[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
ともしび掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





3742.10/10映画「沖縄ぬ思い」を観て、語る会、満席のお知らせ  
名前:ともしび「沖縄ぬ思い」上映実行委員会    日付:2016年10月10日(月) 6時11分
おかげさまで、表題の上映会は満席となりました。
当日券はございません。ご検討中であった皆様、申し訳ありません。
店内にスクリーンを設置するなどの条件から席数が限られてしまいます。
どうぞご容赦下さい。

3741.こちらこそ、ありがとうございました!  
名前:小川 邦美子    日付:2016年10月9日(日) 13時48分
no3739の青井様

『お昼のうたごえ』ご来店、ありがとうございました。
「フレンドリ―な雰囲気で・・・」嬉しく思います。

「広島県からのご来店・・・」と紹介してしまいましたが、他のお客様方も喜んでくださったようです。
早速、話し込みにいらした方も居たようで驚かれたと思いますが・・・それらも含めてフレンドリーと感じて頂ければ幸いです。

どうぞ、また、お会いできますように。

3740.映画「沖縄(うちなー)ぬ思(うむ)い」を観て、語る会(10/10)のご案内  
名前:ともしび「沖縄ぬ思い」上映実行委員会    日付:2016年10月8日(土) 12時21分
本掲示板3738にご案内しました映画「沖縄(うちなー)ぬ思(うむ)い」の上映会、お陰様で残席10となりました(10/8正午)。
ご検討中の皆様は是非お早目にお申し込みください。

物販をしてカンパをとの取り組みの中で、Tシャツ・手ぬぐいの在庫で名護に問い合わせをしたところ、事務所に在庫はなく、その足で工場まで走ってかき集めて送って下さいました。
同じく名護から最新のニュースも送っていただいています。
二日前に高江の工事現場で座り込みをした方も参加の予定です。
いろんな思いの届いた集いとなります。
お待ちしています。

上映実行委員会事務局 寺谷
(満席の場合は、どうぞご容赦ください。)

3739.有難うございました  
名前:青井 真三    日付:2016年10月7日(金) 20時1分
昨日 初めてお邪魔しました。広島在住ですが機会があれば一度行ってみたいと思っていました。お店に入って感じたのですが、とてもフレンドリーな雰囲気ですぐ溶け込みました。リクエストした曲も早速歌って頂き、又マイクの前にも立たせて頂き感激しました。本当にありがとうございました。娘と孫が船橋にいますので又機会を設けて皆様と一緒に歌いたいと思います。 小川邦美子さん、丸山あゆみさん とても楽しかったです。

3738.映画「沖縄(うちなー)ぬ思(うむ)い」を観て、語る会(10/10)のお誘い  
名前:ともしび「沖縄ぬ思い」上映実行委員会    日付:2016年10月4日(火) 15時58分
Original Size: 298 x 400, 46KB

沖縄で今何が起こっているのか。充分な報道がなされていません。
一方、辺野古や高江に住む人たちからは盛んに発信されています。
「沖縄の、日本の将来にとって大変なことが起きている!」

「事実を知り、語り合おう」と表題の上映会を行います。
名護市にある「あけぼの出版」が制作したドキュメンタリー映画で、全国の人に是非知ってもらおうと作られました。
ともしびの店に来店されたこともある瀬長亀次郎さんの貴重な映像も出てきます。
2年前に音楽文化集団ともしび有志で辺野古や高江に交流に伺ったメンバーを中心に実行委員会を立ち上げました。
日は近いですが、心からお薦めします。
(小さな会場ですので、必ず事前にご予約下さい。当日券の予定はありません。)

10/10(月祝) 新宿店にて 
11:30開場 12:00から15:00
1500円 (飲み物無し・持ち込み自由)
70席限定・事前予約制
上映後、フリートークの予定。ミニ物販コーナーあり。

問い合わせ●03-6907-2731ともしび 寺谷
●店でもチケットを取り扱っています。


3737.フォークソングの魅力を満喫しました「第10回フォークソングだけのうたごえ喫茶」!  
名前:早川    日付:2016年10月3日(月) 1時25分
10月2日(日)ともしび新宿店にて「第10回フォークソングだけのうたごえ喫茶」が開催されました。歌声喫茶全盛時代「ロシア民謡」「労働歌、革命歌」「山の歌」が3大ジャンルと云われましたが、団塊世代そしてそれに次ぐ世代に圧倒的支持を得た60年代後半から70年代にかけてのフォークの名曲を今フォークソングだけのうたごえで大合唱する時、フォークは現在のうたごえの新たな柱という感じを持ちました。
一人で歌うより大勢で歌う方が楽しいフォークソングの魅力を存分に引き出して頂いた司会、歌唱リードの津田伸子さんと間下邦彦さん、そして斉藤隆店長、中谷英一郎さん、水町友二さん、TOM(Tは武田光昭さん)の皆さん等の7台のギターが奏でるフォークの演奏は壮観で、正にフォークソングだけのうたごえでしか体験する事の出来ないフォークの魅力を満喫する事が出来たことに感謝です。

因みに当日歌われた歌は当日用別歌集から「ささやかなこの人生(風)」「てんびんばかり(河島英五)」「恋(松山千春」「東京(マイペース)」「冬が来る前に(紙風船)」「僕の胸でお休み(かぐや姫)」「夢の中へ(井上陽水)」他、ともしび赤の歌集から「結婚しようよ」「冬の稲妻」「22才の別れ」「青春の影」「遠くで汽笛を聞きながら」「妹」「さらば青春」「サボテンの花」他、緑の歌集から「なごり雪」「神田川」「時代」「翼をください」他でした。

3736.マリンバの木の音色に包まれながら、300人で歌いましょう!  
名前:廣瀬めぐみ(ともしび伴奏者)    日付:2016年10月2日(日) 18時11分
ともしび伴奏者の廣瀬めぐみです。
昨年からともしびで週1回ほど伴奏しているのですが、それ以外でも地元の横浜でうたごえを主催したり、イベント企画をしたりしています。
年1回のスペシャルイベントを今年も企画していますので、この場を借りてご案内させてください。
普段は伴奏者の私ですが、このイベントの言い出しっぺとして、前に出て司会をします!


みんなで歌おう!
〜健康歌声サロンスペシャル2016秋〜のお知らせ

歌好きシニア世代集まれ!
会場のみなさんが主役です。
歌が得意な人も、苦手な人も
声の大きな人も、小さな人も
ホールで300人で思いっきり歌いましょう♪
気持ちよく歌えば、気分もスッキリ爽快です!

♪♪♪みんなで歌おう!の見どころ聴きどころ♪♪♪
・伴奏は、マリンバ・パーカッションとグランドピアノの生伴奏でお届けします。
うたごえ×マリンバはなかなか聴けない組み合わせ。
温かい木の音色に包まれながらみんなで歌いましょう。
・パーカッション奏者、村上響子さんはじめ、出演者3人のお楽しみ演奏ステージつきです♪
クラリネット×ビブラフォン×ピアノでジャズの名曲を演奏します。
・歌詞はホールに大きな文字で投影しますので、小さい文字が見えにくくなった方も安心。歌本は不要ですので、どうぞ手ぶらでいらしてくださいね。
・「みんなで歌おう!」は、車イス席を4席、歩行器・杖の方のために段差のない優先席を20席用意し、福祉経験のあるスタッフも常駐していますので、会場での移動に不安のある方も、どうぞ安心していらしてください。
・私たちは、みなさんが「口ずさむ」くらいではまだまだ、と思っていて「何だか巻き込まれるうちに、思いっきり声出して歌っちゃってたわ!」と思ってもらえるようなステージをめざします。

当日みなさんとご一緒できることを、出演者・スタッフ一同心待ちにしております♪


●日時:10/13(木)14:00〜16:00(開場13:30)
●場所:みどりアートパーク
(田園都市線・横浜線 長津田駅から徒歩3分)
●料金:前売り1500円(当日2000円)
●出演:廣瀬めぐみ(司会)、鈴木絵里(ピアノ)、村上響子(マリンバ・パーカッション)
●プログラム
・日本の歌、季節の歌を歌いましょう
・歌で脳トレーニング
・お楽しみ演奏ステージ
・音楽にのって身体ほぐし
・懐かしの曲、昭和の名曲を歌いましょう


【前売りチケットについて】
1、みどりアートパークホール受付か、デイサービスのサロンド鹿鳴館で購入。
みどりアートパーク(9:00〜21:00)
サロンド鹿鳴館(祝日含む平日9:30〜17:00のみ)
2、前売りチケット申し込みフォームからお申し込み。
http://www.utaban.org
3、メールでのお申し込み
utagoe.midori@gmail.comに
・氏名・チケット枚数
・電話番号・住所
をメールをお願いします。

※前売り券が完売の場合、当日券は発行しません。
※車イスをご利用の方は、スペースに限りがあります(先着4名様)事前にご連絡ください。

【お問合せ】
090-6424-6347(廣瀬)
utagoe.midori@gmail.com

主催:緑区健康歌声サロン運営会
後援:長津田商店街協同組合 栄通り商店会
協力:横浜市緑区役所 うたごえ喫茶ともしび サロンド鹿鳴館 ふれあいサロン長津田みなみ台

〈この事業は緑区役所との協働事業です〉
この事業は、地域の課題をビジネスの手法で解決する「ソーシャルビジネス」として、平成28年度緑区チャレンジ提案事業に採択されました。

http://www.utaban.org

3735.新宿フィールドミュージアム  
名前:ともしび新宿店    日付:2016年10月1日(土) 15時2分

本日10月1日から11月までの2ヶ月間、ともしびも参加している「新宿フィールドミュージアム」があります。
「新宿フィールドミュージアム」とは、この期間中、新宿区内で実施される文化イベントを通して、新宿のまちの魅力を想像・発信するイベントです。新宿区と日本実演家団体協議会(芸団協)が中心となり、様々な区内の文化団体で構成する「新宿フィールドミュージアム協議会」が主催しています。
新宿区内で繰り広げられる、音楽・美術・演劇・伝統芸能・パフォーマンス・町歩き・歴史探訪幅広いジャンルのイベントからなる「新宿フィールドミュージアム」を通して、新宿のまちを楽しんでいただきたいと思います!

ともしびは、10月2日「フォークソングだけのうたごえ喫茶」、10月4日と11月1日の「ボニージャックス〜歌の広場」、そして11月20日に新宿文化センターで開催される「ともしび秋の大うたごえコンサート」で参加しています。

ガイドブックは、ともしびの店内で配布していますので、ぜひ手にとってご覧下さい!
また、お楽しみのひとつとして、スタンプラリーを実施しています。ガイドブックやチラシに応募方法があるので、ぜひ挑戦してみてください!
ともしびでは期間中いつでもスタンプは押すことができますよ!
https://www.sfm-shinjuku.jp

3734.楽しみました!うたごえ喫茶ともしびのテレビ出演!  
名前:早川    日付:2016年9月28日(水) 23時29分
歌声喫茶全盛の最後の時を知る団塊世代が定年を迎え、又、育児家事から解放された女性が若干時間を得た事により、この数年来うたごえ喫茶復活、第2のうたごえブーム到来と喧伝されテレビ取材も途絶えることなく続いていますが、9.23放送のBSジャパン武田鉄矢の番組と9.28放送日本テレビのヒルナンデスは今迄と一味違って興味深く、うたごえ未体験者にとっても興味と関心を惹くものだったと思われます。

武田鉄矢の番組の方は、司会進行の武田鉄矢さんがうたごえの知識はあるがうたごえ未体験と思われ、未体験者がうたごえ映像とゲストの清水正美さん、西脇久夫さん、芹洋子さんの話からうたごえに魅かれていく様子が面白く、又、歌声喫茶発祥から今日までのうたごえ喫茶を判りやすく紐解いていく内容でした。
又、ヒルナンデスの方は、逆にうたごえの予備知識のないタレントの森口博子さん、ハリセンボンさん、團遥香さんが、うたごえを知らない視聴者になり替わってのうたごえの突撃体験で、うたごえ初体験のタレント3人が来店客共々、大いにうたごえ喫茶を楽しみ満喫されている様子が小川邦美子さんの司会を得てよく伝わってくる内容でした。

番組をきっかけに、一人でも多くの人に老若男女、そして世代を超えて、カラオケにはない大勢で心響く歌を歌い交わすことにより、心洗われ明日への元気が湧いて来るうたごえの楽しさを知ってもらえれば素晴らしい事だと感じました。
また昭和を、昔日を懐かしむだけのものでなく、今に生きるうたごえ喫茶として更にうたごえの良さが生々発展して行けば、日本の大衆文化継承としても大変意義深い事と感じました。

3733.〉3732.「ともしびの大ファン」様  
名前:ともしび合唱団    日付:2016年9月26日(月) 11時59分
書き込みとお祝いの言葉をありがとうございます!
「我らの仲間」と「平和のうた」(ショスタコーヴィチ作曲)の2曲、皆で「今こそ!」の思いで精いっぱい歌いました。たくさんの方と思いを共有できたと思います。11月の全国祭典は、残念ですが、員数がそろわず辞退しました。東京代表にふさわしい団体が代わって参加して下さいます。
店で、出前先で、秋の大うたごえコンサートで、思いを込めて歌います!是非、歌い交わしましょう。

3732.ともしび合唱団 全国(愛媛)へ !! おめでとうございます!!  
名前:ともしびの大ファン    日付:2016年9月26日(月) 2時11分
9月24日(土)調布グリーンホール大ホールで、行われた東京のうたごえ合唱発表会(一般の部B)で、見事全国大会(愛媛)の推薦団体に選ばれました。
指揮清水さん、ピアノ田口さん、アコーディオン村口さん、合唱団員の皆様おめでとうございます!!
全国大会(愛媛)での活躍を期待しています。

3731.テレビ出演のお知らせです!  
名前:ともしび新宿店    日付:2016年9月21日(水) 14時21分
Original Size: 363 x 265, 60KB

先日、2つの番組から取材がありましたが、そのオンエアのお知らせです!

ひとつは、BSジャパンの『武田鉄矢の昭和は輝いていた』です。
9月23日(金)の21時からのオンエアです。
これは約1時間の番組ですが、テーマがまるまる「歌声喫茶」です!お店の取材ロケもあったし、ともしびの清水正美が、武田鉄矢さん、ボニージャックスの西脇久夫さん、芹洋子さんとスタジオでのトークなどもあり、うたごえ喫茶ファンは必見です!!

もう一つは、日本テレビの『ヒルナンデス』です。
オンエアは9月28日のお昼の12時からです。当ブログでもご紹介しましたが、お店にハリセンボンさん、森口博子さん、團遙香さんがご来店されて、ほんとに楽しいロケでした!

ぜひ、二つの番組、ご覧になって下さいね!!


3730.さっそくのチケットお申込み、ありがとうございました  
名前:ともしび秋の大うたごえコンサート事務局    日付:2016年9月20日(火) 7時13分
昨日9月19日、「ともしび秋の大うたごえコンサート」チケットの発売を開始いたしました。
一日でともしび新宿店、事務センターあわせて、全席数の3分の1にあたる372枚のお申し込みをいただきました。ともしび一同、心より御礼申し上げます。
事務センターにお申し込みの方のお席は、先着順に前の方から指定させていただいております。お席についてのご希望をお伺いした場合はなるべくそのように配券しておりますが、
席数が限られておりますため、ご要望に沿いきれないこともございます。
ご了承をお願いいたしますとともに、これからご購入予定の方、参加をご検討中の皆様には、ぜひ早めのお申し込みをお願いいたします。
お知らせしております通り、今回は30分、8曲の「ロシアの歌特集」を予定しています。1000名が歌い交わすうたごえステージとあわせて、ともしびメンバー100名の演奏もお楽しみいただければ幸いです。
皆々様、11月20日新宿文化センターに、「この秋最大」のうたごえを響かせましょう!!

3729.今回も楽しみました!「‘60年代〜‘70年代歌謡曲だけのうたごえ喫茶」PART11  
名前:早川    日付:2016年9月19日(月) 10時24分
9月18日(日)ともしび新宿店にて「‘60年代〜‘70年代歌謡曲だけのうたごえ喫茶」PART11が開催されました。スタート時、歌謡曲をうたごえで?と思いましたが、思えば’60年代〜70年代、国民的行事と云われたNHK紅白歌合戦では驚異的視聴率70%台、80%台を叩き出し、正に歌謡曲が多くの国民大衆に受け入れられた時代でした。当時、歌謡曲が大衆を和ませ、憩わせ、又励まし日々の生活を潤いのあるものとしてくれたように思います。
上手いも下手も関係なく大勢で歌う楽しさを共感できるうたごえの場で、歌謡曲の魅力をいっぱいに引き出して頂いた司会の金指修平さん、津田伸子さん、ピアノの田口順子さん、スタッフの方々に感謝です。歌謡曲だけの司会は今回山口巡回公演の清水正美さんに替わって津田さんの初司会でしたが、入念な自己特訓を経て清水さんの絶好調さをキープされ、修平さんと大いに会場を盛り上げられました。

因みに当日歌われた歌は当日用特別歌集から「黄昏のビギン」「小指の想い出」「恋のバカンス」「人生いろいろ」「嫁に来ないか」「二人の銀座」「生きがい(由紀さおり)」「伊勢佐木町ブルース」「恋のフーガ」「かもめが翔んだ日」「黒い花びら」「他人の関係」「草原の輝き」「こんにちは赤ちゃん」「夢で逢いましょう」「可愛い花」「あんたのバラード」「オレンジの雨」「小樽の人よ」他で、永六輔、中村八大の六八コンビ、ザ・ピーナッツを偲んでの歌が多く選曲されました。ともしび赤の歌集からは「女ひとり」「街の灯り」「また逢う日まで」「君といつまでも」「てんとう虫のサンバ」「秋桜」他、緑の歌集からは「誰もいない海」他でした。

3728.楽しみました!日本のうたごえ祭典に向けての「新宿のうたごえ合唱発表交流会」  
名前:早川    日付:2016年9月12日(月) 13時23分
9月11日(日)牛込箪笥区民ホールで「新宿のうたごえ合唱発表交流会」〜日本のうたごえ祭典㏌えひめ参加〜が開催されました。日本のうたごえ祭典の東京地区代表選定へ向けての新宿区予選ともいうべき位置づけでしたが、「ともしび合唱団」は新宿区代表の5チームに見事選抜されました。新宿区は「中央合唱団」や「合唱団白樺」他の錚々たる歴史的合唱団が多い激戦区で新宿区の代表に選ばれる事は並大抵の事ではないと思われます。
「ともしび合唱団」が歌われた歌は「我らの仲間」と「平和の歌」(ショスタコビッチ作曲)でした。
「皆で歌いましょう」のうたごえタイムではともしびから寺谷宏さんと佐藤利恵子さんの司会とともしび合唱団の応援参加で楽しく盛り上がりました。ゲストは南部勇木さんのジャズ演奏で「平和に生きる権利」のジャズアレンジ他で聴衆の皆さんは熱心に聴き入っており大いに楽しまれている様子でした。
ともしび合唱団の指揮は清水正美さんが「ともしびバラエティ劇場」の山口県周南地域の巡回公演中でしたが、津田伸子さんが見事に代行を務められました。清水さん他の山口巡回公演便りが楽しみです。

尚、9月11日ボニ―ジャックスの西脇久夫さんがともしび新宿店に来店され、「ボニーさんとブー」のレコーディングが無事終了したことをお聞きしましたが、ともしび新宿店で絆を培われたボニージャックスとベイビーブーを結ぶ記念碑的作品になると思われCD発売が今から楽しみです。

3727.森口博子さんがTV取材でともしび新宿店に来店!  
名前:早川    日付:2016年9月8日(木) 21時58分
9月7日(水)ともしび新宿店でTV取材(9.28放送予定日本テレビ「ヒルナンデス」)がありましたが、取材陣にハリセンボンさんと團遥香さんに加えて森口博子さんがいた事に驚きました。
森口博子さんは紅白出場6回の実力歌手で、1992年紅組トップを切って奥居香作曲の「スピード」を歌われた事が鮮烈な印象として記憶に残っています。又1993年紅白では安室奈美恵他のスーパーモンキーズをバックダンサーとして「ホイッスル」を歌っています。現在は「Iwish〜君がいるこの街で〜」を精力的に歌われていますが心に染入るよい歌です。
ともしび新宿店では放送されるかどうかわかりませんが、赤の歌集から「赤いスイートピー」をソロで熱唱されました。森口博子さんが取材と雖もともしび新宿店に来店された事が嬉しく紹介させて頂きました。

3726.新宿区にお住まいの方へお詫びと訂正  
名前:秋の大うた実行委員    日付:2016年9月5日(月) 13時59分
本日9/5発行の「広報しんじゅく」に11/20開催の「ともしび秋の大うたごえコンサート」の案内の記事が掲載されましたが、チケット発売日の記載が漏れていました。

チケットの発売は
9/19(月・祝)午後3時から

となります。

これより前のお申し込みは無効ですのでお間違いのないようお願いいたします。

新宿区にお住まいの方にはご迷惑をおかけし、大変申し訳ありませんでした。

以後、間違いのないよう努めてまいります。

9/19はたくさんのお申し込みを実行委員一同楽しみにしております。

3725.ロシアの歌のよさを実感した「ロシアの歌だけを歌ううたごえ喫茶PART16」でした!  
名前:早川    日付:2016年9月4日(日) 23時24分
9月4日(日)「ロシアの歌」だけを歌ううたごえ喫茶PART16がともしび新宿店で開催されました。
当シリーズはスタート時盛況で,その後少しお客さんが減った時期もあったように思いますが、此処に来てほぼ満席の盛況が続いているように感じます。先日7月23日にともしび合唱団を始めとする全国23の合唱団と国立モスクワ音楽院室内合唱団が参加して、合唱・民族楽器・舞踏による「第3回ロシア音楽祭」が新宿文化センタ大ホールで盛況裡に開催されましたが、熱心なロシアの歌愛好家のすそ野が、今回のPART16と併せて予想以上に広い事を感じました。
日本人の心の琴線に何故か触れるロシアの歌の抒情的メロデ―、そして哀しみの歌、歓びの歌、愛の歌、人生の歌と多彩なロシアの歌の数々は、聴くと心にしみじみと残り、又大勢で歌うに相応しくロシアの歌はうたごえの原点と改めて感じました。
ロシアの歌の良さを会場いっぱいの大合唱で感じさせて頂いた司会歌声リーダーの小川邦美子さん、金指修平さん、ピアノの小松原奈々子さん、アコーディオンの中西たみ子さん他スタッフの方々に感謝です。

因みに当日歌われた歌は当日用特別歌集ファイルから「僕らは戦争を望んでいるか」「夜は暗い」「囚われ人」「青いプラトーク」「壕舎の中で」「けし」他、ともしび緑の歌集からは「ロシア私の故郷」「バルカンの星の下に」「心騒ぐ青春の歌」「ごきげんよう」「郵便馬車の馭者だった頃」「同志よ固く結べ」「同志は斃れぬ」「丸顔の娘」「小さい部屋」「すずらん」「ジグーリ」「古きぼだい樹」「風よ歌え」「国際学生連盟の歌」他、1番ロシア語は「二つの岸」「黒い眸」「波止場の夜」「ともしび」「カチュ−シャ」「モスクワ郊外の夕べ」他でした。
蛇足ながら、私はうたごえで初めて聴く歌に出会うと至福の喜びを感じますが、今回は「壕舎の中で」と「けし」で今回一番の収穫の歌でした。
11月20日(日)ともしび秋の大うたごえコンサートでは、通常のうたごえ3ステージの他にともしび100人の合唱隊と器楽演奏による「ロシアの歌」特別ステージがありますが今から楽しみです。

3724.ご参考までです。  
名前:湘南ライン    日付:2016年9月2日(金) 23時4分
>次回からは歌謡曲としてお話したいと思います。

横レス失礼致します。石垣さん、久吉さん投稿を有難うございます。ご参考までです。
「青春は雲の彼方に」は「はたちの詩集」や[次男坊鴉」で50年代後半、青春歌謡、股旅歌謡等を歌う人気の流行歌手だった白根一男が歌った歌です。1957年12月にレコード発売されたヒット曲ですが、ラジオ歌謡等で取り上げられるよりも、山の歌として山小舎で或いは歌声喫茶で60年の長きにわたって歌い継がれてきた名曲だと思います。
歌謡曲の歌手が歌った歌なので歌謡曲といっても間違いではないですが、歌のジャンルから言えば、以下の詩からも、歌い継がれてきた状況からも山の歌のジャンルでよろしいかと思います。
♪山に憧れ、山脈越えて 遥かに見下ろす花咲く村よ
ヤッホー ヤッホー呼べば応える明るいこだま
あゝ青春は流れる雲の彼方に♪

何よりも現在も、ともしび新宿店で「山の歌だけを歌ううたごえ喫茶」で取り上げられる人気曲であることが、山の歌であることを現実に示していると思われます。
歌に纏わる様々なお話は興趣が尽きないもので、月刊ともしびの中西明さん執筆の2016年9月で172回に及ぶ連載「うたの世界から」を毎号楽しみにしております。

3723.久吉様  
名前:石垣美恵子    日付:2016年9月1日(木) 22時12分
いつもお世話になっております。
「青春は雲の彼方に」の件をお調べ頂き、ありがとうございました!
次回からは歌謡曲としてお話したいと思います。
これからも宜しくお願い致します。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb