[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
葵の御前会議帳
(投稿時の注意。メ−ルアドレスを記載するとスパムの標的に成りますので注意して下さい。返信は月末で一度終了しますので月が変わったら新規に親記事としての投稿をお願いします。写真は300KB迄しかアップ出来ませんので容量の大きい写真はたぬきにメ−ルで送って下さい)

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付





3739.エチゼンカンアオイが咲き始めました 返信  引用 
名前:たぬき    日付:2009年10月9日(金) 22時57分
Original Size: 600 x 400, 39KB Original Size: 600 x 400, 40KB Original Size: 600 x 400, 35KB

エチゼンカンアオイが咲き始めました。写真はエチゼンです。
春咲きとして来た株も花が咲いてガッカリしています。
カントウと良く似ているので外見では判断出来ません。明日にでも中を見てみます。

http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/



3741.Re: エチゼンカンアオイが咲き始めました
名前:たぬき    日付:2009年10月10日(土) 19時15分
Original Size: 600 x 400, 35KB Original Size: 1440 x 960, 114KB Original Size: 600 x 400, 32KB

春咲きとして来た株です。
中を見てもカントウとの違いは良く解りません。
エチゼンは雌蘂の先が2つに割れる傾向が有ると思ったのですが3739もカントウと同じ形態でした。
エチゼンとカントウの違いは益々解らなく成りました。

http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/



3742.Re: エチゼンカンアオイが咲き始めました
名前:うす    日付:2009年10月10日(土) 22時0分
エチゼンと称する株が手元にないことと明確に否定する見解をもっていなかったので、
肯定的に「エチゼン」なるカンアオイが存在することを信じていますが、

たぬきさんのおっしゃる通り、
カントウの特長をそろえている花ですね。
あえてこちら(北関東地域)で見るカントウの花にくらべると
写真の花は、ガク片の先がスズカのようにシャープ的に尖っているように感じます。
こちらのカントウはもう少しぼてっと(言葉の表現が難しい)しているように感じます。

私の持っている文献にエチゼンの名前が出ているのは1つしかありません。
その中の記載では「カントウ系もしくはヒメ系と考えられる種」の中に言葉だけの記載があり、
また「種、または変種と扱うことに疑問がある」となっています。

たぬきさんや他の皆さんは「エチゼン」の名がある文献をお持ちでしょうか?



なお、参考に私のカントウ特長メモ

・ガク筒は円筒形状でくびれがない
・ガク筒内に明確な格子状隆起物
・ガク片は卵状三角形で肉厚
・ガク片基部に隆起は見えず
・柱頭は球状で横向きにつく

などです。


3743.Re: エチゼンカンアオイが咲き始めました
名前:たぬき    日付:2009年10月10日(土) 22時46分
家にある唯一の資料は北陸・山陰地方とその周辺に分布するカンアオイの分化 菅原 敬 福井総合植物園紀要 第2号 2004年です。
この中ではエチゼン、春咲きエチゼン、ナタデラ、サンインと思われる物を検討されていますが明確な違いは記載されて居ません。
外観で大まかにカントウと違う点は葉に光沢が有る。主脈に窪みが有る事ですが全てに該当するかどうかは解りません。
一時期はカントウカンアオイのエチゼンタイプと思った事も有ります。
カントウに比べて雌蘂の先が長い様には思います。
額片は長い物、短い物が有ります。カントウでも額片が長くシャープ的に尖っている物が有りますので判断は難しいです。

http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/


3744.Re: エチゼンカンアオイが咲き始めました
名前:たぬき    日付:2009年10月11日(日) 22時31分
北陸・山陰地方とその周辺に分布するカンアオイの分化 菅原 敬 福井総合植物園紀要 第2号 2004年の資料をリンクの文献にアップしましたので興味の有る方は見て下さい。
http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/

3734.シイノミカンアオイのラベル 返信  引用 
名前:たぬき    日付:2009年10月4日(日) 13時8分
Original Size: 600 x 400, 38KB Original Size: 600 x 400, 34KB Original Size: 600 x 400, 32KB

シイノミとスントウ(2009年10月4日)
9月27日にシイノミラベルが開花したが時期が少し遅い様に思った、スントウにも似ているが筒は少し短い、しかし椎の実とはあまり似ていない。この時期だとスントウが合致するが違いは何だろう。メモを探し出してシイノミは隆起線が格子状で有る事が解った。早速中を見るとスントウのパタ−ンで有ったのでスントウの確定ラベルを付けた。
たぬきの覚え書きより

http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/



3735.Re: シイノミカンアオイのラベル
名前:うす    日付:2009年10月5日(月) 23時14分
たぬきさん
覚え書きの掲載、参考になります。

我が家にも「シイノミ」「スントウ」とラベルした株があります。
スントウはオオバシイノミと認識しており、
花が大きいだけの区別であまり気にしていなかったのですが、
がく筒内の隆起で差異が確認できるのでしたら、ラベル正解の確認方法として再検査してみます。


話は少し逸れますが、
伊豆とその周辺のカンアオイと開花順はこれでOKですかね。
まだ他の種類などありますか?

 アマギ(4月)→
ランヨウ(4月)→
 ナカイ(4〜5月)→
  アシタカ(5〜6月)→
       チゴ(7月)→
      オトメ(7〜8月)→
       シイノミ(8〜9月)→
          スントウ(10月)→
           ズソウ(10〜11月)→
          カントウ(10〜11月)→


3736.Re: シイノミカンアオイのラベル
名前:たぬき    日付:2009年10月7日(水) 9時20分
現地での開花時期は解りませんが宇部市での開花(一番早く咲いた個体)は以下の通りです。ナカイとチゴは今年は開花しませんでした。
此までは咲き始めを記録していましたが今後は一番遅く咲いた記録も付けようと思います。
        平成20年、21年 
 アマギ(4月)→4/9、4/14
ランヨウ(4月)→4/9、3/25
 ナカイ(4〜5月)→7/25、−
  アシタカ(5〜6月)→6/9、6/8
      チゴ(7月)→7/25、−
     オトメ(7〜8月)→6/11,6/16
      シイノミ(8〜9月)→6/22、6/17
         スントウ(10月)→9/19、9/13
          ズソウ(10〜11月)→10/14、10/4
         カントウ(10〜11月)→9/23,9/22

http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/


3737.Re: シイノミカンアオイのラベル
名前:うす    日付:2009年10月7日(水) 23時9分
たぬきさん
開花記録ありがとうございます。

他の方からも訂正情報をいただきました。

以下のように直します。
更なる追加情報お待ちしております。

ランヨウ(3〜4月)→
   アマギ(4月)→
   アシタカ(6〜7月)→
    夏咲きチゴ(6〜8月)→  
      ナカイ(6〜8月)→
      オトメ(6〜8月)→
     シイノミ(6〜8月)→
       スントウ(9〜10月)→
       カギガタ(9〜10月)→
       カントウ(9〜11月)→
        タンザワ(10月)→
       秋咲きチゴ(10〜11月)→
         ズソウ(10〜11月)→
   
なお、ナカイを4月としたのは、
我が家のエクボ有りナカイもどき株(大井町)が4月(2009年)に開花した情報からです。
もう一度確認したいと思いますが、開花時期の違いでこの株のラベルがわからなくなりました。


3738.Re: シイノミカンアオイのラベル
名前:たぬき    日付:2009年10月8日(木) 23時4分
タンザワはズソウのタイプと思いますが秋咲きチゴ(10〜11月)はどんな物でしょうか。
伊豆のスエヒロとは別物でしょうか。

http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/


3740.Re: シイノミカンアオイのラベル
名前:うす    日付:2009年10月10日(土) 8時47分

タンザワはズソウのことのようですが自生地のものを見てみたいものです。
(タンザワという地名に惚れてしまい追加してしまいました)
チゴも自生地を見たことがないので、夏咲き、秋咲きというものを確認してみたいです。


産地の開花時期とすると情報提供が難しいと思います。
数か月も産地開花とズレることはないと思いますので、棚にある鉢植え情報でも参考になると考えています。
お手元にあるご自慢の名品の開花情報お待ちしております。

3733.ヒガシウラカンアオイに似た花 返信  引用 
名前:たぬき    日付:2009年10月1日(木) 21時44分
Original Size: 800 x 600, 50KB Original Size: 800 x 544, 84KB Original Size: 800 x 544, 78KB

9月27日に3728番のヒガシウラに良く似た写真が来ました。知多産と言う事と雌蘂が柱頭に有る様なのでヒガシウラと同じ系統と思います。産地が東浦とは違うので以前はかなり分布していたのでは無いかと思います。残念ながら此の産地も消滅した様です。
ヒガシウラに関しては知多半島に分布しているスズカ×ヒメ、カントウ×ヒメではとの意見も頂きました。
写真を見てから寝ながら考えていて夢の中で考えた事は雌蘂が柱頭に有るのでミヤコ×スズカでは無いかと思いました。ミヤコは現在は知多半島には分布が無い様ですが愛知県には僅かですが分布が有ります。カンアオイの分類や分布が調査され始めたのは昭和に入ってからと思うので昔は分布(移植されていた)していたが開発や薬草採取(成長が遅いのに根を採取)でミヤコが絶滅したと考えればミヤコ×スズカの可能性も有ると思います。
DNAで○×○と直ぐに解れば良いですが其れが出来ない場合は地道に人工交配するしか手は無い様です。
人工交配は何故か遠隔地同士が多いので近くの分布での人工交配は無いと思いますがもしミヤコ×スズカの交配株が有れば是非譲って下さい。他の種でも構いませんので分布が近い交雑種をお持ちの方は研究資料にしますので是非譲って下さい。
日本は狭い範囲に多くの種が分布していますのでもしかすると其の多くは近くでの交雑種の可能性も大と考えています。数百年も前ならネズミもイタチも沢山居たでしょうから分布の拡大も容易だったと思います。
今年はサクレイ(ウンゼン×タイリン)の人工交配で種子が出来ましたので6年後には結果が出ると思います。
今後はミヤコ×スズカにトライしてヒガシウラを解明したいと思います。

http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/


3732.スエヒロカンアオイの開花時期 返信  引用 
名前:たぬき    日付:2009年9月16日(水) 21時8分
藤原、野登他の現地でのスエヒロの開花時期を御存じの方は教えて下さい。
積雪の下で咲いているのでしょうか。
返事はメ−ルでも構いませんので宜しくお願いします。

また伊勢のカントウ、イセノカンアオイの開花時期を御存じの方も教えて下さい。

http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/

3728.新種 ヒガシウラカンアオイ 返信  引用 
名前:たぬき    日付:2009年9月10日(木) 21時15分
Original Size: 600 x 400, 36KB Original Size: 600 x 400, 42KB Original Size: 600 x 400, 50KB

新種をもう1種発表します。
最近呼称されたチタカンアオイと呼ばれている産地から避難して来た株の中に有った物だが雌蘂の状態が他種と異なっている。
雌蘂が柱頭の先端に有り受粉部が長く鈎型状に成っている。膜環が額片に平行でタマノカンアオイ種群とは異なる。
此の様なタイプの花は他に無いので新種としてヒガシウラカンアオイと新称する事にしました。
他のチタカンアオイはまだ整理していませんがイセノカンアオイとズソウカンアオイの中間の様な気がしています。
通称知多ヒメはサンプルが無いので何とも言えませんがもしヒメ系ならチタカンアオイとは異なると思っています。
皆さんの反論を待っています。

http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/



3730.Re: 新種 ヒガシウラカンアオイ
名前:うす    日付:2009年9月14日(月) 22時14分
たぬきさん お久しぶりです。
大変面白いお話ですね。

愛知地域の手持ち情報が少なく、
ましてたぬきさんへ反論なんて恐れ多いのですが、
ちょっと興味があるので書込みします。


昔の文献に形状分類の表がありました。
3枚の写真を見ながらそれに従うと

花柱の上部は2裂しない

花柱の先が外側に曲がり、その上端に細長い柱頭がある

ガク筒の上端はわずかにくびれる程度

花柱の長さはガク筒の1/2またはそれ以上

アマギカンアオイまたはカギガタカンアオイとなります。

ちなみに花柱の長さがガク筒の1/2以下ですとタマノカンアオイとなります。



アマギであれば葉に特有の凹入網脈があり、カギガタも特有の光沢葉姿をしていますが、
この「ヒガシウラカンアオイ」はどうでしょうか?


皆様からの
完膚なきまでの反論お待ちしております(笑)


3731.Re: 新種 ヒガシウラカンアオイ
名前:たぬき    日付:2009年9月14日(月) 22時50分
うすさんお久しぶりです。
此の花もタマノカンアオイ種群の仲間かも知れませんが一番の違いは膜環の位置がタマノ種群とは異なります。
どの種群に属するかはまだ検討中です。
アマギの様に葉脈に窪みは有りません。
葉の光沢の有無は目安には成りますが同一種でも両方有るので分類には関係ないと考えています。
沢山の意見が出ると嬉しいのですが。

http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/

3729.スントウカンアオイ 返信  引用 
名前:たぬき    日付:2009年9月14日(月) 20時55分
Original Size: 600 x 400, 36KB Original Size: 600 x 400, 35KB

此は新種では有りません。
今年は少し早く咲きました。

http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/


3727.新種 アマミオオカンアオイ 返信  引用 
名前:たぬき    日付:2009年9月8日(火) 22時25分
Original Size: 600 x 400, 44KB Original Size: 600 x 400, 41KB Original Size: 600 x 400, 48KB

残暑厳しく毎日水遣りしています。
最近は投稿が無いので新種を発表します。
史の花P32(384番)にオオフジノカンアオイとして掲載されていますので既に多く栽培されていると思います。
此の花に似たタイプの内部を見ると台湾産のオオカンアオイに類似した特徴が有りました。
奄美大島産のオオカンアオイに関する文献を調べたのですが明確に解説した資料は見つかりませんでした。
掲載写真のカンアオイは此まで発表されている種とは明らかに異なる特徴(オオカンアオイより筒が長い。膜環は無く口の周りはグスクカンアオイに似ている。花は大きくオオフジノカンアオイに似ているが膜環が無い。)が有るためアマミオオカンアオイとして新称(2009.03.15)する事にしました。
反論も大歓迎ですのでご意見をお願いします。

http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/


3724.宜しくお願い致します・・・ 返信  引用 
名前:OHMY    日付:2009年8月26日(水) 15時51分
Original Size: 800 x 600, 113KB Original Size: 800 x 600, 81KB

ご無沙汰しております・・・

以前お尋ねしたことが有りましたが、四月頃にPCクラッシュでデータをなくしました。
今日庭で撮りましたので教えて下さるようお願い致します。

小さなカンアオイでコビトカンアオイだったかな? などと思っていますが何カンアオイだったか、教えて下さるよう宜しくお願い致します。
合掌



3725.Re: 宜しくお願い致します・・・
名前:たぬき    日付:2009年8月26日(水) 20時25分
OHMYさんお久しぶりです。
以前に何と答えたか忘れてしまいましたので以前と違うかも知れませんが開花時期、筒の形、口の周りのギザギサ環からオトメアオイが一番近い様に思います。
コビトカンアオイは聞いた事が有りませんがロ−カルな呼称でしょうか。

http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/


3726.Re: 宜しくお願い致します・・・
名前:OHMY    日付:2009年8月27日(木) 13時56分
たぬき さん

有難う御座いました。
オトメアオイ 今度は忘れないようにしたいと思います。

コビトカンアオイの名前は、コシノカンアオイなどと比較て小さく小人みたいなので、コビトカンアオイだったかなと書いてしまいました。

ロ−カルな呼称では有りませんので、勝手に書いたまでですから悪しからず諒恕をお願い致します。

今年は異様な気候のようです・・・
御身ご自愛下さるように 有難う御座いました。  合掌

3723.展示会案内 返信  引用 
名前:たぬき    日付:2009年8月16日(日) 12時56分
Original Size: 378 x 559, 44KB

少し早いですが展示会の案内が来ましたので紹介します。
9月11日(金)−13日(日)です。

http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/



ページ: |< << 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb