[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
ともしび掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





3317.先程、NHKTV首都圏ニュース845で、わたらせ渓谷鉄道の歌声列車放映!  
名前:ともしび出演部    日付:2014年4月4日(金) 23時39分
Original Size: 640 x 356, 43KB Original Size: 640 x 360, 42KB Original Size: 640 x 348, 38KB

NHKTVを見てましたら、わたらせ渓谷鉄道の歌声列車の様子が流れました。
伴奏は、アコーディオン2台でした。出演は、特に紹介はありませんでした。地元の方でしょうか?
楽しい雰囲気が伝わってくる映像でした。

TBSに続き、NHKTVでの放映でした。
偶然スマホで、TV放映映像を写メしましたので、添付します。


3316.今こそ歌い続けたい珠玉の世界の名曲!  
名前:早川    日付:2014年3月30日(日) 13時42分
3月29日(土)ともしび新宿店ラストステージで司会者の社長にお得意の「ハンマーの歌」を取り上げて頂きました。

♪今こそ私はこの手にハンマーを握る 鐘とハンマーとそして歌う
♪目覚めよ夜明けは すぐそこまで来た 
♪世界の兄弟よ 私はおお今ぞ告げる

ともしび新宿店より、強く高らかに鳴り響く心の鐘とそして歌で、世界中に正義と平和と、そして友を結ぶ鐘の音が鳴り響くことを願わざるにいられない。

「赤の新歌集」でうたごえの輪が一層広がったと思いますが、うたごえ基本歌集ともいうべき「緑の歌集」に歌い続けて行きたい様々な珠玉の世界の歌が、沢山ある事を改めて感じました。

赤の新歌集から「ともだち」の振り付けを「オペレッタ研究講座」の方々が披露されましたが、楽しい振り付けで、続けて歌われた「青春」と共に元気を頂きました。

当夜、ベイビーブーのU:sukeさんとYouさんが「うたごえ喫茶音楽会vol4」コンサートの後に来店され、皆で一緒に楽しいひと時を過ごさせて頂きました。

CD「たびだちのうた」(ともしび監修)お届け枚数3.29で1234/2000枚とのこと。「武道館への道」を目指してメジャーデビューされた後での路上ライブ等、タフで前向きな活動を応援したいと思います。

3315.うたごえ列車  
名前:oh!no    日付:2014年3月25日(火) 7時36分
今朝、TBSニュースでうたごえ列車が取り上げられていました。小湊鐵道で、みなさんとても楽しそうに歌っていました。
うたごえ列車は各地で運行しています、しました。
いすみ鉄道、千葉都市モノレール、わたらせ鉄道、三陸鉄道、常磐線、小海線、大糸線、伊豆急、近鉄線、加古川線、由利高原線、芸備線、樽見鉄道等々山手線でもありました。
他にも運転されていますか?
いろいろな場で「一緒に歌う」機会が増えていて嬉しい限りです。
そういえば橋幸夫コンサートで「一緒に歌うコーナー」がありました。

3314.'60年代〜'70年代の歌謡曲だけのうたごえ喫茶(3月23日)  
名前:春日部のファン    日付:2014年3月23日(日) 21時59分
人気の「'60年代〜'70年代の歌謡曲だけのうたごえ喫茶」も、今日は5回目となりました。いつも、当日の特別歌集の中身を期待しながら、参加しています。当日歌集を見て、前に出て歌う歌は、「学園広場」と「せんせい」と決めました。他にも色っぽくて、気になるいくつかの曲を意識しながら、あとは、成り行き任せ。レコードを持っている「学園広場」は、何とか前で歌えました。次に「せんせい」で前に出たら、女性から、森昌子さんのファンなのねと声を掛けられました。確かに、器用で歌が旨い森昌子さんのファンでした。歌に入ると、清水さんから、テレビでよく見る森昌子さんの振り付け(仕草)が始まりました。振り付け(仕草)をまねしようとすると、どっと、冷や汗が出てきました。恥ずかしく、汗だくになりながら、歌っていました。楽しいひと時でした。
歌謡曲を歌う皆さんの歌声は素晴らしく、大きな歌声となり、(清水さんがおっしゃるように)歌謡曲のエネルギーが歌声喫茶ではじけていました。歌と共に歩んだ、人生の想い出がよみがえっていました。
司会の修平さんと清水さん、ピアノの南部さん、受付の小川さん、他の皆さん方、楽しいひと時を、どうもありがとうございました。

3313.「’60年代〜’70年代の歌謡曲だけのうたごえ喫茶PART5」楽しさ満喫しました!  
名前:早川    日付:2014年3月23日(日) 21時51分
3月23日(日)―金指修平と清水正美が選ぶわが青春の歌―「’60年代〜’70年代の歌謡曲だけのうたごえ喫茶PART5」がともしび新宿店で開催されました。
当シリーズがスタートした頃、うたごえで歌謡曲?と若干の違和感がありましたが、同じ歌謡曲でも、カラオケで一人マイクを持ち歌うのではない、青春の時の歌を、巷に流れた歌を、みんなが一緒に歌い交わす、うたごえ喫茶ならではの楽しさで、かつて聞くばかりだった歌を、今、大勢で共に歌う事が出来るとは何と素敵な事かという感じを持ちました。

清水正美さんが歌手のイメージの強い「プレイバックPART2」(当日配布チラシ)、「オリビアを聴きながら」(赤い歌集)等を歌われましたが、歌手オリジナルの歌を超えて、歌自体が誰もが楽しめる歌として大きな広がりのある歌になったように感じました。

金指修平さんが、月刊ともしび3月号で「うたごえ喫茶の文化」について「うたごえ喫茶は人と人が歌い合う事により、心が触れ合い元気になり、又、明日に向かっていく。挫折しかけた人が光を見つけ、希望を持ち生きる喜びを掴む。」と述べられていますが、赤い新歌集においても、新たな希望と生きる喜びの場面を作っていくとの思いがしました。

生きる喜びの時をリードして頂いた司会の清水正美さん、金指修平さん、応援サポート兼歌に入られた小川邦美子さん、ピアノの南部勇木さん、他皆様方に感謝です。

因みに当日歌われた歌は配布チラシから「恋のバカンス」「潮来笠」「学園広場」「君だけを」「せんせい」他、赤の歌集からは「亜麻色の髪の乙女」「花の首飾り」「「ブルーシャトー」「ひこうき雲」「テネシーワルツ」「恋人よ」「地球は回るよ」「世界は二人のために」他、緑の歌集からは「あのすばらしい愛をも一度」「白いブランコ」他でした。

3312.スプリング・コンサート御礼  
名前:ともしびアコーディオン合奏講座    日付:2014年3月17日(月) 19時26分
昨日新宿文化センター小ホールで開催いたしました《ともしびアコーディオン合奏講座スプリング・コンサート2014》には、160人を超えるお客様にご来場いただきました。寄せられたアンケートの数々、書き込み、たくさんの感想やアドヴァイス…「たくさん音楽を聴いて、もっともっと深めてほしい」との激励をはじめ、一つ一つがあたたかく、嬉しく受けとめています。本当にありがとうございました。
事前の準備や当日の表に裏に、本当にいろいろな協力を得て、コンサートを開くことができました。「スプリング」の名にふさわしい春の陽気で、お天気も私たちを応援してくれたようでした。すべてに感謝!
日本アコーディオン協会(JAA)の取材もありました。「ともしびアコ講座ならではの特徴は?」の質問には、その一つとして「うたごえ喫茶が活動のベースになっていることは大きな強み。『歌ごころ』を大切にした演奏を心掛けたい」ということを挙げました。機関誌にコンサートの記事が載るそうです。
さらに『歌ごころ』を磨いていけるよう、また練習!
4月13日には、今度は新宿文化センターの大ホールで行われる《春の大うたごえ喫茶》にて、さらにたくさんの皆さんのうたごえに寄り添ってアコーディオンを響かせることができるのを楽しみにしています。
なお、会場で被災地支援のための『とどけ!歌の力』支援募金を呼び掛けさせていただいたところ、17,530 円もの寄付をいただきました。この場をかりて御礼申し上げます。
ともしびアコーディオン合奏講座一同

3310.春の訪れに相応しいアコーディオン「スプリングコンサート」でした!  
名前:早川    日付:2014年3月16日(日) 22時45分
寒かった冬から暖かな春が一挙に来たと感じられた3月16日(日)、その名に相応しいともしびアコーディオン合奏講座による「スプリングコンサート・2014」が新宿文化センター小ホールで開催されました。
当コンサートは春の訪れを告げる楽しみな風物詩として、うたごえ音楽ファンに定着してきているように感じられますが、今回も期待に違わない充実のコンサート内容でした。

アコーディオンの音色は、クラシック、タンゴ、ワルツ、ポピュラー、日本民謡、そして勿論うたごえにと、様々な音楽にマッチする事がよく感じられて、音楽の、うたごえの楽しさを満喫した充実のひと時でした。

演奏曲目は歌劇「ウイリアムテル序曲」「弦楽セレナード」「薔薇のタンゴ」「ラストワルツ」「マイフェアレディメドレー」「日本民謡メドレー(会津磐梯山、黒田節他)」「清水正美さんの歌」「小川邦美子さんの歌」他と多岐にわたり、加えて中西明さん、小川邦美子さんリードによるうたごえコーナー「津軽のふるさと」「花は咲く」他と楽しみがいっぱいでした。

司会進行は今回の演奏曲目の編曲に携われ、清水正美さんと指揮を担当された大貫洋子さんで、合奏講座の方々の熱心な取り組みの様子がよく伝わって参りました。

アコーディオン合奏講座の指導に当たられた土生英彦さん、練習の成果を充分に発揮された合奏講座メンバーの皆様方、そして運営サポートに当たられた方々に、春の訪れに合わせての楽しい充実のひと時を過ごさせて頂きました事に感謝です。

3309.いがりさんへ  
名前:斉藤隆    日付:2014年3月13日(木) 1時7分
いがりさん、9日の「フォークソングだけのうたごえ喫茶」にご参加いただき、ありがとうございました!楽しんでいただけてホントによかったです!
これからもフォーク、たくさん歌っていきたいと思っています。またギター手伝ってくださいね! 当日のステージの写真を、あらたにブログにアップしたので、見てみてくださいね!

3308.フォークソングだけのうたごえ  
名前:いがり    日付:2014年3月11日(火) 10時47分
斉藤店長さんにお誘いいただき、今回初めてギター持参で参加させていただきました。みんなで歌うのは久しぶりでしたが、やっぱりいいもんですね。次回も参加できたらと思います。どうぞよろしくおねがいいたします。

3307.フォークソングだけのうたごえ喫茶、ありがとうございました!  
名前:斉藤隆    日付:2014年3月11日(火) 3時28分
早川さん、三郷のBlue Skyさん、投稿ありがとうございました。おかげさまでホントに楽しい時間を皆さんと過ごすことができました!フォークを楽しみにされている方が多いのには、フォークで育った自分にとってもとても嬉しいことです。三郷のBlue Skyさん、全部知っているというのは、さすがですね!早川さん、『あの人の手紙』はいい曲ですよね。ともしびでもこの曲を好きな人は多くいます。次回は8月3日とちょっと先ですが、今度は誰の特集にしようか思案中です。リクエストがあったらぜひ宜しくお願いします♪当日の様子を「店長ブログ」にアップしたので、ぜひのぞいて見て下さい♪

3306.フォーク特集楽しかったです(^^)/。  
名前:三郷のBlueSky    日付:2014年3月10日(月) 9時39分
大好きなフォーク特集参加させて頂きました。やっぱりフォークは良いなぁ♪全部知ってる曲ですものネ!“遠くで汽笛を聞きながら”歌わせて頂きました。何故か私の出身が北海道、妻が鹿児島である事コメントしてしまいました。次回フォーク特集は8月との事……必ず参加します。勿論、普段も行きますよ!

3305.楽しさいっぱいの「フォークソングだけのうたごえ喫茶」でした!  
名前:早川    日付:2014年3月9日(日) 20時59分
3月9日(日)ともしび新宿店にて「フォークソングだけのうたごえ喫茶」が開催されました。フォークソングっていいなあ、うたごえとして改めて大切なジャンルと感じられる充実の2時間半でした。

今回「かぐや姫コーナー」と「ピート・シガ―を偲んで」が特別にありましたが素敵な企画でした。「かぐや姫」がこんなに多くの名曲を出している事、改めて知りました。特に「あの人の手紙」では歌を聞いて、歌を歌って涙する事はあまりないのですが、不覚にも涙してしまいました。

楽しい充実の時をリードして頂いた司会の間下邦彦さん、津田伸子さん、ピアノの斎藤隆さん、ギタ―の小玉享さん、中谷さん、そしてギター持ち込み参加された方々、スタッフの方々に感謝です。

因みに当日歌われた歌はともしび緑の歌集からは「風」「遠い世界に」「卒業写真」「戦争を知らない子供たち」「時代」「この広い野原いっぱい」「友よ(岡林)」他、赤の歌集からは「いちご白書をもう一度」「初恋(村下)」「東へ西へ」「大空と大地の中で」「悲しくてやりきれない」「あの日に帰りたい」「赤い花白い花」「遠くで汽笛を聞きながら」他、当日配布チラシからはかぐや姫の「あの人の手紙」「加茂の流れに」「おもかげ色の空」他、ピート・シガーを偲んででは「花はどこへ行った」「勝利をわれらに」等でした。

3304.北の国から  
名前:なめちゃん    日付:2014年3月9日(日) 20時55分
Original Size: 311 x 459, 24KB Original Size: 640 x 480, 45KB

札幌子ども劇場幼児例会「パネルシアターコンサート」4回公演です。
(修ちゃん、なめちゃん、あゆみちゃん)
おどりながら歌う子もいてノリの良さにびっくり。生後4か月の赤ちゃんも参加。
写真は子どもたちの手形で作った、ぞうれっしゃの看板。


3303.第13回・ともしび春の大うたごえ喫茶チケット速報  
名前:ともしび    日付:2014年3月7日(金) 18時14分
3月7日(金)18時現在、1階席931枚、2階席236枚、
合計1167枚となりました。
1階席は完売となりましたが、2階席はまだ余裕がございます。
ご検討中のお客様はお早めにお買い求め下さい。
よろしくお願いします。

3302.お詫びと訂正  
名前:ともしび    日付:2014年3月7日(金) 13時12分
月刊ともしびをご購読の方に、掲載内容に間違いがありましたので取り急ぎ掲示板にてお詫びと訂正をさせていただきます。

7ページ目左下と最終24ページ目最下段、「60年代〜70年代の歌謡曲だけのうたごえ喫茶Part5」の開演時間が間違っていました。
ただしくは「12時半」となります。
記事をご覧になってチケットを購入した方には混乱とご迷惑をおかけしたことと思います。大変申し訳ありませんでした。また、これからご購入を検討されている方もお間違えのないようお願い致します。

今後このようなことがないよう、さらに校正チェックをしっかりと行っていきたいと思います。

今後とも月刊ともしびをご愛読いただきますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

月刊ともしび編集委員

3301.どんな人?  
名前:なめちゃん    日付:2014年3月4日(火) 21時6分
Original Size: 640 x 480, 175KB

相模原市の保育園、7年ぶり3回目のなめちゃんライブ。
お寺の境内、紅白の梅が咲き並ぶ道を抜けると丸くんの生まれた年と同じに建てられた素敵な建物。
ランチルームを兼ねた一階のホール。二階の部屋で着替えているとあちらこちらの部屋から「なめちゃんって、どんな人?」「さっきいた人かなあ?」と子どもたちの声が聞こえてきました.
始まる前からワクワクしました〜。
一挙一動に、とにかく笑う子どもたちでした。

子どもたちと同じ給食をいただいていたら、年長さんがお礼と絵を届けてくれました。嬉しくてぎゅっとハグ。
ともしび事務センターに貼らせてもらいました。

写真がそうです。よく見ると私たちの衣装の感じもよく書けています。年長さんなので、字もしっかりしていますね。


3300.3299  
名前:Kaz    日付:2014年2月25日(火) 21時22分
楽しそうだね・・・一度覗いてみたい・・・
なめちゃん、まるちゃん・・・うらやましー!!!

3299.見上げれば赤い塔♪  
名前:なめちゃん    日付:2014年2月25日(火) 18時29分
東京タワーの下にある港区麻布の保育所でのライブ。
場所柄か、約20カ国の国籍の0歳〜6歳の子どもたち150人。

廃校を生かした施設、広い廊下にはカーペットが敷かれているので転んでも大丈夫。絵本の読み聞かせが盛んのよう、教室でも廊下でも行われていました。
『切手のないおくりもの』の歌声が年長クラスから聞こえてきましたよ。ホールには『はじめの一歩』の歌詞が掲示、卒園式に向けて練習しているのでしょう。

終演後は、天然芝生の園庭で元気よく遊びながら「なめちゃん、丸くん、また一緒に遊んでね」と声をかけながら見送ってくれました。

3298.第13回・ともしび春の大うたごえ喫茶チケット速報  
名前:ともしび    日付:2014年2月24日(月) 12時4分
連日、たくさんの方々からご注文いただき、誠にありがとうございます。

ただいま「1階席」のチケットが完売いたしました。

まだ2階席がございますので、引き続き申込お待ち致します。

3297.童心に戻る「童謡・唱歌をおおいに歌う お昼のうたごえ」(2月23日)  
名前:春日部のファン    日付:2014年2月24日(月) 7時31分
2月23日に開催された「童謡・唱歌をおおいに歌う お昼のうたごえ」に参加しました。
「ふしぎなポケット」は、1年生の学芸会の劇の主題歌。「おうま」は、引っ張り出されて歌わせられた記憶のある歌。小学校低学年の頃の懐かしい想い出が、自然と甦ってきます。

「雪」では、孫の元気な歌声が聞こえてきました。童謡・唱歌を3代で楽しみました。これまで、志木に住む孫の運動会、発表会に、かかさず参加していましたが、今日のように自ら前に出て歌う姿、きちんとしゃべる姿は、これまで知らなかった姿でした。
幼い(4歳と7歳)ながらも、孫たちが自己表現・自己主張している分かり易い姿でした。何気ない孫たちの動作からも孫たちの心が読み取れ、心を育てることの重要さを改めて認識していました。今日の歌声喫茶は孫を改めて理解する良い機会になりました。とりわけ童謡・唱歌は、孫たちと共通の意識が持てる、とても良いテーマでした。

司会と歌の清水さん、ピアノの南部さんありがとうございました。


ページ: |< << 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb