[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
葵の御前会議帳
(投稿時の注意。メ−ルアドレスを記載するとスパムの標的に成りますので注意して下さい。返信は月末で一度終了しますので月が変わったら新規に親記事としての投稿をお願いします。写真は300KB迄しかアップ出来ませんので容量の大きい写真はたぬきにメ−ルで送って下さい)

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付





3718.フクエジマカンアオイ 返信  引用 
名前:たぬき    日付:2009年8月8日(土) 15時2分
Original Size: 600 x 400, 48KB Original Size: 600 x 400, 44KB Original Size: 600 x 400, 35KB

2002年に寒葵情報交換室を開設して以来探し求めていた念願のフクエジマカンアオイが多くの方の協力で今朝やつと入手出来ました。協力して頂いた方々に感謝しています。この場を借りてお礼申し上げます。数人の人伝から面識の全く無いしかも情報交換室も無縁の方から見返りを要求される事も無く送られて来てビックリしていますが送って来た方も複数の人伝で入手された様で人の繋がりが如何に大切かを改めて感じました。
沢山送って頂いた中になんと亀甲裏紅の株も入っていました。裏紅はヒメでは良く見られますがフクエジマに裏紅が有るとは思いもよりませんでした。話を聞くと亀甲葉は殆ど無いと言う事でしたので亀甲裏紅と言う希少な株を送って頂いた様で感激です。亀甲裏紅は葉脈の窪みが殆ど無いので他種の可能性も残りますが来年の花が楽しみです。
葉を見るとヒラトカンアオイの様な感じで葉脈には窪みが見られます。光沢の有る葉と無い葉が有りますので光沢の有無を分類の目安にするのは無理の様です。
来年の開花が楽しみです。3715にも書きましたがサンプルが採取された周辺一帯は土砂崩れで海中に没し壊滅状態の様です。今回の株は以前に採取されて栽培されていたので難を逃れた貴重な株です。今後は此らの株からの種子繁殖が重要に成りそうです。
福江島にはウンゼンの他ツクシ系も有ると聞きました。古地図で福江島が何処に繋がっていたかご存じの方は教えて下さい。

http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/



3719.フクエジマカンアオイ
名前:たぬき    日付:2009年8月8日(土) 15時4分
Original Size: 600 x 400, 41KB Original Size: 600 x 400, 40KB Original Size: 600 x 400, 30KB

亀甲葉は裏紅です。
http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/



3720.Re: フクエジマカンアオイ
名前:    日付:2009年8月8日(土) 22時37分
念願のフクエジマを入手されたそうで、おめでとうございます。 先日の記事での花の写真を見させていただきましたが、外見上での意見ですが葉、花の形態からシシキに近い種の可能性もありそうな・・・。 開花が楽しみですね。


3721.Re: フクエジマカンアオイ
名前:たぬき    日付:2009年8月10日(月) 22時49分
亀甲葉の2株は確信が持てませんが他の4株はフクエジマと確信しています。シシキは葉全体に窪みが有りますがフクエジマは全体が窪みません。
フクエジマの文献(植物に詳しくない方の和訳ですが)を過去ログなどの場所にアップしました。
原文は明日にでもアップします。

http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/


3722.Re: フクエジマカンアオイ
名前:たぬき    日付:2009年8月11日(火) 10時43分
リンクの研究資料の項にフクエジマカンアオイの原文をアップしましたので興味の有る方は見て下さい。
http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/

3717.ヒナカンアオイが遂に消滅 返信  引用 
名前:たぬき    日付:2009年8月7日(金) 20時53分
1997年に入手して此まで11年間かろうじて維持してきた個体が今年は新葉を出さずに遂に枯れてしまいました。根は白くて元気でしたが茎の部分が腐っていました。芽となる部分が無いのでもう芽を出す事はないでしょうか未練が残り白い根が無くなるまで鉢に残しておきました。
http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/

3716.リンクに追加しました 返信  引用 
名前:たぬき    日付:2009年8月4日(火) 21時0分
今日やっと梅雨が明けました。
リンクにプログ関係を少し追加しましたので訪問して見て下さい。
個人的にはプログは複雑で見にくい物が多いので好きでは有りませんが良く纏まっている物と珍しい種が見られる物を掲載しました。

http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/

3715.幻のカンアオイ 返信  引用 
名前:たぬき    日付:2009年7月19日(日) 11時17分
Original Size: 600 x 400, 48KB Original Size: 600 x 400, 49KB

長崎県在住の方から幻のカンアオイの写真が来ましたので紹介します。ブリントからの複写ですが情報交換室を開設して初めて見る写真です。
話を聞くとフクエジマカンアオイのサンプルが採取された場所は土砂崩れで壊滅状態の様です。種を保存するには自然状態だけでなく栽培も重要と考えます。

http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/


3713.素朴な質問ですが 返信  引用 
名前:たぬき    日付:2009年7月14日(火) 22時34分
メ−ルでの問い合わせですが考えた事も有りませんでした。ご存じの方は宜しくお願いします。

<素朴な質問ですがカンアオイは品種名(和名)で例えば長崎県産だとウンゼンカンアオイ、シシキカンアオイ、フクエジマカンアオイ、アリアケカンアオイになっています。
タイリン、ツクシ、アケボノはなぜアオイなのでしょうか?
和名の語源について色々と調べてみたのですがどうしても解りません。
疑問に思う事は知りたい性分なものですから・・・
ご存知でしたら教えて下さい。>

http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/



3714.Re: 素朴な質問ですが
名前:たぬき    日付:2009年7月19日(日) 11時7分
確かにアオイとカンアオイには統一性が無いしサイシンの呼称も有るので素人には解りづらい。
中でもツルダシアオイ=ソノサイシンはアオイなのかサイシンなのか疑問である。Heterorropaをカンアオイ属とした時にカンアオイ属は全て○○カンアオイと呼称すれば良かったと思う。
フタバアオイ節をアオイ、ウスバサイシン節をサイシン、カンアオイ節をカンアオイと統一すれば問題は解決する用に思うが頭の固い植物学者には認められないと思うが提案したいと思うたぬきです。

http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/

3709.八房かと思ったら 返信  引用 
名前:たぬき    日付:2009年7月4日(土) 18時48分
Original Size: 600 x 400, 48KB Original Size: 600 x 400, 42KB Original Size: 640 x 480, 127KB

家に来た時は産地、葉の状態からランヨウの八房と思っていましたが最近花が咲いてシイノミと判明しました。
http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/



3710.Re: 八房かと思ったら
名前:うす    日付:2009年7月4日(土) 21時41分
お久しぶりです。
きれいな亀甲株ですね。

最近では東京都青梅市に、
ある種類のカンアオイがあるという情報で散策に行ってきました。

結果は残念。
でもカントウの群生地に囲まれ、一日斜面に張りついていました(笑)

ところで右の写真
用土は「ぼら土」ではなく「赤玉」のようですが
たぬきさんも「赤玉単用土」派になりましたか(笑)


3711.Re: 八房かと思ったら
名前:たぬき    日付:2009年7月4日(土) 22時47分
右の写真は株分け先から来た写真を使いました。
家では相変わらずボラ石を使って居ますが最近は少し硬質鹿沼に変更しています。同じ種をボラと硬質鹿沼に植えて実験して居ますので何れは全て硬質鹿沼に成るかも知れません。

http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/


3712.Re: 八房かと思ったら
名前:うす    日付:2009年7月5日(日) 1時5分
我が家では、すべて「赤玉単用土」に切り替えました。
以前は「混合用土」でしたが、鉢数が増えたことと3年ごとの植替え手間から「単用土」になりました。

本当は根詰まり防止から硬質の方が良いらしいのですが、
お財布の都合で値段の安い「一般赤玉」をふるいで微塵除去して使っています。

鹿沼も成績が良いと聞きます。
実験の結果が出ましたら教えてください。

3706.庭に植えたムラクモ 返信  引用 
名前:    日付:2009年6月25日(木) 1時18分
Original Size: 640 x 480, 239KB

御無沙汰しております。 私は造園業をしておりますが、たまに庭の下草にカンアオイを使います。 大概はミヤコかヒメ系を使いますが、今年、3月に造った或る御宅の庭に、我が家の棚で大きくなり過ぎて持て余し、植え替えて丸2年が経過し、用土の劣化でやや葉が小ぶりになりはじめた葉数7〜8枚のムラクモを植えました。 作庭後、3ヶ月が経過し、今日は樹木の剪定に行ったのですが、ムラクモを見てビックリでした。 想像を大きく上回る成長しているのです。3ヶ月半で、葉数が22枚になっているのです。植え付け当初新芽が古葉と同じ数だけ上がって来ていましたが、その後、最低6枚、新葉が出ていると思われます。 今まで我が家の庭も含めてミヤコやヒメをたくさん植えて、何れもそこそこ良い結果ですが、ここまで早い成長はしていません。皆さん御存知の通り、クワイバ系は元々強健で、鉢栽培でもスクスク順調に育ちますが、これは想像以上でした。 条件としては樹高8mのシラガシ、4mのヤマモミジ、2mのツバキを植栽した場所の下草としての使用で、四季を通じて終日30〜50%の遮光をした位の照度で、用土も特にこだわったわけでなく、造園で一般的に使われるマサ土(花崗岩の風化したもの)に20%のバーク堆肥と少量のパーライトを配合したものです。高い塀に囲まれた庭ですが非常に敷地が広いので、通風もあり、他の樹木も含めて病害虫の発生も少ないと思います。 よく、弱ったカンアオイを露地植えにして復活させるという話を耳にしますが、条件さえ整えば、かなり有効な方法かもしれませんね。ただ今回の植栽用土のマサ土は、時間の経過と共に固くしまってしまい易いので、1年後、2年後も同じペースでの成長は望めないと思います。後々、タイミングを見計らって株の周囲の部分的土壌改良や適当な追肥が必要かと思います。



3707.Re: 庭に植えたムラクモ
名前:たぬき    日付:2009年6月25日(木) 22時35分
地植の方が水やりを気にしなくて良いので管理が楽かも知れませんね。雪や霜が心配ですが大丈夫だったでしょうか。


3708.Re: 庭に植えたムラクモ
名前:    日付:2009年6月26日(金) 23時28分
今年の3月に植栽しましたので今のところまだ雪や霜は経験していません。 植栽地近くの京都府南部の我が家の棚(小屋)では、冬期は全面ビニールを張り巡らして対策していますが、それでも寒い日の早朝など鉢の表面が凍ることがあります。種によっては、また軸の伸び過ぎたものは、葉が地に伏せたり、紅葉してしまうものもありますが、ムラクモは何の変化もしなくて大変強いので、大丈夫かと思いました。(種子島では積雪や霜が無いと思うのでムラクモには地に伏せる等、寒さに対応する機能が元々少ないのかもしれませんが元気です。) また、先に述べました高い塀の存在や常緑樹の裾ということで、ある程度の霜や寒風は防げるかと思ってます。 また鉢栽培と違い、冬を迎えるまでに根が深く張り、ある程度の寒さには対応出来るのでは?と、楽観視の推論ばかりですが、今後、経過を見守ります。

3705.今咲いている花 返信  引用 
名前:たぬき    日付:2009年6月21日(日) 15時39分
Original Size: 600 x 400, 33KB Original Size: 600 x 400, 32KB Original Size: 600 x 400, 32KB

やっと写真の取り込みが出来る様に成りました。
写真はナンゴク、オトメ、シイノミです。
ナンゴクは4弁花が咲きました。左側に昨年秋に咲いた残骸が残っています。

http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/


3704.アシタカカンアオイ 返信  引用 
名前:たぬき    日付:2009年6月10日(水) 22時28分
Original Size: 600 x 400, 32KB Original Size: 600 x 400, 28KB Original Size: 600 x 400, 31KB

アシタカと思われる株に今年は4弁花が咲きました。
今年はズングリとした花に成りました。
4弁に成ると雌蘂が8つに成る傾向が解りました。

http://www.hpmix.com/home/ssc/ssc02/



ページ: |< << 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb