたね!
 どこで、かなだと思いこんでしまったのでしょう。
 大変失礼しました。

 小筆で楷書でしたね。
 大筆で十分書けるのですから、小筆で悩むことはあまいr無いと思いますけどね。
 望月先生からもコメントありましたように、小筆を練習するまえに、大筆でまず練習されたら良いということはまさしくそうでして・・

 秋桜さんは、すでに大筆で十分書けるのですから、第一段階はもうクリアですね。
 ですから、どんなアドバイスが良いのか、多少迷ってるというのが正直なところです。
 もし、宜しければ、大筆と小筆のサンプルを送ってもらえたら、ひょっとして適切なアドバイスができるかもしれません。

 一般的には、大筆より小筆の方が運筆が小さいので、指や手首で器用に書いてしまい勝ちになるので、起筆、転折、終筆のメリハリがおろそかになり勝ちになる可能性はあります。
 これを直すには、すこしゆっくりと書くことに気をつけたら良いと思います。
 特に点を簡単に書いてしまい勝ちになりますが、点は線の一種ですので、起筆、終筆を意識的に書いてみてください。
 そうすれば、小筆でも力強い点になります。
 線も同様です、小さくても、拡大してもおかしくないと思える意識をもって書いてみられたらいいのではないでしょうか。
 あと、小筆だと滲みが多いと線に締まりがなくなるので、紙の滲み具合と墨の濃さの関係にも注意を払って見てください。
 かなは普通滲まない紙を使いますが、楷書でも小筆を使うときは、滲みの少ないものが良いと思います。
 
 取り急ぎ、気が付いた点を列挙してみました。
 ご参考になれば幸いです。

 写真を送ってもらえれば、望月先生にもアドバイスがもらえます。
 よろしく。

 では、今日は遅いのでこの辺で。
 お休みなさい。

     神左

38.神左様、秋桜様 返信  引用 
名前:鶴川    日付:10月27日(木) 21時9分
神左さま
HPの宣伝をしていただきありがとうございます。
やっと一段落しました。
今日は資料の溜まっていたラグビーのHPを更新していました。

秋桜様

神左さんが書かれているの読んでわたしからも・・・
といっても神左さんの書かれたとおりですが、仮名や漢字、細字でも
基本的な書き方は一緒で仮名でも始めは半紙で大きく書いて練習します。

漢字の場合でも書き方はほとんど同じといっても良いのでは。
力の加減と筆の持ち方が違います。
持ち方は皆さんそれぞれ違うので本などで見て自分で色々試して
みると良いですね。
自分にふさわしい持ち方がみつかると思います。

書く文字によって持ち方を変えたりする場合もあります。
畑さんの適切なアドバイスがとても参考になります。
アドバイスどおり沢山書着込む事だと私も畑さんと同じに思います。
http://www.kaou-tsuzuli.com/

36.花押のつづりのHPがリニュ−アルされました! 返信  引用 
名前:神左    日付:10月27日(木) 11時22分
我が師、望月鶴川先生の「花押つづり」のHPが昨日全面的にリニューアルされました。

花押の人気が益々高まって来ていて、先生も頻繁に講演活動でお忙しくなっております。

HPも、これぞ花押の世界だ!という雰囲気をたたえた素晴らしい出来栄えだと思います。

一度、新しいサイトをご覧になってください。
よろしくお願いします。

なお、サイトも変更になっておりますので、お気に入りに登録されている方は
ご面倒でも変更願います。

よろしくお願いします。
http://www.kaou-tsuzuli.com/

32.すみません。前の続きです。 返信  引用 
名前:秋桜    日付:10月26日(水) 6時58分
申し訳ございません。ミスタッチで二重投稿になってしまいました。ご容赦下さい。先の続きを書かせて頂きます。子供時代の書道の勉強は、
大筆での課題ばかりで小筆の使い方にはあまり注意を向けてはいません
でした。大筆の使い方は人並みの腕前と自負しておりますが、小筆の使
い方となると怪しくなって参ります。先日の投稿で必要に迫られてと書
き込みをしましたのは、小筆を中心に使うものです。それも人様に依頼
されてのもので、1cm未満の文字を書き連ねて行くものが大半です。
どうしても大筆で出来る筆使いの基本を小筆で発揮出来ません。筆使い
の基本発揮しようにも、文字が大きくならない様にするのが精一杯で、棒状の線だけを組み合わせて何とか文字にしている状態です。先人の残
されたものを見ますと、小さな文字にも大筆と変わらずしっかりと基本
が生かされていて素晴らしい仕上がりです。恥かしながら私は小筆の持
ち方や書く姿勢も知りません。中学時代書道の授業で書き上げたものを
展覧会に代表作で出品しようという時に、小筆での名前の書き方が拙く
て選に漏れた苦い思い出があります。小筆を使う時に留意しなければな
らない色々な注意点等、お教え下さい。それとお勧めの書道用具等も併
せてお願いします。本当に厚かましい事で申し訳ありません。どうか宜
しくお願い致します。



34.Re: すみません。前の続きです。
名前:神左    日付:10月26日(水) 7時5分
神左です。

すみません、こちらも読み飛ばしてしまいまして失礼しました。
小筆のかなを練習されたいのですね。
分かりました。

今、自宅からこの返事を書いてますが、これから会社に行かなくてはならないので、今晩帰宅してから、じっくりと書きますのでご容赦を。


35.Re: すみません。前の続きです。
名前:神左    日付:10月27日(木) 0時1分
Original Size: 660 x 880, 33KB Original Size: 960 x 1280, 60KB

秋桜さん

 今晩は。
 ご返事が遅くなってごめんなさい。

 小筆のかながうまく行かなくて困っていらっしゃるとの事ですね。
 実は、秋桜さんと良く似ているのですが、私が5年前に本格的に書を
始めたのは、かなをきれいに書きたかったからなんです。

 普段、ペンで書くかなの字形と、筆で書くかなの字形が全然違うので
最初は、字の形を取るのに必死に練習しました。
 いろは・・一字一字の形をまず、詳細に調べて、そっくりに書けるまで
ペンで書き、それを筆でも書く。
 いつも筆ペンを持ち歩いて、暇さえあれば、筆のかな文字がすなおに
書けるまで練習を重ねました。

 ある程度書けるようになった頃、気がついたことは、かなって曲線的
な字だと思いこんでいましたが、意外に直線的な鋭い線がなくては様に
ならないということです。
 筆をすーと入れるところもあれば、逆筆にして起筆を鋭くしなければ
ならないところもあって、線の美しさが大事なんだなあと悟ったわけです。

 かなのは、草書から変化させたものですから、筆使いは殆ど草書と変わ
らないんですね。
 曲線を奇麗に流麗に書くのが、かなの醍醐味です。
 これには、筆を持つ手首を柔らかく使えなければなりません。
 手首を柔らかく使いながらも、肘を動かして大きく書く。
 切れの良い線を書くには、これが、コツだと思います。

 小さいかなを書くには最初は、右肘の下に左腕を置いて書くのが、線の
太さをコントロールし易いでしょう。
 馴れてくれば、どんな小さい文字でも、筆を浮かして書くことができる
ようになってきます。
 これも練習しかないでしょうね。

 とにかくたくさん書く、これが重要です。
 
 いろはの全文字の形が取れるようになってきたら、かなの作品に挑んで
ください。かなは連綿が基本ですので、2字、3字、4字と連綿の数を増
やして行ってください。
 素敵なかな作品を書けるまでになるには、相当の努力は必要でしょうが
上記のような基本を重ねていけば、知らず知らずの内に、書けるようになっ
ているものです。

 書海社の芳翠先生のかなは、基本を学ぶには最適です。
 ぜひ、書海でかなも習って見てください。

 書海社の今月号の表紙と、芳翠先生のかな手本の写真を参考までに掲載
しておきます。

 あ、そうそう、かなの筆ですが、小筆というのは消耗品ですので、あまり
高価なものは要らないと思います。
 私は、書海社で売っている、1本、2,300円のを使ってますが、結構
行けますよ。

 
 
 


31.もう一つお願いしても 返信  引用 
名前:秋桜    日付:10月26日(水) 6時18分
懇切丁寧にお教え下さりありがとうございます。よく分かりました。お
教え頂いたばかりで誠に恐縮ではございますが、もう一つお願いしても
よろしいでしょうか。

29.書海社へ入るには 返信  引用 
名前:秋桜    日付:10月24日(月) 23時24分
突然の書き込み失礼します。私は小学生時代近所の書道教室へ通ってお
りました。書道は6年間そこで学んだのみで、それ以来書道からは縁遠
い生活を送っていましたが、最近必要に迫られて毛筆を握る機会が増え
て参りました。現在の住まいの近くには書道教室等は無く、やはり独学
しかないのかなと思いネットを探検しておりましたところ、畑先生のサ
イトへ辿り着きました。楷書・行書・草書・・・と書道の本(どんな本を選んだら良いのかよく分かりません。)を購入して自分で少しづつ書き始めて行きたいのですが、これが良いのかどうかも分かりません。
 掲示板を拝見したところ、畑先生は書海社を勧めておられますが、この書海社に入会するにはどうすれば良いのでしょうか。やはりそこの会
員になっている書道教室に通う必要があるのでしょうか。ご多忙のとこ
ろくだらない質問で恐縮ですが、よろしければお教え下さい。また、独
学に最適な楷書・行書・草書等その他教本のお勧めなものを併せてお教
え下さい。



30.Re: 書海社へ入るには
名前:神左    日付:10月25日(火) 23時0分
秋桜さん

 掲示板への書き込み、本当に嬉しく思います。
 どうもありがとうございます。

 書いて頂いた内容を拝見すると、大変熱心に書を志していらっしゃる事がひしひしと伝わって来ます。

 私が書海社をお薦めするのには訳がございます。
 私の書の先生であります、望月鶴川先生から是非にと薦められたのがキッカケです。

 実は私自信も、自宅の近くの書道教室を探し回った経験がありますが、根っから独学を旨としている生き方をしていて、どこかの書道教室に行って、そこの先生に教授してもらえれば自然と書が上達するという考え方に反発してきて、今の望月先生に師事しています。
 
 望月先生ご自身も独学の大先輩でしたから、先生から教えて頂いた数々の教えを、自分だけのものにするのはモッタイ無いとの気持から、この「独学書道塾」という名称でHPを運営し続けております。

 書海社とは芸術院会員松本芳翠前会長ら日本を代表する書家数名で創立した書道団体です。
 現在は二代目谷村憙斎会長が主宰する楷書を中心とした日本を代表する書道団体です。
 本部は東京都港区西麻布。読売書法展や東方書道展の中心団体でもあります。
 毎月、書海という競書誌が発行されており、課題の手提出によって昇級昇段していきます。
 ここの楷書は大変に厳しく、なかなか昇格するのは難しいですが、基本をしっかり身にに付けるには最適だと思います。
 私はこの芳翠先生の楷書の完璧さに惹かれていますが、到底足元に及ぶものではございませんが、高い目標として努力のし甲斐があります。
 
 書海社のHPはありませんので、下記に電話をしてもらえれば親切に対応して頂けますのでよろしくお願いします。

 03-3408-1598
 
 ここに電話してもらえれば、すぐに入会できます。
 つまり、月刊誌の「書海」を購入することで自動的に会員となるわけです。

 書海社という書道教室があるわけではありません。
 月一回、課題を出すことによって、昇級、昇段していくシステムになっていますので、独学の人にとっては最高だと思います。

 あと、適当な書の教本ですが、まず望月先生から教わった、大東文化大学書道文化センター編 改訂書道の古典全三巻(二玄社)2400円 をお薦めします。これには、楷・行・草はむろん、隷・篆・かなの古典のエッセンスが全て収録されていますので、この古典を臨書することが基本となると思います。

この本が物足りなくなりましたら、二玄社から様々な古典の名品がありますので、一つ一つじっくりと臨書に取り組まれたら良いと思います。

秋桜さんは6年間も書の経験がおありなので、書の基本的なことはすでに習得されていると思いますので、後はなるべく独学で書を楽しまれたらと思います。

書は一生の愉しみですので、あまり気負わずにゆっくりと取り組まれたら良いと思いますよ。

今後ともよろしくお願いします。
気が向いたら時々掲示板に書き込みをよろしくね。
 

27.今月の書海の課題 返信  引用 
名前:神左    日付:10月10日(月) 22時23分
Original Size: 1077 x 1413, 268KB

10月の課題を書きました。
墨が程よく濃くなり、余分な滲みもなく、筆捌きが明瞭になりました。
形もまずまずで、自分では良い出来映えだと思ってます。



28.Re: 今月の書海の課題
名前:神左    日付:10月23日(日) 11時35分
先日書いたこの課題ですが、その後もっと良くしようと書きなおして見ましたが、この課題以上のものができません!

なぜでしょう?

きっと、この日は。気分がよくて気持も落ち着いていて、紙の滲みと墨の濃さがぴったしいい具合だったのでしょうね。

細かく検分すると難がありますが、締めきり日になってしまったので、これを提出しました。

課題は基本的には手元に戻ってこないのですが、写真に掲載してもらえる評価をもし頂けたら、記念に額装してもらおうと思ってます。

25.新・書作集に今月の書海社の課題をアップしました。 返信  引用 
名前:神左    日付:9月24日(土) 21時5分
9月20日に掲示板に載せました写真が質が悪かったので、良いのを新・書作集に再掲しましたので、できればこちらを見てください。
少しは線が良く見えますよ。

http://www33.ocn.ne.jp/~houkendou/index.html



26.Re: 新・書作集に今月の書海社の課題をアップしました。
名前:神左    日付:9月24日(土) 22時39分
リンク先が間違ってました。
 ↓
を見てください。

http://www.angel.ne.jp/~k_hata/newpage55.htm

22.書道を始めたいのですが。。。 返信  引用 
名前:AMATSUKA    日付:9月22日(木) 15時10分
小学1年から中学2年まで書道教室に通っていて、当時6段を取得しました。
子どもが大きくなってきたので、また書道を始めたいと考えています。できれば師範の免許を取りたいんですが、どんな教室に通えばいいのかさっぱりわかりません。
やっぱり、カルチャーセンター等よりは個人の教室でしょうか?
個人の教室に通うとしても、『××会』とか、いろいろあってどこがいいのか…(?。?)
師範の免許といっても、会によって違うようだし。
あと、「日本習字教育財団」って?

何でもいいので教えて下さい。



23.Re: 書道を始めたいのですが。。。
名前:神左    日付:9月22日(木) 22時52分
AMATSUKA
 小生のHPにようこそ!
 ありがとうございます。

 浅学の身ゆえ、AMATSUKAさんのご質問に十分にお答えするのに、少し時間をください。
 
 私なりに整理して改めてお答えさせてください。
 すみませんがよろしくお願いします。

http://www33.ocn.ne.jp/~houkendou/index.html


24.Re: 書道を始めたいのですが。。。
名前:神左    日付:9月23日(金) 21時45分
AMATSUKAさん

 今晩は。
 昨晩は大変失礼しました。
 夜おそく帰宅したのと、今朝はやく遠出をしなければなりませねしたので。
 
 >当時6段を取得しました。

 それは、相当熱心に勉強なさったようですね。
 私は、子供の頃は自己流でしたし、書道教室が近くになかったものですから
そういう教室には、これまで一度も通ったことがありませんので、実のところ
よく分からないのです。
 このHPの独学のすすめのコーナーにて、いろいろと書いております通り、幸いにして私には、望月鶴川という先生に直接ご指導を賜っています。
 先生の書は、私にとっては世界一の書家です。
 しかし、先生はいわゆる、師範という資格で書を教えていらっしゃるのではありません。私も一緒に勉強いている、書海社でも準師範ですが、実力はとうに師範格です。

 書の資格については、望月先生ともよく話すのですが、資格を取るために書をやってきたのじゃつまらなし、資格を最終目標にだけはしたくないよねと。
 
 この掲示板に、私が大東文化大の書道教授試験をパスしたときに、先生からこう教えられました。
 
 「これで漸く、書の基礎はおわりましたね!
 これからが、本当に書を楽しみましょうね」


 AMATSUKA さんが最初に書を習われたきかっかえはよく分かりませんが、書を書くのが面白いから、どんどん勉強されて、いつの間にか6段になっていたんじゃないでしょうか?
 今は、その頃を懐かしみ、お子さんにも手をやかなくなって、あの頃の書に対する純粋な気持とでもってもう一度頑張ってみようとなさっているのですよね。
 その気持を一番大切にしてくださいね。

 さて、師範をお取りになりたいというご質問に応えずに
 失礼なことを書き綴ってきましたが、軽く流して読んでおいてください。

 私のつたない、わずかな経験でのみしかお答えできませんのでお許しください。
 まず、師範といっても、書会のレバルは天と地くらいに差があります。
 私が今所属している、書海社は会員が全国で数千人(詳しくはわかりません)、歴史も古く、権威ある会として有名です。
 ここに入会すると、どんに他で優秀でも、最初は5級(4級もあるかもしれません)に編入になります。
 毎月の課題を提出して、とんとん拍子に毎月昇級していても、2級までしか
上がれませんので、その後は、1級から初段、二段、三段・・・への昇段試験は1年に一回ですので、十段になるまでに10年以上、その上が準師範、師範となります。ですから、入会されてから、師範になるまでは、最低でも12,3年は掛かります。
 この書海社は、とくに厳しいところだと思います。
 ですから、ここでの師範の方というのは、それぞれご自分の会の会長さんばかりですし、読売書法展などでも審査員クラスの方ばかりです。
 
 師範に挑戦されるのでしたら、この書海社を一番にオススメします。
 
 10年以上も待てないというのなら、地元の小さな書道会にお入りになったらいいと思います。
 私も以前、そういう所に属していたこともありまして、あと2、3年そこで活動しておれば、ひょっとしたら師範になれたかもしれません。
 
 ちなみに、私は書海社にはまだ5年目ですので、一応毎年昇段してきていて、今現在四段です。
 師範になるには、最短でもあと8年かかりますが、順調には行かないと思っていますし、それは書を楽しんでの結果ですので、気長にやるつもりです。

 日本習字教育財団についてはコメントできませんが
 一番客観的に評価できる、国家試験を受験されるのも手かと思います。
 そのための通信教育もあるよですし、どの会に属されていても、個人で受験されれば良いと思います。
 
 整理してと思っていろいろ考えましたが、すみません。
 たぶん、ご質問にはやはりお答えできていませんね。
 お許しを。

 できれば、あまり形に捕らわれず、教えを乞いたい先生の字とかお人柄で選ばれたらいいのではないかと思います。
 とにかく、書がお好きなのでしょうから、一生、書を楽しんでください。
 資格は結果として付いてきますよ、きっと。
 

 
 
 
 
 

http://www33.ocn.ne.jp/~houkendou/index.html

20.書海の今月の課題作品 返信  引用 
名前:神左    日付:9月20日(火) 1時8分
Original Size: 675 x 928, 37KB

明日が締めきりなので、今日(もう日付が変わってますが)、スーパー陸上を見ながら、昨日買った端渓の硯で始めて墨を磨って、3回ほど墨池に移し、課題の練習に励んだ!

一発で仕上げるつもりでしたが、なかなかそうは問屋が下ろさない。
途中、ゴルフの練習に行ってきてから、また書き直しをして、今漸く終わりました。

写真でご覧頂けるように「来」の字がやや細く見えますが、まあこれ以上のものにしようとすると、睡眠時間をけずるしかないので、今回も時間切れということで、明日朝一番にて郵送するつもりです。

http://www33.ocn.ne.jp/~houkendou/index.html



21.Re: 書海の今月の課題作品
名前:神左館長    日付:9月20日(火) 12時20分
画像を二度もサイズ変更したので、荒れてます (汗)

ほんとは、もっと良い線が書けたのに、残念です。

あとで、正式にアップします。
http://www.angel.ne.jp/~k_hata/syosakusyuu14_1.htm

19.硯を買いました 返信  引用 
名前:神左    日付:9月19日(月) 9時52分
Original Size: 1020 x 1360, 96KB

昨日、桑田三舟先生の個展を見た後、浅草宝研堂さんに行って、端渓の抗仔岩の硯を買いました。
硯は端渓がもっとも有名ですが、最高の老抗にも匹敵すると言われる、抗仔岩の良いものが買えました。

宝研堂の青柳さんには、1週間程まえにメールで希望を伝えてありましたので、大変詳しい、分かりやすい説明をしてもらいながら、擦り味も比較して、写真にある、実用的な9吋程度のものです。

良い硯は一生使えるので、これからはこの硯を大事にして、さらに書を楽しもうと思います。

なお、青柳さんには、良心的な予算で購入させてもらったので、前から欲しいと思っていた、銅製の墨池と、青柳さんオススメの、真っ黒な墨、「方丈」も合わせて購入しました。

このような、上質の道具を手元に置いて、さらに良い書を書いて行きたいと思います。

http://www33.ocn.ne.jp/~houkendou/index.html


18.桑田三舟かな展 喜寿記念 返信  引用 
名前:神左    日付:9月19日(月) 9時25分
Original Size: 800 x 600, 44KB Original Size: 800 x 600, 54KB Original Size: 440 x 330, 13KB

昨日、銀座メルサのセントラル美術館で開催中の、桑田三舟先生の喜寿を記念した、ー彩白夢想ーと名づけれた、個展を見に行って来ました。

当日は、望月先生とご一緒して、桑田三舟先生の得意とする、華やかな、かなの世界を堪能してきました。

セントラル美術館の7階(全部)と8階(半分程)の大会場に繰り広げられてア、数々の作品に、感嘆の声を挙げながら、じっくりと見て回りました。

今回、もっとも参考になったのは、表装と料紙の多彩さです。
三舟先生の父、笹舟先生からの料紙の手作りの技がいかんなく発揮されていましたし、軸につかう布も、現代的でカラフルで本当に鮮やかでした。

また、会場の作品はどれも自由に撮影して結構ですということだったので、気にいった作品を数多く撮影してきました。

最近読んだ本に、新・天才論というのがありますが、天才の条件の一つとして
作品の数がべらぼうに多いことだそうです。
そういう意味からも、桑田三舟先生は、天才だと思います。

http://homepage2.nifty.com/kaou/data1/maruzen.htm


15.お教え頂きましてありがとう御座います 返信  引用 
名前:畠山    日付:9月18日(日) 9時44分
早速のお答えありがとう御座います。私も昨日図書館で、昭和4年に発行された「日本書道史」という本を探して頂き、松本芳翠先生の紹介されている箇所を拝読、コピーを取ってまいりました。「其の書清高秀美、殊に細楷に至っては老大家と雖もその追随を許さない」と絶賛されており驚き入るばかりです。
写真は私はHPがありませんので、メールにて送らせて頂ければと思います。



17.Re: お教え頂きましてありがとう御座います
名前:神左    日付:9月19日(月) 0時13分
芳翠先生の作品写真をお送りくださり、感謝いたします。
早速、公開させてもらいました。
どうもありがとうございます。

なお、芳翠先生を評して
 「其の書清高秀美、殊に細楷に至っては老大家と雖もその追随を許さない」

まさに、その通りかと思います。
楷書を習うなら、芳翠流が一番だと思います。

難しいですけど・・・

http://homepage2.nifty.com/kaou/data1/maruzen.htm

13.松本芳翠先生について教えて下さい 返信  引用 
名前:畠山    日付:9月16日(金) 18時1分
突然の書き込み御容赦下さい。私は埼玉在住の畠山と申します。実は私の大伯父(明治20年〜昭和37年)が、趣味で収集していた草書の掛軸を
我が家の新築祝いにと伯母から頂きました。頂いた時、伯母も草書の為読めず、誰が書いた物なのか不明のままでした。それから13年が経ち、近年折れやシミが目立ち始め、表具も破損が著しくなってきた為修繕を行ないました。その後近くで書道教室の先生に文字の解読と作者の調査を依頼してほぼ一ヶ月がたち、この掛軸は、唐詩選の中の「題長安主人壁」という七言絶句で松本芳翠という方が40代から50代頃に書かれた作品である事がわかりました。
しかし私は書道に関して何の知識も無く、松本芳翠という方がどのような方なのか存じ上げません。松本芳翠という方について教えて頂けないでしょうか。不躾な質問ではありますが何卒よろしくお願い致します。



14.Re: 松本芳翠先生について教えて下さい
名前:神左    日付:9月18日(日) 9時7分
畠山さん

 はじめまして。
 松本芳翠先生の件でお問い合わせくださり、誠にありがとうございます。
 
 松本芳翠先生は、私が書を勉強している書海社の創始者で、とくにその楷書は完璧といっても良い素晴らしいものです。

 芳翠先生の紹介は、私の書の友人、畑中壺竹さんのHPに詳しく書かれてい
ますのでご紹介します。
 
 http://nice.ciao.jp/works/No23/No23page.html

また、こちらでも紹介されていますので、合わせてご確認ください。

  http://shonan-radio.seesaa.net/article/6487989.html

 しかし、松本芳翠先生の掛け軸をお持ちとは素晴らしいですね!
 もし、宜しければ、どんな作品なのか、写真を見せていただくと嬉しいです。

               神左 拝

http://homepage2.nifty.com/kaou/data1/maruzen.htm


16.Re: 松本芳翠先生について教えて下さい
名前:神左    日付:9月19日(月) 0時8分
Original Size: 960 x 1280, 74KB

畠山さん

 松本芳翠先生の作品の写真を送ってもらってどうもありがとうございます。
 4,50代のもっとも油の載りきった時の作品らしく、大変に素晴らしい
ものです。
 感動しました。

 公開のお許しをもらいましたので、ここにご披露しました。
 どうぞ、よろしくお願いします。

 

http://homepage2.nifty.com/kaou/data1/maruzen.htm


11.(untitled) 返信  引用 
名前:けいか    日付:9月14日(水) 20時22分
教授試験合格おめでとうございます。

さすが、鶴川さんの第一お弟子様。

初めて覗かせていただきましたが青山での展示会の作品もすばらしいですね。色がなんて美しいのでしょう。

一度ぜひご機会があれば拝見させてくださいね。



12.Re: (untitled)
名前:神左    日付:9月14日(水) 22時56分
けいかさん

 書き込みありがとうございます。

 教授試験合格は、鶴川先生の親身のお教えのお陰です。
 先生が居なかったら、とてもこんな短期間には成就していなかったでしょう。

 鶴川先生には、優秀なお弟子さんがたくさんいらっしゃいますので、私がっ第一なんてとんでもありません!

 けいかさんには、このサイトに初めて来ていただき、重ねて御礼申し上げます。
 さらに、過分なお言葉までもらって、身に余る光栄です。
 今度お会いする時にでも、見ていただければと思っています。

 どうぞよろしくお願いします。

http://homepage2.nifty.com/kaou/data1/maruzen.htm

7.読売書法展 返信  引用 
名前:神左    日付:8月20日(土) 8時42分
Original Size: 1024 x 768, 67KB Original Size: 640 x 480, 31KB Original Size: 640 x 480, 27KB

去る8月17日、東京都美術館で開かれていた読売書法展に行って見ました。日展はここ数年毎年見にっているのですが、読売は始めてでしたので楽しみでした。入り口の部屋が、村上三島先生を筆頭とする、審査員クラスの蒼々たる見応えのある作品が惜しげも無く飾られていました。

今回、私の目に飛び込んできたのが、市澤静山先生の扁額「翠空」でした。
力強さの中に、愛嬌もある、いわゆる一目ぼれした作品です。

続いて、かなでは若手NO1の黒田賢一先生の調和体!
古典かなの味を残しながら、黒田流の引き締まった鋭い線を加味し、実に品のある作品ですね。

かなと言えば、この人、桑田三舟先生の作品!
個性的な散らしは、桑田先生のオリジナル。
字形の工夫は、参考になるところがたくさんありました。
景色の良さは抜群です。

他にも、表示したい作品がたくさんありますが、またの機会に。

http://homepage2.nifty.com/kaou/data1/maruzen.htm



8.Re: 読売書法展
名前:鶴川    日付:8月23日(火) 23時20分
こんばんは!

> 続いて、かなでは若手NO1の黒田賢一先生の調和体!

調和体って工夫や自分の考えを出すのに、文章選びから
興味は多く魅力的ですね。

> 古典かなの味を残しながら、黒田流の引き締まった鋭い線を加味し、> 実に品のある作品ですね。

この品があるかないかは空間の生かし方と線質なんだと思います。
それと、書く人のセンスかな。

> かなと言えば、この人、桑田三舟先生の作品!
> 個性的な散らしは、桑田先生のオリジナル。
> 字形の工夫は、参考になるところがたくさんありました。
> 景色の良さは抜群です。

私も桑田三舟先生は好きです。
年齢を超えた書というのは特に素晴らしいですね。
村上先生もそうだし、それから見るとまだ数十年は
頑張れるから、頑張ってみましょう。
http://blog.livedoor.jp/masao9753/


9.Re: 読売書法展
名前:神左館長    日付:8月25日(木) 10時0分
Original Size: 960 x 1280, 112KB Original Size: 414 x 1272, 63KB

鶴川先生

 コメントありがとうございます。

>調和体って工夫や自分の考えを出すのに、文章選びから
興味は多く魅力的ですね。

 創作の楽しさを満喫できますよね。

>この品があるかないかは空間の生かし方と線質なんだと思います。
それと、書く人のセンスかな。

 ただ、品よく仕上げるのは難しい!
 センスが一番の決め手でしょうかね?

>私も桑田三舟先生は好きです。

 3,4年前にNHK教育TVで、三舟先生のかな講座を、毎週欠かさず見ていましたが、まさに、空で書くというダイナミックな書きぶりが特に印象的でした!

>村上先生もそうだし、それから見るとまだ数十年は
頑張れるから、頑張ってみましょう。

 村上三島先生の書も撮ってありますので、ご披露します。
 93歳になられてなお、この健筆です!!
 凄いことですね!


 また、今年の読売大賞は下記の通りです。

 [漢字部門]廣畑筑州<神奈川・槇社文会>
 「塞下曲 其の五」(李白)

 【受賞理由】
 構造性に優れ、変化に富み、美意識が光る。古代文字を素材に新たな命を吹 き込み、現代によみがえらせた作。空間が美しい。

 工夫を重ねた、オリジナリティ溢れる作品だと感じました!
 







  
http://blog.livedoor.jp/sinzap/


6.書海社の今月の課題です。 返信  引用 
名前:神左    日付:8月18日(木) 16時57分
Original Size: 880 x 1162, 107KB

毎月、楷書の課題を出してます。
なるべく、一発で書こうとしているんですが、以外に「斗」という字がバランスが取れなくて、40枚ほど書きました。
締めきりが迫っているので、ここに掲載したものを提出しました。
全体にすっきり仕上がったかなと自分では思ってます。

http://homepage2.nifty.com/kaou/data1/maruzen.htm


5.松本芳翠先生の臨書 返信  引用 
名前:神左    日付:8月17日(水) 10時8分
Original Size: 894 x 1240, 212KB

書海社の創始者、松本芳翠先生の楷書は完璧です。
楷書は書の基本ですから、よく学んでおります。
毎月の課題には出さなかったものを掲載します。

これは一枚しか書いていないので、欠点だらけです!
特に、最後の「千」という字の縦画はもっと蔵筆にして、まっすぐ引かなくてはならなかったですね。

http://homepage2.nifty.com/kaou/data1/maruzen.htm


3.花押サイン会の写真 返信  引用 
名前:神左    日付:8月14日(日) 18時46分
Original Size: 768 x 576, 48KB

我が書の師、望月鶴川先生の花押サイン会の一こまをアップします。
詳しくは、先生のHPで確認してください。

http://www.netlaputa.ne.jp/%7Eeishowdo/imag2/media00.htm



4.Re: 花押サイン会の写真
名前:神左    日付:8月14日(日) 18時48分
失礼しました。花押のサイン会のリンク先を間違えました。
こちらが正解です。
よろしく。

http://homepage2.nifty.com/kaou/data1/maruzen.htm

2.実験中 返信  引用 
名前:神左    日付:8月14日(日) 14時59分
ー実験中ー

題字を、赤に
本文を、青に 指定してみました。

最近、開いた芸術写真にリンクしてみました。

http://blog.livedoor.jp/sinzap/

1.大東の書道は準秀級に昇級しました。 返信  引用 
名前:神左    日付:8月14日(日) 14時50分
Original Size: 838 x 1186, 115KB

神左です。

先日出しました、大東文化大書道研究所の認定試験で、優級から準秀級へと昇級を果たしました。

提出した草書の課題を添付します。
皆様のご意見ご批評をお願いします。

ーお知らせー

これまで使ってきた掲示板に不都合がおきましたので、この新しい掲示板に切り替えました。
まだ実験中ですが、画像を添付できるようにしました。
ぜひ、ぜひ、よろしくお願いします。



ページ: 1 2 3 4 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb