[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





7017.ご無沙汰しております。 返信  引用 
名前:    日付:2021年9月21日(火) 8時11分
 一日違いでした。日曜日に伺ってました。鈴鹿の主稜線はピーカンなのに綿向きだけ IN CLUOUDでした。



7018.Re: ご無沙汰しております。
名前:ラリー・ベル    日付:2021年9月22日(水) 21時37分
 えッ❗、19日((日)に🎶綿向山に入っておられたのですねッ(╹◡╹)、私も日曜日をと思っていたのですが、朝に見る👀綿向は☁雲に覆われ翌日に入山した次第ですッ。お久しぶりですねッ、Aさん こんにちは、久々の✏投稿ありがとうございますッ( ̄^ ̄)ゞ。 当日の綿向山上部は雲に覆われ🤭イマイチの山行になった事の様ですが、視程の利かない幻想的😐な表参道を👣歩いての登頂٩(^‿^)۶。着かれたその頂上も…(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)残念でしたねッ。 これからは日に日に本格的な🍁秋に近づいて先日以上の綿向が🎶楽しめる事と思います。次回にも👀見掛けられたらお声掛けください、お待ちしておりますm(_ _)m。

PS)当日の午後は、相変わらずのミルウォーキー🛵を楽しんでいたのでありますッ。御幸橋🅿を覗きましたが、🈵満車に近い状態でした。

7014.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2021年9月20日(月) 22時50分
Original Size: 414 x 551, 153KB Original Size: 589 x 442, 180KB Original Size: 692 x 519, 86KB

先週末に近畿圏を横断した台風14号、8月の台風みたいに迷走?優柔不断なコースを取って接近はしたものの、伝えられていた「猛烈」な勢いも衰えての接近でした、日野・綿向が位置する辺りは台風進路の左側となって大きな被害は聞いてはいませんが、県外の南部では被害がと伝えられています。その14号台風の去った後の台風一過の秋空に期待をしていたのですが…、昨日の朝はイマイチの空模様だったのが午後には…、で仕方なく今日の入山となります。入った御幸橋駐車場には、程々に駐車が見られ(昨日は満車に近い状態)その空いたスペースに止めてスタート。先週に同駐車場内及び周辺の草刈りを済ませておきましたが、まだまだその作業を行わなくては…と思いながら歩みを進めて入った表参道。 少しの湿りはあるものの支障なく高度を稼げる事と思われます。その参道の1合目を過ぎ約30b進むと、右側斜面からの石が…、1910年(明治43年)表参道・登山道の建設時?に積まれた石垣が崩れています、その石垣の上に立つスギが大きく成長して、また大きくなったスギが風に煽られてなのか?。次に落ちる準備を済ませた石もある様ですので通過の際は要注意。 その後も歩く参道は、ほぼ無風状態に加え湿度が高そうで大汗をかいて3合目へ。 あざみ小舎での小休憩を後に再びの表参道、参道上の湿りも無くなり順調に高度を稼ぎ5合目。展望は霞む三上山が限界…ってかその範囲しか見せてくれません、周りの大きくなったヒノキが…。
7合目まで進むと穏やかに上品に吹く秋風が…一挙にクールダウンですねッ、ご安心ください…風邪をひく様な風はまだの様です。 涼しい7合目を発って入った「風呂ノ谷」、その同谷の入口付近で5/30に滑落事故が発生しています、発端は登山中に右側急斜面に落とした私物を取ろうとして急斜面を下りられたのが原因との事ですわッ。大人の事情かもしれませんが、絶対に真似はしないでくださいッ、(東近江消防・山岳救助隊出動)。 風呂ノ谷を通過した辺りからは参道上に湿りが目立ち始めるものの厄介な奴ら「山蛭」との遭遇も無く進んで8合目、はいッ!水無山との分岐点ですねッ、綿向ピストンを想う下山者が真っすぐ下って、真っすぐ帰宅の筈が…なんで「左に折れた」のか?、2週間前に遭難(道迷い)の発生でした。当日の私は入山ではなく、自宅近くから双眼鏡で…、綿向・水無の鞍部付近の水無寄りでホバリングするのは県防さい…?ではなく縦にオレンジ色のストライプが入る県警航空隊のヘリコプター…へぇぇ〜ッが私個人の感想です。滞りなくピックアップを終えたヘリは救急車の待つ基地へ…その時の速さは…流石にアグスタ109でございました。その要救助者は軽傷との事だったと聞いております。
3週間ぶりの頂上直下の階段ではスタスタと上がれないのは当たり前のこと、思いっ切り息を乱して着いた頂上。   頂上気温20℃・曇り⇒晴れ・無風・遠望ペケ・入山者63名以上。

写真左・1合目の先、約30b付近に散乱する石、右山側の石垣が崩れ落ちた様です。親切な登山者の方でしょう?歩けるだけのスペースは確保されています。

写真中・5合目で本格的な秋の気配を楽しみながら野入山者皆さん。

写真右・目で見る秋は感じられますが、体感的には湿度が…。

 



7015.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2021年9月20日(月) 23時5分
Original Size: 648 x 486, 103KB Original Size: 648 x 486, 71KB Original Size: 648 x 486, 218KB

写真左・シッカリと間隔を空けてのランチor休憩をされる各パーティの皆さん。

写真中・局地的な雨?、麓は蔵王地区付近?。

写真右・頂上での愉しい🎶お喋りありがとうございましたッ。下山されるのは湖南市からの、お美しいお2人。次回もお2人で おこしやす。



7016.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2021年9月20日(月) 23時13分
Original Size: 692 x 519, 51KB Original Size: 648 x 486, 157KB

写真左・無尾翼・高翼4翼?、美しいフォルムをしています。

写真右・今日は、彼岸の入り、それらしく彼岸花が…昨秋は探しての撮影でしたが、今年は刈り取りの終わった畦道が真っ赤になる程に…。


7011.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2021年8月28日(土) 22時3分
Original Size: 589 x 442, 174KB Original Size: 442 x 589, 125KB Original Size: 589 x 442, 105KB

WAK会員・綿向山ファンの皆さん こんにちはッ・大変ご無沙汰をしてしまいました。数年前の里で「熱中症」に陥り、その時の辛さ・厳しさを思い出すと近年の異常な暑さの中を単独での山行は、私にとっては苦行以上のものとして綿向から遠ざかっていた次第です。 先日には二十四節気・処暑となってその暑さも…に期待して入山となります。
入った久々の表参道、あの大雨の影響は?と見慣れた斜面からの流水・落石・異臭…をと探りながら順調に高度を稼いで着いた3合目・あざみ小舎。周りの雰囲気に変わりのない事を見届け再びの表参道、進むに連れ吹く風が感じられ汗を拭われながら進んで5合目。周辺の木々…成長したみたいでヒノキの間か見える展望が精一杯、その5合目をそこそこに歩く参道、足元には僅かな湿りが…朝に見えていたガスが影響している様です。その後の参道上には、足を止める様な障害物も無く快調に高度を稼いで着いた久しぶりの頂上。  頂上気温24℃・晴れ・南西の風・遠望ペケ・入山者33名以上。

※まだまだ残暑には厳しさがある様です、こまめな休憩と水分補給をして、無理のない行動で初秋の綿向山を♪ご堪能くださいッ。

写真左・御幸橋駐車場、及び周辺には奉仕作業が必要のようです。

写真中・♪…ちッちゃい あき みつけたぁ〜ッ。

写真右・お昼の賑わいが終わった頂上。


写真右・



7012.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2021年8月28日(土) 23時2分
Original Size: 589 x 442, 179KB Original Size: 589 x 442, 114KB Original Size: 692 x 519, 190KB

 歩く表参道でお会いしたのは…お久しぶりですねェ?ではなく、お久しぶりやろぉぉ〜ッ!っと私からお声掛けをしたのは、山口さん(東近江市)。長い間さみしかった事と思いますが、再びとうじょうさせて頂きますのでよろしくッ。 で早速ですが、お伝えした件は近日中にTELさせて頂きますのでよろしくッ。

お昼が過ぎて賑やかさが無くなった頂上で、スマホを食い入るようにほ…東近江市からの単独女性。高頻度で入山されている様にお聞きしました。今回は竜王へですか?の問いかけには…事前の情報とルートの確認を済ませてから…サスガでございますッ。  その頂上でお知らせした事ですが、許される時間がある様でしたら是非…吉報待つッ!。

※頂上での私のミッションへのアシストありがとうございました。

写真左・駐車場と同様に、5合目周辺もボぉ〜ボぉぉ〜ッ!ですわッ。

写真中・先日TVで伝えていたトラロープ…早速試してみましたが…ぇえ〜わッ!コレ、飛んでいてある程度近付いても体には触れられませんでした…ってか私が臭かったのか?。

写真右・先日に撤去された倒木…警鐘看板、外してほしかったです。



7013.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2021年8月28日(土) 23時13分
Original Size: 468 x 623, 210KB Original Size: 692 x 519, 166KB

写真左・下山時に見つけた真新しい痕跡(今日)、明らかにショートカットですッ。 山が・斜面が荒れます乱れます、正規の表参道で下山してください。

写真右・首を垂れる稲穂、刈り取りも近い様です。背景は綿向山、明日も暑い様に伝えられていて「熱中症」には十分注意を…。


7005.綿向山〜雨乞岳 返信  引用 
名前:n&n    日付:2021年5月30日(日) 18時23分
n
天気もよく綿向山まで快適に登山ができました。綿向山から雨乞岳までは不明瞭かつ危険な箇所も多く、気軽に進める道じゃなかったです。もし綿向山から雨乞岳方面に進まれる場合は十分な装備,計画をおすすめします。
※綿向山の8合目付近にある金明水はおいしかったです。

n
初めての綿向山でラリーベルさんとお会いしました。



7010.Re: 綿向山〜雨乞岳
名前:ラリー・ベル    日付:2021年5月31日(月) 22時12分
 初めて(#^.^#)登られた昨日の♬綿向山、☔雨or🐛山蛭の心配・不安もなく存分に初めての綿向山を仲間と🎶楽しまれた事でしょう😊。n &nさん🌖こんばんはッ、早速の✏投稿ありがとうございますッ( ̄^ ̄)ゞ。仲間のnさんと👣歩く初めての表参道、穏やかで歩き易い参道ではお喋りを🤗弾ませ、また倒れ込むほどの爆笑トーク🤣を炸裂💥させながらの表参道、高度を稼ぐに連れ👀変化する山を、また🌲自然を感じる内に着いた✨初めての頂上٩(^‿^)۶。その頂上からの🔭遠望はイマイチの状態でしたが、快晴☀の頂上から見上げる群青の空にはかすかに宇宙の気配が…、ちょいと盛り過ぎ😅たかも知れませんが最高の頂上を🤩楽しまれた事と思いますッ。楽しんだ頂上を後には雨乞までのピストン、時間的な⏱不安を感じましたが、ハッキリ🌀しない険しいルート😱を辿って雨乞岳へ。頂いた書き込みを拝見するだでその厳しさが伝わって来ます。書き込んで頂いた縦走路の状況を「🔰初心者」の皆さん方もご理解して頂き、安易な気持ちでの山行orリスキーな縦走への🔔警鐘が届けば幸いと思いますッ(`_´)ゞ。 次回もn &nさんコンビでの🏔山行の事と思いますが、これからは☔梅雨本番😢となって奴ら🐛山蛭の独占場になる鈴鹿の山々、十分に注意して☔梅雨時の山行を楽しんでくださいねッ。 綿向で👀見掛けられたら🎶お気軽にお声掛け…お待ちしておりますッm(_ _)m。

P S)金明水💧を…呑まれたとか😗、ガブ呑み?💦でしたら🎺正露丸が必要になるかも…😓知れませんョ。

7006.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2021年5月30日(日) 21時17分
Original Size: 571 x 428, 172KB Original Size: 648 x 486, 117KB Original Size: 648 x 486, 121KB

梅雨の中休み?の様な五月晴れに久々の入山となります。今回は、前にお伝えした「水木谷林道」の状況、また竜王⇔イハイガ分岐に先月末に設けられた道標の手直しを今回のミッションとして、水木谷林道からの入山。新緑の野山に萌える今日この頃の水木谷林道を歩き着いた「奥の平・土場」では重機が搬出された間伐材を素早く捌く様にフル稼働されているオペレータは谷さん、今回の趣旨をお伝えし道を空けて貰い素早くカラ谷作業道へ。前回にもお伝えしましたが、登って来た水木谷林道には極端に狭い所もあり搬出トラックに出くわすと非常に危険を伴います、現在の同林道は「通行止め」と思って頂いた方が良いかも知れませんねッ。カラ谷作業道を進んで表参道3合目へ、入った表参道には湿りも無く、また山蛭との遭遇も無く(山蛭は必ずいます)快調に高度を稼いで着いた5合目・避難小屋。5合目からは湿度が低く、また気温も高くない空気を透しての展望は愛宕山・京都が限界。休憩を後に歩く参道、周りの樹木は新緑を纏い夏めいた風を感じる中を歩いて着いた7合目。行者堂を囲むブナ林or木々は緑一色、気持ちよく吹く緑の風に汗を拭われた休憩を後に入った「風呂ノ谷」、相変わらず参道は狭いです、落ちた土石が参道に積もった所はありませんが「慎重に通過」してくださいねッ。残りの頂上までの表参道も変わりなく快調に頂上を目指せる事と思われます。 着いた頂上気温20℃・晴れ⇒快晴・北西の風・遠望ペケ、霞む伊勢湾知多半島が・入山者100名以上。   頂上での小休憩を後に目指す竜王⇔イハイガ分岐へ、着くなり荷を解いて道標の手直し作業の開幕でございます。

写真左・着いた水木谷林道の終点「奥の平」では搬出済み間伐材の選定中?、道を空けて貰いありがとうございました。

写真中・田植えが終わった水面の中に黄色く広がるのは…早いですねッ明後日には麦秋の6月が始まります。

写真右・賑わい始めた好天下の頂上。



7007.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2021年5月30日(日) 21時56分
Original Size: 648 x 486, 86KB Original Size: 648 x 486, 138KB Original Size: 486 x 648, 123KB

写真左・今回のミッションはコレっ!、竜王⇔イハイガ分岐に設けられた道標です、道標通りに綿向頂上を目指すには白倉谷方向へ下らなくては…、その道標を頼りに進まれる「初心者」が居られるかも知れない程に山慣れない初心者が多いのが現状の綿向山となっている様です。

写真中・始まりました…WAK会長が匠の技を見せちゃるッ…写真ン?動画ッ動画ゃ!…その技を1ヶ月前に見せて欲しかったデス。

写真右・竜王側も角度の変更と、匠の技が続くのでありました。



7008.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2021年5月30日(日) 22時18分
Original Size: 648 x 486, 103KB Original Size: 648 x 486, 179KB Original Size: 648 x 486, 97KB

写真左・道標の角度を変更した綿向方向を示す道標、磁方位220°方向に進むと頂上へと繋がります。

写真中・同じく竜王山へは、磁方位320°方向へ向かう縦走路の長い下り坂を下って…。

写真右・今回の分岐点近くからは、眼下に広がる湖東の平野と微かに湖北の竹生島が…。この作業現場には北西の風がダイレクトに吹き付け涼し過ぎるほどの体感温度、終了後急ぎ綿向頂上に向かいお昼を食って下山となったのですが…。



7009.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2021年5月30日(日) 23時33分
Original Size: 433 x 325, 117KB Original Size: 616 x 462, 166KB Original Size: 616 x 462, 157KB

昼食の後にWAK会長と頂上を後にして下る表参道、金明水付近まで下ると聞こえるサイレンの音を会長に確認すると火事とちゃう?、との事でしたが、その音色が微妙に…?っと感じ東近江消防本部がアナウンスする情報電話にダイヤルすると、日野町北畑で救出事案との事。折り返し地元・日野消防署にお尋ねすると、綿向山・7合目付近での滑落事故との事で何も出来ないものの7合目へ。登って来る登山者からの情報では、自力で立っておられるとの事で安心はするものの場所が特定が出来ず取りあえずは7合目へと「風呂ノ谷」に入ると…そこが事故の現場。参道上には2名の入山者が
事故の当人を見守っておられお尋ねすると、お1人は東近江消防署員と仲間の方との事で、情報は既に連絡済との事でした。お2人のプライベートの登山中に遭遇されて驚かれた事でしょう。 事故に遭われた単独の男性は額からの出血があるものの自力で立っておられ(足元は水で座れないとの事)また見守るお2人はレスキューが来るまでとの事で、私達はスライドする筈である山岳レスキュー隊に僅かな情報でもお伝えくださいとの事で下山を始める。

写真左・今回の滑落事故現場、白マークの所まで40〜50b・斜度は約60°ぐらいか?。

写真中・戻って来た奥の平にはレスキュー隊の2台の車。

写真右・御幸橋駐車場付近に設けられた現地対策本部。

※帰宅後にWAK会長から、事故の当人はレスキュー隊と共に奥の平まで徒歩で下山、その場まで登って来た救急車で搬送された事との様です。


7001.綿向山及び付近での間伐作業についてお聞きしました 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2021年5月17日(月) 20時37分
Original Size: 551 x 735, 136KB Original Size: 544 x 408, 179KB

 先日、WAK事務局がお伝えしましたが、現在山中で進められている間伐作業について、綿向生産組合さまからお聞きした内容を地図を入れてお伝えします。

写真左・水木谷林道の入口にたてられた「予告看板」。

写真右・現在進められている間伐作業の位置を示す全体図。



7003.Re: 綿向山及び付近での間伐作業についてお聞きしました
名前:ラリー・ベル    日付:2021年5月17日(月) 23時35分
Original Size: 533 x 710, 194KB Original Size: 424 x 565, 179KB

写真左・拡大した地図です。お聞きしたた計画では、赤線が示す範囲が計画されている全体の範囲。この中で今回の間伐作業の対象となるエリアは黒い実線で囲まれた範囲内での間伐作業とお聞きしました。写真には出ていませんが、赤線・黒線が画像の左端で交わる所が水木谷林道の終点「奥の平」、今回はその広場を「土場」として間伐材が集められ仮置きの後に搬出される様です。 その土場へは「黒の点線」が示す「搬出クローラが走る道」となっています、※地図・コンパス・GPS等を巧みに使い誰一人とも会う事無く急斜面or深い森林の中をを楽しまれる入山者の方は、この場所へはご遠慮くださいとの事、大変危険です。 示された作業範囲の上端は、綿向山⇔竜王山の縦走路近くまでと聞きます、その範囲を示す様に「黄色いテープ」で注意喚起をされています「黄色テープから奥の平側」へは絶対に下らない様にご注意ください、…竜王山縦走は可能との事。

次に、土場となっている奥の平に於いても搬出された間伐材を重機により大型トラックに積載されています、その積載する重機は360°旋回可能な重機、エンジンを全開?の状態で作業を進められる為に騒音も大きく、また旋回中のオペレータの視線は、掴む木材と迫るトラックの荷台…美女が居られてもその旋回は止まらないかも?、奥の平も危険が潜む場所となっていてご遠慮くださいとの事です。 規定通りの積載(過積載…それ違法です)を済ませた大型トラックは、水木谷林道を下ります。同トラックの全幅は2.5ⅿ、下る水木谷林道の道幅は3.5ⅿの所に山からの落ちて同林道沿いに積もる土石を加えると…2.5ⅿ幅のトラックでも厳しい所に登りの車が現れると…、また荷を積載し下る同林道ではフットブレーキ&EXブレーキを使っての下り坂となします、同林道の中の一部には浮石もあってそれらのブレーキの性能を発揮できない事も予測され、また路面に散らばる石をトラックのタイヤが弾き飛ばす危険性も踏まえ間伐作業期間中の水木谷林道はほぼ通行止めの状態になる事と思われます。 ※竜王山を目指される方は、御幸橋駐車場からのスタートをお勧めします、歩く水木谷林道で下って来る荷を背にしたトラックに遭遇される場面がありましたらトラックの車輪から弾かれるかも知れない?「飛び石」には十分注意してください。  最後に映画「激突」の様なトラックドドライバーではない事をお伝えしなければなりません。

※トラックの積載は林道の状態等を鑑みて、定積載以下?になっている様です、その分トラックの便数が多くなるとの事です。

写真右・出たッ!バッチリですねェ〜ッ…幾種類の薬草をブレンドしたアノお茶のCMではありません…「山蛭」でございます。水木谷林道入口で今回の写真をと5分?程の間の出来事、全く気づきませんでした。写真を持ち帰りPCへと進める内に感じる足の違和感、見ると見事なまでに赤く染まった靴下を見て…、でその相手は?と探すと足下で…ドえらい血を吸うてしもたッ!…だったかも?。今年も悩まされる厄介な奴が現れ始めました、林道入口でこの状態…山では至る所で「熱烈歓迎」のおもてなしをを受けられる事でしょう。  ボールペンの芯ほどの太さがコレでっせッ…ご用心ください。


6990.「綿向山清掃登山」の延期について 返信  引用 
名前:綿向山を愛する会事務局    日付:2021年5月14日(金) 17時38分
 来る5月16日(日)に予定をしておりました第21回「綿向山清掃登山」は、コロナ感染拡大防止の観点から、「延期」とさせて頂きます。
 参加のご連絡を頂いた方々には誠に申し訳ございませんが、今後のコロナ感染状況により実施時期を判断しますので、日程は未定とさせて頂きます。
 ご理解を賜り、次回、ご協力下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。
 なお、気候もよくなり、連日登山者が多い綿向山ですが、綿向生産森林組合様が管理される「水木谷林道」では、間伐材搬出に大型トラックで運搬作業が行われています。一般車の林道の利用は控えて頂きますよう、ご協力をお願い致します。

6973.GWにみる綿向山210504 返信  引用 
名前:虹の佐藤    日付:2021年5月6日(木) 9時57分
Original Size: 320 x 213, 103KB Original Size: 320 x 240, 72KB Original Size: 320 x 240, 57KB

連休も後半に入った今日は久しぶりの綿向山です。
一昨日は違う山で10km歩き今日はへたるかなと
思いましたが無事登頂でき感謝です。
またまたラリーベルさんとお会いし良かったです。
いつもいつも山維持のためボランティア活動ご苦労様です。
5/4の登山客は、ところどころ登坂も下山道も渋滞でした。
20年ぐらい来ていますが、これは初めてです。
今日は、山頂人だかりですのでドローンしていませんが
下山で下記のようにドローン写真です。
・・・北畑林道から見る藤花。



6981.Re: GWにみる綿向山210504
名前:ラリー・ベル    日付:2021年5月7日(金) 19時29分
久しぶりに(#^.^#)登られた綿向山、前日同様に賑わい過ぎ😨ましたねッ。虹の佐藤さん🌂こんばんはッ、✏投稿ありがとうございます( ̄^ ̄)ゞ。当日は朝から5月の☀青空が広がり久々の🎶綿向山を楽しまれた😆事でしょう。着かれた久々の頂上には、蜜にはならない程度に各パーティが大きいサークルを、また列になっての🍙ランチor👀眺望をと楽しまれる中で…大空を駆ける🏃には厳しい💦状況😅だった様ですね。これからも楽しめる🎶綿向山です、次回も愛機🌈を相棒にして、頂上から限りなく広がる☀青空を存分に駆け回って下さいッ。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb