[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
ともしび掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





3798.ヒサヨシ様へ  
名前:ともしび    日付:2017年3月17日(金) 12時17分
ヒサヨシ様

ご指摘ありがとうございます。
お昼のうたごえの日付の件、(4月)4日→1日に訂正いたしました。

ご来店、心よりお待ちしております。

3797.昼うたごえについて  
名前:ヒサヨシ    日付:2017年3月16日(木) 13時8分
昨日メールで3月31日、4月1日の昼の歌声についての問い合わせに、早速の返信ありがとうございます。ただ、4月1日のところが、4日になっていますので、訂正をおねがいします。

3796.営業しています!  
名前:ともしび新宿店    日付:2017年3月13日(月) 14時37分
昨日は、厨房内の排水関係のトラブルにより、ご飲食の提供ができず、大変ご迷惑をおかけいたしました。
本日はとりあえず復旧しましたので、通常通り営業致します。
ぜひ、安心してご来店下さい!

3795.お詫び  
名前:ともしび新宿店    日付:2017年3月12日(日) 17時18分
平素はともしび新宿店にご来店いただきありがとうございます。

本日3/12(日)開店前に厨房奥の排水関係のトラブルにより、
お飲み物、お食事のご注文を受けることができない事態になりました。
ご来店いただいたお客さまには大変ご迷惑をおかけいたしまいました。

明日には復旧する予定です。

今後このようなことのないよう「ともしびに来て楽しかった」と言っていただけるよう、日々努力を重ねていこうと思います。

今後ともともしび新宿店を何卒よろしくお願い致します。

3794.NHK朝の連続ドラマと歌声喫茶  
名前:oh!no!    日付:2017年3月6日(月) 9時18分
 NHK、次期の連続ドラマ「ひよっこ」で、
「歌声喫茶シーンが予定されている」のでと協力依頼がありました。
ともしびからの情報提供やお客様の体験談の聞き取りなどに協力して参りましたが、
「歌声喫茶シーンが入らないことになった」とお詫びの連絡がNHKからありました。
 残念なことですが、
集団就職で上京したヒロインの生き様にエールをおくりたいと思います。
ご協力いただきました皆様に御礼申し上げます。

3793.歌い継ぎたい充実の「ロシアの歌だけを歌ううたごえ喫茶」でした!  
名前:早川    日付:2017年3月5日(日) 23時46分
3月5日(日)ともしび新宿店にて「ロシアの歌だけを歌ううたごえ喫茶」Part18が開催されました。Part18を数え、その前身は月曜日の定期的なロシアステージだった事を考えますと、ともしび新宿店が、そしてうたごえファンが歌声喫茶の原点としてロシアの歌を大切にして歌い継いで行きたいという熱い思いが感じられます。
今回もロシアの歌への熱い思いに溢れた、ロシア人もさぞ驚かれるであろう東京新宿の地での30曲以上に及ぶロシアの歌だけの充実のひと時でした。

現在までのロシアの歌ファンの大抵は歌声喫茶歌集から初めてロシアの歌と出会い、心に滲み入るロシアの歌の良さに心奪われたものでした。ロシアの歌を往年のロシアの歌ファンだけのものにするのは勿体なく、これから初めてうたごえ喫茶を訪れる方も、ロシアの歌との出会いで更に新たな歌の世界が拡がれるのではと思われました。

普段歌われる事の少ない珠玉のロシアの歌を取り上げて頂きロシアの歌のよさを堪能させて頂いた司会の吉田正勝さん、小川邦美子さん、ピアノの小松原奈々子さん、アコーディオンの中西たみ子さん他スタッフの方に感謝です。

因みに当日歌われた歌は緑の歌集からは「カチューシャ」「バイカル湖のほとり」「コムソモールの歌」「暗い夜」「美わし春の花よ」「我らの仲間」「呼応計画の歌」「コザックは口笛を吹いて」「どん底の歌」「広きドニエプルの嵐」「すずらん」「郵便馬車の馭者だった頃」「泉のほとり」「祖国の歌」「モスクワ郊外の夕べ」他、当日用ファイル歌集からは「青いプラトーク」「とらわれ人」「キエフの鳥の歌」「壕舎の中で」「ヴォルガ下り」他でした。

3792.吉田さんへ  
名前:吉田さんへ    日付:2017年3月3日(金) 9時0分
昨日は松尾さんと山陽新聞社に歌声喫茶の宣伝していただくために行って参りました。盛岡や篠山の方との交流楽しみにそして清水さん吉田さん丸山さんべいびー・ブーのみなさんにお会いできることを楽しみにしています。

3791.玉島のきくちゃんへ  
名前:吉田正勝    日付:2017年2月28日(火) 18時35分
きくちゃん

3月12日の「湊たましま大歌声喫茶」公演では、お世話になります。
きくちゃんに嬉しいお知らせがあります。玉島のきくちゃんたちが、昨年と一昨年2年連続で岩手県三陸鉄道復興支援歌声列車に遠くから参加していただいたのが、盛岡の歌声喫茶のメンバーが嬉しい買ったので、今回うたごえ喫茶もりおか実行委員会のメンバーが3人玉島公演に参加することになりました。
盛岡のメンバーの他にも歌声喫茶を地域でやっている兵庫県篠山市から「いのちの歌」のみなさんが6人で、玉島公演に参加したいと私ところに連絡が来ましたので、お知らせします。玉島のみなさんと盛岡と篠山のみなさんが歌声喫茶のご縁で交流できるのは、私もとても嬉しいです。
当日よろしくお願いします。

3790.きくちやんより  
名前:吉田さんへ    日付:2017年2月26日(日) 16時9分
後たましま大歌声喫茶も開催まで二週間になましたが昨年よりすこしでも多くの方に参加していただきたく来ていただける方に声掛けをしています。昨年よりは少しは多くの方に来て頂けるのではないかと思います。当日のお迎えにつきましては万全を期してお待ちしております。お会いできますのを楽しみにしています。

3789.カラオケとは違う楽しさ満喫「’60年代〜’70年代の歌謡曲だけのうたごえ喫茶」!  
名前:早川    日付:2017年2月21日(火) 0時40分
2月19日(日)ともしび新宿店で「’60年代〜’70年代の歌謡曲だけのうたごえ喫茶」Part13が開催されました。シリーズ開催当初は歌謡曲を歌声で?という感じを持ちましたが、振り返ってみれば緑の基本歌集(1972年上梓)にも「リンゴの歌」「ここに幸あり」他戦後の歌謡曲の名曲が多く取り上げられています。
昭和歌謡の良さが見直されBSテレビ他で頻繁に取り上げられている現在、昭和歌謡の名曲が歌声喫茶で取り上げられるのも又宜為る哉という感じが致します。

個人的にはでき得れば歌声喫茶らしい「うたごえチック」な歌謡曲が多く取り上げて欲しいと思いますが、今回は「歌ってよ夕陽の歌を」(歌:森山良子)、「帰らざる日のために」(歌:いづみたくシンガーズ)がその思いにどんぴしゃりでした。
当シリーズにより新たなうたごえファンが開拓されている様子は嬉しい限りです。

時代を表象する歌謡曲を個人中心のカラオケではなく皆の大合唱で心置きなく歌え、充実のひと時を過させて頂いた司会・歌声リードの金指修平さん、津田伸子さん、ピアノの田口順子さん他支援スタッフの方々に感謝です。
因みに当日取り上げられた歌は他に当日用歌集チラシから「古城」「僕は泣いちっち」「星のフラメンコ」「空に星があるように」「私は泣いています」「わかって下さい」「大阪で生まれた女」「矢切の渡し」「地上の星」他、ともしび赤の歌集からは「津軽のふるさと」「万里の河」「明日があるさ」「若いってすばらしい」他でした。

3788.本日チケット発売。早速のたくさんのお申し込みありがとうございました!  
名前:16th春の大うたごえ喫茶実行委員会    日付:2017年2月19日(日) 23時5分
チラシなどでお知らせしてきました通り、本日19日午後3時、「第16回春の大うたごえ喫茶(4月29日)」の前売りチケットを発売致しました。
事務センター午後6時、店午後10時30分の受付終了までに、指定席460枚、自由席27枚、あわせて487枚のお申し込みをいただきました。
さっそくのたくさんのお申し込み、ほんとうにありがとうございます。
事務センターでは一時的に電話がつながりにくくなり、店では整理券の配布にお並び頂くなど、多くの皆様方にご協力を多々いただいたこと、
心から御礼、お詫び申し上げます。
皆々様方から「歌声喫茶ともしび」にお寄せいただくこうしたご期待に全力でおこたえするべく、より充実したステージ作りに努力していきたいと考えております。
自由席はまだ余裕がありますが、指定席の残りは300席を切りました。参加をご検討中の皆様、ぜひお早めにお申し込みいただきますよう、お願いいたします。
お店にご来店のお客様には、座席図を見て席をお選びいただけます。お近くの方はぜひ足をお運び下さい。
八重桜は残っているでしょうか、新緑の芽吹き始める上野公園野外ステージで全国の歌声ファンの皆様と歌いかわすひとときを、
スタッフ一同、全力を上げて準備していきます。とりあえず御礼まで。ありがとうございました。

3787.団塊の星さんへ  
名前:ともしび新宿店    日付:2017年2月13日(月) 12時40分
団塊の星さん、書き込みありがとうございました!
現在は、西武新宿駅前の「歌声喫茶灯」の頃からは変わって、運営の主体は「音楽文化集団ともしび」がおこなっています。
でも「歌声喫茶」という形式は引き継いで、ずっと変わらずにやっています。
歌声喫茶の種が全国に散らばって、うたごえの花を咲かせていることは、とても嬉しいことです!
ぜひ、新宿のお店にもご来店くださいね!

3786.「ともしび」懐かしいですね  
名前:団塊の星    日付:2017年2月11日(土) 5時36分
自分は団塊の世代で大学の頃新宿に住んでいました。

この頃超高層ビルの京王プラザホテルが建てられていました。

新宿「ともしび」は歩いて行けたので大学時代だけで何100回も行きました。

シャデラックスとか上条恒彦さんとかジュークエイセス等が日曜日はゲスト出来ていました。
自分は当時大学生でしたがその頃は大学生でも周りと何の違和感もありませんでした。

司会の方はご年配のずんぐりした方で司会も楽しく大変唄も上手い方だったです。

現在の「ともしび」が以前の「ともしび」とどのような関係なのかは分かりませんが近く行きたいと思います。

現在私はさいたま市に住んでいますが、その頃の「ともしび」が忘れられずに「灯」と言う歌声サークルをやっています。

京浜東北線北浦和駅西口広場から国道17号線を越えて100m右側の常盤公民館で月に2回主に月曜日の午後月会費500円でやっています。
さいたま市近辺の方とか、さいたま市に来られる方は無料で紹介しますので参加して下さい。

連絡 048−855−5791

3785.キクチャン、お世話になります。  
名前:吉田正勝    日付:2017年2月7日(火) 8時36分
Original Size: 1033 x 1472, 262KB

No3782キクチャン、お便りありがとうございます。福島、秋田、北海道に出かけていたため、ご返事が遅くなりましたことをお詫び申しあげます。
3/12(日)玉島文化センターの公演では、お世話になります。
玉島の公演は、ともしびのHPの出前歌声のコーナー3月の公演スケジュールのところにあんないしてありまして、クリックするとチラシがダウンロードできるようになっています。
この掲示板に、玉島のチラシを案内しますので、よろしくお願いします。
当日お会いできることを楽しみにしてます。


3784.「田中克彦先生自伝出版記念会」にともしび出演、喝采!  
名前:早川    日付:2017年2月6日(月) 13時57分
2月5日(日)にともしび新宿店ご常連の日本の言語学第一人者の一橋大名誉教授の田中克彦先生の自伝出版会が如水会館で開催されました。学術研究分野の自伝出版記念会では異例ともいうべき152名の参加者があり、講演会、パーティ共に内容充実の素晴らしい記念会でした。
ともしび新宿店からは今枝大作さんの「インターナショナル」のトランペット演奏で始まり、寺谷宏さんの「原曲トロイカ」の歌唱と寺谷さんリードでの「早春賦」の大合唱があり、ピアノ演奏は田口順子さんで会場を大いに盛り上げました。
参加者は学術研究分野の各々斯界第一人者の方々、先生の学究に関連する方々、佐野書院(一橋大)サロンコンサート会員の方から、ご近所の方に至るまで実に多岐にわたり、誰とでもフランクにつき合われる先生のお人柄が偲ばれました。

講演の中で先生はクロポトキンの「人間は相互に助け合う事で今日まで生存してきた。」という人間の進化はダーウインの生存競争のみならず希望に未来を託すという相互扶助論について話をされたのが印象に残りました。
又、先生のご子息の田中ひかるさん(大阪教育大教授)が「インターナショナル」演奏に先立ち、「インターナショナル」は「パリ・コンミューン」の砲弾飛び交うパリの戦禍の中にあって未来へ希望を託す歌として生まれたとの解説がありました。

ともしび友情出演のあった素晴らしい自伝出版記念会でしたので内容をご報告させて頂きました。

3783.プレムアムな感動のコンサートでした!「ボニーと歌声の仲間たち」  
名前:早川    日付:2017年1月29日(日) 22時0分
1月29日(日)ともしび新宿店にて「ボニーと歌声の仲間たち」〜心に響く感動の歌声をともに〜が開催されました。出演メンバーの豪華さ、内容の充実さに対して会費のお得感から参加できた人はラッキーなプレミアムコンサートという感じを持ちました。
ボニージャックスは円熟味際立つハーモニーでしたが、加えて鹿島武臣さんと西脇久夫さんのトークで大いに楽しませて頂きました。南こうせつの「粉雪」は心に残る知られざる名品で新たにカバーされたら如何と感じました。ヨンさま(吉田秀行さん)の「ルイジアナ・ママ」他出色でした。

金指修平さんのチャップリンの「スマイル」他、修平さんの豊かな声量とマッチして聴き応えがありその歌の世界を堪能しました。
清水正美さん指揮のともしび合唱団の「アフリカの呼び声」「花をおくろう」他、合唱団のハーモニ―とメンバーの方々の素晴らしさを再認識しました。
川端清さんのシャンソンの名品「時は過ぎてゆく」は今われわれ世代の心に深く染み入りました。又「いずみたくの歌声ヒットパレード」楽しかったです。
エカテリーナさんはその歌唱力と自らデザインのファッションいつもながらにプレミアムでした。歌われた「秋の白樺林」は学生時代に旅した湯ノ湖(奥日光)湖畔の秋の白樺の情景が鮮やかに翻りました。

ご出演のボニージャックス、金指修平さん、ともしび合唱団、川端清さん、エカテリーナさん、司会の近藤卓さん、ピアノ演奏の神村晃司さん、田口順子さん、斉藤久美さん、事務局、スタッフの皆様方に感謝です。

尚、1月29日は西脇久夫さんの誕生日で明治座公演中のベイビー・ブーの皆さんから花束の贈り物があり、清水正美さんがベイビー・ブーに替わって西脇さんに手渡され、会場は西脇さんの誕生日を祝って拍手喝采に包まれました。

3782.たましま大歌声喫茶について  
名前:キクチャン    日付:2017年1月26日(木) 20時11分
今年はともしびさん&ベイビー・ブーさんが来られるので楽しみにしています。
恐れ入りますが、チラシをイベントの所に入れていただければと思いまして連絡させていただきました。
5〜6年ぶりに玉島や周辺の公民館などにポスターなど持参してお願いしました。お会いできる時を楽しみにしています。

3781.明治座で躍動する「ベイビー・ブー」感激でした!  
名前:早川    日付:2017年1月18日(水) 10時23分
1月17日(火)ともしび新宿店のマンスリーコンサート、春・秋の大うた、出前うたごえ等で、すっかりお馴染みのベイビー・ブーが出演する明治座での「由紀さおり特別公演」の5日目に行って来ました。
日本の劇場では140年の最長の伝統ある明治座での大舞台、そして芸達者、歌上手で知られる由紀さおりさんとマルシアさんとの共演で、ベイビー・ブーは大丈夫かとの若干の老婆心を持ちつつ行きました。
ベイビー・ブーのステージは要らざる心配を完全に払拭するもので、ベイビー・ブーは溌剌と躍動し見事に輝いており、由紀さおりさん、マルシアさんとの息もピッタリでした。

ベイビー・ブーが5年前初めてともしびのステージに立たれた時感じた、ホット(心温まる)なスタイリッシュ性(カッコよさ)が遺憾なく発揮されており、路上ライブでも大舞台でも真摯なプロとしての姿勢の変わる事のない流石ベイビー・ブ―でした。
「由紀さおり特別公演」は1月14日(金)から2月5日(日)まで明治座で、1部は柳橋料亭の人情物語の演劇「あなたがいれば」で、2部は歌謡ステージ「由紀灯りの歌たちよ」で、ベイビー・ブ―は2部に出演されますが、1部、2部共に見応えのある内容で、大輪の花開く由紀さおりさんとベイビー・ブーの大舞台鮮烈デビューを感じました。

3780.1.9「新春お楽しみタイム」楽しみました!  
名前:早川    日付:2017年1月11日(水) 15時34分
1月9日(月祝)ともしび新宿店の「新春お楽しみタイム」はロシア文化事情を知る日本の第一人者で、早稲田大学他の非常勤講師をされながら、ロシアの歌、シャンソン、日本の名歌等を精力的に歌い続けられている山之内重美さんのミニコンサートでした。
山之内重美さんの歌は演劇の素養をベースとした深い表現力で聴く人の心に染入るものでした。演劇の素養と云うと、ともしびの歌声リーダーの方たちがオペレッタ(音楽劇)やお芝居に取り組まれている事とご同様で、通じるものがあると思われました。
当日歌われた歌はメリー・ホプキンが「悲しき天使」として歌い大ヒットした、元々はロシアの歌で、ジプシーの歌でもある「長い道」。そして女性ソロで聴かれるのは初めてという方も多いと思われますが「郵便馬車の馭者だった頃」、一部ロシア語で「黒い瞳の」、そしてラストは心に残る異色のシャンソンの名品「アムステルダム」でした。
新春お楽しみタイムは1月31日(火)迄連日開催され、楽しみはまだまだ続きます。

尚、1.9当日「ともしび冬のページェント〜スキ―、温泉ツア―〜」の皆さんが解散後、長旅の疲れも感じさせずお店に駆けつけられて、ともしび新宿店はラストステージまで大いにもりあがりました。

3773.ご常連の田中克彦先生の出版物紹介させて頂きます。  
名前:早川    日付:2017年1月5日(木) 23時41分
ともしび新宿店をこよなく愛されているご常連の日本の言語学第一人者で一橋大名誉教授の田中克彦先生が「田中克彦自伝〜あの時代、あの人びと〜」を2016.12月平凡社から出版されました。

自伝を通して戦中、戦後から今日に至るまでの日本人の引き継ぎたい心象風景、折々の忘れられない心情を見事に描かれ、あの時代の人々の鎮魂歌であると共に、80歳を超えても人の心は、精神は何ら老いることはないと、次世代の私達、そしてこれからの人々を勇気づけてくれる本の内容でした。

先生は現在もともしび新宿店に足繁く通われ、「聖なる湖バイカル」「仕事の歌」などロシアの歌他を元気いっぱいに歌われています。
本は紀伊国屋新宿本店3階言語学コーナーで平積みされています。又、自伝出版記念会(先生の講演とパーティー)が2017.2.5(日)如水会館にてありますが、参加を希望される方は早川メール(kpshq650@yahoo.co.jp)にてご連絡願います。

*恐縮ですが、再び早川メールアドレスの入力ミス上記通り修正させて頂きました。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb