[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
マンボウの質問・情報何でもOKです♪
マンボウの質問・感想・情報何でもOKです☆とにかくマンボウの話をしましょう!画像も載せれるのでマンボウでなくても良かったら載せて下さい。楽しみにしています♪マンボウの写真希望の方はメール下さい。メールに添付して差し上げますよ!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



134.もう一度 返信  引用 
名前:海の熊    日付:2005/9/20(火) 13:7
気付かれなかったようですので、もう一度書き込みます。

大変遅くなりましたが、回答ありがとうございます。

マンボウの卵巣、すごいですねー。

また一つ質問ですが、マグロの胃に入っているマンボウってどのぐらいの大きさのものですか?
マグロも300メートルは楽に潜るし、回遊中にイワシなどのエサのないとき、ひろい食いのようにして食べている、なんて想像できま
ここに写真、投稿できるといいですね。

釧路沖、15マイルぐらいで出会った200キロほどありそうなマンボウの写真を送りたいと思います。
このときの水温は10ほど。めずらしいものではないでしょうか。使ってください。



135.Re: もう一度
名前:まったりマンボウ(管理人)    日付:2005/9/20(火) 21:0
こちらこそ気付かなくて申し訳ありません。
ってかこの掲示板、レスが上に上がらないからダメかな??

>また一つ質問ですが、マグロの胃に入っているマンボウってどのぐらいの大きさのものですか?
かなり小さいものですよ。
マグロじゃないけどシイラの胃から出てきたヤリマンボウの稚魚は6cmくらいでした。
http://mola1979.web.infoseek.co.jp/sharptail%20mola.htm
これはかなり貴重なサンプルでした!
だって食べられて間もない、全く消化されていないものでしたから!!
マグロなどの大型回遊魚の胃内容物を探していればいつかまたマンボウが見つかるかもしれません。

>釧路沖、15マイルぐらいで出会った200キロほどありそうなマンボウの写真を送りたいと思います。
このときの水温は10ほど。めずらしいものではないでしょうか。使ってください。

本当にありがとうござました!!
早速TOPページと「マンボウ、浮くわ潜るわ」に使わせていただきました。
そしてあのマンボウのヒレの写真!!
使わせていただきます。
貴重な写真を2枚もどうもありがとうございます。
またマンボウの話をたくさんしましょう!!

P.S.
最近では北海道でもよくマンボウが見れるようです。
温暖化の影響なのですかね??


136.Re: もう一度
名前:海の熊    日付:2005/9/21(水) 11:38
写真のマンボウは、全長2,5mはある、浮きマンボウです。
ボートで近付いたら必死に潜ろうとするのですが、10分ぐらいはバタバタもがいて、海面から2メートルも沈めませんでした。

浮き輪を持ったまま潜るような状態なのです。またすぐ浮いてきます。

こんなのを何度もみてますが、伊豆半島東岸で、1メートルもない小型マンボウ5匹が、同じようにヒレをピラピラさせ、必死に潜ろうとしていたのが印象深くかわいかったですね。

そんなことで、空気をたくさん吸って浮かび、ひなたぼっこしているように見えるのです。シラスも夜寝る時、空気を吸って海面に浮んでいるようです。
マンボウの浮き袋はどうなっているのでしょうか?

先のマンボウ2点は2年前、相模湾から小さなボートで北回り日本半周をしたときのものです。ホームベースは相模湾ですが、これからは釣りよりカメラで撮影目的に出ることが多くなると思うので、チャンスがあればまた撮りますね。


137.Re: もう一度
名前:まったりマンボウ(管理人)    日付:2005/9/23(金) 2:46
潜ろうと思っても潜れないってのは興味津々ですね!!!
一体なぜ??
ちなみにマンボウは浮き袋はありません。
稚魚の頃はあるようなのですが、成長するにつれてなくなるようですよ。
う〜ん不思議!
なんで潜れなかったのだろう?

>先のマンボウ2点は2年前、相模湾から小さなボートで北回り日本半周をしたときのものです。ホームベースは相模湾ですが、これからは釣りよりカメラで撮影目的に出ることが多くなると思うので、チャンスがあればまた撮りますね。
小さなボートで日本半周!?
私としてはこっちの方が不思議です(笑)
一体どのくらいの時間がかかったのですか?


138.Re: もう一度
名前:海の熊    日付:2005/9/24(土) 12:39
日本半周は5,5mのボートで50日かけ、港港(漁港)でテント生活です。釣ったさかなをオカズに、めしはサトウのご飯。

25箇所のキャンプ、利尻島、天売島、奥尻島、飛島、佐渡島へ寄港しました。
もちろん、北海道は一周し、根室半島から知床半島までは国境の上をお走りました。

詳しく書くと、一冊の本になりそうなので、ここまでにします。

浮きマンボウ不思議ですよね。単に寄生虫を鳥に食ってもらうなんてことで説明できそうに思えないのですが・・・。


139.Re: もう一度
名前:まったりマンボウ(管理人)    日付:2005/9/27(火) 0:33
>日本半周は5,5mのボートで50日かけ、港港(漁港)でテント生活です。釣ったさかなをオカズに、めしはサトウのご飯。
なんとすごい生活を!!?
転覆とかしなかったのですか??
本当に本が出せそうですね(笑)

>浮きマンボウ不思議ですよね。単に寄生虫を鳥に食ってもらうなんてことで説明できそうに思えないのですが・・・。
たしかに(笑)
やっぱり日向ぼっこですかね??
う〜ん不思議不思議。。


140.一度に5匹
名前:海の熊    日付:2005/9/29(木) 6:17
浮いていたことからも、鳥と寄生虫説だけでは説明つかないように思えます。確率が悪いですよね。

しかも、敵である漁船が近付くと、必死で逃げようとするわけですから、それなら最初からすぐ潜れる状態にしておけばいいハズです。

浮きマンゴウはスキだらけで、一発で銛で突かれるのもあたりまえ。後で写真を送りますが、三陸沖で漁師さんに、大きな切り身にされたものがプカプカ浮いておりました。

寄生虫を鳥に食べてもらうのに、毎回命がけというのも、少し疑問に感じます。

NHKの番組、見ましたが、毎日のように、しかもけっこう長い時間深海へ潜っているようですね。やはりそこにエサがあるからと考えるのが自然だですよね。
そうだと、深いところは水温が低いし、あんなに水っぽい体で体温を保つのは容易ではないように思いました。

カツオやマグロも300m潜りますし、ブリも体温を下げるため300mを一気に潜ります。ご存知のようにマグロなどは10度ほど水温より高い体温を持ってますが、その逆もありそうに思えたのですが・・・。

マンボウの体温はどなっているのでしょうか?


141.深い海に
名前:海の熊    日付:2005/9/29(木) 7:50
写真、いま送らせてもらいました。

ホームページのマンボウの分布を調査されたところをあらためて見せていただいたのですが、漁獲されている場所はほとんど水深の深い海ですね。

あらためて、マンボウには深い海が必要なことがみえてきます。
北海道も、利尻島周辺は武蔵堆あたりまで出ないと深い海はありませんが、積丹半島あたりは沿岸から急激に落ち込み、2000メートルぐらいまでなります。
オホーツク海は浅く平坦な海底が続き、釧路沖は少し沖へ出ると数100メートル。
太平洋側でも、銚子から福島あたりが穴になってますが、ここも浅い海の続くところです。


日本海は全体に浅い海が続き、マンボウも獲れてないようですが、富山湾周辺は深ので、ここではやはり見られますね。

ちなみに、水温で言えば、釧路沖の8月は2年前は10度ぐらいでした。でも、ここ2年は13度から17度ぐらいあるようです。
そして、オホーツク海が14、15度。宗谷岬をこえて16度、利尻島で18度となりました。
そして、佐渡ではもう20度オーバーです。

これから考えて、水温だけなら釧路沖が一番きびしいけど、そこに写真のマンボウがいたわけで、逆に暖かい日本海でも、水深の浅いところは少ない。

やっぱり、深海のエサを主食のように食べているのは間違いなさそうです(科学の場合、実証が必要でしょうが)。


142.まず、分類から
名前:海の熊    日付:2005/9/29(木) 10:48
入らなかったらダメでしたね。
ヤリマンボウとマンボウの違い、記事を読ませていただき、初めて知りました。ごっちゃにしてました。ごめんなさいです。

写真は元の大きさで確認すると、どうやらヤリマンボウのようですね。違いますか?
そして、大きさの判断も間違っているようです。HPのおよそ3メートルのマンボウが1トン以上あるのに、2,5メートル、200キロほど、はないですね。

この判断は、ボートをマンボウの真上付近にもっていったとき、ボートの幅よりマンボウの長さの方が長く見えたことから、です。(ボートの下へも何度か入りました。傷付けてはいません)。
ボートの幅がちょうど2メートルです。だから、重さはデタラメですね。

それと、こんなことを書いていると、釧路沖15マイルというのも疑われそうですが、毎日付けていた日記と、一行程ずつ撮りダメした写真フォルダから、確実です。そもそも、印象的な撮影だったし、よく覚えてます。
このときは襟裳港から霧多布の長い一日の行程で、GPSとレーダーで霧の中を直線で走ったから、最大20マイル以上沖合に出ていて、釧路沖あたりで出会いました。

また、魚探を20ノットで走っても1000mぐらいまでぎりぎり見えるようにし、およそ4000キロの行程をずっとみてきました。(水温のチェックは襟裳ぐらいからですが)。

マンボウの水深、みせていただき、アバウトな素人推測ではやはりダメだなと思い知らされました。

133.更新!! 返信  引用 
名前:まったりマンボウ(管理人)    日付:2005/9/20(火) 0:29
久々にマンボウネタを更新しました!
その名も「マンボウ、浮くわ潜るわ」
マンボウの知られざる世界をご覧下さい!
それではどうぞ〜♪
良かったら感想聞かせて下さいね☆
http://mola1979.web.infoseek.co.jp/mola%20diving.html

130.マンボウの干物? 返信  引用 
名前:白河    日付:2005/8/23(火) 13:8
お友だちブログに、「看板マンボウ」の写真が載っていました。
伊勢神宮の側の干物屋さんの看板らしいです。
これは…本物のマンボウの干物なの??と気になってます。
マンボウって丸干しにするものですか?
http://www17.ocn.ne.jp/~yuyake05



131.Re: マンボウの干物?
名前:まったりマンボウ(管理人)    日付:2005/8/23(火) 23:58
それは初耳です☆
マンボウの干物!!???
想像つかんなぁ。。
でも味が凝縮してたんぱく質が分解されて美味しいかも(ゴクリ)


ページ: |< << 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb