[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
古代史掲示板2(荊のキシ)
みなさんのご意見お待ちしています。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



127.最近の台湾の教科書について 返信  引用 
名前:グリーン・中山    日付:2006/2/18(土) 9:21
南京の記述

歴史認識等で中国などと問題になる事がらで、
日本では、南京虐殺について、虐殺数や事件そのもの有無について
盛んに論じられていますが、
最近の、主な台湾の教科書でも、概ね30万人です。
(人数の書いてない教科書でも虐殺自体は否定していないようです。)

ちなみに台湾でも、現在は検定制になっています。
(認識台湾は、社会科の中に組込まれてなくなったようです。)

以下に高級中學(学)や國中(9年一貫の7,8,9學年)の検定教科書の
内容を紹介します。
(翻訳は大体ですので原文画像をご参考ください。)



128.南京の記述 その1
名前:グリーン・中山    日付:2006/2/18(土) 9:22
Original Size: 1280 x 960, 277KB

康煕圖書網路股(イ+分)有限公司
 高中歴史教科書下冊

  王仲孚/主編
  出版日期/中華民國八十九年二月初版
       中華民國九十三年二月修訂四版


 p129 第17章抗日戰爭(戦争)與(与)中共政權(権)的建立
              (=と)
     第1節 抗日戰爭(戦争)
      抗戰的爆發(発)
         (=勃発)

    一二月,南京陷(陥)落,日軍在南京大肆(シ)屠殺,至少有三
    十萬人遇害(圖17-1-5),此爲歴史上的慘劇。

    (大意)  
    12月、南京陥落、日本軍は南京で大屠殺をきわめた。
    少なくとも30万人が被害に遇うにいたった。
    このため歴史上の惨劇になった。



129.南京の記述 その2 
名前:グリーン・中山    日付:2006/2/18(土) 9:23
Original Size: 1280 x 960, 290KB

南一書局企業股(イ+分)有限公司
 高級中學 歴史 下冊

  主編 林能士
  出版日期 中華民國九十年二月修訂改版
       中華民國九十四年二月修訂版

 p143 第十七章 抗日戰爭(戦争)與(与)中共政權(権)的建立
     第1節 抗日戰爭(戦争)
      抗日戰爭(戦争)爆發(発)

    (1)民國二十六年一二月一二日,南京倫(リン)陷(陥),
     日軍肆(シ)意搶殺姦淫,被殺者總數(総数)在三十萬以上,
     史稱「南京大屠殺」。

     (大意)  
     民国26年12月12日、南京は陥落?して、
     日本軍はかってきままに搶(つ)き殺し姦淫を行い、
     被殺者の総数は30万人以上になった。
     歴史上「南京大屠殺」と称する。



130.南京の記述 その3
名前:グリーン・中山    日付:2006/2/18(土) 9:25
Original Size: 1280 x 960, 277KB

三民書局股(イ+分)有限公司
 高級中學 歴史(下)

  主編 許雪姫,劉(女+尼)(王+令)
  初版一刷 中華民國八十九年二月
  修正革新三版四刷 中華民國九十四年二月

 p145 拾(七の別字)七 抗日戰爭(戦争)與(与)中共政權(権)的建立
     第1節 抗日戰爭(戦争)
      二、盧溝橋事變(変)
       2.中日全面開戰(戦)

        十一月中旬,
        國民政府西遷重慶,十二月中旬,日軍進南京城,
        展開血腥(なまぐさい)屠殺,中國軍民死亡三十萬人以上,
        史稱南京大屠殺。

        (大意) 
        11月中旬、
        国民政府は西の重慶に遷都を行い、12月中旬、
        日本軍は南京城に進み、
        血なまぐさい屠殺を展開した。中国軍民の死亡は
        30万人以上で、歴史上「南京大屠殺」と称する。



131.南京の記述 その4
名前:グリーン・中山    日付:2006/2/18(土) 9:26
Original Size: 1280 x 960, 274KB

翰林出版事業局股(イ+分)有限公司
 國民中學 社會 課本 三年級下學期

  主任委員 頼進貴
  出版日期:民國九十四年二月初版

 p76 
   民國二十六年七月七日,「盧溝橋事變(変)」爆發(発),
   掀(キン)起中國全面性抗日戰爭(戦争)。
   國民政府由於實(実)力不足,
   採取「以空間換取時間」的戰(戦)略,
   宣布遷都重慶,進行長期抗戰(戦)。
   十二月,日軍攻陷(コウ)南京,進行大屠殺。

   (大意) 
   民国26年7月7日、「盧溝橋事変」が勃発して、
   中国全域的な抗日戦争を励起させた。
   国民政府は(戦争を行う)実力が不足していたので、
   「空間で以って時間に置き換える」戦略を採用して、
   重慶に遷都を宣布したのち、長期抗戦が進行した。
   12月、日本軍は南京を攻め陥落させ、大屠殺が進行した。



132.南京の記述 その5
名前:グリーン・中山    日付:2006/2/18(土) 9:28
Original Size: 1280 x 960, 280KB

南一書局企業股(イ+分)有限公司
 國民中學 社會 第四冊 【二年級下學期】

  主編 王秋原
  出版日期 中華民國九十四年二月初版

 單(単)元 中日戰爭(戦争)與(与)中共政權(権)的發(発)展
  一 中日戰爭(戦争)

  p119 第一個段階為中國獨立作戰(戦)的時期。日軍在八月中
     進攻上海,國軍還撃,是為淞滬(コグ)會(会)戰(戦)。日軍歴時三個月
     攻下上海後,進入南京,殘(残)殺無辜民?(衆の別字)三十萬人,造成
     南京大屠殺的慘(惨)案。

     (大意)  
     第一段階、中国独立作戦の時期。日本軍は8月中に
     上海に進攻後、国軍は取り囲んで攻撃した、これを淞滬会戦という。
     日本軍は三ヶ月かけて上海を攻め下した後、南京に進入して、
     罪のない民衆30万人をざん殺して、
     南京大屠殺のむごたらしい事件?を引き起こした。



133.南京の記述 その6
名前:グリーン・中山    日付:2006/2/18(土) 9:30
Original Size: 1280 x 960, 277KB

康軒文教事業股(イ+分)有限公司
 9年一貫 國中社會 第四冊(2下) 第二本

  主任委員 施添福
  出版日期 民國93年2月初版
  修訂日期 民國94年1月第二版

p105
    十二月,日軍攻陷(陥)南京,縱(ジュウ、ほしいまま)容官兵
    燒(ショウ、やく)殺(手篇+虜、ロ)掠(リャク、かすめる),
    造成三十萬多名無辜百姓遇害,史稱(称)「南京大屠殺」。
  
    (大意)
    12月、日本軍が南京を攻めおとした時、(日本)の官兵は
    焼き殺したり奪い掠め取ることをほしいままにゆるした。
    30万人以上の罪のない庶民の被害に遇うことを引き起こして、
    歴史上「南京大屠殺」と称する。



134.南京の記述 その7−1
名前:グリーン・中山    日付:2006/2/18(土) 9:34
Original Size: 1280 x 960, 275KB

仁林文化出版企業股(イ+分)有限公司
 國中・社會 第三冊 第二本 (2上)

  指導教授 呉連賞 他
  出版日期 中華民國九十二年六月 初版
       中華民國九十三年六月 二版

p83

  5 民國建立的擾(みだれる)攘(ぬすむ)
   第3節 戰爭(戦争)與(与)和平
    抗日戰爭(戦争)的擴(拡)大

p83 
    中國(国)在抗戰(戦)初期的形勢最為艱(カン)苦,儘(ジン)管國(国)軍在淞
   滬(コグ)會(会)戰(戦)中,以堅忍抵抗粉碎了日本「三月亡華」的妄(モウ)
   想,但不久日軍攻陷南京,並進行大屠殺,受難者多
   達三十餘(余)萬人(圖5-28),寫(写)下日軍侵華史上最血腥(なまぐさい)
   的一頁。

   (大意) 
   中国の抗戦初期の形勢は最も辛苦であった。国軍(国民党軍)
   淞滬会戦中にあって、堅忍抵抗を持って日本の「3ヵ月で中国を征服する」妄想を
   粉砕した。但し日本軍が南京を陥落させるのには長くはかからず、
   大屠殺が同時に行われ、受難者が
   30余万人の多さに達し、日本軍が中国に侵略した歴史上最も血なまぐさい1ページを
   あらわした。



135.南京の記述 その7−2
名前:グリーン・中山    日付:2006/2/18(土) 9:36
Original Size: 1280 x 960, 276KB

仁林文化  國中・社會 第三冊 第二本 (2上)
  指導教授 呉連賞 他
  出版日期 中華民國九十三年六月 二版
  (上と同じ本の同じページ)

 p83 
    図5−28 位於南京的「南京大屠殺遭難同胞紀念館」

   (大意)
   南京の「南京大虐殺遭難同胞紀念館」に
   (このモニュメント?は)位置している。


119.・・二位で由。 返信  引用 
名前:棘の紀氏    日付:2006/1/20(金) 15:10
 姫さん今日は、118.巨石文化?・・興味しんしんです 詳しい内容を知りたいです お教えください もっと詳しく・・・・
かたばみさんにお訪ねしましたら、
118の神野山(の鍋倉渓)は、
『岩石祭祀学提唱地』の
神野山 岩石群
http://f1.aaa.livedoor.jp/~megalith/yamazoe21kounosan.html
・・・と お教えくださいましたが、
「綺麗に石を巡る線が見つかり、この線刻の底には金が塗られていたことがわかりましたので、これは大変だと大事に飾ってあります。 」・・・これは、最近の情報でしょうか?知りたいですもっと深く・・・
この情報でしょうか? かたばみさんも御存知ないような 鴨?
お教えください 舞 姫様・・・・二位で由。



120.Re: ・・二位で由。
名前:    日付:2006/1/22(日) 11:56
紀氏さん、 こんにちは。
石がみつかったのは、正確にはわかりませんが、7,8年前だと思います。神野山という海抜620mほどの山がありますが、この麓を名阪国道が通っていて、大西インターがあります。 神野山の麓の村ではこのインターを中心に、村おこしのためのいろいろな施設を作る計画を立て、大工事を行いました。
その何年間にも及ぶ工事中に大小いくつもの丸い石が見つかりました。 工事の人たちは、まさかこんなところに文化的価値のものがあるとは思いもしていませんでしたから、小さな石は皆砕いてしまいましたが、この直径7mにもなる石は大きすぎて手に余りました。  そのまま放置してありましたが、形がほぼ完全な円であることから調査してみた結果、輪状に線がみつかり、これは明らかに人の手によって刻まれたことがわかりましたので、始めて大騒ぎになったわけです。 この線刻はかなり深い疵で底には金が認められるそうですが、私には見えませんでした。
神野山には、鍋倉渓という奇観があって、これは古くから有名でした。 ある説によると、これらの石は山頂への巨大な石段ではなかったかというのですが、ともかく昔から神野山は信仰の対象として見られていましたので、この丸い石は祭祀用で、麓からこの石を何らかの形で利用して、山を祀っていたのだろうということになっています。  因みに、麓には、「伏拝(ふしょがみ)」という大字もありますので、この説は有力ですね。
神野山の山頂は毎年麓の住民が掃除に昇り、木が大きくならないように伐採していますので、360度の景観が得られ、非常に見通しの利く山頂ですが、この習慣は、途切れることなく何百年も或いは千年近く続いてきたもので、これは凄いと思います。  
山の頂には、墳墓があり(被葬者は不明です)、また三角点があります。
測量の基点として、今も昔も重要な地点であったと思われます。

山頂近くには神野寺(こうのじ)があり、行基が勧進して建てたといわれています。 聖武天皇、嵯峨天皇などの勅願寺です。
因みに、神野寺の元の名前は「髪野寺」でした。 嵯峨天皇の皇子の時の名前が神野皇子ですので、或いはこの名前を貰って、神野寺にしたのかもしれませんが、最初に「髪野」と名づけられたことにはどのような意味があったのでしょうね。


121.感謝のこころ です。
名前:棘の紀氏    日付:2006/1/24(火) 12:41
 姫さん 今日は神野山の巨石に情報 有難う御座います。
「伏拝(ふしょがみ)」の地名 から
                 伏す(人+犬=隼人)
                 臥す(見る+人=臣)
山伏(修験者)が 測量に携わっていた・・・が 自論です。
地球儀のようですが、年代が気になります。
織田信長は地球儀を持っていた様です
 キリスト教徒のお土産だったのでしょう。
姫さんには御願いばかりの紀氏です甘えてばかりで御免なさい<(_ _)>
今後とも貴重情報 新鮮な情報 よろしく御願いします。
奈良の里も寒さがキビシイと思います、御身体には御自愛なされます様にお風邪などめしませんよう御祈り申しあげております。 茨城の紀氏でした。


122.丸い巨石について
名前:    日付:2006/1/25(水) 13:45
紀氏さん、こんにちは。
この石の年代についてなのですが、刻線に入れられていたという金は、何時、日本で使われるようになったのでしょうか。 この石は非常に硬い質のものなのだそうで、摩滅することがないようです。
神野山の麓には、弘法大師が開いたという修業場が伝承されていますのに、この丸い巨石は忘れ去られ、地中に埋まっていました。 と、言うことは弘法大師の時代よりもかなり古い時代とも思えますし、また仏教と関係が無さそうな石だから忘れ去られたとも言えそうですが、やはり注入されていたという、金の問題がひっかかりますね。
神野山の鍋倉渓にある巨石岩の川は、人工的な遺物ではなく、何万年も前に山が隆起したとき、麓から山頂に持ち上げられた、という説が正しいようです。

それから、この丸い巨石が見つかったのは、昔「波多野村」と言ったところです。 
 


123.Re: ・・二位で由。
名前:棘の紀氏    日付:2006/1/28(土) 0:28
 姫さん、またまた有難うございます。
昔「波多野村」と言ったところです。・・・・から
ハタノ・・・「秦 の 」をイメージしました。
秦氏に時代ならかなり古く感じますが、・・・私だけでしょうか?
これからも宜しく御願いします。 

118.巨石文化? 返信  引用 
名前:    日付:2006/1/18(水) 14:16
Original Size: 700 x 525, 82KB Original Size: 700 x 525, 63KB Original Size: 700 x 468, 91KB

写真は直径7mにも及ぶ丸い石です。  1キロにも亘り延々と連なる巨石の川が、山の中腹にある神野山。  その山麓から掘り出されたものです。  石には、赤道と子午線が刻まれています。  ダムの工事に伴い、見つかったものです。  他にも小さい丸い石が沢山掘り出されたそうですが、工事の人たちが全部爆破してしまい、この大きな石だけが処置に困って残ったのだそうです。  よく調べてみたら、綺麗に石を巡る線が見つかり、この線刻の底には金が塗られていたことがわかりましたので、これは大変だと大事に飾ってあります。


117.人頭石と亀石 返信  引用 
名前:    日付:2005/12/5(月) 23:31
Original Size: 800 x 649, 124KB Original Size: 800 x 535, 82KB

これも飛鳥資料館の庭で撮りました。
どこで出土したものか、ちょっとわかりませんが、飛鳥のどこかでしょう。


もう一枚はお馴染みの亀石ですが、側面から撮りました。
資料館の庭にあったものです。
オフ会で現地に行きましたが、草に覆われていて、後がどうなっているのか、まるでわかりませんでした。
それで一応ご紹介しておきます。


116.二面石 返信  引用 
名前:    日付:2005/12/5(月) 23:26
Original Size: 593 x 800, 69KB Original Size: 800 x 725, 100KB

これも、ひとつの石に二つの顔が彫ってあります。
橘寺に置かれているそうですが、近世になってどこか近所から、運んできたものだそうです。
善悪二つの顔を現していると言われています。
底が加工してあって、平になっていますので、何か他の石などと組み合わせて使われていたと推測されています。


115.須弥山石と、石人像 返信  引用 
名前:    日付:2005/12/5(月) 23:20
Original Size: 597 x 1000, 82KB Original Size: 553 x 800, 97KB

高さが、2,3m あります。
三段ですが、本来は四段であったことが、模様の繋ぎ具合から推測できる
そうです。  失われているのは、下から二段目です。
この須弥山石は石神遺跡から出土したものです。
噴水になっていて、水は一番下の段から出ます。
これは資料館の内部で撮った写真ですが、四段に復元したものが、資料館の庭にあり、水を噴出していました。

もうひとつの噴水、石人像です。
高さは、1,7m で、同じく石神遺跡からの出土品です。
これは資料館の庭に立っていたものを撮りました。
この像の水は二人の口から出るようになっています。


114.猿石 その3 返信  引用 
名前:    日付:2005/12/5(月) 23:11
Original Size: 800 x 662, 141KB Original Size: 800 x 667, 141KB

右の方は、高取城に置かれていた猿石ですが、他の四体と一緒に、欽明天皇陵の傍から出土したものと、言われています。


113.猿石 その2 返信  引用 
名前:    日付:2005/12/5(月) 23:5
Original Size: 800 x 788, 135KB Original Size: 602 x 800, 124KB

次に載せましたのは、前と後ろに二つの顔を持つ、一体の猿石です。



ページ: |< << 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 >> 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb