[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





4167.先日はありがとうございました! 返信  引用 
名前:くむら    日付:2013年9月25日(水) 13時7分
こんにちは。投稿遅くなりました。土曜日に初綿向山登山したくむらです。写真載せていただきありがとうございました!
山頂には12時半に到着しました。子供の足に合わせると、思ったより時間がかかりました。
子供の足では危なげな箇所が結構あり、下の子が落ちないか・・・心配していたら、上の子が足を滑らせてしまい・・・尻もちついたので良かったですが、ついてなかったら、怪我してたかも・・・。
頂上では、他の登山の方々に、小さいのにすごいね!!って声をかけてもらい、嬉しそうにしていました。
幼稚園児には難易度が高い山だったかな?と個人的に思いましたので、もう少し他の山で経験をつんで、また挑戦したいと思います。

ラリー・ベルさんに声かけて頂き嬉しかったです!
帰りに日野観光協会さんで、バッヂと鹿肉缶詰を買った時に、協会の方に話をしたら、ラリー・ベルさんかな?とおっしゃってました^^
またお会いできるのを楽しみにしています!!



4169.Re: 先日はありがとうございました!
名前:ラリー・ベル    日付:2013年9月26日(木) 21時17分
21日の綿向山…ご家族で存分に楽しまれた様ですねッ、くむら さんこんばんはッ 投稿ありがとうございます(^^ゞ。台風で荒れた登山口までの林道を見て(;゜ロ゜)先の工程に不安を感じながら?入った表参道、吹いた風により小枝などが散乱する中を幼いお子さまと目指す頂上、途中には台風の爪痕が数ヶ所(゜o゜;)その難所を慎重に尻もちをつきながら歩いてご家族皆さん揃っての登頂ヾ(^▽^)ノ。 着いた頂上からの遠望はイマイチだった事と思いますが目線の高さに初めて観る鈴鹿の山々、また頂上では他の登頂者から送られる子さまへのエール(^-^)/~~、目を閉じると…お子さまのドヤ顔♪〜( ̄ε ̄)が浮かんでまいりますッ。 当日は少々荒れた綿向山になってしまいましたがご家族皆さんで楽しまれ、また良い思い出作りが出来た事でしょう(^з^)。 去った台風の後には一気に気温が下がった様です、これからが楽しめる旬間の綿向山となります、次回もご家族 お揃いで当日にインプットされた表参道or頂上へ…お待ちしておりますm(_ _)m。

4165.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2013年9月21日(土) 21時10分
Original Size: 667 x 500, 78KB Original Size: 500 x 667, 108KB Original Size: 667 x 500, 76KB

 先日の台風18号が運び込んだ雨…凄かったですね〜ッ、また吹いた風も侮れず綿向神社の西に古くからある太田左衛門尉の屋敷跡に立つ樫の木までが南向きに倒れてしまい…復旧を望むばかりです。 各地で大きな爪後を残したその台風の影響は如何なものか?と向う御幸橋駐車場、途中に追い越したママチャリにザックを載せた来山者は・・・?この場で紹介するには時期尚早?乞うご期待。入った駐車場には既に2台の車が、準備を整え即スタート。 横を流れる西明寺川の濁りは無くなったものの水量は通常に比べ多いのが一目瞭然…降った様です。 砂防ダムを過ぎ歩く北畑林道では…右の斜面からドッサリと土石が、また前回より大型の杉の木(15〜20b級)が林道を塞いでいますが越えられます「足元注意」、直ぐ後には倒木が塞ぎますが潜って難無くクリアです。 入った表参道は湿りも無く、また杉の落ち葉が散乱していますが大きな支障も無く快調に進める筈です。3合目を過ぎ歩く参道には降った雨に土が流されたのか?足元には小石or岩が目立っている様にも感じられます。着いた5合目…確実に居りますスズメ蜂、同小屋での休憩は避けられた方が無難な様です。支障なく快調に進んで入った「風呂ノ谷」は左斜面からの崩れた土があります、量としては少ないですが慎重に進んでください、また同谷を流れた雨水によって木橋の手前の参道が削られ約30aほど低くなっています、足元を選びゆっくりと進んでください。 風呂ノ谷を過ぎ金明水が近付く…前回にもお伝えした谷は 案の定参道が雨水により遮断されています、風呂ノ谷同様に足元に注意して渡ってください。 着いた頂上・気温20℃・晴れ・北西の風・遠望は霞の為にペケ・入山者30名以上。

写真左・北畑林道の現状、砂防ダムを過ぎるとお目に掛かれます、過ぎると倒木ですが今は潜れる高さ容易に潜れます、

写真中・この流された参道は風呂ノ谷、低い為に足元に要注意、

写真右・気温20℃と青い空の頂上には…次回はここまでママチャリでと企てているのか?、はいッ!竹村○一郎さんですねッ。



4166.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2013年9月21日(土) 22時27分
Original Size: 667 x 500, 93KB Original Size: 667 x 500, 102KB Original Size: 667 x 500, 87KB

着い誰も居ない朝の頂上、♪涼しい風に揺られるススキと見上げる空に感じる秋の気配…と楽しむ中に聞こえる階段を上がる登頂者の足音、参拝が終わるのを待ってお声掛けをしたのは町内在住の竹村さん、お久しぶりでしたねッ 頂上でのお話は0.8%の消費税から綿向上空をセントレアAPにアプローチする飛行機に至るまで…ボリュームのあるお話は♪楽しかったです。 登頂直前にお会いしたのは東近江市の太田さん、お久しぶりでしたねッ、今回の綿向は1番登頂では?朝早い入山の様です これからが楽しめる綿向山ですドシドシっ来山くださいねッ。  下りる7合目付近では甲賀市からの まっすぐ さん、先日の台風で地元の飯道山も雨の被害が出たとの事です、綿向にも多少の影響がありましたが今日 観て頂いた通り最小限に止まり幸いです(登山口までは大荒れですが)、例年通りこれから冬季に掛けお会いする頻度が多くなる事と思っております。  3合目あざみ小舎付近では、仕事と学校の休みを使ってのファミリー登山を楽しまれるのは くむら さんファミリー、少し遅れた入山の様でしたが好天下の表参道を歩いて目指す頂上、ご家族の思い出となって、またアルバムを飾る事と思います、次回もご家族でゆっくりと楽しめる綿向山へ皆さんお揃いで おいでやす お待ちしております。

写真左・表参道・金明水手前、流された参道を飛び越えずに足元を選んで確実に…、

写真中・くむら さんファミリー(東近江市)・・・ブレてしまいました(謝)、

写真右・刈り取りが終わった何時もの田んぼ沿いに咲く彼岸花と綿向三山。 


4160.ラリー・ベルさん こんばんわ 返信  引用 
名前:渡辺@甲南    日付:2013年9月17日(火) 19時8分
 いつも綿向山の情報発信有り難うございます。
 連休の遠出予定を台風に無残に打ち砕かれ、昨日は(区役員+消防団なので)早朝から招集され、土嚢作りと地域のパトで10時にようやく解散。
 ストレスが溜まり溜まって、家に帰ってから自棄(やけ)ビールと自棄ワイン。
 今日は台風一過の晴天で、被害に遭われた方には申し訳ないのですが
休養日にと休んでいたので、久しぶりに綿向に足が向きました。
 10時頃駐車場に着きましたが、既に4台程車が止まっており二日酔い登山を反省するばかりです。
 階段を登って直ぐの石積みの砂防ダムから林道に大量の土砂が流れ、木々も数本倒れておりました。少し上のコンクリート製の砂防ダムから、接触変成岩の案内のある所の砂防ダムから、もうひとつ上の砂防ダムから、計四ヶ所から土砂が流れ出していましたが、難なく乗り越えられます。
 山道は木々の枝が多数落ちていますが、特段危険箇所は有りませんでしたが、強いて言うなら風呂ノ谷付近でしょうか。
 膝痛で2ヶ月ぶりの山でしたが、涼しかったので2時間程で頂上に到着。展望はまずまず、近くの山々はくっきりと見え、鈴鹿からいらっしゃった方に「塩見が見えるよ」と教えていただき、カメラの望遠で見ると杉峠の上の恵那山の右手にうっすらと確認できました。
犬も歩けば棒にあたる。を実感した今日の綿向山でした。山でお会いできる日を楽しみにしております。



4164.Re: ラリー・ベルさん こんばんわ
名前:ラリー・ベル    日付:2013年9月18日(水) 1時42分
台風一過…杉峠の向こうに?…間違いなく2つの名山ですねッ(o^_^o)、渡辺さん こんばんはッ、早速の投稿ありがとうございます(^^ゞ。一昨日になりますが早朝よりご苦労さまでした(_ _)、今回の台風18号、近畿圏は進路の左側の為に風は…と思っていたのですが意外と強かった様ですね(^_^;)、風 以上の雨は凄かったですッ、その降りまくった雨の影響が綿向にも…案の定(~_~;)。 投稿を拝見する限り表参道には多少の支障はあるものの(風呂ノ谷は別話?)登頂は出来たとの事ヾ(^▽^)ノ。参道の修復に至っては重機などが入れない為に時間を掛け11/10までにぼちぼちと手足奉公で(^_^;)、また北畑林道に流れ込んだ土石には重機の搬入が可能な為に綿向生産森林組合・WAKにより排除される事と思います(`_´)ゞ。 11月10日・ふれあいDay…ぼちぼち所では無い様にも感じますが(;¬_¬)当日までに歩き易い表参道を参加者に、また山中では精一杯の お・も・て・な・しを皆さんへと…WAK・関係者 現在奮闘中でございますッ(*^.^*)。 今回は台風一過の綿向山情報ありがとうございました、 何時もの通り週末は入っております(#^.^#)、次回にもお会い出来るかも知れませんねッ楽しみにしておりますm(_ _)m。
PS)、深酒に注意しましょう。

4156.五合目小屋で 返信  引用 
名前:Miya    日付:2013年9月14日(土) 20時24分
ラリー・ベルさん、本日は気さくに会話に応じていただきありがとうございます。
やはりあの後靴ずれしてしまいました(^^;
しかも左右両方(笑
教えていただいた紙ガムテ貼り、今度試してみます。
ではまた。



4163.Re: 五合目小屋で
名前:ラリー・ベル    日付:2013年9月18日(水) 0時11分
足の具合は如何ですかァ?、Miyaさん こんばんはッ 下山後の投稿ありがとうございます(^^ゞ。スズメ蜂を退治ヽ(*`Д´)ノして入った5合目小屋、その小屋で応急の処置を施し向かう頂上、処置の効果の程は分かりませんが?着いた頂上ヾ(^▽^)ノからの展望は回復した天候により少しは楽しめたかも知れませんねッ。 ご自宅から南東に観える連なる三山はこれからが楽しめる山々です、目前に迫る地元の綿向山へジャンジャンっ登ってくださいねッ(*^.^*)、またお伝えした足への対処法…他にもある様ですがお試し下さいッ。次回にも見掛けられたらお気軽にお声掛け下さいッ 楽しみにいておりますm(_ _)m。

4155.久しぶりの山登り 返信  引用 
名前:かわの    日付:2013年9月14日(土) 17時10分
今日は、久しぶりに綿向山に登りました。やっぱり、山登りは良いですね。
気分がリセットされて、心が癒されます。

ラリー・ベルさん、今日も山の見回りご苦労様です。先程は声かけて頂いてありがとうございます。
ちょっと暑さが和らぎ始めたので、ちょこちょこ綿向山にお邪魔させて頂きます。



4162.Re: 久しぶりの山登り
名前:ラリー・ベル    日付:2013年9月17日(火) 23時34分
お久しぶりでしたねぇ〜ッ、また覚えて頂いていた様で…しぇしぇぇ〜ッでございます(^з^)、かわの さん早速の投稿ありがとうございます(^^ゞ。当日の綿向山はイマイチの天候と3合目までの暑さには参りましたが高度を稼ぐに連れ…涼しい風に吹かれ久しぶりに歩く綿向山を堪能♪〜( ̄ε ̄)された事でしょう。 先日の台風が去った後は空気が入れ替わった様に涼しくなった様にも感じます、目前に( ̄人 ̄)お彼岸を迎え季節は秋本番へと向かっています、これからが美味しい綿向山ちょこちょこ?…ガンガンっ来山下さいねッ。土曜日に入る様に心掛けています(#^.^#)何時かの土曜にと…楽しみにいておりますm(_ _)m。

4154.半年ぶりの綿向山 返信  引用 
名前:落第忍者    日付:2013年9月14日(土) 14時36分
3月末迄に4回でしたので、今日は今年の5回目でした。
今年は何処の山も良く乾いており、未だにヒルを見ていません。
このまま献血することなく過ぎればいいなと思っています。

山頂で久しぶりにお会いしたラリー・ベルさん、名乗って頂くまで判らなくて失礼いたしました。
ザックや装備が違うと判断に迷ってしまいますね。
これからの半期はもう少し通うことになると思いますので、次回はきっとすぐに判るでしょう。

http://ict.easymyweb.jp/member/rakudai-ninjya/



4161.Re: 半年ぶりの綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2013年9月17日(火) 22時55分
半年ぶりの綿向山は生憎の天候となりましたが(^_^;)三山縦走を存分に楽しまれた事でしょう。落第忍者さん こんばんはッ、当日に気合いを入れて朝一に入った綿向連山(o^_^o)、歩く水無山北尾根登山道を快調に進んで水無山頂上〜8合目へ?、着いた綿向頂上は生憎ガスに包まれ展望はイマイチでしたが残りの竜王縦走は久しぶり(^з^)、台風がまだ太平洋上にある嵐の前のなんとやら…物静かな三山縦走を楽しまれ事と思います。 これからの綿向三山ではあの暑かった夏以上に見所も増え楽しめる綿向となります(^^ゞ、残る半期ドシドシ来山下さいねッ、お待ちしておりますm(_ _)m。

4159.豪雨 返信  引用 
名前:なかむらよしふみ    日付:2013年9月17日(火) 2時3分
 豪雨は大丈夫でしたか。

4157.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2013年9月14日(土) 20時55分
Original Size: 667 x 500, 80KB Original Size: 667 x 500, 71KB Original Size: 500 x 667, 72KB

 週末になると天候が崩れるパターンに入っている様ですねッ、今回は太平洋上にある台風が気になる所ですが…。入った御幸橋駐車場には早くも1台の車が駐車、急ぎ準備を整えスタートするも先行者は見当たらず…早い入山の様です。その歩く表参道の暑い事…前回には風に吹かれ快調に進めたのですが風は全く湿度の高い参道は応えますね。着いた3合目カラ谷作業道に響くエンジン音は?…中電の鉄塔点検作業の皆さん、短いお喋りの中に出てきた今季の「蜂」は多い様ですね〜ッ…やっぱり。 山蛭どころで無い蜂を意識して歩く参道、3合目からは目にする蜂も無く着いた5合目・避難小屋。展望はイマイチ・曇天・気温は約20℃以上とたっぷりの湿度…その中に蜂は確実に居ります、前回に比べ気温が高く早朝にも関わらず確認できました、同小屋の裏 竜王側で巣に出入りする蜂が見られました、まだ小屋の屋内への侵入はない様ですが内壁から聞こえるカリカリ音…不気味ですねッ。細心の注意を払っての休憩、また同小屋は通過と対処してください。 その5合目を後に進む参道には下には無かった風に吹かれる中を順調に進んで入る「風呂ノ谷」、前回と同様に参道の崩れも無くスムーズに進めますが…明日からの雨がどの程度か?気になる所です。残りの参道を順調に進んで着いた頂上。気温20℃・曇り・南東の風・ガスッて展望はペケ・入山者20名以上。

写真左・5合目からの渋る展望、

写真中・頂上階段直下から観る水無山と霞む麓、

写真右・ガスの晴れ間の1枚、写る登頂者はお久しぶりの落第忍者さん。



4158.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2013年9月14日(土) 22時14分
Original Size: 512 x 384, 48KB Original Size: 667 x 500, 87KB Original Size: 667 x 500, 80KB

着いたガスる頂上には案の定1番登頂の単独男性が休憩中、お声掛けの後に分かった男性は…お久しぶりでしたねッ 落第忍者さん、朝一に水無山に入って三山縦走、生憎の天候となってしまいましたが久しぶりの綿向山、縦走を楽しまれた事でしょう。  南東の風とは言え汗ばんだ身体は冷え始め、また展望の無い頂上を後に始めた下山。 9合目を下った付近でお会いしたのは…お久しゅうございました甲賀市からの かわの さん♪じゃッぁあ〜〜りませんかッ、独りを楽しみゆっくりと歩く表参道、着いた頂上はイマイチの空模様となりましたがガスる幻想的な頂上も…、次回は好天狙いで秋の綿向山にジャンジャンっ来山くださいねっ お待ちしております。  進む6合目付近ではお久しぶりの五十嵐さんパーティーに、今回は物静かな少人数の様でしたが次回は紅二点も参加頂き賑やかなパーティーで来山くださいねッ。  戻って来た5合目小屋、蜂が見られる中に小屋内で足の手入れをされているのは町内在住のMiya
さん、新品の靴が微妙に合わないとか?、お伝えした方法を是非 お試しくださいッ 少しは和らぐ事と思います。 その5合目でお声掛けを貰ったのはmother_lakeさん、長い間遠ざかった山行、これからは季節も楽しめます、ゆっくりと脚を慣らして旬の綿向にドシドシっ来山くださいねっ。

写真左・ぶん ぶん ぶん♪はちがとぶ おうちのまわりを…ってな事を唄ってはいられませんッ、矢印が示す付近で出入りを繰り返しています要注意、

写真中・今日の風呂ノ谷、今回の台風がもたらす雨が心配です、

写真右・下山後の綿向三山、朝に比べ天候は回復した様ですが…。


4151.お久振りでした。 返信  引用 
名前:谷  好未    日付:2013年9月10日(火) 12時43分
四季折々にいつも身近に訪れることができる。今日も天候見合いで朝からせわしく登って来ました水口の谷です。久しぶりにラリーベルさんにお会いし、また下山時に4合目辺りで横山さんに山の情報もいただき楽しい立ち話でした。5合目小屋の「蜂」の件ですが、澄んだ青空の飛行雲と比叡・比良の景色が素晴らしくて、カメラを構えていたところ、虻と思って叩いたら少し大き目の蜂にびっくり!。刺されずに済みましたが・・・この時期要注意です。イベントご苦労さまですが、また仲間で寄せていただきます。



4152.Re: お久振りでした。
名前:よこやま    日付:2013年9月10日(火) 22時30分
すっかり空は秋色。
虫の声が爽やかです。

谷さん、お久しぶりでした。投稿ありがとうございます。
短い時間でしたが、山の話しが弾みましたね。
この夏は猛暑の影響かアブやブヨに悩まされましたが、秋になってスズメバチの動きが活発です。
五合目小屋裏のテ−ブル付近には近づかないようにしたいですね。
向かって来るスピードには、戦慄を覚えました。
綿向山の日まで、あと二ヶ月と迫ってきました。 ご来山いただく多くの皆様を安全に楽しくお迎え出来るようにと、WAKのメンバーと共に願っています。
当日お会いすることを楽しみにしています。
昨日はありがとうございました。


4153.Re: お久振りでした。
名前:ラリー・ベル    日付:2013年9月11日(水) 20時6分
一昨日の綿向山は好天に恵まれ夏とは違った綿向を存分に楽しまれた事でしょう♪〜( ̄ε ̄)。前日までの雨・曇り空も嘘の様に晴れ渡り思い出の1枚をとカメラを構える5合目では(((゜д゜;)))間一髪との事、退治が済むまで5合目はスルーが安全策(^з^)の様ですねッ、また下山後には色々とご協力を頂いた様で(^_^;)ありがとうございました(_ _)。暑さ寒さも…まで(^_^)お彼岸を過ぎると今以上に気温も下がり本格的な旬に近付く綿向山です、是非 仲間皆さんお誘い合わせで来山下さいッ、また11/10も…お待ちしておりますm(_ _)m。

4149.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2013年9月9日(月) 22時52分
Original Size: 500 x 667, 83KB Original Size: 500 x 667, 97KB Original Size: 667 x 500, 77KB

 WAK会員・綿向山ファンの皆さん こんばんはッ、各地で記録を残した暑い夏も終わり過ごし易い気候になってきました。先日までの曇天も見事に回復、その好天下の綿向山に久しぶりの入山となります。 入った表参道には足元をすくわれる様な湿りも無く快調に高度を稼げます、台風崩れの低気圧に伴った大雨による参道への大きな被害も無く順調に進んで着いた5合目・避難小屋、前回にも投稿を貰った同小屋に現れた「ハチ」…は気温が低い早朝の為か?全く目にする事無くゆっくりと休憩が出来たのですが…、数時間後に「キイロスズメバチ」と断定された様です…素人には手に負えない強敵です、駆除当日の私はキンカンを手にしてあざみ小舎での救護班を務めさせて頂きます…悪しからず。その5合目での休憩を後に進む参道、滲む汗を拭う様に吹く涼しい風に導かれ快調に進み入った風呂ノ谷、雨による参道の崩れなどはありませんが渡る木橋は滑り易い状態となっていて要注意 慎重に渡ってください。また金明水手前では沢を流れる大量の雨水によって参道が一部削られています、歩くには支障はないと思いますがご注意ください。残る頂上までの参道には何ら支障も無く順調に進んで着いた頂上。 気温17℃・晴れ・ほぼ無風・北東方向…もう少しガスが上がると御嶽がの展望、振り返る南方には知多半島先端、神島、伊勢湾までが本日朝の展望・入山者11名。

写真左・5合目からの展望と青い空に現れたのはこれからが忙しい…ブルーインパルス?、

写真中・秋でございます・表参道6合目、

写真右・気温17℃・ほぼ無風・快晴…最高の山日和です。



4150.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2013年9月9日(月) 23時57分
Original Size: 667 x 500, 75KB Original Size: 667 x 500, 96KB Original Size: 667 x 500, 84KB

久しぶりに着いた頂上、一番に観る展望はまずまず北方向は残念でしたが次回に期待をと南方の展望を楽しむ内に気付く雰囲気の違う頂上、…?草が刈ってある様です、下山後に確認した所WAK会員・綿向生森でもないとの返事…何方かが?事前の連絡をお忘れの様ですね、地権者でもある綿向生産森林組合の了解を得る様にお勧めします。
久しぶりの頂上を後に下りる参道、金明水付近でお会いしたのは甲賀市から来山の谷さん、お久しぶりでしたねッ 暑すぎた今年の夏は高くて涼しい山々を楽しまれた事と思って居ります、これからの綿向は本格的な秋を迎え今日 以上の綿向山が観られます、ジャンジャン来山くださいッ お待ちして居ります。

写真左・時間が経つに連れ湖南の空はこの様に…9千〜1万2千b上空に描かれた落書き?(9合目付近)、


写真中・お伝えした金明水手前の崩れた参道、左側から流れた大量の雨水により以前に備えておいた大きな石が流されています、残る参道下には大きな石は無く踏む位置によっては崩れる恐れがあり要注意です、

写真右・下山後に観る綿向三山と刈り取りが間近となった何時もの田んぼ。



ページ: |< << 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb