[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





3537.青空の綿向山 返信  引用 
名前:Mother-Lake    日付:2012年1月29日(日) 17時7分
Original Size: 640 x 480, 73KB Original Size: 640 x 480, 108KB Original Size: 640 x 480, 70KB

ラリーベルさんお会いできなくてすみません。(私が土曜日を避けている感じ)

天気予報は曇り、西に行こうか東に行こうか迷いながら家を出たけど、
西の空は黒い雲、東の方が少し明るく見えるので綿向山に決めた。
空を見ると明るいし、車から綿向山の山頂までしっかりと見える、良い感じ。
日が射して青空が広がって・・・・・・早く上に行きたいって思いながら歩いてました、7合目も明るくて何時もと違う眺めよかった〜〜
天気もいいので山頂で食事と思ったけど大勢の方で座るところがない、仕方なく何時もの小屋で昼食でした。
駐車場は車が一杯ではみ出てましたね、皆さんいい天気って知っていたのかな?

27日に登った時はもしかして晴れるかもなんて思い、大きいカメラを持って歩いたのに、今日は絶対ダメって思ったのがいけなかった、小さなカメラでした。
また行きますのでよろしくお願いします。



3540.Re: 青空の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年1月30日(月) 19時55分
青いですねぇ〜ッ白いですねぇ〜ッ輝いてますねぇぇ〜ッヾ(^▽^)ノ。Mother-Lakeさん こんばんはッ、綺麗な写真ありがとうございます(^^ゞ、ぇえとこ撮りの楽しめた♪〜( ̄ε ̄)綿向山は「良い感じ」がド真ん中に的中ですねッ(^-^)v。昨日は予報の通りに気温が上がらす寒い1日でした、綿向の白くなった木々も日差しに負けず入山者を喜ばせていた事でしょう。 今回に持参されたカメラは小型の様で・・・大寒の天候にフェィントを掛けられた感もあるとの事ですが次回はご愛用のカメラを…天候に至っては天穂日命のお加護に頼るのみかと・・・( ̄人 ̄)。 週末は何時もの日に入っています、次回の来山には是非…楽しみにして居りますm(_ _)m。


3541.Re: 青空の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年1月30日(月) 20時13分
Original Size: 667 x 500, 74KB

昨日の午後に町内「鬼室神社」付近から撮った綿向北尾根、ここ数日に耳にした「西日のあたる…」と同じ日差しを受けて光る綿向山北尾根。
左端の鉄塔は竜王鉄塔と手前は頂上。5合目小屋から眼下に観える赤い橋近くに鬼室神社はあります。



3542.Re: 青空の綿向山
名前:Mother-Lake    日付:2012年1月30日(月) 21時3分
こんなに真っ白に見える場所があるのですね〜とてもきれいです。

3534.冬山初挑戦 綿向山 返信  引用 
名前:栗東の高野    日付:2012年1月28日(土) 19時30分
ラリーさん、今日の御同行ありがとうございました。
冬山初挑戦という事で、わざわざ時間の都合を合わせて頂いて感謝です!!
道中でのいろんなお話(ここで書ききれない大量の内容(笑))しながら
楽しい登山ができました。本当に「気が若い」とはこの事ですね!
登りも下りも関係なく、サクサク歩かれる姿、20代ですよ!!
絶景ポイントも教えてもらえましたし、雪が解ければ嫁さんも連れて
再び登りに行きたいと思いました。
本当に今日はお付き合い頂きありがとうございました。
あと一つ、質問ですが、「〜古道」でしたっけ??15Kmくらいの。
名前忘れちゃいました。



3538.Re: 冬山初挑戦 綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年1月30日(月) 17時23分
一昨日の綿向山で雪山デビュー(#^.^#)存分に楽しまれたご様子でしたッ(^^ゞ、高野さん こんにちはッ 下山後に頂いた早速の投稿ありがとうございます。 緊張する凍結路となった御幸橋への下り坂(゜o゜;)・・・朝一に体験する迫力を越して歩く雪の表参道、先行する入山者の踏み跡を追う様に進むと次第に多くなる雪と凍結、装着のトレーニングの甲斐あって一発装着となった真新しいアイゼンをアシスタントにして一歩〃を楽しみながら(*^_^*)歩く雪の表参道。着いた7合目を賑わす白いブナ林を撮りながら入った冬期限定ルート「冬道」では・・・アイゼンの(`ε´)威力を感じ取られた事でしょう。 登り切った冬道からは幸福ブナ近くまでの探索より多い雪とガスの演出による幻想的な北尾根の斜面(^-^)v、多くの画を撮られ雪山デビューのアルバムを飾る事と想います(o^-')。 頂いた投稿の中にサクサク・・・20代 (´∀`)しぇしぇぇ、高野さんもサクサク歩かれる40代に…精進に務めて下さいねッ。 お尋ねの街道ですが・・・御代参街道(ごだいさんかいどう)です。次回もお誘い下さいねッ、当日以上のお喋りに♪〜( ̄ε ̄)乞うご期待


3539.Re: 冬山初挑戦 綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年1月30日(月) 19時6分
Original Size: 667 x 500, 52KB

御代参街道・笹尾峠、綿向山頂上からの1枚、手前の山は水無山。
暖かくなった1日を春日局も歩いた(お籠)歴史街道を歩かれては如何でしょう。リクエストがあれば会員の私がガイドさせていただきます。ご安心下さいッ、ガイド以外で15`を♪喋り通すネタは持ち合わせて居りませんので…(笑)。


3535.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2012年1月28日(土) 22時24分
Original Size: 500 x 667, 87KB Original Size: 500 x 667, 81KB Original Size: 667 x 500, 72KB

 WAK会員・綿向山ファンの皆さん こんばんはッ、先週末に大寒に入り朝の冷え込みがより厳しく…と予測する中に降ったのは雨、それも意外な大雨が続き何時もの土曜入山はお休みです。 2週間ぶりとなった今日は先日より連絡を頂いている「雪の綿向は初めて…で一緒に」のリクエストに応え待ち合わせの御幸橋駐車場にとR-477は…大丈夫・音羽(北畑口)信号を左折して県道…も♪大丈夫・近付く西明寺口バス停を右折し正面に見える登り坂は…真っ白ではないものの「凍結」です、国内に1290台しか存在しない大切なお車を凹ますと大変(泣)場所を変えて駐車し歩いて入る御幸橋駐車場。 同駐車場への下り坂にも凍結が目立ちましたが下山・帰路の頃には凍結も緩み水となって流れていましたが明朝の冷え込み次第では…要注意・慎重に下って下さいねッ。 入った同駐車場にはその凍結の下り坂を下りた多くの車が…皆さん気合い!が入ってますなぁぁ〜ッ、で駐車する中からリクエストを頂いた栗東・高野さんとお会いして出発です(駐車場内の雪はほぼ無くなりました)。 2人で歩く表参道、入って暫くは地表が現れていますが直ぐに雪道となって、また凍結も所々に見られますがアイゼンは未装着で進み着いた3合目・カラ谷作業道、積雪は20〜30aの中に先へと続く多くの踏み跡を辿って着いた あざみ小舎、数人の入山者が小休憩を兼ねてアイゼンの装着の様ですが…5合目で履こうと同小舎を後に歩く参道、雪量は前回に比べ多い事を感じて着いた5合目「避難小屋」、展望は×・ほぼ無風・40〜50aの積雪、小屋内でアイゼンをと荷を下ろした高野さんのザックから現れた眩しい程に輝く♪本日デビューのヒイ フゥ ミイ・・・10本爪のアイゼン、その真新しいアイゼンがハグしてあげる靴も…本日デビュー!との事…曰く今日の為に・此れからの為にッ!こちらも気合いが入ってますなぁぁ〜ッ。アイゼンの装着と休憩を終えて再び歩く参道、近付く6合目付近からは白くなった木々を観て・撮って着いた7合目、雪はドぉ〜ンと増えて場所によっては1.0bはある様です、生憎にも青い空は望めずガスる幻想的なブナ林を撮って入った急登の冬道、迷う事は無い程のトレースに導かれ、またピークに立ち登り切った冬道、右折れの頂上は後として左方向の幸福ブナへ、歩くその北尾根…要注意です!前回以上に「雪庇」が目立つ様です。近付く幸福ブナ付近で逢った頂上に向かう2人は…どんぐり王国のお姫さま とM山のMさん、北峰近くでスノーシューイングを楽しんできてんッ!。 再び北尾根を登り着いた頂上。気温マイナス4℃・北西からの微風・0.7〜1.0bの積雪・展望はガスッてペケ・入山者60〜70名。

写真左・表参道7合目で封鎖中の夏道…雪は確実に増えています、
写真中・竜王=イハイガ分岐に向かう北尾根の雪庇には要注意、
写真右・ガスる頂上はマイナス4℃。



3536.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年1月28日(土) 22時40分
Original Size: 667 x 500, 93KB Original Size: 667 x 500, 87KB Original Size: 667 x 500, 85KB

写真左・下山の5合目で、大津からのパーティー皆さんの食事風景。同小屋の独り占めはペケ、食事が終われば順次入れ替わって…ご協力下さい、

写真中・御幸橋駐車場への下り始めはこの状態(14:30)明朝も慎重に…要注意です、

写真右・下山後の綿向三山、日没まで写真の状態です。


3532.綿向山登山について(問合せ) 返信  引用 
名前:片山  宏    日付:2012年1月18日(水) 22時50分
今月25日に登る予定をしてます、登りは表参道を下りに8合目から水無山北尾根コースを行こうと思ってますが、いけますかね(トレースは有りますか?) その他参考になることがあれば教えてください。よろしくお願いします。
兵庫県川西市小花2丁目21-6 片山  宏



3533.Re: 綿向山登山について(問合せ)
名前:アルビレオ    日付:2012年1月19日(木) 13時53分
片山様
お尋ねの水無山北尾根コース(無雪期)は、水無山の山腹をトラバースしていて、ヒミズ谷を眼下に、際どい所が何箇所かあり、滑落転落の危険があるので、冬季はほとんど通られていません。このルートで遭難事故も発生しています
積雪期に水無山へ登頂されているのは、地形に詳しい熟練者が尾根通しにカンジキで時折り登られているのが実状です。
初めての冬の綿向山登山でしたら、ゆっくりと時間をかけて表参道を往復されるのをお薦めします。
山頂からほど近い、東尾根にある幸福ブナを訪ねられてはいかがでしょうか。ただし雪庇が発達していない時に限りますが。

3523.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2012年1月15日(日) 20時21分
Original Size: 500 x 667, 105KB Original Size: 667 x 500, 97KB Original Size: 667 x 500, 70KB

 今日は、綿向山を愛する会・研修部が催すWAK恒例の「霧氷まつり」、08:00・朝の役場駐車場に集まった会員及び会員の山仲間皆さん29名が集合、各自相乗りで車の台数を調整し出発です。着いた御幸橋駐車場には既に10台程の車が…皆さん早い入山の様です。 今日のリーダーは会員・鈴鹿のあるく・どんぐりさんに曳かれ、また後端Sリーダー同・鍋焼きうどんさんに押され29名が歩く表参道。入って暫くは地表の現れた表参道で、1合5尺付近からは雪道となり騙し〃歩いて2合目・鉄塔下での小休憩とアイゼン装着、その場で拝見した参加皆さんは老若男女…同じ♪想いを持って参加された皆さん達です。アイゼン装着の後は凍結が混ざり始めた参道で氷片を飛ばしながら着いた3合目・あざみ小舎、小休憩と…各自の記念撮影…会?。同小舎での休憩と、はしゃいだ後の乱れた息を整え平常心で再び歩く参道、アイゼンが心地よく効く中を歩いて着いた5合目・避難小屋、ガスの為に展望はペケ・40〜50aの積雪、展望が無い為に極近くの…展望(参加した若い女性達の意)を撮りまくる参加なされた紳士の皆さん方…パーフェクトに撮影会モードにスイッチおんっ!。休憩と撮影会場となった同小屋を発って歩く参道、近付く6合目付近からは雪の多いのが感じられ、また付近の木々は白くなり目指す頂上に期待し着いた7合目、風も無く気温が高く感じる中にも関わらず待って居てくれた♪白いブナ林…見上げる空に青いキャンバスがあれば最高なんですが残念。身体が冷え切らない程度の休憩の後に挑む急登の冬道、7合目で巻いたネジの効果?が現れ皆でグイグイ登る急登、途中では見事な樹氷orエビの尻尾を楽しみカメラを握ったままのスタイルで着いた頂上。気温マイナス3〜5℃・穏やかな西風・40〜70aの雪・ガスって展望は×でしたが時間が経つに連れ薄っすら伊勢湾が・登頂者、参加者を含め約50名。

今日の霧氷まつりを企画して貰ったWAK・研修部スタッフ皆さん、重い水・具材・鍋などを背負っての表参道、着いた雪深い頂上では本日のメインとなった「豚汁」を準備して頂きありがとうございました、寒い中で頂戴した温かい豚汁…たいへん おいしゅうございましたッ。今日に向けての準備、また下見登山 重ねてお礼申し上げます。

写真左・呵々大笑!笑いの絶えない3合目・あざみ小舎、  写真中・オヤジ連中(失礼)…紳士の皆さん…スイッチおんッ、  写真右・ガスる頂上に集まった参加者皆さん。 



3525.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年1月15日(日) 21時22分
Original Size: 534 x 400, 60KB Original Size: 534 x 400, 75KB Original Size: 534 x 400, 74KB

 笑いの絶えなかった今日の綿向山、温かい豚汁を添えての昼食を終えた後は自由時間?、を使って頂上付近の探索、幸福ブナ方向へ・水無方面へと参加者が散る中で私が混ざったのは幸福ブナ方向、尾根を歩き近付く幸福ブナ付近に見られた完成間近と思われる雪庇、これからは厳冬期となりこれらの雪庇には要注意ですねッ。戻った頂上から水無方向に踏み跡を辿って進むと…昨年に設置した警鐘看板付近で踏み跡は無くなり…戻られた様ですねッ、有雪期の水無山北尾根登山道は狭い登山道が雪に埋まり非常に危険です、冬期の同コースはお勧め出来ません。 再び戻った頂上で…湖南市のS田さん、お久しぶりでした 今年もよろしく、また早速の投稿ありがとう ございます。  朝の駐車場でお会いした同じ湖南市の行者さんと行者見習いさん、今年もよろしく、頂上ではお会い出来ませんでしたが…竜王縦走でしたか?。

写真左・たいへん おいしゅうございますッ!、  写真中・豚汁の後は…愉しい♪トークですか?、  写真右・わんこそば状態、空いた器にサッ!残り福かも?。



3528.Re: 今日の綿向山
名前:鈴鹿の歩くどんぐり    日付:2012年1月16日(月) 20時27分
昨日の参加者は例年に無く平均年齢が低く、山Gも多くて皆さん顔がほころびっぱなしでしたね。
下山の冬道では若い方に負けじと行うOGの方の尻セード、気分もずっと若返ったようで・・・。
スタッフの皆さん、豚汁、ミルクココアのボッカと頂上での調理、有難う御座いました、どちらも美味しく頂きました。

さて私は山行の先頭役をおおせつかり、有難う御座いました。と、言うのは昨秋大山崎小学校の生徒さん達の小Grリーダーをした際、下山時道迷いのミスをしてしまい、何と無く頭の隅に少しですが「引っかかり」が有ったのです。  他の皆さんは笑い話で済ませば・・との言でしたが。
この4日も綿向山に登ってスムースに下山しましたが、いわば公の場で失敗を取り消す場を持たして頂いて・・・。これで「引っかかり」は無くふっきれました。
WAKスタッフ、会員の皆さん、今年も宜しくっ! 


3531.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年1月18日(水) 22時47分
先日の霧氷まつり…楽しかったですねッ(^-^)v、鈴鹿の歩くどんぐり さん こんばんはッ(^^ゞ。 当日は生憎の空模様でしたが風も無い静かな表参道、速くも遅くもないペースメーカーに曳かれ進むと参加者皆さんが期待する雪と白い木々(☆▽☆ )存分に楽しまれた事と思いますッ。急登の冬道では綺麗な樹氷を観て撮っての登頂(o^_^o)。 着いた頂上はガスってイマイチの天候でしたが…〜美味しそうな〜〜匂い(°∇°)が…ッと間髪入れずに配られる熱々の豚汁&ミルクココア温まりましたねッ(=⌒ー⌒=)。 昨年の秋・綿向での出来事、私も参加していましたが全く気付きませんでした(^_^;)が…今回の綿向で引っかかりが無くなった様ですッ 次回もよろしくッ(*^-^)。

3530.綿向山登山について(問合せ) 返信  引用 
名前:片山  宏    日付:2012年1月18日(水) 22時40分
今月25日に娘と2人で登ろうと思ってます、登りは表参道を、下りに8合目から水無山北尾根コースを下る予定ですが、いけますかね(トレース等は有りますか?) その他注意すべきことがあれば教えて下さい。よろしくお願いします。

3522.ラリーベルさんへ。 返信  引用 
名前:湖南市  S田より。    日付:2012年1月15日(日) 19時35分
あらためまして「オメデトウございます」。
 今日はラリーさんにお出会い出来るとは想定外でした。
 「トン汁」は美味しかったことでしょう。
 今年になって1/6、9、15と綿向山にお世話になっております。
 小生、今月の17日で「69才」を迎えます。
 19才〜24才まで会社の登山部で「夏山登山」を経験しましたが
 「雪山」を経験したのは9年前の定年後からでーす。
 それも「綿向山」が初体験でした。こんな身近で「雪山」の自然美と
 幻想美を目の当たりに見入る事に最高の「癒し」を頂いております。
 今日頂いた「元気」を明日からの生活の中に発揮し3〜4日後に
 又、又「綿向山」へ出向き「パワー」をいただきまーす。
「綿向山を愛する会」の皆さんの益々の、ご発展をお祈り申し上げます



3529.Re: ラリーベルさんへ。
名前:ラリー・ベル    日付:2012年1月16日(月) 22時28分
昨日の綿向山お騒がせしましたねッ(^_^;)。S田さん こんばんはッ、早速の投稿ありがとうございます(._.)。 はいッ 今年もよろしく(^^ゞ、新年に入ってから3回目の綿向山、雪も樹氷もあって楽しまれた筈です(^з^)、これからが見頃となる綿向の絶景…今から楽しみですね。多忙な青春の頃から登り始めた山は数知れず( ̄。 ̄)現役をリタイアの後に知った雪山の面白さヾ(^▽^)ノ、その面白さを虜にした山が霊峰・綿向山…これからもごひいき頂きタップリ癒やされて下さい、また今以上に綿向とのお付き合いもよろしくッ。 多くの頂上まで運んでくれた健脚と明日一緒に迎える69回目の誕生日(#^.^#)おめでとうございます、これからも健脚を驕らず安全な山行をお楽しみ下さいッ。次回には何時も様にお声掛け下さいッ 楽しみにして居りますm(_ _)m。

3524.霧氷まつり 返信  引用 
名前:WAK研修部担当M    日付:2012年1月15日(日) 20時44分
Original Size: 1024 x 768, 255KB

本日1月15日綿向山を愛する会では霧氷まつりを開催しました。
残念ながら天候はもう一つでしたが、樹氷がそこそこ見れたのでよかったのでないでしょうか。
今回は若い人も多く、華やいでおり良かった思います。
本日の写真を下記にアップしています。
https://skydrive.live.com/redir.aspx?cid=7ff9a45271fac844&resid=7FF9A45271FAC844!125&parid=7FF9A45271FAC844!113



3527.Re: 霧氷まつり
名前:kamiやん    日付:2012年1月16日(月) 20時16分
今回初めて、参加させて頂きました(津市のS.K)
天候は、今一でしたが霧氷は思っていたより良かったです、特に七合目からの霧氷は最高でした又、オカリナ丘付近では子供の「モンスター」にも出合い、雪山の醍醐味を満喫させて頂きました。
山頂での、豚汁・ミルクココア、大変美味しかったです・・・本当に有り難う御座いました。

=本日の写真を下記にUPしました(約180枚・・・開くのに時間がかかるかもしれません。
https://skydrive.live.com/redir.aspx?cid=c77ef9dffddf887e&resid=C77EF9DFFDDF887E!9144&parid=root


ページ: |< << 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb