[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





4083.(untitled) 返信  引用 
名前:マッキー    日付:2013年6月27日(木) 13時9分
ラリーさんこんにちは!
運悪くPCが壊れてしまい書き込みが遅くなりました(汗)
23日は登山未経験者と登りましたが生憎の空模様…
相方には綿向山からの素晴らしい眺望を見て貰うことが出来ず残念でしたが、裏腹に初登山である相方にはもの凄く喜んでもらえました♪
ラリーさんには霧氷まつり以来お会いしていなかったので久しぶりにお会いでき、またヒル情報等をご教授していただき有り難う御座いました♪
下山時、二合目辺りは勿論先頭を歩きました(笑)
幸い二人共、山ヒルの餌食にならずに済みました。
また、山ヒルにめげずに綿向山を楽しみに山行しに来ます♪
その時ラリーさんにお会いできたら、また楽しい話を聞かせてください(*^o^*)



4084.Re: (untitled)
名前:ラリー・ベル    日付:2013年6月28日(金) 20時42分
23日の綿向山、ビギナーの方と歩く表参道(o^_^o)。マッキーさんこんばんはッ、参道の途中ではコンパス・地図を使って目的地の求め方、また方位の求め方では太陽と時計を合わす方法(*^.^*)…etc、多くをお伝えされた事と思います(^^ゞ。当日はその大切な太陽は雲に隠され実践は無理だったかと思いますがお2人で歩く表参道、着いた頂上ヾ(^▽^)ノはイマイチの空模様でしたが初めて登頂された受講者さま(^з^)のテンションは、雨の心配の無い綿向を堪能された事でしょう(=⌒ー⌒=)。当日の湿気った参道には多くの山蛭が(゜o゜;)見られ蛭害に遭われた入山者も居られた様ですが…ラッキーでしたねッ、2人でも1人歩きの程に間を空けるのも対策と聞きます。次回も対策を施しゆっくりと綿向山('∇')を楽しんでくださいッ、お待ちしておりますm(_ _)m。

4080.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2013年6月23日(日) 19時19分
Original Size: 667 x 500, 88KB Original Size: 500 x 667, 88KB Original Size: 500 x 667, 72KB

 先日の台風は近畿圏から進路が外れ早い時点で勢力が衰えましたが…雨はしっかりとふりました、その雨が先日早朝まで残った為に入山を諦め今日の入山となります。 入った御幸橋駐車場には既に10台の車が、皆さん早い様です。西明寺川沿いに歩いて近付く砂防ダムの階段を上がるに連れ???臭い始める…異臭、ぉッお〜ぇッ!小鹿の屍が階段に1体、数日前からとの事の様でお聞きした話では前回とは位置が変わっているとの事です、今日の下山時には階段を外れ川側に少し移動していました…親切な入山者がと予測するのですが?、同階段は鼻をつまんで登って下さいッ。 入った表参道は予測の通り泥濘はありませんが完全なウエット状態となります、湿った根・石などは滑り易くなっていますのでご注意ください、また気になる山蛭は確実に居ります、忌避剤などで対策を施してからの入山をお勧めします。足元を注視して歩く表参道、近付く2合目を前に蛭が靴に付いていないのを確かめ通過後に見た足元にはバッチシ付いていたのでございます、忌避剤の効果は如何なものか?…数分見ていると…やはり上がって来れない様です、着いた3合目カラ谷作業道で足元を見直しても付いて居らず忌避剤の効果はある様ですねッ。あざみ小舎をスルーして進む参道、着いた5合目での休憩を予定していたのですが発たれる先行者3名の後ろに付いて…山蛭は歩く2番目から後ろに付くと聞きます、後ろから皆さんとコッテリと息を吐いてのお喋り(吐く息にも蛭は反応します)を楽しみ着いた7合目、足元、また首周りを点検ですが全員付いていません。緑のブナ林での小休憩を後に目指す頂上、水無方向のガスも次第に上がり始め頂上からの眺望に期待をしたのですが…。  頂上気温13℃・曇り・ほぼ無風・ガスの動きが遅く雨乞と鎌が薄っすらと・入山者約50名。

※5合目からの参道には山蛭は居ない様な表わし方をしましたが「居ります」、また今の登山口から3合目までの植林帯にはそれ以上に密度濃く虎視眈々と入山者を狙っている事と予測しております、複数で入山の皆さんはお互いの足元・肩首周りを見合って蛭害から逃れて下さい。

写真左・展望の無い5合目・避難小屋、

写真中・人影も見られない緑のブナ林、

写真右・季節は梅雨…降らないだけラッキーだった頂上。 



4081.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2013年6月23日(日) 20時27分
Original Size: 667 x 500, 72KB Original Size: 667 x 500, 84KB Original Size: 667 x 500, 69KB

朝の表参道でお会いしたのは守山から初めての来山とお聞きしたお2人、竜王モ○ベルで紹介され入山との事。真新しい靴とザックで歩く表参道、着かれた頂上はイマイチ眺望は駄目でしたが初めての綿向山をお2人で楽しまれた事でしょう。 着いた頂上での休憩中に登頂されたのは大阪・京都のお2人、お話を伺う内に新春の樹氷まつりに参加との事…、はいはいッ!覚えて居ります、樹氷まつり・昼の部に参加されたマッキーさん、お久しぶりでしたねッ。今日はビギナーの方と一緒の綿向山、生憎の空模様の為に眺望は利きませんでしたが久しぶり、また初めての綿向山を楽しまれた事と思います。 下りる参道9合目付近では京都・虹の佐藤さん、お久しぶりでした、何時もの愛用カメラと三脚を背にして流れる汗を拭いながら歩く表参道、その汗の後にはテンションも上がり体調も…と思って居ります。

写真左・登頂を前にガスは上がり始めたのですが…、

写真中・2合目通過直後にはこの様に、山蛭はきらいになっても綿向山は…きらいにならないで くださいッ!、

写真右・下山後に観る綿向三山。



4082.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2013年6月24日(月) 19時40分
Original Size: 500 x 667, 75KB Original Size: 667 x 500, 85KB

登山口・出合い小屋 の後に渡る鉄橋、渡河に際する注意事項を表記した看板を老朽化の為交換、また設置位置を変えました、内容をご理解の上 ご協力ください。


4079.(untitled) 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2013年6月18日(火) 19時54分
一昨日に初めて(#^.^#)登られた綿向山(^з^)、お2人の思い出作りにお役になった事と思います(^^ゞ。中村さん こんばんはッ投稿ありがとうございます。当日の天候は回復傾向とは言え午前中はイマイチ曇天の空模様と上部にはガス(^_^;)。着かれた初めての頂上ヾ(^▽^)ノからの眺望はおあずけ(´・ω・`)残念でしたねッ。ガスるその頂上を後に進む竜王への縦走(*^_^*)、前日までの雨で緩んだ足元(;゜ロ゜)に気を配り歩く縦走路、長い下り坂を、また後に待ち受ける激下り↓↓↓(石楠花尾根)を過ぎると後は穏やかな尾根歩き、午後には青空が覗き始めた縦走路をお2人で存分に堪能♪〜( ̄ε ̄)された事でしょう。 朝の表参道では果敢にヽ(*`Д´)ノ攻めあがる山蛭に遭いましたが竜王山では?。 週末には入る様にしております、次回にも、また雪の綿向で見かけられたらお気軽にお声掛けくださいねッ 楽しみにしておりますm(_ _)m。

4078.お世話になりました 返信  引用 
名前:中村    日付:2013年6月17日(月) 22時1分
山頂までの2時間お世話になりました。
蛭対策から綿向山の名前の由来まで色々な話が聞けて満足です。
結局、竜王からはお教えに背いてアスファルトを歩きました。

今度は是非とも冬に来てみたいと思います。

4074.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2013年6月16日(日) 20時24分
Original Size: 500 x 667, 75KB Original Size: 667 x 500, 88KB Original Size: 500 x 667, 71KB

 昨日の早朝からの家事と昼過ぎ辺りからの雨のため今日の入山になります、昨夜まで降った梅雨らしい雨、今朝は曇り空が次第に明るくなるものの暫くは降雨の…また雨以上に強敵!山蛭の不安を胸に入山です。入った表参道は昨日の雨により湿気っていて奴らには(蛭)最高の舞台が準備された様です、駐車場から一緒される2人の男性と足元を注視しながら歩く参道。例年の山蛭どころ・2合目を難無く通過して休む3合目・あざみ小舎、点検する足元には…颯爽と登場でございます「山蛭」、先週には気配すら感じなかったんですがやはり雨あがりと湿気が奴らの活動に拍車をかている様ですねッ。小休憩を後に揃って歩く参道、近付く4合目道標直前の参道上には…いるわいるわッ!総立ちでの熱烈歓迎でございます、その場を急ぎ足でスルーし着いた5合目・避難小屋で再点検、展望はガスで全くペケ。足元に居ない蛭を確かめ歩く参道、進むに連れガスに覆われ始め着いた7合目ブナ林は幻想的な雰囲気。 入った風呂ノ谷は雨の被害も無くスムーズに通過ですが「濡れた木橋」は滑りますので要注意。 近付く金明水付近には前回には観れなかった小花が山蛭に代わり歓迎してくれます。 着いた頂上、気温28℃・降雨なし・穏やかな北風・ガスで展望はペケ…午後には回復したかも?・入山者20名以上。

写真左・展望なしの5合目と中村さん&宮田さん、

写真中・幻想的な7合目ブナ林、

写真右・ガスる頂上も展望は無し。



4075.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2013年6月16日(日) 21時10分
Original Size: 667 x 500, 81KB Original Size: 667 x 500, 79KB Original Size: 667 x 500, 80KB

 入った朝の御幸橋駐車場では大阪からの、また名古屋からの2人が駐車場内で合流し、初めての綿向山とお聞きしたのは中村さんと宮田さん、一緒に歩いて♪弾むお喋り、道中では各ルートの案内と季節の花々等を楽しみ着いた頂上。展望は全くでしたが初めての綿向山を楽しまれた事でしょう、ガスる頂上を後には初めての竜王縦走!上がり始めたガスの中をコースを見逃す事無く縦走を終えられた事と思います。 下山を始めた9合目付近では大津から初めての来山とお聞きした安達さんご夫妻、お話では竜王のモ○ベルで歩き易い山として紹介されたとか…、季節柄イマイチの空模様になりましたがご夫妻で歩く初めての綿向山はお2人の思い出になる事でしょう。次回は梅雨の明けた、また山の彩どりが鮮やかになる頃に…四季折々と楽しめる綿向山です お揃いで来山くださいねッ、お待ちしております。

写真左・これからの季節に綿向の話題を一層と盛り上げる主役の登場でございます、

写真中・ガスが上がり水滴が垂れる7合目、

写真右・下山後に見る綿向三山には青空が…。



4076.Re: 今日の綿向山
名前:アダチ    日付:2013年6月16日(日) 22時56分
夫婦で初めて登山に来ました!!
山頂はガスで景色がよく見えませんでしたが、
気分よくお昼ご飯を食べることができました。
暫くすると、ガスが消えて景色を一望することができ
楽しむことができました!!

…ですが、
夫婦揃ってヒルに足を噛まれてしまい、
ほろ苦い登山デビューとなりました…

次は足元を十分注意しながら、登りたいと思いますf^_^;


4077.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2013年6月17日(月) 20時50分
初めて(#^.^#)登った綿向山で…山蛭に((((゜д゜;))))、大変でしたねッ(^з^)。アダチさん こんばんはッ 投稿ありがとうございます(^^ゞ、ご夫婦でゆっくりと歩く表参道、生憎の天候の中ゆっくりと確実に高度を稼ぐ内にポツリポツリと見え始める季節の小花。上がりそうにも無いガスが演出する幻想的な参道を登りきって着いた初めての頂上ヾ(^▽^)ノ…その時には既に山蛭が( ̄ー+ ̄)。着かれた頂上は展望の無い真っ白な状態だった事と予測しております、お2人で登りきった1000b超え綿向山の好感度も…(^_^;)…微妙〜ッな所かと思いますがこれからも山蛭にヒルまずジャンジャンっ来山くださいねッ。山蛭の居なくなった頃の綿向山では好感度も♪〜( ̄ε ̄)の筈、お待ちしておりますm(_ _)m。

4072.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2013年6月8日(土) 22時38分
Original Size: 500 x 667, 87KB Original Size: 667 x 500, 76KB Original Size: 500 x 667, 74KB

 梅雨に入っていますが…降りませんね〜ッ、その梅雨時の好天を使って久しぶりの土曜入山となります。麦秋の6月、走るR-477横で朝陽を受けて黄金色に輝く麦畑の刈り取りは間近?と予測しながら入った御幸橋駐車場、既に6台の車が見られ涼しい内にと早い入山の様です。入った表参道は完全なドライの状態 山蛭の笹に落ちけり木下闇…今日の表参道では縁遠い事の様で快調に高度が稼げ、明日も同様の参道になる事と予測、また今の天候が続く様にも伝えられています。 着いた3合目あざみ小舎、見上げる周りの緑も多くなり差し込む日差しがその緑のブラインドに遮られ涼しい休憩ポイントになる事と思われます。 小休憩を後に進む参道、時折り吹く涼しい風に汗を拭われ快調に進み5合目はスルー、付近からの展望は三上山が限界。着いたブナ林の木陰となった7合目、下では吹かなかった様な涼しい風をベンチで受けての休憩…足元からor舞い落ちる山蛭の心配も無くゆっくりと涼が取れる事でしょう。 7合目を後に進む参道、金明水を過ぎた付近で聞こえる♪お声掛け…それも住民票に載る名前で○○く〜んッ!、何処からゃ?誰ゃねん?…そのお声掛けの発声は上部から???、その声は南の稜線から…ドゃさッ!○村喜一郎さまではッ、今日は水無北尾根からの綿向との事で続・お話は頂上でと登り着いた頂上。気温24℃・晴れ・ほぼ無風・遠望はペケ・入山者約30名。

写真左・日陰が多くなった3合目・あざみ小舎、

写真中・涼しいか風が歩を止めた7合目、

写真右・登頂者がまだ少ない頂上で復帰を告げる○村喜一郎さん、あのデかいネックレスは不要の様です…パチパチパチっ(祝)。



4073.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2013年6月8日(土) 23時40分
Original Size: 667 x 500, 78KB Original Size: 667 x 500, 79KB Original Size: 500 x 667, 80KB

天候の崩れが心配の無い穏やかな頂上、○村さんとの♪弾む続・お喋りがエンドレスにならない内にと下山を開始。近付く金明水付近でお会いしたのは東近江市からのご夫妻、数回目の綿向山とお聞きしましたが奥さまはWAK会員・高岡さんをご存知の様で…、登頂後に進まれた竜王縦走!、好天下の縦走路と眺望を♪楽しまれた事でしょう。 その後に近付く風呂ノ谷付近では麓のグースベリーさんに、今日はバードウォッチングの様でした、あの後の頂上には何時もの大型鳥…現れたかも知れんせんねッ、下山後にも逢いましたがあれは気分転換をと近場で楽しんだ次第です。追って下山の○村さんと再び、揃っての下山途中には三重からのパーティーにお会いし記念バッヂの大人買い…ありがとうございました。 今日の綿向が終わる砂防ダム付近では京都の山ガールのパーティー、皆さんが初めての綿向山はモ○ベルのお店で紹介され来山との事、チョッと遅い入山と思いますが皆さん揃って登る初めての綿向山、存分に楽しまれた事でしょう。

写真左・下山の5合目からの展望、

写真中・入山者約30名…訂正が要るかも知れません(御幸橋駐車場)、

写真右・下山後に観る黄金色に輝く麦畑と綿向三山。 


4069.こないだは大変お世話になりました!m(_ _)m 返信  引用 
名前:名古屋の3人娘    日付:2013年6月4日(火) 9時24分
5/31に綿向山で大変お世話になりました名古屋の3人娘です。
無事に下山した際にはホームページに書き込みをすると約束していたのになかなか出来ず、ご心配おかけして申し訳ありませんでした…
その節は本当にありがとうございました。
写真も載せていただき、とってもよい記念になり、3人で喜んでいます♪
水無山へは教えていただいた通りに行ったところ、ガレ場も問題なく通過でき、雄大な綿向山を拝むことができました☆
帰り道は綿向山の登山道に比べると道端も狭く、崩れていたりする所もありましたが、全員無事に下山することができました。
とってもいい山だったので、また違う時期に登りに来たいなと思っています。
本当に色々とご親切にして下さってありがとうございました(^o^)



4071.Re: こないだは大変お世話になりました!m(_ _)m
名前:ラリー・ベル    日付:2013年6月4日(火) 20時29分
先週に歩かれた初めて(#^.^#)の綿向山、皆さん揃って楽しまれ、また綿向山の好感度を上げて貰えた事と思います(^^ゞ。 3人娘のリーダーさん?こんばんはッ 投稿ありがとうございます。当日は歩く表参道で、また着いた頂上ヾ(^▽^)ノでお会いし短い間でしたが愉しいお喋り、頂上でお手伝いさせて貰ったシャッター押し…ブレていませんでしたぁ?。その頂上から観る見慣れた鈴鹿は角度が変わり初めて観る新鮮な鈴鹿の山々を堪能された事でしょう(^з^)。 頂上を楽しんだ後にはプラン通りに水無山への縦走、お伝えした文三ハゲ横のルートはプランからは外れますが強烈な紫外線を受けて観る南方の眺望、また目指す水無登頂の途中に振り返って観る綿向山(o^_^o)、5月最後の好天となった1日を存分に皆さんと楽しまれた♪〜( ̄ε ̄)事と思います。季節は梅雨に入りましたが…降りませんねッ 干天慈雨 恵みの梅雨らしい雨を田畑も待っている事と思います、その梅雨時の綿向は敬遠されますが(山蛭で)次回も皆さんお誘い合わせでジャンジャンっ来山くださいねッ お待ちしております。

4070.ラリー・ベルさん、先日は大変お世話になりました!m(_ _)m 返信  引用 
名前:名古屋の3人娘    日付:2013年6月4日(火) 20時26分
5/31に初めて綿向山に登頂した名古屋の3人娘です。
無事に下山したら掲示板に書き込みをするとお約束したのに、なかなかできず遅くなってしまい、ご心配おかけしてすみませんでした…
あの後ラリー・ベルさんに教えていただいた通りに歩いて行ったところ、ガレ場も問題なく通過でき、水無山では雄大な綿向山を拝むことができました☆
本当にありがとうございました。
あの時の写真も載せていただき、本当にいい思い出になったと3人で喜んでいます♪
綿向山は本当にステキな山だったので、また違う時期に登りたいなって思ってます。
その時にまたラリー・ベルさんに会えるといいなって思います。
これからもお体に気をつけて、綿向山の素晴らしさを伝え続けて下さい!
本当に色々と親切にして下さってありがとうございました。(^-^)

4067.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2013年5月31日(金) 19時27分
Original Size: 667 x 500, 84KB Original Size: 500 x 667, 79KB Original Size: 500 x 667, 72KB

 運よく休日が伝えられた5月最後の金曜日、明日の天候が微妙?な事から急ぎ入山です。 入った御幸橋駐車場には車が無く今日は♪独り占めの綿向と歩く内に停めてある1台の車は入山者の様子?、後を追う様に入った表参道。昨日までの雨で埃立つ参道は免れたものの気になる…山蛭ですが全く現れません、その心配も忘れ快調に高度を稼ぐ内に4合5尺付近で追い付いた本日の1番入山者…皆さん、名古屋から皆さん初めての綿向とお聞きしたのは女性3名のパーティー、多くの鈴鹿を歩かれ綿向は初めてとの事。歩きながらのお喋りを♪弾ませ着いた頂上。 気温23℃・晴れ・流れる汗を拭う南東の風・昨日の雨に洗われた空気を透して観る鈴鹿の山々、遠望は知多半島が限界・入山者20名以上。

写真左・着いた5合目からの眺望、連なる比良の峰々は確認ですが…、

写真中・その5合目を発たれる名古屋からのパーティー、気合が入っている様です、

写真右・登頂者がまだ少ない頂上。



4068.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2013年5月31日(金) 20時8分
Original Size: 667 x 500, 84KB Original Size: 667 x 500, 72KB

 歩く表参道、また頂上でお会いした名古屋からのパーティー(リーダー・水野さん)。仲間と歩く初めての表参道と着いた初めての頂上、梅雨の中休みの好天をプレゼントされ思い出に残る綿向山になった事と思います。頂上からの眺望は昨日の雨上がりとは言え遠望はペケでしたが見慣れた山々を違う角度から観る連なる鈴鹿…堪能された事でしょう。 その頂上を後に下山は水無山・北尾根登山道を縦走しての下山、お伝えした通り表参道とは様相が全く異なる登山道です、チョッとのスリルを体験した後は喜色満面での下山となった事でしょう。  下りる参道では数組のパーティー、と単独の女性は京都から初めての来山とお聞きしました、梅雨時に広がる貴重な青空の下、初めての綿向山を楽しまれた事と思います、お声掛けの直前に参道で拾われた10円玉…今は頂上・大嵩神社のお賽銭箱に…ご協力ありがとう御座いましたッ。

写真左・彩りが増え始めた頂上、

写真右・下山後に観る綿向山と水無山。  


4064.昨日の綿向山 返信  引用 
名前:馬場    日付:2013年5月27日(月) 22時24分
少し遅めの入りとなりました。
今年初綿向き…かなりバテマシタ(>_<)
ラリーベルさんにお会いできないと諦めて下山してると2合目に入ったところで、お連れさんと登場!ホント御無沙汰でした!!
またお邪魔しますので、よろしくおねがいします。



4066.Re: 昨日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2013年5月29日(水) 21時1分
下山途中にお会いしたのは初めての様ですねッ(^з^)、馬場さん こんばんはッ 投稿ありがとうございます(^^ゞ。当日は快晴とは言えないものの降る気配もなく楽しめる山行だった事でしょう♪〜( ̄ε ̄)。先日に近畿地方の梅雨入りが出された様ですね、乾き切っていた表参道もこれからは湿気って場所によっては滑り易い参道になり要注意かと思われます…とのプロローグの後はやはり気になるのは奴ら(山蛭)ですねッ(^_^;)、梅雨に入り湿度が今 以上に上がり そこに降る生暖かい雨にあうと…ヽ(*`Д´)ノ張り切って登場されます、次回は以前にお伝えした対策を取って来山くださいねッ。 ※今季はまだ山蛭の姿を私は見ておりません。


ページ: |< << 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb