[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





3788.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2012年12月2日(日) 18時52分
Original Size: 500 x 667, 85KB Original Size: 500 x 667, 83KB Original Size: 667 x 500, 87KB

 WAK会員・綿向山ファンの皆さん こんばんはッ師走に入りましたねッ、今日の綿向は雪or輝く木々が頂上付近で…皆さんを♪喜ばせてしまいましたが先ずは一報です、先月15日に初雪が確認され綿向山ファンの方からの添付がありましたが今回も同程度の積雪です。  入った表参道には少しの湿りがあるものの凍結は無く、また前回の様な冷たい風も感じない中を快調に進んで着いた3合目あざみ小舎、付近の木々の幹周りと小舎の屋根には薄っすらの積雪です。同小舎の屋根に積る雪を眼下に見ながら進むと足元に見え始める霜柱と感じる低い気温、5合目手前に在る小さな木橋を過ぎ5合目避難小屋が見え始める辺りの参道は白いじゃッぁあ〜りませんかっ!、小屋付近には4〜5aの積雪・比叡山と稜線がガスに隠された比良山系が展望の限界。 小屋での小休憩を後に進む参道には少しの雪とこの付近から見られた地表の凍結、転倒に注意です。着いた7合目も数aの積雪と日差しが遮られる先の参道は雪道となって「風呂ノ谷」付近は要注意(木橋にも雪が載っています)。同谷を過ぎ左に巻き始める付近からは日差しの入る斜面の為に雪・凍結は目立っては無い様ですが油断は禁物注意して下さい。8合目・金明水を過ぎると再び雪道となり今日は雪を踏んでの登頂です。 気温1℃・晴れ・4〜5aの積雪・穏やかな風・北東方向の遠望はペケ、南には雲に日差しを遮られ輝きを無くした伊勢湾・入山者約50名。

写真左・朝の5合目小屋にはこの積雪、

写真中・表参道5合5尺付近の雪量と地表は凍結、

写真右・気温1℃の頂上と少ない登頂者。



3789.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年12月2日(日) 21時29分
Original Size: 667 x 500, 86KB Original Size: 667 x 500, 81KB Original Size: 500 x 667, 88KB

 今季初めて踏んだ綿向山の雪、此れからは今日以上の雪量となって多くの入山者で賑う事でしょう。 今日の朝に歩く参道でお会いしたのは箕作山のお猿さん、色んなお喋りを♪楽しみながらの表参道ありがとう御座いました以前にもお会いさせていただいた様ですねッ。 箕作山のお猿さんの前に下山を始め下りる参道では多くの入山者とのスライドを繰り返す中で金明水付近でお会いしたのは和歌山からの来山とお聞きした北村さん、初めての綿向の様でしたが…ラッキーでしたねッ雪、着かれた頂上からの眺望はイマイチ遠望は利かなかった事と思いますが初めての綿向山を堪能された事でしょう。 7合目付近では初めての綿向山とお聞きしましたスーさんブラザー、穏やかな登りが続く表参道を歩いて着いた初めての頂上、遠望はペケでしたが綿向から観る雪化粧を施した鈴鹿の山々を楽しまれた事と思います、次回はお伝えした装備を整え冬本番の綿向山においでやす お待ちして居ります。  その7合目ブナ林近くを下りると周りに こだま する程に聞こえる♪お喋りの列は…お美しい6名のパーティー(リーダー・バーバーリーさん)、初めての綿向山との事でしたがまずまずの天候と雪!存分に楽しまれた事でしょう、皆さんの美しさに飛ぶ鳥もバっさッバっさッ…墜落だったかも知れませんねっ、次回は登山部の皆さんお誘い合わせで雪の綿向山に おこしやす お待ちして居りますッ。 5合目小屋で私用を済ませ下りる参道で…どゃさ湖南市のS田さんお久しぶりでした、今季の綿向での雪は初めての事と思いますが…此れからが本番です、週末の度にお会い出来る時を楽しみにしていますねッ。  3合目・カラ谷作業道では米原から来山とお聞きしたグリーンティーさんとお子さま、少し遅い入山の様で着かれた頂上は午後の時間帯だったかも知れませんねっ、2人り占め?の頂上と眺望を堪能された事でしょう、また記念バッヂのお買い上げご協力ありがとう御座いました。 戻り着いた御幸橋駐車場では…此れから入るん?から 次回はよろしくとなってしまった鍋○○○○んさん大事にして下さいねッ。

※今日の綿向上部は雪の表参道となりましたが7合目冬の難所となる「風呂ノ谷」(木橋の前後)も積雪は見られますが表参道「夏道」閉鎖・「冬道」オープンには至って居りません、しばらくは夏道をお使い下さい。

写真左・頂上階段から、

写真中・水無方向…心拍数が上がり始めた方は休憩を挟んで観て下さい、

写真右・珍魚落雁…山を飛ぶ鳥を落した京都からの皆さん。



3790.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年12月2日(日) 21時49分
Original Size: 667 x 500, 78KB Original Size: 667 x 500, 74KB Original Size: 667 x 500, 82KB

写真左・失禁寸前の方はお急ぎ下さいッ!画は溶けませんのでご安心ください、厳冬期の情景はこれ以上となりますので事前に済ませておいて下さいねッ、

写真中・駐車場の彩どりもフィナーレを迎え様としています、

写真左・下山後に観た綿向山頂上付近。



3794.綿向山の好青年さま(^_-)-☆
名前:バーバリー    日付:2012年12月3日(月) 23時48分
こんばんは。昨日はありがとうございました。
雪山にひけをとらない美しさが自慢の絶世の美女六人組です。
これ以上言うと炎上しそうなのでほどほどにしておきます(笑)

記念すべき初めての登山部の活動が綿向山で本当に良かったです。
すばらしい山ですね!
五合目のから雪景色にガラッと変わった瞬間が今でも忘れられません!!
紅葉と雪山まるで二つの山を登ったような・・・遠く離れた地に旅に来たような・・・とにかく貴重な体験をさせてもらいました。
なんといっても『綿向山の好青年』さまに会えたことが素敵な出来事でした。
いろいろなアドバイスやワッペンまで頂き本当にありがとうございました。絶対再登頂しにきます!またお会いできるのを楽しみにしております。


3795.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年12月4日(火) 21時29分
お美しい皆さんにお会いして動揺していた様ですッ、お名前を…間違えた(〃▽〃)みたいですねッ。「バーバリー」さんこんばんはッ、投稿ありがとう御座います(^^ゞ。勤務先の登山部全員が揃い初めての山行は綿向山、着いた駐車場を後に終わりの無いお喋り刀§@(^з^)を楽しみ歩く表参道、高度を稼ぐに連れ山の斜面は白くなって着いた5合目避難小屋では今季に初めて?踏む雪、生憎 京都愛宕山は厳しかった事と思いますが初めて観る湖東平野の眺望(゜o゜)を楽しまれた事でしょう。5合目での休憩の後は凍てついた参道を進んで着いた7合目からは雪道とちょっと(((゜д゜;)))スリルを感じる「風呂ノ谷」、皆さんを「軽々^з^」と支える木橋を過ぎ30分程で皆さん揃って登りきった頂上ヾ(^▽^)ノ。その頂上からのチょ〜遠望は利かなかった事と予測しますが部員全員が揃っての頂上を存分に堪能され、また綿向山の好感度を上げて貰えた事と思います( ̄。 ̄)。 楽しかった師走の綿向山、次回もびユ〜てぃふルな部員皆さんお揃いで来山下さいッ、サーベルを地に向けた儀仗隊(`_´)ゞの栄誉礼、また冠譜の吹奏での歓迎は出来ませんが山の貴公子がお待ちして居ります♪〜( ̄ε ̄)。

3791.師走はじめの日曜日 返信  引用 
名前:GreenTea    日付:2012年12月2日(日) 23時1分
GreenTea親子です。今日は入山が遅くなってしまいましたが
雪が探検気分を盛り上げてくれたらしく、息子は張り切って歩き
何とか12時半には山頂に到着できました♪v(*'-^*)ゞ

鈴鹿のお山がうっすら雪化粧した姿を間近に見ながらの昼食に、子どもも大喜びでした。
他の登山者の方も何組か見えて和やかな山頂でした。

初めての綿向山、雪の山歩きも初めて!と初めて尽くしでしたが親子ともどもお山を満喫させて頂きました。
また違う季節にも伺って、いろいろな姿を見せてもらいたいなと思います。
またその時にはラリー・ベルさんにお会いできるのを楽しみにしております。



3793.Re: 師走はじめの日曜日
名前:ラリー・ベル    日付:2012年12月3日(月) 22時14分
お子さまの足元…バッチシ決まってましたねッ(^-^)v、GreenTeaさんこんばんはッ、お会いした3合目付近の表参道には雪は無く着かれた5合目、また7合目からは雪道となりお子さまの決まった足元は気持ち良く雪を蹴散らし快調な足運びでの登頂ヾ(^▽^)ノだった事でしょう。着いた頂上は強い風も感じず鈴鹿の山々を眺めながらのお弁当、存分に初めて(#^.^#)の綿向山or雪をお二人で堪能♪〜( ̄ε ̄)された事と思います(^з^)。 四季折々が楽しめる綿向山です、これからは雪の綿向となり昨日 以上の雪と厳冬期には輝く樹氷と、冬のクリスタルな空気を透して観る遠望是非 体験下さいねッ。 週末はほぼ入っています、次回にも見掛けてられたらお気軽にお声がけ下さいッ お待ちして居りますm(_ _)m。

3787.初冬の綿向山頂 返信  引用 
名前:箕作山のお猿さん    日付:2012年12月2日(日) 18時10分
Original Size: 841 x 630, 178KB

ラリー・ベルさん、
本日は往復ご一緒させて頂きありがとうございました。

楽しく会話させて頂いて、あっと言う間に山頂に。
また落ち着いたペースで、
過去の綿向登山に比べ疲れを感じませんでした。
ありがとうございました。

帰宅後に調べました結果、
多分、2008年11月30日の山行き時にお会いしたと思います。
その時に頂いたパンフはアルバムに貼付してあったのですが・・・
何故かステッカーは見当たりませんでした。m(_ _)m

みっともない写真ですが、とりあえずアップさせて頂きますね。
お見苦しければ削除願います。(笑)
またご縁がありましたら宜しくお願い致します。

(追伸)5合目小屋のストック、あって良かったですね。(^_^)



3792.Re: 初冬の綿向山頂
名前:ラリー・ベル    日付:2012年12月3日(月) 21時20分
昨日の綿向は積もる雪の迫力はイマイチ欠けましたが今季に初めて踏む雪…楽しまれた事でしょう(^з^)。箕作山のお猿さんこんばんはッ、朝の5合目から、また下山のお付き合いありがとう御座いました、エンドレス(*´д`*)?かと思われた事と思いますがお喋りを交えての表参道は楽しかったです(^^ゞ。師走に入り何かと忙しい毎日となりますが空いた好天の1日を使っての綿向山、お待ちして居りますm(_ _)m。
※下山の5合目小屋…マジで良かったです、昨日で使用は2回目だったんです(^_^;)。

3783.こんにちわ!!ラリーベルさん 返信  引用 
名前:michikusa mama    日付:2012年11月24日(土) 17時50分
きょうは、、、お顔を見ることできるかなぁ、、、、って
おもいながら やったぁ やっぱり お目にかかれました。
なかなか 綿向山にくることもできなくて、、、
まるで 冬の七夕みたいですね♪
今日はとても暖かくて 汗をかいてお山であそべました
ありがとうございました 
可愛い子供さんたち すこーーーーしご年配の方 ぐんと 若い方
いろんな方がたくさんお山に入ってみえていましたね
綿向山って みんなに優しいお山なんですね

帰りもイシグレに抜けるトンネルを使ってかえりました
すごく 便利!!!で 早く帰ることができました
また 雪の積もった 白い 綿向山に、、、はいりたいのですが、、、
さて、、さて、、、 いけるかなぁ、、、、です
きょうは お会いできてうれしかったです



3786.Re: こんにちわ!!ラリーベルさん
名前:ラリー・ベル    日付:2012年11月25日(日) 20時44分
1年ぶり(#^.^#)に歩く綿向山は好天に恵まれご夫妻で存分に堪能された事でしょう(^^ゞ、 michikusa mamaさんこんばんはッ、早速の投稿ありがとう御座いますッ。積もり始めた落ち葉の広がる表参道を歩いて目指す頂上、途中の9合目付近で逢った下山する好青年(^з^)は昨年も逢った……お声掛けありがとうございました(._.)お久しぶり丁度1年ぶりの様ですねッ。着かれた久々の頂上ヾ(^▽^)ノ は少しの風が吹く中に観える鈴鹿の山々、また遠望をファインダーと肉眼で楽しまれた事と思います。その頂上には時間が経つに連れ入山された老若男女が続々と登頂され賑わった頂上になった事と思います。前述の通り綿向の冬支度の一部を済ませました、次回は雪の・樹氷の綿向山へ「グンとお若い」お二人で来山下さいねッ、もっと若い私がお待ちして居りますm(_ _)m。

3784.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2012年11月24日(土) 19時46分
Original Size: 667 x 500, 75KB Original Size: 500 x 667, 106KB Original Size: 667 x 500, 74KB

 先日に過去最高の参加者となった「綿向山の日」、当日の天候が翌11日まで続くと予測したのですが…、その11日の暴風雨による大きな影響も目立たない表参道からの入山です。 入った表参道には落ちた小枝などが所々に散らかる程度で支障なく快調に進めます。 青空の下に強くはない北風を感じながら進んで着いた5合目・避難小屋、気温3℃を示す小屋内の温度計と展望は京都・愛宕山が霞の向こうに薄っすらが限界、同小屋での小休憩と小屋修復時に使用した工具の下山準備を整え再び歩く表参道と始まった今日のミッション。 先日に初冠雪が確認され冬の綿向山がスタートしました、その雪の表参道で入山者に注意を促す「警鐘看板」を取り付けての参道、積った雪の深さを考慮しての取り付けとなる為に場所によってはジャンプして…とアレコレ完了させて着いた頂上。 気温4℃・晴れ・北西の風・乗鞍、御嶽、恵那と南方には伊勢湾が午前の展望・入山者約80名。

写真左・5合目からの眺望、

写真中・警鐘看板の1枚、水無山方向へ向う頂上と8合分岐は色違いの赤色・有雪期の水無山は「要注意」です、

写真右・着いた頂上は4℃と遠望が観れました、この後には賑った事と予測します。



3785.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年11月24日(土) 21時53分
Original Size: 667 x 500, 75KB Original Size: 500 x 667, 88KB Original Size: 667 x 500, 73KB

例年通りの看板を抱えて歩く参道、風呂ノ谷 手前の桧に看板をと作業を始めた頃にお声掛けを頂いたのは彦根の馬場さん、後の看板取り付けにアシストをいただき、また下山までのお付き合いありがとう御座いました。 2人で着いた頂上、今日最後の看板となる1枚を取り付けた後は眺望を楽しみながらの休憩、休憩も程々に下山を始めた階段で逢うのは…10日はお疲れさまでした会員のVANさんとお連れの美しい女性…ご両人共に訂正でございますッ、晴れた頂上と眺望を楽しまれた事と思います。 下りる参道9合目付近では…ッ!お久しゅうございますっ岐阜のmichikusa mamaさんご夫妻、1年ぶりでしたねッ吹く風が冷たく感じる頂上でしたがご主人の愛用カメラは熱くなる程にフル稼働だったかも知れませんねッ。 7合目?を過ぎた辺りでは…10日は早朝からのお手伝いありがとうございましたのお礼と同時に返ってくる「おねだり」を遠回しに伝えるのは甲賀市の北村さん、おねだりの日本武道館・びートルズの「ただ券」…ビックに♪お喜び下さいッ努力の甲斐あって入手出来た事をご連絡いたしますッ、ちゅうちゅうトレインには年齢制限は無く何十歳でも乗車出来る様ですッ…今から楽しみですねッ。 その後の下山でスライドするのは親子ずれと思われる多くの皆さん、お聞きすると東近江市・湖東第2小学校の親子フォーラム?とやらで頂上は大変な賑いになった事でしょう。  入山時に下山準備を整えた工具をと入った5合目小屋では…京都からの柴田さんご夫妻に…来山頻度が次第に多くなって来た様にも感じるのですが(笑)、お聞きしていた身体の一部分の整備不良…下山時にはシャッキィ〜ン!かと?、次回も不具合を感じたら おこしやす。

写真左・ほぼ満車となった御幸橋駐車場(下山後)、

写真中・山は茶褐色が目立つ中、御幸橋駐車場ではまだ見られます、

写真右・下山後の綿向三山には彩どりは見られ無い様です。




 


3782.綿向山から見える山に登ろうシリーズ(No.22) イハイガ岳(標高964.1m)登山 返信  引用 
名前:WAK研修部担当M    日付:2012年11月18日(日) 21時2分
Original Size: 800 x 600, 212KB Original Size: 800 x 600, 232KB

11月18日に綿向山からイハイガ岳、大峠、ツルベ谷からフジキリ谷まで縦走しました。
当日は時折雨も降り、風も強くてとても寒かったです。
視界はもう一つでしたが、なかなか良いルートで皆さん晩秋の鈴鹿を楽しめたと思います。
http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/EEkSjTn34QN


3780.雪が 返信  引用 
名前:Mother-Lake    日付:2012年11月16日(金) 18時55分
Original Size: 640 x 480, 173KB Original Size: 448 x 336, 99KB Original Size: 640 x 480, 182KB

ラリーベルさんこんばんは!  ご無沙汰しています。
掲示板はいつも拝続させていただいています。
先日の11月10日綿向山に行きたかったのですが、野暮用ができて参加できなくて残念。
今日は良い天気の予報だったので足元のいい綿向山にと出かけました。
車から見える綿向山は雲に覆われて山頂が見えません、周りは晴れているのに。
7合目少し手前で雪が出現です、ビックリでした。徐々に雪が増えてその上に落ち葉がのって
雪と落ち葉のコラボがきれいでした。
8合目あたりから青空が広がってきて、山頂は風もなく暖かく穏やかでしたよ、
ゆっくりとランチでした。
鈴鹿の山々にも雪がみえて、御嶽、乗鞍岳も遠望できました。
今日は平日だと云うのに大勢の方と出会いました、皆さん今日の天気に誘われたのかな〜

またお会いしたいです、その節はよろしくお願いします。



3781.Re: 雪が
名前:ラリー・ベル    日付:2012年11月16日(金) 22時7分
…はいッ里に降った昨日の冷たい雨、山は雪になった様ですねッ…ってかMother-Lakeさん じゃッぁあ〜りませんかッ、めっちゃ お久しぶりですッ(#^.^#)。今年の夏は全くお会い出来ていませんでしたが綿向よりデカくて涼しい山行を楽しまれていた(^з^)のかも知れませんね。昨日は気温の低い中に降る雨でひょっとして山は?…と帰宅途中に見た綿向上部のガスの切れ間から見える白い斜面(o^_^o)…初雪ッ。その雪を昨夜の冷え込みが残してくれた事と予測しております(^^ゞ、その雪を踏んでの登頂ヾ(^▽^)ノと暖かい頂上から観る遠望…存分に楽しまれた♪〜( ̄ε ̄)事でしょう。 この週末の入山は潰されてしまいました(´・ω・`)、これからの季節の週末には幾度とお会い出来る事と思います(*^.^*)見掛けられたら何時もの様にお声掛け下さいねッ 楽しみにして居りますm(_ _)m。

3777.11月10日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2012年11月13日(火) 20時58分
Original Size: 667 x 500, 77KB Original Size: 667 x 500, 74KB Original Size: 667 x 500, 85KB

 雲間に光る星が見える早朝05:45、役場駐車場に集合したスタッフ・関係者を前に実行委員長の挨拶、その後に指定された車に分乗し出発です。着いた3合目カラ谷作業道には早くも参加された1家族にお会いする、挨拶を交わした後に車に載った荷を肩に、また背にしてあざみ小舎・5合目・頂上へと歩く表参道。着いた5合目・避難小屋から見上げる空には青空が覗きまずまずの空模様。小休憩の後に再び歩く参道の右には前回以上の黄葉を楽しみながら着いた7合目、一方通行の登りに使われる冬道のバリケードも撤去済、本来はこの冬道が私の定点となる所ですが…ついつい頂上まで登ってしまいました。 着いた頂上ではテントの設営・横断幕などが準備される様子を見るだけに留め遠くに観える白い御嶽を目に焼き付け急ぎ定点を目指し冬道を下った。

写真左・夜明け前から始まった「ふれあいDay」役場駐車場、

写真中・頂上は準備に大忙し07:50頃、

写真右・同時刻の頂上には朝一にお会いしたご家族と…カメラを意識している門さん。



3778.Re: 11月10日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年11月13日(火) 23時28分
Original Size: 667 x 500, 78KB Original Size: 500 x 667, 79KB Original Size: 500 x 667, 81KB

その下る冬道では多くの参加者とスライドして冬道を2/3ほど下った小さなピークが私の定点となる所。第一印象として…寒すぎます、登りの左側が北となり植林帯から吹きあがる北風は気温6℃のピークを直撃!、登る参加者の吐く息は白くも見え…そのピークに釘づけとなる事を思うと青息吐息。事前に風を予測し準備しておいたツェルトを空ではなく北方向に広げ風対策をと進める中にも多くの参加者が通過され、また小さなピークでザックを降ろして休憩を取る参加者…。その長蛇となった参加者の中から 飴ちゃん舐める?とお声掛けを頂いたのは…お久しぶりでした「鈴鹿のぱーぷるさん」1年ぶりかと思います、一緒にちょうだいしたお豆ちゃん 冷え切った身体が和む程に甘くて大変おいしゅうございました。 その後ろからは…こちらもお久しぶりでしたね「福島さん」、当日はお1人?の様に感じました、錫杖の仲間皆さんも何処かに混じっておられたかも知れませんが…旬の綿向とふれあいDayを堪能された事と思います。 当日はご家族お揃いでのふれあいDay参加ですねッ、大津の「清田さん」奥さまはお久しぶり お嬢さまはもっとお久しぶりでした、此れからは今 以上に落葉が進み寒くなって寂しい綿向となりますが後に迎える「白い綿向山」、皆さんお揃いで来山下さいねッ。 アレっ?当日は単独での参加は彦根の「馬場さん」、お声掛けありがとうございました、登頂の後はどちらかに縦走?ではなく即下山の即帰宅の事と思います、次回は寒い綿向に熱いお二人で おいでやす。 いきなりで驚きましたょ、伊賀の「ポポカメさんご夫妻」当日のイベントをお伝えしていなかった様でス失礼、急登の続く冬道は奥さまには…ってか大噴火だった事かも知れませんが初めて参加のふれあいDay、参加者1.650名の中のお2人となり彩りがピークとなった綿向を堪能された事でしょう、斜面で昼食を摂られていた「左側の斜面」もっとビゅーティフルでした、ただ斜面が厳しく♪お気軽にッとは行けませんが場所はインプットしておいて下さいねッ、上3枚がそこです。 綿向でお会いするのはお久しぶりでした、先週の御幸橋付近で夜を徹しての大宴会!楽しまれた事と思います、「まっちゃん」お久しぶりです、ふれあいDay当日の登頂後は何れかの山に縦走と予測しております旬の綿向連山を堪能された事でしょう。  甲賀市の「北村さん」当日は早朝からスタッフとしての助っ人参加、忙しい中と思いますが しぇぇしぇ、週末に逢える時を楽しみにしております。

写真は表参道8合目と同じ程の高度と予測する場所での3枚、前述の通り山慣れない入山者に♪お気軽にとお勧め出来ない為にピンポイントでの場所の紹介は控えます悪しからず。



3779.Re: 11月10日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年11月14日(水) 0時23分
Original Size: 400 x 534, 59KB Original Size: 400 x 534, 76KB Original Size: 400 x 534, 63KB

写真左・表参道・風呂ノ谷を渡り下山されるシニアご夫妻と山ガールの皆さん、

写真中・うふッ…もう帰れるゾぉ〜ッ・でもサブ〜〜っ!、

写真右・あぁ〜ッ!スタッフジャンパーが、歳を喰らうとこの辺りのセンスが衰える様です(※1)、万年青年にも限界があるみたいです…。
(※1)下山される参加者が渡る木橋の点検との事でした、渡られた皆さんご安心下さい…臭いませんので。


3776.第17回綿向山の日 1650人で賑わう 返信  引用 
名前:アルビレオ    日付:2012年11月11日(日) 23時2分
昨日、2012年11月10日(土)は、日野町が制定して迎えた第17回目の綿向山の日。

綿向山を愛する会のメンバーをはじめとする実行委員65名は未明の5:45に日野町役場前に集合。
6:00各担当部所に向けて出発しました。

日本海からの寒気が流れ込み、晴れ間が広がるものの、雲が多く風が冷たい。

ほの暗い中、三合目あざみ小舎でバザーの準備を始めると、法螺貝が響き、早くも子供を交えた家族連れが登って来られた。

頂上では、横断幕や受付テントを設営する間も登山客が来られる。
風が強い分、伊勢湾がくっきり光り輝き、渥美半島から伊良湖岬、神島、答志島、それに航行する船も見える。

東側には、雪を戴いた御嶽山とさらに白い乗鞍岳。
杉峠の向こうには恵那山と塩見岳が望めた。

例年なら落ち葉のこの時期、今年は暑い日が続き紅葉や黄葉が遅く、今が見頃で美しい。

特にシロモジの黄色、コハウチワカエデやウリハダカエデの赤色、ブナやシラキ、やヤマボウシの渋い色が彩りを添える。
今年は土曜日とあって、子供と一緒の家族連れや、若いカップルや山ガールのパーティーが多数来られ、華やかで賑やか。

駐車場の係りは、終日走り回っての大忙しで長時間待っていただいたお客様も。

三合目では、バンジョーとギターの元祖吉田兄弟の演奏を楽しんでいただいた。
バザーの松茸めしなどは、お昼前に完売のうれしい悲鳴。

七合目行者堂では、日野綿向行者講による町の発展と無病息災の祈念祭が執り行われ、多くの方々が参拝され、甘酒の振る舞いを享けられた方も。
七合目からは安全を期して、上りは急坂の冬道ルートで、頂上からの下りは表参道の階段を降りての一方通行を登山者にお願い。
寒風が吹き上がる冬道や風呂の谷で、終日案内をしていただいたメンバーには、大変厳しい寒さでした。

途切れなく終日賑わった綿向山。
11:10丁度。頂上では、藤澤直広日野町長の挨拶があり、登山客が合いの手を入る和やかさ。
スタッフによる展望説明には、御嶽山や伊勢湾の見事な眺めに、みなさん目を見張っておられました。

この日、ふれあい綿向山Dayに参加されたみなさんは、1650人。
新記録となりました。
日野町内や滋賀県内はもとより、関西や東海北陸、遠くは東京、神奈川、鳥取、岡山からの方々もお見えになりました。

ご来山いただいたみなさん、お疲れ様でした。
ありがとうございました。
またのお越しをお待ち申し上げます。


また、早朝から夕方遅くまで、ボランティアで各部所で頑張っていただいた綿向山を愛する会のみなさんをはじめ、日野町役場の方々、お疲れ様でした。

ありがとうございました。


ページ: |< << 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb