[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





3699.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2012年7月28日(土) 21時0分
Original Size: 667 x 500, 87KB Original Size: 500 x 667, 59KB

…暑いですねぇ〜ッ!メッチャ暑いです、今日も各地から記録が更新された気温が伝えられています、まさに「三伏の候」真っ只中の様で今日は「中伏」と聞きます(夏至から数えて4度目の庚の日)、ちなみに初伏は7/18・末伏は8/7との事…猛暑はまだまだ続きます十分な水分補給と休憩を取って盛夏の綿向山を安全に♪お楽しみ下さいッ。
前回より少し遅れて入った御幸橋駐車場、下山時の日当たりを考慮して駐車の後準備を整えスタートです。 入った表参道は前回と同様に変わりなく、また山蛭に遭う事無く(高い気温の為?)快調に進めます、が今日は前回以上に暑い植林帯の中 3合目カラ谷作業道に上がるまでに全身汗まみれ!、前述の通り日頃以上の水分が必要と思われますのでご注意ください。無風の3合目あざみ小舎で汗を拭い再び歩く参道、高度を稼ぐに連れ吹く風を感じ始め5合目を過ぎる頃には気温の低い事を感じる事と思われます。前回には「涼風肌に心地よく」の7合目でしたが…心地よくには至らないものの涼を感じさせる行者堂前で小休憩、その休憩中に現れた夏の厄介者「アブ」これからお盆に掛けて汗で濡れた身体に纏わり付きます、拾った小枝or笹等で払いながらの登頂を強いられる事と予測しています(噛まれると赤く腫れ上がり痒く…)。小休憩を後に目指す頂上、9合目付近からは足元を注視(蝮)して登り始める直下の階段、右頭上から容赦なく照りつける夏の太陽…マジ話応えますねッ。
着いた頂上・気温26℃・霞が遮り近隣の鈴鹿もボンヤリの眺望・ほぼ無風・入山者約20名。  今日の頂上には前回以上「にアブ」が目立った様です、またアブ以上に目立つのはトンボ(アキアカネ)・・・盛夏の中で季節が進んでいる事が感じ取れる様です。

写真左・頂上でHPに添付しますぁ〜ッ ご希望の方どうぞぉ でご協力をいただいた京都・名古屋・鳥取・甲南からの皆さん、

写真右・空中戦でアブを撃退してほしいものですねッ、翼を休めるアキアカネ この撮影直後に…飛びますッ!飛びまスっ!で頂上の何処かへ…。



3700.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年7月28日(土) 22時15分
Original Size: 768 x 576, 87KB

 何時もより遅い時間に走るR-477、北畑口信号で止められると目に入る自販機前の白いAWD、いにしえの古都ナンバーは・・・虹の佐藤さん、最近は綿向入山の頻度が増えた様ですねッ、私が下山時に手を加えた「風呂ノ谷」でしたが後から下山の虹の佐藤さんも軽い整備をとの事で…ご協力ありがとう御座いました。   展望の無い5合目・避難小屋では名古屋から初めてとお聞きした佐々木さんと岸さん、暑い最中の表参道でしたが穏やかで登り易い綿向山、楽しまれた事と思います。着いた頂上を後に進んだ初めての竜王縦走、お伝えしたコースを歩かれ無事に下山の事でしょう。  着いた頂上では先の登頂者2名が、お聞きすると初めての綿向山を水無山からの縦走と事、荒れて危険なコースに難儀された事と予測して居ります。 頂上での休憩と皆さんとのお喋りも程々にアブに追われる様に下りる表参道、途中の5合目小屋での休憩をと日陰で座り込むと現れたのは前回に「ご予約」を頂いていた長浜のKさんじゃッぁあ〜りませんかッ、今回は新しい仲間の鍋さんが加わり♪お喋りが絶えない楽しい綿向山だった事でしょう、週末には入山者が多くなる綿向です、鍋さんもジャンジャンっ!おこしやす お待ちしておりますので。  そのKさんパーティーと追いし追われつ…のバトルをとお聞きしたのは鎌掛からの瀬川さん、お久しぶりでした2年ぶり位ですか?、暑い最中の山行です無理をしないで下さいッ。

写真は夏空の下に観る下山後の綿向三山。  


3697.お久し振りでした 返信  引用 
名前:長浜のK    日付:2012年7月23日(月) 20時26分
前回天候不良で竜王山への縦走は断念しましたが、昨日行ってきました。
ヒルのことなんか気にならなくなるぐらい真剣に下ってました(笑)

地元の3人さんにも会って絡ませてもらいました♪

ちなみに夫妻でもカップルでもなかったりします(笑)
今週土曜に新メンバーを交えてまたお邪魔することになりそうです(^-^)
よろしくお願いします!



3698.Re: お久し振りでした
名前:ラリー・ベル    日付:2012年7月24日(火) 20時7分
一昨日の5合目避難小屋で…マジお久しぶりでした(#^.^#)5月以来ですねッ。長浜のKさん こんばんはッ、当日の朝にはガスに被われイマイチの(^_^;)綿向上部でしたが次第に天候が回復し楽しめる山行となった事でしょう(^^ゞ。今回は以前に天候に拒まれた竜王への縦走♪〜( ̄ε ̄)、山蛭( ̄ー+ ̄)どころで無い長い下り坂を下っての尾根歩き(^-^)v、存分に歩かれ思い出に残る縦走路だった事と思います。
※この週末に新メンバーさんとですねッ…(`_´)ゞ了解!しましたッ、お会い出来るチャンスがある事と思います…。

3695.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2012年7月22日(日) 20時12分
Original Size: 500 x 667, 73KB Original Size: 667 x 500, 84KB Original Size: 667 x 500, 72KB

WAK会員・綿向山ファンの皆さんこんばんはッ、昨年の夏と同様にしばらくの間ご無沙汰をしてしまいました。今回の久しぶりとなる入山は昨日を予定していたのですが降る雨に負け、今日に変更して入った御幸橋駐車場。準備の最中に次々と入ってくる車は…?1つのパーティーとの事でヒミズ谷を攻め上がるとの事でした。 準備を整え約1ヶ月ぶりに歩く表参道、先月の台風の後にも降った大雨による目立った影響もなく快調に進んで着いた3合目カラ谷作業道でしたがこの3合目までの植林帯での暑さは夏本番の暑さでした、小休憩と水分の補充をお勧めします。 近付く5合目手前付近から濃くはないガスが現れ始め着いた5合目・避難小屋からの眺望は全くのペケ、同小屋での小休憩を終え歩く参道、進むに連れガスと生い茂った木々に日差しが遮られ薄暗い中を進んで着いた7合目。ガスは晴れないものの涼しい風が吹いていてさながら爽快な夏を感じさせる7合目でした。ブナ林の撮影を後に進んで入った風呂ノ谷、先月の台風の後のままですが慎重に通過して下さいッ。 着いた頂上気温17℃・小雨の混じる曇天・南東の風・入山者20名以上。

写真左・眺望の無い5合目・避難小屋、

写真中・幻想的な7合目には清々しい夏の風、

写真右・7合目と同じ幻想的な頂上は17℃。



3696.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年7月22日(日) 21時23分
Original Size: 500 x 667, 87KB Original Size: 667 x 500, 102KB Original Size: 667 x 500, 94KB

着いたガスって展望の無い頂上での休憩中に階段を登る数名の足音、登頂されたのは名古屋から来山とお聞きした3名のパーティー(リーダー・坂尻さん)、初めての方も居られた様でしたが手荒い歓迎(山蛭)を受けられたみたいですねッ、喰われた首の出血…止まりましたか?。下山は水無山からとお聞きしましたが先日来の雨で下山の北尾根コースは荒れていた事と予測しております。  下山の6合目付近でお会いした山ガールが交じる3名のパーティー、お聞きすると地元・蔵王の市岡さんと甲南の2人の山ガール、初めてに近い2回目の綿向とお聞きした市岡さんと初めての2女性、生憎の空模様でしたが高度を稼ぐに連れ涼しくなる表参道、お喋りが弾む最中に着いた頂上を皆さんで楽しまれた事でしょう、次回も皆さんお誘い合わせで来山下さいねッ。 少しの休憩をと入った5合目小屋では…!ッお久しぶりでしたねッ、長浜のKさんご夫妻じゃッぁあ〜りませんかッ 前回は風呂ノ谷で添付用の撮影にご協力を…、今日は午後になるに連れ天候が回復した様で下山の頃は夏の青空が眩しい表参道だったかも知れませんねッ。次回にも見掛けられたらお気軽に♪楽しみにしております。

写真左・キモっ!蛇の抜け殻は5合目小屋、

写真中・こちらは本物です、毒あり?無し?ご判断はお任せします、頂上直下の階段付近です。この付近 9合目道標辺りから頂上階段登り口の間では「蝮」によく遭います、山蛭どころではなく今の季節の蝮は大変にデンジャラス!要注意、

写真右・下山後の御幸橋駐車場。


3693.2012/7/15の綿向山 返信  引用 
名前:虹の佐藤    日付:2012年7月18日(水) 19時23分
Original Size: 314 x 235, 48KB Original Size: 314 x 235, 43KB Original Size: 314 x 235, 29KB

皆さんこんにちは。
投稿が半週間ほど遅れました。
7月15日の綿向山はどんより、蒸し暑ーい山でした。
7時半頃のパーキングは3代程度でした。9時半頃登頂
なんとなく寂しい
下山しだすとなんと賑やか3組以上の若いカップルや
山ギャルグループが次々と・・・
私は、福山雅治等の録音をiphoneから鳴らし歩いてました・
少し恥ずかしかったかな。
でもこんなに多くの若い人たちばかり増え、綿向山さんも
ワクワク、若返りましたね。
これからもどんどん増え賑やかになるといいですね。



3694.Re: 2012/7/15の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年7月19日(木) 22時15分
…暑いですねぇぇ〜ッ(≧ω≦) 殺人的な暑さが続きます、三伏の侯 一番暑い時節に入った様ですッ(^_^;)。 京都・虹の佐藤さん こんばんはッ お久しぶりです、15日に覗いた御幸橋駐車場で機動性能に優れるデカい愛車を拝見して居ります(^^ゞ。当日は連休の中日で多くの来山者と予測していたのですが生憎の空模様と湿度・気温共に高い梅雨末期の症状(´・ω・`)、吹き出す汗を拭っての表参道or頂上だった事と思います。先日には梅雨も明けこれからは暑い中での山行となります(^з^)、日頃 以上の水分が要り重いザックとなりますが楽しい曲を聴きながら♪〜( ̄ε ̄) 若返りがメッチャ楽しめる綿向山へおこしやす。
※しばらくの間、遠のいていた私の綿向詣で(#^.^#)、解禁日も近付きお会い出来る事と思います、次回にも見掛けられたらお気軽にお声掛け下さいねッm(_ _)m。

3691.初めての綿向山! 返信  引用 
名前:マナポウリ    日付:2012年7月3日(火) 15時18分
昨日初めて上りました!
御在所から通行止めで変更し少し戻って手頃な竜王山か綿向山と思い昼近くから歩いたけど、木々も多く日陰で道も整備されており快適に頂上まで。
眺めも素晴らしく、もう少し風があれば言う事無しだった!
帰りは金明水を頂き5合目の小屋で鐘鳴らしたりそこに居た可愛い子にびっくりしたり、蛭にも遭わず無事に下りてこれました。
下の駐車場や公園も綺麗でのんびりできて良い山でした、もっと近ければ、大阪からは遠いですね。
明日辺り遅れて筋肉痛になりそうです。鐘付きのバッチかっこいいです♪



3692.Re: 初めての綿向山!
名前:アルビレオ    日付:2012年7月4日(水) 0時23分
マナポウリさん
こんばんは!
早速の投稿ありがとうございます。

昨日は青空が広がって、爽やかな梅雨の晴れ間の一日でしたね。

頂上からの展望は、御池岳から油日岳まで、鈴鹿の山々がくっきり。
殊に白い岩肌が鮮やかな鎌ケ岳は、いつ見ても素晴らしく、カッコウやホトトギスの声を聞きながら山頂に長居をしてしまいました。

私はあれから、竜王山を回って下山。誰にも会いませんでしたが、鉄塔の峰からは夕映えの琵琶湖が美しく望まれました。
初めての綿向山。好印象を持って帰っていただけたようで、地元の者としてうれしく思います。
今度は、竜王山への縦走を、また霧氷の季節には、スノーシユーを持参してお楽しみください。

山バッジのお求めありがとうございました。

帰宅してから、ニュ−ジ−ランドを調べてみました(笑)

3686.2012/6/23 の綿向山 返信  引用 
名前:虹の佐藤    日付:2012年6月23日(土) 18時16分
Original Size: 640 x 480, 68KB Original Size: 640 x 480, 111KB Original Size: 448 x 336, 78KB

ご無沙汰おります。久々の投稿となります。
今日の綿向山は、台風4合の影響で道が少し脱落
歩行には、支障がないので良かったと思います。
頂上では、久々にラリーベルさんにお会いし楽しい
ひと時を過ごさせていただきましてありがとうございました。
今年は正月以来3回目でいつも頂上は、さわやかな空気でした。
木曽とか見えていました写真には、写していません。
前回の5月は、信州方面をきれいに撮影しました。
今回の写真は、頂上から見える伊勢湾、風景、他の山に残した台風の跡?
数少ない車を見せていただきありがとうございました。



3690.Re: 2012/6/23 の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年6月24日(日) 20時9分
昨日の綿向山は台風の影響が少しありましたが…(^_^;)、虹の佐藤さん こんばんはッ 早速の投稿ありがとう御座います(^^ゞ。昨日は朝からの曇り空でしたが時間が経つに連れ青空が覗き久々の綿向山を堪能された事でしょう(^з^)。着いた雲高のある頂上ヾ(^▽^)ノからは梅雨時には珍しく遠望が望めご愛用の三脚に載ったカメラはフル稼働だったかも知れませんねッ(*^_^*)。月が変わると梅雨も空け夏本番を迎える綿向山、木陰の中をマイペースで歩いて楽しめる綿向山に(^-^)是非お越し下さいッ お待ちして居りますm(_ _)m。

3687.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2012年6月23日(土) 21時13分
Original Size: 500 x 667, 84KB Original Size: 500 x 667, 86KB Original Size: 667 x 500, 78KB

 先週の16日は朝から雨に降られ、翌17日は鈴鹿モルゲンロードクラブ(SMC)恒例・表参道の笹刈りが予定されていて参加をと準備して待機して居たのですが…早朝からの大雨、中止の連絡の後には次第に天候が回復し…入山をと企てたのですが…青空が覗き、また道路が乾き始めると(嬉)駄目ですねぇ〜ッ、もう一つの楽しみに魅せられ…存分に♪エンジョイです。
一昨日21日は夏至、天気予報では今年の梅雨明けは早いとも伝えています。これからは今以上に気温が上がりより多くの水分が要る事と思われます、無理を避け適度な休憩と水分を摂って暑い綿向山に挑んで下さい。   先日の台風と後の大雨の影響の為に増水した西明寺川を左にして入った表参道、参道上には溜まり水などは無く順調に進めます、ただ参道上には台風の風で落ちた小枝が目立ちますが歩きを妨げる程ではなく快調に進んで登り切った3合目・カラ谷作業道。周りの木々の緑も葉の量も増し うっそうとして来た同作業道を進み着いたあざみ小舎、周りには小枝などが一部に散乱し風が強かった事が感じられます。 続く参道にも落ちた小枝が目立ちますが何ら支障なく進んで着いた5合目・避難小屋、回復傾向の空模様の下には遠くは雲に浮かぶ比叡山…が限界、比良の山々は無理(午前中)でした。 同小屋での小休憩の後に歩く参道は目立つ荒れは無く湿る足元に気を配り近付く「風呂ノ谷」、大変ですねぇ〜ッ荒れています、流れ落ちる出水で参道の一部が寸断され、また木橋上及び手前に落ちた腐葉土が盛る様に…、通れますが一歩〃を慎重に進めて下さい。また金明水手前の沢、昨年に整備をしましたが今回の雨で又も寸断されました、通れますが沢の左上には雨で緩んだ石が落ちるのをを待っているかの様にも感じ取れ「要注意」です。
着いた頂上・気温15℃・穏やかな北西の風・青空は無理でしたが梅雨時に綿向から贈られた遠望は登頂者への最高のプレゼントだった事でしょう、乗鞍.御嶽.恵那山.煙突の見える知多半島.神島とデカイ伊勢湾・入山者20名以上。 登頂直後に参拝する大嵩神社にお賽銭をと準備し進むと?…賽銭箱が見当たりません、台風の仕業と探す事約10分、上下が別れた状態で見つかった事をご報告します。

写真左・濁りはありませんが水量の多い西明寺川、

写真中・荒れている風呂ノ谷、今日は工具が無い為にスルーしました、

写真右・見つかった賽銭箱の一部、残りのパーツは深い笹の中から。



3688.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年6月23日(土) 22時35分
Original Size: 667 x 500, 70KB Original Size: 667 x 500, 75KB Original Size: 667 x 500, 78KB

 表参道の山蛭に警戒しながら着いた3合目、カラ谷作業道を進むと早くも下山者1名、入った御幸橋駐車場で見た相模プレートを付けた男性で1回/月の頻度で来山との事。早朝に着いた頂上はガスって眺望は利かなかった様でしたが次回は梅雨明け後の綿向に来山下さいッ。 着いた頂上で賽銭箱を探し当て、眺望を楽しむ頃に登頂されたのは?…京都・虹の佐藤さん、お久しぶりでした登頂の直後に開けられた三脚を使っての撮影は予想にしなかった遠望を多く撮られた事でしょう。 楽しめた頂上を後に下山を始め直下の階段でお会いしたのは湖南市から来山とお聞きしたOGさんとピンクのぷりてぃなセニョリ〜タ、着いた頂上からの遠望をベンチから眺めて、また♪喋喋喃喃 尽きないお喋りが続いた事と思います、次回もお二人お揃いで来山下さいねッ。  戻った5合目小屋で昼食をと近付くと…グースベリーさんお久しぶりでした、お伝えした風呂ノ谷ともう1個所、時間に都合がつく様でしたらご協力くださいねッ。

写真左・イマイチの画質ですが御嶽山、

写真中・  〃     恵那山、

写真右・ 〃 武平越しの知多半島。

※今日の頂上でお会いした皆さんの中には蛭害に遭われた方は居なく、また下山途中の表参道に至っても蛭で騒がれる方々にも会っておりません(靴の奥深い所に居たかも知れませんが…)、気温が低かった事が幸いした事と予測しています。  



3689.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年6月23日(土) 23時7分
Original Size: 667 x 500, 77KB Original Size: 667 x 500, 69KB

 写真は表参道・金明水手前の崩壊個所、風呂ノ谷 以上に危険と思い添付しておきます。中央に写る石が参道の位置になり左上から右下に向い今日も少しの出水が流れています、左上には出水で土が流され不安定となった大小の石が確認出来て非常に危険な状態となっています、特に単独で通過される入山者の方は足元と落石にと大変ですが慎重に通過して下さい。また付近は自然林の為に強い風が吹く事によって木々が騒ぎ小さな落石音などは消されてしまいますので重ねてご注意下さい。

右の写真は下山後に観る綿向三山。


3679.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2012年6月10日(日) 20時30分
Original Size: 384 x 512, 58KB Original Size: 667 x 500, 71KB Original Size: 667 x 500, 71KB

 梅雨に入りましたねぇ〜ッ、今年の梅雨は例年より早く明けるとも伝えられてはいますが…?。 皆さん こんばんはッ、昨日の入山を予定して居たのですが朝から降る雨に白旗を揚げ今日の入山となりました。入った御幸橋駐車場には早くも数台の駐車が見られ…皆さん早い様です。入った表参道は先日まで続いた降雨によりウェットの状態ですが溜まり水などは無く、また障害物の妨げも無く快調に進めます、ただ湿気った木の根には注意!非常に良く滑ります。 時間と共に高度を稼ぐ内に感じる涼しい風を受けながら着いた3合目・カラ谷作業道、荷を下ろし…荷の上・両手足と首周り…はいッ!蛭は見つかりませんでした、吹く冷たい風が影響しているのかも?知れません。 ガスに被われ始めた参道を進んで着いた5合目・避難小屋、眺望は無し(ガス)小屋内に入ると愛知と大阪からのお2人にお会いし山蛭に喰われたと言う1男性の傷口を拝見…、ズボンは赤く染まるものの出血ははぼ止まった感じ…発見が遅れる間に血を腹一杯吸った蛭が落ちるとこの様な状態となりますとお伝えして戻った参道、進むに連れより濃くなるガス、着いた7合目は幻想的な雰囲気とガスに浮かぶブナ林の新緑、チャンスはまだまだある事と思います乞うご期待!。  上がりそうも無いガスの中を進んで着いた頂上・気温12℃・南東の風・ガスって展望なし・入山者約30名。

写真左・麓の西明寺川を含む周辺の草刈りをされる地元・西明寺の皆さん…写る手前の作業者は?T本さん じゃッぁあ〜りませんか!ご苦労さまでしたッ、

写真中・幻想的な雰囲気の7合目・行者堂前、

写真右・涼しかった気温12℃の頂上。



3680.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年6月10日(日) 22時9分
Original Size: 500 x 667, 90KB Original Size: 384 x 512, 23KB Original Size: 667 x 500, 71KB

今日の5合目小屋でお会いした大阪のS谷さん 痒くなってきました?、発見が遅れたのが幸いしたのか軽傷で良かったですね。蛭は血を吸う時に血液擬固を阻止するヒルジンと言う成分を体内に注入します、発見の早い腕などで吸血最中の蛭を見付け即に追い払うと体内に残るヒルジンが作用して出血が止まらないと聞いて居ります、…もっと早く吸ってぇぇ〜ッと吸血の終わるのを待つワイルドな方はいないと思いますが…。
また同小屋から下山まで一緒させて頂いた愛知県から来山された吉田さん ありがとう御座いました、お喋りが♪弾み過ぎましたが今回に懲りず次回にもお声掛け下さいねッ。 着いた頂上では大阪の絞谷さん・一緒いただいた吉田さん・東近江市からの男性と京都から来山された2人のセエニョリ〜タは正田さんと大野さん、皆さんが揃っての話題となる話しの中には山蛭は欠かせなかった様でした。そのお喋りの延長を引きながら皆で向った幸福ブナは初めて潜る方も居られた事と思います、生憎の空模様でしたが頂上と付近の探索を堪能された事でしょう。
下山が終わる頃には鍋焼きうどん さんが…、地域の行事の為に遅れたとの事、次回はトリオ揃っておこしやす。

写真左・幸福ブナ潜りの一番を競う正田さん&大野さん、

写真中・3合目あざみ小舎の内壁…「言葉がありません」WAKが保守管理する大切な小屋の1つ、冬期には多くの入山者が使用し・夏場には夕立に追われて掛け込む少ない小屋の壁に…、それも他人の名前を使っての悪質な落書き、2人は某Yテレビ女子アナの…、この他に2人の名前が別の壁に…、
※落書きは犯罪です、器物損壊罪・刑法第261条。3年以下の懲役、または30万円以下の罰金。 落書きだけで何も壊してへんしィィ〜っは通じません、損壊と言う言葉が「その物の効用を失わせる事」と定義されています。

写真右・下山後に観るガスる綿向三山。



3683.愛知県の吉田です
名前:吉田    日付:2012年6月12日(火) 8時21分
先日はお世話になりました。実は登山初心者でして登山のことを色々教えてほしかったんですが、ひたすら趣味の話ばかりで(笑)。おかげで楽しい登山でした!ありがとうございました。


3685.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年6月12日(火) 21時47分
…百戦錬磨のエキスパートと感じ取れましたが(^_^;)。吉田さん こんばんはッ、当日は登りor下りとご一緒いただき、またご静聴いただき…グラッチェ(^з^)。初めて歩く表参道は高度を稼ぐに連れガスに被われて着いた頂上はイマイチの状況でしたが綿向山デビュー(#^.^#)存分に楽しまれ思い出の山になる事と思います(^^ゞ。 山慣れの方と思い込み喋る内容は大脱線(〃▽〃) 埋められるかも知れませんねッ、初めて歩かれた迷路の無い表参道はインプットされた事と思います、次回は晴天を狙っての竜王縦走、是非 チャレンジして下さいッ。 次回にも見掛けられたらお気軽にお声掛け下さいねッ。先日は古くて千数百年のお話し&内燃機、次回は…ペキン原人・70数万年前りまで遡りますかァァ乞うご期待♪〜( ̄ε ̄)。


ページ: |< << 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb