[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
コーチKawakamiのハイエナ的バスケット
ミスターKawakamiがバスケットボールへの疑問・また、指導・練習・でお困りの皆さんへアドバイス

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



1292.モルテンカップ 返信  引用 
名前:コーチKawakami    日付:2013/4/1(月) 15:21
モルテンカップに行ってた。結果は3勝1敗。1日目小倉工業に競り負けた。年末の練習試合では1勝1敗だった。今年の小倉工業はスタートのうち4人が180cm台で大型チーム。しかも内外のバランスもよく、先行され終盤追いついたが、最後シュートを決めきれず4点差で負けた。敗者戦で勝ち、翌日は大分舞鶴に勝ち、常磐高校にも後半メンバーを替え1時逆転を許したが、メンバーを戻し何とか勝利した。先週よりは、ムードはよかったが、やはり決定力が無い分、苦しい・・。タケシ、高瀬、カズキのキャプテン・副キャプテンは責任も重大であるが、ここを乗り切ってチームを上昇気流にのせて欲しいものだ。昨日も哲平がフルに働いた。まだまだ未熟であるが、長時間プレーしても何とかついていけるようになって来た。さらに運動量と体重を増やして欲しい。修人も一見ヨレヨレだが、意外とシュートを決める。感覚も悪くないが、ディフェンスの足をもっと強くして欲しい。そうすればオフェンスもさらにパワーアップするだろう。新3年は言わなくてもやるべきことはわかっているはずだが、いろんな意味でもう少しフレキシブルな部分を増やして欲しい。堅い、狭い、緩い・・・・。もう4月、春休みの遠征も終わった。その成果が今月問われることになる。今週末は山防大会。新チームで誠英にまだ勝てていない。山高戦となると100%力を出し切る誠英、今回雪辱したいと思うが・・、激戦は必至である。いい気持ちで新学期を迎えたいものである・。

1291.全関西 返信  引用 
名前:コーチKawakami    日付:2013/3/26(火) 13:15
全関西に行ってきた。結果は1勝3敗・・。何だか冴えない・・。1日目予選リーグで兵庫県の葺合高校には勝ったが、次の九州学院には完全な力負けで、翌日は2位リーグでの戦いとなった。2日目は先ず出雲北陵との対戦だった。先行を許しそのまま押し切られた。出雲北陵は相変わらずスクリーンが上手いし、シュートも軽く感触もよい・・。次の宗像には、これまた力負けと相成った。運動量もあるし状況判断もいい。シューターもいて、ディフェンスが緩い分かなり決められた。対抗策はわかってはいるが、全体的にファンダメンタルの低さから対応できない・・。またその低さがミスを誘発するのでペースをもどせない。新3年生が精神的支柱になりきれないことがこのことにさらに拍車をかけている。私自身はネガティブになっているわけではないが、内容の悪い試合が続くとどうしてもチームに勢いがなくなるし、部員も本物の元気が出ない・・。ただ現チームの練習の緩さを認識できたこと野球部出身センター(192cm)哲平が少しずつバスケット的なプレーになってきていることがよかった。哲平の成長はこれからの山高にとってかけがえのないものとなるのは言うまでもない・・。それにしても今の山高はバスケットが重すぎるなあ・。スペースにパスができない、遅れるとミスになりやすいので慎重になる、ボールを持ちすぎる、ディフェンスをずらせない、崩せない、いいシュートチャンスを作れない、タフショットになる、走られる、ピックアップが遅れ、アウトナンバーになる、簡単に得点される・・。まさに負のスパイラル・・。アベノミクスでデフレスパイラルを脱却しつつあるように山高ミクスでバスケット的負の連鎖を何とか断ち切りたいものだ。今週末はモルテンカップ。重いイメージを払拭しニュートラルな気持ちで臨みたいところではあるが、どうなることだろうか?次週また報告したい。以上。

1290.朝日杯 返信  引用 
名前:コーチKawakami    日付:2013/3/18(月) 14:28
朝日杯に行ってきた。結果は2位。決勝では下級生主体の豊浦高校に大敗を喫した。今期豊浦とは1勝2敗。前半はほぼ互角の内容であったが、後半センターを入れ替えると攻守ともにバランスが崩れ、一気に豊浦ペースへ傾いていった。どこからでも得点できる今年の豊浦の潜在能力の高さを完全に呼び覚ましてしまった。予想以上の大差がついたが、この大会は、チームにとって収穫もあった。野球部出身のセンター哲平がかなり試合に慣れてきて予想以上にプレーできたことだ。この日も準決勝リーグ2試合はかなりの出場時間があり、決勝では前半でスタミナも限界に近づきつつあったので後半は無理をさせなかった。代わりに出した“玉”はまだまだ発展途上で、出場するには酷な状況だったと思うが、これは私の采配に問題があっただけで、玉には今現在の実力を認識し、今後少しでもプレータイムがのびるように練習に励んでもらいたい。チームディフェンスの方は、前半機能していた。ただインサイドのディフェンスがまだ未熟なのと山高がシュートを決めきれないことでオフェンスが非常に重たくなった。逆に豊浦は後半速攻が出てオフェンスのリズムを完全に取り戻した。気持ちのいいシュートを何本も決められたが、どうすべきかのイメージはできている。問題はイメージ通りにできるか否かということだ。現在は部員数も多く、多いことが練習の質の低下を招いている感も否めない。今回、大敗の現実を思い知ることは無駄なことではなく、次にどう備えるべきかをそれぞれに問いただすいい機会となった。今週末は全関西大会、参加チームも強豪校が多い。そんな中でどんな戦い方ができるのか、朝日杯からどう修正できたのかを試したい。鍵は最上級生のリーダーシップにある。疲れを忘れるくらい集中して、ぶっ倒れるくらいやりきって欲しいものだ・・(笑)。

1289.中国新人大会結果 返信  引用 
名前:コーチKawakami    日付:2013/2/21(木) 10:25
少し遅くなったが、中国新人大会の報告をしたい。男子優勝は、広島1位の如水館が豊富な運動量で他チームを引き離した。山高は、1回戦広島2位の広陵にロースコアーで勝ち、2回戦で島根1位松江西に攻守ともに遅れを取った。ロースコアーというと聞こえはいいが、得点力がないだけだ・・。その分守りきれるかというと、これまたチームディフェンスも重厚さがない。センターが1年生で経験不足ということもあるが、そこは私のストレスとはならない。それよりも2年生がもっとしっかりしなくてはいけない。それぞれのポジションの精度をもっと上げていかなければ、インターハイなど夢物語である。今年県予選で快勝し期待された宇部工業も調子が上がらず、2回戦で玉野光南に敗れた。予選3位出場の豊浦は、1回戦、2回戦と鳥取東・岡山工業のそれぞれ県1位を撃破して、準決勝に勝ち進んだが、松江西に上手く攻められたのと終盤退場者も出て敗退した。主力のほとんどが1年生ということを考えれ、今後が非常に楽しみである。女子は慶進が準決勝クロスゲームとなったものの優勝し、昨年インターハイベスト8の貫禄をみせた。さて春休みも近づいてきた。3月4月とチーム底上げの季節となる。山高も何とか踏ん張りたいところである。得点力のなさを解消したいが、ファンダメンタルも含めなかなか難しい・・。焦らずやりたいという思いは変わりないが、そろそろ焦らないといけない次期に差し掛かってきた・・。今年こそシュートの入る薬が欲しい(笑)・・。

1288.今週は、中国新人大会 返信  引用 
名前:コーチKawakami    日付:2013/2/5(火) 16:54
中国高校新人大会が、週末にある。今年の開催場所は出雲である。出雲は山高にとって意外と験がいい場所である。昔、5月の中国高校で優勝したことがある。昨年は中国高校で優勝し、一昨年は中国高校新人大会で優勝し、そこそこの成績を収めることができたが、県内の戦いが熾烈極まりない・・。男子は6年連続インターハイとウィンターカップの出場チームが異なっていることでもそのことがわかる。県内では今年、宇部工業が抜群の安定感で他をリードしている。宇部工業を筆頭に山高・豊浦の中国新人での勝ち上がりが、今年の国体の試金石ともなる。先週末の岩国会長旗では山高は豊浦に完敗だった。先が思いやられるが、昨年より実力不足は歴然としている。地区大会やtys杯でも誠英高校に敗れ勝てる気がしないが、組み合わせというか相性とでもいうのか、県予選で2位になれた幸運を中国新人大会で生かしたいものだ。山あり、谷あり、思い通りにならないもどかしさを味わうのも一興である・・。

1287.新人戦 返信  引用 
名前:コーチKawakami    日付:2013/1/24(木) 16:10
新人戦が終わった。男子は、宇部工業が安定した試合運びで危なげなく優勝した。以下の順位は2位に山高、3位豊浦、4位南陽工業、5位下関工業という結果となった。山高は宇部工業には完敗。豊浦にも完全負けていたが、残り4秒で奇跡的な逆転勝利となった。南陽工業戦も下関工業戦も途中まで一進一退で一つ間違えば、結果は逆になっていた。危うい試合を重ねたが結果的に2位になれたのはラッキーだった。昨年と違い、個々に自信がないのでチーム力が安定しない。状況判断も悪くなりミスも多くなっていて、ファンダメンタルの強化が急務となる。ただ1年の哲平や修人の身長とプレー内容ものびてきているので、そこのところは楽しみだ。いつもの2年生ユニットチームにも頑張って欲しいが、未だ大会では成功していない。その中では直哉がいい仕事をしてくれただけに、他のメンバーにも早く結果を出して欲しい。チーム内練習ではかなりいいプレーもあるのだから・・。今回やってみて、2年生のプレーが淡白に見えて仕方がない。それだけ3年生チームがしつこく粘り強く、クレバーだったということだろう。チームの特徴はその年の部員の個性で当然かわっても問題ない。踏襲すべきものとその年の個性をブレンドして、今シーズンの山高をつくりあげればいいのだ。リーグ最終戦の南陽工業戦1Qでファウルトラブルの一樹にかえて出した倫太郎に余裕がなく真っ白になってミスが重なったときに、他のスタッフやベンチの私を見る目が厳しかったのがうれしいし、楽しかった。中国大会出場をかけてのスリリングな戦いの中に打算ではない生き生きしたバスケットボールの面白さを見た。中国大会までにはもう少しなんとかしたい・・。

1286.明けましておめでとうございます。 返信  引用 
名前:コーチKawakami    日付:2013/1/10(木) 12:4
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。昨年はいろいろあって、激動の1年だった。今年はどんな年になるのか?今週末から、いよいよ新人戦が始まる。tys杯では、4位ということで苦しい1年が予想される。日々の練習やトレーニングが自信となり、結果に反映されればと・、願うばかりである。悪いときはデフレスパイラルではないが、シュートを決めよう、ミスはできない、チームディフェンス、オフェンスもやらないと・・、力んだり、慎重になりすぎたりで視野も狭まり、余裕もなくなって、判断も悪くなる。悪循環この上ない・・。3年生が練習にきてくれるが、1・2年と余裕度が違うのでプレーも安定している。一つきっかけがあれば、個人もチームも上昇気流に乗れるのかもしれないが、そこがなかなか難しい。バスケットボール本来の楽しさを味わうことも忘れないような指導を心がけたい。山高体育館は2階にあるのと方便下ろし(方便山から吹き下ろす風)で底冷えがする。くれぐれも長話には気をつけたいものであるが・・、新人戦第1週を無難にクリアーしたいが、何がおこるかわからない。とにかくチーム力を出したいなあ・・。以上。

1285.来年はどんな年に・・。 返信  引用 
名前:コーチKawakami    日付:2012/12/31(月) 12:42
今年も今日で終わり。あっという間だった。今年は激動の1年だった。いろいろあっただけに、来年はいい年にしたい。tys杯が終わって、広島開催のウィンターカップに行ってきた。延岡学園の優勝で幕を閉じたが、あらためてファンダメンタルやフィジカル、メンタルの大切さを痛感する。当然勝ち上がるだろうと思うチームも少しの気の緩みで結果は混沌としてくる。ウィンターカップで勝ち上がっていくチームは、3年生の自立・自覚・責任感等々があふれ出ている。よく精神的支柱というが、精神的にチームを支えるというのはエネルギーを要する。その部分が息切れしたり、他人任せや責任転嫁になろうものなら、そのチームの行く末は見えている。最上級の役割は正にそこのところにある。山高新チームを考えたときにそこのところが少し弱い・・。tys杯は散々だった。力不足は否めないが、精神的な成長を期待したい。今年もいろいろとお世話になりました。来年がみなさまにとって輝かしい1年となりますことを祈念致します。来年もよろしくお願いします。

1284.今年もあと10日・・。 返信  引用 
名前:コーチKawakami    日付:2012/12/21(金) 11:44
今年もあと残り10日となった。本当に激動の1年だった。いろいろなことがあったが、とにかく人と人のつながりの大切さを再認識した。クリスマスも近いがこの時期になるとやはりウィンターカップのことが気になる。山高的には昨年・今年のチームで出場できなかったのが残念でならない・・。県内では23日からtys杯がある。新チームでどれだけできるか試したい。新チームは昨年と比べ、少し粘りが足らない。自身のことが精いっぱいで、チームメイトの面倒を見る余裕がない・・。ただスタートチームと常にマッチアップしている2年生ユニットがどれだけやってくれるか期待している。1年生も徐々に慣れてきたが、安定感不足は否めない。高さがあるだけに早くチームプレーに馴染んで欲しい。主力2年生も調子の波が大きい。シュート率も低い。ディフェンスでカバーしたいところだが、もう一つ厳しさが足らない・・。前にも言ったが、照準を定めて鍛えこむしかない。新人戦は宇部工業が筆頭とは思うが、どんな結果が出るのか・・。年末年始を挟むが、1か月後には今年の勢力図が判明する。

1283.ウィンターカップ予選、残念・・。 返信  引用 
名前:コーチKawakami    日付:2012/12/2(日) 11:59
昨年に引き続き、今年もウィンターカップ予選準決勝で宇部工業に敗れた。4Qに20点差を追いついて延長にもつれ込んだ時には内心勝ちも見えていたが、こちらの思い通りにはいかなかった。延長でもまたも宇部工業にいいところで3Pを決められ、それが決勝点となった。このゲームを象徴するように勝負所でのシュートの決定力が勝敗を決した。昨年のこともあり、万全を期して臨んだつもりがイメージとはかけ離れたゲーム内容となった。残ってくれた3年生3名と下級生の融合で結果を出したかったが、残念である。しかし公式戦の結果が実力ということ。この結果はしっかりと受け止めたい。いつもながら3年生には感謝している。今年は中国大会優勝もできたし、2年連続インターハイにも出場できて、本当にいい思いをさせてもらった。新チームはまだまだ力不足であるが、発展途上でもある。照準を定めてチームづくりをしたい。さて今年で6年連続、男子はインターハイとウィンターカップの出場チームが異なるという戦国時代が続いている。この構図は来年も続く。今月下旬のtys杯は1月の新人戦の前哨戦となる。ウィンターカップ出場の柳井も含め、その混迷度はますます深まるばかりである。柳井高校は、ウィンターカップの舞台で山口県代表として存分にその力を発揮してもらいたい。柳井高校のご健闘をこころより祈っている。

1281.長崎 コヤナギスポーツです 返信  引用 
名前:小柳 博幸    日付:2012/11/21(水) 14:58
 先週神戸で楽しい時を過ごしたばかりで、びっくりしました。
でも、怪我人も無く良かったですね。
再開には大変でしょうが頑張ってください。長崎より応援してます。
何も出来ませんが心よりお見舞い申し上げます。



1282.Re: 長崎 コヤナギスポーツです
名前:コーチKawakami    日付:2012/11/24(土) 12:36
ありがとうございます。1週間が経過して、仮事務所も店の隣に開設できました。スタッフ一丸となって1日でも早い復帰を果たしたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。

1280.ご心配おかけしました。 返信  引用 
名前:コーチKawakami    日付:2012/11/19(月) 8:42
すでに御存知とは思いますが、17日に私どもの山口の店舗が火事となり、みなさんにご迷惑と心配をおかけしました。幸いけが人もなく、延焼も免れました。現在、仮店舗にて年内再開を考えています。詳細はトリプルダブルHPブログに随時、アップ致しますのでそちらでご確認ください。なお、ウィンターカップ予選の総括は後日掲載させていただきます。柳井高校優勝、本当におめでとうございました。ウンターカップでの御健闘をお祈り致します。山高新チームも頑張りますのでまたよろしくお願いします。失礼します。

1277.YAB見ました 返信  引用 
名前:かつての岩工ママ    日付:2012/11/6(火) 16:13
昨日の夕方、Jスポ見ました。なんだか久しぶりに河上さんを見られて懐かしい感じがしました。今年も熱いウィンターですね!
いつまでも若い河上さんでいてください。応援しています!!(kaki)



1279.Re: YAB見ました
名前:コーチKawakami    日付:2012/11/7(水) 10:58
ありがとうございます。ご無沙汰しています。またこのシーズンがやってきました。1年の総決算として部員とともに大会に臨みたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

1276.小さい… 返信  引用 
名前:中3 引退後    日付:2012/11/4(日) 13:30
中3です!高校でもバスケをやりたいと思っているのですが、
小柄な選手がドライブで中に切れ込んで点を取るのに大事なことって何ですか?
ちなみにアウトサイドシュートはあまり得意ではありません。



1278.Re: 小さい…
名前:コーチKawakami    日付:2012/11/7(水) 10:55
先ず強いミートです。ミートした時点で半歩でもディフェンスをずらすことができれば、ドライブチャンスです。次にスピード、ボディバランスです。姿勢を崩さずにどれくらいスピードが出せるか大切です。さらにシュートスキルはもちろんですが、ディフェンスのヘルプやローテーションを認識して状況判断ができれば最高です。狭くなりすぎるとミスの原因となりますので、常にスペースを意識しましょう。以上。

1275.秋の山防大会 返信  引用 
名前:コーチKawakami    日付:2012/10/31(水) 10:49
山防大会が終わった。誠英に気合を入れられた。新チームで行われるこの大会、次年度の勢力図が徐々に明らかになっていく。山防地区ではここ数年、誠英と山高の決勝戦が続いている。確か一昨年は誠英、昨年は山高が勝った。今年は、また誠英。決勝戦の序盤はリードしていたが、わずかなミスからリズムが崩れていった。1年生はもちろん経験不足だが、2年生が安定しない・・。3年生チームと違って、得点力も低くディフェンスも甘い。終盤、運動量に勝る誠英にリバウンドを支配され、そのまま押し切られた。誠英は勝利のあと、喜びを爆発させたが、これぞ勝者と敗者・・。この落差が勝負の世界、実にいい・・。誠英は昨年からの主力も残っていて今年はかなり期待できそうだ。山高も敗れはしたが、発展途上の選手も多く、特に1年生は近年では身長もあるので焦らず鍛えこんで少しでも追いつきたい。さて今日で10月も終わる。いよいよ近づいてきた・・。

1273.女子ですがご教示ください… 返信  引用 
名前:素人保護者    日付:2012/10/24(水) 23:47
中学1年生の娘は小学2年生のときにバスケットボールを始めました。そのためドリブル、シュート、パスには問題ありませんが、身長は中位でフィジカルは強くはないほうで、ミニの時からチーム内の役割は外からのシュートと速攻でした。そのせいか、ドライブだってやれば出来るのに無理やりこじ開けるようなプレーはしません。無理なシュートをして入らず失点になるよりも、無理せず確実なタイミングまで待つような選手は生き残れるのでしょうか?やはり監督の好みによるのでしょうか?
また、身体能力の乏しい子が瞬発力、スピードを付けるにはどのような個人練習をしたらよいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。



1274.Re: 女子ですがご教示ください…
名前:コーチKawakami    日付:2012/10/30(火) 11:56
いろいろな考え方があると思いますが、ドライブも当然必要です。オフェンスでボールをもらうとパス・ドリブル・シュートの3つの選択肢があります。状況に応じて使い分けられる方がいいに決まっています。外角シュートのスペシャリストになる考え方もありますが、レベルが上がるとすぐに対応されてしまいます。外のシュートをねらいディフェンスが前へ出てきたところをドライブしてディフェンスを崩せたらもっとたくさんのチャンスメイクが可能となります。瞬発力・スピードの個人練習ですが、瞬発力とはつまり、自分の持つ筋力をいかに短い時間でMAXの状態にできるか、という能力のことです。月並みですが、ジャンプやダッシュは、一瞬の筋肉の爆発力=瞬発力が要求されますので、これらのトレーニングが瞬発力の鍛え方に大変効果的と言えます。中学1年というと発育段階ですから、食生活や睡眠といったことも含め、バランスよく身体づくりをして下さい。以上。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb