[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





3425.11/10綿向山の日・事前整備作業 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2011年10月17日(月) 21時56分
Original Size: 500 x 667, 86KB Original Size: 500 x 667, 80KB Original Size: 667 x 500, 80KB

 WAK会員・綿向山ファンの皆さん こんにちはッ。秋色日毎に深まる中の先日16日、迫る「綿向山の日」に向けWAK会員及び関係者による整備登山が行なわれました。07:30前夜の雨で濡れる役場駐車場に18名が集合、実行委員より当日の作業メニューの説明を聞いた後に美味しそうなお手製?のパンを頂戴しグループ別の車で出発です。 私達のグループのミッションは登山口・出合い小屋の清掃と登山道(表参道)の整備、先月の台風で荒らされた個所は先週に整備を完了させましたが残る数か所に手を加えながら歩く表参道、2合目の作業中に追い上げて来たグループ員には先行して貰う、続ける作業中に聞こえるホラ貝…ライオンの雄叫び!水無or竜王方向?、よくお会いする行者さんかも?下山は表参道のはずで逢えるのを楽しみに完了した2合目を後に歩く表参道(2合目の土を十分に触っても居ませんでした山蛭)。前夜の意外な大雨にも関わらず湿気の少ない参道を軽快に進んで着いた「風呂ノ谷」、前回に作った木橋付近に溜まる雨水を橋の下に吸わせ排水、次は木橋までの狭い参道を10_でも広げ、また低くと削り始めましたが…敵は手強く時間が掛かり過ぎました、少しは広く・低くなりましたが1か所だけ(山側から岩が足元に出ている所)はご遠慮させて頂きました。 その作業を終える頃に見える下山者は白装束を纏った…!ッ お久しぶりッとお声掛けを頂くのは行者の○西さんでした、竜王からの縦走で筋力アップとの事、持たせて貰ったザックには水が入ったペットボトルが…軽く30kgはあった様ですねっ、見送った後にも山々こだまする…ぷぅォォ〜ォッ!次回もよろしく。その次にお会いしたのは前田さん、投稿有難うございます 頂上の後は竜王への縦走との事、秋が深まる縦走路を存分に楽しまれた様ですねッ。  再び工具を背に歩いて着いた金明水上の参道、前回に埋めて置いた石も安定して来た様です、また当日の作業のメインでもあった金明水の取水周りの改修作業、湧水が容易にボトルに入れられる程に掘っていますが滝行には向かないと聞きました。  着いた頂上・気温18℃・晴れ・西風・霞で遠望はペケ・入山者25〜30名。
※今の綿向山は1年の内で1番歩き易くまたゴミの無い綺麗な山となり「ふれあいDay・綿向山の日」の舞台は整いました、多くの参加者皆さんの来山をお待ちして居ります、後は乾いた緞帳が上がるのを祈るだけです。
写真左・整備後の2合目付近、写真中・着いた頂上は午後の時間帯、写真右・北畑谷林道での撤去作業、オペレーターは会員西村さんと組合員の飯室さん、カメラを向けるまでは音も無くスムーズに動いていたバケットが向けた途端にガタガタッガタッ!・・・ユンボも緊張する様ですっ(笑)。 


3421.立山からの槍ヶ岳と富士山 返信  引用 
名前:なべさん    日付:2011年10月12日(水) 22時31分
Original Size: 800 x 531, 258KB

WAK会員・綿向山ファンの皆さんならびに綿向山常連の皆さん(綿向山初めての皆さんも)こんばんは!またまたご無沙汰しておりますm(__)m
さてさて、今回は超久々の3000m峰、立山(雄山〜別山)の縦走路を歩けるものかと(汗)半分ビビリながら歩いてまいりました。既に下りは軽アイゼンが・・・あった方がいいですね。それにしても見事なまでの晴天に恵まれ、嬉しいことに槍ヶ岳だけでなく富士山までも見ることができましたので1枚貼らせていただこうと思いますm(__)m
もっとも、景色だけが全てではないですけど、これだけの絶景は嬉しいのでありました。また久々に綿向山からの槍ヶ岳も切り取らねばな(綿向山から槍ヶ岳が見えることがあるのも宣伝♪宣伝♪)って思います。

写真は左前方はるか遠くに富士山。右の尖ったのが槍ヶ岳です^^



3422.Re: 立山からの槍ヶ岳と富士山
名前:アルビレオ    日付:2011年10月13日(木) 1時23分
なべさん! こんばんはお久しぶりです。
投稿ありがとうございます。

すばらしい立山からの眺め。魅入ってしまいました。
ヤツパリ富士山と槍ヶ岳が見えるとうれしいですね。
富士山の前方に、昨夏に登った餓鬼岳が写っていて懐かしいです。燕岳へのたわんだ尾根の後ろに、甲斐駒・北岳・間ノ岳が。
燕の後ろに薄い塩見岳。さらに悪沢・赤石・聖が遠く並んでますね。
常念・大天井岳から右に前穂・槍・奥穂・ジャンダルム・間ノ岳・西穂の稜線。この稜線の後ろから覗いてるのが、木曽駒ケ岳。

まるで立山にいるように山座同定を楽しませてもらいました。

綿向山はこれからが秋本番。貴重な槍ヶ岳のベストシヨットを狙って、どしどし綿向山に来て下さい。
投稿楽しみにしています。


3423.Re: 立山からの槍ヶ岳と富士山
名前:なべさん    日付:2011年10月13日(木) 22時31分
Original Size: 1024 x 680, 253KB

アルビレオさん、ご無沙汰してますっ。まるで立山で景色を眺めながら解説していただいてるような気分になりました♪ありがとうございます。ついでなのであと1枚だけ。ちょうど眼下に黒部ダムが見えたあたりで・・・まだこの段階でも右前方はるか彼方に富士山が浮かんでおりました。次回の綿向山は天候見ながらやはり暗いうちから?登ってみたいと考えてます♪


3417.お疲れ様でした♪ 返信  引用 
名前:ご近所さん    日付:2011年10月8日(土) 15時4分
ラリー・ベル様

本日、登山道の整備大変お疲れ様でした。
あのあと頂上でおにぎりとコーヒーで昼食を済ませ
下山しました。
途中で50名位の中高年のパーティーに出会いました。
きっと今日は頂上は満員御礼でしょう。
何時までも元気で活動を続けられますようお祈り申し上げます。



3420.Re: お疲れ様でした♪
名前:ラリー・ベル    日付:2011年10月9日(日) 20時43分
昨日の表参道8合目での作業中にお声掛けを頂いたのは…ご近所さん(?_?)…はァ〜いはいッマジのご近所さんご夫婦でした(^_^;)、こんばんはッ 日頃は町内で度々(o^_^o)お顔を拝見するのですが綿向ではお久しぶりでしたねッ。久しぶりに登る地元の綿向山は秋の好天に恵まれる中ご夫婦で存分に楽しまれ事と思います(^^ゞ。お会いした作業現場でのお喋りが弾む中に私が幾つか持参した工具にご近所さんの伸びる手に期待をしたのですが…(^_^;)。 確かに昨日の綿向山は多くの入山者皆さんで賑わいました、下山時に覗いた駐車場には多くの駐車が見られ、また西明寺口バス停近くにはフルサイズの県外バスが…、深まる秋に連れ益々来山者がより多くなるかと思われます。本格的な彩りを飾る時まであと僅かですねッ 楽しめる旬間を見逃さない様にドシドシっ来山下さいッm(_ _)m。

3418.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2011年10月8日(土) 15時58分
Original Size: 667 x 500, 76KB Original Size: 500 x 667, 86KB Original Size: 667 x 500, 81KB

3連休が始まりました、連休中は天候の大きな崩れも無さそうで多くの山が賑う事と思います。連休初日の今日は雲ひとつない朝でしたが気温が先日に比べ少し高い様で…走るR-477から見る綿向三山は白く濁って観え時間が経つに連れ…今日の頂上からの遠望はペケと諦めながら入った御幸橋駐車場。準備を整えスタートです、北畑谷林道の崩れ落ちた土石は前回と変わりなく同林道を塞いでいます。入った表参道上は乾き心配される「山蛭」には全く遭う事無く快調に登って着いた5合目・避難小屋、観る眺望は予測の通り霞が遮り薄っすらと観える比叡山が限界、休憩もそこそこに歩く参道、7合目をスルーして前回に悪戦苦闘した風呂ノ谷に、週半ばに降った雨で…心配していたのですが にわか仕立ての橋☆いい仕事の様です…まだありました。 少しの手直しを施して再び歩く参道、で着いた8合目・金明水上の参道、左斜面山側から流れる水を猪がヌタ場としてしまい付近が泥沼状態、完全な修復は無理なために以前に埋めておいた石、また新たな石を入れヘドロの様な足元を改善すると云う今日のミッション、置いた石が完全に安定して居ない為に慎重に踏んで下さいねッ。飛び散る泥水、また猪の臭いが浸みこんだ臭い土…○ァブリーズでも消せない臭いかと思われ間違っても転倒だけは…注意しましょう。
着いた頂上・気温15℃・晴れ・ほぼ無風・案の定鈴鹿近隣の展望・入山者約80名。
写真左・朝に観る綿向三山、写真中・臭いませんか?触る前のヌタ場、
写真右・賑い始めた頂上。



3419.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2011年10月8日(土) 17時13分
Original Size: 667 x 500, 76KB Original Size: 500 x 667, 94KB Original Size: 667 x 500, 97KB

 遠望はイマイチ観れなかった今日の頂上、連休が誘い出したのか?賑う頂上の空は秋の青、登頂者皆さんは秋の綿向山を♪楽しまれた事でしょう。 朝の北畑谷林道でお会いしたのは三重から来山された9名パーテイー(リーダー・前田さん)、綿向が初めての参加者も居られ青空の下皆さんで楽しまれた事と思います、初めての方もドシドシッ来山下さいとお伝え下さい、リーダー前田さんお疲れさまでした。  5合目小屋でお会いしたのは八日市から3回目の綿向とお聞きした脇さん、8合目までのお付き合い有難うございました、早々の下山の様でしたがご自宅から直ぐにでもの射程距離ですジャンジャン!来山下さいねッ。  8合目での作業中にお声掛けを頂いたのは…ご近所さん、早速の投稿有難うございます、久しぶりに登る地元の綿向山、奥さまと青空の下楽しまれた事と思います。 着いた頂上での昼食を終えた頃には竜王方向から登頂されたのはグースベリーさん、お久しぶりでした、きょうは奥の平からのコースの様でした。 頂上を後に下りる表参道、手を加えた金明水付近or風呂ノ谷を♪気持ち良く過ぎて近付く7合目付近、お会いしたのは綿向が初めてとお聞きした保坂さんご夫妻、登山口付近は先月の台風で少々荒れていますが入った表参道…ラッキーでしたねッ 今日参道の整備も後少しを残しほぼ完了、初めて歩く表参道では♪スキップが踏めた事でしょう。 6合目辺りではこちらも初めてとお聞きしました、町内在住の奥田さん・京都の若村さんのお2人、少し入山が遅い様にも感じましたがお2人で♪ψ§ψξっとお喋りを弾ませ歩く表参道、存分に堪能された事と思います、お会いした時にお伝えした京都・知恩院御影堂に在る甚五郎の忘れ傘、また屋根に置かれた瓦…探ると楽しいですョ。
お会いした皆さんとのお喋りを楽しみながら下りる参道…何か足が?、下山の時に膝が笑う事は度々お聞きしますが私の場合は…靴が笑ってしまいました、今日の8合目の泥水が影響したものと思われます。ちなみに靴がどの様に笑うかご存じですか?…!…クツクツッっと笑うんです。
写真左・金明水付近を通過された三重からの9名パーティー、 写真中・笑い声が伝えられないのが悔やまれます…クツクツッ…は♪デュエットで、 写真右・下山後の御幸橋駐車場。


3414.お世話になりました 返信  引用 
名前:グランベ    日付:2011年10月3日(月) 21時47分
 ラリー・ベル様 土曜日はお世話になりました。
綿向山について何も知らない私たちにいろいろ教えてくださり、安心して快適な山歩きができました。竜王山経由で無事下山しました、ありがとうございました。
 
 ラリー・ベル様はじめ綿向山を愛する会の皆様のおかげで よく整備された登山道 管理の行き届いた山小屋 ゴミのない綺麗な山の保護活動には頭が下がります。綿向山のファンなりました。来年春の花のシーズンには必ず訪れますのでよろしくお願いします。

 本当にありがとうございました。


  



3416.Re: お世話になりました
名前:ラリー・ベル    日付:2011年10月4日(火) 21時45分
綿向山ファンになられた(o^_^o)グランベさん☆こんばんはッ、投稿ありがとう御座います(._.)。朝の御幸橋駐車場でお会いし5合目小屋、また頂上でと…。ご夫婦でゆっくりと楽しみながら歩く(#^.^#)初めての表参道、進むに連れ天候も回復して着いた頂上ヾ(^▽^)ノからはまずまずの眺望。頂上の後には目指す竜王への縦走、長い下り坂で一挙に高度を下げて尾根道を辿ると目前に現れる鉄塔(中電)、竜王頂上を前に眺望を楽しみながらの休憩だったかも知れませんねッ?。 初めて訪れた綿向山&竜王山、深まる秋の縦走路をご夫婦で堪能♪〜( ̄ε ̄)された事でしょう。 四季折々が楽しめる綿向山です(^з^)次回もお2人お揃いで来山下さいッ お待ちして居りますm(_ _)m。

3406.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2011年10月1日(土) 20時40分
Original Size: 500 x 667, 78KB Original Size: 500 x 667, 95KB Original Size: 500 x 667, 77KB

 WAK会員・全国綿向山ファンの皆さん こんにちはッ、大変なご無沙汰をしてしまいました。8月の上旬に山のレフェリーから入山にブレークが掛かり(強制ではないのですが)ました、真摯に受け止めて山には入らず麓の御幸橋駐車場周辺の草刈り等で紛らわしていたのですが先日にそのブレークも解かれ(注・退院また猶予付きの保釈でもありませんので…)今日ほぼ2ヶ月ぶりの入山です。 入った御幸橋駐車場には既に駐車が…皆さん早い様です、準備を整え登る砂防ダム階段から北畑谷林道に上がり先に見えるのは…同林道を完全に塞ぐ程の土石、先日にこの情報を聞いていた為に工具は準備して居たのですが…屁の突っ張りにもなりません、土石を越え進む同林道には後3ヵ所崩壊があり、また石も大きくなり通過の際は「落石に要注意!」です、西明寺川の流れで落ちる石の音は聞き取れないと予測します目視による安全確保で速やかな通過をお勧めです。同様の崩壊が3合目・カラ谷作業道の奥の平・竜王側でも発生しており(表参道とは別のコースです)現在復旧作業が進んでいます、同崩壊現場の作業完了後に「北畑谷林道」に移るとの事、日程等は現在の所不明ですが当欄・看板などでお知らせの事と思います。 その4個所の崩壊現場を越えて着いた2ヶ月ぶりの表参道、昨日の雨による参道の湿りも無く快調に進んで登り切った3合目・カラ谷作業道、見上げる空には青空が覗き始め天候は明らかに回復傾向!頂上からの眺望を♪楽しみに急ぐ表参道、5合目・避難小屋での休憩もそこそこにガンガン歩いて着いた「風呂ノ谷」…えらいこっちャ!道が半分しか無いじゃ・ぁあ〜りませんかッ!、先日の台風15号がもたらした豪雨が土石と一緒に道まで流した様で…、持ち込んだ工具と流れついた石・倒木を使い復旧作業です。数時間後に出来上がった橋は次の大雨で流される様に釘などは一切使っていません、渡る時には従来の橋と同じ様に1人づつで…ご協力下さい。作業を終えて歩く参道での時間はお昼前で一挙に頂上に上がり♪お弁当と思った時は8合目手前の沢…ドっどやさッ!この沢は見方によっては風呂ノ谷以上かも?、また道も酷く流されて…この現場は午後のミッションとして向った頂上。気温15℃・晴れ・北西の風・北東方向はイマイチの展望、南東方向には武平越しに知多半島とさらに南には同半島の先端と広がる伊勢湾が観える眺望・入山者約20名。   2ヶ月ぶりの頂上にはアキアカネも里に下り、また登頂者を悩ましたアブも居なくなり気配は完全な秋のモードに変わっていました、明日も雨の心配は無い様に伝えられていて…賑う綿向山になる事でしょう。

写真左・北畑谷林道を覆う土石、先にはまだ3個所が…落石注意です、
写真中・その土石を越える入山者、
写真右・気温15℃の頂上.
※忘れる程に見掛けられませんでした「山蛭」、また蛭害に遭われた情報は聞いていなかった事をお知らせします。



3407.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2011年10月1日(土) 23時18分
Original Size: 667 x 500, 95KB Original Size: 500 x 667, 78KB Original Size: 667 x 500, 85KB

 朝の駐車場で、また5合目小屋・頂上でとお会いしたのは桑名から初めての来山とお聞きしたのはグランベさんご夫妻、お2人で訪れた綿向山は少々荒れていましたがゆっくりと歩く表参道、お喋りの中に出てきた綿向で唯一の湧水「金明水」ゲットされましたか?。着いた頂上を後に目指す竜王への縦走、長い下り坂は昨日の雨のためにコンデションはイマイチだった事と思いますが初めての綿向山と竜王山、秋の1日をお2人で存分に堪能された事でしょう。
荒れた風呂ノ谷での作業中にお会いしたのは近江八幡からの大田さん、出来上がる寸前の木橋の渡り初めをして頂きましたが紅白のテープが準備されなかったのが悔やまれますねッ。
頂上での食事の後にお会いしたのは栗東からの高田さん・近江八幡の岩尾さんのお2人、お喋りを弾ませて歩く初めての表参道、着いた頂上からの眺望を楽しみながら食べる♪お弁当、次回は雪の綿向にもチャレンジくださいねッ お待ちして居ります。
頂上を後に下りる表参道、午前中に見付けておいた荒れた8合目近くの沢の付近を修復をと近付く頃にお会いした「若い」山ガールは亀山の小寺さんと…おともだち、お2人とも初めての綿向山とお聞きしましたが穏やかな登りと眺望の利く頂上を存分に楽しまれた事でしょう。お会いした時には荒れた状態の参道でした、今回は表参道のピストンとの事で急ぎ作業を始めましたが…下山時に歩かれた同場所の完成度に☆いくつ頂けたでしょうか?。

写真左・次の大雨で周りにダメージを与えない様に流れ易い造りになっています、間違っても橋上でスキップorタップを踏まない様に…ご協力下さい、
写真中・修復の終わった8合目付近の参道…☆☆☆ッ?、
写真右・刈り取りの終わった田んぼの奥に観える下山後の綿向三山。

※今回の台風による雨の影響は私が知る中でも最も被害が出ている様で一説には200_の雨量と聞きます、風呂ノ谷は勿論 特に8合目近くの沢、参道は今回修復しましたが見上げる沢の上部は1b以上深くなり、また大きな岩の裾部まで見えている状態となっている様、場所は8合目・金明水手前左側の大きな沢の為に分かり易いと思います、左側からの落石に要注意です。 そんな状態の表参道下山時に8合目〜水無山からの下山を問われましたが…水履けの良い表参道でもこのあり様で普段の雨でも登山道が無くなる水無ですと伝え表参道を下りて頂いた。



3410.Re: 今日の綿向山
名前:Mother-Lake    日付:2011年10月3日(月) 20時4分
ラリーベルさんお久し振りです。\(~o~)/
先日、9月27日に綿向山に登山しました。最近書き込みがないのでどうされているかと気をもんでいたのです。
たまたま山頂で、WAKの会員さんとお話してお聞きしました。
次回は土曜日に行く事にします、お会いできる事楽しみにしています。
また綿向山の情報を掲示板に書いて下さい、よろしくお願いします。


3415.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2011年10月4日(火) 21時0分
ご無沙汰をしてしまいました(〃▽〃)。Mother-Lakeさん☆こんばんはッ(_ _)、お久しぶりですねッ。あれやこれや で綿向は遠ざかっていましたが先日2ヶ月ぶりに入りました(^-^)。先月の台風の爪痕…酷いですね〜、表参道に関しては大きな被害も無く幸いです。今は2ヶ月前とは大違い完全な秋モード(*^_^*)、これからは今以上に山の衣替えに拍車が掛かり来月には錦秋の綿向が楽しめる…かも知れませんッ(^з^)。 これからも主に土曜入山をと思います 見掛けられたらお声掛け…お待ちして居ります(^^ゞ、また 好まれる写経の様な投稿も以前の様に…バージョンアップするかも知れませんねッ 乞うご期待

3409.初綿向山 返信  引用 
名前:S.T    日付:2011年10月3日(月) 15時0分
Original Size: 640 x 480, 144KB Original Size: 640 x 480, 145KB

10月1日に書き込みがあった、G.Oさんと綿向山に登りました!頂上からの景色も良く、ラリー・ベルさんにいろんな話を聞かさせていただきました、冬は違った景色が見られるみたいなので、1度冬に登ってみたいと思います!!



3412.Re: 初綿向山
名前:rari-    日付:2011年10月3日(月) 20時53分


3413.Re: 初綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2011年10月3日(月) 21時15分
Original Size: 500 x 667, 91KB Original Size: 667 x 500, 76KB

 土曜日の綿向山でお会いしたS.Tさん こんばんはッ!。お友達のG.Oさんと初めての綿向山を存分に♪楽しまれた事と思います。お伝えした「雪の綿向山」是非チャレンジして下さいね、アイゼンを始め雪山仕様の重装備となりますが気象条件次第では♪最高の綿向山となる事でしょう。
写真は今年の正月元日、正午の頃に撮った一部です。


3408.初投稿 返信  引用 
名前:G.O    日付:2011年10月2日(日) 21時52分
10/1(土)綿向山初登山しました(*^^)v

天気はあいにく曇りでしたが、時折射す太陽の陽がとても気持ち良くすがすがしかったです♪

頂上ではラリー・ベルさんと初対面し山々の事や歴史に関する話を教えて頂き楽しく過ごせることができました。ありがとうございました。

次は11月上旬に友人複数と登山する予定です(^◇^)



3411.Re: 初投稿
名前:ラリー・ベル    日付:2011年10月3日(月) 20時49分
一昨日の綿向頂上で…(^-^)、G.Oさん投稿ありがとう御座います(_ _)。仲間のS.Tさんと歩く穏やかな表参道、数ヶ所の荒れた参道を過ぎると近付く頂上、121段の階段を登りきって立った初めての頂上ヾ(^▽^)ノと(#^.^#)初めて観る眺望、お2人で楽しめました事でしょう(^^ゞ。来月にもお友達お誘い合わせで来山の様で…楽しみですね、しっかりガイドしてあげて下さいッ。

3405.本日の綿向山(9/10) 返信  引用 
名前:M山のM    日付:2011年9月10日(土) 19時10分
綿向山ファンのみなさまこんにちは。
本日は先週の台風による倒木をかたずけようと思って8時11分入山しました。
しかし綿向山は倒木も少ししかなくてスムーズに歩けます。
さすがにこの時期になると木陰は涼しくて気持ち気持ちの良い山歩きが楽しめます。
先日の台風による落ち葉のにおいがして薬草のようでした。
これからは綿向山が楽しめる絶好の時期となりましたので、皆様たくさん綿向山に
来てください。ただし本日もヒルの被害にあわれた方がいらっしゃいました、
特に雨上がりの後などはまだ注意が必要です。
本日の登山者35名、スタート時の駐車車両4台、下山時13時の駐車車両15台でした。


ページ: |< << 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb