[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





5683.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2017年11月3日(金) 23時26分
Original Size: 648 x 486, 208KB Original Size: 648 x 486, 164KB Original Size: 648 x 486, 111KB

 3連休の初日、今回も迫る11/10・綿向山の日に向け表参道の整備、また当日の7合目からは「一方通行の登り」となる冬道の点検、及び整備を兼ねての入山…、と先日に改修工事が完了した7合目・行者堂へ御神体をお戻しの応援をと『日野綿向行者講』から受け前回と同様にWAK竹村会長と入山です。前日に行者講の後藤さんからお預かりした御神体を膝にAWDで登る水木谷林道。着いたカラ谷作業道から背負子に移って貰い登る表参道、前回以上に樹々は色づき場所によってはドゃさッ!、秋の青いキャンバスが引き立てている様です。着いた5合目では白衣に身を包んだ後藤さんと合流、少しの休憩を後に向かう7合目、道中の黄葉は朝日を受けて眩しいほどに輝き見応えがあるのですが、…御神体(マジ重いです)及び自身の荷が載る背中♪六根清浄〜ッとは叫べません、思い浮かべるのは…苦労をするのだ・我慢をするのだ。着いた真っすぐに建つ行者堂で荷を解き、後は後藤さんにお任せし会長と目指す頂上。前回に手を加えた表参道の難所「風呂ノ谷」の狭い参道には落ち葉が幾重にも重なり、早朝には露で濡れ滑り易いかと思われ慎重な通過を強いられる様です。   着いた頂上・気温15℃・快晴・北西の風・白山、御嶽、恵那山が薄っすらと・入山者役100名。

写真左・落ち葉が広がる3合目あざみ小舎、もちろん屋内にも…パレット会の皆さん10日はアサイチ掃除ですね。

写真中・陽射しがまだ当たらない5合目。

写真右・頭上は真っ青な秋の空、の下で身体を休める登頂者皆さん。 



5684.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2017年11月4日(土) 0時12分
Original Size: 497 x 373, 115KB Original Size: 497 x 373, 133KB Original Size: 497 x 373, 137KB

アサイチの御幸橋駐車場でお会いしたのは、斜め向かいの藤岡さんと西大路小学校の校長先生を始め先生方を含め7名での綿向山。迫る10日には全校生徒を引率して参加する綿向山の日、その下見をと冬道からの登頂との事。ご安心くださいッ、WAK会長の冬道下山で散らかる木々は撤去された様です。当日は存分に楽しんでくださいねッ。

表参道・金明水付近では、お久しぶりでしたねッ。竹内さん(湖南市)10月の週末は台風と雨ばかりでしたが、久々の綿向は秋の好天下、存分に楽しまれた事でしょう。

5合目で逢って、頂上でも…。エリカちゃん、今日は仲出町のご近所さんに2人も…。好天の頂上を楽しんだ後は急ぎ下山して愛犬のお手入れ、秋空の下さぞ喜んだ事でしょう。

その頂上では、お久しぶりでした、甲賀市からの まっすぐ さん。平日にも入山とお聞きしましたが、今回の秋の空は存分に楽しまれた事と思っております。

頂上を後に下りる参道、金明水付近の整備を終えて8合目付近では…水無から縦走の単独女性に(大阪)、8合目直前の縦走路が先日の台風で無くなり往生されていましたが、無事に表参道へ、また頂上へ。お伝えした通り整備を行っても大雨で道が消えるor無くなる水無山です、ご注意くださいッ。

写真左・苦労をするのだ、我慢をするのだ…。

写真中・5合目で合流した、日野綿向行者講から今回入山された後藤さん。

写真右・後藤さんによって御神体は戻され施錠、後はお堂前の清掃。



5685.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2017年11月4日(土) 0時17分
Original Size: 431 x 324, 123KB Original Size: 431 x 324, 118KB Original Size: 431 x 324, 121KB

写真左・金明水付近から見上げると…。

写真中・頂上手前ではこの状態。

写真右・休憩を後に7合目を発つパーティ。



5686.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2017年11月4日(土) 0時24分
Original Size: 404 x 538, 178KB Original Size: 538 x 404, 169KB Original Size: 648 x 486, 65KB

写真左・下山の6合目付近。

写真中・今回も続編「あとからくる者のために…きれいにしておくのだ」2合目。

写真右・下山後に見る頂上付近。


5679.竜王山について 返信  引用 
名前:久保 尚樹    日付:2017年11月1日(水) 13時4分
初めまして、久保と申します。
11月5日に竜王山経由で綿向山に行こうと思っているのですが、先の台風の影響が気になります。
本道は、綿向山の日を迎えるにあたり、会の方を含めた地元の有志により、整備されていると認識していますが、竜王山への登山道と竜王山から綿向山への縦走路はどんな感じなんでしょうか?
ご存じであれば、教えて頂けないでしょうか。
お手数をお掛けしますが、宜しくお願いいたします。



5680.Re: 竜王山について
名前:アルビレオ    日付:2017年11月3日(金) 19時38分
WAKのアルビレオです。
お尋ねの竜王山から綿向山への縦走ルートの状況ですが、本日、11月3日の綿向山登山者は約100名。その内何パーティーかは縦走されていますが、特に何も問題無く通過されています。先日の台風21、22号の影響は木の枝や木の葉が散乱しているくらいです。
ただこの夏の台風で、竜王山登山口から千畳平へと途中L字に曲がる地点に大きな松の枯れ木が登山路を塞ぐように倒れています。ここだけ注意して潜るか迂回してください。

ご存知のように、表参道は整備されて歩きやすいですが、竜王山から綿向山への縦走路はアップダウンもあり急坂もありで難路です。
慎重に綿向山の秋をお楽しみください。
なお、5日は、ふれあい綿向山D a yの直前準備作業にWAKの実行委員メンバーが入山を予定しています。お気軽にお聞きください。


5681.Re: 竜王山について
名前:久保 尚樹    日付:2017年11月3日(金) 22時20分
アルビレオ様
ご回答ありがとうございます。
参考にさせていただき、安全な登山に努めます。

5677.おひさしぶり 返信  引用 
名前:中井 良久    日付:2017年10月27日(金) 17時52分
藤沢先輩に3年ぶり?山で出会えて嬉しかったです
11月に何かお手伝い出来ればと思っています
(力仕事は不可 チョウ非力 )
ではではまた



5678.Re: おひさしぶり
名前:ラリー・ベル    日付:2017年10月28日(土) 16時2分
☀先日の綿向山頂上での ♪( ´▽`)お声掛け ありがとうございました。( ̄^ ̄) 中井大明神さま 本当にお久しぶりでしたねッ、当日は🍁秋の好天☀に恵まれ 地元の綿向山を存分に♫楽しまれたヾ(๑╹◡╹)ノ"事でしょう。 その頂上でお話ししていた件は 後日📞連絡かと思います。 これからは先日以上に♫楽しめる綿向山になります、地元の綿向へジャンジャン❗登りましょう。

5672.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2017年10月26日(木) 20時33分
Original Size: 438 x 584, 182KB Original Size: 584 x 438, 176KB Original Size: 584 x 438, 95KB

 約一ヶ月ぶりの入山となります。今回は先日15日に行われた事前整備作業の仕上げ?、また頂上階段用の杭(鉄製)の搬入を今回のメニューとしてWAK会長のAWDで3合目からの入山。先日の台風が運び込んだ大雨で溝が掘られた水木谷林道、落石・倒木等を排除しながら着いた3合目・カラ谷作業道。重い鉄杭を一輪車に載せ、先引き用のロープを腰に巻いて…。搬入を数回繰り返した後は付近に倒れる木を撤去、後は工具を背にして頂上に向かってのリ・スタート。歩く表参道には台風の爪痕?小枝or落ち葉が散乱していますが、歩くには支障はない事と思われます。快調に高度を稼いで風呂ノ谷手前には、先日に連絡を貰った倒木が現れ手鋸を使っての撤去作業。入った風呂ノ谷には大きな影響は見られませんが…よほど降った様で出水が現在も流れて(跨げます)います。TVなどで伝えられる崩れる前兆「異臭・異音・斜面からの出水」などは作業する2名には確認出来なかった「今回の風呂ノ谷」になります。同谷を後に歩く参道には濡れた落ち葉が広がり、また滑り易い箇所もあり慎重に進んで着いた頂上。  頂上気温19℃・快晴・穏やかな南風・薄っすらの恵那山、白山が限界の遠望・入山者30名以上。

写真左・頂上階段用の杭を一輪車に載せ、ロープで先引き…。

写真中・カラ谷作業道終点付近の倒木を撤去。

写真右・快晴・19℃のあずましい頂上、左から大津からの単独男性・WAK会長・町内在住の中井さん。



5673.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2017年10月26日(木) 21時15分
Original Size: 497 x 373, 148KB Original Size: 497 x 373, 145KB Original Size: 364 x 485, 149KB

工具を背に歩く参道に早くも下山者が…お久しぶりでしたねッ、町内在住の対中さん。お待ちかねの季節到来ですね、晩秋から雪の綿向では生の情報を下山時によろしくッ。

頂上での休憩中にお声掛けを貰うのは…?、ドゃさッ!中井さん(町内在住)ではッ、4〜5年?ぶりかと思っております。お伝えした件ですが、その時にはよろしくッ。

その頂上に私たちより一足早く登頂されていたのは大津からの単独男性。最高の青空の下、ゆっくりと秋の綿向山を楽しまれた事でしょう。

頂上を後に参道整備を兼ねての下山、金明水付近の整備の最中にお会いしたのは、一宮から初めての綿向とお聞きした美女お2人。好天下の初めての頂上と眺望を存分に楽しまれた事でしょう。雪の綿向にも来山くださいねッ。

次にその場に登場は北村さん(甲賀市)、今日の登場が分かっていれば…、次回はお手伝いよろしくッ。

写真左・冬道分岐から直ぐの参道に連絡を貰った倒木、撤去を済ませておきました。

写真中・8合目手前の倒木は連絡はなかったのですが、跨らずに通れる様にしてあります。

写真右・頂上手前での1枚、まだ早い様ですが、遠くではない様です。



5674.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2017年10月26日(木) 21時28分
Original Size: 373 x 497, 141KB Original Size: 373 x 497, 145KB Original Size: 497 x 373, 151KB

写真左・復路は参道整備を兼ねての下山。先ずは金明水の上の溝切りから、ここの出水も多い様です。

写真中・昨年11月の滑落現場、整備を済ませましたが…道幅には限界が。

写真右・先日に整備された箇所にはデカイ石を埋めて、より道幅を確保です。



5675.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2017年10月26日(木) 21時44分
Original Size: 373 x 497, 162KB Original Size: 497 x 373, 158KB Original Size: 373 x 497, 141KB

写真左・石を埋めた場所から見上げると、やはり早い様です。

写真中・あとからくる者のために、苦労をするのだ 我慢をするのだ…、山を川を海を きれいにしておくのだ ああ後からくる者のために みんなそれぞれの力を傾けるのだ…、(坂村真民・詩集、詩国)より。

写真右・風呂ノ谷も整備しましたが、狭い所の道幅は変わりなく狭くご注意ください。



5676.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2017年10月26日(木) 21時50分
Original Size: 584 x 438, 157KB Original Size: 584 x 438, 156KB

写真左・7合目、行者堂修復工事も順調に進んでいます、作業者は棟梁・堤さん。

写真右・増水中の西明寺川(御幸橋から)、次の台風22号の今後が気になりますね。


5669.今日の綿向山登山口 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2017年10月19日(木) 21時1分
Original Size: 513 x 385, 145KB Original Size: 509 x 382, 142KB Original Size: 509 x 382, 138KB

 久しぶりの投稿になってしまいました。最近は色々と野暮用が多い為に週末の入山が遠のいている中、WAK竹村会長から、登山口をアレコレ…作業との連絡を貰い工具&備品を揃え登山口・出合小屋へ。今回の作業メニューは、夏に材料搬入を済ませてある出合小屋下の木製ベンチ&テーブルの入れ替え、及び同小屋内に設置されている「入山届箱」の大型化。降りしきる雨の中、先ずは外仕事からと始まったベンチ・テーブルの撤去と組み立て。忘れたスコップ代わりにバールで地を緩め、地面に這いつくばって手で穴の排土…山蛭の登場はと警戒はしていたのですが…ノープログレム。その屋外での作業を済ませた後は入山届箱に。休憩を後に始めた作業、予め自宅で作っておいた板をはめ込みビスどめの作業、事前の寸法取りが正確だった様で少しの小細工を加えると1発で完了。後は同小屋の看板修理・外れた柱の固定を済ませ本日のミッション完了となります・

写真左・夏に搬入された木材と破棄される腐食が進むベンチ&テーブル。

写真中・降雨の中、作業はボチボチと練りに練って…、頭の中の図面を広げているWAK会長。

写真右・完了でございます、撮影する隣では会長がドゃ顔でグッジョブ。



5670.Re: 今日の綿向山登山口
名前:ラリー・ベル    日付:2017年10月19日(木) 21時15分
Original Size: 486 x 648, 97KB Original Size: 486 x 648, 98KB Original Size: 486 x 648, 97KB

写真左・次はこの登山届箱。これからは賑わう綿向山、冬季には登山届が溢れる程になる為に箱を大きくとの事で、先ずは棚を外して…。

写真中・ジゃゃ〜ん!、1発で完成でございます。来山の際は「入山届」を忘れずに記入・投入しましょう。

写真右・ヒミズ谷出合小至も手書きで修正。



5671.Re: 今日の綿向山登山口
名前:ラリー・ベル    日付:2017年10月19日(木) 21時46分
Original Size: 648 x 486, 166KB Original Size: 648 x 486, 198KB

 雨の中での作業が順調に進む頃、降る雨の音に混じって聞こえる複数の人の声。綿向登山ですか?…ってかこんな日にッ、からお聞きした皆さんは町内にお勤めの仲間12名パーティ(リーダー・OSAさん)。仕事場の研修?合宿?での綿向山とお聞きしましたが、ガスる表参道を登って着いた頂上は真っ白!。♪楽しむどころか難行苦行の綿向山になった事でしょう。次回は好天を狙って、また皆さんお揃いで おいでやす。

写真左・作業中にお会いした町内R-307沿いの皆さん。

写真右・雨の中、頂上を目指される皆さん、参加者には山慣れない方も居られた様ですが、山の状況しだいでは英断をとお伝えして…。



ページ: |< << 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb