[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





6064.綿向山良〜い山でした! 返信  引用 
名前:えん    日付:2019年5月13日(月) 7時29分
ラリー・ベルさん、昨日はありがとうございました。愛知からの4人の写真一番左です。
登山道の保全、ありがとうございます。
綺麗に整備された登山道に危険箇所の注意喚起と楽しく安全に歩ける山でした。
初めての綿向山でしたが、山頂からの展望もよし!広い山頂はのんびりできるし、シャクナゲの群生地も良かったです。
また登らせてもらいます。



6065.Re: 綿向山良〜い山でした!
名前:ラリー・ベル    日付:2019年5月13日(月) 21時5分
昨日の☀好天の下、仲間たち( ^∀^)と歩く初めて(#^.^#)の表参道、道中では小鳥の囀り🎶を、また足下に咲く小さな🌸花を楽しみながらの綿向山。仲間皆さんお揃いで綿向山の💖好感度を上げて頂けた事でしょう。 えん さん✨こんばんはッ、✏投稿ありがとうございます( ̄^ ̄)ゞ。朝の表参道でお会いして道中を暫く一緒して頂きありがとうございました(⌒▽⌒)、その時にお聞きした初めての頂上٩(๑❛ᴗ❛๑)۶の後は、竜王への縦走で下山⤵との事でした。長い下り坂を進んだ後は、表参道とは様相の異なる山行らしい細い( ̄  ̄)縦走路、その縦走途中では🌸シャクナゲを、また着いた竜王🗼鉄塔からは眺望👀を楽しみながらの下山。初夏の☀暑さを感じながらの綿向山と竜王山、存分に👣歩かれた事と思います。 次回も皆さんお揃いで来山くださいねッ、また見掛けられたら お気軽に♬お声掛けくださいッ、お待ちしておりますm(_ _)m。

6062.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2019年5月12日(日) 21時29分
Original Size: 434 x 578, 185KB Original Size: 573 x 430, 165KB Original Size: 658 x 494, 143KB

 昨日に続き好天となった今回は、何時もより早目に出て入った御幸橋駐車場。皆さん早いですねッ、場内の外周はほぼ駐車で埋まり空いている隙間に止めて即のスタートになります。予報が伝えた今日の気温、前回の気温に比べ高い事を身体で感じながら入った表参道。順調に高度を稼ぐ内に先行者に、また後ろからも…今回は多い入山者の事と予想しながら順調に高度を上げて着いた3合目・あざみ小舎。小舎内には数名の入山者が休憩中、屋外での水分補給と小休憩を終えて歩く参道、何ら支障のない参道を進んで5合目に。展望は薄っすらの比叡山が限界、次々と同小屋に集まり始めた入山者を残して再びの参道。爆汗には至らないものの暑い中に吹き込む爽やかな緑の〜〜風…最高ですッ!癒されます。その風が常にとは簡単に行かないのが世の常、今日は県内に乾燥注意報…とやらで風が無くなったとは言え湿度の低い中、爽やかな空気の中を歩いて着いた頂上。
頂上気温25℃・晴れ・ほぼ無風・遠望は×・入山者143名以上。

※先週に立夏に入り日に日に高い気温が連日の様に伝えられています。表参道の7〜8合目辺りまでは植林帯の中となって直射の日差しは随分と避けられますが、7〜8合目を過ぎると生い茂る高さのある木々は無くなり容赦なく季節のふんだんな紫外線のさざめきの中を強いられますのでご注意ください。

写真左・夫婦松(枯れ果てました)付近の向こう岸には、見頃の藤の花が…。

写真中・新緑の色ます7合目。

写真右・今回はファミリー登山が目立ち、賑わい始めた頂上。



6063.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2019年5月12日(日) 22時55分
Original Size: 423 x 563, 174KB Original Size: 560 x 420, 161KB Original Size: 537 x 402, 163KB

朝のあざみ小舎でお会いした3名パーティの皆さん、京都からとお聞きしました。今日の天候は快晴には届かず昨日の付録?みたいな天候となりましたが、久々の綿向山を楽しまれた事でしょう。また下山は竜王縦走でとお聞きしましたが、お伝えしたルートは迷う事なく歩け初夏の縦走路を存分に歩かれた事と思います。次回も皆さんお揃いで おこしやしておくれやす。

5合目小屋でお会いしたのは、愛知県から来山の4名パーティ。初めての綿向とお聞きしましたが、歩き易い表参道では小鳥の囀りを、また足下の小花を♪たのしみながら目指す頂上。着いた頂上でのランチを済ませた後に目指す竜王縦走、新緑の縦走路は表参道とは様相の異なる足下、その足元には季節の小花が…初めて歩いた思い出の縦走路になった事でしょう。

朝の駐車場で、また頂上で再度お会いしたのは、町内・南比都佐公民館が募った綿向山登山のリーダーの柚木さん。30名近くの参加者を引率しての綿向山、ご苦労さまでした。中には綿向のリピーター狩野さんがアシスト参加で入っておられました。参加の皆さんは天候に恵まれた綿向山を存分に楽しまれた事でしょう。

頂上での昼食時にお声掛けを頂くご夫妻は…、5〜6年前にお会いしていた様ですねッ。その時にお渡しした物を今も残して貰っているみたいで…、♪お声掛けありがとうございました(嬉)。次回にも見掛けられたらお気軽に…、楽しみにお待ちしております。

写真左・表参道でお会いしたのは、愛知から初めての綿向とお聞きした皆さん、紫外線対策はバッチシのようですッ。

写真中・最後の階段で登頂を目指す南比都佐公民館・綿向山登山の皆さん。

写真右・3月に閉ざした頂上側冬道の入口、バリケードが崩れ落ちていた為に修復。一般の入山者(東近江市)に助けて貰いましたが…こちらの方も3年ほど前にお会いしていた様で、驚きでございます。


6061.綿向山「清掃登山」について 返信  引用 
名前:WAK事務局    日付:2019年5月9日(木) 8時40分
綿向山を愛する会 会員皆様への事務連絡

 日頃より会員の皆様には色々なお立場で当会の活動にご協力を頂き誠に有り難うございます。
 さて、例年実施しております「清掃登山」について、今年は6月1日(土)に実施したいと思います。
 ご協力頂ける会員の方は、午前9時までに日野町役場北側駐車場に集合して下さい。
 ゴミ袋は事務局で準備致しますが、各自で清掃活動に必要と思われる道具については、ご持参して頂けると幸いです。
 なお、小雨決行の予定ですが、荒天の場合は中止と致します。(天気予報で前日に判断致します。)
 登山者の皆さまが、気持ちよく登山できるよう、ご協力をお願い致します。

6055.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2019年5月5日(日) 20時53分
Original Size: 692 x 519, 159KB Original Size: 483 x 644, 218KB Original Size: 692 x 519, 108KB

 新しい元号「令和」が始まりました。先月20日の嶽まつりの後日に、平成最後の綿向と予定をしていたのですが、天候不順が入ったGWまで続き令和となった日から地区の神事、また綿向神社・春の大祭「日野祭り」等が続いたために今日の入山となります。先日の2日は♪夏も近づく八十八夜…、また明日6日は二十四節気・第7番目の「立夏」。春の暖かさから夏の暑さに変わった様にも感じさせる「紫外線」タップリの日差しの中を歩く今回は、仕事先の仲間に海外からの研修生?2名が加わり5名パーティで目指す頂上。歩く参道は先月で整備を終えた時から大きな変化も見られず、歩き易い状態が今も続いている参道で快調に高度を稼いで着いた5合目。展望は高い気温が災いする様で霞の中に薄っすら見える三上山が限界、休憩を済ませ再び歩く参道で感じる穏やかな冷たい風を受けながら仲間との♪楽しいお喋りは…翻訳アプリ+ジェスチャーをふんだんに入れ歩く?…ってか踊りながら(汗)会話を楽しみ?目指す頂上。入った7合目の上風呂ノ谷の狭い参道も何ら変わりなくスムーズに足を運べる事と思われます。金明水を過ぎ高度が徐々に上るに連れブラインドとなる高い木々が無くなり晩春の強烈な紫外線を受けながら階段を上がって着いた頂上。  頂上気温24℃・晴れ・穏やかな南東の風・遠望は×・入山者63名以上。

写真左・新緑が目立ち始めた竜王南斜面。

写真中・落ちたヤマザクラが化粧を施した1合目。

写真右・ポっカリ浮かんだ白い雲を背景に頂上を楽しむ登頂者。



6057.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2019年5月5日(日) 22時48分
Original Size: 692 x 519, 187KB Original Size: 692 x 519, 100KB Original Size: 692 x 519, 157KB

少し暑い参道を歩いて小休憩の3合目でお会いしたのは、東近江市からの女性お2人。お1人は綿向には幾度か来山との事で仲間のお1人は初めての綿向山、好天下の表参道では♪お喋りを楽しみながら、また綿向体験者のガイドを聞きながらの登頂。好天下の頂上を楽しまれた事でしょう。

着いた5合目小屋では、皆さん綿向が初めてとお聞きした名古屋からの3名パーティ、GWの終わりが近付く入山者が少ない表参道ではお喋りを、また小鳥の囀りを楽しみながら目指す初めての頂上。その頂上からの遠望は残念でしたが、青空の下に見る大パノラマ。思い出の綿向山になった事でしょう。お伝えした冬季の綿向へ皆さんお揃いで…お待ちしております。

入った風呂ノ谷、越南から来日中の若者2人は危険な狭い参道をどの様にと注視する先には…道を譲って貰える下山の女子2名が山側に、同行者からはひょっとして元新体操の…ッと空前絶後の一言が、近づくに連れお2人全貌が露わになり会員・どんぐり王国のお姫さまと同じく・VANさんでした、初めて見るコンビでの綿向だったようですねッ。その風呂ノ谷を過ぎた後、人の心が読める私が問う同行者の心曰く…あかんッ盛り過ぎないよう心掛けよう…。

着いた頂上でお会いしたのは、北村さん(甲賀市)。入山頻度が増えて来たようですねッ、GWの終わりに近づき入山者も次第に少なくなって来た様です、これからは人少ない静かな綿向が楽しめる事と思います、ジャンジャン登って何時もの爆笑トーク、お待ちしております。

下山の3合目でお会いしたのは何時もの東川さん。悲鳴を上げた脚ですが、大変でしたね。焦らずしっかりと完治に向けて労わってくださいッ。一緒の下山時にはマニアックな話ばかりになりましたが、悪しからず。まだまだその手の引き出しは揃えてありますので次回にも。


写真左・5合目でお会いした名古屋からの皆さんは、着いた頂上でのランチでした。

写真中・北尾根から見た湖東の平野、びわ湖までは厳しい展望の状態。

写真右・朝に寄った2合目鉄塔からの展望。



6058.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2019年5月5日(日) 23時2分
Original Size: 692 x 519, 240KB Original Size: 692 x 519, 105KB Original Size: 692 x 519, 115KB

写真左・3合目での休憩中は、東近江市からの2女性。あざみ小舎は私達が占領した様です。

写真中・今日は本番ですッ!、元気に南風を受けて屋根より高く泳いでおります(背景は綿向頂上辺り)。

写真右・田植えを終えた水面には…写っていませんが、晩春の西陽が照らす竜王・綿向・水無(左から)山々。



6059.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2019年5月5日(日) 23時10分
Original Size: 563 x 423, 172KB Original Size: 592 x 445, 175KB Original Size: 611 x 459, 146KB

  令和元年の「日野祭り」は終わってしまいましたが…。

写真左・14基の曳山は揃った午前中の境内。

写真中・神輿がお旅所向けて出発。

写真右・里の綿向神社はこの様にして…。



6060.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2019年5月6日(月) 19時9分
Original Size: 445 x 592, 149KB Original Size: 592 x 445, 178KB Original Size: 445 x 592, 168KB

永い年月の風雨にさらされ崩れ落ちた後は回収され、登山口を示す表示が無くなっていた「竜王山登山口」。平成の頃に埋めておいた杭に、制作を進めていた登山口表示板を本日取付けました。

写真左・鑿とデカいハンマーで取付け用の溝を刻み始めた令和の名工・竹村甚五郎?。

写真中・一応私も匠の小技を残しておきます。

写真右・完了しましたッ…が未完成を表すビス1本でも残す予定でしたが、石部金吉みたいな親方のグッジョブの一言で作業の終了となります。あっ!少しの傾きが…コレって未完成かも知れませんねッ。


6056.綿向山のシャクナゲが咲き始めました! 返信  引用 
名前:アルビレオ    日付:2019年5月5日(日) 22時20分
Original Size: 469 x 313, 74KB Original Size: 469 x 313, 83KB Original Size: 469 x 313, 107KB

令和元年(2019)5月4日😊
綿向山の北尾根の石楠花の頭(標高962m)付近でホンシャクナゲが咲き始めました。
昨年は多くの花が付きましたが、今年は裏年のようで、蕾が少ないです。竜王尾根へ至る付近はまだ蕾が堅くこれからのようです⛰


6051.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2019年4月20日(土) 23時33分
Original Size: 584 x 438, 154KB Original Size: 672 x 504, 169KB Original Size: 560 x 420, 155KB

 綿向山に雪降り、里人等不思議に思う。この時、蒲生稲置三麿と山部連羽咋が山麓で狩りをしていたが、雪上に猪の足跡があるのを怪しみて足跡をたどり、遂に頂上まで登り着いたとき綿向の神の降臨をみた。依ってこの旨を奏聞し奉り初めて山頂に社を立てた、欽明天皇6年(西暦545年)夏4月の事である(綿向神社・御由緒から)。それからちょうど100年後の645年、初めての元号・大化が始まり、一千年以上の時を経て247番目の元号が「平成」。その平成もあと10日となった今日は、前述の頂上に祀られる「大嵩神社」平成最後の嶽まつりに参加です。 今日20日は二十四節気・第6の穀雨となりますが、降る気配は全く無く、麓の佐久奈度神社で参加者がお祓いで穢れをはらい身体を清めての入山。歩く北畑林道、前回には見れなかった竜王南斜面のヤマザクラを横目にして入った表参道。参道の整備は一応前回で終えた最も歩き易い表参道を参加者が縦列となって目指す頂上。道中3合目からは神前に献酒とお聞きしたお酒?…ビールが載った神輿orお籠?と合流し目指す頂上。道中で休憩される担ぎ手のお話しでは60s以上とか、もっとも私達を喜ばせてしまった一言は…献酒=ガッツリ冷えた♪地ビールとの事…、はいッ!貴方のその想像大当たりでございます、その口を滑らした?後は担ぎ手が一挙に増えた…ってか群がって来た様に感じたのは私だけではなかった様です。♪ヤレヤレっどントヤレっと参道を進み7合目での小休憩の後に入った「風呂の谷」では谷へ落とすと大変な事、ビールの泡となるだけです慎重に渡って目指す頂上へ。  多くの参拝者が待つ頂上には今回の参加者、また一般の入山者を含めると130名以上の入山者・今回までになかった様な快晴・気温15℃・南東の風・遠望は能郷白山-白山-乗鞍-御嶽、昼過ぎ辺りからは霞が…。

11:30頃から神事が斎行され、朝の佐久奈度神社と同じく祝詞の後に各位玉串の奉納、WAK竹村会長の背後からWAK会員も2礼2拍1礼。式典の後には頂上でしか頂けない、お守りとお神酒&白蒸しを賜わり一般の入山者にも同様に、その皆さん方は平成最後の嶽まつりを体験された事は綿向山の良い思い出になった事でしょう。


写真左・08:30、麓の佐久奈度神社でお祓いを受ける参拝者。

写真中・朝の北畑林道から見る竜王山のヤマザクラ。

写真右・3合目を発って頂上を目指される綿向神社・宮司さん&禰宜さん。



6052.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2019年4月21日(日) 0時2分
Original Size: 548 x 412, 170KB Original Size: 420 x 560, 152KB Original Size: 560 x 420, 172KB

今日も何時もの皆さんとお会いしました。京都からはドローンのオペレーター。湖南市からの方は、今回も竜王からとの事です。甲賀市からは、チョークが無くなったら次回もお願しようとする方。甲南町からは、前回に参道整備中お喋りだけでお手伝いを頂けなかった方、今回は奥方さまと嶽まつりに、楽しまれた事でしょう。どんぐり王国のお姫さま(会員)お久しぶりでした、綿向は今年初めてとの事です。

写真左・今回の神事に献酒をと、重い荷を降ろして休憩中の担ぎ手皆さん。既に中身を知っていた様で荷に群がるのはビール党の方々?。

写真中・立派なお籠?を含めると60s以上、私も一度ぐらいは肩にと思いましたが、1aでも近くに居たいor離れられない方を見受けられましたので…。

写真右・風呂ノ谷を渡られる宮司さん、皆さん方。



6053.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2019年4月21日(日) 0時13分
Original Size: 391 x 521, 153KB Original Size: 567 x 426, 180KB Original Size: 578 x 434, 160KB

写真左・足下が狭い風呂ノ谷へ、そろりそろりッと…。

写真中・谷の残雪に目を配る事無く慎重に頂上を目指すのでありますッ。

写真右・11:30、式典が始まりました。



6054.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2019年4月21日(日) 0時24分
Original Size: 560 x 420, 153KB Original Size: 658 x 494, 153KB Original Size: 658 x 494, 156KB

写真左・参拝者が首を垂れる静かな頂上に聞こえるのは、宮司の祝詞と春告げ鳥の未完成な鳴き声。

写真中・玉串を奉納されるのは、山の地権者・綿向生産森林組合の代表。

写真右・春の陽気に♪誘われ一般登山者も時間が経つに連れ多くなった頂上。


6048.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2019年4月13日(土) 21時1分
Original Size: 560 x 420, 159KB Original Size: 560 x 420, 150KB Original Size: 644 x 483, 159KB

 春真っ只中の快晴となった今回は、前回同様に参道の整備をと入山です。入った御幸橋駐車場内の車はまばら、その中に止まる1台のマイクロからは20数名の来山者が下車しての準備体操を、その場を横目にスタートして入った表参道。参道上には支障となる物はなく順調に高度を稼げる事と思います。高度が上がるに連れ目立ち始めるのは折れ落ちたスギの小枝、先日までの強風が影響した様ですが、前述の通り快調に頂上を目指せる事でしょう。着いた5合目の天候は快晴、展望は春霞の中に愛宕山が限界。5合目での小休憩を後に再びの参道は春の日差しが射し込み吹く風も感じさせない暖かい参道を歩いて着いた7合目。行者堂前での休憩中の入山者に混じり束の間のクールダウンを済まし入った風呂ノ谷、同谷の狭い参道は何時も通りの状態で慎重に通過して目指す頂上。  着いた頂上気温9℃・絶品の快晴・ほぼ無風・霞は極薄く展望は良、遠望は×・入山者約120名。

写真左・♪咲きました、御幸橋周辺の桜が…。

写真中・5合目を賑わすのは愛知県からのパーティ。

写真右・単独で・パーティでと登頂者が増え始めた快晴下の頂上。



6050.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2019年4月13日(土) 23時25分
Original Size: 692 x 519, 118KB Original Size: 519 x 692, 246KB Original Size: 692 x 519, 111KB

写真左・快晴下の頂上から展望を楽しむ登頂者。

写真中・3合目手前の短い急登に石を埋めステップを作っておきました。

写真右・下山後、春爛漫の中で見る綿向山。


6049.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2019年4月13日(土) 23時17分
Original Size: 538 x 404, 161KB Original Size: 404 x 538, 158KB Original Size: 538 x 404, 152KB

朝の表参道、往路の軽整備を進めながら歩く参道を追い上げて来られたのは、東近江市からの単独女性。久々の綿向とお聞きしましたが、春絶好調!好天下に登る久々の綿向山を堪能された事でしょう。…お名前をお聞きしたのですが(謝)。

3合目・あざみ小舎でお声掛けを頂くのは…、お久しぶりでした、甲賀市からの北村さん。前回には出合い小屋の備品を揃えて頂きありがとうございました、仰せの通り「入れておきました」。昨年度までの多忙から解放された様ですね、ジャンジャンっ!来山くださいッ。

その出合い小屋の伝言通り水無山からの綿向山は、何時もの中村さん(愛荘町)。今回も早い入山でコースを変えてお昼には…の様ですねッ。次回もよろしくッ。

快調に高度を稼ぐ表参道を下山されるのは…、カリノさん(町内在住)お久しぶりでした。綿向でお会いする事は脚慣らし?、長いGWの間に何処かの名山へかと想像しております。

頂上でお声掛けを頂くのは、先週にもお会いした塩見さん(湖南市)。今回は竜王からの縦走を経て綿向山、春の縦走路を存分に歩かれた事でしょう。

頂上での休憩中には…ご夫妻からお声掛けを頂いたのですが…はいッ!覚えておりますが、お名前が?(謝)、春・快晴下の綿向をご夫妻で楽しまれた事でしょう、次回もよろしく。

同じくお声掛けを頂いた単独男性も…お名前が(謝)。昨年の11/10以来の入山とお聞きしましたが、久々の表参道では春の日差しの下をゆっくりと歩きながら小鳥の囀りを、また咲き始めた小花を眺めながらの登頂、存分に春を感じ取られた事でしょう。

下山を兼ねて金明水近くでの作業中には会員・鍋焼きうどんさんと絶世の美女お2人が、その美女の黒くて魅力的な黒い髪のお手入れは…LUX SUPER-RICHかと?。今回のコースは竜王からの下山ですか?下山後の駐車場で見かけましたが…お車がディムラーに変わっていた様にも?。


写真左・5合目で樹の判別をされるのは甲賀市からの北村さん。

写真中・唯一残雪が見られるのは風呂ノ谷…。

写真右・その残雪は、場所によっては1b?まだ暫くは残るみたいですねッ。



ページ: |< << 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb