[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





5961.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2019年1月6日(日) 19時37分
 元日は好天に恵まれたものの、翌2日からは次第に天候が崩れ始め予定していた昨日5日は朝から雨。今朝も雪・霙がチラつくものの正月休み最後の1日と入山です。着いた御幸橋駐車場からの雪は、登山口出合小屋までほぼ無くなり斜面に見えるだけの様です。入った踏まれた表参道上の雪は無くなり、雪解けで荒れた参道を歩いて近づく2合目手前付近からは雪道になります。その参道上には凍結が混じる圧雪となって少し歩き難い参道になります。前回以上に時間を取られながら着いた3合目・カラ谷作業道、同作業道上の雪量は15〜20a、減ったみたいです。あざみ小舎での小休憩を後に歩く参道。足元には圧雪以上に凍結が目立ち始めザクザクと歩いて目指す5合目、付近に積もる斜面の雪は前回とあまり変りない事を感じる内に5合目に。展望は麓の田畑が確認できる程度、また雪量は減って40〜50a。5合目での休憩とアイゼン装着を終えて歩く参道、付近の雪量は前回とあまり変わりないものの道幅は広くなった様です。 着いた7合目からの冬道の変わりない雪量の中をゆっくりと登るに連れ感じる足下の凍結。この冬道の踏み跡を外れると60〜80aの深い雪となっていますご注意ください、その深い雪が踏まれて歩く雪面は地面から数十a高くなり、また樹木に積もった雪で枝が垂れ下がっている所もあり、先行者の枝払いの直撃を受けない様に要注意ですね。       着いた頂上気温0℃・ガス・雪量40〜60a・穏やかな北西の風・展望なし・入山者40名以上。

※今日の下山途中に軽装姿に足下はスニーカーの入山者に会いしました。会った時には既に他の下山者皆さんに注意喚起・警告を促されたと聞いております。今日からは「小寒」寒に入り今、以上に登山が厳しくなる綿向山になる事と想います。入山に際しては、滑り止めの携帯はもちろん冬山装備での入山をお勧めします。



5962.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2019年1月6日(日) 20時27分
朝の表参道でお会いしたのは、初めて(#^.^#)の綿向とお聞きした岐阜からの(*☻-☻*)単独女性。その後は🎵一緒して頂き、世界経済( ̄^ ̄)から大晦日のヽ(´▽`)/紅白歌合戦…レパートリーの広い(*^▽^*)お喋りを弾ませながら5合目へ。🏠小屋でのアイゼン装着の後は、💢猪突猛進٩(๑`^´๑)۶の勢いで頂上へ。天候はイマイチ( ˘ω˘ )となりましたが、🎌年始に登った❄雪の綿向山…存分に楽しまれた( ̄3 ̄)事でしょう。

朝の5合目ではお久しぶりでした。甲賀市から来山の まっすぐ さん、本年もよろしくッm(_ _)m。今年初めての綿向と思いますが、天候はイマイチの下に積もる❄雪はまずまず(⌒▽⌒)でした。お会いした後に頂上から竜王への♬縦走?着いた頂上でお会い出来なかった為に縦走かと想像しております。

下る参道では、会員・グースベリーさんに。今月の「霧氷まつり✨」の下見に行かれた事?と想いますが、今回も⛏除雪をしてからの大鍋登場になりそうですねッ。

5959.正月2日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2019年1月2日(水) 19時46分
 WAK会員・綿向山ファンの皆さん、あけましておめでとうございます幸多き新年をお迎えの事とお喜び申し上げます。          新年に入った綿向は年末30日に比べ雪量は、少し減った様にも感じながらR-477から県道182に入って進むと除雪が済まされた県道、通過する西明寺口バス停、またそこからの登坂から無幸橋駐車場への下り坂の路上には雪は見られません。ただ早朝に来山の方は、それらの登り・下りの雪解け水の凍結には要注意かと思われます。入った御幸橋駐車場内には地表が見え始めましたが、前回お伝えした様に場内には除雪された雪が駐車場を囲むように残っています。 準備を整え暑く西明寺川沿い、他と同様に地表が覗き始めて来ましたが、雪はあります。北畑林道を経て入った本年初めての表参道。鉄橋を渡ると雪解けで泥沼化?には至らないものの、茶褐色に近い参道が少し続いた後は緩んだ雪道になります。その緩んだ足下の雪は早朝には凍結が予想され足下を選んでの参道かと予想しております、徐々に高度を稼ぎ近づく2合目付近からは昨年末と変わりない雪道になります、今回は凍結は確認出来ずノーアイゼンでも順調に高度を稼げる事でしょう。着いた3合目・カラ谷作業道、雪は減って10〜20a、再び植林帯の参道に戻り前回と変りなさそうな雪を踏んで目指す5合目。着いた5合目からの展望は無し、避難小屋を使用の際はご注意くださいね、積雪時に入口の「外開きの扉で積もった雪を強引」に押しやっての入室は絶対に避けてください。近日中にスコップを準備しますのでご協力ください、昨シーズンまで備え付けのあのスコップ…何処えいったんでしょうねッ。5合目の休憩とアイゼン装着を済ませ歩く参道、前回に比べ道幅は少し広がった様ですが、相変わらず狭い雪の参道です要注意。 着いた7合目、今回は強い風も感じられず積もる雪の中でアイゼンの状態を見直して入った冬道。ルートはしっかりと踏まれ、また足下には具合よくキックステップ跡が準備?されていてそのステップを拝借し調子よく高度を稼いで…頂上まで163bの地点(頂上階段下と同じ高度)では前回の様な強烈な北風も無く、白い樹々を楽しんだ後はネジを巻き直して一挙に頂上へ。  頂上気温0℃・穏やかな北西の風・積雪40〜60a・展望なし・入山者20名以上。

※前回12/30にも確認はしていましたが、表参道1合目までの参道上に昨シーズン雪の重み+風が影響したのか?、参道上にヒノキ?の倒木が頭上を横たわっています。ご存知の方も居られる事と思うその倒木は前回以上に低くなり枝が触れる程までに低くなって来ました。下を潜る際には倒木の些細な変化にもアクションを取れる様に速やかに通過してください。当会から関係者への連絡は届いている事と思いますが、処置作業はお正月休みの後になりそうです。



5960.Re: 正月2日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2019年1月2日(水) 21時14分
昨日の元日入山をキャンセル( ´Д`)させられ入った御幸橋駐車場。準備を整える最中の♪( ´▽`)お声掛けは…?、WAK会員・VANさん。お聞きすると早くも下山との事、まだ☆が煌めく黎明の時間に入山して新年2回目の日の出☀をと計画された様ですが、…空振り(´༎ຶོρ༎ຶོ`)だった様です。その後もお喋りも♬弾み…もうそろそろ (╹◡╹)ラリーさんこれッ!の一声を待ちに待ちましたが、🧧お年玉はは空振りでした(ノД`)。

朝の3合目での♪( ´▽`)お声掛けは…メッサお久しぶりでした。会員・🐮近江の牛飼いさんとご家族の男性。お正月の休みに入った❄雪の綿向山、雪量も程々にあって(^ν^)雪の綿向を存分に🎵楽しまれた事でしょう。

5合目小屋・頂上でもお会いしたのは、名古屋からのご夫婦。年に数回の綿向は❄が積もった期待通り♪(´ε` )の雪山。頂上からの👀展望は残念でしたが、お2人で存分に歩かれた後は🚙帰路の♨温泉でリフレッシュ( ̄3 ̄) 。お正月休みの1日をフルに堪能された事でしょう。

下山の冬道で、一歩👣一歩登って来られるのは、会員・鍋焼きうどんさん。お久しゅうございました。昨年は自宅のベッドでなく🏥クランケンハウスでの寝起きを体験されたとお聞きしました、今回はその後の筋力アップと新年の綿向をと入山、お会いした後もゆっくり 頂上まで、また久々の頂上を楽しまれた事と思いますッ。

戻った5合目で(^o^)/お声掛けを頂くのは…?、お久しぶりですね、まっちゃん。昨年の綿向山の日以来の様ですねッ。今回は仲間☎お誘い合わせで歩く❄雪の表参道、急登の冬道に入って高度を稼いだ冬道上部には、少し迫力には欠けますが、白い樹々を🎵楽しまれた事と思います。その白い…はこれからですねッ、本番の頃に 今回の仲間☎お誘い合わせで来山下さいねッ。


※先程にお伝えする事を忘れていましたが、綿向頂上から竜王・イハイガ方向へ向かう尾根道に「雪庇」を確認しました。同方面に向かわれる方は厳重に注意してください。

5958.あけましておめでとうございます。 返信  引用 
名前:三重、津、山ねずみ    日付:2019年1月2日(水) 5時49分
綿向山を愛する会のみなさん!この掲示板を愛読のみなさん!あけましておめでとうございます。
山ねずみは一応?会員にはなっていますが、何も協力出来ずに今からの樹氷の時期(綿向山のゴールデンシーズン?)に樹氷見学に2〜3度登らせてもらう程度ですが1年を通して登山道整備やその他に頑張っていただいている地元の会員の皆様にはいつも感謝しながら登らせていただいています。ありがとうございます。
昨年から年4回?登山会も出来たので是非参加させていただきたいと思っています。
今年もよろしくお願いします。
http://49010.mond.jp/yamanezumi/

5957.2018年・晦日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2018年12月30日(日) 23時39分
 今回は雪の綿向山を首を長くして待っておられる、雪山ファンの皆さん方を♪喜ばせ過ぎてしまう様な書き込みとなりご容赦ください。明日大晦日で今年も終わると言う今日は、今年最後の奉仕作業とWAK竹村会長と入山となります。今回は地区の年末行事絡みで遅れた入山となる為に会長がドライブするAWDで水木谷林道からと車を進めましたが、同林道入口で約30aの積雪が見られ数十bパートタイムAWDで進みましたが…アウト!、バンパーで雪を押しながらの登りには限界がある様です、タイヤ径が大きく車高の高い本格的なAWDの出番となる水木谷林道の積雪情報です、同林道から車で初日の出登山をプランニングの方はご注意ください。同林道を諦め入った御幸橋駐車場、既に止まる車は10台以上、場内にも積雪があります、重機で雪は駐車場内の外周まで押されている為に、駐車キャパが多少なくなったのが現状の様です。準備を整えスタート、歩く西明寺川沿いには20〜30aの積雪、その雪量は上がった北畑林道で少し減った状態ですが、その後も地表を見る事なく今季の♪雪を踏んで頂上を目指せる事と思われます。登山口出合小屋を過ぎると現れる渡河用鉄橋、今回は橋上の積雪は多くは見られないものの、厳冬期には積雪がぶ厚い凍結となって日中でも融ける事なく橋上全てを占領している事があります、その凍結による重さは鉄橋には相当なストレスとなっている筈です、積雪・凍結を見掛けられた様でしたら遠慮なく橋から川へ⤵ご協力くださいッ。 入った表参道、斜面を隠す程の積雪は足下の地表をも隠し参道上には10〜15aの積雪、参道を後方に押しやるつま先の滑りは感じるものの2人共ノーアイゼンで快調(今回は2人共不快調…昨夜のア〇○○ル)に脚を引きずる様に進んで着いた3合目・カラ谷作業。同作業道では30〜40aの積雪、入ったあざみ小舎でア○○〇ルを含んだ?汗を拭きとり再びの表参道。進むに連れその積雪は徐々に増え始め着いた5合目では50〜60aの積雪と展望のない5合目を後に歩く参道、例年の様に5合目を過ぎると積雪によって参道の一部が極めて狭い参道となっています、スライド時には要注意かと思われます。着いた7合目、しっかりと冷たい北風が容赦なく吹き付けて休憩どころではなく急ぎ冬道に入って目指す頂上。その冬道の雪量は想像以上に多い様に感じられるのは昨日の積雪に夜の新雪が重なった様で強風が来ると舞い上がり視程数十bの急坂を…やはり昨夜の〇が脚を引っ張るみたいと悔やむ内に見え始めた凍てつく樹々。今までの苦行?を忘れてカメラをと構えるものの強烈な北風に吹かれ…、冬道上部に吹く北風には十分な注意が必要かと思われます。   着いた頂上気温マイナス5℃・曇り・60〜80aの積雪・吹く北風は時には突風の様に・展望なし・入山者約20名。

※前回までは積雪が確認出来ない師走の綿向でしたが、今回はまずまず雪タップリの綿向となっています。前述の通りその雪によって表参道には狭くなった場所、無雪期には何とも感じなかった所が危険個所にと…様相を変えてしまいました。入山に際しては事前の情報収集・装備の確認等々で1.000b越えの雪山へと再認識してお正月の綿向山を存分に楽しんでください。

今回の本年最後のミッションは、先日に開放された冬期限定ルート「冬道」への「仮道標」の取り付けになります。先日に綿向生産森林組合・観光協会各所へ会長が赴き、冬道への道標取り付け旨の説明を行い本日の作業となります。以前より冬道は、表参道「風呂ノ谷」の冬期(積雪で通行不可)の迂回路として綿向生産森林組合(地権者)の了解を得て冬期のみ使わせて頂いているルートですが、道中にはその位置を示す術が全く無く冬道初めて、また何度登ってもこの位置が?との問いが多い事をWAKはお聞きしていましたが、今回この冬のみの即席で出来上がった(熱湯を注いで3分ではないみたいです)道標を取付ましたので活用ください。取付けた仮道標は、3か所で表参道の8・9合目とほぼ同じ高度に、3枚目は頂上直下の階段下と同じ高度の道標には頂上まで(詳しくは鳥居まで)の距離163bと表示してあります。

※綿向山を愛する会・事務局へのお願い。今回は以上の様な作業で入山し、厳しい気象条件の中で身体・手を震わせながらの私達の作業を、またガスる中ではその輝きは消え失せますが、多くのフォトジェニック的な画をゲットして下山の後にサイズを変えて…。掲示板山小舎へ「添付が出来ません」、年末・お正月の綿向山が画像で紹介出来ません。対策のほどよろしくッ。

平成の大晦日は明日が最後、皆さんよいお年をお迎えください。

5953.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2018年12月23日(日) 20時29分
Original Size: 692 x 519, 37KB Original Size: 623 x 468, 191KB Original Size: 692 x 519, 130KB

 今年もあと僅か、押し迫って来ましたねッ。もっと早い入山をと思っていたのですが、アレコレと年末の、また色々と行事などが多くて今日の入山となります。今回は、迫る雪本番の綿向に向け恒例の冬期限定ルート「冬道」の開放をとWAK会長の応援を得て入山。冬道開放に際しての表示看板・工具などを背にして歩く表参道、参道は前回同様に何らの支障も無く快調に高度を稼げる事と思われます。着いた5合目・避難小屋での小休憩、屋内には既にファミリー登山者が休憩中に混じり始まった会長の♪トークショウ。その寒〜いお喋りも程々に再びの表参道、落葉が終わった樹々の隙間から見える日野の里を横目に順調に歩いて7合目へ。休憩の後、下山時に冬道閉鎖バリケードを夏道へ移す手順を想像しながら進んで入った「風呂ノ谷」、積雪時には同谷を渡る木橋は勿論ですが、付近の狭い参道は雪の下となりますので表示板が示す「冬道」を登っての登頂をお勧めします。通過した風呂ノ谷の後も何ら変わりなく確実に頂上へと表参道が導いてくれる事でしょう。 着いた頂上気温8℃・曇り・西風・眺望はイマイチ・入山者30名以上。

写真左・朝の5合目からの展望、愛宕山(京都)を薄っすら確認です。

写真中・京都から来山とお聞きした3名のセニョリ〜タ皆さん、早速のランチタイムみたいですねッ。

写真右・ボチボチと登頂者が増え始めた頂上。



5954.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2018年12月23日(日) 21時9分
Original Size: 501 x 376, 146KB Original Size: 376 x 501, 142KB Original Size: 501 x 376, 146KB

 着いた5合目小屋には、朝食・昼食?を摂っておられるファミリーは奈良から初めての綿向とお聞きした皆さん。頂上でもお会いしましたが、ガスに遮られ眺望はイマイチの頂上となってしまいました。次回は好天狙いで2回目の綿向を楽しんでくださいねッ。

頂上直下の階段を軽やかに登って来られるのは、京都からの3名パーティ。以前に綿向の経験があるセニョリ〜タにガイドされて登った初めての綿向山は天候がイマイチでしたが、登頂後には爆笑トークを炸裂させながらの♪ランチ、存分に楽しまれた事でしょう。

頂上での昼食を済ませた頃に登頂されたのは?、…野田さん?元会員の野田さんじゃッぁあ〜りませんかッ!。お聞きするとお会いするのは5年ぶり?とか、今は福岡の山々を楽しんで居られるとの事。アっ!今日は作業の応援ありがとうございました、また綿向でお会いするかも知れませんね、その時にはよろしくッ。

写真左・冬道・頂上側のバリケード撤去には野田さんが助っ人プチ参加。

写真中・野田さん今日はありがとうございました。おかげ様で作業が捗りました、あの後は竜王へ?。

写真右・開けられた冬道・頂上側に入口。写る冬道下山の表示板…見逃さない様にご注意ください。



5955.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2018年12月23日(日) 21時21分
Original Size: 589 x 442, 162KB Original Size: 489 x 367, 139KB Original Size: 442 x 589, 181KB

写真左・冬道開放に伴い閉ざされた表参道・頂上階段側。

写真中・下山時に閉鎖した表参道7合目からの夏道。

写真右・冬道入口(7合目)を示す看板。昨シーズンまで看板は後ろに写る倒木でしたが…あの台風で無残な姿に残念です。



5956.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2018年12月23日(日) 22時41分
Original Size: 692 x 519, 254KB Original Size: 519 x 692, 218KB

写真左・5合目小屋の山側斜面は、無雪期には休憩・昼食などに使用して頂いていますが、冬期の有雪期の間は使用が出来ません、また張られたロープ内の通り抜け・ショートカット?もご遠慮いただきご協力ください。

写真右・今年の戌年もあと僅か、迎える新年は亥年。その亥年に向け里の「馬見岡綿向神社」では新年の参拝者が12年ぶりに多くなるとの事で連日受け入れ態勢に、また準備に追われておられる様です。 私はどうにも近江が好きである、と言った司馬遼太郎著の・街道をゆく(24巻)近江路・奈良で綿向神社が紹介され、猪と同神社の関係が載っていて同書発行の頃から「亥年」の参拝者が増え始めたと聞きます、迎える新年には前回の亥年以上の皆さんが参拝される事が明らかな様です。亥年の元旦・初日の出登山、また元日登山の下山後に多くの亥年の皆さんに混じって参拝されては如何でしょう。 ちなみに、絵馬も猪になりますが他の干支にはプリント?が使われる様ですが、亥年には宮司さんの直接手作業で猪の焼き印を絵馬に刻まれると聞きます、ので数に限りがあるそうです。  詳しくは馬見岡綿向神社HPをご覧ください。


5951.いよいよ綿向山の霧氷シーズン開幕です 返信  引用 
名前:アルビレオ    日付:2018年12月11日(火) 1時16分
Original Size: 240 x 320, 55KB Original Size: 320 x 240, 37KB Original Size: 320 x 240, 61KB

いよいよ綿向山の霧氷シーズンの開幕です。

12月10日。
朝から雪雲を被っていた綿向山に登ってきました。
雪雲のベールをぬぐと、六合目から頂上までビッシリと霧氷の花が咲いて見事でした。
風呂ノ谷から頂上までの積雪は2〜3cm。今のところ表参道の夏道が通れます。

七合目からの冬道の開放にともなう夏道閉鎖は、今週末か来週末になりそうです。
今の時期、気温さえ低ければ
冬道の尾根とはひと味違う表参道の霧氷が見られます。
今日は時おり晴れ間があって、午後には、恵那山、塩見岳、渥美半島伊良湖岬や知多半島が見えました。
下山間際の14時過ぎにはなんと、遠く遠くに白い乗鞍岳や穂高岳岳まで見えました。
本日の登山者は15名のようでした。

写真左:頂上階段付近の霧氷

写真中:頂上からの雨乞岳

写真右:雪化粧の風呂ノ谷付近



5952.Re: いよいよ綿向山の霧氷シーズン開幕です
名前:アルビレオ    日付:2018年12月11日(火) 1時35分
Original Size: 352 x 235, 43KB Original Size: 875 x 657, 227KB Original Size: 610 x 813, 158KB

写真左:綿向山頂上から水無山

写真中:表参道八合目から九合目間にて

写真右:五合目小屋


5946.ラリー・ベルさんお久しぶりでした。 返信  引用 
名前:mother_lake    日付:2018年12月2日(日) 15時55分
お久しぶりでしたがお元気そうでなりよりです。
いいお天気の中、山歩き元気をもらいました。
コンビニでお会いした時にお話ししたのによく聞き取れなくて・・・・・
風邪を引かれたとは聞こえたので、山歩きは中止だと勝手に思って
山頂でお会いした時は狐につままれたようでした。
頭はもともと悪いのですが、最近は耳も悪くってなんども聞き直して
すみませんでした。
登りは皆さんに追い越されながら何とか山頂までたどり着きましたが、
下山は快調に戻って来ましたよ。
お天気をみながらまた頑張って行きますのでお会いした時は宜しく〜。



5950.Re: ラリー・ベルさんお久しぶりでした。
名前:ラリー・ベル    日付:2018年12月3日(月) 21時59分
昨日は思わぬ所で( ゚д゚)お会いしましたねッ。mother -lakeさん こんばんはッ、早速の✏投稿ありがとうございます( ̄^ ̄)ゞ。あの🏪お店でお会いしてから入山しましたが、その分 私の登頂٩( 'ω' )وが早かった様ですねッ。昨日は朝から☀好天に恵まれ師走 最初の🎶日曜日を楽しまれた事でしょう。 降る💦気配を全く感じさせない☀快晴の下、久々?の表参道をご自身の👣ペースを保ちながら目指す頂上、道中では前回には眩しく✨輝いて入山者を(((o(*゚▽゚*)o)))喜ばせていた樹々の落葉🍂は終わり、寂しい( ̄^ ̄)中にも斜面で目にする👀横たわる枯れ木も山の賑わい٩( ᐛ )وと思えば楽しいもの。初冬の日差し☀を全身に受ける頃には頂上は直近に迫り、頂上直下では息を整え(@ ̄ρ ̄@) 、またネジを巻いて🌀1段・2段…。着かれた頂上٩(^‿^)۶は道中の 枯れ木以上のW(`0`)W賑わいに混じって師走の頂上を( ̄3 ̄)楽しまれた事と思いますッ。 今年は🌸暖冬とも伝えられている様ですが、山には里以上に早い❄積雪 っと予測しております、ご自身の体調ᕦ(ò_óˇ)ᕤとご相談の上、雪山装備⛏を整え無理のない計画で雪の綿向山へ おいでやす。 見掛けらたら🎵お気軽に(^O^☆♪ たのしみにしておりますッm(_ _)m。

5947.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2018年12月2日(日) 20時2分
Original Size: 692 x 519, 131KB Original Size: 468 x 623, 222KB Original Size: 692 x 519, 122KB

 今年もとうとう師走に入りました、早いものですね。先日来、気温の寒暖差が影響したのか?風邪をひいてしまいました、少し良くなった昨日何時もの様に土曜入山をと思っていたのですが、もう1日養生し今日の入山となります。今回は少し朝の時間を遅らせて向かう御幸橋駐車場、着いた駐車場は時間が遅いためか結構な駐車が見られ、その場を離れて夫婦松近くの駐車場へ。準備を整えスタート、何ら支障のない北畑林道を順調に歩いて入った表参道。前回までは綿向山に日向け準備・整備・片付けなどで3合目からの表参道になっていたのですが、0合目から歩く久々の表参道は何ら歩くのを妨げる様な状況でもなく快調に高度を稼げる事でしょう。着いた3合目カラ谷作業道から見上げる空は晩秋初冬が重なり合った青空の下を再び入った表参道、あざみ小舎をスルーし振り返り見る同小舎には初冬の日差しがたっぷりと差し込む程に落葉が終わった様に感じながら目指す5合目。着いた避難小屋からの展望は微かに確認が出来る比叡山が限界、気温が高い様ですね。5合目から少しの所に、鉄筋にトラロープを張って歩く参道が狭められています。先月に参道の縦方向に地割れが発見され大事をとっての処置をとっていますのでご協力ください。その地割れには確認できる様な変化は見られない様です。目指す7合目までの参道からは、数週間前まで着飾っていた黄金色の樹々は見られずチョっと寂しい参道を歩いて着いた頂上。 頂上気温11℃・快晴・南東の風・伊吹が霞む程度の展望・入山者50名以上。

写真左・朝陽が当たり始めた竜王山・南斜面…茶色が目立って来ました。

写真中・風呂ノ谷を渡る京都からの来山者。

写真右・快晴の頂上、次第に登頂者が…。



5948.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2018年12月2日(日) 20時58分
Original Size: 692 x 519, 105KB Original Size: 692 x 519, 169KB Original Size: 519 x 692, 201KB

今日 朝一にお会いしたのはコンビニで?mother_lakeさん、山中以外でお会いしたのは初めてで、瞬間???!でしたが、フリースにプリントされたmont・bellで…はいッ。お久しぶりでしたね、綿向には平日にも入山されているみたいで週末にお会い出来ないのが分かりました。今日は好天に恵まれ気持ち良い山行が楽しめた事と思います。次回もよろしくッ。

朝の北畑林道では、私のHNでお声掛けを頂くご夫妻。好天下の綿向を存分に歩き、また楽しまれた事でしょう。

その北畑林道には早くも下山者に…お久しぶりでした、町内・中道在住の単独男性。今回も早朝(06:00)入山で誰1人いない頂上独占、楽しまれた事でしょう。

歩く表参道では、京都からのご夫妻に、アレコレとお喋りを弾ませながら歩く表参道ではありがとうございました。次回は体験済みの「冬道」を使っての霧氷の綿向山、お待ちしております。

頂上での昼食中、前方では汗で背中を濡らした単独男性が昼食を喰っているじゃぁあ〜りませんかッ?。めっちゃお久しぶりでしたね北村さん(甲賀市)、今日は好天の中に吹く風が少し厳しかった様ですが、久々?の綿向を楽しまれた事と思います。次回もよろしくッ。


写真左・頂上からはまずまずの眺望、期待する遠望は次回におあずけ。

写真中・台風での倒木の為に展望が開けた頂上から見る西側方向。

写真右・今回はファミリーでの登山者が目立った様です、小さなお子さまの登頂でございます。



5949.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2018年12月2日(日) 21時6分
Original Size: 692 x 519, 220KB Original Size: 692 x 519, 136KB Original Size: 692 x 519, 106KB

写真左・今回は好天に恵まれましたが、南東からからの風が強くその風を避ける様にランチは頂上の北側で。

写真中・流れる雲は足早に南から北へ…。

写真右・下山後に見る左から竜王山⇒綿向山⇒水無山。


5945.秋惜しむ夕映え受ける綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2018年11月28日(水) 21時41分
Original Size: 771 x 1370, 200KB Original Size: 771 x 1370, 187KB

 先日、町内の某高校ワンゲル部・元部員(だいぶ前らしい)だった女性OBさんから、綺麗な綿向山を撮ったので山小舎へとの事で添付しておきます。晩秋の澄んだ空気の夕方(24日)車窓からの撮影だそうです。


5943.☆半年ぶりくらいの綿向山☆ 返信  引用 
名前:3年B組近江娘    日付:2018年11月26日(月) 8時48分
ラリーベルさん! お久しぶりです。
いつもこちらの掲示板の最新情報を拝見しております。お元気でいらっしゃるようですね?!
先日、半年ぶりくらいに綿向山へ入山しました。いつ出向いても整備の行き届いた綿向山! ありがとうございます(^^)
また秋から春頃まではしょっ中出没しますのでお会いできることを楽しみにしております☆



5944.Re: ☆半年ぶりくらいの綿向山☆
名前:ラリー・ベル    日付:2018年11月26日(月) 22時34分
…あれッ?HNがちゃうやん(゚ω゚) 、私が📝メモっている近八娘ちゃん(๑❛ᴗ❛๑)かと勝手に(´-`).。oO想像させて頂き 続けますねッ。⭐ボンソワ〜ル コマン タレヴ〜(╹◡╹)。お久しぶりですねッ、7ヶ月ぶりの✏投稿ありがとうございます( ̄^ ̄)ゞ。先日の🎶3連休?の1日を使って歩く久しぶり(#^.^#)の表参道、綿向山の日を前に✨見事なまでに⛏整備れた( ̄3 ̄)参道を歩いて目指す久々の頂上。道中では秋の🍁色に着飾った樹々は残念な結果(๑˃̵ᴗ˂̵)になった事と思います、その彩りは別話として、久しぶりの表参道を、また綿向をゆっくりと🎵楽しむ内に着いた久しぶりの頂上٩(^‿^)۶。いつの日の登頂かは分から無いために、その時の☀or☁💦か?天候が分かりませんが、✏投稿を頂いた程です💦降っては無かった事と判断させて貰いますねッ。 はいッ 今の所 ぼちぼち やらせて貰っております、今年は🌸春の頃から☔フラれたり(#^.^#)、また騒がされたり(´⊙ω⊙`)、初めて熱中症٩( ᐛ )وにやられたり、バタバタの年になったみたいですね。2018年も あと1ヶ月 その間には綿向も白くなって❄雪の綿向が存分に楽しめる事でしょう。 雪てんこ盛りの綿向でお会い出来る事と🎵楽しみにしております。7ヶ月ぶりに頂いた✏投稿なのに木魚も必要としないサぁぁ〜ッ っと手短かな返信にご不満かと思いますが、悪しからずm(_ _)m。 またお気軽にお問い合わせくださいッ 。


ページ: |< << 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb