[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





6355.正月2日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2021年1月2日(土) 22時1分
Original Size: 519 x 692, 182KB Original Size: 692 x 519, 153KB Original Size: 692 x 519, 93KB

 WAK会員・綿向山ファンの皆さん あけましておめでとうございます、本年もよろしくお願い申し上げます。

晦日から元旦まで地区の氏神さまの迎春準備やらで、新年の綿向山は今回が初めての入山になります。今日の為にと昨夜は早く就寝し日頃より早目に起床、昨日に準備を整え車に載せておいたため即に自宅を出て御幸橋駐車場へ。着いた同駐車場はほぼぎゅうぎゅうの状態、地元の知人宅に駐車をお願いしてスタート…の手筈が弁当以上に大切な、また無ければ今日が成り立たない物を忘れてしまい日頃以上に遅い入山となります。先行者が踏み潰した氷片が散らばる北畑林道を歩いて入った表参道、積雪ではなくて凍結が砕けた参道の状況を確認しながら進んで2合目付近へ。その砕かれた氷片の参道は雪道へと変った中を(ノーアイゼン)歩いて3合目・カラ谷作業道。積雪10〜15aの同作業道を進み再びの表参道斜面には約20aの積雪を見ながら雪の参道を歩いて着いた5合目・避難小屋。同小屋を使用される際には完璧な換気を、季節柄厳しいですが、ご協力ください。小屋でのアイゼンを装着を済まし歩く参道、進むに連れ積雪が多くなるのを感じながら歩いて7合目へ。期待のブナ林は迫力には欠けるものの白い樹木は入山者を歓迎してくれる事と思われます。入った冬道は前回(29日)に比べ積雪は増えている様で吹き溜まりでは40〜50a?、歩く冬道ルートはシッカリとしたトレースが出来てあり迷う事無く頂上へと導いてくれる事でしょう。その冬道に雪の下には凍結が隠されていますご注意ください。  着いた頂上・晴れ・気温マイナス1℃・積雪40〜50a・北風・北の遠望はペケ、三河湾、伊勢湾・入山者146名以上。

写真左・年末同様に佐久奈度神社で新年のお祓いを済ませ入山。

写真中・あざみ小舎・屋根の積雪、もっと積もると頂上付近に期待が…とお聞きしたのは、古くからの綿向山ファンのお一人のつぶやき、同感ですねッ。

写真右・程々の積雪の中でお戯れの登頂者。



6356.Re: 正月2日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2021年1月2日(土) 22時59分
Original Size: 519 x 692, 128KB Original Size: 519 x 692, 116KB Original Size: 692 x 519, 172KB

朝の登山口・出合小屋でお会いしたのは、町内在住のご夫妻と岳くん。ご夫妻とは久しぶりでしたねッ、?年ぶりと言うほどかと…、今回は大きく成長した岳くんお誘い合わせで雪の綿向山。シッカリと雪を踏んで雪山デビューを果たされた事と思います。地元の利を活かし綿向の状態を見て来山くださいねッ。

2合目を過ぎ雪道らしくなって近づく3合目直前でお声掛けを頂くのは?、今のご時世の事マスク代わりのベールみたいなマスクを外されると…!っクレオパトラ?(盛り過ぎ?)っと想わされたのは、もくれんさんとご主人。お久しぶりでしたね、前回は脚のリハビリを兼ねての綿向とお聞きしましたが、そのリハビリの甲斐あって効果が表れて来たみたいですね。まだ始まったばかりの雪の綿向山です、次回もご夫妻お揃いで雪の綿向へおいでやす。

5合目での休憩をと歩く参道に下山者が、お聞きすると初めての綿向をと東京からの単独女性、頂上はガスっていたものの頂上周辺での樹氷を堪能されたとの事、遠路となりますが、次回も霧氷or樹氷の綿向山へおこしやす。

写真左・登山口&あざみ小舎でとお会いしたのは、岳くんファミリー。マニアックなお帽子が似合っていました。

写真中・もぉぉ〜困った事ですショートカットは4合目付近。雪解けが終わると足跡が斜面に残り…これを見た地権者は心穏やかではない筈です。

写真右・同じ様に5合目でもこの状態。



6357.Re: 正月2日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2021年1月2日(土) 23時15分
Original Size: 495 x 372, 131KB Original Size: 692 x 519, 187KB Original Size: 692 x 519, 156KB

写真左・お喜びくださいッ、この付近からは高品質の白い樹木の熱烈歓迎を受けられます、うっしッし〜でございます。

写真中・やはり青いキャンバスが欠かせませんねッ…美しさのあまり失禁寸前の方は、休憩を取ってゆっくりご覧ください、頂上が近付くに連れ興奮度はピークに達する事でしょう。

写真右・頂上東斜面と雨乞岳。



6358.Re: 正月2日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2021年1月2日(土) 23時43分
Original Size: 692 x 519, 134KB Original Size: 692 x 519, 205KB Original Size: 692 x 519, 121KB

写真左・綿向頂上から竜王方向へ向う北尾根には、シッカリと「雪庇」が待ち受けております、竜王へ向う「右側」です、その状況をと向かった所!!!ッなんということでしょう。その雪庇に載っての記念撮影、不択手段?撮影の為なら何でも…勝手すぎる中年以上の4名?です。まだその踏み跡が雪庇の先まで残されているのが気になります。

写真中・下山後に見た御幸橋駐車場。地表が見え始めましたが、西明寺口バス停からの登り・御幸橋駐車場までの下り坂の「凍結」慎重にアプローチしてください。

写真右・今年もよろしくッ、お願いもぉ〜し上げます(降雪前の撮影)。


6347.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2020年12月29日(火) 21時19分
Original Size: 442 x 589, 162KB Original Size: 589 x 442, 164KB Original Size: 692 x 519, 123KB

 本当に押し迫って来ましたねッ。今回は今年の登り納めと決め入山です。入った御幸橋駐車場はほぼ満車の状態、その駐車場を避けてチョコットと止めてスタート。入った表参道は昨日の朝まで降り続いた雨の影響と思われますが、斜面の雪を全く見る事なく淡々と歩き続けて着いた3合目カラ谷作業道。再び参道に戻りあざみ小舎をスルーして近づく4合目道標辺りの斜面に残る僅かな雪、このまま雪は踏まないのか?と歩き続けると近づく5合目小屋。その避難小屋の手前辺りからは…一応雪道になっていますが、腐った雪で(早朝には凍結?)ボロボロの状態。着いた5合目小屋ではアイゼンを装着される入山者が目立つものの雪の状態からしてアイゼンは7合目でと休憩を後に歩く参道。参道上の雪は相変わらずの状態、先日の降雨の仕業の様です。着いた7合目行者堂前広場では既にアイゼンを取り出し装着中or装着したアイゼンを見直しながらリスタートする入山者を見送りながら私も装着し入った冬道。進むに連れても雪量には大きな変化はないものの一部には凍結が見られ同ルートでの下山時にはアイゼンは必須アイテムかと思われます。急登の連続となる645b出口付近で前回の作業の手直しを済ませて着いた頂上。  頂上気温9℃・薄曇り・積雪10〜15a・ほぼ無風・展望ってか遠望はグぅ〜ッ・入山者約100名。

写真左・今年最後の入山です、麓の佐久奈度神社で日頃の纏わり付いた穢れを…、これが本来の綿向山入山方でございます。

写真中・参道に積もる雪の状態を見てアイゼンを装着される入山者。

写真右・賑わい始めた頂上、ご覧の通りの空模様でしたが…。



6348.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2020年12月29日(火) 22時46分
Original Size: 442 x 589, 160KB Original Size: 442 x 589, 160KB Original Size: 692 x 519, 124KB

雪のない朝の表参道、夏に痛めた脚の調子がイマイチの為にゆっくりと歩く後方から聞こえる入山者の喋り声、先を譲りながらお聞きすると京都からのセニョリ〜タ&セニョ〜ラのお2人。期待された白い樹木は全くペケでしたが、着かれた頂上からの遠望は存分に楽しまれた事でしょう。これからが本番です、次回もお2人お揃いでおこしやしておくれやす。

4合目付近では、町内在住の中道からの若者。今回は仕事仲間を募っての綿向山、早朝からの入山の様でしたが、やはり…無氷残念至極の思いでの下山になった事でしょう。地元の利を活かしてガンガンっ綿向山に登りましょう。

歩く表参道、何回か先を譲る中でお会いしたのは、大阪からとお聞きしたミランダカーみたいなお2人と1男性。霧氷は残念でしたが、頂上からの遠望は最高でしたねッ、アレっ!槍ヶ岳では?…この薄曇り中でそんなん見えるぅ…撮られたカメラを覗かせて貰うと…ほんまやッ、私も久しぶりの槍でした。これからが楽しめる綿向山です、次回も皆さんお誘い合わせでおいでやす。

7合目でアイゼンを装着し挑む冬道、ぜぇぜぇ〜ッと息を乱して登る急登の後方から聞こえる賑やかな皆さんは、元ミスユニバースみたいな女性陣に1男性。登り切った冬道出口では一緒に写真を📷恥ずかしがり屋なのでとお伝えしたのですが…ありがとうございました。次回は眩しい程の霧氷or樹氷を潜りながらの綿向へ皆さんお揃いで来山くださいねッ。

冬道出口直前ではエドワルドさんにmucho tiempo sinverteでした、約2年ぶりにお会いした様ですねッ。久しぶりの綿向は早い時間帯の入山だったみたいですが、久々の頂上と眺望を存分に楽しまれた事でしょう。始まったばかりの冬の綿向山、ドシドシっ来山くださいねッ。

写真左・5合目の手前辺りからの表参道はこの状態。

写真中・入った冬道には所々に凍結が、また雪の下に、ご注意ください。

写真右・着いた頂上で眺望を楽しむセニョリ〜タ&セニョ〜ラのお2人。



6349.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2020年12月29日(火) 23時1分
Original Size: 692 x 519, 103KB Original Size: 692 x 519, 104KB Original Size: 692 x 519, 65KB

写真左・レンズを向けるとポーズを取ってくれそうな?登頂者、また綿向東斜面を滑ってプリティなシュプールを残す入山者皆さんで賑わう頂上。

写真中・南方向はこの状態。

写真右・かなり厳しいですが…槍ヶ岳が。



6350.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2020年12月29日(火) 23時11分
Original Size: 692 x 519, 194KB Original Size: 596 x 447, 162KB Original Size: 692 x 519, 96KB

写真左・御幸橋上の水溜り、厳冬期には凍結し危険な為に…。

写真中・溝を切って排水はしましたが…、今年最後のミッションでございます。

写真右・下山後に見る綿向頂上付近。

2020年もあと2日となりました。WAK会員・綿向山ファンの皆さん、また本日お会いさせて頂いたみなさん、よいお年をお迎えくださいねッ。



6351.Re: 今日の綿向山
名前:ミランダカーみたいな二人の付き人    日付:2020年12月31日(木) 5時12分
Original Size: 1823 x 1367, 314KB

ラリー様先日はありがとうございました。
遅くなりましたが槍ヶ岳の写真上げます。
ラリーさん始め皆様に愛されて整備されてる綿向山素晴らしいお山でした。
登らせていただきありがとうございました🙌



6352.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル     日付:2020年12月31日(木) 21時47分
 先日29日の綿向山、当日は気温が⤴高く期待の✨輝く樹木は残念な結果になってしましたが、頂上からの👀眺望は予想外の遠望が見れて😅仲間の💫ミランダカー🤗みたいなお2人も♬楽しんで٩( ᐛ )و貰えた事でしょう。🧒🏼キューティなお2人の付き人さん⭐こんばんはッ、✏投稿ありがとうございますッ( ̄^ ̄)ゞ。当時の朝には程々に🤧冷え込みはありましたが、時間⏰の経過に連れ気温が⤴上がり、期待の✨輝く樹木は残念な結果😰となってしましたが、ちょっと遅れた😇天からの🎄クリスマス🎁プレゼントは想定外の😃遠望❗。冬の低い☀日差しを受けて存在を示す様に輝く名高い北の🏔山々…、お2人の女性陣も存分に♫楽しまれ、また綿向山への🥰好感度を上げて頂けた事でしょう😄。次回は先日以上に、❄雪・✨樹氷・☀紺碧の空…全てがコンプリートされた綿向山へ先日のお2人or多くの🧒🏼ミランダカー…みたいな仲間皆さん📞お誘い合わせでおいでやすッ☺。…💡❗先日のミランダカーみたいなお2人にもよろしくお伝えくださいねッ。 2020年もあと僅かな時間帯になって来ました、付き人さんo r皆さん よい✨お年をお迎えくださいッ。

6343.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2020年12月19日(土) 21時30分
Original Size: 692 x 519, 131KB Original Size: 692 x 519, 139KB Original Size: 692 x 519, 82KB

 今年も押し迫って来ましたねッ。先週は家事のために入山は出来ませんでしたが、2週間ぶりとなる今回は、雪の風呂ノ谷の状況と、また厳冬期を迎える表参道・7合目からの夏道の状態は?と一応冬道用の看板を背にしての入山となります。歩く表参道から見る斜面は薄っすらの雪化粧、歩く足元にも少しの積雪は見られるものの難なく歩け順調に高度を稼げる事と思われます。3合目カラ谷作業道を経て再びの参道では積雪も多くなってスルーしたあざみ小舎の屋根には10a程度の積雪、その屋根の雪は綿向山ファンから見るとマダマダの事と思われます。近付く4合目手前付近からの参道では地表も現れない程度の積雪となって再び地表を見る事も無い参道を歩いて着いた5合目・避難小屋。積雪は20a近く?の雪、展望はなし。参道の雪量と先の雪量を予想し荷を降ろしている同小屋でアイゼンを装着して歩く再びの参道、進むに連れ雪量は多くなっている様な?の状態ですが、参道の道幅は狭くなっている様です。着いた7合目、雪量はあまり変わりなく15〜20a程度。小休憩を後に風呂ノ谷を覗こうと進むと…🎶なんということでしょう、既に冬道が開放されているじャっぁあ〜りませんか?。不思議?に思い山の地権者・綿向生産森林組合に冬道使用許可を?、またWAK会長にも尋ねるものの共に連絡は無かったとの事、この冬道開放に至っての伝達方はWAK会員は周知との事ですので、一部の綿向ファンor綿向をチョっと知っている方が気を利かして…とも想像されますが、他の山にもある様に綿向山にもルールも地権者も居られますのでご注意くださいッ。入った冬道は、7合目道標から頂上鳥居まで「645m」の距離となります、道中は急登が続く厳しいルート。先月に表参道の8合目・9合目と同じ高度に簡易の道標を木に添えておきました、また「黄緑色」のテープでマーキングしルートを示しておきましたので同様に活用くださいッ。今回の冬道での積雪は約20〜25a(凍結は確認出来ず)ですが、急登ではその25aが深く感じられる事と思われます。   着いた頂上気温マイナス2℃・積雪15〜20a・北西の風・展望ペケ(ガス)・入山者46名以上。

写真左・7合目・夏道バリケードの位置の変更…後ろ姿でお願いしますッ。

写真中・その7合目行者堂前でアイゼン装着をされているパーティは?、水口東高校ワンゲルの皆さん。お久しゅうございますと挨拶を交わせるのは先生方のみ、部員全てが入れ替わった程お会いしてない様です。

写真右・着いた頂上では部員が目立ち、寒い頂上を賑わせていた様です。…その頂上では1方の先生にアシストを頂きありがとうございました、回収量はトップシークレットでよろしくッ。



6344.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2020年12月19日(土) 22時46分
Original Size: 692 x 519, 136KB Original Size: 692 x 519, 102KB Original Size: 692 x 519, 126KB

朝の表参道でお会いしたのは甲賀市からの単独女性、冬の綿向には幾度も入山され、また11/10綿向山の日にも参加されていたとの事。今日は道中の中程まで一緒して頂きありがとうございました、雪の綿向山は始まったばかりで次回もお会い出来る事と思います、見掛けられたらお気軽にお声掛けくださいねッ。

朝の5合目小屋では、京都からのご夫妻に。当欄で私の事を知っておられた様で…、今日は小雪降る寒い頂上でのバリケード作りありがとうございました、お陰様で私も予想よりも早く下山が出来ました。次回も雪の綿向へ、お願いしてご夫妻で作って頂いたバリケードの点検を兼ねてお越しくださいッ。

下山の5合目での休憩中に機嫌良く下山されるのは、奈良からのご夫妻。雪の綿向は数回目とお聞きしましたが、雪を踏んで見る白い樹木…存分に楽しみ歳晩の綿向山は思い出の山行になった事でしょう。

冬道頂上側での作業を終えた頃に登って来られたのは虹の佐藤さん。お久しぶりでした、今回の頂上は生憎の天候に加え厳しくはない程度の風の為に頂上での師走フライトは断念の事と思います。イマイチの頂上からの下山…早かったですねッ。次回は恒例の元日登山、お会い出来るかも知れませんねッ。

写真左・アイゼン装着を終えて急登の冬道へ、ワンゲル部の皆さん。

写真中・頂上では記念撮影…多くの生徒さんを引率して雪の綿向登山、先生方お疲れさまでした。

写真右・頂上ではゆっくり出来ず、頂上階段からの下山を止めるバリケードは5合目でお会いした京都からのご夫妻に…、奥さままで借り出してしまい…神さま仏さま…気高く白いマリアさま、本当にありがとうございました。



6345.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2020年12月19日(土) 22時58分
Original Size: 521 x 392, 171KB Original Size: 528 x 397, 162KB Original Size: 521 x 392, 128KB

写真左・冬道・頂上側入口、昨シーズンまでの案内板が小さく見逃される入山者が居るとの事で…はずみました新調でございますッ。

写真中・竜王・イハイガ方向側にも、この手前に従来の案内板がありますが、白色で北風が板に雪を吹き付けると???、今回の物は色で確認してください。

写真右・改めて夏道を閉鎖しました。



6346.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2020年12月19日(土) 23時7分
Original Size: 675 x 506, 217KB Original Size: 431 x 574, 171KB

写真左・写る「冬期ルート」が表示されて冬道の開放になります。

写真右・表記内容をご理解の上ご協力ください。


6340.5日にラリー・ベルさんにお会いしました 返信  引用 
名前:さくら    日付:2020年12月9日(水) 11時40分
綿向山を愛する会の活動を拝見しました。
除草、倒木の処理、登山者へのアピール看板などなど有難く、
会の皆さんに愛されている綿向山が羨ましくもあり、
愛おしくもなりました。

ラリー・ベルさんにいただいた名刺とワッペン、大事にします(*^^)v



6342.Re: 5日にラリー・ベルさんにお会いしました
名前:ラリー・ベル    日付:2020年12月10日(木) 21時55分
 先日5日の⛰綿向山、好天☀に恵まれ皆さん😊で存分に👣歩かれ思い出に残る師走の山行になった事でしょう(๑╹◡╹)。 さくらさん⭐こんばんはッ ✏投稿ありがとうございますッ( ̄^ ̄)ゞ。今回の綿向山は、竜王山からの👣縦走をと、まずは目指す🏔竜王山頂上、登山口からの👀展望に期待を持てない急登をゆっくりと登って目指す頂上、仲間😊との楽しい🎶お喋りを弾ます内に現れた階段、その階段を上がって着いた久しぶり?の竜王山頂上٩(^‿^)۶。頂上での休憩を後に目指す👉当日のお目当て綿向山へ。穏やかな尾根を👣進むに連れ現れ始めた😆連続の登り、今回は初めての方も参加?とお聞きしていましたが、ご自慢( ̄3 ̄)の健脚をご披露された😤事と思っておりますッ。長い登りを駆け上がった分岐点に示された綿向頂上への➡道標、頂上へと向かう冬期のその尾根の右側斜面には煌めく✨霧氷or樹氷が🤩楽しめる北西の斜面ですが、尾根道の左には「雪庇」😱が…有雪期には要注意ですねッ。 イハイガ・竜王の分岐から👀見え始めた綿向頂上へと向かう途中では、看板・針金orテープやらを身体中に…が私でございますッ🤗。 あの後、手持ちの備品等を全て使い終え下山の5合目で再び😃でしたねッ。  来週には厳しい❄寒さが南下と伝えられています、もしかして⛄雪の綿向山にも期待出来そう?ですッ。次回は❄白くなった綿向山へ先日の皆さん、また多くの仲間皆さん📞お誘い合わせで🎵雪の綿向山へ来山下さいねッ。

6335.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2020年12月5日(土) 18時9分
Original Size: 609 x 457, 179KB Original Size: 518 x 389, 159KB Original Size: 692 x 519, 111KB

 2020年、今年も師走に入りましたねッ。今回はもうそこまで近付いている?雪の綿向山に向け前回に続き、続・冬支度をと入山です。歩く表参道は、前回と同様に順調に、またスムーズに高度を稼げる事と思われます。着いた5合目からの展望は薄い霞がかかるものの愛宕山が限界。避難小屋の窓を開放にしたまま同小屋を後に再びの参道、進むに連れ参道に吹き込む冷たい風を感じながら歩いて着いた7合目。…寒かったですッ、風の通り道?北風がダイレクトに吹き込み、その風から逃れる様に発って入った風呂ノ谷、以前から目にする狭い参道の下にある「穴凹」は?山に棲む獣の塒?、足跡らしい物は見当たらないのですが…。その風呂ノ谷からは南西の斜面となる為に風からは逃れられ順調に歩いて着いた頂上。   頂上気温12℃・晴れ・強くはない北風・遠望ペケ・入山者63名以上。

写真左・5合目での休憩を後に、再スタートの入山者。

写真中・木の根を上手く使って…、獣の塒?どんな獣が戻って来るのやら…?。

写真右・冷たい風が吹く頂上。



6336.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2020年12月5日(土) 18時38分
Original Size: 457 x 609, 162KB Original Size: 692 x 519, 147KB Original Size: 692 x 519, 136KB

 3合目付近でお会いしたのは…、以前の冬道入口付近での倒木処理に…その節はありがとうございました、今日もお願いしたい所でしたが、今回は仲間が居られた為に…。次回はよろしくッ。

その3合目に…ハヤテの様に現れたのは?、…ドゃさッ北村さんじャぁあ〜りませんかッ!。実は今日…Ωδ§Φθで快く作業のお手伝いをして頂き順調に終えさせて貰い、しぇしぇぇでございますッ。

下山の5合目小屋では、下山途中に休憩中の四日市からの皆さんに。竜王からの縦走とお聞きしましたが、初冬の落ち葉が広がる縦走路を楽しまれた事と思います。小屋で頂いた甘いミカン、おいしゅうございました。

写真左・ここを上がらないと…しんどいですわッ。

写真中・風を避けながらのランチは、菰野からの6名パーティのみなさん。

写真右・冷たい風を嫌って着込まれる登頂者。



6337.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2020年12月5日(土) 18時45分
Original Size: 616 x 462, 214KB Original Size: 589 x 442, 196KB Original Size: 692 x 519, 67KB

写真左・北の尾根に向かう足元には…落ちていました。

写真中・…今なんかいッ、御幸橋駐車場。

写真右・下山後に見る綿向頂上付近。



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb