[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





3561.綿向山遠望 返信  引用 
名前:しろやしお    日付:2012年2月28日(火) 20時28分
Original Size: 1000 x 562, 122KB Original Size: 1000 x 562, 96KB

今日はいいお天気でした。なんとか樹氷が見られましたが、遠望する綿向山の雪も薄くなったようです。



3563.Re: 綿向山遠望
名前:ラリー・ベル    日付:2012年2月29日(水) 19時59分
昨日の朝はマイナス7℃(゜д゜;)よく冷え込みましたねッ。しろやしお さん こんばんはッ、好天下に雪の雨乞から観る綿向山の東側斜面と背景に広がる湖東の平野…久々に見せて貰った光景です(*^_^*)、拝見する朝日が当たる木々の影がまだ長い様にも感じられますが(^з^)かなり早い時間帯に入山の事と予想して居ります(^^ゞ。 はいッ 確かに雪は減って来ています(^_^;)、日野から観ても7合目付近から上の白い斜面が残るだけの様です(影となる表参道は?ですが)。明日から3月です、新雪は無理?かも知れませんが朝の厳しい冷え込みに期待したいものですねッ。

3559.次回は晴れますように! 返信  引用 
名前:だいちゃん    日付:2012年2月21日(火) 9時26分
2月19日に名詞とワッペンを頂いた山下です。当日は色々ありがとうございました。綿向山はラリー・ベルさんみたいな方々の努力で維持されていると感じました。
初夏にももう一度登りたいと思います。今度は水無山を回ります。
http://blogs.yahoo.co.jp/d86yama



3560.Re: 次回は晴れますように!
名前:ラリー・ベル    日付:2012年2月21日(火) 21時5分
一昨日の綿向山…好感度を上げて頂けた様ですねッ(*^.^*)。 だいちゃん こんばんはッ(._.)、登山口で水無山をキャンセルして皆さんと歩く初めての表参道(#^.^#)、幾つかのポイントでの撮影を楽しみながら着いた5合目避難小屋、まずまずの眺望と青い空…その青空は同小屋で観たのが最後だったと記憶しています(^_^;)。高度を稼ぐに連れ次第に多くなる雪を踏んで入った急登の冬道、途中には惜しくも絶好調にはチョット届かない(°∇°;)白い木々が曇天の下で さげぽョ〜>°))))彡。 展望の利かない頂上を後に竜王への縦走、長い下り坂を過ぎシャクナゲ群を過ぎると展望岩に(昼食を摂られた…)、またシャクナゲはGWの終わった5/10頃からが見頃となります(^^ゞ。
※有雪期の水無山はお勧め出来ませんが次回の来山時には是非、表参道・竜王縦走路とは様相の違うトラバースが主となる北尾根登山道です、また竜王登山口から御幸橋までは約2キロ、舗装路を嫌う私は竜王鉄塔手前の「オンバノフトコロ」分岐を下り表参道3合目へと向かっています。
次回も当日の皆さんお誘い合わせで来山下さいねッ お待ちして居りますm(_ _)m。

3557.ほぼ灰色 返信  引用 
名前:しろやしお    日付:2012年2月20日(月) 18時5分
Original Size: 1000 x 562, 79KB Original Size: 1000 x 562, 91KB

今日は麓は晴れでしたが、山上に青空はありませんでした。山頂は相変わらず多数の人で賑わっていました。



3558.Re: ほぼ灰色
名前:ラリー・ベル    日付:2012年2月20日(月) 22時41分
今日も賑わっていた様ですねッ…ってか今日も(^з^)、しろやしお さんこんばんはッ 投稿ありがとうございます(._.)。 昨日にお会いた後は竜王への縦走と今日は何時ものルートを歩いて…♪〜( ̄ε ̄)楽しまれた様ですねッ。 はいッ早朝に観た今日の綿向は淡い早春の朝日を背に頂上まで綺麗に観れていたのですが(o^_^o)、上の天候は生憎の曇り空(´・ω・`)青い空と輝く木々は次回にと期待したいものですが(^-^)そうも言っていられない季節柄、焦り( ̄∇ ̄;)を感じて居ります。 今日の朝の空・綿向・マイナス5℃の気温…昨日にお会いしたばかりですがもしかして……が大当たりッ イチ押しの1枚を楽しみにして居りますので宜しくッ

3553.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2012年2月19日(日) 18時38分
Original Size: 667 x 500, 86KB Original Size: 667 x 500, 101KB Original Size: 500 x 667, 74KB

 何時もの様に昨日の入山を予定していたのですが…一向に止まない雪にタオルを投げ込み今日の入山です。先日17日から始まった甲賀市・田村神社の3日間のお祭り、この期間は「荒れる天候」と伝えられますが今年は大当たりッ!マジよく降り・凍りました。  今回は少し早目に自宅を出て走るR-477、路面の雪・凍結は無かったのですが北畑口信号に近付くに連れ部分的に微妙な光を放つ路面、慎重に左折し乾いた県道を走って近付く西明寺口バス停、正面に迫る御幸橋駐車場への登り坂…今日も諦めて上の駐車場へ。 御幸橋Pの止められた多くの車を右に見て歩く西明寺川沿い、前回と同じ程の雪を踏み上がった北畑谷林道も少しの積雪と凍結です。入った表参道も前回と同様の雪道、進むに連れ凍結が目立ち始めますがアイゼン未装着で十分に進めます。 上がり切った3合目カラ谷作業道、積雪は15〜25a。 あざみ小舎を過ぎ歩く表参道、雪は進むに連れ多くなり着いた5合目・避難小屋付近で40〜50aの積雪、同小屋からは久しぶりの青い空と眺望・気温マイナス4℃、小休憩とアイゼン装着を終えて再び歩く表参道、進むに連れ観え始める左斜面からの白い木々…は前回に比べ少々遠慮がちの様でした。 付近の参道は雪によって狭くなっていますのでご協力下さいッ。 着いた7合目行者堂前では30〜40aの積雪、見上げるブナ林は…微妙な白と隠れ始めた青い空…予報を期待していたのですが。 入った冬道の雪は前回と変わりない様に感じられますが凍結個所は増えていて要注意です、その冬道を登り高度を稼ぐに連れ全く無くなった青い空…残念。
頂上気温マイナス6℃・0.8〜1.0bの積雪・曇り+ガス・雨乞&鎌がガスに隠される程度の展望・入山者約100名。

写真左・西明寺口バス停隣りの凍るため池、

写真中・竜王頂上への尾根、この青空に胸を躍らせて居たのですが…、

写真右・マイナス6℃の頂上とメタボ気味の白い木々。



3554.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年2月19日(日) 20時37分
Original Size: 667 x 500, 80KB Original Size: 667 x 500, 91KB Original Size: 667 x 500, 88KB

賑った今日の綿向山、私の先にも多くの入山者が居られしっかりと付けられたトレースを進むと頂上まで導かれますのでご安心下さい。 その中でお会いしたのは町内在住の対中さん、何時もは単独での綿向ですが今日は仲間の男性とタンデムでの表参道、今日はゆっくりとした綿向山をお2人で堪能された事でしょう。  着いた賑う前の頂上では5合目でもお会いした名古屋から来山の3名パーティー(リーダー・山下さん)、歩き易い表参道・展望の利く頂上(今日は生憎でしたが)、皆さんで初めての綿向山を楽しまれた事と思います。  頂上の天候or樹氷はイマイチでしたが写真だけはと撮る中に…!ッしろやしお さんでした、先週に続きの様でしたが…ぇえのが撮れました?、今日のイチ押し よろしくっ!。  青年の塔に座り休憩中の男性…エキデンのスタッフジャンパーが目立って居ました…生憎の空模様でしたが今日に懲りず天気図を見計らって来山下さいねッ。  マイナス6℃の頂上に吹き始めた北西の風を嫌って居り始めた冬道、途中では来るわ来るわッ!入山者皆さん…ぉお〜っ♪oh〜ッ!と上がる歓声ですがその勢いで…皆さんの血圧が上がらない事を願って下り続ける冬道、幾つ目かのピークでファインダーを覗かれている せにょり〜た は大阪からの来山との事、お伝えしましたが次回はビシっ!と決まった白い木々狙いで来山下さいねっ。 冬道を後に下りる表参道、登るご年配(失礼)のパーティーに道を譲るとその後ろから もっともっとご年配と思われる入山者は?…お久しぶりッ甲賀市の北村さんじゃッぁあ〜りませんかッ!今日はお休みの様ですね、来週はメッチャき○いな方と入山との事、是非 ご紹介の程宜しく御願申上御座候、注)○は「ら」ではありません…お間違えのない様に。 北村氏のまぁかぁせなさいッ!のお言葉を後に軽くなった足取りで下りる参道、近付く2合目付近では…大津からの来山とお聞きした せにょり〜た、幾度目かの綿向との事でしたが前回の冬季入山に比べ今日の雪は多く感じられた事かと?、少し遅いと思われる入山でしたが存分に楽しまれた事でしょう。  !あッもっと上で逢った人が…町内在住の東川さん お久しぶりでした、前回は雪深い竜王から目指す綿向山はラッセルの連続だったとの事でしたが今日は雪ではなく人・人…人 賑いましたねっ。

写真左・朝の5合目小屋と眺望、

写真中・名古屋からの皆さん今日のリーダーは山下さん、

写真右・頂上直下の階段は雪の下…欲しいなぁ〜青い空っ、



3556.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年2月19日(日) 21時34分
Original Size: 500 x 667, 90KB Original Size: 500 x 667, 86KB Original Size: 667 x 500, 93KB

 下山後の道路状況です、まだ少し雪が残っています、明朝の気温次第では凍結も想定して下さい。

写真左・御幸橋駐車場への下り坂、写真の付近から少し先は路面が現れています、

写真中・西明寺口バス停からの登り、雪はシャーベット状となっていましたが…気温次第ではご注意ください、

写真右・綿向山を訪れる紳士淑女の皆さんへのお願い。写真のトイレ奥で待機するのは除雪用の「タイヤショベル」です、西明寺皆さんの生活道路を確保するためにバス停横のブル ドーザーと共に準備されています、タイヤショベルに関しては積雪時の早朝稼働だけではなく、民家等の屋根から・斜面から落ちた雪で塞がれた道路等を確保する為に昼間も稼働するとの事です、その現場にスムーズに移動するがための「タイヤショベル」ですが写真の状態ではエンジンはスタート出来ますが出られない状況となっています、トイレの側溝から大型車幅=2.5bは最小限空けての駐車を、ご理解とご協力のほどよろしく。

※賑った今日の綿向山、お会いさせて頂いた皆さん、また初めての綿向山に登られた皆さんの投稿をお待ちして居ります、会員だけの投稿欄ではありません ジャンジャンっ!お寄せ下さいッ。


3555.足りない綿向山 返信  引用 
名前:しろやしお    日付:2012年2月19日(日) 20時44分
Original Size: 1000 x 562, 78KB Original Size: 1000 x 562, 76KB

今冬は日本海側や滋賀北部でも大雪のようですが、綿向山の積雪量は控えめです。昨日は当地平野部で結構積もったので、山はどか雪!の淡い期待で登り口に来ましたが、一向に積雪は増えません。青空も朝だけで店じまいのようでした。山頂でラリーさんと再会を果たしてから、北峰に向かうと雪庇はなかなかです。竜王山に下る人たちがおられたので、鍛錬のために竜王コースをたどりました。檄下りのお助けロープには、毎度お世話になっています。今日竜王コースは登りは1名で、下りは7名+?でしたので、明日通られる方、トレースは完璧です。残念?


3551.(untitled) 返信  引用 
名前:プリティウーマン    日付:2012年2月16日(木) 18時18分
プリティウーマンと名づけて下さり有難う。ラリーベルさんの写真にいつも魅せられています。
今年こそ青空と樹氷と雪景色をバッチリ!と思いながら
通い続けて五年目。なかなか三拍子が揃いません。
だから写真はありませんが、綿向山を愛してる方々(鍋をつつきながらバッチを売ってた人達とラリーベルさん)に会えてよかったです。昆布茶ご馳走様でした。



3552.Re: (untitled)
名前:ラリー・ベル    日付:2012年2月17日(金) 21時34分
先週11日の表参道でのお声掛けありがとう御座いましたッ(*^_^*)、プリティウーマンさん(^з^)こんばんはッ。当日の綿向は多くの入山者で賑わいました(^-^)がイマイチガスに覆われた頂上からの眺望は利かなかった事と思います、また期待の白く輝く木々も迫力に欠けていた様にも感じられました(^_^;)、5年目の綿向山も空振り(つд`)…残念でしたねッ。その綿向山の真上に広がる紺碧の空をバックに輝く樹氷と眩しい雪…まだ暫くは期待が出来るかと予測して居ります是非 来山下さいッ、偶然にも言葉が出ない程の3拍子が揃った綿向に遭遇された時にはお気をおつけて下さいねッ、心拍数の増加血圧の上昇深呼吸と休憩をお勧めです。 では次回の愉しい♪〜( ̄ε ̄)お声掛けをお待ちして居りますm(_ _)m。

3547.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2012年2月11日(土) 20時43分
Original Size: 667 x 500, 89KB Original Size: 500 x 667, 91KB Original Size: 667 x 500, 67KB

 夜が明けて明るくなった頃に見た空模様は生憎の曇り空、目線を下げて見るお隣の屋根には…雪!ッ、想定外の光景に驚き急いで準備を整え走るR-477。車窓から見る田畑は薄っすらの雪化粧、また左正面に望む綿向三山は3合目付近までガスに隠され山の状態が分からない内に近付く西明寺口バス停。そのバス停からの薄っすらと白い登り坂…何かびみょう〜ッ?、様子を伺う内に1台のFF・セダンがゆっくりと登り始め御幸橋駐車場右折の場所で…方向転換!。あかんッと判断し再び県道を走り何時もの駐車場へ。 御幸橋駐車場を右にして歩く西明寺川沿い、数aの新雪とその下は凍結です注意して下さい。上がった北畑谷林道も同様に少ない新雪の下は凍結(下山時には舗装面が現れていましたが同林道上部は要注意)です。 入った表参道は当然ですが雪道、進むに連れ感じるつま先の滑り…凍結ですねッ、その表参道を慎重に歩いて着いたカラ谷作業道、雪量は減っていますが新たに降った雪で15〜20aの積雪と凍結、あざみ小舎での小休憩の頃から降るのは細かな雪と見上げる空にはガス、今日の展望と青い空を諦め歩いて着いた5合目・避難小屋、展望はペケ・40〜50aの積雪 アイゼンの装着と小屋内に入る頃に現れた会員・バロムワンさん・工房おんりいわん さん・還暦のライダーさん達3名、今日は鈴鹿モルゲンロードクラブ(SMC)が昨秋より販売を始めた「登山記念バッチ」の販売を同小屋で行うとの事ですがなぜか目に付くのは…鍋?…はハ〜んッ!(閃)、下山の5合目に期待して歩く参道を進むに連れ観られる先週には観れなかった白く刺さる様な木々。歩く周辺を楽しみながら着いた7合目…前回には無かった白いブナ林が幻想的な中から迫ります、青い空があればパーフェクトなんですが…。 登る急登の冬道にも見られる凍結、場所によっては凍結の上に新雪…極めて危険です先行者の踏み跡を外れない様に頂上を目指して下さい。
頂上気温マイナス5℃・0.8〜1.0bの積雪・穏やかな北西の風・展望ペケ・入山者約70名。

写真左・御幸橋Pとは別にここにも在ります、場所は1/8・3511投稿で紹介してあります、

写真中・7合目ブナ林での1枚…求む青空!、

写真右・ガスる頂上は−5℃、撮影の後に賑った様です。



3549.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年2月11日(土) 22時28分
Original Size: 667 x 500, 86KB Original Size: 500 x 667, 74KB Original Size: 500 x 667, 74KB

 今日も賑った綿向山、その中で多くの皆さんとお会いさせて頂きました、久しぶりの・もっと久しぶりの皆さん方と…。小休憩と入った3合目・あざみ小舎では…今回で40回目の綿向とお聞きした京都からの前野さん と仲間お1人、昨年の11月に頂上道標の塗り替えにお手伝いを頂いたお子さま、今はバレーボールにドっぽりとの事…アタック ナンバーワン目指して頑張って下さいねッ。 朝に逢ってから見失い再び逢ったのは冬道で…どんぐり王国のお姫さまお久しぶり、午後の介護…お疲れの事でしょう(笑)早くお休み下さいねッ。  登る冬道でパーティーの記念撮影のお手伝いをする頃にお会いしたのは…!ッしろやしお さんじゃッぁあ〜りませんかッ、マジお久しぶりでしたねっはぼ1年ぶりでは? 相変わらず色んなルートを楽しんで居られる様ですね。 ガスる頂上を後に下りる冬道、その中でお声掛けを頂いたのは甲賀市の谷さん、何時も定点とされる撮影場所…今日は残念でしたね。  下りる参道では2人のぷリてィーうーマンからのお声掛け…何時も当欄を…との事ですが遠慮なく投稿くださいね。

2009/12に数回目の綿向100登を済まし、同12月に新たな100登をと粒粒辛苦を乗り越えて(笑)登り続け2年2カ月、今日新たな100登目をクリアです、来週からは次の新たな100登をめざして綿向に…週末にははぼ入っております見掛けられたら♪お気軽にお声掛けくださいッ。

写真左・今日の5合目小屋は「バッチ販売専門店」の筈ですが外から見る小屋は溶鉱炉の様に熱そうですがぁ?。

写真中・介護センターの食堂?ではありません、ヘルパー姫からではなく熱々の鍋に介護を受けてパーフェクトに出来上がッたバッジ販売員、向って左から…やめときます、ピリっと辛い鍋は大変おいしゅうございましたカムサハムニダ。

写真右・下山後の御幸橋駐車場への下り坂、雪は無くなりました。


 



3550.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年2月11日(土) 22時43分
Original Size: 667 x 500, 100KB Original Size: 500 x 667, 97KB Original Size: 667 x 500, 77KB

今日の表参道での2枚と下山後の綿向三山。
22:30月明かりの中で観る綿向はガスの中に…。


3548.感謝!感謝!感謝! 返信  引用 
名前:三重、津、山ねずみ    日付:2012年2月11日(土) 22時29分
Original Size: 432 x 324, 47KB Original Size: 432 x 324, 34KB Original Size: 648 x 486, 58KB

綿向山を愛する会のみなさん初めまして?
山ねずみも一応会員にならせていただいていますが何も協力出来なくてすみません。
それどころかきょうは地元会員のHさん、この掲示板の管理人さん、もう一人の仲間(すみません名前を聞きませんでした)に大変大変お世話になりありがとうございました(本当に恐縮しています)

恥ずかしながらお世話になった内容を公開?しますと実は山ねずみもきょう綿向山に
樹氷目的で登ったんですが少しでも楽をしようと西明寺からの林道を車で登って
行ったらだんだん雪が深くなりついに車が進めなくなり止まってしまって
前にも後にも動かなくなってしまったんです(四駆でスダッドレスタイヤは付けていたんですが?)
(エライこっちゃ!何とかしなくては!)とタイヤの後や車の下の雪を杖で必死に
かき出して1時間近く悪戦苦闘していたら後から大きな四駆の車が!
(地獄で仏!この人達に助けてもらおう!)と思っていたら何と向こうから
(山ねずみさんどうしたの?)と声!なんとこの人達がHさん達だったんです。
Hさん達はきょう五合目小屋で新しく作った(綿向山のバッジ)を登山者に販売するために
登るとの事でした。

それで早速山ねずみ号を救出?するために山ねずみが運転して3人が押して
くれたんですが雪が深く動かない。(ロープがあればなあ?それにきょうはスコップも
持っていないし!)困っていたとき(ロープがあった〜!)との声!
やった〜!
早速ロープをつないで引っ張る。しかし(共滑り?)してうまくいかない。
そこでもう一度タイヤの周りの雪をどけてロープで引くと同時に二人にも押してもらう。
(動いた!動いた〜!ゆっくり、ゆっくり!)無事救出!やったあ〜!
ありがとうございました。感謝感謝!

それで少し下の安全な広場にUターンさせて駐車して何も無かったように?綿向山へ!

Hさん達は先に行ったので山ねずみは後からぼちぼちと、

それで下山時五合目小屋に寄ったらHさん達が鍋を囲んで楽しそうに、山ねずみもこぶ茶をいただきおまけに鍋の料理もいただいて本当に世話になりっぱなしですみませんでした。ありがとうございました。

これに懲りずにこれからもよろしくお願いします。

画像は無事救出していただいた山ねずみ号と救出してくれた大きな四駆と下山時の五合目小屋での鍋とHさん達と新しく出来て買わせてもらった(綿向山のバッジ)です。

http://www.tsuyamanezumi.org/


3543.いい天気の綿向山 返信  引用 
名前:Mother-Lake    日付:2012年2月4日(土) 17時54分
Original Size: 640 x 426, 57KB Original Size: 640 x 426, 91KB Original Size: 640 x 426, 62KB

ラリーベルさん、今日お会いできましたね〜お元気そうでなによりです。
お話があったように霧氷に雪が付きすぎて木の枝が重そうでしたね。
本当はもう少し早く行くつもりだったのですが、今日は朝寝坊(>_<)でした。
駐車場に向かって進んでいると駐車場入り口におまわりさんが、朝から接触事故でもあったのかなって思いながらゆっくり行くとおまわりさんに手招きをして駐車位置を指示してくれました。
登山者も多かったですね、賑やかな山もいいですね。
なんと云っても良い天気の山歩きは楽しいです。



3546.Re: いい天気の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年2月5日(日) 17時57分
昨日はお久しぶりでしたッ(*^.^*)、Mother-Lakeさん こんばんはッ 投稿ありがとうございます(._.)。昨日の好天に誘われ もしかして?…Motherさんにと予測していたのですが現れず、その下山途中にお会いしたのは多くの入山者に混じった中からのお声掛け、朝の出遅れが尾を引いて混み合う表参道だった様ですね(´・ω・`)。 昨日は私にとっては久しぶりの青空でしたが気温が影響したのか?期待する白い木々はイマイチでした(^_^;)。昨日は二十四節季の一つ立春でした、春とは言えまだまだ冷え込みが続き昨日以上に白く輝く木々、また雪の綿向に期待出来ます ドシドシ来山下さいねッ お待ちして居りますm(_ _)m。

3544.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2012年2月4日(土) 20時36分
Original Size: 500 x 667, 95KB Original Size: 667 x 500, 84KB Original Size: 500 x 667, 96KB

 約2週間にわたり日本列島に居座り各地に記録的な雪を降らせた「強烈寒波」、その強烈な勢力も衰え今日は回復傾向との予報、期待して自宅を出て入ったR477…ッ 白ィじゃッぁあ〜りませんかッ!、昨日までの雪が圧雪となり…とうけつ?、右足を緩めた状態で進み赤となった北畑口信号で停止、当然 西明寺・北畑方面からの信号は青ですが…一向に走りださない町内を走る黄緑色のバス、!んッ運転手さん電話してる・バス傾いてる・脱輪してる。青色となった信号を左折してより慎重に走って着いた西明寺口バス停、正面に観る御幸橋駐車場への登り坂は…真っ白、同駐車場への入場を諦め歩いて近付く同駐車場 当然に下り坂も同じ状態となり滑る下り坂を下りて観る同駐車場には約20台の駐車…タイヤ性能が向上したのか?、またドライバーの腕が…?。  御幸橋駐車場を通過して雪の西明寺川沿いを進んで上がった北畑谷林道も同じ雪道となっています、途中に振り返り観ると西の空は明るく、また三上山・比叡山も確認が出来て天候は確実に回復に向い先の表参道・頂上に期待して入った表参道。 表参道は全コース雪道となっていますが付近の登りに際してはアイゼン等は不要の様です。 近付く2合目付近からは多くなった雪が感じられ、着いた3合目カラ谷作業道では30〜40aの積雪です、左に観る あざみ小舎の屋根には約40aの積雪、前回より多いようです。 参道を進むに連れ雪はより多くなり着いた5合目・避難小屋では50〜60a、久しぶりに観れた白い日野の里と遠くには比良の山々、同小屋内での小休憩とアイゼンを装着して再びの表参道…?前回には左斜面の枝からは見事な白い枝が観れたのですが今回は無し、ですが雪は確実に多くなっています、その雪ために参道が非常に狭くなっています注意と譲り合いにご協力下さい。着いた7合目・ブナ林は見上げる空は青く、また小さな枝は輝いているのですが…大空に広がるブナの枝には雪が積もるだけ…風の不足?残念です。 7合目を後に登る冬道、高度を稼ぐに連れと期待をしていたのですが見上げる木々にはシャープさに欠けるメタボ気味の白い塊…今日はあかんッ!とカメラを収め登り着いた頂上。
気温0℃・穏やかな西風・北の展望は×南方には薄っすらと伊勢湾・雪は多くなって0.8〜1.2b・入山者70名以上。

写真左・西明寺口バス停からの登りはご覧の通り真っ白、御幸橋Pへの下りも同様だった今朝。

写真中・5合目小屋からの展望、雪の中でのアイゼン装着は辛いものです、同小屋での装着をお勧めです。

写真右・着いた頂上には人影が見られません…?。

今日も下山後の駐車場・坂の凍結状況、また定点から観た綿向三山の写真をと予定していたのですが頂上での撮影を最後にバッテリーがダウンしてしまい画がありません。

※R307から北畑口信号までの雪は無くなりました、同信号から西明寺口バス停までの県道の山影・橋上には雪が残っています。また同バス停からの登りと御幸橋Pへの下り坂には圧雪の状態で残っています「融雪剤」が撒かれてありますが明朝の気温次第では要注意です。



3545.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年2月4日(土) 22時1分
Original Size: 667 x 500, 88KB Original Size: 667 x 500, 87KB Original Size: 667 x 500, 96KB

 多い雪の中を登り切った冬道、右に折れて近付く頂上には…駐車場内の駐車台数に比べ登頂者の姿が少ない…ってか居ない頂上?、近付くに連れ見え始めた登頂者皆さんは…この様な楽しみ方もあったのですねッ、皆さんは頂上・東の斜面(雨乞側)の新雪の中で斜面の下側で輝く樹氷を楽しみながらの♪昼食、新雪に腰を下ろし手に持つお弁当を、目線を上げる先には立春の日差しに輝く樹氷!贅沢なランチタイムを過ごされた事でしょう。 その登頂者の中からお声掛けを頂くのは…?ご近所の竹○喜○郎さんじゃッぁあ〜りませんかッ!お久しぶりでした、弾む♪お喋りを楽しまれておられた松坂からの皆さんとはお知り合いの様でしたが?、また記念バッチの「販売促進活動」へのご協力カムサハムニダでした、腰を下ろされている東斜面の雪がズリ落ちる程のデかい声での販売促進活動の甲斐あって飛ぶように…残しておいて良かったです、私の下山途中にも…頂上からのデかい声が入山者に届いたのかも知れませんねッ。 そのバッチが減った軽い荷で下りる冬道、戻った7合目では…Mother-Lakeさんにバッタリ!やっとお会い出来ましたねッ、実は今日の天気で…予想はしていましたが…やはり入山でした、立ち話となりましたが次回にはゆっくりとよろしく!。  その7合目で…神戸からのご夫妻は、はいッ!覚えていますよ昨シーズンの事を、きれいな奥さまとパワフルなご主人、今年に入り既に幾度と入山とお聞きしましたが歩き慣れた綿向山です存分に楽しまれた事でしょう、次回もよろしくッ。  入山者に道を譲りながら下り戻った5合目、…はいはいッ!こちらもお久しぶりでしたねッ京都からのご夫妻、5合目小屋でお昼を摂ってから目指す雪の頂上、登頂者の少なくなった頂上をお2人で堪能された事でしょう。

写真左・立春の日差しの下で樹氷&食事を楽しまれる登頂者皆さん、

写真中・松坂からの皆さんと○村○一郎さん、逆光でした(謝)、

写真右・ハイっちーず!、バッチありがとうございました。



ページ: |< << 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb