[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





3994.今年初の夏道 返信  引用 
名前:クンタロー    日付:2013年3月24日(日) 23時47分
Original Size: 640 x 480, 124KB Original Size: 640 x 480, 123KB

ラリー・ベルさん、こんばんは。

本日は久しぶりの休みとなり2週間ぶりに歩いてきました。
前日の掲示板で夏道開通と書かれておりましたので昨年11月以来の夏道を楽しみに着いた7合目。冬道がバリケードによりしっかり閉鎖されていました。もう冬が終わりだなあと思うと少しさみしい気も・・・。
そして歩いた風呂ノ谷では多い所で腰辺りまで残雪があり除雪作業は相当大変だったかと。また手前の参道もきれいに整備していただきありがとうございます。整備していただく方が居られる事により安全な登山が出来る事とても感謝しております。
風呂ノ谷付近は書かれていますように道幅が狭いのと、雪解け水によりぬかるんでいますので、スリップ注意ですね。
それ以降の夏道は特に危険個所もなく頂上へ到着。
夏道は急登が無いので歩きやすいのですが、最後の階段が応えます。

朝は1台しかなかった車も帰りには15台、下山時には次から次へと頂上目指される方がおり30名以上の方が入山されたのではないでしょうか。



3995.Re: 今年初の夏道
名前:ラリー・ベル    日付:2013年3月25日(月) 22時26分
2週間前は雪or凍結の綿向山でしたが昨日は…、クンタローさん こんばんはッ投稿ありがとう御座います(^^ゞ。久しぶりに入った綿向山、多くの入山者皆さんを楽しませてくれた雪も無くなりましたね(*´д`*)。これからは先日に開けた穏やかな夏道(風呂ノ谷は別話)で足元を飾る季節の小花を楽しみ(*^_^*)ながらの登頂ヾ(^▽^)ノ、冬季とは違った表参道が観られますジャンジャンっ来山くださいねッ(^з^)。先日の風呂ノ谷…ええ〜仕事でっしゃろォ(#^.^#)、昨年は4月上旬に開けました、今年は自分勝手な入山者にバリケードを撤去された様で(;´д⊂)残念です、バリケード撤去だけでは夏道の開通は出来ず同谷の雪&土石の排除が必要で(≧∀≦)その後に開通となります、今年はその尻拭きを兼ねての開通になった様ですねッ(^_^;)。お気付きになったと思いますがこの作業の為に各警鐘看板などは付いたままの状態です…三面六臂 単独ではちょっと…不器用ですから(〃▽〃)。
次回も見掛けられたら…お待ちして居ますッ(`_´)ゞ。

3991.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2013年3月23日(土) 19時43分
Original Size: 500 x 667, 72KB Original Size: 500 x 667, 108KB Original Size: 667 x 500, 87KB

 天気予報が伝える回復傾向に期待して走るR-477、Fガラスに一滴二滴と当る雨とガラス越しに観える綿向の5合目から上にはガス…。御幸橋駐車場に入った頃には雨も上がり準備を整えスタートです。 今回は先日に無断撤去された夏道バリケードの復帰、また場合によっては夏道開通をと工具を背にして歩く表参道。参道には全く雪・凍結なく快調に進んで着いた5合目・避難小屋、当然ですが雪は無く気温は4℃・展望は霞?が妨げ蒲生町付近が限界の様です、小休憩を後に再び歩いて着いた7合目。確かに夏道のバリケードは撤去され、また冬道を示す道標はそのままの状態となって…、片付けは後として入った風呂ノ谷ですが雪…多い様です、昨年の夏道開通は4月上旬…まだ早いのでは?とも言って居られず とりあえず頂上へ。気温8℃・曇り・雪なし・穏やかな北風・展望は近隣の鈴鹿・入山者約20名。

写真左・曇天下の頂上、

写真中・風呂ノ谷・落ちた土石で埋もれた参道、

写真右・その参道の先は雪の下に。



3992.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2013年3月23日(土) 20時51分
Original Size: 500 x 667, 75KB Original Size: 667 x 500, 92KB Original Size: 500 x 667, 85KB

雪が無くなると来山者も激減、その少ない入山者の中には水無山からの縦走とお聞きした青木さん、水無山・北尾根登山道はアイゼン無しで進めたとの事、また雪は一部にあるとの情報でした。  8合目付近では会員・長谷川さん、今日は仲間皆さんとの竜王縦走との事、存分に楽しまれた事でしょう。  その後ろからはデカイマスクと…眼には水中メガネの様なお洒落な眼鏡姿は何時もの東川さん…お察しの通りです、今日はスペシャルに多いとも伝えていましたが…?。  風呂ノ谷では お久しぶりでしたねッ甲賀市の藤田さんご夫妻、今回は風呂ノ谷の雪を踏んだ後は竜王への縦走、ちょっと寒い春の1日をお2人で楽しまれた事でしょう。

着いた頂上での休憩を後に急ぐ風呂ノ谷、昨年以上に多い雪ですが残業を覚悟で除雪です、その前に参道を埋める土石をと始めたのですが狭い参道では工具を振り回せないのが辛い所です、土石は排除しましたが完全ではありません、道幅は以前とほぼ同じかと思うのですが?。 後は除雪ですが…マジぉお〜じょうしました、谷側に落せるほどの雪量ではなく結局は掘り進むしか方法が…今日は風呂ノ谷に約3時間、その作業を始めた頃にお会いする入山者からは=冬道or夏道ドッチやねんッ!こちらにもぉお〜じょうさせられました。

写真左・土石は排除しましたが山側は写真の状態…また落ちるかも?、

写真中・雪は写真の様に除雪しましたが単独ではこれが限界、

写真右・作業後の同谷、谷を埋める雪の下は雪解け水が流れ「空洞」になっていて要注意。   



3993.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2013年3月23日(土) 21時33分
Original Size: 667 x 500, 71KB Original Size: 667 x 500, 113KB Original Size: 667 x 500, 73KB

以上の様に表参道7合目からの夏道は開通しました、風呂ノ谷の道幅は前の程度に確保出が来ました、今後に降る雨量によっては斜面から落ちる土石に再び埋まる事が予測されます、道幅が狭い風呂ノ谷は慎重に歩いてください、また雪に埋もれていた木橋も腐食が進んでいる様です注意して渡る様に心掛けてください。

※今日の作業に時間を取られた為に表参道、また頂上の木々に付けている「警鐘看板」は回収していませんが無視して下さい、また頂上側の冬道入口の閉鎖バリケードは透明の物が設置してありますのでご注意ください。

写真左・7合目・冬道封鎖です、

写真中・ご協力ください、

写真右・下山後の綿向三山。


3985.綿向山&水無山 ブナの季節 返信  引用 
名前:しろやしお    日付:2013年3月22日(金) 16時59分
Original Size: 450 x 600, 70KB Original Size: 600 x 450, 64KB Original Size: 450 x 600, 79KB

ラリーさんこんにちは。雪も融け次にお出会いするのは、年末!かな。
今日は7合目の気になるブナのバストを測りに行きました。
もうすぐ新緑のブナの季節です。山中で巨樹巨木に出会うのも楽しみですが、特にブナの木には惹かれます。白神山地には勝てませんが、綿向山・水無山にもブナ林があります。鈴鹿に詳しいH氏のWebページでは「鈴鹿の巨木」として色々な樹種をまとめておられます。ブナの項を見ると、なんと水無山のブナが鈴鹿bPの巨木ブナなのです。その他にも2本がランクインしています。
ここでの巨木の定義は、地上 130cmでの幹周が3m以上ですが、さすがに鈴鹿で3m以上のブナは少ないです。ちなみに日本一のブナは秋田県奥羽山脈にあり幹周 8.6m。有名な白神山地のマザーツリーが幹周 4.65mです。
写真左 水無山北尾根の「水無の翁」幹周 3.78m ランクbP 半身の老ブナです
写真中 金明水の「金明ブナ」   幹周 2.62m ランク11 皆さんご存じです
写真右 ブナの木平の仮称「平ブナ」幹周 2.52m ランク14 南尾根ルート上です



3986.Re: 綿向山&水無山 ブナの季節
名前:しろやしお    日付:2013年3月22日(金) 17時1分
Original Size: 450 x 600, 71KB Original Size: 450 x 600, 66KB Original Size: 450 x 600, 76KB

H氏のページ以外で、しろやしおがチェックしたブナが3本あります。
写真左 綿向山南尾根の仮称「綿向ブナ」 幹周 約 3.3m 迫力満点です
写真中 水無山南尾根の仮称「三又ブナ」 幹周 約 2.9m まだ若いです
写真右 表参道7合目の仮称「行者ブナ」 幹周 約 2.5m 老ブナです
仮称は、しろやしおの覚えです。
これらのブナ以外で、でっかいヤツをご存じの方がおられましたらお知らせください。
なお山中の探査は暑い季節は、マムシ、ヒル等有害生物にご注意ください。



3990.Re: 綿向山&水無山 ブナの季節
名前:ラリー・ベル    日付:2013年3月22日(金) 22時40分
えぇッ鈴鹿で一番のブナが水無にッ(;゜ロ゜)、しろやしお さん こんばんはッ 新たなor詳細なブナ情報ありがとう御座います(^^ゞ。 楽しませてくれた雪の綿向山もフィナーレとなってしまいましたね、また多くの見応えのある添付も楽しく拝見させて貰いました。今回は綿向近隣のブナ情報(*'-')、たくさん在るんですね、日頃は踏み込まない所に、また歩く表参道の近くにも在り名称が付けられているにも驚きです、アイゼンよりも軽いコンベックスを片手にしての山行を楽しまれた様ですねッ(^з^)。 これからは今 以上に温かくなって来月中旬の頃からは…イヤですねぇ〜ッ 現れますねぇ〜ッ…奴ら(*`Д´)、その頃にはブナ探索は完了かと予測して居ます、次回にお会い出来るのはやはり雪の綿向かと…楽しみにしておりますm(_ _)m。

3983.夏道バリケード 返信  引用 
名前:落第忍者    日付:2013年3月22日(金) 12時30分
ラリー・ベルさん、こんにちは。

昨日、伊賀市街地から見えた綿向山が余りにも白かったので、午前中に歩いてきました。
私としては青空に映える名残霧氷が見られて大満足だったのですが、気になることがあったので出てまいりました。

これまでのラリーさんの投稿から、夏道開放と冬道閉鎖はセットで行われるものだと思っていました。
ところが、今日は両方とも開放されていたのです。
バリケードは傍らに放置されていました。
夏道で登り冬道で降りましたが、さほど危険とは感じず普通に歩けました。

この時期は状況に併せて選べば良いと言うことでしょうか?
それとも、WAKの意図しない開放だったのでしょうか?

http://ict.easymyweb.jp/member/rakudai-ninjya/default.asp?c_id=36853



3984.Re: 夏道バリケード
名前:しろやしお    日付:2013年3月22日(金) 16時53分
私も午後7合目に参りましたが、確かに夏道バリケードが除かれていましたが、プラプレートが付いたままでしたし、冬日案内のプレートも付いていました。
ラリーさん以外のどなたかが、バリケードを押しのけた感じだと思います。


3989.Re: 夏道バリケード
名前:ラリー・ベル    日付:2013年3月22日(金) 21時43分
今日も霧氷が観れた様ですねッ(^з^)。 落第忍者さん こんばんはッ、お久しぶりですねッ投稿ありがとう御座います(^^ゞ。夏道封鎖のバリケードがァ…言葉がありません(つд`)、本来は綿向生産森林組合・WAK等々が連携しバリケードの撤去・移設を判断され開通となる筈ですが…、返信で同じ情報を貰った しろやしお さんからは「押しのけた…」とあります、明らかに指示を受けたWAK会員の仕事では無い様です。 危険箇所の雪が少なくなっても封鎖を示すバリケードですルールは守って貰いたいですね。 そろそろ その指示が来る頃かと思われます、夏道開通迫る乞うご期待。

3982.昨日は綿向山予定を 返信  引用 
名前:しーちゃん    日付:2013年3月21日(木) 21時44分
雨予報のため断念して残念でした。
私は去年2回登っていますので、近いうちに幸福のブナまでも行ってみます。
ラリー・ベルさん、大阪のおばちゃんをよろしくお願いいたします。

鈴鹿の歩くどんぐりさんの御意見を私も実践したいですが、いざというとき、中々叫べないかもしれません。心掛けます。

http://siaopisuki.web.fc2.com/



3988.Re: 昨日は綿向山予定を
名前:ラリー・ベル    日付:2013年3月22日(金) 20時28分
Original Size: 667 x 500, 79KB

 お久しぶりですね〜ッ、しーちゃん こんばんはッ。お会いしたのは昨シーズン雪の表参道だったと記憶しております。先日の天気予報が外れた様で計画の綿向山が…残念でしたね、次回は好天狙いで仲間皆さんお誘い合わせで来山下さい お待ちしております。
写真は3月21日…寒い1日でした、これが最後…かなぁ〜ッ?。 


3981.20年ぶりの綿向山 返信  引用 
名前:ライ    日付:2013年3月21日(木) 18時59分
 春分の日の昨日、天気はイマイチでしたが、20年ぶりに綿向山に登ってきました。
 3日前の日曜日の朝、コンビニのPでラリー・ベルさんから声をかけていただき、当掲示板のことを知り、拝見させていただいているうちに、なぜか綿向山に登ってみたくなり即決行しました(笑)
 久しぶりにいい汗を流し、頂上に到着した時の"達成感"は最高でした!そして、帰宅後のビールはそれ以上に最高でした!(笑)
 また、新たなライフワークが始まりそうな予感がします・・ありがとうございました!

http://st34190309.blog.fc2.com/?no=166



3987.Re: 20年ぶりの綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2013年3月22日(金) 19時58分
先日のコンビニでは大変失礼しました(._.)、ライさん こんばんはッ 初めての投稿(#^.^#)ありがとう御座いますッ。 刺激を受けて登る綿向山は20年ぶり(*^.^*)、歩く表参道では当時を思い浮かべ快調に進んで着いた20年ぶりの頂上ヾ(^▽^)ノ。その頂上は生憎の空模様だった様ですねッ、広がる鈴鹿の山々を眺めていただく旬のお弁当と春の1日を存分に堪能された事でしょう♪〜( ̄ε ̄)。 週末はほぼ入っています 次回にも見掛けられたら…ってかライさん家の前での方が確率が…(^з^)、急停車しますのでその時には宜しくッ(`_´)ゞ。

3980.安全登山への提言(落石事故について) 返信  引用 
名前:鈴鹿の歩くどんぐり    日付:2013年3月20日(水) 22時26分
先だって竜王山での滑落事故のニュースが有ったばかりですが、つい最近私の身の回りで起こった内容について記してみます。

最近の事ですが、有る山を下山中(総勢40数名)、つづら折れの登山道で、上部のメンバーが谷側の浮石を踏み、子供の頭ほどの大きさの石を落としました。
幸い下部を歩いて居たメンバーの足元をかすめ、怪我は有りませんでした。
この際、落石を起こした人、又その近くの人達は「ア、アーッ」という
ような声しか発せず、瞬時の情報伝達が下の人達に旨く伝わりませんでした。 最悪のパターンとしてはよそのパーティの人に怪我をさせてしまう、という事が考えられます。

不注意にも落石をしてしまった、又それを見た人は大きな声で
「ラク、ラークッ」(落石の意味)と叫ばなければいけません。
そしてそれを聞いた人は「落石が有ったのだ」という事を即座に認識し、歩行を止め、注意しなければいけません。

釈迦に説法、これを読んで居る方々は殆どの方は内容はご存知だと思います。 ただ、「知って居る」と「出来る」は違います。
1人でも多くの方がこの内容を掴み、自覚して頂ければ幸いと思います。
「とっさの一声」
頭で判って居るだけではダメ !
いつでも出来るよう身に付けましょう。

3978.綿向山が見える山 返信  引用 
名前:なべさん    日付:2013年3月15日(金) 10時57分
Original Size: 1599 x 900, 179KB

最近ことごとく綿向山に登る機会をのがしてるんですけど、最近うちの地元(京都府の和束町にて・・山の上にあるお茶畑)から見えたのには驚きプチ感動いたしましたので、載せておこうと思います。因みに綿向山から六甲山が見えること思えば見えて当然なのかもしれませんけど、妙に嬉しいのでありました(笑)ただ位置関係にとても違和感を感じるのですけど、おそらくこれで間違いはないかと思います。でも間違ってたらスミマセ〜ン(><)



3979.Re: 綿向山が見える山
名前:ラリー・ベル    日付:2013年3月16日(土) 22時6分
和束町の茶畑から観る地元の山と遠くには連なる鈴鹿の山々が…角度が変るとこの様に並ぶんですねッ(o^_^o)。なべさん こんばんはッ、お久しぶりですねッ、今回は地元の茶畑(高い所ですね)から観る鈴鹿、拝見してから地図を広げましたが同様に驚きです(゜o゜;)、また正確には分かりませんが地図上では50キロ前後の距離の様ですッ(^^ゞ。 先日 京都の綿向山ファンの知人から今回とよく似た山から撮影した☆パンスターズ彗星を貰いました、拡大するとバッチシ(^-^)vと…。市内を外れ郊外の山からの天体観測or地上の遠望が楽しめ(^з^)る和束町の様ですねッ。 今日は土曜、何時もは「今日の綿向山」ですが地区の年度末行事などの為に今週はお休みとなりました(._.)、活発な綿向詣では次週となりますが次回にも見掛けられたら楽しみにしております。
PS)、今日の里から観た綿向三山は白い部分はほぼ無くなりました、日差しを遮る樹木の陰、また北の斜面などには凍結が予測されます、暫くは滑り止めを備えての入山をお勧めです。

3976.12日の中日新聞の記事を見ました 返信  引用 
名前:米原のよしくん    日付:2013年3月12日(火) 23時14分
ラリー・ベルさん、お久しぶりです。
事故の記事を見てびっくりしました。命に別条は無いものの、
かなりのお怪我をされている様子。幸福ブナを超え竜王山に向かう
急坂辺りで、でしょうか?
来週、計画をしています。興味本意では無く、私を含めた登山者への
注意喚起という観点で教えていただけませんでしょうか。
よろしくお願いします。



3977.Re: 12日の中日新聞の記事を見ました
名前:ラリー・ベル    日付:2013年3月13日(水) 20時3分
本格的な春の訪れも間近に迫り各地ではその訪れを告げる多くの催しが行なわれている様ですねっ。 米原のよしくん こんばんはッ、暖かくなり多くの山で名残雪を楽しまれている事と思います。  …12日付新聞紙面に現れた「滑落重傷事故」、麓では梅の花が開き始め本格的な春の入口付近に入りましたが山では未だに凍結路面が残り「場所によっては」厳しい登山道となっている様です。 一昨日の事故は綿向山頂上から竜王山への「縦走路」で発生。 発生した場所などを地元消防・警察に尋ねた所、ピンポイントでの発生場所は共に不明との事?(現場に着いたのはヘリから降下したレスキュー隊員のみ)、少ない情報の中には同縦走路・途中の高い木々の少ない「917b峰」近くでスリングアップし県防災ヘリに収容したとの事です。 発生状況等の詳細も不明ですが最寄りのレスキューポイントが917b峰付近との事でこの付近での滑落事故と予測するのですが?。ちなみに今回の事故に遭われた方はベテランだった方ではなく現役のエキスパートとの事をお伝えし、また心中お察しします。
現在の縦走路の一部には有雪期に多くの入山者に踏まれた雪が凍結となって積雪以上に厳しい縦走路と「予測」しています。イハイガ・竜王分岐から一挙に降下すると竜王に向う左側の植林帯で陽射しが遮られ、また進む石楠花尾根の厳下りは縦走路以外は絶壁、その下りる激下りの足元には踏まれた雪が透き通る程に凍結…を想定し次回の縦走に備えて下さい。   
PS)11日・朝の気温は里でマイナス5℃と冷え込みました。







ページ: |< << 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb