[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





4124.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2013年8月13日(火) 21時46分
Original Size: 667 x 500, 67KB Original Size: 667 x 500, 93KB Original Size: 500 x 667, 70KB

 残暑が厳し過ぎる中で始まったお盆休み、多くの山々を目指して移動中、また頂きを目前に胸突き八兆…頑張って居られる方もと予測して居ります、暑さに伏せず頑張ってくださいッ。 先週の暑い朝に入った表参道は今までに経験しない程の強烈な暑さ、その暑さに危険を感じ途中で白旗を掲げ下山。今回は先週のリベンジと入った表参道。歩く表参道は湿気も無く快調に進めます、連日の暑さの為か?心配する山蛭には遭わない内に着いた3合目・カラ谷作業道、この3合目までの植林帯の中はほぼ無風でしたが早朝の冷たい空気に後押しされたのか難無く3合目着となった次第です。その3合目を後に進む参道・4合目辺りからは涼しい風が感じ取られ見え始めた5合目避難小屋手前では同小屋方向から植林帯に吹きこむ汗を拭う♪涼しい風に…。吹く風が止まない内にと同5合目をスルーして歩く参道に現れ始めた「アブ」、前回の様な勢いは無いものの拾った小枝で振り払い進む内に着いた7合目、より涼しい風に癒され今日初めての休憩をと荷を降ろし座ったベンチ、纏わり付いていたアブにも開放され汗を拭いクールダウンを終えて新たに巻いたネジを頼りに目指す頂上。通過する参道の狭い風呂ノ谷は多くの入山者に踏まれ安定して居る様ですが渡る「木橋の定員は1人」ですのでご注意ください、腐食が進んでいる様に思われます。 参道の際に咲く季節の小花を楽しみながら着いた朝の頂上。気温20℃・晴れ・南西の風・遠望はペケ・入山者11名。

写真左・朝早く観る綿向三山、昇る朝日は次第に南下してきました、

写真中・♪スキップを踏んでは無理かと思われますが参道は固く安定しています、木橋は慎重に…、

写真右・08:40、清々しい朝の頂上。

※お盆休み・夏休みが重なり多くの入山者、またファミリー登山と賑う表参道・頂上と予測する中の参道に現れたランナー。今春に綿向神社・綿向生産森林組合連名により「大嵩神社へ向う表参道」でのトレラン及びMTBはご遠慮(禁止)ください旨の表示を掲げたのですが…、他の山々はともかくここ霊峰・綿向山表参道での決められたルールです。今日もお願い・ご協力をとお声掛けをしのですが眼中無人…最悪でございます。 石部金吉みたいに書きましたが「決められたルール」ですのでご協力ください。



 



4128.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2013年8月13日(火) 23時30分
Original Size: 667 x 500, 74KB Original Size: 500 x 667, 101KB Original Size: 667 x 500, 76KB

 今日の下山時にお会いした楠本さんご夫妻、大阪から初めての来山とお聞きしました。少し遅れた入山の様でしたが初めての表参道と着いた初めての頂上、崩れそうもない晴天下の頂上から観る鈴鹿の山々、生憎にも遠望は霞に隠され利かなかった事と思いますがご夫妻で登った初めての綿向山、存分に堪能された事と思います。

写真左・頂上から観る南西方向の眺望、

写真中・5合目避難小屋にある夢咲の鐘、鐘を支える一部にトラブルが生じた為に鐘を叩く事は出来ません、ご理解とご協力のほど宜しく、

写真右・下山後に観る綿向三山、まだ暫くは猛暑が続く様に伝えられています、お盆休みの最中の事多くの入山者を予測して居りますがケガは勿論「熱中症」には特にご注意ください、高い湿度と無風が重なると厳しい綿向山になります、多めの水分の準備と体調を整えての入山をお勧めします。
PS)表参道近くの水場は3合目・カラ谷作業道を竜王方向に向かう途中(飲めません)と8合目・金明水(飲まない方が…)があります、もしか?の時には太い血管が通る首・両脇・太ももを冷やし安静にし戸惑う事無く下山をお勧めします。


4120.夏山山行 『日本百名山シリーズ』 返信  引用 
名前:バロムワン    日付:2013年8月13日(火) 18時6分
Original Size: 919 x 690, 104KB Original Size: 745 x 558, 95KB Original Size: 691 x 518, 60KB

WAK会員の皆さんこんにちは。
アルプスを始め皆さん夏山山行を楽しんでおられますか? また掲示板に情報下さい。
私も百名山山行は、アクシデント等があって2シーズン振りに復活しました。
今夏は7月末が天候不順のため、1週間程遅らせて8/2〜8/9にかけて
東北&上信越方面の5山域に足を踏み入れてきました。
以下日を追って順次、夏山便りを「山小舎」に投稿します。
 @鳥海山(2236m) A朝日連峰(大朝日岳1870m)B月山(1984m)
C那須岳(茶臼岳1898m・朝日岳1896m・三本槍岳1917m)
D尾瀬(至仏山2228m・燧ヶ岳2356m)

@鳥海山(山形県2236m) ☂☁
 
東北の梅雨明けは未だです。この日も朝からあいにくの雨である。
鳥海ブルーラインから象潟口の鉾立登山口に到着し、合羽を着込んでスタートです。
鳥海山は日本海から一気にそそり立つ東北の名峰!大鳥が翼を広げたような
美しいシルエットを持つ山です。
最高峰の新山は岩山で、晴れていれば東北の山々全てが見える大絶景です。
下山する頃、雨も止み時折薄日が射し、雪渓とお花畑を楽しませてくれた。
東北地方の鳥海山や月山、飯豊山は豪雪地帯で日本海の強風を受け残雪が
できやすいという世界的にも稀な特徴を持つと言われています。
次回は晴天の鳥海山を是非とも訪れてみたいです。



4121.Re: 夏山山行 『日本百名山シリーズ』
名前:バロムワン    日付:2013年8月13日(火) 18時21分
Original Size: 768 x 575, 95KB Original Size: 784 x 587, 101KB Original Size: 691 x 518, 85KB

A大朝日岳(山形県1870m) ☀☁

山形県は7/18から7月末まで記録的な大雨となり林道や登山路が崩れ、
このため飯豊山は入山できず、また朝日連峰・大朝日岳大井沢ルートも
古寺鉱泉のみが通行可という有様です。
登山道は、朝陽館の裏から始まり、森林の中のしっかりした道で、このコース
水場は大朝日岳までの間に3箇所もあり渇いた喉を潤すことができる。
古寺山を過ぎると、向かう先には小朝日岳とその右に大朝日岳へと続く稜線が
たおやかで綺麗な線を描いている。
朝日連峰は、長年の夢でしたが、花も残雪も少なく期待したほどの感動はなく、
やはりこの山域の魅力は、西朝日岳から北に延びる以東岳への縦走コースを
歩いて初めて、その良さが解るのではないでしょうか。

写真@朝日小屋から大朝日岳 A朝日連峰:西朝日岳から以東岳稜線 B大朝日岳の山頂直下



4122.Re: 夏山山行 『日本百名山シリーズ』
名前:バロムワン    日付:2013年8月13日(火) 18時33分
Original Size: 691 x 518, 72KB Original Size: 829 x 622, 102KB Original Size: 529 x 705, 90KB

B月山(山形県1984m) ☀☁

出羽三山の一つ月山は、山頂に月読之命を祀ったウルトラパワースポットの霊山です。
緩やかな広々とした山容は、別名臥牛山とも呼ばれ修験道の山でもある。
豊富な残雪は水の供給に恵まれ高山植物の宝庫であり、また夏スキーで賑わう大雪渓や
周囲の景色を楽しみながらの登山は、実に気分爽快にしてくれる。
山頂の月山神社では、これからも健康で登山が続けられるようお祓いを受け、
下山後は、古くから開かれた湯治場「肘折温泉」に浸かる。

写真@月山神社 A姥ヶ岳・湯殿山方面 Bコバイケイソウと姥沢雪渓の夏スキー



4123.Re: 夏山山行 『日本百名山シリーズ』
名前:バロムワン    日付:2013年8月13日(火) 18時52分
Original Size: 746 x 560, 99KB Original Size: 691 x 518, 100KB Original Size: 645 x 484, 62KB

C那須岳(栃木県:茶臼山1898m・朝日岳1896m・三本槍岳1917m) ☂☁

那須岳とは那須連峰の総称で、普通は今なお噴煙を上げる茶臼岳を指す。
那須地方は前日の夜半から、時間雨量100_を超すゲリラ雨が降り、
大雨洪水警報が継続されており、最悪茶臼岳でもと強行登山となりました。
結果として、このような天候のなか那須五岳の中枢をなす標記3山を達成できたこと
そして、下山後に大雨となってラッキーな日帰り登山となりました。
ロープウェイもあり首都圏の山で俗化した山と想像しておりましたが、
流石百名山、ランプの宿として人気の三斗小屋温泉を含め、那須連峰は
かなり雄大な規模の魅力的な山群であった。

写真@噴煙を上げる盟主茶臼岳 A荒々しい朝日岳 Bどっしり構える三本槍岳



4125.Re: 夏山山行 『日本百名山シリーズ』
名前:バロムワン    日付:2013年8月13日(火) 22時23分
Original Size: 746 x 560, 96KB Original Size: 809 x 565, 82KB Original Size: 922 x 691, 85KB

D尾瀬の至仏山(群馬2228m)・燧ヶ岳(福島県2356m)

憧れの尾瀬へ!そこは自然の宝庫、遠くに聞こえる野鳥のさえずり
季節を彩る可憐な花々、長く長く続く木道…。
至仏山から尾瀬ヶ原を歩き尾瀬小屋に一泊し、燧ヶ岳から尾瀬沼を心地よい汗を流して歩きました。

1日目(☀時々☁)尾瀬戸倉からバスで鳩待峠に入り至仏山へ、至仏山は蛇紋岩が育む花の宝庫。
蛇紋岩変形植物といわれるホソバヒナウスユキソウやオゼソウが咲く花の名山です。
また山頂からは、尾瀬ヶ原や燧ヶ岳の景観が素晴らしい。植生保護のため山ノ鼻への
下山は上りの一方通行となっており、再度鳩待峠まで戻り山ノ鼻を目指すことになる。
まちの喧騒や猛暑とは無縁の夏の尾瀬。キンコウカやコバギボウシ、コオニユリが
木道を行き交うハイカーにたくさんの元気を与えます。
多くのカップルや若い男女のグループとすれ違い、ソロの私には全く不似合いの尾瀬ヶ原でした。

2日目(☁時々☀)尾瀬小屋から見晴新道を経て燧ヶ岳の最高峰・柴安グラへ俎グラからぬかるむ長英新道を
下山し尾瀬沼へ、特に上りの見晴新道はゴツゴツした荒廃道で尾瀬を訪れる殆どの人が燧に登らないのも
納得する道であった。しかし深田久弥は、「日本百名山」のなかで尾瀬沼から燧ヶ岳をなくしたら
山中の平凡な一小湖と化してしまうと書いている。
尾瀬沼尻に建つ長蔵小屋で昼食を摂り、三平峠を経て大清水に下山する。



4126.Re: 夏山山行 『日本百名山シリーズ』
名前:バロムワン    日付:2013年8月13日(火) 22時41分
Original Size: 811 x 608, 94KB Original Size: 783 x 588, 70KB Original Size: 922 x 691, 98KB

燧ヶ岳の写真

 @見晴からの燧ヶ岳  A俎グラから最高峰の柴安グラ B尾瀬沼から燧


4119.新記録 返信  引用 
名前:なかむらよしふみ    日付:2013年8月12日(月) 10時5分

【2013年08月11日の東京都心は観測史上初めて丸1日30℃超】

 2013年08月11日の東京都心は観測史上初めて丸1日30℃を上回る1日になった。

 東京都心は、11日の最低気温が30.4℃となり、観測史上初めて最低気温が30℃以上となった。

 高い最低気温の記録としては、全国歴代でも2位の記録である。

 歴代1位は1990年08月22日に新潟県糸魚川市で観測した30.8℃である。

 都心では10日の夜から気温の高い状態が続いていて、11日朝の段階でも最低気温が30.9℃と、暑い朝を迎えていた。

 日中は強い日差しも加わり、午後1時44分には38.3℃を観測した。

 9年ぶりに38℃を超え、都心では史上5番目の暑さとなった。

 夕方には都心でもにわか雨があり、午後4時には30.5℃まで下がったが、その後も気温の高い状態が続き、午後11時49分に11日の最低気温30.4℃を観測した。

 12日午前0時でも30.5℃なっていて、観測史上初めて30℃を下回ることがない1日となった。

4118.富士山登頂 返信  引用 
名前:日よけ笠    日付:2013年8月8日(木) 6時34分
綿向山登山のおかげで8/2〜3で富士山登頂できました。今回で二度目。やはり最後の9合目からがきつかったー。入山料の1000円も払い缶バッチもゲット。高い山は暑い、寒い、雨、風などがすぐ変化するので着替えが大変でした。

4113.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2013年8月3日(土) 22時53分
Original Size: 500 x 667, 95KB Original Size: 500 x 667, 74KB Original Size: 500 x 667, 72KB

 暑すぎる夏が続きますが皆さんの体調は如何なものでしょう?、その暑い夏にも7日には立秋を迎え少しは暑さも…と期待をするのですが立秋の後に来る初めての庚の日が三伏の最後となる末伏と聞きます、まだまだ油断が出来ない暑さが続く様です、体調を整えて余裕のある山行を♪楽しみましょう。  入った御幸橋駐車場には入山準備中の1台と早くも下山者を迎える1台、その下山者曰く…04:30に入りましたとの事…完全な白旗でございますッ。 準備を整え歩き始めて見上げる綿向は予想以上のガスに覆われ全く観えない状態の中で入った表参道、気にする程の湿りも風も無い中を順調に進んで着いた3合目カラ谷作業道。見上げる空は曇り空と僅かに感じる風、その風を受けての小休憩を後に進む参道 湿りも無く快調に歩けたのですが近付く5合目手前から一変して湿気た参道となります、昨夜の雨?または木々から落ちる水滴が湿らせたのか?不明ですが大きな支障にはならない事と思います。過ぎた5合目で既に出ていたガスが次第に濃くなり幻想的な中を進み着いた7合目、ガスに日差しが遮られている為か前回以上に涼しさを感じての休憩を後に目指す頂上。 通過する風呂ノ谷も前回同様に何ら変化無く、また参道は同様に狭いですが難無くクリア出来る事でしょう。 着いた頂上気温20℃・曇り・天候の回復を予告する西風・展望はガスで×・入山者約20名。

写真左・入山前に観る綿向はガスに隠され全く…、

写真中・着いた5合目もこの様子、展望は×、

写真右・頂上も同じ状態でしたが午後には最高の展望がと…予測です.

※前回の入山時にも少しは確認していたのですが8月に入り「アブ」が一段と目立って来た様です、例年、お盆をピークに増え続ける様です、特に山の上部(8合目以上)では多い様に思われます、落ちた小枝・笹などで振り払っての登頂が強いられる事と予測しております、また着いた頂上にも多くいますご注意くださいッ。
PS)山蛭とは違い噛まれると…しっかり痛いです、後は赤く腫れ上がり山蛭同様の痒みが数日…。 



4114.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2013年8月3日(土) 23時43分
Original Size: 500 x 667, 84KB Original Size: 768 x 576, 112KB

 ガスる頂上を後に下りる参道、多くの入山者に道を譲る中でお会いしたのは…初登山・初綿向山とお聞きしたのは中江さんご夫妻、お二人で歩く♪初めての表参道 お会いした時に心配されていた山蛭ですが…襲われませんでしたか?、歩く間隔を広げ足元を注視しながら着いた初めての頂上、朝から居座るガスが上がり始めた頃かと思われイマイチの眺望だった事と思います。頂上では揃っての登頂と達成感に浸り、初めての頂上を後に振り返る様に下りる表参道、その表参道を出た辺りからは初めての緊張も緩み♪喜色満面の面持ちでの駐車場になった事でしょう。

写真左・幻想的な7合目、

写真右・今回は遠景になった綿向三山と…今年も暑い中で瞬き無しで田んぼを見張る彼ら、写真の彼は新人?初々しいですね〜ッ張り切る意欲が感じられます、他の彼らは…画になりませんでした予測ですが…熱中症?。


4112.今日の登山口周辺 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2013年7月25日(木) 21時17分
Original Size: 667 x 500, 74KB Original Size: 500 x 667, 69KB

 WAK会員・綿向山ファンの皆さん こんばんはッ。暑い日が続く最中 気温が少し下がった今日の夕方に登山口付近の草刈りをしておきました。先日に御幸橋駐車場・砂防ダム周辺を刈っておきましたが今回は綿向入山の前に参拝する佐久奈度神社下の駐車場(現在は使用不可)、及び同神社までの参道、また同駐車場から砂防ダムに向う道も同様です.


写真左・進むと砂防ダム階段を経て北畑林道に出られます、

写真右・写真の登りを上がり進むと「佐久奈度神社」。

※今回の作業でテイクアウトしたのは2蛭、間一髪でございます。


4108.リフレッシュできました。 返信  引用 
名前:グランパ    日付:2013年7月21日(日) 23時34分
横山さんわずかな時間でしたが今日はありがとうございました。
9合目の手前あたりから、あへぇ〜あへぇ〜って鳴くセミ、やっぱりエゾハルゼミで間違いないようです、ネットで調べたら鳴き声を聞くことができました。すっきりです。
ヤマヒルもマムシも出会うことなく、横山さんと出会い、脳みそも心もリフレッシュ出来たので明日からまた、仕事に励むことができます。
ありがとうございました。
また、ふらぁ〜っと来ますのでよろしくお願いします。
今日は、思ったよりガスも薄く鈴鹿はほとんど見渡せラッキーでした。



4110.Re: リフレッシュできました。
名前:アルビレオ    日付:2013年7月23日(火) 23時20分
グランパ さん、こんばんは!
投稿ありがとうございますP

あへぇ〜、あへぇ〜と聞こえたというセミ、やはりエゾハルゼミでしたか。
名付けて寛平蝉とは言い得て妙で、なかなか面白かったです。

綿向山でリフレッシュが出来てよかったですね。
昔の感覚が蘇って来たのではないでしょうか。
綿向山へどんどん来て、体調を整えて、高い山にまた挑戦してください。

4107.今回は水無山から 返信  引用 
名前:日よけ笠    日付:2013年7月21日(日) 23時20分
お久しぶりです。今回は一人で登りました。それもレアな水無山コースです。昼過ぎからスタートしたのでほとんど人がいないしましてや水無山で出会う人はいませんでした。道は狭いし斜めだし怖えー。ラストに近い水無山までの上りは尋常じゃないくらい傾斜がきつい。頂上についたらあれ、景色が見えない。と残念に思いながら綿向山に向かう。右手の崖にビビリながらまた長い急坂を登る。途中になんとラリー・ベルさんに出会う。15時頃、頂上に着いてしばらくしたら竜王山から登ってきた強者のかっこいい女性に会いました。あと一人の男性が竜王山に向かったと思う。それから老夫婦が登ってきました。女性とは一緒に表参道で下りました。次は竜王山から登りたいと思います。



4109.Re: 今回は水無山から
名前:アルビレオ    日付:2013年7月23日(火) 22時48分
日よけ笠 さん、こんばんは!
投稿ありがとうございますP

綿向山から文三ハゲに向かう急坂でお会いしたアルビレオです。
あれから水無山と南峰に登り下山しましたが、この日水無山コ−スを通ったのは2人だけだったようですね。
少しきわどい所もありましたが、八月に予定されている富士登山の足馴らしにはなったことと思います。
世界遺産登録で大賑わいの富士山を楽しんで来て下さい。

この日の綿向山は、夏休みの最初の日曜ということもあって、御幸橋駐車場は満杯。
親子連れや山ガ−ルやカップル、中高年の方々で賑わいました。
中でも山頂で楽しく食事をされていた大人数のパーティーが目をひきました。関西や名古屋から来られた方々で、時にはザイルを使ってのヒミズ谷の遡行とのことでした。
竜王山からの方も含めるとこの日は50人余りだったようです。

まだまだヤマビルやマムシには注意が必要ですが、初秋の竜王山も魅力的です。またおぜひお越しください。

4101.久しぶりの綿向山 返信  引用 
名前:mother_lake    日付:2013年7月20日(土) 17時42分
ラリーベルさんお久しぶりでした。
駐車場でラリーさんの愛車が見つからなかったので今日は空振りで
寂しいなぁ〜って思いながら歩いてたのです。
駐車場の気温が24度だったので楽かなって思いながら歩いたけど
風がなくて、、、、、風があれば快適だったのに。
山頂は涼しかったです、今日は初めてセミの鳴き声を聞きました、
トンボもたくさん飛んでましたね。

下山時に金明水のところから冷たい!!美味しい〜!!
水筒に入れて持って帰ろうって言いながら数人の方が
お水を飲んでいましたが、、、、、大丈夫なんですか?
私はまだ一度も飲んだことがないのです。



4106.Re: 久しぶりの綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2013年7月21日(日) 21時12分
何時もと違うスタイルのために戸惑いましたが(^_^;)…。mother_lakeさん こんばんはッ 早速の投稿ありがとうございます(^^ゞ。一昨日に比べ気温の高い綿向山になりましたが久しぶりの入山(^з^)を楽しまれ、また涼しい頂上では一段と数を増したアキアカネに早くも次の季節を感じ取られた事でしょう。登頂途中の8合目付近で見られた光景ですが…ガブ飲みはNGの様です、下山後に正露丸で回復(*^_^*)、摂取量・人によってはクランケンハウス直行(~_~;)になりかねません、この場をお借りして煮沸をお勧めしておきます。 涼しい頂上の後の下山時には追いつかれ複数での下山になりました、その中の「彼は」あざみ小舎からの背負子への搭乗を頑なに拒み(〃▽〃)自力で駐車場まで頑張って戻った事を終わりにお伝えしておきますッ、次回もよろしくm(_ _)m。


ページ: |< << 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb