[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





3831.1月4日登山!新雪と霧氷が最高でした!! 返信  引用 
名前:米原のよしくん    日付:2013年1月4日(金) 18時54分
Original Size: 448 x 336, 70KB Original Size: 448 x 336, 66KB Original Size: 448 x 336, 80KB

ラリー・ベルさん、綿向山ファンの皆さん、明けましておめでとうございます。

昨日3日、初登山で霊仙に登りました。
年末年始の休みが長く、体力が余っており?、本日はパウダースノーと霧氷を求めて綿向山に登りました。
さて結果は・・・大当たり!!
ガスで雨乞岳や鎌ヶ岳の雄姿は全く見ることはできませんでしたが、30〜40センチ程度の新雪と霧氷が迎えてくれて楽しい登山となりました。
2ヶ所ある山小屋の気温計はマイナス5度前後、7合目より上の木々はほぼすべて霧氷状態、頂上からの下りでは登山靴で新雪の中、ウエーデルン?
明日は天気も良さそうですし、最高の綿向山になりそうですね。
ちなみに、私は伊吹山の予定です。

写真(1)今日の登山者は最高のパウダースノーを楽しめたはず
写真(2)頂上の木々、全面霧氷でお化粧しています
写真(3)頂上直下の急登を登る登山者
    ※お顔が写っていないので投稿させていただきました。



3832.Re: 1月4日登山!新雪と霧氷が最高でした!!
名前:米原のよしくん    日付:2013年1月4日(金) 19時10分
為参考・・・
@駐車場に雪はあまりありません。スタッドレスタイヤ装着で全く問題なく入ることができます。
A7合目より上で軽アイゼンを使いましたが、無くても今日は大丈夫だったと思います。
山上部の気温は恐らく4日は終日氷点下だろうと思います。明日もパウダー状態ではないかとは推測しますが、万が一の為、軽アイゼン等必携が安全です。


3834.Re: 1月4日登山!新雪と霧氷が最高でした!!
名前:ラリー・ベル    日付:2013年1月4日(金) 23時17分
今日の綿向山…空模様はイマイチだった様ですが期待を裏切らない大当たり(☆▽☆ )の綿向だったッ…との投稿ありがとう御座います(^^ゞ。米原のよしくん あけまして おめでとう御座います(._.)。昨日の予報通り今朝は雪、気持ちは綿向に向いていたのですが我が家のお局さまからのプレークが掛かり(つд`)…車窓からガスに半分以上を隠された白い山を観るのが精一杯でした(´∀`)。その白い綿向三山は終日 全貌を現しませんでしたが明日の予報にはマークが準備されていました(^з^)、お正月休みの終盤となる明日も賑わう綿向になる事と予測しております。明日はご自宅から近い伊吹山、無理を避けて存分に近江一の山を堪能して来て下さいねッm(_ _)m。

3828.ここ3年の元旦 返信  引用 
名前:虹の佐藤    日付:2013年1月4日(金) 8時18分
Original Size: 640 x 480, 167KB Original Size: 640 x 360, 117KB Original Size: 640 x 427, 140KB

綿向山皆様
ラリーベルさん、アルピニオさん
おめでとうございます。本年もよろしく。
毎年元旦写真投稿の虹の佐藤です。投稿が遅くなりました。
元旦8:30にパーキング、何と数十台の先客人が・・・
晴天で初日の出組おられたことと思います。
話変わりますが日本海側大雪で大変ですが綿向山も多いかと楽しみ・・・。
何と山頂には、例年のような雪が全然無い・・・嘆き
今回は、ここ3年の元旦の雪写真を掲載しました。
雪無が今年元旦、真ん中が2012元旦、残りが2011元旦です。
元旦綿向山初詣おかげで9年目となりました。
綿向山さんありがとう。



3833.Re: ここ3年の元旦
名前:ラリー・ベル    日付:2013年1月4日(金) 22時9分
恒例となった元旦の綿向山、9回目となった今年は雪もほぼ無い状態…(´・ω・`)。 虹の佐藤さん あけまして おめでとう御座います(._.)、新年の投稿をありがとう御座います(^^ゞ。当日の綿向には初日の出を、また元旦登山をと楽しまれる入山者で賑わった様です、私も遅い入山でした、登頂はお昼前だったかと?、その頂上には人影は少なく虹の佐藤さん にお会いする事が出来なかった様ですね(#^.^#)。これからは本格的な冬となりご愛用の高性能カメラの出番となります、タップリ積もった雪と樹氷っと澄み切った冬の青い空ヾ(^▽^)ノ、天気図と睨み合い三拍子が揃った1枚…楽しみにしておりますッ(^з^)。

3823.元日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2013年1月1日(火) 21時20分
Original Size: 667 x 500, 71KB Original Size: 500 x 667, 85KB Original Size: 667 x 500, 82KB

 WAK会員の皆さん・綿向山ファンの皆さん、 あけまして おめでとうございます、昨年中は多くの皆さんに当欄へのご協力をいただきました、本年もよろしくお願いいたします  2013・元日。
地区の元旦行事に参加のため遅れて入った御幸橋駐車場、場内を取り巻く様に並ぶ多くの車、大半は「初日の出登山」の皆さんと思われますが昨年より多い様です、その駐車場の空いた所に駐車した後に準備を整え今年初めての綿向山へスタートです。 入った表参道は昨日…昨年の大晦日と変わりなく快調に進めます、着いた3合目をスルーそのまま5合目へと進む中 参道に射しこむ新年の朝日、少し射す光芒を遮りながら進みついた5合目・避難小屋、屋内の温度計はマイナス1℃で大晦日より高い様です。同小屋での休憩を終え歩く参道、大晦日には観られた白い木々は皆無、遅い入山に高い気温が拍車をかけたみたいですねッ。 7合目からの冬道は大晦日と変わりなく見える雪は凍結です、少ない雪ですが「アイゼンは必携」お忘れなく。 着いた新年の頂上・気温2℃・晴れ・積雪なし・穏やかな北西の風・北方向の展望はイマイチで武平越しの知多半島と南方に薄っすらの伊勢湾が限界・入山者 初日の出組を含め約50〜60名。

写真左・昨年より多く見られた朝の駐車場、

写真中・表参道に射しこむ新年の朝日、

写真右・快晴の頂上と期待する木々からはポタリポタリッ。



3824.Re: 元日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2013年1月1日(火) 23時14分
Original Size: 667 x 500, 75KB Original Size: 667 x 500, 85KB

 朝の駐車場に入ると大晦日にも見た車…町内在住のT中さん 今日も入山の様でした、どちらかの山に縦走だったのか?お会い出来ませんでしたが今年もよろしくッ。 登る参道では初日の出登山の下山者にお会いする中に逢うのは どんぐり王国のお姫さま・アルビレオさん・M山のMさん達、初日の出の状況を聞き新年の挨拶を交わしてお別れ。4合目付では湖南市の行者・栄由さんにお会いです、竜王からの縦走との事、今年もよろしくッ。進む参道7合目付近で前を行くお2人に追い付き、アレコレとお話を盛り上げて頂いたのは守山から来山された村中さん、大晦日とは違いほぼ無風と青空の頂上を堪能された事でしょう。 その頂上で記念撮影のお手伝いをさせて貰ったのは…町内・小井口在住のご夫妻、丁度1年ぶりで昨年の元日以来との事でした、今季にはお会いする事があるかと思いますが よろしくッ。  隣りのベンチで食事?を摂られているのは澤井さんご夫妻、まだ数回目の綿向山との事、期待された輝く樹氷は空振りでしたが小春日和となった頂上と青い空、久しぶりに観る鈴鹿の山々を楽しまれた事と思います。また下山時にはご一緒いただきノロウィルスから世界情勢に至るバラエティに富んだ♪お喋りは弾みました、話途中に着いてしまった駐車場…悔やまれます(笑)。 その賑やかなしゃべくり下山途中に後方からお声掛けを貰ったのはグースベリーさん、改め今年もよろしくッ。 下りる4合目付近では見覚えのある入山スタイル…町内在住の東川さん じゃッぁあ〜りませんかッ! めっさッおひさしぶりでした、今季の綿向では幾度とお会いする筈です今季・今年もよろしくッ。

写真左・大晦日に比べ最高の青いキャンバスが準備されましたが白い木々は少々迫力不足、

写真右・下山後の綿向三山、観る限り雪はほぼ見られませんがアイゼンは必携です、車内等に置き忘れない様に…。 



3825.Re: 元日の綿向山
名前:小井口のTです    日付:2013年1月2日(水) 22時18分
 一年ぶりのラリーベルさんとの再会とてもうれしかったです! 今年一年良いことがありそうだ!!  

 毎日自宅から眺める綿向山 厳冬期以外は北アルプスに浮気してしまいますが、年に何度かは綿向山を堪能させていただいております。 次回はどっさり雪が積もるのを待って再登頂します!! 


3826.Re: 元日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2013年1月3日(木) 20時8分
ちょうど1年ぶりにお会いしましたねッ(^-^)、町内在住のTさん こんばんはッ 投稿ありがとう御座います(^^ゞ。 元旦に歩く表参道、また着いた頂上ヾ(^▽^)ノは意外にも気温が高くお目当て?の樹氷…イマイチ寂しかったですね(〃▽〃)。 冬季は綿向山を始め近隣の山を楽しまれる(^-^)vとお聞きしました、 暖かく…ってた暑くなる頃からは鈴鹿の「奴ら」を避けて向かう⇒デカくて高い涼しい山( ̄ε ̄)…いいですね〜ッ。 イマイチ雪の少ない今の綿向です、寒に入った頃の新雪に期待したいですね(^з^)。 何時もの様に週末は入って居ります、次回にも見掛けてられたらお気軽に…楽しみにしておりますm(_ _)m。


3827.Re: 元日の綿向山
名前:澤井    日付:2013年1月3日(木) 23時37分
先日はアイゼンを忘れた私達を助けて下さり本当にありがとうございました。
下山中は楽しいおしゃべりで駐車場まであっという間でしたね。まだまだお話お聞きしたかったですがまたの機会に是非お願いします(^○^)

次回は白銀の綿向山に登りたいと思います。
また掲示板で様子伺いながら計画立てたいと思います。
お会い出きるの楽しみにしています(^−^)♪


3830.Re: 元日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2013年1月4日(金) 17時44分
元日の綿向山、期待されていた輝く樹氷or雪はイマイチ迫力に欠けていましたが暖かいお正月の綿向山をご夫婦で堪能された事でしょう(^^ゞ。 頂上でのお喋りを下山の参道まで引きずって下る復路…たいへん楽しゅう御座いました(^з^)。 先日から伝えられている寒気が運んだ様で今朝は雪でした、また明日5日は寒の入りと聞きます、これからは日増しに気温が下がり入山者にメロメロになって頂く魅せる綿向山になる筈です(^_^;)、次回は当欄に投稿される情報を元にアイゼン等の滑り止めを「忘れず」ご夫婦お揃いで来山下さいねッ。 次回用のネタをバッチシ準備してお待ちしております♪〜( ̄ε ̄)。

3829.1月4日の綿向山 返信  引用 
名前:M山のM    日付:2013年1月4日(金) 16時39分
Original Size: 798 x 596, 199KB Original Size: 800 x 600, 295KB

里でもたくさんの雪のため、登山者の出足が遅い。
8時前に御幸橋駐車場に到着するが、車の轍はあったが、駐車車両は無い。
しんしんと雪が降る中をトップで進む登山道、さらさらのパウダースノー
に新しい足跡を付けながら進む登山道は駐車場近辺は積雪10cm。
やっとたどり着いた五合目小屋は積雪のためドアが開かない。ドア前を備
え付けのスコップにて除雪して小屋の中に入る。
小屋から出ると足跡が、小屋で休憩中に抜かされたようだ。冬道に入ると
さらに積雪が増え、吹き溜まりでは膝上にも達する。
四ツ子ブナ上にて本日トップの下山者と出会う。山頂積雪20cm早々に下山する。
本日の登山者17名。
明日以降、登山にはアイゼン、車は冬用タイヤまたはチェーンが必要。
写真は山頂の様子と下山後の駐車場の様子。


3820.大晦日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2012年12月31日(月) 20時40分
Original Size: 667 x 500, 81KB Original Size: 667 x 500, 89KB Original Size: 500 x 667, 79KB

 今年もあと数時間になってしまいましたね、こんばんはッ 今日は冬型の気圧配置となり寒い1日でした。例年は「一昨日の30日でなく昨日の30日・晦日」の入山(笑)を恒例としているのですが昨日の朝から降り続ける冷たい雨、その雨に負けて今日の入山となりました。 あれほど降り続いたにも関わらず歩く表参道には少しの湿りが見られますが、快調に高度を稼ぐに連れ歩く足元にはその湿りが霜柱と変わり、また地表には凍結が感じられ転倒に注意かと思われます。  着いた5合目・避難小屋、回復傾向の天候の為か眺望はまずまず、白い稜線を魅せる比良山系と裾野に広がるびわ湖、同小屋で小休憩を終え歩く参道、進むに連れ5合5尺付近から見え始める白い木々、…ひょっとして?の期待を持って着いた7合目、周りのブナ林は薄っすら氷化粧、入った冬道で高度を稼ぐに連れ見え始める樹氷!、今日は空振りは免れた様です。入った冬道は案の定かたく凍った土と登るに連れ見え始める雪、その雪は凍結していて上手く避けるとアイゼン未装着で登れますが同ルートを下山に使われる方はアイゼンの装着をお勧めします、雪と見える地表は凍っています。 着いた大晦日の頂上・気温マイナス5℃・曇り・積雪なし・強めに吹く北西の風・展望は一昨日の30日?の様な展望は皆無で北方向は全て× 南に見える伊勢湾が限界・入山者16名。

写真左・大晦日に観る日野の里とびわ湖方向の眺望、

写真中・冬道の4つ子ブナピークからのビューポイント…青いキャンバスが整えば最高なんですが…、

写真右・曇るマイナナス5℃の頂上は独り占め?。



3821.Re: 大晦日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年12月31日(月) 21時1分
Original Size: 667 x 500, 75KB Original Size: 500 x 667, 78KB Original Size: 667 x 500, 63KB

 朝の御幸橋駐車場で先を発たれ結局今日は逢う事が出来ませんでした、竜王へ縦走されたのかも?と思われる方は町内在住の対中さん、普段の綿向ではお会いしていませんが冬ともなると…次回はお正月休みの間に何回…?。  下山の7合目では綿向は数回目とお聞きした野洲からの1青年、アイゼンを履いて登る冬道、着いた頂上はイマイチの空模様と冷たい風でしたが登り納めの綿向山を堪能された事でしょう。

写真左・幸福ブナ付近から観る頂上方向、

写真中・頂上直下観る水無山、

写真右・雲の切れ間から観た光る伊勢湾。



3822.Re: 大晦日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年12月31日(月) 21時20分
Original Size: 768 x 576, 107KB

 写真は下山後に観た綿向山 頂上付近。
元旦の初日の出をと計画されている皆さん、気をつけて頂上を目指して下さい、現在 表参道7合目まで雪はありません、ただ早朝の為に凍結にはご注意ください。

WAK会員・綿向山ファンの皆さん よい お年をお迎えください。


3817.12月29日の展望 返信  引用 
名前:鍋焼きうどん    日付:2012年12月30日(日) 14時23分
Original Size: 600 x 400, 102KB Original Size: 600 x 400, 82KB Original Size: 1365 x 684, 66KB

昨日は今年の綿向山の登り納めをしました。

9時半を過ぎた遅めの出発です。
12月初めにやってしまった、ふくらはぎの肉離れの回復状況チェックしながら、少しペースを落として登りました。おかげで霧氷は全部落ちていましたが、頂上で思わぬプレゼントが待ち受けていました。

それは、今年の登り納めにふさわしい素晴らしい眺望です。
(その一部を添付しますが、北アルプスの山並みをハッキリさせるためコントラストと彩度を強調しています。)

皆さん良いお年をお迎え下さい。



3818.Re: 12月29日の展望
名前:ラリー・ベル    日付:2012年12月30日(日) 17時10分
超遠望いいですね〜ッ(o^_^o)、鍋焼きうどん さん こんにちはッ(^^ゞ。脚の調子を見ながら降り続ける?表参道を進んで着いた頂上、その晦日の頂上に降るのは雪ではなく冷たい雨だった事と…?(^_^;)、当然の様に降る雨が眺望を遮る( ̄〜 ̄)筈ですが…(((゜д゜;)))なんでゃねんッ、嬉しい(^з^) ボヤキが連発する程のちょう〜ッ遠望、ラッキーでしたねッ楽しませて頂きました(*^_^*)。 では鍋焼きうどん さんよい お年をお迎え下さいねッm(_ _)m。


3819.Re: 12月29日の展望
名前:アルビレオ    日付:2012年12月30日(日) 17時25分
鍋焼きうどんさん
こんばんは!
貴重な綿向山からのすばらしい超遠望写真を掲載していただきありがとうございますP
新しく購入されたカメラの威力が、遺憾無く発揮された映像ですね

槍、大喰、中岳、南岳、大キレット、北穂高、涸沢岳、奥穂高、前穂高、明神岳と並んでいるのは圧巻で、特に興味深く拝見しました。
これから綿向山は霧氷とすばらしい展望の季節です。
鍋焼きうどんさんの北アルプス遠望写真によって、ますます綿向山ファンが増えそうですね。
これからもすばらしい写真を期待しています。

来年もよろしくお願いしますP
よい年をお迎えください。

3814.綿向山、水無山、竜王山の三山登頂しました!! 返信  引用 
名前:米原のよしくん    日付:2012年12月23日(日) 20時15分
Original Size: 1024 x 768, 164KB Original Size: 448 x 336, 54KB

ラリー・ベルさん、こんばんは、今日もお会いしましたね、びっくりしました。
今日は綿向山初めての友人と一緒、時間もあることだし、三山を登る予定でスタートしました。
綿向山頂上でラリーさんと別れてから、8合目経由で水無山、そして南峰へ。再び綿向山山頂に戻り、竜王山への縦走コースで本日の登山を終えました。

友人は、一日で三山まわれたと大変喜んでいました。友人も歴史に興味があり、ラリーさんとの歴史話も盛り上がっていましたね。

ラリーさんから水無岳南峰より御在所岳が見える事を教えていただき、早速見てきました。綿向山から御在所岳は見えないものと思っていました。鎌ヶ岳とあわせて見ることができました。このことは、あまり多くの人は知らないはずで、少し得した気分になりました。

年内の登山は今日で終わりになると思います。正月早々、伊吹山に登り、その次、また綿向山に登る予定です。来年も、お会いできる事を楽しみにしています。

ラリーさん、そしてこの掲示板をご覧になっておられる綿向山ファンのみなさん、良いお年をお迎えください。



3816.Re: 綿向山、水無山、竜王山の三山登頂しました!!
名前:ラリー・ベル    日付:2012年12月25日(火) 20時6分
一昨日の日曜日、ありがとう御座いました(^^ゞ。米原のよしくん こんばんはッ 早速の投稿ありがとう御座います、駐車場でお連れの仲間の方とお会いし出会い小屋からは揃って歩く表参道、5合目からはお喋りが弾み…過ぎた内に着いた頂上ヾ(^▽^)ノ。頂上でお別れした後は前回と同じ水無&南峰へ進み再び綿向に戻って竜王縦走へ(^з^)、師走の綿向三山を仲間の方と歩きまくられた様ですねッ(*^_^*)。仲間の方は初めての綿向とお聞きしていました、表参道とは様相の異なる2つの登山道 存分に楽しめまれ綿向三山の好感度を上げて頂けた事と思います。 大晦日あたりから寒波とも伝えられています、年始の来山時には先日には観れなかった樹氷に期待出来る様ですねッ♪〜( ̄ε ̄)。 年始にも見掛けてられたらお気軽に…楽しみにしておりますッ。 では よいお年をお迎えくださいッm(_ _)m。


ページ: |< << 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb