[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



343.今の子供って 返信  引用 
名前:びわこ    日付:2007/8/21(火) 16:55
残暑お見舞い申し上げます。
ようやく、今、5人の子どもを教えていますが、なにしろ半年前までは幼稚園児。先日は、夏休みの習字課題で初めて、毛筆をさせましたが、ものすごく大変でした。
yokomokoさんは、1日6枚書かせているとのことですが、私のところの子は、1枚書いては次、次と多い子は20枚以上は書いたでしょうか。
紙代もバカになりませんし、私自身は、半紙が真っ黒になるまで部分練習をした人なので、「1枚書いて捨てんなよ!」と叫びたい気持ちでした。
今度ゆっくり話をしてみるつもりですが・・・
それと、家で手をかけてもらってる子が多いのか、1枚書くごとに「見て、見て」と私を呼ぶ。「あなたにばかり構ってられないのよー」と思いながら相手をし、へとへとに疲れた1日でした・・・
私は、修行が足りないのか、これを喜びと感じるには、もう少しかかりそうです。
つまらない話をすいませんでした。



344.Re: 今の子供って
名前:yokomoko    日付:2007/8/27(月) 10:28
こんにちは、びわこさん。
ずっと留守にしておりまして、レスが遅れて申し訳ありませんでした。

まずはお疲れさまでした!
1回で5人全部のお稽古をされているのでしたら大変ですね。
半年前まで幼稚園児、、ということは、今は1年生ということですものね。
ちゃんと座っていることも難しいお子さんとかもいるのではないでしょうか。
私の教室でも、特に男の子は3年生くらいからどうにか習字のお稽古になる、、という感じだったかもしれません。
次々に書いては捨てていく半紙、、にも思い当たります。
一文字書いて、気に入らないと次!・・という子もいますよ。
そういう時はさすがに注意しますが。
物の豊かな時代ということもあり、「もったいない」という感覚を持つ子は少なくなっているのかもしれません。
びわこさんもおっしゃるように、機会をみながら、紙の大切さも伝えていきたいですね。

私もお稽古が終って倒れこむほど疲れることもあります。
でも、子どもたちは確実に成長していきます。
お互い、気長に頑張っていきましょうね!
また気軽に近況報告など書き込んでくださいね。
では!

339.こんにちは 返信  引用 
名前:    日付:2007/8/11(土) 22:16
Yokomokoさんのご指導、拝見させていただきました!
自分の持ち味をプラスして・・・と書いていらっしゃるのを読んで、
ほんとにそうそう、と思いました。ところが、現実にはむずかしいんですよね。いつも、基本の字形を教えるのに終始してしまって、余裕がないのです。小さいことでも、いいところを見つけてほめて、という方針でやっているのですが、どうしても手本に良く似せてできたところをほめることになっているような気がします。これはよくないのかな、とちょっと気になってはいたのですが。いわゆるクセと持ち味の区別がよくわからなくて。もしかして、同じ???
競書誌に毎月出しているので、月謝をいただいている以上、段級を上げてあげなければ、と、そのプレッシャーも感じています。



340.Re: こんにちは
名前:yokomoko    日付:2007/8/12(日) 8:31
こんにちは!虹さん。
書き込み、ありがとうございます。
夏休みのお稽古は終わりましたか?
私は中学生の宿題の条幅マンツーマンお稽古を終えて
きのうから休みに入りました。

さて、指導のことですが・・・
私もふだんのお稽古では、本部の課題でてんてこまいしてます。
虹さんと同じく、まずはいかにお手本の通りに書いてもらうかが
基本です。基本がないうちに「持ち味」をプラスさせるのは
やっぱり危険?(笑
たまに時間がある時に、好きな一文字とかを書いてもらうのですが
この時は思い切り「持ち味」プラス!
クセ字、大歓迎!
子供達も実に楽しそうです。
「時間があれば」・・そう、もっともっと時間があればいろいろな
お稽古を取り入れたいのですが、現状はなかなか難しいですね。
学年が上がるたびに、塾やら部活やら、また他の習い事やら・・と
今の子たちは本当に忙しそう。
少ない時間の中で「何」を「どこまで」求めていくのか・・まだまだ
試行錯誤の毎日です。

段級位に関しては、私自身はあまり重点はおいていないのですが
やはり子供たちにとっては励みになるものでもありますので
考えざるをえませんね。
特に、お友達の中で、また兄弟の中で、自分だけ上がらなかった時の
フォローには気を使います。
虹さんはどうなさっていますか?
またお時間がある時にでも、お稽古の様子などをお聞かせくださいね。


341.Re: こんにちは
名前:    日付:2007/8/16(木) 15:50
お返事ありがとうございます!
今年は初めて小学生に半切を書いてもらいました。4年生以上の希望者のみ、としたのですが、ほぼ全員が書きたいとのことで、11人を2人ずつ、時間割を組んで、やりましたよ。初めての大きさなので、細かいことは言わずに、楽しんでかいてもらうようにしました。のびのび、いい作品ができたと思います。今週はまた半紙のお稽古でしたが、なんだか上達したように見える・・・。やってよかったと思いました。

さて、兄弟とか、なかよしの友達で、一人だけ上がらない子がいた場合。
がんばったのに、惜しかったねえ、先生だったら○つけるけど、審査した先生はつけてくれなくて、残念・・・などとまずはフォローします。
時には、一所懸命書いた字、心をこめて書いた字はいい字。いい字は誰にでも書けるんだよ、お手本にそっくりじゃなくても、いい字はいい字・・・なんて話もします。
いい字の話で、ちょっと気分がよくなってきたら、お手本の字は誰が見てもきれいに見えるように研究された形だから、よく見て練習したらきれいにかけるようになるよ。というのがパターン。
その気にさせたら、こっちのもの、どんどん上達して、子どもってすごいと思います。

このごろ感じるのは、親の関わり方も、子どものやる気にすごく影響しているな、ということ。つかずはなれずで、うまく見守ってくれる親がいちばんいいように思います。といって、親に直接口出しするわけにもいかず、はがゆい思いです。yokomotoさんはどうですか?


342.Re: こんにちは
名前:yokomoko    日付:2007/8/17(金) 8:33
半切のお稽古、お疲れさまでした!
半紙と違ってけっこう大変ですよね。
場所の関係で、私も一回に2人が限度です。
でもたまに大きな作品を書いてみるのっていいですよね。
半紙では味わうことのできない書の楽しさがあると思います。
機会があればどんどん書かせてあげたいのですが、実際には
夏休みと冬にちょこっと、、という感じになってしまいます。

段級位関連のアドバイス、とても参考になりました。
がっかりしている子どもたちをまずは励まして
気持ちを前向きにもっていってもらうことは大事ですものね。

親の関わり方、、なかなか難しいですよね。
つかずはなれずの加減も人それぞれですしね。
親は親、子は子、、
自分で歩いて行かれる力をつけることが
親の役目なのかもしれません。
わかってはいるのですけれどね(^_^.)

でも、自分の子供だけでなく、教室を通していろいろな
子供たちの成長を見ることのできるこの仕事って、すごく
恵まれてると思いませんか?
実は自分が一番、成長させてもらっていたりして・・(^_^.)
ということで、これからもお互い頑張りましょうね、虹さん♪


ページ: |< << 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb