[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





6386.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2021年2月20日(土) 23時32分
Original Size: 431 x 575, 175KB Original Size: 692 x 519, 145KB Original Size: 692 x 519, 115KB

 昨日まで甲賀市にある田村神社のお祭り、その間の3日間は天候が荒れ古くから「田村さん雪の中…」と云われる通りに気温が低くなり一昨日は雪。その気温と雪がもたらす見応えのある山は昨日までの様で、朝に見る今日の綿向は白いのですが、朝の気温が高くて…。期待はしないものの入山してしまいました。朝の御幸橋駐車場…止められない状態は何時もの光景の事、その駐車場を横目に歩いて北畑林道から表参道へ。入った表参道、斜面には雪は残るものの歩く参道上には雪・凍結も無く順調に高度を稼げる筈なんですが…、雪解けによって土が緩み泥沼には至らないものの足元を選ばなくてはならない所がある様です。3合目が近付く辺りから茶色いシャ−ベット状の雪道に、凍結は見られず…気温が高いようですねッ。着いた3合目カラ谷作業道、雪は斜面だけで再び入った参道のあざみ小舎での小休憩。そのあざみ小舎で目撃した光景は後程にし目指す5合目、参道の雪は徐々に茶色が抜けて白い参道となりますが、ノーアイゼンのままで着いた5合目。5合目の積雪は10〜30a・展望は三上山が限界…春霞の様です。小屋内ではアイゼンを装着する入山者が見られましたが、参道上の雪は緩んで凍結も見られない為にそのまま歩いて7合目へ。前回に比べ雪が多くなった7合目は30a?の積雪、行者堂前でアイゼンの装着と挑む急登・冬道用のネジを巻いて入った冬道。前回以上に雪はあります、登るに連れ…雪質ですねッ、アイゼンに雪が纏わり靴底は団子状になって歩き辛くなるかも?。その急登…表面には凍結は現れていません、先日に降った雪の下には凍結が潜んでいる事と思われます、アイゼンをシッカリと利かして600bあまりの冬道を登り切ってくださいッ。   着いた頂上気温11℃・積雪20〜30a・曇り⇒晴れ・穏やかな西風・遠望ペケ・入山者、手持ちのカウンターは153名と竜王&水無からの縦走者はカウント出来ておりません。

写真左・鉄橋を渡り、表参道入口の湧水。落ち葉や小石によって流れが塞がれ水が溢れていました。会員の皆さん気付かれたら転がる枝等でヒミズ谷方向に溝を切って(岩は割らない)参道に流れ込まない様によろしく、季節柄もう参道の凍結は無い事と思うのですが…。

写真中・密を避けて屋外での休憩と5合目を発つ入山者。小屋を使用の際は、窓・扉全開で、使用後の戸締りにご協力ください。

写真右・暖かい頂上は賑わっていました。



6387.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2021年2月21日(日) 0時33分
Original Size: 519 x 692, 141KB Original Size: 692 x 519, 187KB Original Size: 692 x 519, 134KB

写真左・歩く表参道7合目手前でお声掛けを頂いたのは…お久しぶりでしたねッ、山口さん(東近江市)。前回はチェンソーをブン回しての倒木処理に、今回は雪深い中で撮影場所を探すお手伝いを…。下山を遅らす程に時間を頂きありがとうございました。次回も何かしらのミッションありましたらよろしくッ。

写真中・宇宙に届くほどの紺碧の空が整っているのですが、見事な無氷!と雪は名残り雪になるのか?。

写真右・雨乞・鎌を背景に若いアーティスト?が雪ダルマではない様な(みたいけど)何かをアシスタント?トと何かを創作中…、将来は甲賀市から人間国宝が…期待しましょう。



 



6388.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2021年2月21日(日) 1時21分
Original Size: 692 x 519, 150KB Original Size: 692 x 519, 168KB Original Size: 575 x 431, 147KB

写真左・あざみ小舎での休憩中、通行止めになっているカラ谷作業道からあざみ小舎までのコースにもなっていない所を、10人程でズカズカと。注意はしたものの「通れたから…」あきれたものです、小舎をスルーしたその連中は表参道を進む事と思っていたのですが…、おいおいッ⁉どこ歩いとんねんッ‼、普段は小声で言葉少ない私ですが度の過ぎた行動に大声で「斜面を上がるなッ!」。地権者さま・綿向を愛する関係者を踏みにじる様なその行為、最後の綿向山にして貰いたいです。

写真中・その連中たちが斜面に残した踏み跡、その後に踏み跡を見た別の入山者が上がろうとするもお声掛けで快く表参道へ。

写真右・7合目手前の状態。


6380.(untitled) 返信  引用 
名前:bearかよ    日付:2021年2月14日(日) 22時3分
2月13日、水無山より綿向山を目指しました。綿向山に登頂するまでは…誰とも会わず…。雪のある細い登山道に多少のスリルを感じながら。
頂上で綿向山を愛する会と出会いました。いろいろと綿向山について教えていただきました。ありがとうございました!
また、登りにきます。



6381.Re: (untitled)
名前:ラリー・ベル    日付:2021年2月15日(月) 21時52分
 一昨日の土曜日、綿向⛰頂上直下での休憩中🥱に、頂上への階段を👣上がっ来る2人の女性👩🦰、7合目からの夏道は閉鎖🚷のはず?…💡ッ水無山から綿向8合目へ縦走されたんですねッ😅。 bearかよさん⭐こんばんはッ、投稿✏ありがとうございますッ( ̄^ ̄)ゞ。当日は☀朝から📺予報が伝えた通りに、冷え込みを感じない暖かい1日の始まりの中を仲間と歩く水無山登山道、幾つものつづら折れ💤を繰り返し林道へ。後は水無の斜面を🥾トラバース、雪の残る急斜面では慎重に😠足元を選びながら…相棒🧸も💦だった事でしょう。仲間と離れる事なく着いた水無鞍部で一息入れて🥳目指す水無山頂上。着いたその頂上を折り返し目指す当日のメインディッシュ🍽綿向山頂上。縦走路に設置してあるガイド用ロープを目印👀にして進むと現れた急斜面、足元の状態は雪or湿った地表?、当日の水無で一番の緊張感🤨を強いられたかも知れませんねッ。着いた表参道8合目からは、緊張も解れ🤣頂上へと急ぐ足取りは次第に早くなって🎶スキップを踏んでの登頂٩(^‿^)۶となった事でしょう。 これからは、降る雨事に暖かくなって迎える🌸春本番、春を装った綿向へ当日の仲間と…もご一緒に来山くださいねッ。

6378.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2021年2月13日(土) 23時49分
Original Size: 519 x 692, 170KB Original Size: 554 x 416, 165KB Original Size: 454 x 605, 124KB

 WAK会員・綿向山ファンの皆さん こんばんはッ、今回は久々の入山となります。脚の調子にはイマイチ違和感が残りますが、WAK会長からのお誘いもあって会長の「いぶし銀に輝く☆新車」に便乗させて貰いカラ谷作業道からの入山となります。同作業道際に駐車し入った久しぶりの表参道、歩く参道上の雪は完全に消え失せて後に残るコンデションの悪い参道を歩いて着いた5合目。5合目の斜面には雪は残るものの水気を含む雪、眺める展望は…春ですねッ霞が遮り三上山が限界の様で見上げる空は薄曇り。休憩を終えて歩く参道は同様に雪解けが流れ日頃の街歩きでは両足首の内側は泥だらけ、歩き方を選ばなくてはならない様です。着いた7合目、探さなくても「無氷」予報が伝えた3月中旬の気温…大当たりの様です。その暖かい気温がどの様に影響しているのか?今回は単独でないためテスト的に夏道に入り「風呂ノ谷」の状況をと足を向けましたが…同谷の細い参道は未だ雪の下、通過した後の参道も雪に埋もれ非常に危険な状況。8合目分岐道標を過ぎ金明水手前付近からも参道は埋もれて…この辺りは吹き溜まりとなって、また日差しが当たり難い地形も手伝って雪解けにはまだ遠く暫くは夏道開放には至らない様です。その雪多い表参道から冬道に入って着いた頂上。頂上気温9℃・晴れ・積雪0a・南東の風・遠望ペケ・入山者62名以上。

写真左・雪解けが溜る参道は5合目の手前付近、溜水を避けそこなって谷へ…ご注意くださいッ。

写真中・足元を選びながら歩くいぶし銀のオーナー、7合目手前付近。

写真右・春本番を想わせる様な頂上、南東から吹く風は冷たくはないものの少々強すぎた様です。



6379.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2021年2月14日(日) 1時22分
Original Size: 575 x 431, 158KB Original Size: 575 x 431, 174KB Original Size: 402 x 537, 130KB

朝の5合目・避難小屋でお会いしたのは、早くも下山とお聞きした大阪からのクマさんご夫妻。あの時間帯の下山…早朝に入っての霧氷or樹氷狙いだったのかも知れませんが…、残念でしたねッ。来週中程から寒さが戻るとも予報では伝えられていて期待が出来そうですねッ、天気予報とご相談の上ご夫妻お揃いでおこしやす。

7合目での休憩中にお会いしたのは、ふわく山の会(名古屋)8名パーティの皆さん。多くの会員を募って入山された綿向山、同じ様に早春の日差しに輝くアメージングな光景を期待されていた事と思いますが、輝く樹木どころか積もる雪までもが…、残念至極の思いでの下山だった事と思いますが、その分竜王縦走を存分に楽しまれた事でしょう。次回は暖かい春の綿向で旬の花々を会員の仲間皆さんお誘い合わせで来山くださいねッ。

着いた頂上の風を避けて直下階段でのランチ後に、その階段を上がって来られるのは2人の女性。お聞きすると登山口からトラバースが連続する水無山へ、登頂の後は鞍部から表参道8合目⇒頂上との事。水無北斜面に残る雪を踏んでのスリルある縦走、別の汗を感じられた個所もあった事と思います。次回は春本番の綿向山へ…お持ちしております。

下山の5合目小屋ではテーブルを挟んでランチ中のご夫妻に。東近江市からの来山との事でお聞きすると綿向山初めて・登山も初めてとの事、今回は7合目で折り返し下山とお聞きしたその理由は…、次回には足に馴染んだ靴をゲットし再び歩き易い綿向山から始められたら如何でしょう。真新しい靴のご夫妻にお会い出来る時を楽しみにしております。

写真左・無氷ッ!気温が高過ぎですね、ブナ林の向こう斜面には雪は見られます…。

写真中・7合目行者堂前でお会いしたのは、名古屋からの「ふわく山の会」の8名パーティの皆さん。竜王下山後の水木谷林道で再びお会いしました…うちの会長の「いぶし銀」眩しかった事でしょう…悪しからず。

写真右・大自然の洗礼をお受けになって頂上を踏めなかったご夫妻。


6375.早朝からの御幸橋駐車場 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2021年1月31日(日) 20時32分
Original Size: 692 x 519, 138KB Original Size: 692 x 519, 139KB Original Size: 692 x 519, 157KB

 久しぶりの投稿になります。今回は、冬季の綿向山、及び近隣の山での霧氷・樹氷をと来山者が増加するなか、雪山での遭難・事故等の撲滅をと「日野町山岳遭難防止対策協議会」による啓発キャンペーンに一員として参加です。早朝の御幸橋駐車場に集まったのは、滋賀県山岳遭難防止対策協議会・綿向生産森林組合・日野町・綿向山を愛する会、の他に東近江警察署・東近江消防署も予定をされておられましたが、出向けないとの事で総勢7名での啓発活動となります。 実施するのは「登山届用紙の配布記入・啓発チラシ配布・啓発品などの配布」を時折り降る小雨の中で多くの来山者皆さんに安全な登山をを呼びかけ続ける。

写真左・07:00頃の御幸橋駐車場内の駐車状況。

写真中・啓発キャンペーン会場の準備を急ぐ参加者。

写真右・準備も整いスタンバイ中ッ。



6376.Re: 早朝からの御幸橋駐車場
名前:ラリー・ベル    日付:2021年1月31日(日) 20時45分
Original Size: 692 x 519, 179KB Original Size: 589 x 442, 155KB Original Size: 589 x 442, 145KB

 来山者を待ち受ける御幸橋駐車場には、何時もお会いする綿向山ファンの方、また早くも下山された町内在住の若者の皆さんにお会いしましたが、次回はよろしくッ。

写真左・続々と来山者が準備を整えて…。

写真中・登山届の記入に殺到する来山者。

写真右・   〃       。



6377.Re: 早朝からの御幸橋駐車場
名前:ラリー・ベル    日付:2021年1月31日(日) 20時56分
Original Size: 432 x 611, 104KB Original Size: 1080 x 810, 175KB Original Size: 951 x 713, 191KB

写真左・今回の啓発活動以前に撮った動画には…雪庇の先端で記念撮影、写る雪庇の前で啓発キャンペーンを行っても記念撮影かも知れませんねッ。

写真中&右・16:30頃の綿向山。


6371.(untitled) 返信  引用 
名前:ぎょうじゃ 栄由    日付:2021年1月20日(水) 16時18分
Original Size: 303 x 404, 48KB Original Size: 303 x 404, 47KB Original Size: 303 x 404, 72KB

今年2回目のご来光帰山 前回5日よりは、山頂付近風もなく穏やか。
誰ひとりいない山頂で待つこと数分 『陽が燃ゆって来た』山頂付近の
雪を被った斜面が真っ赤に染まってくると同時にしっかりと形取った霧氷
もほんのりと赤く染まる光景。なんと素晴らしい景色か(^_^)v
写真も良いけど一度早起きして天気予報でご来光が拝める早朝 綿向き山に
帰山されると思わぬ良いことが起こると思いますよ(^_^;)



6372.Re: (untitled)
名前:ラリー・ベル    日付:2021年1月20日(水) 20時51分
 今日20日は、🗓二十四節気最後の「大寒」、その厳冬の頂上からの🌄ご来光…、見事🤩な画像をありがとうございますッ🙇♂。栄由さん⭐こんばんはッ、綿向頂上が、また白く✨輝く樹木までもが☀染まる束の間の光景…楽しませて♬頂きました。 昨年の10/18にお会いした後も、今回の様なチャンス📷を狙って🤔おられた事と思いますが、雪or樹氷を同時に📷撮れるのは今のシーズンのみ…、時間が限られる中で📷撮りまくりの頂上になった事でしょう。 私も🎍正月の後の週末にはと🎒準備(日の出ではありません)を整えて👍いたのですが、昨年の夏に痛めた脚が再び…で👎休んで😢いる次第でございますッ。これからは、今まで以上に厳しい寒さとなって、今まで以上の✨輝く綿向山が楽しめる事と思います、次回も🌄日の出?、また冬晴れ☀の青空をキャンバスに魅せる✨樹氷…、是非 来山くださいねッm(_ _)m。


6373.Re: (untitled)
名前:ぎょうじゃ 栄由    日付:2021年1月21日(木) 8時9分
ラリーさん お体ご自愛ください🙇♂
また、山中でお会いできるのを楽しみにしてます✌


6374.Re: (untitled)
名前:ラリー・ベル    日付:2021年1月21日(木) 21時42分
 ありがとうございますッ🙇♂。もおぉ〜もおぉ〜ッ💨と燻製になる🚬程の中で🦵リハビリに精進いたします( ̄^ ̄)ゞ。 …💡次回もよろしくッm(_ _)m。

6370.「通りすがり」さまの投稿について 返信  引用 
名前:WAK管理者    日付:2021年1月13日(水) 9時8分
 1月12日付け「通りすがり」さまから投稿のありました内容で、「この方たちみたいですね。困ったものんす…。」と紹介されましたが、会員から「人違いだ。」との連絡がありました。
 書き込みのとおり「中年以上の4人?」の方々で、雪ぴに駆け上り写真撮影しておられたため、危険行為と判断し注意するも無視されたようでした。
 ピッフソリを楽しんでいた若者もいましたが、楽しい反面、山林へのダメージも心配され、登山者の安全確保のためにも、自粛して頂きたいものです。

 冬山登山の皆様、安全な登山装備で楽しい雪山と景色を満喫して下さい。

6367.御来光、雲なし 返信  引用 
名前:御来光が専門です    日付:2021年1月9日(土) 10時53分
Original Size: 545 x 728, 117KB Original Size: 784 x 523, 182KB Original Size: 941 x 626, 194KB

雲の無い御来光は、大変珍しいです。
5合目の小屋では、マイナス9度、最高の冷え込み
山頂ではマイナス11.4℃でした。



6369.Re: 御来光、雲なし
名前:ラリー・ベル     日付:2021年1月9日(土) 14時44分
 御来光が専門さん こんにちはッ。新年に入ってからの御来光情報を投稿いただきありがとうございます。綿向から見る日の出は、日に日に鎌側へと近づき始めた様ですね。今後も御来光を狙われる事と思いますが、時期がら厳冬の山行になる事と思います、厳しい寒さの中お身体をご自愛ください。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb