[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
古代史掲示板2(荊のキシ)
みなさんのご意見お待ちしています。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



310.腰をすえてかかりましょうよ 返信  引用 
名前:岡本豊    日付:2007/3/2(金) 23:18
紀氏さん

彼らを女真族と呼んだのは中国側ですよね。周到に建国の準備をしたヌルハチは中国側が彼等につけた「女真」という呼び方が嫌いで「満州」と改名したと言われます。これは、その昔九州を中心に西日本に住んで居た私たちの先祖が中国では「倭」と呼ばれていたのを「日本」と改名したのと相似形ですね。女真族は、その昔遼を滅ぼして中国の北半分からロシアの沿海州、ハバロフスク州、マガダン州にも跨る一大北族王朝の金を建国、さらに後年明に攻め込んで征服王朝の「清」を作りました。

しかし、満州国の建国は満州族のイニシャティブではなく、日本の意思によってなされました。溥儀執政が自ら自前の独立運動を起こして日本に支援を依頼してきたのではないですよね。

これは国際法上大変に難しい問題であるのは、当時のリットン卿調査団の報告を見ても分かります。時代々々の常識というものがあるとすれば、第一次大戦も終わりを告げ戦火に疲弊した西欧諸国の間では平和志向が強くなっていました。その上、当時西欧列強が自分たちのお手盛りのアジア分割合競争もほぼ終盤に近づいていて、そろそろ血生臭い手を洗って「紳士面」をして世界平和を名乗ろうとしていたのです。

ところが国際感覚に乏しい当時の日本は(今は?)遅れ馳せながら何とかして東アジア分割のおこぼれに預かろうとして動いたのが満州事変だったを私は見ています。その上、当時の日本の指導者は悪粘りをしてしまった。まるで今日の何処かの大統領みたな悪粘りをです。その挙句中国にまで「大サージsurge」(日本が使った「進出」という言葉によく似てますね)してしまった結果、日本の対中戦争はイラクのように泥濘化してしまったのでした。私はいま中東の戦火がイランにまで飛び火しないことを切に願っています。

いまこそ20世紀の世界史は根本的に書き直されなければなりません。そして、この運動に先鞭をつけ、誰もが納得できる21世紀の世界史を組み立てる歴史的資格、いや責務を持つのは日本だと考えます。
http://www2.ezbbs.net/10/oiarijapan/

309.まとまりませんが・・・ 返信  引用 
名前:紀氏    日付:2007/2/23(金) 0:5
満州の地に「五族」(日本・朝鮮・満州・蒙古・漢民族)、
http://bbs5.cgiboy.com/p/54/02899/

イスラエルの民は出エジプト後 世界の情報収集の為 移動を繰り返し「鳩」(伝書鳩?)を持参・・・・妄想(^^;;) 神社に鳩?
神の安息の約束とそれに従わなかったイスラエルの民 ... のメリバやマサで、というのは、イスラエルの民が神に対し、不平を言ったために付けられた地名である。 奴隷であったエジプトを脱出した後、イスラエルの民は、 …東の地の果て 日本を 「安息の地」として「定住」(日本の測量の目処がつくまでの)・・・・後に太平洋の測量に向かった。
「補陀落渡海」
http://www.sakai.zaq.ne.jp/piicats/hudaraku.htm

これが、世界で迫害を受けている全てのユダヤ人にとっての「約束された安息の地」の実体なのである。 ...
http://www.ngy1.1st.ne.jp/~ieg/ieg/inter/vol5-3/ikegami.htm

300.清談掲示板からの移転 返信  引用 
名前:岡本豊    日付:2007/1/23(火) 17:29
非縄文種渡来者さん

あなたからの「談合」メッセージ 引用

(1)「日本の武家社会に胎動していた明確な自我意識、権利意識、平等意識、そして遂に「下克上」の価値観」・・、・・これは「侵略」
「元」 モンゴル的 「騎馬民族」の思考と考えます。

「話し合い」の「目的」の談合に応じていただきましたね。ありがとうございます。勿論、仰せの通りこれは私の言葉を使えば「北族的」な文化であり、北東アジアから日本に伝播し、日本独自の展開を見せたものです。ただ、モンゴル的「騎馬民族」とは大きな相違があって、日本ではこれが南からの水田稲作を伴う農耕民族の文化と融合して、全く新しい文化である武家文化としての「イエ文化」が創造されたのでした。
その結果、東国の開発領主の場合は自分の一族が開発した、水田稲作と育馬畑作を併合した領地を「一所懸命の地」と呼んで、一族郎党が先祖代々守り抜き、育て上げねばならない自然環境だと観念したのでした。


(2)定住型の「農耕民」 移動型の「遊牧民」「農耕民」は守り。「遊牧民」は攻め。勝者は攻めの「遊牧民」。「遊牧民」は攻め。その土地に愛着を持たず、利用できるだけ利用したら新天地に移動。

ですから、日本の武家社会文化は、アジア大陸のそれとは本質的に異なります。「移動型」ではないのです。源平合戦を勝ち抜いた源氏は関西に移動したかったですよね。鎌倉にもどり幕府を立てましたよね。しかし源氏一族は余りにも京都の貴族文化への傾斜を深めたので滅亡し、北条一族が取って代わります。その後の室町時代も京都の貴族文化への同化の故に消滅します。そのアンティテーゼが、再び関東に戻った徳川幕府です。

武家社会の文化は「遊牧民」のそれでも「農耕民」のそれでもありません。日本独自の地縁型複合文化です。この文化が西欧諸国に遅れていると自ら誤認した明治日本は盲目的な西欧追随の「鹿鳴館型」近代化をやりました。そして、当時の西欧帝国主義列強のそれこそ「狩猟民的」なアジア進出を目のあたりにして、昭和日本は自らの騎馬民族的本能に目覚め、韓国の併合の彼方に見えていた満州国建設から中国侵略という「北族的略奪行為」を伴うアジア型帝国主義の時代に突入したのでした。

ここまではいかがですか?

岡本

追記

私の「私の心の旅路」の第二部が下記のURLでご覧になれます。

http://www.michaelbroadcast.net/syakaichannel.htm
http://www2.ezbbs.net/10/oiarijapan/



307.Re: 清談掲示板からの移転
名前:しも    日付:2007/2/21(水) 0:49
談合文化と日本人集団の基本行動論理、これからも分析を続けていきたいところです。みなさんの御意見お待ちしています。


308.Re: 清談掲示板からの移転
名前:岡本豊    日付:2007/2/21(水) 17:2
「歴史問題」フォーラムの皆様

昨年の秋以後このフォーラムに参加させて頂いている岡本です。
「歴史問題」というのは大変に根の深いテーマで、私もここ数ヶ月いろいろと考えさせられておりました。

我々日本人にとっては、日本の歴史の根っ子のところが問題になるわけですが、これを「邪馬台国」は本当は何処なのとか、「大和王朝」の継続性に対する疑義といった過去の路線の延長では解明できないことが次第に明瞭になってきています。

私は今一度ベーリング海陸橋の時代にまで遡りたいと考えます。今の満州や沿海州やハバロフスク州、マガダン州といった北東アジア地域の先住民族の間には、わざわざチュトコ半島経由でベーリング海を越える移動よりも、手近な日本列島への移動を選んだ人たちも多かったに違いありません。

今日もそうであるように、日本列島は東アジアで最も農業、特に水田稲作に適した自然条件を備えています。この情報は太古の時代でもいちはやく口コミで大陸に伝わったに違いありませんし、現在の北朝鮮の農業環境を見ても、緯度と暖流の関係は明瞭に日本列島を「うまし国」、「瑞穂の国」だという認識とイメージを大陸(半島を含む)側に生み出したことは大和朝廷が組み立てた位階神話でも明らかです。

私は明後日アメリカに行きます。その重要な仕事の一つはアラスカに行ってアラスカ先住民連合会と会議をすることです。今回は、ベーリング海陸橋の時代に帰ってユーラシア大陸と新大陸の間の古アジア民族の血をひくアジア系諸族の間での文化交流プロジェクトをウエブサイトで立ち上げるのが目的です。すでに女真族の末裔のウデヘ族の現状に関しては下記のURLでご覧になれます。

http://www.michaelbroadcast.net/parap/

3月1日に帰りますので、またご連絡させていただきます。

岡本 豊
http://www2.ezbbs.net/10/oiarijapan/

301.それが「愛」だから。 返信  引用 
名前:紀氏    日付:2007/1/23(火) 18:54
岡本さんの「私の心の旅路」拝聴しました、エスキモーやネイティブアメリカンの社会が人類の理想社会と感じました。
私は「社会主義」が理想の社会と思いますが、あるレベルまでは「資本主義?競争社会」が人類の貧困感を無くすレベルまでは必要と思います。
「資本主義」は人間の「欲望」の命ずるままの「弱肉強食」自然界の生き残りの法則(進化の歴史)と思います。
人類が進化した証明 結論が「社会主義」では、と思いますが「社会主義」のとらえ方が人により大差が有ることに困惑しています。
↓ は、資本主義経済のトップの方に考えて欲しい・・・愛ある生き神に変わって戴きたい、エデンの園は貴方方のこころに委「ユダ」ね られて います。

神の過ち
 人間は、神に似せて造られました。
神は、人類の繁栄を喜ぶはずでしたが、人類は豊かさが当然と思い神への感謝を忘れてしまいました。多いに怒り人類に災いをふりかけました。
神は多いに怒り人類に災いをふりかけました。
人類は、災いを恐れ神に生贄を捧げました。
神は満足しました。
「ハッ!」神は気づきました、「いかん いかん、これでは悪魔と同じではないか。」
無償の愛こそ神の証、人類が神を崇拝せずとも見返りを求めては成らない・・・・

神に近づこうと権力に執着していた「ユダ」は、資産を人類の平和の為に使いました そして人類は「所得格差も身分格差もない社会」で幸せに暮らしました。・・・目出度し 愛でたし。



302.Re: それが「愛」だから。
名前:紀氏    日付:2007/1/26(金) 21:31
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%80%80%E4%B8%8D%E4%BA%8C%E5%AE%B6&lr=

297.考 楽園 失楽園 返信  引用 
名前:紀氏    日付:2007/1/17(水) 19:5

禁断の果実「林檎」
林檎と一緒に保管すると林檎から出るガスに因って熟成する。
http://seishikaikan.jp/sy2page11.htm
人参・林檎・蜂蜜ジュース
 【薬効】体力回復、強精、冷え性。
 【作り方
 人参と林檎を良く洗って、皮ごと擂り卸したジュースに蜂蜜を加えて常用すると、体力を補い精力が増す。毎日100g以上の人参・林檎・蜂蜜ジュースを常用すると良い。
産めよ、増えよ、地に満ちよ。
http://www.asahi-net.or.jp/~zm4m-ootk/4noa.html
・・・・そして地球は人類の為に自然界のバランスを崩した。
 人類の増殖に自然界の需要と供給のバランスが崩れたのだ。
自然界には、自然淘汰によるバランスを保つシステムが存在している。
人類の天敵が存在しない現在、天災による自然界の再編(ノアの大洪水)を自然界は、インプットしている。
地球温暖化による氷の凍解、水量の増加・・・海水の増加・・・水圧の上昇により水圧の上昇・・・プレイトの移動(地殻変動)。
地震、火山噴火・・・・噴煙による太陽光の遮断・・・・寒冷化。
繰り返し。



298.Re: 考 楽園 失楽園
名前:岡本豊    日付:2007/1/17(水) 22:59
棘の紀氏さん

まさに「悪夢の悪循環」ですよね。
北海道にルイベという鮭の加工食品があります。アイヌの伝統加工技術で自然凍結加工です。
これに関して私がアラスカ在住期に経験したおもしろいエピソードがあります。
エスキモーの住むベーリング海以北の沿岸地域では大小の無数の川や湖があり、そこには我々の想像を絶する豊かなサケマス系資源が息づいています。日本人の私は、いつも釣竿、醤油、練りわさびを携帯して釣り上げた大型の岩魚や野生の虹鱒を生き造りにして賞味するのを楽しみにしていました。
ところがある日、私の親しいエスキモーの友人が「あなたに何時か言おうと思っていたのだが、私の村ではあなたは野蛮な人だと言っているよ」と言うのです。
なぜかと聞くと、彼の答は「岩魚や鱒やさけは、寄生虫が多くて、生食には一度凍らせてから食べるのが常識なのに、あなたは鮮度、鮮度と言って生きてる魚をそのまま食べるのはエスキモーにとっては野蛮なんだよ」というものでした。
私はこの瞬間に北海道の「ルイベ」とそれをレシピ化したアイヌの人たちの文化の意味を理解したのでしたが、和人の北海道ではこのことの真意が今日でも理解されていないようです。北海道を含む日本国中の江戸前すし屋では冷凍さけと生鮭の区別はされていません。これに加えて、輸入のノールウエー鮭は全て養殖で、出荷前に人口的に飼料に染め粉を混入して着色しているのだという事実も日本では報道されていません。

紀氏さんのおっしゃる災害の悪循環に加えて、人為的な愚行も悪循環を続けているようです。

岡本


299.Re: 考 楽園 失楽園
名前:紀氏    日付:2007/1/18(木) 19:3
愚かな繰り返し。
古代の温暖化は焼畑 遊牧民の牧草地の確保?測量の為視界を良くする為?地球の砂漠化は森(杜)密林の焼却かも?現代社会でも続いている。
ゾロアスター教
また、ベツレヘムの馬小屋で産声をあげたイエスのもとに訪れた東方の三博士はゾロアスター教の聖職者(マギ僧)でした。 ... なぜならゾロアスター教はオリエント世界におけるもっとも古い創唱宗教の一つであり、

正統キリスト教と対立  グノーシス主義
ゾロアスター教 鳥葬はゾロアスター教の葬儀である
http://www006.upp.so-net.ne.jp/whitey/esoteric_text/zoloaster.htm
出雲では大昔鳥葬の習慣があったみたいだから、やっぱり鳥も神様だったのでしょう
出雲 ... ある程度の時代まで、身分のない人々は風葬(実質的に鳥葬)だったそうです
イザナミノミコトが産褥で亡くなる原因となった【火の神】(怒ったイザナギに切り捨てられて死んだ)のお墓もあるという伝承もあるようです
、「死の国」である熊野を象徴するのがヤタガラスであるということは、熊野が死の国であったという信仰の証だとも考えられるのではないかと思います。
http://kazenofu.jugem.jp/?eid=33
山東半島は三苗文化の影響下にあって、長江流域の楚文化や原始道教、青銅器埋納風習ともつながり鳥葬風習をもっていたことも納得できる。 ... 神武は出雲攻撃に際し伽耶の反撃を押さえたい、辰韓が伽耶を牽制してくくれば助かる。 ...
http://www.asahi-net.or.jp/~vm3s-kwkm/kodai/kk12.html
・・・・・纏まらない・・・トホホ (;_・) 

286.岡本様はじめまして 返信  引用 
名前:とみた    日付:2007/1/2(火) 19:49
岡本様 はじめまして 千葉のとみたと申します。

渡来人会の常連発言者ですが、古代史はまだ丸三年を終了した段階です。

でも余命は必ずしも永くないと思って、私は古代史と宇宙というテーマを余生のターゲットとしてあらゆる機会を捉えて勉強して居ります。

その間、シルクロードや中国の古代遺跡を訪ね、飛鳥・九州・関東・葛城・紀州をめぐって古墳や博物館を見てまわっております。

どうぞよろしくお願いします。

大学ではバイオの遺伝学とかDNAのはしりを学び、社会人になって流通と情報のコンサルタント稼業に転進しました。

私はお説の北方系の扶余、高句麗などの騎馬民族の影響を日本では受けているという考え方に概ね賛成です。

後漢や五胡16国の時代の専門書を調べております。

この時代は内乱が多く、天候異変も加わって流民が激しく、黄河と中原と長江の間で人種の移動が激しかったと考えています。その余波で朝鮮半島と日本へも大きな影響があった筈です。

最近考えていることは、この時代は道教すなわち神仙思想が日本にかなりの影響を与えていることです。

民俗学、記紀の伝承、考古学的な知見を総合してこのあたりを確かめたいと考えております。

アーリア人とスキタイそして匈奴さらに鮮卑族の動向も注目すべきでしょう。鮮卑も慕容氏、拓跋氏その他いろいろあります。

ツングース、東胡、モンゴル、イラン(ペルシャ)、トルコ、アラブ・・・などの民族さらに苗族、イ族・・・も加えていろいろな民族の

動静も研究する必要を感じております。



288.Re: 岡本様はじめまして
名前:管理人    日付:2007/1/3(水) 1:54
とみたさん、岡本さんこんばんは。
北方アジアの民族の習俗の流れなど、日本文化への影響、ぜひ今後とも東アジアでの体験談とともに、いろいろお教えください。
歴史問題は、きっと実地の人々の観察と習俗の体験から、初めて糸口がでてくるのではと感じています。
今後とも宜しくお願いします。


289.Re: 岡本様はじめまして
名前:岡本豊    日付:2007/1/3(水) 22:43

とみたさん、管理人さん

ご丁寧なご挨拶を頂きまして恐縮至極です。私も昭和4年生まれですのでそんなに時間は残っていません。私の考えは、管理人さんの世代に私が残すことのできる全てのごく一部でも、このウエブサイトを通じて種まきという形で残し、そこから出た芽から生まれる討論から、21世紀の日本の新しいビジョンを新しい世代が描くための何らかの手がかりをご提供できれば、という気持ちで渡来人研究会に参加したわけです。

クリスマスから年末にかけてアメリカ在住の三男のデイビットの家内が骨髄に関わる疾患で検査を繰り返しているのを家内と一緒に見舞いに参りましたので、日本人らしい年末と年始の行事をすっ飛ばした年となってしまいました。

北米で四半世紀を過ごした私の家庭の三人の息子は全部アメリカ生まれ、アメリカ育ちでアメリカで教育を受けて成人となり、それぞれ高校一年の時期に私が、日本人になるなら日本に帰すから日本語と日本文化の勉強をせよ、アメリカ人になるなら、どのアメリカ人よりも高い英語力とアメリカに関する知識を身に付けよ、という条件を出したのですが、三人ともアメリカに留まるという決意をしましたので、現在では、岡本家一族は全てアメリカ在住の日系二世という図式となり、確率論的な結果として、私たちの孫は全員「ハーフ」となっております。

子育てにはアラスカを、という意味もあって1963年には、ワシントンからアラスカのアンカレッジに家族で移動しました。アラスカでの生活に関しては、近日中にミカエルブロードキャストの第二回目の出演の機会にお話させていただきますが、ベーリング海沿岸のエスキモー集落で家内と一緒に90歳代の村の古老と語り合いながら過ごした数週間の体験は今でも心に残っています。

今年からは、私も非力ながら、渡来人研究会の新参の一員として出来る限りの参加と活動をさせていただきますのでよろしくご指導をお願いします。

つきましては、下記の私のHPの「歴史問題フォーラム」で私の小論の第二部の簡略版を掲示させていただきましたのでご笑覧ください。

岡本 豊
http://www2.ezbbs.net/10/oiarijapan/


290.2007
名前:岡本豊    日付:2007/1/7(日) 22:2
渡来人研究会と有志の皆さん

すでに私の小論の第二部の簡略版を掲示させていただきましたが、続いて一応の最終版の第三部も継続アップロードさせていただきましたのでご笑覧ください。
これで、東アジア歴史問題に関して私が取り組みたいと考える枠組みは一応ご理解いただけると考えます。
このような私の考えが基本的におかしい、ぶれている、学問的に問題がある、といったお考えがあれば、それをどうぞ忌憚なくお示しください。本掲示板はそのためにこそあるわけですから、どうぞ私の期待にお答えください。
本掲示板を、皆で21世紀の新しい歴史学のあり方を話し合う場としたいのです。歴史学が人間存在を律するのではなく、私たちに歴史学のあり方を論じる権利と自由があるのでは無いでしょうか。

岡本 豊
http://www2.ezbbs.net/10/oiarijapan/

285.歴史問題を新しい年のテーマとしましょう 返信  引用 
名前:岡本豊    日付:2006/12/31(日) 18:2
渡来人研究会の皆様

旧年中は大変お世話になりました。

私は「歴史問題掲示板」の岡本です。
2007年度には、東アジアの歴史問題が再燃することは必至だと思いますが、日本の側ではこの問題への主体的な対応の準備が未だに出来ていないような気がしてなりません。
そこで、私は、過去四半世紀近く外国で生活しながら自分の祖国を見つめてきた経験に基づいた私なりの考えを小さなエッセイにして、何回かに分けて下記の私のHPに新設した「歴史問題掲示板」に発表することとしましたのでご高覧をいただけると幸いです。
忌憚ないご意見、ご批判をぜひいただきたく存じます。

それでは、よい新年をお迎えください。

岡本 拝
http://www2.ezbbs.net/10/oiarijapan/



287.Re: 歴史問題を新しい年のテーマとしましょう
名前:管理人    日付:2007/1/3(水) 1:50
岡本さん昨年は大変お世話になりました。
岡本さんの四半世紀を越える経験からの、日本文化についての投稿楽しみにお待ちしています。今後とも宜しくお願いします。

283.ユダヤ話は下らない 返信  引用 
名前:安達謙一    日付:2006/12/29(金) 1:13
 私は最近、ユダヤに被害を受けているアラブに
同調するようになりました。アラブはとにかく口下手で
言い訳をしないが、ユダヤはアメリカの名を借りて、色々
と強引な正義を言う始末。
 なんで古代日本とユダヤが関係するような言説が満ち溢
れるのか?頭おかしい。ヨーロッパ人はキリスト教が主体
ということで半分ユダヤに洗脳されている。でも非西洋人
なら、ユダヤの作り話は噴出してしまうほどおかしい。
 敬虔な気持ちは自然や、先祖に、あるいはその霊に向け
るべきで、絶対神なるものにどうしてお熱をあげないとい
けないか意味不明。1980年代の日本の知識人がユダヤにい
い顔しなかった理由がこの年になってわかった。



284.Re: ユダヤ話は下らない
名前:岡本豊    日付:2006/12/29(金) 10:53
安達さん

コメントを拝見しました。この歴史問題掲示板は渡来人研究会の他の掲示板と少々異なり、特にここ数年中国と韓国と日本との間で政治問題化したいわゆる「歴史問題」を取り上げます。現在進行中の三国間の努力はしかし、単に明治以後の近・現代の歴史について、問題となる事件毎に新しい正誤表を三カ国の「専門家」が共同作業で作るというようなやり方が主流のようです。

これは、結局豊かな果実を実らせるとは私には思えません。

この三カ国で過去現在に使われている歴史教科書を見るだけで、それは歴然としています。国民国家の時代である今日でも、国ごとの自国の歴史の記述は、日本の皇国史観は言うに及ばず、どの国でも「偏見と無知と手前勝手な解釈」に事欠きません。アメリカで30年近くも子育てをやってアメリカの義務教育システムの中でさへ、私と妻はアジア、特に日本に関する記述が如何に事実とかけ離れているかを痛いほど体験しました。これは、例の「進化論論争=猿は人間の先祖にあらず」にとどまらず、文化、社会、政治の各面で大変な問題があるのを知らされれきました。
この掲示板では、私は大原則として、外の世界の認識と理解に関しては、人間はすべて大変に限られた能力しか持っていないこと、そして、その意味では、一神教であろうが多神教であろうが、一人ひとりの個人が持つ努力の限界は「知識の摂取に対しては、常にクールでオープンであり、謙虚で真摯であること」だと思います。
私がこのフォーラムで提案したいテーマの一つは、私たちの生活の中の「日本の宗教」です。安達さんの言われるように「敬虔な気持ちは自然や、先祖に、あるいはその霊にむけるべき」だと仰るのはまさに格好の出発点となるのではないでしょうか。
キリスト教教会で結婚式をあげた後、テレビ番組よろしくの派手で俗な披露宴を楽しみ、土用にはお墓参りにゆき、不幸があればお寺で葬儀をやり、年末には夜半の長蛇の列を作って神社にお参りして拍手を打つ、という国は、世界有数のGNPと高度の近代文化を誇る「先進諸国」の中でも突出した日本という国の宗教って言ってみれば西欧歴史学では原始宗教のカテゴリーを出ないと言われても仕方がないのではないのでは?いや、逆説的に言えば、「世界遺産」として登録される資格があるのでは....

岡本 豊
http://www.sbpark.com/


ページ: |< << 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb