[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





5612.今日はありがとうございました。 返信  引用 
名前:shinji1002    日付:2017年7月16日(日) 21時14分
ラリー・ベルさんこんばんは!
綿向山の途中でのお話色々と楽しかったです。
有難うございました。私はあれから竜王山に回ってから下山して
登山バッチを購入して帰路に着きました。
また、何度も綿向山には登ってみたいと思います。
その時またお会いしましたら宜しくお願い致します!



5617.Re: 今日はありがとうございました。
名前:ラリー・ベル    日付:2017年7月18日(火) 20時13分
一昨日に👣登られた初めて(#^.^#)の綿向山、梅雨明け💦間近でイマイチの天候になりましたが、表参道を👣歩いてor撮って(^_-) 存分に楽しまれた( ̄3 ̄)事でしょう。shinji1002さん こんばんはッ、下山後に頂いた早速の✍投稿ありがとうございますッ( ̄^ ̄)ゞ。当日は梅雨後半💦のイマイチの空模様の下 初めての表参道から目指す頂上。道中ではご愛用カメラをひと時も離さず 見付けた被写体を素早く(^_-) 収めながらの表参道。順調に高度を稼いで⤴近付く頂上直下付近からはガス🌫が覆い始め 着かれた初めての頂上ヾ(๑╹◡╹)ノ"は予想通りのガスの中(〃ω〃)。展望の楽しめない その頂上を後に目指す竜王への♬縦走、表参道とは様相の異なる縦走路、表参道では見れなかったソソられる様(*⁰▿⁰*)な被写体に出会われかも知れませんねッ(*´∀`)♪。楽しんだ(^з^) 綿向・竜王の後に観光協会?へ登山バッヂを、…その旨を伝えて貰っていたら お買上げ頂けたのにィィ(⌒-⌒; ) 、同協会から 売ってこい と預かるバッヂが背中でスタンバイしていたのですが(๑>◡<๑)。 次回もご愛用のカメラ、また仲間お誘い合わせで 🍁初秋の、また雪❄てんこ盛りの綿向山へ おいでやす お待ちしておりますッm(_ _)m。

5615.綿向山でお会いしました。 返信  引用 
名前:herb&Haru    日付:2017年7月17日(月) 9時18分
Original Size: 1108 x 1478, 483KB

昨日、綿向山でお会いしました。バッチが、購入できて、嬉しかったです。今年の冬、雪の綿向山に来て、景色が、素晴らしく感激しました。これからも、色々な季節の綿向山に登りたいと思っています。



5616.Re: 綿向山でお会いしました。
名前:アルビレオ    日付:2017年7月17日(月) 23時6分
herb&Haruさん
こんばんは!

当欄へ投稿いただき、ありがとうございます🍀

昨日、竜王山頂で休憩されているところに、登りついた綿向山を愛する会のアルビレオです。
昨日はなかなか蒸し暑かったですね☁
夏の綿向から竜王 への周回。
いかがでしたでしょうか。

収集されているという山バッチ、コレクションに加えていただけたこと、大変うれしく思います。お買い上げありがとうございました。
また、季節を変えてお越しください。
ワタムキアザミの咲く秋もお奨めです。


あれから、綿向山頂に午後遅く着いたら雷雨になりました。
五合目小屋で雨宿りの後、下山したら、登山靴に小さな小さなヤマビルが二匹ついていました。被害はありませんでしたが、これからは梅雨末期。雨の登山道は要注意ですね☔

5613.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2017年7月16日(日) 22時28分
Original Size: 486 x 648, 185KB Original Size: 486 x 648, 225KB Original Size: 648 x 486, 67KB

 …ご無沙汰をしてしまいました。先月下旬の頃から始まった地区の神事、またお寺行事やらで入山を阻まれ、この週末はと予定すると大雨等に止められ今回は4週間ぶりの入山になります。その1ヶ月の間には季節が進み気温も急上昇、気温が高くなった表参道には躊躇しますが、とりあえずは多目の水分を背にして歩く表参道。入った表参道、路面の湿りもなく快調な足取りで…と行きたいのですが、やはり4週ぶりの厳しさと高い湿度と気温には参りました。蒸し暑い植林帯の中を歩いて着いた3合目カラ谷作業道、植林帯から一時解放された同作業道に吹くささやかな風の中で小休憩。再び歩き始め4合目辺りからは何時もの様に吹く風を受けながら目指す久々の頂上。着いた7合目のベンチで吹く風を受けながら再びのクールダウン、この7合目行者堂前の風は格別ですねッ。変わりない風呂ノ谷、また後の行程にも変化のない表参道を歩いて着いた久しぶりの頂上。 頂上気温22℃・曇り&ガス・展望ペケ・入山者20名以上。

※梅雨明けも間近の様ですね、今後は気温が上がり暑い綿向山になります、表参道は樹木に覆われ夏の強烈な陽射しからは逃れられますが、多目の休憩と水分補給で熱中症対策を取ってください。また季節柄気になるのが「山蛭」ですね、今回は竜王から縦走された会員が足をヤラレていましたが、表参道を歩かれた入山者皆さんはセーフだった様です。忌避剤などで対策を施しての入山をお勧めします(特に雨中or雨上がり)。

写真左・雨が少ないのか?登山口・砂防ダムの水量の勢いも弱まっています。

写真中・金明水付近からは予想通りのガスが…。

写真右・久々の頂上もご覧の通り。



5614.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2017年7月16日(日) 22時43分
Original Size: 648 x 486, 205KB Original Size: 486 x 648, 172KB Original Size: 648 x 486, 118KB

写真左・表参道・3合目までの暑さは、この辺りがピーク?この後も植林帯ですが、3合目までとは違う様です。

写真中・大阪市内から初めての綿向とお聞きした単独男性、撮りまくりの綿向山だった様です。

写真右・下山時にはガスは上がり始めましたが、帰宅後には予想通りの雷雨の綿向になったみたいです。


5610.先週末の綿向山山行 返信  引用 
名前:しのヘル    日付:2017年6月22日(木) 16時6分
Original Size: 320 x 320, 47KB Original Size: 320 x 320, 60KB

先週末、綿向山から東雨乞岳のピストン山行して来ました。綿向山に帰って来たところでアルビレオさんと出会いました! 綿向山のバッジを購入、展望図の説明もして頂き、なんと綿向神社まで案内して頂きました。本当にお世話になり、ありがとうごさいました。綿向山は今回で3回目ですが、何度訪れても素敵な山!そして素敵な人達に巡り合わせて頂く山です。いつの日か必ず恩返ししたいと思います。



5611.Re: 先週末の綿向山山行
名前:アルビレオ    日付:2017年6月23日(金) 13時14分
しのヘルさん こんにちは✋
当欄へ投稿いただきありがとうございます🍀

先日、綿向山頂で午後遅く、お二人にお会いした折り「東雨乞岳から」とのことだったので、てっきり武平峠からの縦走かと思ったら、綿向からのピストンとのこと。
パワフルなお二人にびっくりしましたね😃

綿向山が大好きということで、バッジをお買い上げいただきありがとうございました。
下山に際して、バスの時間に余裕があったことから、山頂の奥の宮との関係から里宮の綿向神社をご案内した次第です。
少しでも日野の町の歴史を感じて頂けたかと思います。

11月10日の綿向山の日には、ぜひお越しください🌄
お待ちしています。


5609.訃報 返信  引用 
名前:事務局    日付:2017年6月20日(火) 18時32分
 「綿向山を愛する会」初代会長 水澤 弘夫 様(81歳)が永眠されました。
 約1年間の闘病の末、去る18日(日)帰らぬ人となられました。
 本日、JAグリーンホールにて、しめやかに告別式が執り行われ、大勢の関係者に見送られながら旅立たれました。
 水澤初代会長様には、当会の設立は基より、山小屋の改築・登山道の整備など大変ご尽力を頂きました。
 水澤 弘夫 様のご冥福を心からお祈り申し上げます。

5607.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2017年6月18日(日) 22時5分
Original Size: 617 x 463, 171KB Original Size: 588 x 441, 174KB Original Size: 593 x 444, 154KB

 本来、今は梅雨の真っ只中ですが、降りませんねェ。その雨の心配がない今日は、以前より当会に寄せられていた綿向山登山のサポート。依頼をされるのは西大和学園中学校(奈良)2年生の皆さん。伺うと来月に富士登山を計画されていてその足慣らし?を兼ねての筋力アップ?。御幸橋駐車場に集合されたのは、その2年生の一部30名の生徒さん。同駐車場でグループ分けされ山中での注意事項などの説明を受け、生徒or先生及びサポートするWAK会員5名などを含む39名で御幸橋駐車場をスタートです。北畑林道の終点になる登山口での小休憩と再点呼を終えて表参道にから入山です。歩く表参道は、先日からの好天続きで乾ききっていて奴ら(山蛭)の気配もない参道を生徒さん達の弾むお喋りを耳にして快調に高度を稼いで着いた3合目あざみ小舎。足が固まらない程度の小休憩と水分補給を済まし再び歩く参道、道中では止まない生徒さんのお喋りの続編を聞きながら順調に歩いて着いた5合目。展望は霞む三上山が限界でしたが、全員が初めての綿向山の事、初めて目にする蒲生野・日野の里の展望を楽しみながら叩く夢咲の鐘。私は知りませんが、サポート役の1人からは…競輪場みたいとのコメント。5合目で再びの点呼と鐘から煙が出ていない事を済まし歩く参道。空は薄曇りで季節の強烈な陽射しもなくまずまずの山歩きの状況にある参道を賑やかに歩いて7合目へ。その7合目に期待した汗を拭う涼しいかぜは無く留まる事無くスルーして入る表参道の難所・風呂ノ谷、同谷入口で先頭を歩く会員グースベリーさんにより危険のほどを説明され、各グループごとに間隔を取って慎重にクリア。後は7合目までの広い参道から狭くなった、また歩幅を狂わす根っ子に難儀しながら進んで着いた頂上直下の階段。風呂ノ谷と同様に間隔を取ってイチ・ニィ・サン…階段を数えながら上がってケガ人・脱落者なく全員が揃って着いた初めての綿向山頂上。頂上気温20℃・曇り・無風・遠望は×・入山者50名以上。

※来月に迫った「富士登山」、今回、以上に厳しい長丁場の山行になりますが、2年生の皆さんが揃って日本一高い頂上に立たれる事を願っております。

写真左・御幸橋駐車場に集まって説明を受ける、西大和学園中学2年生の皆さん。

写真中・登山口での小休憩、再点呼の後に入山。

写真右・休憩の後に歩く表参道。



5608.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2017年6月18日(日) 22時12分
Original Size: 629 x 472, 186KB Original Size: 623 x 467, 96KB Original Size: 477 x 636, 203KB

写真左・着いた3合目・あざみ小舎での休憩。

写真中・初めての頂上は、生憎の空模様でしたが、頂上を満悦のご様子。

写真右・下山の金明水付近を下るグループ1の皆さん、まだまだ余剰パワーがある様ですねッ。


5605.お返事ありがとうございました 返信  引用 
名前:しいずん 近江八幡    日付:2017年6月15日(木) 22時31分
 ラリーベルさん、いろいろ調べてくださったんですね。感謝です。ピンクのテープにそんな意味があるとは・・・テープがあれば大丈夫の迷信みたいなのがアダでした。これからは、魅力いっぱいの綿向山を無理せず楽しませてもらいます。
また、教えてくださいね。



5606.Re: お返事ありがとうございました
名前:ラリー・ベル    日付:2017年6月16日(金) 7時55分
了解ッ ( ̄^ ̄)ゞ。

5595.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2017年6月10日(土) 21時14分
Original Size: 648 x 486, 81KB Original Size: 648 x 486, 141KB Original Size: 648 x 486, 130KB

 梅雨に入っていきなりの中休み?、雨の気配が感じられない今日も入山です。3合目までの表参道に日差しは無く、まだ朝の涼しい空気の中を快調に高度を稼いで着いた5合目・避難小屋。小屋内気温は24℃・展望は霞が遮り三上山ボンヤリが限界。休憩を終えて再びの参道、3合目までには感じなかった涼しい風を受けて順調に歩いて着いた頂上。頂上気温21℃・晴れ・北西の風・遠望はペケ・入山者30名以上。

写真左・頂上から見る雨乞&鎌も白っぽく…。

写真中・南方方向も同様の様です。

写真右・登頂者が増え始めた頂上。



5596.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2017年6月10日(土) 22時29分
Original Size: 472 x 629, 207KB Original Size: 472 x 629, 202KB Original Size: 648 x 486, 74KB

朝の駐車場でお会いしたのは湖南市・塩見さん。入山頻度が多くなって来た様ですが、夏の山行に向けての…足慣らし?、ドシドシっ来山くださいねッ。

登る表参道では早くも下山者に、お聞きすると京都から初めての来山とお聞きしたマッコちゃん。早朝にご自宅を発って向かう初めての綿向山、整備された穏やかな表参道、新緑の中で小鳥の囀りが聞こえる中を快調に高度を稼いで着いた初めての頂上。梅雨の晴れ間の1日を存分に♪楽しめた初めての綿向山に☆ッ幾つでしょう?。

下山の8合目で🎵お声掛けをいただくのは、栗東からの西村さんパーティ、お会いした時に…アッ・アッ!でお名前が?失礼しました。少し出足が遅れた様でしたが、降る気配もなく皆さんで久々?の綿向を楽しまれた事でしょう。次回も見掛けたら…お待ちしております。

6合目付近でお会いしたのは、綿向が初めてとお聞きしたお母さんと一緒されるお嬢さんは東近江市・青野から。お子さまと歩く初めての綿向・表参道、穏やかな登りをお2人でゆっくりと歩いて着いた初めての頂上。その着いた頂上を左方向(竜王山側)に進むと和南、またご自宅方向が見れるんですが…。楽しんだ頂上を後にしての下山は順調に下りられたか気になっております。

写真左・スギの落ち葉を排除しながら(5〜3合目)の下山です。

写真中・放置しておくと「山蛭」の温床になり、またそれ程に冬の降雪と強風に杉が傷めつけられました。

写真右・下山後の綿向三山。

※ 山蛭ですが、今回の表参道では見られず、また蛭害に遭われた入山者は居られなかった様です。例年は早くて4月・5月下旬には確認できるのですが…油断は出来ません、雨中or雨上がりには要注意です。



5603.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2017年6月14日(水) 21時51分
Original Size: 648 x 486, 128KB Original Size: 648 x 486, 114KB Original Size: 648 x 486, 77KB

 先週末の10日(土)は「今日の綿向山」、翌11日(日)は第5回・淡海里山探訪、歴史街道ウォーク「御代参街道」を歩こう。NPO法人ひびきあい日野・主催に参加です。今回は同街道の宿場・鎌掛宿から街道唯一の峠を越えて、土山宿(甲賀市)まで8キロの行程。 08:00に鎌掛旧公民館跡地に集合、同団体からの説明をされるのは当WAK会員でもあるバロムワンさん、注意事項等を含む説明を終えて08:30参加者22名で鎌掛宿をスタート。今回の参加者の中にはWAK会員・綿向老人さん・工房オンリーワンさんも見られ、賑やかなお喋りを弾ませて歩く内に舗装路の県道41号線から外れ、笹が広がる急登を上がって御代参街道の峠道へ。7年前にその付近から街道の土山側・西瀬ノ音までの笹刈り、また路面整備に参加した時の事を思い浮かべながら穏やかな登りを歩いて目指す「笹尾峠・標高363m」。歩く参加者が縦列に並んだ先の方から列が崩れ始め集まる所で笹尾峠到着。少し見える北西の眺望を、また近くの山中にある石碑をと峠周りを探索の後は記念撮影。休憩を後に峠を下って目指す土山側・峠の入口となる西瀬ノ音、途中の団地内を斜めに横切り再び山中に。その下りになる街道は鎌掛側とは違って、厳しい下りに加え路面が荒れていて慎重に歩いて峠越えは終了。出た西瀬ノ音での小休憩を後に目指す同街道の起点・土山宿、足下は完全な舗装路、朝の鎌掛側と同じ様にお喋りを弾ませながら快調に歩いて着いた御代参街道・土山宿起点。梅雨入りして1週間、道中での雨を心配しましたが、見上げる空は薄曇り終始6月の厳しい陽ざしは遮られ、大汗を拭いながらの街道歩きにならなかった事はラッキーでした。今回歩いた街道を寛永17年(1640年)5月、春日局が土山宿からお多賀さんに向けて…、詳しくはウィキペディア『御代参街道』で。

写真左・参加者が集まり始めた旧鎌掛公民館跡。

写真中・配布された街道の概略図と説明。

写真右・峠道に入って直ぐに見える綿向山。



5604.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2017年6月14日(水) 21時57分
Original Size: 648 x 486, 207KB

写真・笹尾峠での休憩を後に目指す、土山宿・御代参街道の起点に向け峠を下る参加者。


5601.竜王山から迷いました 返信  引用 
名前:しいずん 近江八幡    日付:2017年6月12日(月) 22時24分
ラリーベルさん、こんばんは。ご無沙汰しています。
今日、水木林道の竜王山と登山口から登って、917mピークまで往復しました。竜王山に戻ってから、ちょっと西側の巻道と思われるピンクテープが誘導してくれるルートに欲張って入ってみました。すると、竜王山から下山後1時間経ってもまだ降りきれません。途中でテープはなくなるし、最終的に見つけた沢沿いを無理やり降りると、ようやく西明寺から中之郷への舗道に降り立ちました。駐車地からは2キロ西に行ってしまいました。

こんなルートもあるんですね。改めて綿向山の奥深さと、あなどれない怖さを体験した登山でした。

ラリーさんは、歩かれたことはありました?



5602.Re: 竜王山から迷いました
名前:ラリー・ベル    日付:2017年6月13日(火) 21時21分
わぁぁ〜ッ\٩( 'ω' )و // メッチャお久しぶりですね 、しいずん さん ゃんかいさぁ(^‿^) ご無沙汰しておりますッ。私は相変わらず、今も綿向山でございます( ̄^ ̄)ゞ。 昨日は竜王から入って梅雨💦とは思えない爽やかな縦走路を🐾歩いて目指す一つのピーク、そのピークで初夏の☀陽射しを( ̄  ̄)浴びた後に折り返し⇔楽しみながら🎶竜王へ。…ここからですねッ( ̄▽ ̄;) 、私は最近 竜王へは行かずにオンバノフトコロから表参道に戻っていて(^_^;) その「ピンク色のテープ」は確認していません(_ _) 、ただ巻いたのはWAKではない事は確認しています。お伝え出来る事として、竜王頂上から入られたエリアを管轄する森林組合が異なる事、またその中には林業を営まれる個人所有のエリアも含まれいる様で、その皆さん方が何かの?印として、また 作業時の道順?として巻かれたテープか とも🌀想像しております。巻かれている「ピンクのテープ」は林業に携われる皆さんが使用される色(指定されている?)と聞きます。 そのルートを私も かなり前に挑みましたが、下る前方を横切るウリ坊に…、付近にはママ( ̄+ー ̄)が居ると想うと進めずに…、それ以来 竜王頂上からは階段のみですねッ(#^.^#)。 下の舗装路に出るには2つの尾根がある様です、片方を進むと30数年前の鉄塔工事に使われた仮設ヘリポート付近へ、もう一方は より西明寺から離れた所に出る様です。 紛らわしい印の魅力(^^*)♪ に👉惹かれない様に お互いに注意しましょう。は


ページ: |< << 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb