[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





5542.残雪の水無山から綿向山山頂へ 返信  引用 
名前:アルビレオ    日付:2017年4月3日(月) 23時59分
Original Size: 800 x 600, 124KB Original Size: 800 x 600, 135KB Original Size: 800 x 600, 91KB

綿向山を愛する会のみなさん❗綿向山ファンのみなさんこんばんは🌃

先月に水無山からヒミズ谷に軽装でノーアイゼンで滑落されるという事故が発生しました。
さいわい打撲程度で済んだようですが…。
そこで今日は水無山の様子を見に行って来ました。

中腹までは残雪はほとんどありませんが、谷をトラバース する辺りは北面には残雪があり、小便コバから先は通常コースを避けて、滑落を避けるため、道標は無いが尾根通しを行くことに。
土が見えている所と深い残雪の混じった歩き難い尾根を行く。さすがに水無山北面はまだびっしりと残雪があ り慎重に歩く。
文三ハゲ上部尾根より、金明水付近を見るとまだまだ残雪が多い。
綿向山山頂からはまだ残雪の多い冬道を下山。

写真
左・水無山の上部西面尾根より

中・水無山頂上

右・水無山南峰頂上



5543.Re: 残雪の水無山から綿向山山頂へ
名前:アルビレオ    日付:2017年4月4日(火) 0時6分
Original Size: 600 x 800, 80KB Original Size: 800 x 600, 84KB Original Size: 800 x 600, 111KB

写真
左・水無山北尾根より、綿向山と文三ハゲ

中・水無山北面のレスキューポイント5 付近

右・文三ハゲ上部尾根より、金明水付近を見る
(右端から三番目の太い木は金明ブナです)



5544.Re: 残雪の水無山から綿向山山頂へ
名前:アルビレオ    日付:2017年4月4日(火) 0時11分
Original Size: 800 x 600, 74KB Original Size: 600 x 800, 69KB Original Size: 800 x 600, 89KB

写真

左・綿向山山頂より、南面

中・綿向山山頂

右・綿向山山頂稜線より、東尾根を望む



5545.Re: 残雪の水無山から綿向山山頂へ
名前:アルビレオ    日付:2017年4月4日(火) 0時19分
Original Size: 800 x 600, 112KB Original Size: 800 x 600, 111KB Original Size: 800 x 600, 93KB

写真

左・冬道綿向山山頂と竜王山および幸福ブナ方面の分岐付近

中・七合目冬道夏道分岐付近

右・五合目小屋付近


5536.雪害による倒木撤去 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2017年3月26日(日) 21時32分

写真左 WAK会員・綿向山ファンの皆さん こんばんはッ。春分の日も過ぎ、日に日に本格的な春へと向かう最中の先日には強い風が吹き、今日の午後からは雨。今日26日は、びわ湖西岸で昔から云われる「比良の八講荒れじまい」との事で、ここ湖東にも多少の影響が出た様です。その比良八講が終わると湖国にも♪春が訪れると伝えられている様です。今回は1月〜2月の大雪で被害を受けた表参道の倒木などの撤去をと、綿向生産組合の了解を得てWAK会員3名で表参道、及びカラ谷作業道上で先の道を塞ぐ倒木を撤去しましたのでお知らせします。・カラ谷作業道から始まった、倒木の撤去作業。

写真中・WAK会長頑張っております。

写真右・同じく会員のグース ベリーさんもジャンジャンっ切っております。



5539.Re: 雪害による倒木撤去
名前:ラリー・ベル    日付:2017年3月26日(日) 21時53分
Original Size: 554 x 416, 172KB Original Size: 416 x 554, 150KB Original Size: 416 x 554, 145KB

写真左・3合目の倒木も撤去済み。

写真中・表参道5合目の手前、参道はほぼ埋もれています。

写真右・雪…凍結を削り約30aの参道を確保してあります。



5540.Re: 雪害による倒木撤去
名前:ラリー・ベル    日付:2017年3月26日(日) 22時8分
Original Size: 554 x 416, 163KB Original Size: 554 x 416, 164KB Original Size: 554 x 416, 150KB

写真左・今回の作業で一番難儀で危ない杉の1本。

写真中・その杉を2ヶ所で切断、また足下の片付けも終えてあります。

写真右・一昨年に崩れた土石を排除されたのですが、通過時は要注意。



5541.Re: 雪害による倒木撤去
名前:ラリー・ベル    日付:2017年3月26日(日) 22時49分
Original Size: 561 x 422, 150KB Original Size: 561 x 422, 166KB Original Size: 561 x 422, 146KB

□5536の写真です。

写真左・カラ谷作業道から始まった倒木撤去作業。

写真中・WAK竹村会長…フルスロットルで頑張っております。

写真右・同じく会員のグース ベリーさんもジャンジャンっ切っております。


5533.3月19日綿向山に登った者です 返信  引用 
名前:spanolahn    日付:2017年3月20日(月) 20時53分
3月19日はじめて綿向山に登りました。
途中、冬道で綿向山を愛する会の方に出会い(アルビオレさんだと聞く)色々教えてもらいました。ありがとうございました😊
アルビオレさん曰く、はじめての綿向山でこの天気はもったい‥
はい!必ずまた来ます!
山頂からの眺望こそ望めませんでしたが久しぶりに家内とゆっくり山歩きができました。次回は眺望を期待して‥笑



5534.Re: 3月19日綿向山に登った者です
名前:アルビレオ    日付:2017年3月21日(火) 10時44分
Original Size: 800 x 600, 54KB Original Size: 600 x 800, 53KB Original Size: 800 x 600, 43KB

Spanolahnさん
こんにちは✋
投稿いただき、ありがとうございます。

先日19日の天気予報は、晴れマーク 。私も快晴を期待しての早朝登山でした。
山頂はガスの中、おまけに霰や小雪が降ってくる始末⛄時に薄日が射したおりにようやく雨乞岳の裾が見える程度でしたね😃

冬道を下山中にお会いしましたが、初めての綿向山とのこと。山頂からの素晴らしい展望を期待しておられたのに、誠に残念なことでしたね。
これからは、霞もかかり遠望はあまり期待できませんが、花や新緑の季節を迎えます。
また是非ご夫婦お揃いでお越しください。


写真(3/19)

左・山頂東面のブナ林

中・頂上稜線より、東尾根を望む

右・頂上稜線より、雨乞岳方面


5529.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2017年3月18日(土) 21時58分
Original Size: 692 x 519, 238KB Original Size: 692 x 519, 109KB Original Size: 692 x 519, 79KB

 奈良のお水取りも終わり昨日は彼岸の入り、暖かい春の到来ですねッ。昨日の天気予報では晴れマークの好天が期待されましたが、朝に見る空はイマイチの薄曇りの空模様。降る様にも伝えられない予報を
信じて何時もの時間に入山です。数週間前までは雪で賑わっていた西明寺口バス停周りは勿論、下った御幸橋及び駐車場内の雪解けも終わり難なく御幸橋駐車場へ入り準備を整えスタートとなります。
西明寺川に沿って歩くも雪は無く、入った北畑林道も同様に雪は見られませんが、同林道を進むと林道の終点付近と登山口・出合小屋付近の残雪が見られる程度まで雪解けは進んでいます。
入った表参道の雪は見られません、足下には雪解けによる湿りが少し続きますが、進むに連れ参道は乾き場所によっては杉の葉を踏んでの参道へと変わります、その参道には先月の降雪で杉の木が折れ
参道を塞ぎ迂回を強いられていましたが、今日の下山時に地権者「綿向生産組合」の了解を得て切り刻み撤去、元の表参道へと戻しておきました。その後も歩いて1合目を過ぎて少しの所に同じ杉の木が
参道を塞いでいます、以前より撤去と思ってはいるのですが、雪害で倒れたその杉は長くて太く、手鋸では手に負えず、また1人作業には危険が生じる程に手強い杉です。今暫くは辛抱して頂き、
長い脚の方はスっと…でない方はそれなりの所作で越えてくださいッ。今日も木をその杉を揺すろうと力を加えましたが、、、跨いでいる最中に木の微動or異変を感じたら高所へ急ぎ移動してください。
その倒木を過ぎ近づく2合目付近からは足下に雪が現れ始め、カラ谷を過ぎあざみ小舎を過ぎると、減ったとは言え以前の様な雪道へと変わります、相変わらず狭い参道です。 着いた5合目避難小屋、
展望は三上山が限界、15日の雪が新たに積り小屋山側の荒れた斜面も綺麗な斜面へと変わっています。 休憩を終えて再びの参道、雪は減りましたが、荒れた参道の様で誰かが落ち込んだ落とし穴?に
要注意かと思われます。着いた7合目行者堂前のベンチも前回辺りから見え始め、山全体の雪解けが進んでいる事が感じらる様ですねッ。入った冬道、ご多分にもれず雪解けは進んでいる様です、前回には
見えなかった地表が場所によっては現れ、また多くを占めていた凍結も減った様にも見られる冬道を登り切って着いた頂上。  頂上気温6℃・薄曇り・ほぼ無風・70〜80aの残雪・霞む伊吹辺りが
限界の展望・入山者約60名。

写真左・この2合目辺りから雪道となります。

写真中・先日の降雪で綺麗な斜面に戻った5合目。

写真右・まだまだ雪の頂上。



5530.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2017年3月18日(土) 23時38分
Original Size: 519 x 692, 196KB Original Size: 519 x 692, 130KB Original Size: 692 x 519, 51KB

朝の北畑林道で逢ったのは、何時もの会員・長谷川さん、表参道、また頂上でと再三逢っての♪お喋り、次回も新しい話ネタでよろしくッ。

冬道頂上側を出た所でお声掛けを頂いたのは、ヤッピーちゃん。以前にもお会いしていた様で、覚えて貰っていたみたいでありがとうございます。
今回は今年2回目の綿向山とお聞きしました、前回は今回以上に雪多い1月との事、今回も綿向の輝く白い樹々を狙っての入山、季節柄厳冬期
の様な芸術的な白い樹々は無理だった様ですが、歩く頂稜には…、よかったですねッ。
次回は暖かい綿向で旬の花々を…お楽しみくださいねッ。

朝の表参道、また頂上でお会いしたのは、ご近所の藤岡さん。雪面にピッケルを立てての休憩中に拝見した別ルートの多い雪量、風呂ノ谷を含め
7合目からの夏道も同じ様な雪量かと想わせる様な数々の写真、ありがとうございました、参考にさせて頂きます。

その頂上で、糸のような細い声でお声掛けを頂いたのは会員・門さん。何処からお声掛け?とキョロキョロしましたが…次回は恥ずかしがらずに
デカい声で呼んでくださいねッ。今回は愛知県からの知人と登る綿向山、高度を上げるとまだまだ♪楽しめる綿向山。お2人で存分に
楽しまれた事でしょう。

写真左・冬道上部で見られましたが…春仕様の様ですねッ。

写真中・眺望を楽しみながらのランチ、…右の方からお声掛けを頂きましたが、お名前が?ごめんなさいッ。

写真右・5合目同様に親切で…スジorドでかいクレーターが消された頂上東斜面。



5531.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2017年3月19日(日) 0時17分
Original Size: 497 x 373, 144KB Original Size: 497 x 373, 139KB Original Size: 633 x 475, 207KB

写真左・1合目を過ぎた付近で参道を塞ぐ倒木(雪害)、監視役と作業者が要るようです。簡単には動かないと思いますが、
通過時は要注意かと思われます。

写真中・表参道に入ってすぐの所、同様に雪害ですねッ。この倒木が凍結で動かず右に迂回していましたが、凍結が溶けて
いた今日排除しました。

写真右・今日は これくらいに しといたるッ!、(排除後)。



5532.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2017年3月19日(日) 0時20分
Original Size: 692 x 519, 141KB

写真・春ですねッ



ページ: |< << 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb