[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





3770.はじめまして 返信  引用 
名前:ポポカメ    日付:2012年11月6日(火) 23時46分
11月4日に初めての綿向山でした。 ラリーさん、5合目小屋で声をかけていただきありがとうございました。 はい、記念にバッジを分けてもらった夫婦連れです。 投稿が遅れて申し訳ありません。
天候にも恵まれ、紅葉の中、素晴らしい山行でした。そしてなんと言っても、よく整備された快適な登山道が家内のお気に入りとなりました。(珍しく文句一つ言わずスイスイでしたよ。)
 次回は雪の綿向山にもチャレンジしたいと思っています。その節にはこのページでチェックさせてもらいたいと思いますのでよろしくお願いします。
 



3771.Re: はじめまして
名前:ラリー・ベル    日付:2012年11月7日(水) 22時39分
先日4日の日曜日…初めて(#^.^#)登る綿向山は最高の青空と彩りを準備して歓迎してくれましたッ(*^_^*)、ポポカメさん こんばんはッ 投稿ありがとう御座います(^^ゞ。当日の朝は雲一つ無い晩秋の青い空の下を奥さまと歩く初めての表参道、穏やかな登りに奥さまのテンションもガンガン上がり(^з^)重なる落ち葉の中を快調に進んで着いた頂上ヾ(^▽^)ノ。その頂上からの眺望は…驚いても(゜o゜;)オドロキきれないほどの…ラッキーでしたねッ(*⌒▽⌒*)。好天下の1日を存分に歩かれ楽しまれ、クレーマーからの苦情も無くご夫婦お揃いで喜色満面(=⌒ー⌒=)での下山、当然ッ綿向山の好感度を上げて頂けた事でしょう( ̄ε ̄)。 お伝えしていました「雪の綿向山」に是非 来山下さい、冬期には会員・綿向山ファン、また一般の入山者の皆さんから当欄に投稿を頂き綿向の情報源にもなっています、活用していただきドシドシっ来山下さい。 尚 雪量により7合目からは冬期ルート「冬道」の使用となります、この冬道は急登が続き先日の様にスイスイ…とは(^_^;)、当然さまは烈火のごとくヽ(*`Д´)ノと予測しますが約620bの距離です…口八丁手八丁 頑張って下さいねッ(^_^)v。
※アイゼンをお忘れなく、では次回の来山をお待ちして居りますm(_ _)m。


3773.Re: はじめまして
名前:ポポカメ妻    日付:2012年11月8日(木) 6時57分
おはようございます。
4日に綿向山初登山のポポカメ妻です。ラリーさんには5合目山小屋といい頂上といい、沢山教えて戴きありがとうございました。
頂上から遠くに白山、乗鞍、御嶽が見えること教えてくださいまして感激でした。
また、二週間前に登った雨乞岳を真正面にそして右には鎌ケ岳、さらに右奥には私達夫婦のよく登る経ヶ峰、錫杖と本当に素晴らしい眺めでした。
七合目付近の紅葉と何と言っても山道の落ち葉の美しさ、黄色、緑、黄緑、茶色そして、チラッと赤の葉っぱの絨毯でした。
これぞ茶道で使う干菓子の『吹寄せ』とはまさしくこの事だなと思いながら落ち葉を踏みしめて歩きました。
主人は冬に再訪を望んでいるようですが、私は新緑の時にもう一度訪れたいなと思いました。
私は、お恥ずかしいのですが上りはガイドブックの登山時間の二倍はかかり、いつも主人に呆れられています。下山時間は人並みなんですが、、、
しかし、綿向山は、整備の行き届いた本当に歩き易い山道でこんな私でも気持ちよく登ることができました。登りはやはり人並み×1.5時間でした(笑)
何度も訪れたいなと思った綿向山でした。
ありがとうございました。


3775.Re: はじめまして
名前:ラリー・ベル    日付:2012年11月8日(木) 23時28分
4日の日曜日、初めて登る綿向山では楽しい思い出作りが出来た事と思いますッ(^з^)、ポポカメさんの奥さまこんばんはッ 綿向登山の感想投稿ありがとう御座います(^^ゞ。ご夫婦で歩く初めての表参道、高度が上がるに連れ変わる季節を感じながら着いた頂上ヾ(^▽^)ノ。前回の雨乞が目前に、また遠方には頂きが白くなった北アの山々…(☆▽☆ )、本格的な冬には先日 以上に遠望or樹氷が観れるのですが…(^_^;)。 暖かくなった綿向に是非お揃いで来山下さいねッ 歩く表参道の足元が楽しめる事と思います。雪の綿向でポポカメさんに、暖かくなった綿向ではお二人に…楽しみにして居りますッm(_ _)m。

3763.こんばんわ 返信  引用 
名前:J・K    日付:2012年11月4日(日) 21時20分
初めまして。
今日は五個荘から、綿向山初登山でした。

5合目の山小屋でラリー・ベルさんにお声をかけて頂き、
樹氷登山のお話など聞かせて頂きました。
ぜひぜひ、冬の綿向山、挑戦したいですねー!

山頂で食べた昼食は景色もよくサイコーでした。
また登ります。



3769.Re: こんばんわ
名前:ラリー・ベル    日付:2012年11月5日(月) 22時38分
初めて(#^.^#)の綿向山をご夫婦で楽しまれた様ですねッ(*^_^*)。J・Kさん こんばんはッ投稿ありがとう御座います、お二人で歩く表参道、高度を稼ぐに連れ快晴の下に広がる湖東の平野、お会いした5合目小屋を後にすると晩秋の太陽を受けて輝く黄葉。7合目の先に現れる綿向の難所「風呂ノ谷」、付近からは参道に積もった落ち葉に秋の終わりを感じながら着いた初めての頂上ヾ(^▽^)ノ。青空の下に広がる鈴鹿の山々と遙か彼方には雪を被った御嶽山などが…朝には観れましたがお二人が登頂の頃には霞が隠していたかも知れませんねッ、その頂上で旬のお弁当を広げて絶景を楽しみながらの昼食(^з^)。初めての綿向山をご夫婦で存分に楽しまれ☆=☆☆☆ッは貰えた事でしょう♪〜( ̄ε ̄)。雪の綿向山 是非チャレンジして下さいねッ 青空をキャンバスに輝く樹氷、お伝えした装備を整え おこしやす お待ちして居りますm(_ _)m。


3772.Re: こんばんわ
名前:ポポカメ妻    日付:2012年11月8日(木) 6時45分
おはようございます。
4日に綿向山初登山のポポカメ妻です。ラリーさんには5合目山小屋といい頂上といい、沢山教えて戴きありがとうございました。
頂上から遠くに白山、乗鞍、御嶽が見えること教えてくださいまして感激でした。
また、二週間前に登った雨乞岳を真正面にそして右には鎌ケ岳、さらに右奥には私達夫婦のよく登る経ヶ峰、錫杖と本当に素晴らしい眺めでした。
七合目付近の紅葉と何と言っても山道の落ち葉の美しさ、黄色、緑、黄緑、茶色そして、チラッと赤の葉っぱの絨毯でした。
これぞ茶道で使う干菓子の『吹寄せ』とはまさしくこの事だなと思いながら落ち葉を踏みしめて歩きました。
主人は冬に再訪を望んでいるようですが、私は新緑の時にもう一度訪れたいなと思いました。
私は、お恥ずかしいのですが上りはガイドブックの登山時間の二倍はかかり、いつも主人に呆れられています。下山時間は人並みなんですが、、、
しかし、綿向山は、整備の行き届いた本当に歩き易い山道でこんな私でも気持ちよく登ることができました。登りはやはり人並み×1.5時間でした(笑)
何度も訪れたいなと思った綿向山でした。
ありがとうございました。


3774.Re: こんばんわ
名前:ポポカメ妻    日付:2012年11月8日(木) 6時59分
申し訳ございません。 返信投稿するところを間違いました。

3760.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2012年11月4日(日) 18時35分
Original Size: 500 x 667, 88KB Original Size: 667 x 500, 82KB Original Size: 500 x 667, 73KB

 一昨日の夜に降り始めた雨が早朝まで残り、また観る綿向はガスに隠され入山を今日に変え何時もの時間に入山です。 季節の色に変わった竜王南斜面を左に歩く北畑谷林道、入った表参道は進むに連れ吹く涼し過ぎる?風に吹かれて着いた3合目・カラ作業道、昨日の計画ではこの作業道を下り奥の平〜オンバノフトコロ〜綿向の予定…を変えてそのまま表参道から目指す頂上。5合目・避難小屋で小休憩をと入った小屋には三重・津市からのご夫妻にお会いし短いお喋りの後に再び歩く参道、6合目が近付くに連れ現れる前回以上に色付いた黄葉。着いた7合目辺りからは参道に積り始めた落ち葉を踏んでの綿向山となります、先の「風呂ノ谷」も同様に落ち葉が覆っています、同谷は参道が狭くその落ち葉で滑らない様にご注意ください。その風呂ノ谷で後方に現れたのは町内在住の知り合いの男性、あれこれとお喋り・撮影を楽しみながら着いた頂上。気温9℃・快晴・北西の風・白山-乗鞍−御嶽-恵那山と右に観えるのは…塩見岳?、南には白く光る伊勢湾がの展望・入山者約50名。

写真左・6合目付近で1枚、

写真中・階段直下から観た水無方向、

写真右・晴天下の頂上、この後に賑った様でした。



3761.Re: 今日の綿向山
名前:makoto    日付:2012年11月4日(日) 18時50分
こんばんは。

久しぶりの山頂や落ち葉の道は、清清しくて良かったです。

できれば今週の土曜日に行きたかったけど、用事なので

今日にしたんですが、イイ汗をかきながら目の保養ができましたよ。

道中では一緒に写真を撮らせてもらい、ありがとうございました。


3762.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年11月4日(日) 20時58分
Original Size: 500 x 667, 88KB Original Size: 667 x 500, 83KB Original Size: 667 x 500, 81KB

竜王側からの縦走をサボって着いた5合目・小屋、中には津市から初めての綿向山とお聞きしたご夫妻にお会いし記念バッヂのお買い上げ…ありがとう御座いました、好天下の表参道を歩いて着いた頂上では最高のプレゼントが用意されていました、ご夫妻で歩いた綿向山 存分に楽しまれた事でしょう、次回もお揃いで雪の綿向に来山下さいねッ 今日以上のプレゼントが用意される「はず」です、お待ちして居ります。  風呂ノ谷で追い付かれたのは町内在住の倉元さん、愛用のカメラを胸に…表参道から、また頂上から…撮りまくりでした、ぇえ画がある様でしたら
 ちょ〜だいネっ。 倉本さんは頂上から〜竜王に、私はこの好天が午後まで続く事を見込んで下山開始です。  9合目を下りた付近で入山者に譲る参道と…おッ!ぉお〜っめっちゃ×2お久しぶりでしたねぇ、gunslingerさん、お会いするのは1年ぶり位かと、今日はもっとお喋りを楽しみたかったのですが…ゴホンゴホン、次回はゆっくりと数日間の笑い溜めの出来る爆笑トークに期待します…ゴホンゴホン〜ぅうおぇッ!。  下りた5合目小屋では五個荘から初めての綿向山とお聞きしたお若いご夫妻、お二人で歩く表参道、着いた頂上からの眺望を楽しまれた事でしょう、お話にあった「雪の綿向山」お伝えしたアイゼンを準備して絶景の樹氷を堪能して下さい、また雪の参道では先行者の踏み跡を辿ればほぼ登頂できます、ただ参道から外れる踏み跡には要注意です、新調されたお揃いのアイゼンで氷片を飛ばして歩く参道or冬道…テンションが上がりっ放しかと 是非おいでやす。 鍋焼きうどんさん 今日は遅い入山の様ですが迫る11日は05:45の様です、当日は頂上を含め山全体でのスタッフの活躍に期待し頑張りましょう。 2合目付近では甲南の渡辺さん、忙しい中ですが晴天の綿向を楽しまれた事でしょう、次回もよろしくッ。   下りる参道でお声掛けを頂いたのはmakotoさん早速の投稿ありがとう御座います。以前の5合目小屋での出来事をカミングアウト、また美しい奥さまとの2ショットを…ありがとう御座いました、その写真 私を切り取って玄関にでもペタッ…魔除けぐらいにはなるかと…活用下さい。

写真左・表参道9合目付近でございます、

写真中・下山後の御幸橋駐車場にはモーターバイクも混じっていました、

写真右・下山後に観る綿向三山と…11/10迫ってきました。

※今日も多くの入山者で賑いました、お会いさせて頂いた皆さん、また私の声が届けられなかった皆さんの投稿をお待ちして居ります、ドシドシっお寄せ下さい。



3764.Re: 今日の綿向山
名前:gunslinger    日付:2012年11月4日(日) 21時22分
 綿向山の日直前の日曜日。グループ連れ・家族連れ、ご夫婦、もちろんgunslingerのような単独の方も含めてにぎわっていました。
 ラリーさん、お久でした。今日は竜王から綿向を予定していたのですが、駐車場にどこかで見たような車があったので、表参道ピストンに変更。まあ〜体と気持ちが表参道ピストンを要求していたようだったのでちょうどよかったと思っています。
<グラサンをどこかで落としてしまいました。フレームもゆがんでいる十年物なので、拾われることなくゴミになっていることと思います。・・・>


 


3767.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年11月5日(月) 20時17分
下山途中の8合目付近でのお声掛けありがとう御座いました(^^ゞ。makotoさん こんばんはッ、下山後の投稿ありがとう御座います(._.) 久しぶりに入った好天下の綿向山、奥さまとお喋りを楽しみながら歩く暮秋の日が射す表参道、着いた晴天の頂上ヾ(^▽^)ノから観る遠望…お会いした後も御嶽などが待っていてくれた事と思います(*^_^*)。 11日の「ふれあいDay」には参加出来ないとの事でした、先月にWAK会員により事前整備された綺麗な表参道・頂上を一足先にご夫婦で楽しまれた事でしょう(*^.^*)。 明後日は立冬と聞きます、いま以上に気温が下がり来月には白くなった綿向が現れるかも知れませんねッ、雪の表参道・冬道では昨日以上に目の保養が出来るかと(=⌒ー⌒=)、次回もご夫婦お揃いで来山下さいッ お待ちして居りますm(_ _)m。


3768.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年11月5日(月) 21時26分
昨日は本当にお久しぶりでした(^-^)、gunslingerさん こんばんはッ。計画では竜王〜綿向への健脚縦走路(^з^)、予定の途中に覗いた(゜o゜)駐車場に、はいッ御料車よりちょっとグレードダウンした私のお車、希少車でございます、1/1290でございます( ̄ε ̄)、で自然と背にザックとドアロックの後に足の向くのは歩き慣れた表参道、好天下の頂上と眺望を楽しまれた事と思います(^^ゞ。
※サングラスを(/_・、)…、雪の綿向でもよく使っておられるヒューゴ・ボスかと予測します、表参道の何処かにある筈です以後の入山時には注意しますねッ。

3765.明日は筋肉痛! 返信  引用 
名前:倉本    日付:2012年11月4日(日) 21時24分
初めまして、

地元に住み毎日山を眺めているのですが、棉向山に登る機会を見つけられず、久方ぶりに棉向山に登ってきました。
コースは竜王山登り口から少し奥に入った所(行き止まり)から北参道コースから5合目表参道に出て頂上へ、帰りは尾根づたい竜王山に向かいオンバノフトコロから下山約4時間の道のりでした。

お天気にも恵まれ頂上からは伊勢湾などが見え秋を満喫して、良い汗をかくことができました。

しかしながら明日は筋肉痛間違いないようです。



3766.Re: 明日は筋肉痛!
名前:ラリー・ベル    日付:2012年11月5日(月) 18時35分
四季の綿向を観ながらのお仕事…羨ましい限りですッ(*^_^*)、その晩秋の綿向山にと即入山、地元の強みですねッ。倉本さん こんばんは 昨日は朝から快晴となって気持ち良い山行を堪能♪〜( ̄ε ̄)された事でしょう。 快晴の頂上を撮って楽しんだ後は竜王への縦走、大切なカメラをザック仕舞い込んで挑む続く下り坂、穏やかな尾根からは再びカメラを手に向かう竜王山。お伝えしたコースを歩かれた様で 車までの最短の工程と思っています(^^ゞ。 今日は湿布だらけの身体に鞭を打っての(≧ω≦)お仕事…お疲れさまぁぁ〜ッ(^з^)。

3758.富士山眺望 返信  引用 
名前:鮒平    日付:2012年11月3日(土) 22時19分
ご無沙汰しております。
すっかり山登りから遠のいていたのですが、先日、京都新聞に“富士山眺望西端”についての記事が出ており、すごく興味が沸き、そろそろ山登りを再開しようかと思っております今日この頃です。

理論的には、京都が富士見の西端だそうですが中々見えるものではなさそうです。御在所からは見えるそうですが、果たして滋賀県内で富士山が望める場所はあるのでしょうか?

もちろん綿向山ではいかがなのでしょう?他の場所で見える情報などあれば教えて頂けないでしょうか。

これから冬は遠くの山まで見通せることが多くなりますよね。少しは山登りの楽しみが増えればと思っています。
よろしくお願いいたします。



3759.Re: 富士山眺望
名前:ラリー・ベル    日付:2012年11月4日(日) 16時51分
お久しぶりですねッ 鮒平さん こんにちは(._.)。新聞の記事に胸を踊らされ山行の再開との事、今が見頃の多くの山々を堪能して下さいねッ(^^ゞ。 その読まれた記事の富士見ですが綿向山からは残念ですが確認できません(^_^;)、東の雨乞or御在所が遮っています、また県内の何れかの山からの富士見ですが…私は知りません(〃▽〃)悪しからず。同じ近畿圏内では和歌山からの富士見が出来る様です、同県南部に「妙法山」?辺りから確認出来る様です(山名にチョット自信が…(#^.^#)。 富士見は無理ですが晩秋〜冬にかけての綿向山、是非 来山下さいねッ お待ちして居りますm(_ _)m。

3756.堪能しました 返信  引用 
名前:佐藤    日付:2012年10月30日(火) 20時23分
はじめまして。
土曜日に初綿向山登山をさせていただきました。
鈴鹿の山から望むかの山にいつかは行くぞと思いを馳せて、やっと実現しました

水無〜綿向〜竜王と縦走する予定で取り付いた水無山・北尾根コースでしたが、そのお姿を拝見して思わず声をかけさせて頂いたラリー・ベルさん、綿向山の色んなことをお話いただいてありがとうございました。
書込みが遅くなりました(゚o゚;;
綿向への尾根ルートは行きそびれましたが、それ以外は紹介頂いたルートで縦走→下山しました。
少し風が強く、また遠望もきかない日でしたが、いろんな景色が楽しめる山だと思いました。
眼前に綿向、傍らに雨乞、そして遠く鎌、御在所が望める水無南峰はお気に入りです。
そして、路傍に見られた草木は、今から春が楽しみになるくらいでした(*^_^*)
ラリーさんたちのおかげで楽しく山歩ができています。
また山でお会いしましょう(^-^)/



3757.Re: 堪能しました
名前:ラリー・ベル    日付:2012年10月31日(水) 21時10分
晴れた秋の1日を使って歩く初めての綿向連山(*^_^*)。佐藤さん こんばんはッ、水無北尾根コースでお会いして鞍部までの間でしたがありがとう 御座いました(^^ゞ。鞍部でお別れの後に水無南峰まで行かれた様ですね、その水無から戻り綿向南尾根を狙われた様ですが…背の高い草に阻まれ(゜д゜;)綿向8合目からの表参道。着いた頂上ヾ(^▽^)ノから角度を変えて観る鈴鹿の山々、生憎遠望が利かなかったのが残念だった事と思います。楽しんだ頂上を後に向かう竜王縦走(^з^)。イハイガ・雨乞 分岐からの続く下りを終えると水無山とは様相の違う縦走路…。鈴鹿の多くの山を歩かれ最後残った綿向連山、秋の好天のなか存分に楽しまれた♪〜( ̄ε ̄)事でしょう。週末の土曜日はほぼ入っています、次回にも見掛けられたらお気軽にお声掛け下さいねッ m(_ _)m。


ページ: |< << 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb