[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
YASの掲示板RX
話題はフリー、特撮ネタでも一般ネタでも全OK! 但しマナー違反は徹底対処

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



916.ぼうけんじゃ! 返信  引用 
名前:なつめ    日付:2006/2/19(日) 11:25
Yasさまこんにちは!魔法の最終回をビデオに撮りそこね、呆然としていたのですが会社の特ヲタ同僚にコピーしてもらうことができました。ホッ。ここまでのハッピーエンドはなかなか久しぶりでよかったんじゃないでしょうか。ウルトラマンコスモス以来というか。

それにしてもマジは女性密度の濃い戦隊でしたね。ママありマジエルさまあり。敵側も最後に残るのは女ばかりなり。雇用機会均等法施行以来、戦隊も女子が2名の構成が増えましたが、マジは本当にウーマンパワーというかママパワー全開、でよろしかった気がします。

そしてとうとうはじまりました記念すべき30作目、ボウケンジャー。ここしばらく「赤=熱血馬鹿」の路線を、ゴレンジャー時代の「頼れるチーフ」に戻してきたあたり、期待感大。そして、第三舞台もシティ・ボーイズも、リアルタイムで劇場に通ってみてた私としては、斉木さんやら大高さんやらの参戦が嬉しいので、響鬼さんほど気合は入れないと思いますが、うちのサイトとしては基本的に年間通じて応援していく予定でおります♪

カブトも第一回を見て思ったほど悪くない感じです。あの騒動の中で、白倉Pもなんか一個学んだんじゃないかな〜と感じるんですよね。幅広い年齢層に愛されるヒーローってなんだ、みたいな何かのきっかけを。あと、若いけど加賀美くんとかの芝居がわりとしっかりしているので、天道はともかくとして観ててそこそこの安心感あり。それにしても雑魚兵の方々弱すぎ…保険とか入れるのかなあ。「勤務先=ゼクト」であっという間に審査で落とされそうです(苦笑)。

http://passagevert.seesaa.net/
softbank219008206034.bbtec.net (219.8.206.34)



917.逃げない負けない泣かない、燃えろアドベンチャ〜♪
名前:Yaskazu(管理人)    日付:2006/2/20(月) 0:25
↑オープニング曲のこのフレーズがお気に入りです(笑)

お久しぶりです、なつめ様。
マジは正に戦隊物らしい、文字通りの大団円で良かったと思いますよ。
自分としては、魁ちんと山崎さんの恋の成就も見てみたかった気はするんですが、それは「マジVSボウケン」に期待するって事で(気が早い?(^^;)

で、ボウケン。
仰る通り、頼れるレッドに変身後は色で呼び合うなど、敢えて原典に戻す事で逆に新鮮味があって、これはこれで良いと思います。
オヤジ的にはバリバリのミニチュア特撮とか、土木作業系のメカとか、スコップにツルハシ持ったロボットとかに物凄く惹かれる物があります(笑)
そう言う目で見ると、今回のメンバーって男女共に作業服と黄色いヘルメットが似合いそうなメンツに見えてくるから不思議だ(笑)

斉木さんはすぐに分かったんですが、大高さんって私あんまり知らないんですよ(申し訳ない(^^;)
確か「555」の映画で変な発明ばっかしてる科学者やってた人ですよね?

カブトは回を追う毎にカラーが確立してきた様で、ちょっと安心してます。
加賀美君は一見弄られキャラみたいに見せておいて、実は実質的に物語を動かしていくキャラなんじゃないかと、ちょっと今思ってます(そう言う意味では、全くタイプや描き方は違うけど「響鬼」における明日夢君のポジションなのかも知れません)
天道君も、あれだけ“オレ様”キャラなのに不思議と嫌悪感とか沸かないのは、本質的な部分でイイヤツと言うか、ちゃんと他人の傷みを理解出来る人間というのがサラリと描かれてるからでしょう。
あの部隊演劇じみた芝居も多分彼なりの“ポーズ”
案外奥が深いキャラかも知れません。

ゼクトルーパーのみなさんは、多分保険どころかちゃんとした雇用形体すら採って貰ってない可能性高し(^^;
どこからともなくさらわれてきて、気がついたら強引にあの仕事させられてたとか、その背後には北の某国がうわやめろなにを・・・

てな訳で、また賑やいできた日曜朝であります(^^)

http://www5f.biglobe.ne.jp/~yaskazu/ ACCA1Aah135.osk.mesh.ad.jp (219.107.125.135)

912.ちょっと残念・・ 返信  引用 
名前:埴輪    日付:2006/2/6(月) 18:29
こんばんは、埴輪でございます。
確か、去年はいまごろの時期に(紅白)の再放送があったはずですが、今年はものの見事にオリンピックの開催期間に当たったせいかどうか、やらないようですね。
もう一度見たかったのに・・

実は、個人的にもう一つ残念なことがありまして、テレビ朝日の(カブト)のサイトがわが家のパソコンでうまく表示されない事態になってます。
どうすればいいのやら・・
すみません、愚痴でした。

それでは、また。

p4182-ipbfp02oomichi.oita.ocn.ne.jp (125.172.191.182)



913.ホントに残念
名前:Yaskazu(管理人)    日付:2006/2/7(火) 0:35
あちゃー、そうですか紅白再放送無しですか・・・
私もビデオ録ってなかったんで、狙ってたんですが、やりませんか、そうですか・・・・_| ̄|○

ネットやコンピューターの世界は古い環境や、それを使ってるユーザーを容赦なく切り捨てていきますからねぇ。
私も今の環境だと利用してるプロバイダのトップページが表示崩れ起こすんで、文句言ってやったらまるで対応しない環境でネットやってる事の方が間違ってるみたいな返事を御丁寧に頂きましたよ、ハハハハハハ・・・・・(怒)

ただ、ブラウザで文字化けするのであれば、文字セットを弄ってみると直る可能性はありますよ。
ただ、私はMacユーザーでWinの事は解らないのでやり方まではお答え致しかねるのですが・・・(^^;
一度、テレ朝のサイトに問い合わせてみてはいかがですか?

http://www5f.biglobe.ne.jp/~yaskazu/ ACCA1Aai243.osk.mesh.ad.jp (133.205.109.243)


914.報告
名前:埴輪    日付:2006/2/7(火) 17:11
きょう、テレビ朝日公式を覗いて見たら、無事表示されました。
原因は不明ですが、とりあえずほっとしました。

苦情を言う前でよかった・・

それではまた。
p4182-ipbfp02oomichi.oita.ocn.ne.jp (125.172.191.182)


915.よかったですね(^^)
名前:Yaskazu(管理人)    日付:2006/2/8(水) 0:6
多分、一部環境で・・・つまり埴輪様と同じ環境で使ってた方達から苦情があったんじゃないかな?

東映の方のサイトは逆に最新環境とIE6で不具合があったそうですが、ウチの環境では問題ありませんでした。
やはり、全ての環境の人に対応したサイト作りって難しいのかも知れませんね(^^;

なんにしても、ちゃんと見れる様になって良かったです!(^^)

http://www5f.biglobe.ne.jp/~yaskazu/ ACCA1Aab134.osk.mesh.ad.jp (218.42.58.134)

910.最終回レビューお疲れ様でした 返信  引用 
名前:サボサボ    日付:2006/1/31(火) 12:10
朝焼けで始まり、夕焼けで終わった響鬼。
オロチの結末もスルーで一年後、というぶっとび最終回でしたが、一応明日夢とヒビキなオチでよかったです。そんなわけで?Yas様の感動レビューにしようこりもなくレスをさせていただきました。(汗)

>”なっとらん”イブキさんとトド君が店の手伝い
こんなドンくさい二人が娘婿達?だなんて…おやっさんの心の冷や汗と涙が見えるようです。
>一応“気は遣ってる”トド
ゴ○を使っているということで?(殴×2)
>先生、病院の前に不審者がいます!
なんて懐かしいフレーズ!(笑)「看護婦は見た」も可笑しかったですね。それにしても、あんなにご近所に住んでいながら丸一年会っていなかったというのは、明日夢くんが徹底的にヒビキさんを避けていたからなのでしょうか?
>桐ヤンは(迷ってばかりだった明日夢君に比べれば)自分の信じた事に向けて突き進むと言う点においては、ハッキリしていた子だった筈。
そうですよねえ。そう思ってしまうと、京介の暴言も暴動も「キターッ!」って感じで楽しめたり?するから不思議です。明日夢もなんだかんだいってこの問答無用具合に憧れていたのかもしれないですね。(笑)
>“すっぽんぽん”で漬けられたモッチーの…
yas様がそういう妄想でくるなら、私は河原で失神している明日夢をヒビキさんに襲わせますぜ。(笑)
>その名も、京介変身体!!
なぜ桐矢変身体でないのかはこの際黙っていた方がよいのですよね?
>欲を言えばここはやっぱりノーマルの響鬼で、太鼓を使って倒して欲しかった!
ホントです。最後は太鼓で締めて欲しかったですね。最初にあのドンドコを見たときは複雑でしたが、今となってはカタルシスに。響鬼恐るべし。
>「少年よ」をバックに締め
この響鬼のエンディングのイメージが強すぎたせいか、今週カブトのエンディングに「ニートよ」が流れないかとうっかり期待しちゃいました。

つまんない事ばかり書いて失礼しましたが、一年間響鬼を通じていろいろとお話させていただけて楽しかったです。ありがとうございました。
EATcf-98p20.ppp15.odn.ne.jp (210.231.45.20)



911.労いのお言葉、感謝です。
名前:Yaskazu(管理人)    日付:2006/2/1(水) 0:26
いやいや、私なんぞのレビューにおつき合い頂いた上に、突っ込んで頂き、ありがとうございます。

>おやっさん
ちゅうか、あの温厚な人がキレかけてたし(笑)

>トド君
そうですね、ゴムなら電気も防げるし安心だ(え

>不審者
まぁ、リアルに考えればバイト辞めた後は学校と家の往復に撤すれば不可能ではないと思うんですがね(^^;
でも、ヒビキさんの方は案外ストーカー的に影からずっと明日夢君の事伺ってたりして(笑)

>桐ヤン
元々が明日夢君に対するアンチテーゼとして登場した分、“ヤなヤツだけど根はイイヤツ”って、ライバルキャラの定石とも言える部分がちゃんと描けてなかった(描く時間が無かった)為に、ファンからは拒否反応のみが増幅しちゃった、ある意味可哀想なヤツだと思うんですよ。
ああいうキャラが明日夢君を食ってしまうのはある意味当然の事だし、その辺りの“さじ加減”も微妙〜にしくじってるから、余計反発食った部分もあるしね(^^;
彼は井上敏樹氏が最も得意とするタイプのキャラだけに、そこをキッチリ描けてればもっと味のあるキャラになったと思うんですがねぇ。


>明日夢君を襲う・・・
後ろから“にゃ!”とか言って・・・(マテ!)

>京介変身体
ザンキさんはトド君を“戸田山”って呼んでたし、ヒビキさんは“京介”って呼んでる。
単純にそう言う事でイイかなと(と、マジレスしたりして(笑))

>太鼓でトドメ
最終回の構造は実は1〜2話とシュチュエーションがリンクしている部分が要所要所にあって(そう言う意味では28〜29話ともリンクしてる)あのバトルも2話の“ヒビキさんを追っかけてくる明日夢君→響鬼さんと魔化魍の戦いに巻き込まれる”に繋がってるから、やはりここは太鼓で倒して欲しかったんですよね、私は。

>ニート
いや、彼の場合は先ず“電波”をなんとかしないと(笑)

今後もブログを中心に特撮物には突っ込んで行くつもりですので、お暇な時にはよろしければまた覗いてくだされ。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~yaskazu/ ACCA1Aah212.osk.mesh.ad.jp (219.107.125.212)

906.響鬼、終わってしまいましたが… 返信  引用 
名前:サボサボ    日付:2006/1/23(月) 23:15
yas様、こんばんわ。

結局、後半路線のまんま(それでも巷の細川改変説を考慮に入れればまだマシ?)終わってしまった響鬼でしたが、私としては「まあ、しようがないか」というスルー方向の感想を持っております。
明日夢くんが医者志望というのも一見「音」のコンセプトと全くの別物のように思えますが、心疾患を持って生まれた我が子の心音を聴診器で聞き続けてきた私には人の体の「響き」を聞くというのも「音楽」としてアリかな?と思ったり。尤も、脚本家は「人助け=医者」という安易な方向で設定したんだろうなと思ってはいますが。(笑)まあ、ローカルな怪我の功名?ということで。明日夢くんには少なくとも神田先生を超えるようなお医者になって欲しいです。でもってザンキさんみたいな犠牲者を出さないように務めてくれたらと。(笑)

良くも悪くも、仮面ライダー響鬼と出会えた事が私にとっては日本の特撮界(の体質)というものを多少なりとも知るいい機会になったと思います。

Yas様のレビューはいつもストレートで、フェアネスを心がけていて、それでいてツッコミは鋭くて小気味良くて楽しかったです。私自身どうしても捻れて穿った見方をしてしまうので(笑)、正直なところとても癒されました。ありがとうございました&お疲れ様でした。残りの響鬼レビューや総括を勝手に心待ちにしております♪
http://blog.goo.ne.jp/tsu2005
EATcf-735p1-62.ppp15.odn.ne.jp (220.212.155.62)



907.暫しお待ちを・・・(^^;
名前:Yaskazu(管理人)    日付:2006/1/24(火) 22:16
こんばんはです、サボサボ様〜

最終回は思った以上に前半テイストを踏襲していたものになっていたと私は思います。
まぁ、Bパート以降、モッチーがさらわれる辺りからののバタバタした展開はむしろ愛敬かなと、結構好意的に捉えてたり(笑)

私が嬉しかったのはやはりラストシーン、ヒビキさんと明日夢君の物語として集束した事、これは大きいですよ。
ここを外さないでくれた事には素直に感謝。
細川氏が現場で相当手を入れたと言う話ですが、これも元のホンが良くなかったと言う事ではなく、より良くする為の改変であろうと思っています。
井上脚本が不等に悪く言われていますが、あの人はドラマの盛り上げ方やキャラの立ての上手さに関しては天下一品だと私は思ってます。
ただ、シュチュエーションを優先するあまり・・・と、この辺りは私の感想内に色々書いてますんで(^^;

明日夢君が医者になる・・・これはやっぱり直美ちゃん絡みだとは思うから、話の流れとしてはアリでしょう(確かに唐突ではありますが(苦笑))

特撮会の体質・・・これはね、ぶっちゃけ今に始まった事ではないので、今すぐに変える事は難しいと思います。
けどね、そう言った事に対し少なくとも“声”を上げるってことは大切だと言う事を再認識させてくれたとは思います(但し、方向性さえ間違ってなければですが)

レビューは今少しお待ちを(^^;
なんかバタバタしてる上にモデムが不調でネットがマトモに出来なかったりしてますんで、最悪今週中の更新は無理かも知れませんので、御容赦をm(_ _)m

http://www5f.biglobe.ne.jp/~yaskazu/ ACCA1Aah007.osk.mesh.ad.jp (219.107.125.7)


908.明日夢とヒビキの物語
名前:サボサボ    日付:2006/1/25(水) 11:25
ラストの夕焼けシーン。いっそのこと「輝く少年」からこっちずっと夢だったというオチならどんなにいいかと思いましたです。京介は明日夢の内なるもう一つの自己の象徴で…とか。ちょっと無理がありますね。(笑)

実際問題、明日夢が目覚めた時の感じではヒビキは意識不明の明日夢を医者にも見せず河原まで運んで夕方までほったらかしていたということになりますよね?凄く冷えちゃうと思うんですが。京介やイブキ、トドロキをどうやって撒いたのでしょう?(笑)まあそれはいいとして、その後の二人はしみじみしていて良かったですね。「オレのそばで…」にはネタ発作にやられましたが。なにも「そば」でなくとも…(笑)

>井上脚本が不等に悪く言われていますが
響鬼しか見ていない私には彼が他所で成し遂げた素晴らしいお仕事を知る由もありません。門外漢は黙れというなら黙りますが、響鬼で彼が創った物語は全体的にとても退屈でした。路線変更後「待ってる奴がいるからさ」で「おっ!ヒビキさんだ!」と思わせてくれたエピソードは他の方が書かれていましたし。やれる人もいるんじゃない、とここでまたため息してしまったり。特に井上氏の悪口を言いたい訳ではないし細川改変を誉めたかった訳でもなかったんですが、そう聞こえてしまったらごめんなさい。

>特撮会の体質
それと同時に(一部の)特撮ファンのマナーの悪さ?も知ってしまったような。

レビューは気長にお待ちしています。特に二十八&二十九の巻♪ EATcf-623p238.ppp15.odn.ne.jp (61.201.121.238)


909.私には白倉P程の釣りの才能はない様です(^^;
名前:Yaskazu(管理人)    日付:2006/1/25(水) 22:40
>俺のそばに
帰宅したヒビキさんをエプロン姿で夕食作って迎える明日夢君の図を一瞬でも想像した私は戯け者です(笑)

>井上脚本
いや、別に私もそういうつもりでレスした訳じゃありませんので、こちらこそお許しを(^^;
実際問題、「響鬼」における氏の仕事は本来の持ち味が生かし切れてなかったと思うし、むしろ欠点ばかりが浮き上がってしまった感は否めません。
ただ、切迫したスケジュールを乗り切る事が出来る力を持っていて、引き受けてくれるライターが井上氏しかいなかった事が結果的に良くない方向に目が出てしまったって感じでしょうか?
内容の是非はともかく、“よくやってくれた”とは思っていますよ。

そう言う意味では、色んな部分で“間”が悪い方に悪い方に転がっちゃったのが「響鬼」って作品の悲劇なんでしょうね(苦笑)

>(一部の)特撮ファンのマナーの悪さ
これは本当に参りました(^^;
本編の内容よりも、むしろこっちがヒートアップしてしまった感じですよね。
この事が原因で、前半を誉めて後半に少しでも苦言をすれば「旧信者」扱いされ、その逆パターンも呵り。
私自身は前半にも欠点はあると思うし、不満点も多々ある。
総体的に公正に判断したいと思ってもそれすら許されない空気でしたしね(^^;
だから最近は開き直って自ら「旧信者」を名乗ってますが(前半が好きなのは事実だし)、それは私流の“ネタ”で、ちょっと釣ってみるハラがあったりするんですよ、実は(誰も気づいてくれなかったけど(笑))

>レビュー
最終回は執筆中ですが、ちと今色々プライベートがややこしいので、筆が進んでないんです・・・(汗)
でも、ちゃんと書きますので少しお待ちを(28、29はもっと後になると思いますが、書きたいと思ってます)

http://www5f.biglobe.ne.jp/~yaskazu/ ACCA1Aaj205.osk.mesh.ad.jp (133.205.110.205)

904.初TB 返信  引用 
名前:なつめ    日付:2006/1/21(土) 8:53
ありがとうございます〜♪響鬼レビュー拝読しました。ああ、そうなの。ブラバンで、太鼓つながりで、シメて欲しかった思いは私も同じです。あんなに面倒見のよかった部長が、急遽嫌キャラに変貌したままフェイドアウトしちゃったのもがっかりだったし。

私的妄想としては、ブラバンで一所懸命ホイッスル続けながら、でもドラムは頑張って続けて、何かのきっかけでレギュラーを掴んだり、どんなきっかけでもいい、バンド組むでもなんでもして、それこそボランティアで児童館まわったりとかでもいいんですよ。なんかそんな風にして、高校選ぶときにも、やりたいブラバンじゃなく偏差値で学校決めちゃった、そんな明日夢少年が、自分の意志で、自分のやりたいことで、人助けもできる人になって。そんな落とし前のつけかたしてほしかった。

響鬼のテーマって、やっぱり「音」でもあったじゃないですか。御大お気に入りのモッチーを持ち上げるために、バンドじゃ無理があったのかも知れないけど、いきなりパネルシアターに不治の病ってのは…。

「音」と「音」のセッション、結局雷師弟の別れのところでしか生きなかったというのはあまりにもあまりな感じがして。第一回の、「今年のライダーって、ど、どうなるんだ…」という、あの突拍子もないミュージカル演出にはじまって、音にこだわった初期の演出が、とても懐かしく思われます。

それでもね、少年が自分で自分のことを決められて、キリぽんとも本当の意味で「友達」になれそうなこととか、そういう流れじたいは嫌じゃなかったです。キリぽんも、あの場面では、どうしたらいいかわかんなくて、とりあえずまだできもしないのに、ディスク起動させようとしてみたりしてたんじゃないでしょうか。あの子いきなり音叉使って倒れたりしてたし。

明日はいよいよ最終回。お願い、「輝」と「少年よ」聞かせて!もはやそれだけが、最後の望みです。そんで、関東の鬼たちを、みんな出して!ああ〜イトウさんの顔だし、あれがラストなのかなあ。鬼の忘年会が見たかったです。

結局文句は言いましたが、DVDは買い揃え続けてます。やはり鬼は私にとって、クウガぐらい大事なライダーでした。雷師弟のBL系展開も我慢します。だってあのときの松田さんと川口くんの演技が素晴らしかったから。役者さんのチカラってすごい。ホンがあれだけぼろぼろになっていく中で、最後までなんとか視聴者をひきつけ続けたのは、それでもやっぱり細川さんはじめ、キャストの演技を見たかった人が多かったからじゃないでしょうか。

その意味では、失礼ながらイケメン素人役者ライダー時代にこの交代劇が起こっていたら、まじでもたなかったんじゃないかと思います。演技力の確かな役者さんがそろっていた今年だったからこそ、交代劇もなんとか乗り切れたように思います。

明日。楽しみですね。そして私は今年、スーパーライブも初参戦です!細川さんも出る日です。終わったらレポしますね〜。
http://passagevert.seesaa.net/
softbank219008206078.bbtec.net (219.8.206.78)



905.俳優さんの力は大きいですよ
名前:Yaskazu(管理人)    日付:2006/1/22(日) 0:55
どうもです、なつめ様〜

>明日夢君のドラム
そうなんですよね〜
クラブで叩かせてもらえない分、座布団並べてまでドラムの練習してた明日夢君、しかもそれを見てたヒビキさんが感心したくらいだから、きっと“素質”はあったと思うんですよ。
響鬼さんが太鼓の鬼で明日夢君がドラム志望、例え弟子にならなくたって何処かでここはリンクさせて欲しかったですよね(てか、最初は多分そのつもりだったんでしょうがね(^^;)

>パネルシアターに不治の病
確かに井上テイストではありますね(^^;
いや、それ自体は別に構わないんですが、やはり最後には何らかのカタチでブラバンやドラムの設定を生かした物にして欲しかったなぁとは思いますよね(パネルシアターのGBMを生演奏とか・・・ムリあるか(^^;)

>音
単純に音撃がどうだとかじゃなくて、ましてミュージカルなんかでもなく、BGMや効果音の使い方まで後半は感じが変わっちゃいましたからね。
勿論、色んな事情はあったろうとは思うんですが、妙なところで凝る位なら音にもっと地から入れて欲しかったですよね。

>桐ヤン
ああ、そうか・・・確かに“思わずディスク起動”ってのは彼ならやりそうですね(笑)
感想内でも何度か書いてますが、私は桐ヤンの事嫌いじゃありません。
不等に悪く言われてる様ですが、イヤなヤツではあるけどネはイイヤツなんだってのは最初の段階で判ってるし、彼がどう成長するかは私も楽しみでした。
後半、彼の成長ぶりが著し過ぎて明日夢君を食っちゃったのには焦りましたが(笑)
でも、いい方向に落ち着きそうですね。

>役者さん
これは全く同意。
役者さん達がみんな技量のある人達だったし、何よりも“大人”だったから、ここまでやってこれたのだと思います。
若い役者さん達のリアルな生長譚として番組を楽しむと言うのも、このテの番組のひとつの在り方だとは思いますが、「響鬼」がヲタだけではない一般の層にも広く受け入れられたのは、安心して見ていられる演技のできる役者さんがメインを張ったからでしょう(いや、若くたって演技のできる人なら問題はないんだろうけど・・・(^^;)

>スーパーライブ
レポ楽しみにしてますよ〜(^^)
http://www5f.biglobe.ne.jp/~yaskazu/ ACCA1Aae032.osk.mesh.ad.jp (218.227.93.32)


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb