[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





6273.ラリー・ベル様 返信  引用 
名前:30代松尾民    日付:2020年9月27日(日) 13時27分
本日7合目にてお会いして、お話を聞かせていただいた者です。
登山道を整備していただきありがとうございます。
お陰様でいつも気持ち良く安全に綿向山を楽しませてもらっています。
今回直接お話を伺う事が出来、私も微力ではありますが見掛けたゴミを拾う等少しでも綿向山に貢献出来ればと思いました。
またお会い出来るのを楽しみに綿向山に通いたいと思います。



6280.Re: ラリー・ベル様
名前:ラリー・ベル    日付:2020年9月30日(水) 10時12分
 地元の⛰霊峰・綿向山での🧹清掃奉公を…町民の鑑( ̄3 ̄)みたいお言葉ありがとうございますッ。30代松尾民さん こんにちはッ、早速の✏投稿ありがとうございます( ̄^ ̄)ゞ。当日は朝から🌂小雨が降りイマイチの空模様の中、久しぶりに?歩く湿った表参道👣、その参道で快調に高度をか稼がれる頃には💧雨は止んで😤順調に進んで着かれた頂上٩(^‿^)۶。天候の回復が遅く、👀展望のない真っ白で💢( ̄ー ̄)風の強い、また🌡気温が低い今までにない頂上になったかと思います。次回は☀好天狙いで、回収袋&トングを手にしての入山♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪…💡あッ❗回収作業は大変嬉しいのですが、参道を大きく外れて等の急斜面などには見えない😱危険が潜んでいて大変危険です、それはそれでスルーしてくださいねッ、大事なのは😊ご自身ですので…。綿向山を愛する会では会員を募っています、\野口英世さん1枚を✊握りしめて町観光課・感応館へ…、明日から松尾民さんも✨会員と成られる事でしょう。次回にも👀見掛けられたら🎶お気軽にお声掛けくださいねッ。

6276.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2020年9月27日(日) 20時35分
Original Size: 442 x 589, 174KB Original Size: 554 x 416, 188KB Original Size: 692 x 519, 112KB

 先日25日にコロナ禍の中に今年のお彼岸が終わり、また刈り取りも終わった頃からは各地区での運動会など…スポーツノ秋となるのですが…残念です。今回は前回に続き、表参道上に落ちた土石を排除をと入山です。自宅を出かける頃には路面が濡れる程の降雨、予報が伝える「しだいに…」に期待して入った御幸橋駐車場。駐車台数は6台…皆さん早いですねッ。準備を整えスタート、見上げる空は曇天、降ったら即にと雨具をザックの上部にスタンバイさせて歩く表参道。昨日までの雨で少し湿った参道になりますが、奴ら(山蛭)の気配はなく快調?…順調に高度を稼いで着いた3合目・あざみ小舎、驚きで!でございます、前回には見られなかった倒木(太目)が一番に目に入る事と思われます。7月に同小舎からカラ谷作業道への近道?を封鎖したバリケードめがけて、造ったバリケードが、遮断機より強力なバリケードになった様な…、その倒木は揺すってもビクともしません、接近はご遠慮ください(地権者には連絡済)。あざみ小舎での小休憩を後に歩く参道は前回同様に妨げも無く順調に歩いて着いた5合目・避難小屋。小屋内には整備用の備品が仮置きされていますが…誰が散らけたのか?屋内を整えリスタートと屋外出ると雨が…、小降りを見計らって5合目を後に再びの表参道。細かな雨を感じるなかに着いた7合目。…予報が伝えた風が吹き始め汗で群れた身体を雨具に頼り7合目を発って入った「風呂ノ谷」。昨日に降った大雨の影響も無く慎重に通過して目指す頂上。先日に修復された階段(完璧な階段まではあと少しとの事)を上がって着いた頂上。

頂上気温16℃・曇り・やや強い北西の風・広がる御嶽の裾野が、上にはぶ厚い黒い雲が・入山者43名以上。

※下山時には前回に続き参道の手直しor整備を行いながらの下山を予定でしたが、道中これは?…の箇所に手間取り3合目以下は手付かずの状態、次回をと予定しております。

写真左・朝の表参道でお会いした大先輩お2人…山話しがお題の様です。

写真中・ドゃさッ!バリケードがパワーアップした様ですッ(あざみ小舎前)。

写真右・曇天の下、1人・2人と登頂者が増え始める頂上。



6277.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2020年9月27日(日) 21時46分
Original Size: 431 x 575, 190KB Original Size: 431 x 575, 162KB Original Size: 575 x 431, 142KB

 御幸橋駐車場を発って立ち寄った0合目・出合小屋、小屋内からは話し声が…出て来られたのはッ?、めっちゃお久しぶりでしたねッ。日曜日が毎日のサンデー毎日さん(会員・三重・鈴鹿)、今回は旬の秋をカメラにと入山とお聞きしましたが…時期尚早チョっと早かったみたいですねッ。暫くの参道を一緒して頂きありがとうございました。次回は秋本場の綿向へご愛用のカメラを相棒に来山して頂き錦秋の綿向を♪バチバチっと…。これからは日に日に気温も下がり本格的な秋となりますが、無理のない快適な山行をお楽しみくださいねッ。

その参道をサンデー毎日と歩く最中に背後からのお声掛け、少し距離があった為に暫くは???でしたが、追い上げて来られたのは…ドゃさッ柴田さん(湖南市)じゃッぁあ〜りませんか。お久しぶりでしたねッ、危険な暑さと伝えられた今年の夏、その暑さを拒んでいたのは私だけではなかったみたいです。3合目からは熱中症経験者2人で歩く涼しい表参道、道中では少しの雨に遭いましたが、お喋りを♪弾ませながらの登頂は楽しかったです。次回もお会い出来る事を楽しみにしております。

あざみ小舎での休憩中にお会いしたのは山口さん。お会いして直ぐにお腹の具合がとの事で何処かへ?、私の想像ですが…出たッ・スルーっと・笑っちゃいますョの、あのごぼう茶効果では?。次回はゆっくりと一緒してくださいねッ。

写真左・あざみ小舎前の倒木を別の角度から、弓なりにシナル木…接近は厳禁の様です。

写真中・3合目直前の階段、1段目が高過ぎるために1段追加しておきました。もう少しデカイ石はあったのですが、ビクともしないために…悪しからず。少しは上がり易くなる事と思います。

写真右・何時もの定点から見る綿向と…やっと咲いたようです。


6271.(untitled) 返信  引用 
名前:京都から綿向山へ    日付:2020年9月22日(火) 20時16分
昨日はありがとうございました。
下山の時にお会いした京都からの登山者です。
久しぶりの登山でしたが、道も標識も整備されていて安心して歩けました。
次回は、秋、そして冬に行きたいと思います!



6272.Re: (untitled)
名前:ラリー・ベル    日付:2020年9月23日(水) 20時37分
 一昨日の⛰綿向山、最高の☀秋空の下 存分に👣歩かれ、間近に迫る本格的な🍁秋を感じ😃られた事でしょう。京都府民さん⭐こんばんはッ、お約束の✏投稿ありがとうございますッ( ̄^ ̄)ゞ。当日は冷んやりする☀朝を迎え気持ち良い空気の中を👣歩く久々の表参道、その行先を遮る✋障害物もなく快調🤗に高度を稼いで着いた久しぶりの頂上♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪。賑わう٩( ᐛ )وその頂上からのチョウ〜遠望👀はオアズケとなりましたが、秋空の下に見える眺望を楽しまれた事と思います。…5合目からも見えていましたが、⛩愛宕山確認されました?。 これからは日に日に、また降る☔雨の度に気温が下がり本番の🍁秋が♬楽しめるかと錦秋の、また白衣装を纏った⛄白銀の綿向山へ。✨樹氷を潜って着いた頂上からは、冬のクリスタルな空気を透して見る👀チョウ〜遠望‼٩(^‿^)۶。山友仲間お誘い合わせ📞で おこしやして おくれやす。     💡…冬山装備をお忘れなくm(_ _)m。

6267.2020/09/20晴天綿向山 返信  引用 
名前:虹の佐藤    日付:2020年9月22日(火) 9時34分
Original Size: 640 x 480, 103KB Original Size: 640 x 480, 107KB Original Size: 640 x 480, 110KB

ご無沙汰しています。
ラリーベルさん。
以前よく合いましたが、この頃は、お会いするタイミングが合わないようですね。
またお会いできますこと楽しみにしています。
久々に写真を投稿させていただきます。



6270.Re: 2020/09/20晴天綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2020年9月22日(火) 19時52分
 一昨日の来山だったんですねッ。🌈虹の佐藤さん 🌇こんばんはッ、久々の✏投稿ありがとうございますッ( ̄^ ̄)ゞ。当日の朝はイマイチ☁雲が目立つ空模様でしたが、時間が経つに連れて天候は☀回復し🍁秋の綿向山を楽しまれた事でしょう(^_^)v。久しぶり?の頂上も天候は☀回復し持ち込まれた佐藤さんの愛機、🌈虹フライヤー号も秋の空気密度が高くて固い空気を、ローターで十分に揚力を得て頂上上空からの📷撮影。拝見する頂上を下に見る1枚は、朝の早い時間帯だったのか?登頂者が少ない様ですねッ。次回も愛機を仲間にして、また十分な⚡充電を済ませて、今回以上に冷えたより固い空気の反応をスティックに感じて、🍁燃える様な、また白銀の頂上を📷…、楽しみにしておりますッm(_ _)m。

6265.秋の綿向山ラリーさんと再会  返信  引用 
名前:もくれん    日付:2020年9月21日(月) 21時20分
 20年くらい前、初めて綿向山へ来て7合目の行者コバでバテてた時、
ラリーさんにお会いしました。
 今日は骨折後のリハビリ登山で、ラリーさんにまたお会いできました。
綿向山の名前の由来や山小屋を作った時の事など、他にもいろいろお話を聞かせて頂きました。綿向山愛がびしびし伝わってきました😊
山小屋を作られた時の事や道の整備の事などお聞きして感謝の気持ちでいっぱいです。
そして今日は楽しい時間を過ごすことができました。
本当にありがとうございました。😊



6269.Re: 秋の綿向山ラリーさんと再会 
名前:ラリー・ベル    日付:2020年9月22日(火) 16時26分
 昨日の⛰綿向山👣表参道ではありがとう😊ございましたッ、声を出して(^o^)喋らないと私の😯記憶から遠去かってしまい…🤔。もくれんちゃん こんにちはッ、早速の✏投稿ありがとうございますッ( ̄^ ̄)ゞ。☀秋晴れの下、御御足🦵のリハビリをと歩く表参道、その背後から👣迫るのは😊山友には居ない…知らないオジサン、子どもの👧頃に教え込まれた…知らない大人には⚠っでしたが、大人となられた❤心の広い( ̄3 ̄)もくれんちゃんの事、快く🎤インタビュ〜に応えて貰ってから始まった✨ト〜クショ〜。多くの話題が続き、ぇえかげんに😂と思う頃には頂上に٩(^‿^)۶。怪我🩹をされてから初めての登頂だった事と思いますが、真上は紺碧の☀青空とチョウ〜遠望👀は利かないものの久々の頂上からの眺望を堪能(*゚▽゚)ノされた事でしょう。  昨日にもお聞き👂しましたが、以前にもお会いしていたみたいで…、綿向山✨デビュ〜の時の様でしたが、それも20年も前の事、良く覚えて…ってか昨日の話しに出て来た稗田阿礼みたいですねッ。  で 下山後の御御足の機嫌は如何な感じですか?、あまり無理をせずにしっかり治してくださいッ。次回お会いする時には、次の引き出しを準備して、また昨日は幾度か噛んだ感がありました( ̄▽ ̄;)ので🍤天ぷらor油揚げなどで整えて次回に備えておきます。 参道⛏整備はまずまずの進み具合、その中に一ヶ所は(((;゚Д゚))手に負えず…いぬのおまわりさん状態(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)だった事を終わりにお伝えしておきますッ。

6263.(untitled) 返信  引用 
名前:彦根の馬場さん    日付:2020年9月21日(月) 20時26分
子供達を連れての久々の登山⛰
いや〜何年振りでしょうか、😆
いつ来ても綺麗に整備されていてありがたいですごめん
下山時にもラリーさんにお会い出来て良かったです。
次回面白いお話しをしながら登れる日を楽しみしてまーす!



6268.Re: (untitled)
名前:ラリー・ベル    日付:2020年9月22日(火) 14時58分
 久々に麓から👣歩いた表参道、🍁秋の爽やかな☀陽射しが当たる9合目直前に下山する🤗子ども2人とスライド、なんか😱危なっかしいなぁっと想う後ろには…。マジでお久しぶりでしたッ🤩、彦根の馬場さん こんにちはッ、早速の✏投稿ありがとうございますッ( ̄^ ̄)ゞ。以前にお会いしたのが、いつだったか???ですが、近々💘結婚するねんッ❗ってお聞きした頃が最終だったかなぁ〜?と記憶しております。今回はご🎶家族揃って秋の綿向山、☀秋晴れの下、頂上ではご家族がサークルを作っての♬楽しい🍱ランチ、山での食事は✨特別美味しいもの、賑やかな😜お子さまたちが、最も静かな一瞬だった事と想像しておりますッ。次回もご家族が揃っての綿向山、好天☀狙いで来山くださいねッ。そのお会いした際には…馬場さんの💣爆笑ト〜ク😂を存分に💥炸裂させてくださいッ…何が出るやら🤩楽しみにしておりますッm(_ _)m。

6264.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2020年9月21日(月) 20時56分
Original Size: 486 x 648, 146KB Original Size: 648 x 486, 165KB Original Size: 648 x 486, 164KB

 危険な暑さと伝えられた夏も影を潜め、ようやく朝晩には秋の気配が感じられるようになりましたねッ。今回は、先日のようなハードなミッションは無く存分に🎶秋の綿向山…と行きたい所ですが、シルバーウイーク最中に工具を背にしての入山となります。明日22日は二十四節気・16番目の秋分の日、日が経つに連れ、また一雨の度に秋が深まり入山者が増える事を予測し(コロナ絡みで少ないかも?)例年の様に表参道の整備にと、ひとまずは頂上へと歩く表参道。今回は0合目からの入山となって暫く遠ざかっていた3合目までの参道には、歩きを妨げる様な大きな障害物も無く(小規模で土石が積もる所が…)快調に高度を稼げる事でしょう。その歩く参道の前には単独女性が…、早速🎶独占インタビュ〜でございますッ。お喋りが弾むに連れそのお喋りが、しだいに私のト〜クショ〜みたいに…猛省でございます。着いた5合目での小休憩中にはその女性との📷つぅ〜しょっとを…、日頃お伝えしている様に「恥ずかしがり屋}の私ですが…。撮影の後に再びの表参道、山蛭の気配も無く快調?…順調に脚を気遣って目指す7合目。着いた7合目では穏やかな季節の風を受けてのクールダウン、見上げる空には季節らしい青空が覗く下をリスタートして入った風呂ノ谷、フールプルーフ誰でも簡単…慎重に通過してくださいッ。
着いた頂上気温20℃・快晴・まずまずの眺望・入山者82名以上。

写真左・入山者が集まり始めた5合目、小屋を使用される際には扉・窓は全開に、退室時には戸締り確認にご協力くださいッ。

写真中・頂上から見る西側方向の眺望。

写真右・快晴下の頂上と…ご清聴に感謝申し上げますッ。



6266.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2020年9月21日(月) 23時13分
Original Size: 571 x 428, 198KB Original Size: 571 x 428, 182KB Original Size: 648 x 486, 60KB

 今回は久々の0合目からの綿向詣、気になる脚を気遣いゆっくりと歩く表参道。歩く先には単独女性が見えるもののその距離は離れず徐々に縮まって…てか縮めてお声掛けを…、お聞きすると脚を痛めてリハビリを兼ねての綿向山とお応え頂いたのは、もくれんちゃん…はいッ!あのヤマップに登場のもくれん姫でございますッ。同様にリハビリを兼ねての表参道をゆっくりと歩きながらの♪お喋りはほぼエンドレス状態での登頂。愉しい時をありがとうございました。次回3回目にお会いする時にはリハビリ中の御御足も完治している事と想像しております。

息を忘れる程に喋りながら歩く表参道、背後に感じる人の気配…メッサお久しぶりでした。会員・M山のMさん。今回は何時もの竜王からの縦走ではなく表参道のピストンのようで…、下山される時にも逢いましたが、相変わらずお忙しいようですね。

順調に高度を稼ぎ秋の陽射しをタップリと受ける9合目付近をはしゃぎながら下山をする2人の幼児、その後方から注意を促すのはお父さん?…ドゃさッ!馬場さん(彦根)じゃッぁあ〜りませんかッ。お久しぶりでしたねッ、お聞きすると上の子が5歳との事で…6〜7年ぶりかと。今回は奥方さまも加わっての綿向山、秋の好天に恵まれ存分に♪…お子さまのはしゃぎぶりで分りますねッ。ご自宅ではご夫妻共に、良いおもうさま・おたあさまをお勤めの事と思います。次回もご家族お揃いで おいでやす。

 頂上でのランチを済ませ眺望を楽しんだ後に、運び込んだ工具を手に下山を始め予め決めていた現場へと向かい作業の開始。例年個人的に作業を行う所ばかりですが、今回は頂上から5合目付近までで、今日はコレくらいにッ、それからの下は次回にもと計画をしているのですが…次の台風12号は近畿〜東海の辺りを狙っているような?、今後の進路、また風・雨量が気になるところですッ。

写真左・頂上へと向かう階段に打ち込んでいる「杭」が…、地表で折れた形跡は無く、また地中で折れた様でも無く(穴の中を探りましたが…)猿・猪たち獣が抜いた?とは想像が出来ません、昇り降りの際には「杭&板の有無に注視し」慎重な通過を強いられ要注意です。

写真中・何処の誰かが…とは想像したくはないのですが…。

写真右・昨日19日は彼岸の入り、定点からの撮影の中には時節の赤い花が入るのですが…やはり暑い夏が影響しているのか?。


6259.今日の綿向山  返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2020年9月17日(木) 21時2分
Original Size: 416 x 554, 173KB Original Size: 416 x 554, 145KB Original Size: 692 x 519, 136KB

 WAK会員・綿向山ファンの皆さんこんにちはッ、大変ご無沙汰をしてしまいました。一昨年に里での作業中に「熱中症」に陥ってしまい、今年の酷暑の中を単独での山歩きには危険を感じてその暑さに負けて伏せていたのですが、お盆が過ぎた辺りからは気温も…、と思う矢先に脚を痛めてしまい綿向詣でどころかリハビリ通いとなって益々遠ざかる綿向山でしたが、その脚もようやく完治?の様なコンデションまでに回復し今回の入山となります。今回の入山に際しては早速のミッションを与えられ、そのメニューの中には…イや〜ッな作業が含まれていて…、で躊躇する中に思い浮かぶのは何でもまぁ〜かぁせなさいッ!のWAK会長をお誘いしての久々の綿向山になります。痛めた脚を気遣いながらゆっくりと歩く表参道、少しの湿りはあるものの奴らの(山蛭)気配は感じられず徐々に高度を稼いで着いた5合目。小屋周辺の草or枝々を眺めながらの小休憩、その5合目から見上げる空には」青空が覗き予報が伝えたお昼頃からは…を思い出し休憩もそこそこに発って向かう7合目。着いた7合目直前には枯木が…先日の台風の爪痕の様ですね、参道に横たわるその倒木は参道沿いに移動させて参道を確保しておきました。行者堂前での小休憩を終えて入った表参道の難所「風呂ノ谷」、先日来の台風or大雨の影響も無い様ですが、狭い参道のために慎重に通過してください。風呂ノ谷を過ぎた後の参道にも台風による大きな被害・障害物も見当たらず快調に高度を稼ぎ、秋の綿向山を存分に楽しんで貰える事でしょう。  着いた頂上気温25℃・晴れ・南東の風・登頂時のガスも上がり遠望は利かないもののまずまずの眺望・入山者7名。

着いた頂上では、先ずは里宮・綿向神社の使いとしてのミッションを完了させてからの昼食と、登頂者皆さんとの🎶楽しいト〜クを弾ませた後には…。

写真左・先日の台風の爪痕?、参道を塞ぐ様に倒れた枯木は移動させてあります。

写真中・7合目行者堂前も元のレイアウトに戻しておきました。秋風を受けてゆっくりとクールダウンを…お勧めの7合目でございます。

写真右・久しぶりの頂上、ガスも上がり青空が…その頂上上空を斜めに西に向かうのは、セントレアAP12:28発の福岡行でした。



6260.Re: 今日の綿向山 
名前:ラリー・ベル    日付:2020年9月17日(木) 21時36分
Original Size: 442 x 589, 191KB Original Size: 589 x 442, 138KB Original Size: 692 x 519, 151KB

 WAK会長と歩く表参道、風呂ノ谷の状況をと時間をかけて通過し近づく8合目・水無山分岐には男性2名(若者)の入山者が休憩?とお声掛け。京都から初めての綿向との事で今回は、少しデンジャラスな水無からの縦走で綿向を目指すとの事。お喋りの中に出て来た🎶雪の綿向山、装備を揃え是非チャレンジしてくださいッ、次回もお2人お揃いでおこしやしておくれやす。

着いた頂上・お社の日陰で🎶ランチを摂られるのは、大津からのお2人の女性。前回には水無から目指す綿向途中で山蛭にコテンパンにヤラれて白旗、今回は蛭が3匹ほど少ない表参道を歩いての綿向山を存分に楽しまれ、また下山時にはお望みの花にも逢えた様で綿向山の好感度をより上げて貰えた事でしょう。

写真左・表参道の難所「風呂ノ谷」のロープを点検するWAK会長。

写真中・頂上のお社に触れるにはコレが…間違えられますので…。

写真右・お社の日陰でランチを摂られるのは大津からの2女性。



6261.Re: 今日の綿向山 
名前:ラリー・ベル    日付:2020年9月17日(木) 22時40分
Original Size: 367 x 489, 125KB Original Size: 367 x 489, 138KB Original Size: 692 x 519, 144KB

写真左・ついにその時が…、一週間前に投稿を頂いたRonaldoyamaさん(一般登山者?)の情報を元に鹿の開放をと現場に向かいましたが…無残な光景を目の当たりにしました。以前にも同じ事を数回見ていましたが、今回は残念では済ませれない事とを感じるのは私だけではない事と思っております。写る離された右後足は斜面に横たわる身体近くに添えて合掌。場所は水無から直登で綿向に、または表参道8合目に向かう分岐道標の手前10数b付近。まだ数日は異臭を感じられる事と想像しますが、登りでは鼻をつまんで、また文三ハゲ右下を直視せず一目散に登るのみが最善策かと思われます。今回情報を頂いたRonaldoyamaさん早速の投稿ありがとうございました。

写真中・鹿の処理を終えて向かう表参道・8合目分岐、道中は文三ハゲ裏側急斜面のトラバースの連続となります、谷の深さは風呂ノ谷以上の所もあり慎重な通過を強いられ要注意。

写真右・刈り取りを待つ田んぼと綿向山。



6262.Re: 今日の綿向山 
名前:Ronaldoyama    日付:2020年9月18日(金) 7時41分
WAK会長、ラリーベルさん
この度は鹿の遺体を弔い頂きありがとうございます。
また日々の登山道、小屋の管理修復共感謝してます(^^)

6258.【注意】文三ハゲ登山道に鹿の屍有ります。 返信  引用 
名前:Ronaldoyama    日付:2020年9月10日(木) 13時3分
Original Size: 640 x 480, 145KB

9/9に水無北尾根から登りましたが、文三ハゲ登山道脇に大人の雌鹿の屍が有り。
まだ死後数日かと思われます。
ハエ、ハチ、アブと臭いがすごいので行かれる方は注意願います。
ロープを跨ぎ山側に入ると避けて通る事が出来ます。



ページ: |< << 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb