[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





4268.1月1日元旦 返信  引用 
名前:虹の佐藤    日付:2014年1月2日(木) 10時22分
Original Size: 2484 x 1740, 114KB Original Size: 360 x 244, 57KB Original Size: 360 x 240, 59KB

綿向山の皆様
2014年おめでとうございます。
本年も無事に登頂ができありがたき幸せです。
綿向山1月1日恒例の初詣、11年目となりました。
パーキングには、7時半過ぎにつきました。
なんとご来光のカーらしく30台ぐらいパークしていました。
下山してこられる数名の方にお聞きしたらあいにく曇っていて見えなかったそうです。
来年は、虹も行きたいなと思いました。
1月にしては、春日和の気温で寒くなく5合目手前でアルピレオさんや下山8合目あたりでラリーベルさんとお会いできました。
写真は、珍しく山頂で滋賀県のヘリが私のを上を巡回してくれましたので撮影してみました。
ご覧ください。
本年も綿向山から無事スタートできましたこと御礼申し上げます。



4271.Re: 1月1日元旦
名前:ラリー・ベル    日付:2014年1月2日(木) 21時51分
虹の佐藤さんの、あらためまして、おめでとうございます(._.)。 はいッ私も5合目直前で頂上辺りからダイブする様に高度を下げる同機に遭遇しました、フランス製の頼もしいチュルボメカ・アリエルのサウンドを響かせ帰投方向に飛び去り〜ました(`_´)ゞ。 昨日は年末の様な晴天には見放されイマイチの空模様となりました、その下で今年も例年通りに頂上で11回目の初詣(^人^)。残念ながら頂上周りでも期待する樹々はほぼ無氷でしたッ(^_^;)次回にご期待。正月の20日からは大寒に入ります、その頃には輝く樹々が大いに楽しめる反面、厳しい山行となります、無理を避け昨日に飛来した機体右側のウインチに巻き上げられない様に…(〃▽〃)、お互いに注意して安全な冬の綿向山を楽しみたいものです(^^ゞ。次回も見掛けられたらお待ちしておりますm(_ _)m。


4274.Re: 1月1日元旦
名前:アルビレオ    日付:2014年1月3日(金) 23時13分
虹の佐藤さん こんばんは!
投稿ありがとうございます。
元日には毎年お出会いするのが、恒例のようになって来ましたね。
それも場所も時刻もほぼ同じ、わずかな時間ですが、いつも楽しみにしています。
本年もどうぞよろしくお願いします。

4270.今年は綿向から 返信  引用 
名前:2430    日付:2014年1月2日(木) 20時33分
明けましておめでとうございます。
今年のスタートは、綿向山に決めていました。
昨年11月、初めて訪れ、ラリー・ベルさんに綿向山の魅力を教えて頂いて以来、決めていました。
そのため、年末28日に駐車場の状況の下見に行き、用意万端で出かけました。
ただ手元不如意のため、普段冬季の街道歩きに携行している、おもちゃの様なアイゼンで行ってしまいました。
昨年おもちゃで大比叡を越えた自信もあり順調に歩みを進めていましたが、初めて挑む冬季コースの急登で、綿向山の恐ろしさ?、魅力?を思い知らされました。
山頂からの眺めは今一でしたが、毎年お正月に登られているという山の休日の管理人さんに、昨年より雪は多いと伺い喜んだ次第です。
今度は本物のアイゼンを着けて挑もうと思います。
今日は雪の綿向山堪能しました。



4273.Re: 今年は綿向から
名前:ラリー・ベル    日付:2014年1月3日(金) 19時12分
古道ウォーカーの2430さん、明けましておめでとう ございますッ(._.)。 新年 早速の投稿ありがとうございます(^^ゞ。 年が明けて初めての山行は綿向山。昨年に初めて歩いた覚えのある参道は雪道となって(^-^)7合目からは挑む初めての「冬道」、持参したアイゼンのポテンシャル以上の急登に四苦八苦( ̄∇ ̄;)する中に着いた頂上ヾ(^▽^)ノ。着いた頂上はイマイチの空模様だった様ですが初めて挑んだ雪の綿向山、綿向に限らず冬山の怖さor魅力はエンドレス∞の様ですッ(^^ゞ。 雪の綿向山はこれからが本番です、入山者を失禁寸前(°∇°;)にまでに陥らせる程の魅せる綿向山♪〜( ̄ε ̄)、次回には卸たての高性能アイゼンのアシストを受け厳冬の綿向に挑んでくださいねッ。何時もの様に週末はほぼ入っております(^_^;)、次回にも見掛けられたらお気軽にお声掛けくださいねッm(_ _)m。
ttp://

4267.良い年になりますように 返信  引用 
名前:小井口のT    日付:2014年1月1日(水) 20時19分
今年も恒例になりつつある元日の綿向山行 去年の元日は雪に恵まれず残念でしたが 今年は楽しめました! あれからすぐに馬見岡綿向神社で参拝してきました 今年も良い年になりそうだ!!



4269.Re: 良い年になりますように
名前:ラリー・ベル    日付:2014年1月2日(木) 18時0分
小井口のTさん あらためておめでとうございますッ(._.)。昨日の元日、期待する天候には届かないイマイチの空模様になってしまいましたねッ(^_^;)。恒例となって来た元日の綿向登山(*^_^*)、これからも末永くお続けくださいねッ(^^ゞ。これからの綿向は今以上に雪が多くなってTさんのご自宅からも手招く雪の綿向(^з^)が観える事と思います、山の状態を確認して奥さまお揃いでドシドシっ来山…おいでやすm(_ _)m。

4265.2014年・元日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2014年1月1日(水) 18時22分
Original Size: 667 x 500, 92KB Original Size: 667 x 500, 86KB Original Size: 667 x 500, 84KB

    謹賀新年
 綿向山を愛する会の皆さん・綿向山ファンの皆さん、

  明けまして おめでとうございます

 よき新年をお迎えのことと、心よりお慶び申し上げます。

地区の正月行事に参加し、終了と同時の少し遅れての入山となります。早朝に降った雨が乾き切らないR-477から、着いた御幸橋駐車場には多くの駐車が見られ車を定位置に潜り込ませ新年の綿向詣でがスタートです。歩く北畑林道は昨年末に比べ雪は無く、濡れる舗装路を進んで入った表参道。表参道も同様に雪は無く、早朝の雨で一部の参道は滑り易くなっている様です。進むに連れ近付く2合目付近から参道には雪が見られますがボソボソと腐った雪質、着いた3合目カラ谷作業道の雪も水分が含まれている様にも感じられます。再び入った植林帯、参道の雪は同様の状態、その歩き難い雪に脚を取られ快調には進めない内にも着いた5合目・避難小屋、展望は霞が遮りイマイチ、小休憩とアイゼンを装着して戻った参道、進むに連れ見渡す樹々には前回の様な白い枝は無く目立つのは「樹雪」。入った冬道、雪は前回と変わりがない様に感じられる急登を進み着いた元日の頂上。気温マイナス7℃・曇り・積雪40〜50a・北西の風・北方はペケ南に薄っすら伊勢湾の眺望・入山者 初日の出組を含め約60名。

写真左・朝の御幸橋駐車場・・・Sさん眩しい程に光っていましたょ、

写真中・5合目からの展望と雪だるま…切れているんですか?怖い顔でした、

写真右・元旦らしくない空模様、初日の出は…残念だったそうです。



4266.Re: 2014年・元日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2014年1月1日(水) 20時6分
Original Size: 667 x 500, 85KB Original Size: 667 x 500, 72KB Original Size: 667 x 500, 77KB

 北畑林道から登山口へと向う途中には早くも初日の出組の下山者皆さんに…その1つのパーティーは きょんきょんが交じる何時もの皆さん、お年玉は頂けませんでしたが短い間の♪お喋り&情報ありがとうございました。 その後ろからはアイゼン片手に…喜色満面の面持ちで下りて来られるのは会員・長谷川さん、初日の出…残念でしたねッ。 歩き難い参道を進みそろそろアイゼンをと入った5合目小屋、今日は前回の様な優雅な宴は無く、1人でアイゼンを履く頃にお声掛けをいただくのは何時もの対中さん、10時に入ったとの事でしたが時計を見ると?(驚)、年始の挨拶を交わした後に即スタートされましたが、左足出して・右足出して…キャタピラーではなかった様に思うのですが。 装着した後に入って来られたのは町内・小井口在住のTさん、お久しぶりでした、今年は単独での初日の出登山との事、また休日には奥さんお誘い合わせで来山くださいねッ。 登る急登「冬道」ではお声掛けありがとうございました、守山の佐々木さん、今日は仲間と歩く綿向山、次回は皆さんお揃いで来山くださいッ お待ちしております、(撮らせて貰いました)。  冬道が終わりに近づく頃には…虹の佐藤さん。お久しぶりでした、イマイチの空模様と樹々…ご愛用のカメラも出番が少なかったかと思うのですが?、次回に乞うご期待 懲りずに来山くださいッ。 登り切った冬道出口付近では湖南市の上西さん、お久しぶりでしたねッ。色々とお尋ねしてしまい下山を遅らせてしまったかと?、今年もドシドシっ来山ください お待ちしております。 着いた誰もいない静かな頂上、低い気温の中に吹き始めた風に追われる様に下山を始める頃にはグースベリーさんに、同様に地区の行事で入山が…との事。短いお喋りを後に下りる冬道、途中では彦根から美女を含める3名の皆さんにお会いして短いお喋り。3ショットまで撮っていただきありがとうございました、何らお役に立ちませんが綿向山の思い出になれば幸いです、次回も皆さんお誘い合わせで来山くださいねッ。  下りる参道5合目近くでお声掛けをいただくのは守山からのご夫妻、昨年の元日にもお会いしていた様ですね。今年の元日はイマイチの空模様になりました、これからは気温がより低くなって楽しめる綿向山になります、次回は好天ををウマく見計らって雪・樹氷・青空の豪華♪三本立てが揃った綿向に来山くださいッ お待ちしております。

写真左・前回と同じ北尾根…変化が分かります、

写真中・霞む鎌ヶ岳、

写真右・下山後の綿向三山。   


4260.初めての雪綿向山 返信  引用 
名前:5合目のほろ酔い    日付:2013年12月30日(月) 17時42分
初めて投稿します。
ところてん の山仲間です☆

高校山岳部時代の雪山合宿以来 18年ぶりの雪山でした☆ 不安もたくさんありましたが ところてん に色々教えてもらいながら とても楽しい山行でした。綿向山は1年を通して良い山ですね☆ 来年も 沢山 登ろうと思います。



4264.Re: 初めての雪綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2013年12月30日(月) 23時43分
昨日の5合目でお会いした 5合目のほろ酔い さん こんばんはッ、投稿ありがとうございます(^^ゞ。初めて登る雪の綿向山(#^.^#)、当日は積もる雪も程々にあって遠ざかっていた雪山が想い出された事と思います。歩かれた表参道は雪道となっても当日の状態です(より厳しい時もありますが)、無雪期の表参道はそれ以上に歩き易く多くの入山者で賑わいます(*^_^*)。四季折々が楽しめる綿向山です、ところてん さんお誘い合わせで、また単独でドシドシっ来山くださいッ。…でッ 当日、苦行の連続で強靭なまでに鍛えあげ、磨きが掛かったその成果を示す日は間近に迫って来ましたッ、辛かった苦行を肴に よい お正月をおすごしくださいねッm(_ _)m。

4258.(untitled) 返信  引用 
名前:ところてん。    日付:2013年12月29日(日) 23時10分
Original Size: 640 x 360, 74KB Original Size: 800 x 450, 94KB

ラリーさんこんばんは。
今日は天気よくて最高でした。
朝の4時から夕方4時前まで遊びまくりました。



4263.Re: (untitled)
名前:ラリー・ベル    日付:2013年12月30日(月) 22時58分
近付く5合目避難小屋、周り一面の雪景色に対し屋根にベイントされた朱色がほぼ見える程にまで雪を溶かすのは?、屋内を覗くも曇るガラスでイマイチ見えない状態、入ると…ドゃさッ ところてん さんでは(o^_^o)、お久しぶりでした。ストーブでお湯を準備して…、ボトルを開けて… 仲間の男性とお喋りを交えての「特訓」はさぞかし苦行の連続(*≧m≦*)だった事と思います。黎明の頃に入山して着いた暗い頂上は2人だけの静かな空間。その頂上を後にして戻った5合目で始まった特訓( ̄ε ̄)、最初の一口は五臓六腑にジンワリしみて…(^-^)v。 当日の苦行の成果を試す日まであと1日(^-^)ですねッ よい お年をお迎えくださいッm(_ _)m。

4254.竜王山分岐を見上げて 返信  引用 
名前:落第忍者    日付:2013年12月29日(日) 15時5分
Original Size: 640 x 480, 48KB

ラリ−・ベルさん、こんにちは。

7時前に駐車場に到着した時には、既に数台の車はもぬけの殻。
冬になるほど出足の早い人が増えるみたいです。
まっさらの雪を踏む気持ち良さは格別ですからね。

行者コバで早くも下山される単独者に遭遇。
冬道の途中で2人の若者が降りてきました。
この2人、つぼ足で竜王山分岐を目指したようですが、途中で断念した模様です。
7合目でスノーシューを履いていましたので、そのまま北の頭から980メートルくらいまで無垢な雪面に足跡を残すことが出来ました。

雪も多くて、霧氷も大きく成長していましたので、十二分に冬の綿向山を堪能したのは言うまでもありません。
http://ict.easymyweb.jp/member/rakudai-ninjya/default.asp?c_id=38697



4262.Re: 竜王山分岐を見上げて
名前:ラリー・ベル    日付:2013年12月30日(月) 21時56分
7合目でお声掛けをいただくのは…?、前回とは違ったスタイルだった為に気付くのが…(^_^;)。落第忍者さん こんばんはッ、昨日は早い入山だった様ですね。早い時間帯の上部にはガスがあったのですが拝見する写真でも天候の回復が分かる様です。ご自宅から手頃な距離で楽しめる綿向山です(*^_^*)、限れたお正月休みを使いジャンジャン来山くださいねッ お待ちしております。 落第忍者さん よい お年をお迎えくださいッm(_ _)m。

4256.(untitled) 返信  引用 
名前:s田でーす。    日付:2013年12月29日(日) 21時38分
湖南市のS−田でーす。今日はラりーベルさんにお会いできると思って
いなかったので「お声かけ」して頂き、有難うございました。
今季初の積雪に感動いたしました。大津市からのご夫婦の方は5合目からの「琵琶湖。比良山の眺望」7合目の「樹氷ーーー」に感動された様
子で〜〜〜〜〜「これから毎週きまーす」との事でした。
今年も残り2日となりました、新年度も「綿向山」で体力アップをさせて頂きます。「綿向山を愛する会」のみなさんに感謝を申し上げお礼の
言葉とさせて頂きます。



4261.Re: (untitled)
名前:ラリー・ベル    日付:2013年12月30日(月) 21時36分
前回にお互いに晦日の入山を約束していたのですが…、押し迫ると色んな用事がありますねッ(^_^;)。 S田さん こんばんはッ、昨日は時間が経つに連れ最高の天候になりました(o^_^o)、登頂されるまでは静かな一時もあったのですが( ゚∇^)次から次ぎへと増える登頂者…賑わいました(*^_^*)。 お会いされた大津のお2人は私も朝の登山口小屋でお会いしました、お2人は初めて(#^.^#)の綿向山とお聞きしています、ヾ(^▽^)ノ感動された綿向のド壺にドっぷりハマッテ頂ける事でしょう(^з^)。明日は大晦日 S田さん よい お年をお迎えくださいねッ。2014年も綿向山でお会いしましょう。

4255.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2013年12月29日(日) 20時30分
Original Size: 500 x 667, 88KB Original Size: 500 x 667, 90KB Original Size: 667 x 500, 78KB

 押し迫ってきましたね2013年、また予報通りの寒気が入り冷え込んだ様です。走るR-477から観る綿向三山は3合目から上がガス被われそのガスが上がる事に期待して入山です。入った御幸橋駐車場には既に20台以上の駐車が見られ急ぎ入山となります。歩く北畑林道にも少しの積雪が見られる中に着いた登山口、入った表参道は少しの雪の中に地表が見られ進むに連れ雪は増え、2合目〜3合目と進む間に土の見えない雪道へと変わります。3合目カラ谷作業道では15〜20aの積雪、参道を進むに連れ雪は前回23日と変わりなさそうな雪量です。その参道の雪は多くの入山者によって踏まれ圧雪になっていますが未だ凍結は見受けられずアイゼン未装着でも歩ける様です。着いた5合目避難小屋、ガスは上がり綺麗な青空の下に観える展望は遠くは京都・愛宕山と連なる比良の山々、また空気が澄んでいる様で比良の裾野にはびわ湖がスッキリと観れる展望、また周辺には前回にはなかった白く刺々しくなった樹々が観られ近付く本格的な冬が感じ取れる事と思われます。小休憩を後に進む参道、付近の雪は少し積もったのか?前回より参道が狭く感じられます、マナーを遵守してのスライドにご協力ください。 着いた7合目の雪も増えている様で40〜50a、またブナ林の白い枝も青い空のキャンバスに映えてはいますが…。 今日はその7合目でアイゼンをは装着して入る冬道、雪は前回と変わりは無い様にも思う中に所々で感じる凍結、アイゼン未装着者もいた様ですが下りには要装着 携帯をお忘れなく。着いた頂上マイナス4℃・晴れ・積雪40〜60a・ほぼ無風・北方は霞、南に伊勢湾 渥美半島&神島の展望・入山者約60名。

写真左・前回には観られなかった5合目での1枚、

写真中・おん、ころころ、せんだり まとうぎ そわか?…、ではなく 
のうまく、さまんだ、ばさらだん…と聞いたような?…合掌・行者堂

写真右・次回には♪シリセードが楽しめそうな頂上。



4257.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2013年12月29日(日) 22時17分
Original Size: 500 x 667, 77KB Original Size: 667 x 500, 86KB Original Size: 500 x 667, 69KB

着いた5合目での撮影中にお声掛けを頂くのは…町内在住の対中さん、当然カメラ片手の下山ですねッ。朝の頂上はイマイチの空模様でしたが下山の途中からは青空が広がり白い山と青い空が下山を遅らせた事と予想しています。 近付く5合目小屋のガラスは既に曇り聞こえる話し声、入ると何やらψξφσ…と♪楽しまれているのは町内在住のトコロテンさんと仲間の男性、お久しぶりでしたねッ…ってかテンションかなり上がっていましたょ。お聞きすると、お正月用の肝臓に♪調整中とか?、また今日も早いのでは…の問いには4時過ぎの入山との事、夏も冬も一緒の様です。 冬道を前にアイゼンをと寄った7合目でお声掛けを頂くのは…?、今日もスタイルが違うために気付くのが遅れました、落第忍者さんでした 前回の予告通りに入山頻度が多くなって来た様で、今日も歩きまくりの撮りまくりだった事と思います。 着いた頂上では♪ハぁ〜ィのお声掛けは湖南市のエドウィンさん、今日は何時もの御在所でなく綿向との事、鈴鹿スカイラインが通行止めになりました、最寄りの綿向にドシドシっ来山くださいねッ。頂上の雪と眺望を楽しみ下山を始めた頃には 鍋焼きうどんさん&M山のMさんに…スノーシューを履いて北尾根までとの事、またその後ろからは会員・長谷川さんがヒィ〜ヒィ〜っ乱れる息で曰く…山行を休むとアカンらしいそうです。 年末ですね〜ッ!多くの皆さんにお会いする中に現われたのは湖南市のS田さん、何時も投稿ありがとうございます。今日は頂上を楽しみ下山の5合目での昼食、その5合目では…そしらなくても揃いますね日頃の顔ぶれが。  今年の綿向も最後か?、また行かせて頂けるのか?、上手く調整をして…と攻略方を練りながら下り1合目を過ぎた付近では湖南市の深田さんと…奥さまに、ご主人の健脚に勝るとも劣らない脚でお二人お揃いでジャンジャンっ来山くださいねッ お待ちしております。

写真左・頂上から向う北尾根・幸福ブナ方向、例年この付近(右側)には「雪庇」が現れ要注意、

写真中・北尾根から振り返り綿向方向、太陽光と雪の眩しさで目に悪影響を及ぼす恐れがあります、部屋を明るくして、またお子さまが居られるご家庭では十分に離れてご覧ください、

写真右・頂上東側斜面、興奮度がピークに達した方は深呼吸をしてゆっくりご覧ください。  



4259.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2013年12月29日(日) 23時14分
Original Size: 500 x 667, 88KB Original Size: 667 x 500, 72KB Original Size: 667 x 500, 83KB

写真左・午後に陽が当たり始めた5合目、

写真中・先日にお伝えした「冬期用駐車場」が準備されました。御幸橋Pの満車時、また同駐車場までの道路条件が厳しい時などにご使用ください。西明寺口バス停までは約250〜300bかと思われます、また他に同バス停から左へ60〜70b進むと左側にもあります、「小さいP看板」を見逃さない様にご注意。凍結したスリリングな登りと下りを過ぎて近付く御幸橋Pが満車の場合は、御幸橋を渡り左折し未舗装道を川沿いに進み約150bの夫婦松・手前の右側にもあります、この場所は地表が緩い為にAWD車にお勧めかと思われます。

写真右・下山後に観る綿向山・頂上周り。

 2013年もあと2日となりました、綿向山を愛する会・綿向山ファン、また今年お会いさせて頂いた皆さん よい お年をお迎えください。



ページ: |< << 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb