[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
コーチKawakamiのハイエナ的バスケット
ミスターKawakamiがバスケットボールへの疑問・また、指導・練習・でお困りの皆さんへアドバイス

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



1266.三戸杯、新チームは時間が・・。 返信  引用 
名前:コーチKawakami    日付:2012/8/13(月) 15:48
三戸杯が終わった。新チームで戦う最初の大会である。新生山高は、予選トーナメント2回戦で熊本の玉名工業に敗れた。チームディフェンスが甘いのもあるが、外角シュートが本当によく決められた。昨年の同時期と比べてもディフェンスが緩い・。2日目は2位リーグで松江西と南陽工業に僅差で勝利したが、次やれば結果はわからない・。新チームも攻守共にコンビネーションが悪く、これからしばらく時間がかかりそうだ。ただ悪いことばかりではなかった。野球部出身の長身1年生の哲平が、思った以上にプレーに絡んでくれたことだ。ほとんど細かいことはわからないまでもバスケット的な反応の良さを見せてくれたことがうれしかった。身体がまだできていないのでそれも含めじっくり育てようと思う。それと1日目に普段弱気でおとなしい武田が活躍してくれたことだ。経験も浅く、発展途上なのでこれから自信をつけてほしい。2日目はダメだったが武田の活躍は間違いなく同じパターンの2年生を刺激した。武田を含めて本当の主力になれる2年が1人でも多く出てきてほしい。もう8月も半ば、あっという間に時が過ぎる。オリンピックもフィナーレを迎えた。連日のメダル獲得で日本中が大いに盛り上がっている。メダル獲得や出場選手も応援であれだけ多くの人々が元気になるのだから、あらためてスポーツの持つ力を認識した。今週末はミニ国体がある。昨年山口国体が終わったが、予選のある3種別とも山口県勢が本国体の駒を進めてほしい。開催地は広島廿日市なので、1人でも多く応援に駆け付けて欲しいものだ。応援が選手のパワーになることは言うまでもない・・。

1265.インターハイから帰って来ました。 返信  引用 
名前:コーチKawakami    日付:2012/8/2(木) 11:40
インターハイから、昨夜帰って来た。結果はご存じの通り、明徳義塾に力負けだった。前半は、五分の勝負だったが、後半シュートが落ち始めリバウンドを200pのマジョックに支配され、徐々に点が開いていった。4Qに入り舩戸瑞貴が5ファウルで退場すると流れは一気に明徳義塾に傾き、そのままタイムアップとなった。明徳義塾は1回戦で市立船橋に113対104というハイスコアー戦を制した。特に4番の奥野が48点と15番のマジョック31点で2人合わせて79得点をあげた。4番奥野の馬力は半端ではなく、4面とれる1回戦の会場でその存在を印象付けた。山高戦では、その奥野を前半10点に抑えたし、ファウルも誘って後半少しベンチに下げさせたが、その時間帯に得点が伸びなかった。点が取れない・・。やはりシュートを決め続けなければ全国では勝ち上がれない。その明徳義塾も次の東海大三高に敗れた。東海大三は鍛えられた好チーム。195p190pを擁し、リバウンドも負けてなかったし得点バランスもよかった。明徳4番に29点とられたものの15番マジョックに9点しか与えず、最終スコアーは71−59となった。3日目以降の試合を見ても大きい選手が普通に動けるし、外角のシュートの決定力やオフェンスの勢いがものすごい。その勢いを封じ込めるには、やはり高さ・強さ・速さが備わったチームディフェンスがないと厳しい。山高は途中までは勝負になったが、シュートが落ち始めてリバウンドをとられ、セカンドショットを軽々押し込まれた。能代工業や福大大濠、北陸、明成、尽誠、京北・・やセネガル人選手を有する沼津中央などもベスト8に入れないのだから、本当に厳しいとしか言えない。今回の敗戦は残念だったが、チームの経験値はまた上がった。この経験をもとに軌道修正を加えたい。これで引退する3年生もいて、チームは切り替わるわけだが、今年の3年生はチームワークもよく、気持ちのいいチームだった。今回負けはしたが、1年を通じて本当によくやったと思う。新チームは時間がかかると思うが、今年と違ったタイプも1年生にいるので、焦らず、コツコツと時間をかけて育てたいと思う。最後になりましたが、インターハイ出場に際しまして、多大なるご支援をいただきましたすべての皆様にこの場を借りてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。新チームでも粘りますので、今後ともよろしくお願い致します。

1264.インターハイへ出発 返信  引用 
名前:コーチKawakami    日付:2012/7/25(水) 10:0
明日いよいよ、インターハイへ出発だ。昨年は仙台の明成高校に寄って秋田入りしたが。今年は、直前の遠征は避け学校で練習した。現地でモデルゲームや練習場所も確保できたので、とにかく最初の試合に全力を傾けたい。出場チームのエントリーが発表され、身長の低さは予想通り圧倒的だったが、逆に気持ちいいくらいだ。熱気と興奮の坩堝と化すインターハイ会場で、部員達がどれくらい山高のバスケットを表現してくれるか楽しみである。対戦相手はどちらが勝ち上がっても長身でハイスコアラーという山高とは対極にあるチーム。チームディフェンスと高いシュート率を同時に実現できないと厳しい戦いとなるのは明白だ。試合は30日、今回は持ち味を出し切りたいと思います。帰ってからまた報告したいと思います。それでは、行ってきます。

1263.インターハイまで3週間・・。 返信  引用 
名前:コーチKawakami    日付:2012/7/10(火) 16:47
先日インターハイの組合せが決まった。思いもよらぬ?1回戦シードとなった。対戦相手は市立船橋と明徳義塾の勝者である。両チームとも全国の常連校、どちらが勝っても山高より大型チーム。昨年は、1回戦で残り3分から、197cmのフーがファウルアウトして209cmのセネガル人選手にリバウンドやシュートを押し込まれ、逆転負けとなった。今回は昨年の経験を生かしたいが、得点力のある両チームだけに山高のディフェンスとゲームメイクが勝敗のカギとなる。期末の定期テストも昨日終わり、いよいよインターハイに向けて最終調整の段階だ。練習試合等も通じてゲームプランを練りたい。ディフェンスを頑張るのはもちろんだが、勝ちきるには得点をとるしかない。特別なことではなく、日頃からやっているバスケットの精度を上げていくだけだ。ベイシックがあってこそのフレキシブル、3年生中心にしっかり状況判断して山高チックな試合にしてほしい。インターハイまで3週間を切った・・。

1261.残念!オリンピック最終予選 返信  引用 
名前:コーチKawakami    日付:2012/7/2(月) 14:53
きょう未明のカナダ戦に敗れ、日本女子のロンドンオリンピック出場の夢が断たれた。残念だ・・。前日、韓国に歴史的大勝利を収め、その勢いでカナダに勝てば、2大会ぶりにオリンピック出場が決まるところだった。カナダとは親善試合でも対戦していてお互い手の内もわかっていたし、実際日本が勝つ可能性も十分にあったのだが、やはり圧倒的な身長差でリバウンドを支配された。1Q、日本のマンツーマンディフェンスに対し、カナダは、ピック&ロール主体に徹底してインサイドを攻めてきた。ディフェンスが押し込まれる分、外にスペースをつくられ、高確率の3Pを決められた。ディフェンスをゾーンにして相手の得点も止まったが、日本の得点が伸びなかった。もっとディフェンスを切り裂き、パスを飛ばし、シュートリズムをつくって欲しかった。終盤、追い上げる場面ではバス離れもよかったが、1対1でボールを持ちすぎるとほとんどタフショットとなった。テレビで見るより、実際はもっと身長差があるのだろう、相手の高さを意識して、シュートの軌道も微妙に狂っていし、ブロックショットもかなりあった。個人的にはディフェンスでもう少し高い位置から圧力をかけてほしかった。カナダは198cmを最高に選手の高さが前面にでていたが、私は最初からベテランの5番の選手が気になった。チームの司令塔であり、おそらく精神的な部分でもチームの柱だったと思うが、ダブルチームやローテーションを気にするあまり、ボールマンに対する圧力が弱すぎた。結果として余裕を持たれチャンスボールを出されたし、外がオープンになれば軽々シュートを決められた。7番のシュート率もすごかった。4Qの終盤も日本はよく追い上げたが、最後攻めきれずに押し戻された。できれば3Pシューターを3人は揃えてオフェンスエリアを広げて欲しかった・・。ただこの試合だけ見て、客観的に評論するのは誰にでもできるが、チーム事情や実際その場にいなければわからないこともたくさんあったのだろう。世界で12チームしか出場できないオリンピックバスケットボール競技、厳しいとしか言いようがないが、アンダーカテゴリーで実績を持つ日本の女子チームには、将来の可能性を十分に秘めている。アメリカやヨーロッパ等海外で活動する選手や帰化選手をチームに組み込んで強化している国が増えていることを思えば、今後日本協会がどういう指針で強化をしていくのか、その責任は重大である・・。

1260.フー君発見 返信  引用 
名前:バスケ好き母    日付:2012/6/30(土) 12:57
一般県大会にて、徳大のスタートで頑張ってますよ。おっ、リバンド取れた、高校バスケでは、見慣れた彼の姿も新鮮です。
頑張れフー君。



1262.Re: フー君発見
名前:コーチKawakami    日付:2012/7/2(月) 15:2
ありがとうございます。フーのことは、私もいつも気になります。考え方が成長するほどプレーも伸びると思います。4月末の中国大学選手権を見にいきました。楽しくやっていましたが、プレーはまだまだです。次にフーのプレーを見れるのは、おそらく県総合選手権と思います。山高も出場しますので、後輩部員たちも喜ぶと思います。フーの成長した姿を見るのが今後の楽しみでもあります。これからも応援、よろしくお願いします。

1257.優勝。3年生のチームワークに感謝・・。 返信  引用 
名前:コーチKawakami    日付:2012/6/10(日) 11:14
本当に苦しかった。過去のインターハイ予選でもこれだけ苦しかったことは記憶にない。豊浦も柳井も本当に強かった。3年生の気持ちがプレーに出た試合だった。優勝したが、その差は紙一重だった。山高は、新人戦・中国大会予選と常に主導権を握っての勝利であったが、インターハイをかけての独特な雰囲気の中で、いつもとは違っていた。準決勝の豊浦戦は、先週の試合でキャプテン瑞貴が利き手首をねん挫して、いつもの得点が取れない中、豊浦のゾーンディフェンスに苦しんだが、3Qにベンチスタートの3年生、圭佑と陸の2人が3Pやドライブで流れを変えてくれた。チームディフェンスの方も豊浦の得点を4Q残り3分くらいまで30点台に抑えていたからこそ勝利できた。決勝では立ち上がりから柳井NO.4の高松が爆発。当然警戒はしていたが、それを上回るシュート決定力だった。本当にすごかった。山高は準決勝での消耗からか、もうひとつ動きにキレがなく、柳井のディフェンスを気持ちよく崩せない時間帯が続いた。後半、高松をマークしていた前田の足がつり途中でリタイアーしたが、変わって出た2年の剛が良くやってくれた。準決勝ではプレータイムも少なく得点もなかったが、体力を消耗してない分、運動量の落ち始めた高松を抑え込んだ。3Qに最大15点まで点差が開いたが、追いつき追い越すときはこれまた3年生のど根性がルーズボールやリバウンドにあらわれた。一也や瑞貴がルーズボールに飛び込み抑え込む姿にジーンときた・・。準決勝後に気合いを入れたキャプテン瑞貴は決勝では、得点もとったが17リバウンドをもぎ取ってくれた。瑞貴には厳しいことを言ってきたが、これまでの勝利も瑞貴抜きでは語れない・・。瑞貴以下3年生全員のガッツとチームワークに感謝している。今回でインターハイは私自身8回目となるが、試合後感極まったのは島本章弘キャプテンのとき京都インターハイを決めたとき以来のことだった。苦しい中でも常に誰かが出てきて補ってくれたということが、何よりうれしかった。そういう意味で本当に山高らしい試合であった。さて、この日も本当に多くの応援、ありがとうございました。次はインターハイです。おそらく出場校で一番小さいチームと思いますが、残された時間インターハイにむけて準備をし、山口県の代表として、昨年の雪辱を果たしたいと思います。今後ともよろしくお願いします。



1258.Re: 優勝。3年生のチームワークに感謝・・。
名前:平常心    日付:2012/6/10(日) 17:59
優勝本当におめでとうございます。正直しびれました・・・15点差開いた時には正直やられたかなと思いましたが、特に平本君、三笠君達の献身的なプレーと気迫にもしかして・・・と念じてましたら、やってくれましたね。彼ら3年の今まで辛い練習が報われた瞬間、こちらまで涙が出そうになりました。でも、キャプテンの船戸君の存在、大きかったですね。相当手首痛みあったようですがそんな顔ひとつも見せず二試合とも平常心でチームをまとめる力量には敬服しました。是非、インハイは万全の状況で勝利を目指してください。最後に決着つけてくれて、春平ありがとう!!


1259.Re: 優勝。3年生のチームワークに感謝・・。
名前:TH    日付:2012/6/15(金) 18:34
インターハイ出場お目出度うございます。
小生は東京在住のため、final4を観戦に行けませんので兄に応援かてがら俵田翁記念体育館に行ってもらいました。
小生は実際、試合を観戦していないのでコメントできませんが、参考になればと思い、兄の感想を下記に記します。
@リバウンドが殆ど取れない。
A相手のディフェンスも良かったが、中に切り込めない(カットイン出き
 ない)
B上記@、Aの結果、外角からのシュートに頼らざるを得ない。
小生が考えるに以前、北陸高戦でコメントさせて頂いたように、インターハイ本番まで下記が重要と思います。
@走って素早いパス回し
Aノーマークでの外角シュート→入る確立大、カットインのチャンスも
 生まれる。
B平均身長が低くて大変だと思いますが、リバウンドをいかにとるかの
 練習要。(北陸高校は試合前の練習でボードに当てたボールを落とさな
 い様、継続することをやっていました)
以上、HCをさしおいて失礼だと思いますが、山高がさらに飛躍するための
アドバイスと思い、さらなる精進を期待してます。

以上


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb