[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



492.番組の決定について 返信  引用 
名前:totorisu。    日付:2009/4/3(金) 14:12
こちらは日本障害者リハビリテーション協会の情報センターです。

このメールはリアルタイム字幕送信事業のページにてユーザ登録を
していただいた方に送信しております。

----- 4〜6月クール字幕送信番組決定のお知らせ -----

皆様からのリクエストを基に、以下の番組の字幕送信を実施いたします。

* サイエンスZERO NHK教育
4月11日〜 毎週土曜日 22:00〜22:35

* クメピポ!絶対あいたい1001人 TBSテレビ系列
4月15日〜 毎週水曜日 22:00〜22:54


----- 随時リクエスト募集中 -----

募集要項や随時リクエスト募集場所につきましては、
http://www.normanet.ne.jp/~rtcap/ をご覧下さい。

--
財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
http://www.normanet.ne.jp/~rtcap/

490.関東、大阪地区の方は是非 返信  引用 
名前:totorisu。    日付:2009/3/13(金) 7:55
障害者放送協議会 セミナー
地上デジタル放送の今後への期待

日時 2009年3月15日(日)午前9時45分から16時30分まで
会場 秋葉原コンベンションホール 2階ホール(JR秋葉原駅徒歩1分)定員300名
   (〒101-0021 千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル)
大阪会場 特定非営利活動法人 CS障害者放送統一機構
   (〒530-0044 大阪市北区東天満2-7-12 スターポート
    TEL.06-6242-6501 FAX.06-6242-6502)
※東京/大阪 生中継
参加費 無料

お申し込み・お問い合せ 文末の申込用紙に必要事項をご記入のうえ、事務局までお申し込みください。

開催趣旨 2011年7月に予定されている、地上デジタルテレビ放送への完全移行に向けて、障害者を含むすべての利用者が、等しく放送を受信できるために、各分野でさまざまな準備が進められています。
 今回のセミナーでは、情報へのアクセス保障を謳う「障害者権利条約」が2008年5月に発効したことを受け、地上デジタル放送にかかわる行政、産業界、利用者による最新の取り組みを紹介しながら、その現状と課題、今後への期待について検討します。

プログラム
 9:45 開会挨拶
[基調講演]
 9:55 地上デジタル放送の今後に期待するもの
          藤井 克徳(日本障害者協議会 常務理事)
[行政報告]
10:35 地上デジタル放送と視聴覚障害者向け放送を巡る政策・取組等について
          平林 正吉(総務省情報流通行政局情報通信利用促進課長)
[デジタル放送の技術と取り組み]
11:15(1)世界のデジタル放送の取り組みについて 〜英国を中心に〜
          中村 美子(NHK 放送文化研究所 主任研究員)
11:55 昼休憩
12:55(2)英国のデジタル放送受信機の開発について(ビデオ・プレゼンテーション)
          リチャード・オーム(英国盲人協会(RNIB)アクセシビリティ部長)
13:25(3)目で聴くテレビと「クローズド手話」放送について
          大嶋 雄三((特)CS放送統一機構 専務理事)

13:55(4)指定発言【大阪会場】

          高田 英一(特定非営利活動法人CS障害者放送統一機構理事長)
          岩井 和彦(特定非営利活動法人全国視覚障害者情報提供施設協会理事長)

14:15(5)地上デジタル放送受信機の現状と活用例【大阪会場】
       1)開発者の立場から
          谷水 明広(三菱電機(株)京都製作所AV機器製造部新規事業開発担当部長)
14:35  2)利用者(視覚障害者)の立場から
         「地デジ受像機のアクセシビリティに注目」
          福井 哲也((福)日本ライトハウス点字情報技術センター編集主幹)
[パネルディスカッション]
15:00 「地上デジタル放送の今後への期待」
      パネリスト(五十音順・敬称略)
       大久保 常明((福)全日本手をつなぐ育成会 常務理事)
       高岡 正  ((社)全日本難聴者・中途失聴者団体連合会 理事長)
       南谷 和範 ((特)全国視覚障害者情報提供施設協会 情報アクセシビリティ検討委員会外部委員)
       宮本 一郎 ((財)全日本ろうあ連盟 理事)
      コーディネータ:寺島 彰(障害者放送協議会放送・通信バリアフリー委員長/浦和大学教授)
16:30 閉会
※プログラムは変更することがあります。

参考 秋葉原コンベンションホールアクセス
【JR】秋葉原駅(電気街口)改札口を出て右側より徒歩1分
【地下鉄】東京メトロ銀座線 末広町駅(1・3番出口)より徒歩3分/東京メトロ日比谷線 秋葉原駅より徒歩4分
【つくばエクスプレス】秋葉原駅(2・3番出口)より徒歩3分

セミナー申込用紙
・お名前
・所属
・ご住所 〒
・E-mail
・電話番号
・ファックス
・希望する会場 東京・大阪
・希望するもの (1)手話通訳 (2)点字プログラム (3)要約筆記 (4)車いすスペース
・その他ご要望など
※いただいた個人情報は、個人情報保護法に基づき、この「セミナー」に関する問い合わせおよび統計以外の目的で使用いたしません。

お申し込み・お問い合せ セミナー事務局(日本障害者リハビリテーション協会内)
 TEL.03-5292-7628 FAX.03-5292-7630 E-mail: rehab@dinf.ne.jp
http://www.normanet.ne.jp/~housou/0315/



491.Re: 関東、大阪地区の方は是非
名前:totorisu。    日付:2009/3/17(火) 9:18
上記イベントの報告が記載されているブログです。
http://blogs.dion.ne.jp/rabit/

487.第1回全難聴九州ブロックリーダー研修会 返信  引用 
名前:totorisu。    日付:2009/2/17(火) 10:14
2月14・15日に熊本市の希望荘で開催されました。
難聴者・中途失聴者協会会の代表者の方々が、各県の協会活動や要約筆記奉仕員の養成講座の状況等についての話し合いや情報交換をするものです。
要約筆記者の立場で日曜日のみ参加させて頂きましたが、各県の状況の違い、これから活動が始るのだなと感じる県などいろいろで、それを実感できたことが一番の成果でした。



488.Re: 第1回全難聴九州ブロックリーダー研修会
名前:キュアパイン    日付:2009/2/22(日) 23:29
いつもいつもいろんな大会に参加、お疲れ様です。いろんな事が話されたんでしょうね。


489.Re: 第1回全難聴九州ブロックリーダー研修会
名前:totorisu。    日付:2009/3/8(日) 13:38
この研修会は全難聴の九州ブロック協議会が主催で、要約筆記者ブロックの支部担当者へのお誘いでした。
各、地域の難聴協の状況、会員の状況、レクレーションなどの在り方。実施方法などが話し合われていました。
要約筆記では講座の進め方、奉仕員か者を対象としてものかなどの報告もあっていました。来年度は7月に佐賀で開催されるそうです。

486.注意報の発令 返信  引用 
名前:totorisu。    日付:2009/2/13(金) 6:57
筑後地方に強風注意報の発令です。
http://www.bousaimobile.pref.fukuoka.lg.jp/rireki/saigai/5-7435.html

485.1月から3月の番組決定 返信  引用 
名前:totorisu。    日付:2009/1/5(月) 14:29
こちらは日本障害者リハビリテーション協会の情報センターです。
このメールはリアルタイム字幕送信事業のページにてユーザ登録を
していただいた方に送信しております。

----- 1〜3月クール字幕送信番組決定のお知らせ -----

皆様からのリクエストを基に、以下の番組の字幕送信を実施いたします。

* 水曜ノンフィクション TBSテレビ系列
1月14日〜 毎週水曜日 21:00〜21:54

* ビートたけしのTVタックル テレビ朝日系列
1月19日〜 毎週月曜日 21:00〜21:54


----- 随時リクエスト募集中 -----

募集要項や随時リクエスト募集場所につきましては、
http://www.normanet.ne.jp/~rtcap/ をご覧下さい。

--
財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
http://www.normanet.ne.jp/~rtcap/

484.裁判員制度の中での文字情報関連です。 返信  引用 
名前:totorisu。    日付:2008/12/19(金) 17:39
下記サイトにリアルタイムの逐語文が必要という記事が書かれています。とても興味深く読みました。
http://202.143.251.238/localNews/2008_122888594648.html

483.まだ参加に余裕があるそうです 返信  引用 
名前:totorisu。    日付:2008/11/13(木) 17:14
熊本の「ひまわり」さんからのご案内です。
参加は自由ですので、遠くの研修には行けないと言う方、どうぞご参加くださいということでした。
参加費は1講座1000円。
弁当代 600円
ロール紙、ペンの用意を。
当日の要約筆記者も東京から来てもらうそうです。

研修は通訳としての要約筆記を目標に表記と要約を学び習得することで要約筆記者としての技術向上を図る。
平成20年11月29日(土)10:00から16:00
       30日(日)10:00から15:00
指導者養成講習会
要約筆記者を養成する指導者としての必要な知識、理念を学び、指導技術を高める。
平成20年12月12日(土)10:00〜16:00
        13日(日)10:00〜15:00
講師 全要研理事長 三宅初穂氏
      理事  谷口真由美氏
場所 熊本聴覚障害者総合福祉センター2階研修室
   熊本市水前寺6丁目9−4
   096−383−5587
主催 要約筆記サークル「ひまわり」
対象者 指導者養成講習会は現在講師をしている人、将来講師を目指す人

連絡先はひまわりさんに確認するか、totorisu宛にメールをください。

482.講演会のご案内です。 返信  引用 
名前:totorisu。    日付:2008/9/21(日) 9:23
パソコン要約筆記フェスタ2008
  ーITを利用した次世代のパソコン要約筆記ー
   http://www.geocities.jp/t00h108/

日時 : 11月1日(土)・11月2日(日)
      両日とも13:00より16:00

場所 : 長野県松本文化会館 国際会議室
http://www.matsumoto-bunkakaikan.jp/

テーマ : ITを利用した次世代の情報保障システム

費用 : 無料

聴覚障害のある方や、聞こえにくい方に対するノーマライゼーションの方法として、
現在注目を集めているのが要約筆記です。要約筆記とは、聴覚障害のある方や
聞こえにくい方に対して、話の内容や環境の音、笑い声などを文字情報として提示す
ることで、
聞こえる人も聞こえにくい人も、同じ情報を共有し、社会参加を促進することが可能
な支援です。
高齢者社会になるに従い中途失聴の方が増加すると考えられるため、今後ますます必
要性の増す支援です。

今回は特に最新のITを駆使したパソコン要約筆記の進歩にスポットライトをあて、
実際に最新の要約筆記システムを開発しておられる栗田先生と、森先生にご講演いた
だくとともに、
実際に現場での活用促進の取り組みをなされている白澤先生、山口先生よりご講演い
ただきます。

また、講演終了後には技術講習会が予定されており、最新の要約筆記システムについ
て学ぶ
ワークショップも予定されております。

信州はちょうど紅葉のシーズンですので、観光も兼ねてぜひお越しください。
大勢の方の参加を心よりお待ちしております。松本でお会いしましょう!!

主催 : 人工内耳センター利用者親の会

本事業はH20年度長野県地域発元気作り支援金による助成を受けております。

<プログラム(予定)>

11月1日(土)
13:00-15:00 市民公開講座・講演会

1,「学校における遠隔入力の全国ネットワークの可能性」

学校の情報保障は公的派遣の対象とはならないため中学校・高校のPCテイクは普及し
ているとは言えない。
この状況を改善するために、NCKが行なおうとしている遠隔入力の全国ネットワーク
の構築について説明する。

講師:栗田茂明先生

2,「聴覚障害学生の高等教育と求められる支援」

近年、高等教育機関のバリアフリー化が進み、在籍する障害学生に対してさまざまな
形で
支援を提供する大学も増えてきました。本講演では、そうした取り組みのうち特に聴
覚に障害のある学生への
支援を取り上げ、最新の状況と大学の役割についてお話しします。

講師:白澤麻弓先生

3,15:00-16:00 技術講習会


11月2日(日)
13:00-15:00 市民公開講座・講演会

1,「身近な物で実現するバリアフリー」
何気なく利用している物でも、見方や工夫をすれば劇的に環境をかえる道具になりま
す。
今回は、ゲーム機と要約筆記を組み合わせたバリアフリーの実現を実際の機械を使い
ながらご紹介致します。

講師:森直之先生


2,「情報保障で学校が変わる」−誰もが生きがいのもてる学校へ−

聞こえる生徒を情報保障の担い手とした難聴学級での実践から見えてきたこと。
それは、難聴の生徒の学校生活を快適にしただけではない。
通訳活動を支えてくれた生徒たちが大きく変容していった軌跡でもある。
目標の見えにくい学校教育の中で自分たちを輝かせていった子供たちの姿を報告した
い。

講師:山口 淳先生

3,15:00-16:00 技術講習会

<両日とも、パソコン要約筆記関連機器メーカーの展示ブースを予定>

479.テレビ情報より・・ 返信  引用 
名前:riyuu    日付:2008/8/27(水) 10:6
お早う。久し振りにねうちました。トトリスさん興味に無いかも知れないがノートパソコンに部品をつないで書いて見れば字が映り見ることが出来ます。1ヶ月前の事なんでみた。資料製品の問い合わせ注文先。MVPenテクノロジース(株)03−3486−5738



480.Re: テレビ情報より・・
名前:riyuu    日付:2008/8/27(水) 10:9
> お早う。久し振りにねうちました。トトリスさん興味に無いかも知れないがノートパソコンに部品をつないで書いて見れば字が映り見ることが出来ます。1ヶ月前の事なんでみた。資料製品の問い合わせ注文先。MVPenテクノロジース(株)03−3486−5738


481.Re: テレビ情報より・・
名前:totorisu。    日付:2008/8/29(金) 8:20
ryiuuさん、情報ありがとうございます。
興味ないことはないです。ただ、わざわざ自分の美しくない文字を表示するよりもパソコンの文字の方が読みやすい。(笑)
図や絵などの表示には役立ちますよね。

477.字幕番組 返信  引用 
名前:totorisu。    日付:2008/7/8(火) 18:41
----- 7〜9月クール字幕送信番組決定のお知らせ -----

皆様からのリクエストを基に、以下の番組の字幕送信を実施いたします。

* 住まい自分流〜DIY入門 NHK教育
7月11日〜 毎週金曜日 21:00〜21:30

* 土よう親じかん NHK教育
7月12日〜 毎週土曜日 21:30〜22:00


----- 随時リクエスト募集中 -----

募集要項や随時リクエスト募集場所につきましては、
http://www.normanet.ne.jp/~rtcap/ をご覧下さい。

--
財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
http://www.normanet.ne.jp/~rtcap/

475.字幕映画情報 返信  引用 
名前:totorisu。    日付:2008/7/4(金) 18:34
『クライマーズ ハイ』(7月5日公開)
 1985年8月12日 御巣鷹山の日航機墜落事故。
 23年の時を経て、あの夏、命を追った新聞記者たちの
壮絶な一週間が幕を開ける。
  字幕上映日 7月21日(月)22日(火)
  上映館    ユナイテッドシネマ・キャナルシティ13

474.講演会のご案内です 返信  引用 
名前:totorisu。    日付:2008/7/4(金) 14:51
◆講演会のご案内

オープンソース戦略によるDAISYの技術開発

趣旨
DAISY for All (DFA)プロジェクトは、アジア・太平洋地域における開発途上国の
通常の印刷物を読むことができない人々へDAISYを普及するためのプロジェクトです。
このプロジェクトは日本財団から助成を受け、2003年から5年間取り組んできました。

開発途上国におけるキャパシティ・ビルディング(能力開発)を含む様々な目標や
目的に取り組んできましたが、そのひとつにDAISYの技術を普及するために
オープンソースによる戦略をベースにした活動があります。本講演会では
(財)日本障害者リハビリテーション協会が開発を始め、DFAが更に開発を進めた
オープンソースのDAISY再生プレイヤーAMISの開発について、プロジェクト担当者より
報告を行います。

DAISYコンソーシアムは、すべての人が情報と知識を共有するために、オープンソース
という手法を利用して積極的にマイクロソフト社等産業界との共同開発を進めています。
それに関する報告を同コンソーシアム会長および事務局長から行い、また約20カ国から
参加する開発途上国からの出席者を交えて意見交換を行います。

■日時:平成20年7月30日(水)18:00-20:10(受付17:30より)
■共催:(財)日本障害者リハビリテーション協会/日本財団/NPO法人支援技術開発機構/DAISYコンソーシアム
■参加費:無料
■定員:先着100名 (申込締め切り:7月28日(月)定員になり次第締切)
■会場:日本財団ビル 大会議室 東京都港区赤坂1丁目2番2号 地下鉄銀座線「虎ノ門駅」3番出口より徒歩5分
■同時通訳、パソコン要約筆記あり。手話通訳・点字資料・磁気ループが必要な方は申込みの際にご記入ください。

詳細URL
http://www.normanet.ne.jp/info/seminar080730.html

プログラム
18:00    開会
18:10-18:35 講演1 「DAISY再生プレイヤー(AMIS)の開発」
       マリッサ・デメリオ   DAISYコンソーシアムAMIS開発担当

18:35-19:00 講演2 「マイクロソフト社との共同開発プロジェクト(Save as DAISY)について」
       ジョージ・カーシャー DAISYコンソーシアム事務局長         

19:00-19:10 休憩

19:10-20:00 意見交換会
      「オープンソース戦略とDAISYの普及」
       モデレータ:河村宏  DAISYコンソーシアム会長
       話題提供者:
       ディペンドラ・マノシャ DAISYコンソーシアム開発途上国担当
       モンティエン・ブンタン タイ盲人協会会長、上院議員
       石川准 静岡県立大学国際関係学部教授

20:10    閉会

----------------------------
講演会(2008年7月30日講演会)お申込み

下記にご記入の上、FAX(03-5273-0615)またはメールdinf-j@dinf.ne.jpまでお申込み下さい。

□お名前(ふりがな)
□ご所属
□ご連絡先
□〒
□住所
□Tel
□FAX
□e-mailアドレス

下記に該当します(該当するものに○を付けてください。)
1)車イス使用
2)手話通訳が必要
3)点字プログラムが必要
4)磁気ループが必要
5)その他

※ ご提供いただいた個人情報は、日本障害者リハビリテーション協会の個人情報保護方針に従い、
厳重に管理いたします。また、この情報に基づきシンポジウム、講習会等のイベントの開催案内、
書籍のご案内その他当協会が有益であると判断する情報をご案内させていただくことがあります。
ご案内を希望されない場合はその旨お知らせください。

■申込先・問合せ:(財)日本障害者リハビリテーション協会 情報センター内
TEL:03-5273-0796 / FAX:03-5273-0615 /e-mail: dinf-j@dinf.ne.jp
URL: http://www.normanet.ne.jp/info/seminar080730.html
担当:有田・太田・野村


ご案内は以上です。

473.図書とマルチメディアDAISY 返信  引用 
名前:totorisu。    日付:2008/4/22(火) 7:19
◆講演会のご案内

読みやすい(Easy-To-Read)図書とマルチメディアDAISY

趣旨
スウェーデンの読みやすい図書基金の所長であり、1997年に国際図書館連盟(IFLA)
より出版された「読みやすい図書ガイドライン」の執筆者であるブロール・トロンバッケ氏
を招き、「読みやすく、わかりやすい」図書の出版や情報の提供に関するスウェーデンでの取り組み
について講演をしていただく。その講演を受けて、(財)日本障害者リハビリテーション協会では、
マルチメディアDAISYによる読みやすい図書の推進の活動について報告を行う。
さらに、意見交換では、知的障害者やディスレクシアなど読み書き障害者を支援する
「読みやすい」図書の日本での普及について話し合う場を提供する。

■日時:平成20年5月29日(木)18:00-20:30(受付17:30より)
■主催:(財)日本障害者リハビリテーション協会 
■参加費:無料 ■定員:先着100名(申込締め切り:5月21日(月)定員になり次第締切)
■会場:日本財団ビル 大会議室 東京都港区赤坂1丁目2番2号

詳細URL
http://www.normanet.ne.jp/info/seminar080529.html

プログラム
18:00    開会挨拶
片石修三 (財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 常務理事)

18:10-18:50 講演 「読みやすさ、わかりやすさに向けたスウェーデンの取り組み」
ブロール・トロンバッケ 読みやすい図書基金所長
18:50-19:10 報告「マルチメディアDAISYによる読みやすい図書の推進の活動」
(財)日本障害者リハビリテーション協会
休憩

19:25-20:25 質疑および意見交換
モデレータ:河村 宏  国立身体障害者リハビリテーションセンター特別研究員u@  ・・丘ー虻外   閉会

----------------------------
講演会(2008年5月29日セミナー)お申込み

下記にご記入の上、FAX(03-5273-0615)またはメールdinf-j@dinf.ne.jpまでお申込み下さい。
□お名前(ふりがな)
□ご所属
□ご連絡先
□〒
□住所 
□Tel                  
□FAX
□e-mailアドレス

下記に該当します(該当するものに○を付けてください。)
1)車イス使用
2)手話通訳が必要
3)点字プログラムが必要
4)磁気ループが必要
5)その他

※ ご提供いただいた個人情報は、日本障害者リハビリテーション協会の個人情報保護方針に従い、
厳重に管理いたします。また、この情報に基づきシンポジウム、講習会等のイベントの開催案内、
書籍のご案内その他当協会が有益であると判断する情報をご案内させていただくことがあります。
ご案内を希望されない場合はその旨お知らせください。

■申込先・問合せ:日本障害者リハビリテーション協会 情報センター内
TEL:03-5273-0796 / FAX:03-5273-0615 /e-mail: dinf-j@dinf.ne.jp
URL: http://www.normanet.ne.jp/info/seminar080529.html
担当:有田・太田・野村

472.パソボラセミナーのご案内です 返信  引用 
名前:totorisu。    日付:2008/2/4(月) 13:58
【セミナーのご案内】
セミナー:「障害者IT支援とパソコンボランティアの展望」

日時:2008年 2月16日(土) 10時30分〜16時00分まで
会場:戸山サンライズ 大研修室

趣旨:障害者に対するIT支援におけるパソコンボランティアの役割には コミュニケーション支援、
生活支援、就労あるいは様々な社会活動参加の支援、情報や文化へのアクセス支援 そして場の提供
などが考えられる。本セミナーにおいて今、ボランティアは何を求められているのか、
またパソコンボランティアに対してどのような支援が可能なのかについて講師から講演を行ってもらい、
参加者ともに討議を行う。

会場:戸山サンライズ
   〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
TEL:03-3204-3611
地図:http://www.normanet.ne.jp/~ww100006/tizu.htm

主催:(財)日本障害者リハビリテーション協会
参加費:500円

プログラム

10:30  開会挨拶
片石修三 財団法人日本障害者リハビリテーション協会常務理事

10:40  基調講演 「障害者のIT支援ボランティアとは」
寺島彰 浦和大学総合福祉学部教授

11:10  講演1「障害者へのより良いIT支援に向けて」
畠山卓朗 早稲田大学人間科学学術院教授

11:40  講演2「ITのユニバーサルデザインの発展と国連障害者権利条約」
河村宏 国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所 特別研究員

12:10〜13:20 昼食休憩

13:20  パネルディスカッション (途中10分ほどの休憩あり)
テーマ:「パソコンボランティアのニーズと育成」
ファシリテーター: 石川准 静岡県立大学国際関係学部教授
パネリスト:三崎吉剛 都立立川ろう学校 副校長
松本琢磨 神奈川県総合リハビリテーションセンター 作業療法士
畠山卓朗 早稲田大学人間科学学術院教授
河村宏  国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所 特別研究員
16:00  閉会

申込要領
参加費:500円
募集人数:先着200名(申込締め切り:2月10日(日)定員になり次第締切)
申込方法:下記、詳細リンクの「参加申込みフォーム」からお申込みいただくか、
「参加申込み用紙」を(財)日本障害者リハビリテーション協会情報センターに
FAXまたはメールにてお申込み下さい。

FAX:03-5273-0615 e-mail:pcv@list.jsrpd.jp
担当:中西、吉広
お問い合わせTEL:03-5273-0796

情報保障:パソコン要約筆記あり。手話通訳・点字プログラム・磁気ループが必要な方は
申込みの際にご記入ください。

「参加申込み用紙」
お名前(ふりがな)
ご所属
住所 〒
電話
FAX
e-mailアドレス

下記に該当します(該当するものに○を付けてください。)
1)車イス使用
2)手話通訳が必要
3)点字プログラムが必要
4)パソコン要約筆記が必要
5)磁気ループが必要
6)その他

詳細リンク先:http://www.jsrpd.jp/ic/pcv/080216seminar.html


お問い合わせ先:

パソコンボランティア指導者養成研修事務局
(財)日本障害者リハビリテーション協会 情報センター内
pcv@list.jsrpd.jp
http://www.jsrpd.jp/ic/pcv/


ご案内は以上です。
http://www.jsrpd.jp/ic/pcv/080216seminar.html


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb