[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
新着・更新情報掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



23.2014年のカレンダー 返信  引用 
名前:よしの88    日付:2013/12/31(火) 13:26
来る、2014年で家の各部屋を飾る、カレンダーが決まり、購入等も済みました。

今回も継続の種類が殆どですが、どこに何を飾るかを決めて配置していきたいと思います。

*2014年を飾るカレンダー各種

●富山県中央植物園友の会カレンダー
 富山県中央植物園友の会会員に毎年配布されるカレンダーです。
 2ヶ月で見開き、各種の植物類の絵が描かれています。

●花のカレンダー
 東京都公園協会(東京パークフレンド)会員に毎年配布される、カレンダーです。
 1ヶ月で見開き、各種の植物類の絵が描かれています。
 また、東京都で見られる、植物類の開花や見頃時期なども各日にちに入っています。

●BIRDS IN SEASONS 12ヶ月を彩る野鳥
 日本野鳥の会の小版の1ヶ月1枚の野鳥写真カレンダーです。
 (大版か小版かを毎年購入するカレンダー)

●北国の花
 北海道の野草類のお花が2ヶ月1枚で掲載されています。
 (毎年購入するカレンダー)

●なきうさぎカレンダー
 名称通り、氷河期の生き残りとも言われる、大変に貴重なナキウサギ君づくしの1ヶ月1枚のカレンダーです。
 (毎年購入するカレンダー)今年も2部購入しました。

●frogs! Calendar
 カエル君のカレンダーです。
 1ヶ月1枚でカエル君の写真が大きく載っています。
 (毎年購入するカレンダー)

●THE FROG
 こちらもカエル君のカレンダーです。
 1ヶ月1枚でカエル君の写真が大判で楽しめます。
 (毎年購入)

●北海道の野鳥
 毎年使える北海道の野鳥写真による、日めくりカレンダーです。
 A6版小サイズで机上用です。
 (昨年の購入ですが、継続使用です。)

●北海道の情景
 北海道の有限会社ナチュラリーさんのオリジナルカレンダーです。
 24節気で辿る北海道の風景が楽しめます。
 (毎年購入するカレンダー)

●三番瀬で会いましょう 三番瀬カレンダー
 三番瀬の生きものたちや風景などの写真が1ヶ月1枚のカレンダーです。
 (毎年購入)今年も2部購入しました。

●星野道夫の世界
 星野道夫さんの作品集です。
 北海道の生きものたちの写真が素晴らしいです。
 A4版大サイズで1ヶ月1枚。
 (毎年購入するカレンダー)

●大田達也作品集 森の動物たち
 森の動物類のカレンダーです。
 A3版大サイズで森の生きものたちの写真が楽しめます。
 (今季新規購入)

●カエルカレンダー
 A6サイズの机上用のシンプルなカエル君の絵満載のカレンダーです。
 (今季新規購入)

●ガンバレ!河北潟のなかまたち
 河北潟湖沼研究所友の会会員に配布されたカレンダーです。
 河北潟の生きものたちが毎月楽しめます。
 (2013年より新規会員として入会、今季から)

●星野道夫カレンダー
 机上用の小サイズのカレンダーです。
 北海道の生きものたちの写真が毎月楽しめます。
 (今季新規購入)

●美しい日本の野鳥
 谷口高司さんが描いた野鳥類が楽しめる机上用のカレンダーです。
 (今季新規購入)

●2014 A&I Pigs Calendar
●THE PIG GARDEN カレンダー
●The Pig 2014. Broschuerenkalender
 3種ともブタ君がモデルになっているカレンダーです。
 かわいい、ブタ君たちの写真が毎月それぞれ楽しめます。
 (3種とも今季新規購入)

その他ももらったり、様々なカレンダーがありますが、今年は以上の19種で行きたいと思います。

年を追う毎にカレンダーの種類がますます増えていく傾向になっています。

22.2013年のカレンダー 返信  引用 
名前:よしの88    日付:2012/12/30(日) 14:28
来る、2013年で家の各部屋を飾る、カレンダーがほぼ決まりました。
今回も継続の種類も含め、どこに飾るかを決めて、今日か明日にも配置していきたいと思います。

*2013年を飾るカレンダー各種

●富山県中央植物園友の会カレンダー
 富山県中央植物園友の会会員に配布されたカレンダーです。
 2ヶ月分で見開き、それぞれに植物類の絵画が描かれています。

●市根井孝悦の大雪山
 北海道の有限会社ナチュラリーさんのオリジナルカレンダーです。
 大雪山の四季の風景が楽しめます。
 (毎年購入するカレンダー)

●BIRDS IN SEASONS
 日本野鳥の会の小版の1ヶ月1枚の野鳥写真カレンダーです。
 (大版か小版かを毎年購入するカレンダー)

●北国の花
 北海道の野草類のお花が2ヶ月1枚で掲載されています。
 (毎年購入するカレンダー)

●なきうさぎカレンダー
 名称通り、氷河期の生き残りとも言われる、大変に貴重なナキウサギ君づくしの1ヶ月1枚のカレンダーです。
 (毎年購入するカレンダー)今季も2部購入しました。

●frogs! Calendar
 カエル君のカレンダーです。
 1ヶ月1枚でカエル君の写真が大きく載っています。
 (毎年購入するカレンダー)

●THE FROG
 こちらもカエル君のカレンダーです。
 1ヶ月1枚でカエル君の写真が大判で楽しめます。
 (今季新規購入)

●残そう、美しい、日本の風景
 財団法人日本ナショナル・トラスト協会のカレンダーです。
 大判で各月、日本の風景が楽しめます。
 (今季新規購入)

●北海道の野鳥
 毎年使える北海道の野鳥写真による、日めくりカレンダーです。
 A6版小サイズで机上用です。
 (昨年の購入ですが、継続使用です。)

●三番瀬で会いましょう 三番瀬カレンダー
 三番瀬の生きものたちや風景などの写真が1ヶ月1枚のカレンダーです。
 (毎年購入)今季は2部購入しました。

●花のカレンダー
 公益財団法人東京都公園協会友の会の会員に配布されるカレンダーです。
 各月見開きで、植物類の絵画が楽しめ、また、東京都立各公園でのお花の開花メモが付いています。

●永遠のまなざし 星野道夫の世界
 星野道夫さんの作品集です。
 北海道の生きものたちの写真が素晴らしいです。
 A3版大サイズで1ヶ月1枚。
 (毎年購入するカレンダー)

●北の森から 動物が見ていた!
 北海道の生きものたちのカレンダーです。
 A3大サイズ、太田達也さんの作品集です。
 (毎年購入するカレンダー)

その他にも色々ともらったり、送られてきたりするカレンダーもありますが、2013年は上記の13種類で行きたいと思います。

今年も更に種類数が増えてしまいました。

21.2012年度のカレンダー 返信  引用 
名前:よしの88    日付:2011/12/11(日) 15:19
来る、2012年で家の各部屋を飾る、カレンダーが決まりました。
販売されている物は全て購入済みでこれから家の1階か2階か、どの部屋に飾るかを決めて行きたいと思います。

*2012年を飾るカレンダー

●中池見の四季
 NPO法人 ウェットランド中池見の会員に配布されたカレンダーです。
 A6版大サイズで2ヶ月1枚、四季の風景が綺麗です。

●北海道の野鳥
 毎年使える北海道の野鳥写真による、日めくりカレンダーです。
 A6版小サイズでこれは机上に置こうと思っています。
 (今季新規購入)

●北国の花
 北海道の野草類のお花が2ヶ月1枚で掲載されています。
 (今季新規購入)

●なきうさぎカレンダー
 名称通り、氷河期の生き残りとも言われる、大変に貴重なナキウサギ君づくしの1ヶ月1枚のカレンダーです。
 (毎年購入)今季は2部購入しました。

●BIRDS IN SEASONS
 日本野鳥の会の小版の1ヶ月1枚の野鳥写真カレンダーです。
 (大版か小版かを毎年購入)

●花・風・景
 北海道の有限会社ナチュラリーさんのオリジナルカレンダーです。
 A3小サイズ、北海道の自然画きれいです。
 (今季新規購入)

●frogs! Calendar
 カエル君のカレンダーです。
 1ヶ月1枚でカエル君の写真が楽しめます。
 (今季新規購入)

●北の森から 動物が見ていた!
 北海道の生きものたちのカレンダーです。
 A3大サイズ、太田達也さんの作品集です。
 (今季新規購入)

●永遠のまなざし 星野道夫の世界
 星野道夫さんの作品集です。
 北海道の生きものたちの写真が素晴らしいです。
 A3版大サイズで1ヶ月1枚。
 (今季新規購入)

●蕪栗沼カレンダー
 蕪栗ぬまっこくらぶ会員に配布されるポスターカレンダーです。

●三番瀬で会いましょう 三番瀬カレンダー
 三番瀬の生きものたちや風景などの写真が1ヶ月1枚のカレンダーです。
 (毎年購入)

●バードリサーチカレンダー
 1ヶ月1枚の野鳥写真の葉書サイズの卓上型カレンダーです。
 (毎年購入)

あと、もらったカレンダーやその他色々ありますが、2012年は上記の12種類で行きたいと思います。

例年、6〜7種類くらいなのですが、2012年は少し種類数が増えてしまいました。

20.蔵書データベースプロジェクト 返信  引用 
名前:よしの88    日付:2011/10/2(日) 15:50
2011年10月1日より、蔵書データベースプロジェクトを始動します。

これは今まで何も整理すらしてこなかった(本棚に入れるだけ、中には積み重なっているだけ)蔵書を全てデータベースに登録して、いつでもどこに何があるのかを瞬時に分かるようにしようと言う目的があります。

今の状態ですと欲しい情報を得るのに確か文献があったはずなのに、どこにあったかなとかある場所は分かってもその文献が部屋のどこにあるのかわからないとか、様々に不便な状況ばかり続いています。
何とか、蔵書の中の情報を手間を掛けずに一発で探す事は出来ないかと考え、データベース化を思い付きました。

作成後はホームページにもデータベースを掲載して、オンラインからも検索を可能にし、また何かの役に立てばと言う思いもあります。

しかし、蔵書は膨大な量でどこまでをデータベース化するかでかなりかかる時間も違ってくると思われます。

現在以下のような指針で進めようと考えています。

【図鑑類】
簡単に「分類」、「タイトル」、「ISBN」、「著者名」、「出版社」、「定価」、「初版発行日」、「備考」などでデータベース化。

【書籍類】
図鑑類と同じく、データベース化。

【文献類】
基本的には図鑑類、書籍類と同じく、データベース化をするのですが、特にその中の報文のタイトルが重要になって来る場合が多いと思われるだけに、データベース化するのであれば、その目次の項目も盛り込まないと意味がないかも知れません。

【団体会報、資料類】
基本的には文献と同じく、データベース化。

以上の4種に分けて、順次データベース化をしていきます。
全ての図鑑や書籍、文献を含めても簡単に考えて、15,000以上はあると思われますし、特に文献や会報・資料などは大変に時間が掛かると思います。

使用するソフトは大変に悩みました。
現在手持ちのDBソフトは、アクセス、FileMakerProなどいくつかのソフトですが、現行バージョンから少し前のバージョンであり、またサイト公開などの事も考え、様々に調べてみました。

いくつかのオンラインソフトが浮かび上がり、またCGIを使用してデータベースを作るなど色々に検討、試行をしてみましたが、どれもしっくりいきません。

そこでふと思いついたのが、シェアウェアでだいぶ昔から使用している、TCARD と言うソフトです。
WEB CGI 対応もあり、大変にシンプルながら大体の事は出来ます。

最終的に今回はこのTCARD と言うシェアウエアを使用してデータベースを作成する事にしました。

データの転用も利きますから、その点では途中での乗り換えも可能です。

まずは、今日から【図鑑類】のデータベース化を始めているところです。

完成次第、ホームページにアップします。

それから、【書籍類】、【文献類】・・と進めていきます。

仕事の合間合間の作成とすると、簡単に考えて、全ての完成には少なくとも1年、余裕を見て、3年と考えており、3年計画で考えています。

19.2011年8月の計画策定に関して 返信  引用 
名前:よしの88    日付:2011/7/11(月) 0:35
2011年の夏に関しては今現在で日程がはっきりしませんが、8月の初旬〜中旬、または中旬〜下旬のいずれかで仕事が完全に休みと言うわけではありませんが、通常より自由な時間の取れる期間が10日間ある予定です。

その10日間で仕事の関係上、日々日帰りとはなってしまいますが、例年の如く生きものたちに会いに行くために計画をして、フィールドをまわることに専念したいと考えています。

現在日程は未定ですので、どこに行くか、何回行くかで計画をして、ターゲットについては、一部のみ計画という感じにしました。

【毎年、この時期に必ず行く場所】

@蝶の里公園(埼玉県比企郡嵐山町)〜武蔵丘陵森林公園・山野草コース(埼玉県比企郡滑川町)・・・2回:チョウ類、その他昆虫類、山野草

A桶ヶ谷沼〜鶴ヶ池(静岡県磐田市)・・・2回:東のトンボ王国ならではの多種多様なトンボ類と他の昆虫類

Bオオムラサキ自然公園(山梨県北杜市)・・・1回〜2回:多種多様な昆虫類

C茨城県自然博物館・野外施設(茨城県坂東市)・・・1回:トンボ類と他の昆虫類

D鬼怒水辺観察緑地(栃木県真岡市)・・・1回:トンボ類(特にオオキトンボ、マダラヤンマ)

E牛久自然観察の森(茨城県牛久市)・・・1回:昆虫類全般

F箱根湿生花園(神奈川県南足柄郡箱根町)・・・この季節の植物類、また特にトンボ類としてヒメアカネ

【毎年ではないが、この時期に良く行く場所】

@ぐんま昆虫の森(群馬県桐生市)・・・1回:昆虫類全般、南国のチョウ類

A桐生自然観察の森(群馬県桐生市)・・・1回:昆虫類全般、特にトンボ類としてルリボシヤンマ

B横浜自然観察の森(神奈川県横浜市栄区)・・・昆虫類全般、特に直翅類としてクルマバッタモドキ類

C秦野戸川公園(神奈川県秦野市)・・・昆虫類全般、特に多種多様な直翅類

D泉自然観察の森〜大草谷津田いきものの里(千葉県千葉市)・・・昆虫類全般

【今年新たに行く計画をしている場所】

@南割公園(長野県駒ヶ根市)〜トンボの楽園(長野県伊那市)・・・1回:特にハッチョウトンボ、他の多様なトンボ類

A海上の森(愛知県瀬戸市)・・・1回:特にハッチョウトンボ、その他昆虫類全般

B国営越後丘陵公園・里山フィールドミュージアム(新潟県長岡市)・・・1回:昆虫類全般

C麻機遊水池(静岡県静岡市)・・・昆虫類全般、トンボ類に期待したい

D長岡公園、長岡湿地(栃木県宇都宮市)・・・昆虫類全般、トンボ類に期待したい

以上に基づいて、計画をしていきたいと思います。

ここに揚げた場所を全て、回数行くとすれば、10日間ではとてもまわりきれませんし、また、仕事の関係上、日帰りが必須、また全て車両移動となりますので、連続して距離のある遠い場所に行く事は難しいです。

それと写真撮影が目的のためにお天気と風の関係が大変に重要になって来ます。

以上のことから、日程などが決まり次第、計画を策定して実行に移していきたいと思います。

18.2011年5月連休の計画策定について 返信  引用 
名前:よしの88    日付:2011/4/24(日) 22:28
今回の世の中一般で言う、5月の連休は完全に仕事が休みと言う訳ではありませんが、通常よりも自由に時間が取れるために日々日帰りではあるものの生きものたちに会いに行くために計画をして、フィールドをまわるようにしています。

当初今年はここ数年、昆虫類に専念していたために、シギ・チドリ類に専念しようと考えていましたが、先の大震災の影響もあり、状況を考えるとシギ・チドリ類はもしかして期待できないかも知れないと考え、今年も昆虫類、植物類に専念する事にしました。

まずはターゲットを決めて、フィールドを考え、10日間の予定を策定しました。

4月29日(金)・・・箱根湿生花園(神奈川県南足柄郡箱根町)【主なターゲット:ミズバショウ】〜辻村植物園(神奈川県小田原市)
4月30日(土)・・・桶ヶ谷沼(静岡県磐田市)【主なターゲット:ベッコウトンボ】〜鶴ヶ池(静岡県磐田市)
5月1日(日)・・・蝶の里公園(埼玉県比企郡嵐山町)【主なターゲット:初春の生きものたち】〜武蔵丘陵森林公園(埼玉県比企郡滑川町)【主なターゲット:クマガイソウ】
5月2日(月)・・・オオムラサキ自然公園(山梨県北杜市)【主なターゲット:ヨツボシトンボ】〜日野春農村公園〜オオムラサキ自然歩道〜生態園(山梨県北杜市)
5月3日(火)・・・泉自然公園(千葉県千葉市)【主なターゲット:クマガイソウ、初春の生きものたち】〜大草谷津田いきものの里
5月4日(水)・・・桶ヶ谷沼〜鶴ヶ池(静岡県磐田市)
5月5日(木)・・・蝶の里公園、武蔵丘陵森林公園(埼玉県比企郡嵐山町・滑川町)
5月6日(金)・・・オオムラサキ自然公園〜日野春農村公園〜自然歩道〜生態園(山梨県北杜市)
5月7日(土)・・・牛久自然観察の森(茨城県牛久市)
5月8日(日)・・・茨城県自然博物館野外施設(茨城県坂東市)

と言う感じで行動したいと思います。
まだまだ行きたい所は多くありますが、かなり絞った形で考えました。

また、当日のお天気模様(雨、完全な曇り、強風)によっては中止、入れ替えなどもその時その時に考えていきたいと思います。

主なターゲットとして、クマガイソウ、ミズバショウ、そして、ベッコウトンボ、ヨツボシトンボは外さないようにしたいと思います。

17.2011年度 twitter 行動指針 返信  引用 
名前:よしの88    日付:2011/1/1(土) 21:3
2011年度のtwitter上での行動指針を考えてみました。

【主旨】
@当初の目的通り、管理人の近況やどこかに行った場合の状況を伝える手段としての活用。
A蔵書、手持ちの図鑑や書籍、文献を広く紹介していく場での活用。
B自然保護、生物保護、動物愛護などの発言の場としての活用。
Cホームページの更新情報などを発信する場としての活用。

【発言指針】
@どこで仕事をしているとか、どこに行っているとか、その場の状況を発信する。
A素晴らしい書物、良い書物は広く知られるべきの精神から蔵書を紹介していく。
B自然保護に関してはあまねく情報を集め、それに対するコメントを発信する。
C生物保護に関しても、動物愛護に関してもBに同様。
D無駄な議論は時間の無駄、後に何も残らないと考え、最低限にする。
E何をコメントしても無駄と思われる場合は極力スルーをする。
FTL上で興味を持った、きれい、素晴らしいと思った写真に関しては極力簡単でもコメントを書く、
Gフィールドで普段撮った撮影写真を掲載する。
H自分の考えなどと違った考えに対してのコメントをする。
I里親募集などの記事は極力広めるようにする。
J生きものたちの迷子、情報協力などに関してもIに同様。
K生き物に関しての不明種などの同定には極力出来る範囲で協力する。
L行政の誤った行動に関する発言をする。
M更に様々な交流の場として活用する。

【リツイート指針】
@行政や公共に対する事で極めて重要と思われる発言。
A動物愛護上、きわめて重要と考えられる発言。
B生物保護上、きわめて重要と考えられる発言。
C自然保護上、きわめて重要と考えられる発言。
D昆虫類や植物類を含む生物の紹介で興味を持ったもの。
E里親募集、迷子関係、その他生き物に関する協力を仰いだ記事。
Fその他、共感を持った発言や記事。
G生物学上の新しい知見、興味を持った記事など。
H自然、生物全般に対して興味を持った記事。

【フォーロー指針】
@少なくとも同じ考えの上にある事。
A生物全般に関する事を発信していること。
B自然全般に関して発信していること。
C自然、生物全般に共通する事を発信していること。

フォーローはプロフィールを見て判断しています。
共通する事があれば、リフォローしますが、共通しないと思われる、または営業などの場合はリフォローしません。
同じく、プロフィールが書かれていない場合は分かりませんので、リフォローしません。

【リムーブ指針】
@基本的に自分からリムーブは一切しない。
Aリムーブを受けた場合は即こちらからもリムーブを持って対処する。
B一度リムーブを受けた場合、再度フォローしてきても基本的にリフォローしない。

【文体の指針】
@文体はです、ます調を基本とする。

【返信の指針】
@基本的に引用、文章が長くなるときは返信で最後に自分のアカウントを付ける。
A言葉遣いを知らないと判断できるコメントなどには返信しない。
B非難、批判は聞いて返信をしても、平行線を辿り、結局は何も残らず、時間の無駄。よって基本的にはスルーする。
C基本的に返信は遅れても必ずする様にする。
D反論に類するコメントに関しても無用な議論となる可能性が高いと考え、基本的にはスルーする。

ここでリツイートに関しては少なくとも共感する、興味を持つことが最低必要であり、共感しない、興味を持たない、または疑問があるなどの発言はリツイートしないと言う事になります。

などとなって来るでしょうか。
まだまだ多くあると思いますが、今の時点で思いつくことを列記して今年の指針としたいと考えています。

なお、蔵書、手持ちの図鑑や書籍、文献などの紹介に関しては別アカウントとして独立させるかどうか、検討をしているところです。

16.5月及び直近の計画 返信  引用 
名前:よしの88    日付:2010/4/28(水) 10:56
現在、今年の計画について、引き続き構想を練っているところですが、時間もなく、なかなかまとまらない状況です。

決まっているのは、通期見て行く場所くらいであとは何一つまとまっていません。

スレッド15にも書いた通り、「計画なしには実行なし」が基本的な考え方ですので、その場その場の思いつきではなく、生きものたちの生活や生態に合わせた計画が重要と考えています。

おおむね、鳥類、昆虫類、植物類に分けて、その季節や時期ごとに何度行くことを目標とするかで計画をしています。

今現在で決まっているのは以下の通りです。

【鳥類】

通期見て行く場所
・・・残念ながら特に決まっていない状況です。
ただ、主に見て行く場所として、
@三番瀬
A谷津干潟
B銚子港  を考えています。

【昆虫類】
通期見て行く場所
@蝶の里公園
A東白鬚公園
B茨城県自然博物館野外施設・菅生沼

【植物類】
通期見て行く場所
@箱根湿生花園
A蝶の里公園
B武蔵丘陵森林公園

と計画をしています。

また、今年の連休の予定についての策定をしました。
実際には休みと言える休みは毎年の事ながら、ありませんが、少なくとも、5月2日〜5日は比較的自由に動けますので、この4日間で普段行く事の出来ない、遠方の場所に行こうと思っています。
とは言っても、仕事の関係もあり、毎日日帰りが出来る範囲に限られますが・・・。

現在考えているのは、全て【昆虫類】でのフィールドです。

・5月2日・・・桶ヶ谷沼(特に毎年逃している、ベッコウトンボ君とヨツボシトンボ君など種類を目標)

・5月3日・・・桐生自然観察の森
・5月4日・・・ぐんま昆虫の森
・5月5日・・・牛久自然観察の森

と言う感じで考えています。
少なくともお天気次第で行けなかったりすることがあるかも知れませんが、桶ヶ谷沼は必ず行く事として、あとの3ヶ所は雨模様でない限り、行く予定でいます。

あとは、その後の予定を更に季節ごと、時期ごと、またどんな種類を目標とするかなどを基本として検討をしているところです。

15.2010年度の計画 返信  引用 
名前:よしの88    日付:2010/3/8(月) 17:4
毎度のことではありますが、現在今年の計画を少しずつですが構想を練っているところです。
うちはまず計画でそこから始まると思っておりますので、「計画なしには実行なし」そのものと考えています。

昨年は大まかな計画は立てましたが、無理な計画もあり、実際には達成率にしたら、半分程度という所であったと感じています。

今年は十分に達成できる計画・目標では意味がありませんので、多少は大きく目標を持ちたいと思っておりますが、実現不可能な計画とならないように注意して、行きたいところはまさに多くありますが、少しでも絞って計画に盛り込んでいきたいと考えています。

計画は鳥類、昆虫類、植物類に分けて、その季節ごと、また時期ごとに何回行く事を目標とするかで計画をしたいと思っています。

そして、その種類ごとに核となる場所を決めて、その場所に関しては通期様子を見ていくと言うことも今までと変わらないことでもあります。

今現在決まっているのは以下の通りです。

【昆虫類】
核となる通期見て行く場所
@蝶の里公園 (昨年と同じく、引き続きです)
A東白鬚公園 (新規の場所ですが、生物相が大変に興味深い場所です)

【植物類】
核となる通期見て行く場所
@箱根湿生花園 (3月下旬の開園から昨年と同じく、引き続きです)

期間限定の優先する場所
@城山かたくりの里 (3月下旬くらいから約1ヶ月間のみ開園ですので、その期間中に最低でも2回)
A小鹿野町節分草園 (先日1回行きましたが、あと1回は・・・)
Bザゼンソウ自生地 (栃木県か群馬県か山梨県か今の所、どこに行くかは迷っている状態ですが、早々に1回はどこかに・・・)

【鳥類】
こちらに関しては現在大変に迷っている状態です。
ここ毎週足を運んでいる、三番瀬は潮干狩りが開催されますので、その点で今一歩ですし、谷津干潟も不調、そうなるとどこにするか、大変に難しい状況です。

上記の核となる場所、期間限定の場所に少しずつ肉付けをして、様々にその季節ごとに行くべき、もしくは行きたいところを盛り込んで計画をしていきたいと思います。

計画がある程度出来ましたら、また掲載をしたいと思います。

14.2009年度の総括 返信  引用 
名前:よしの88    日付:2010/1/1(金) 13:41
2009年度は昆虫類に初めて通期専念した年でもありました。
そこで1年間にどれだけの場所に行って、どれだけの枚数を撮影してきたのかを調べてみました。

延べでの行った場所数・・・104箇所
総撮影枚数・・・162,044枚
1回の平均撮影枚数・・・1,558枚
と言うことになりました。

昆虫類関係に関しては遠方も多く、思ったよりも延べ場所数は少なく感じましたが、撮影枚数的には1回平均で1500枚程度と思った通りでした。

現在ブログなどで掲載されている写真はそのうちのごく一部で、その殆どが整理できていないと言うことになりますが、これから空き時間に掲載するかどうかは別として、記録として残せる形にして行きたいと考えています。

10.(untitled) 返信  引用 
名前:唐変木    日付:2009/12/3(木) 11:50
よしの88様、はじめまして。

ムネアカツヤコマユバチとのご指摘たいへんありがとうございます。
またよろしくお願いします。

HPと掲示板ゆっくり拝見させていただこうと思います。
すごい情報量でびびりました。
私のブログにリンク貼らせていただいてもよろしいですか?
是非、参考にさせていただきたいので、お願いします。

※このレス、邪魔だったら消してくださいね。
http://nurselog.blog119.fc2.com/



11.Re: (untitled)
名前:よしの88    日付:2009/12/3(木) 22:38
こんばんは、こちらこそ初めまして。
わざわざお越し頂き、大変に恐縮の限り、また、誠にありがとうございます。

さて、ムネアカツヤコマユバチ君、うちもつい少し前に初めて会ったばかりで、撮ったときはアリ君か、ハチ君のどちらかと言うことはわかったものの、体長からして、アリ君ではないと考え、何とかそのお名前にたどり着いたという感じです。

このコマユバチ君の系統もどちらかと申しますとかなりマイナーのようで、解明されていない種類も多くあるようにも聞くところです。

今回はキバチ類の検索をしていましたら、たまたまと言うところでしたが、こちらこそ、この機会に今後ともよろしくお願い申し上げます。

また、HPもご覧頂けるとのこと、大変にうれしい限りですが、その殆どは未完成で「完成時の構想」だけは頭の中にあるのですが、その殆どはなかなか作成もはかどらず、まだまだと言う感じです。
かなりまとまった時間がないと作成は無理ではないかとも感じてきておりますが、仕事があっての趣味でもあり、当分は仕方のないことと考えています。

そう言った訳で出来ているページでも中途半端な内容ばかりと言う感じですので、ご覧頂くには大変に申し訳ない限りです。

各種に掲示板、画像掲示板、ブログを一通り設置してはおりますが、こちらもなかなかアップも出来ないままで、在庫写真は大変に多く眠っているのですが、整理と不明種調べが全く進まないという状況です。

今後は年度末に向かって、仕事ばかりで仕事以外の時間を取ることは大変に難しい状況となるだけに更にアップも滞ってくるものと思います。

完全なる不定期アップ・掲載ではありますが、お時間のあるときにでもご覧頂ければ、大変にうれしく思います。

また、リンクをして頂けるとのこと、誠にありがとうございます。
こちらからも折り返しリンクをさせて頂きますが、現在全体(HP自体)でのリンクページが出来ていないために、どこかのブログでリンクをさせて頂き、全体のリンクページが出来たときに追加をさせて頂くと言うことでもよろしいでしょうか。

今回は「昆虫類」繋がりと言うことで、ブログ「昆虫道傳説」でリンクをさせて頂きたいと思います。
もし、不都合、またご希望があるようでしたら、何なりとお知らせ頂ければと思います。

この度は改めて誠にありがとうございます。
ご投稿は頂くだけでも大変に有り難いことであり、またうちにとってはそのそれぞれが大変に大切でいわば「宝物」と同じです。
ご投稿はHPに関係する事であれば、邪魔などと言うことは一切ありませんから、全くお気になさらずにお願いしたく思います。


12.Re: (untitled)
名前:唐変木    日付:2009/12/4(金) 9:22
ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。
http://nurselog.blog119.fc2.com/


13.Re: (untitled)
名前:よしの88    日付:2009/12/5(土) 4:37
こんばんは、再度ありがとうございます。
ブログ「昆虫道傳説」にリンクを設定させていただきました。
こちらこそ、今後ともよろしくお願い申し上げます。

9.EOS-1D MarkIV発表 返信  引用 
名前:よしの88    日付:2009/10/20(火) 20:37
本日Canonより、EOS-1D MarkVの後継機、EOS-1D MarkIVが発表されました。
大変に期待していたのと待ちに待ったという感じですが、気になるスペックはどうなのか、と言いますとうちが求めているものはかなり拡張されたという印象が深いです。

@APS−Hはそのまま踏襲
A1010万画素→1610万画素へ
B記録解像度3888×2592ドット→4896×3264ドット
Cモニターは3型23万ドット→3型92万ドットへ
Dファインダーは従来通り
EAFはクロス19点→39点へ
FISO100〜3200、拡張時はISO50〜6400→ISO100〜12800、拡張時ISO50〜102400でISOオート設定装備
G動画撮影機能
Hバッテリーは従来通り
I実売価格44万8000円→ 56万8000円
J10コマ/秒連写
K高感度低ノイズ性能の向上
LデュアルDIGIC 4の装備
Mライブモード機能向上

などがあげられるでしょうか。

うちの場合重要なのは@、B、そしてフラッシュを使えない、自然の生きものたちが撮影対象であるために、特にFのISO設定は大変に重要です。
特に現在から大幅に向上して、102400まで設定可能、その上にEOSシリーズで初めて搭載される、ISOオート機能(下限と上限を自由に設置できるらしい)は大変に魅力的です。

その上に高感度による、ノイズ低減も大幅にアップされているとなれば、これも言う事なしです。

バッテリーも従来通りで資産をそのまま活用できます。

その他の機能についてはそれほど気にしていないのですが、連写機能が10コマ/秒と従来通りであったのは残念です。

以上のことから、実際に57万ほどの金額に見合う機種かどうかと言うところを考える事と、現在使っているEOS-1D MarkV2台にプラスして購入する価値があるかどうかと言う事を考えますと、やはり「買い」であると考えました。

まず、早かれ遅かれ、間違いなく購入することになると思われる機種です。

本日より早くも予約を開始している店もあるようですが、少し様子を見てみたいと思います。
発売は12月の下旬と言う事ですから、そう慌てることもないですが、すぐに手にすることが出来なくなる可能性もあり、早めに決めたいと考えています。

8.お願い事項 返信  引用 
名前:よしの88    日付:2009/9/19(土) 13:59
この度、お願い事項に関するページを作成し、TOPページからリンクを致しました。

これは最近の以下のことに対して、何かしらHP内で書いておく必要があったためです。

@スパムが一向に減らないこと。
A風俗的な投稿が一向に減らないこと。
Bいやがらせとも受け取れる、『匿名』の投稿が後を絶たないこと。
C記事や内容に関しての記述のない投稿がある事。
D観察データに関して、明らかに無断で引用していると見受けられるブログを発見したこと。
こちらに関しては管理人以外の投稿されているデータでなく、管理人が掲載したデータであったためにまだ良かったと思われる事です。

そして、この無断使用、無断引用などは氷山の一角に過ぎず、まだどこかに存在している可能性があるだろうと言う考えを管理人自身持っています。
Eだいぶ前の話になりますが、管理人が掲載した写真をあたかも自分で撮影したかの如く、ブログに掲載しているという例もありました。

以上の理由からこのお願いページを作成したわけですが、これで@とAが減るとは到底思えませんが、何らかの意思表示は必要であると思いました。

特にDとEに関してはとんでもないことであり、これに関しては相応の手段を執るべきものと考えています。

いつもお世話になっている皆様方には今更特に関係のない事ではありますが、諸般の事情において掲載をしたと言う事でご理解を頂ければと思います。



また蛇足ではありますが、管理人が行った先々、または仕事中などに見た、チョウ類の目撃データを今までに某団体に提供をして来ましたが、諸般の理由から、データを提供するに相応しくない団体と判断しましたので、そのデータの返却(削除)を申し出ています。

これについては「希望通りになる予定」との返答があったのみで、確定的な返答は1ヶ月以上ない状態です。

この件に関しては、もし管理人のデータが利用されていたり、後々に出版されるであろうその記録集に管理人の名前が出ていたり、またはその一部でもデータが利用されていたりした場合は、同意を得ずにデータを利用した、もしくは無断で他人のデータを利用したと言う事でしかるべき手段を取らなくてはならないとも考えています。

7.匿名投稿に関して 返信  引用 
名前:よしの88    日付:2009/8/26(水) 22:49
いつもご覧いただき、誠にありがとうございます。

さて、このほど、HPのTOPページと「お知らせ・情報掲示板」におきまして、匿名投稿に関してのお願いの文章を載せました。

最近の事ですが、どうも良くわからない。嫌がらせとも受け取れる、匿名による投稿が後を絶ちません。

そこで、今までは匿名でも投稿を拒否すると言う事はしていなかったのですが、今回より匿名、またはそれに類するハンドルネームでの投稿を一切お断りし、その内容がその掲示板の内容、またはブログの記事の内容に即したものであったとしても、無条件で削除する事にしました。

ここでその対象とするものは・・・
@勿論、匿名による投稿であること。
A「通りすがり」であるとか、「どこかの人」とか、まあ色々な表現があるでしょうが、そう言った匿名に類するハンドルネームでの投稿であること。
B数字の羅列、その他考えられそうにもない、ハンドルネームでの投稿であること。

などが大きな基準となってくるかと思います。

これに関しては、ハンドルネームを見て、どこまでの基準で判断するかにもよりますが、一般的には通常考えられないであろう、ハンドルネームであることとしています。

自分が使うハンドルネームですから、少なくとも何かの意味合いがあるはずで、それの感じられないようなハンドルネームとしたら良いでしょうか。

このあたりも大変に難しいところですし、投稿の内容的にも問題ないとなるとどうするかと言うところですが、臨機応変に対応して、試験的に試して行きたいと思います。

現在ではここ1週間でスパムとは別にして、約10件ほどこうした事例で削除をしています。

なお、今までご投稿を頂いている、お世話になっている皆様方からのご投稿に関しては何ら今までと変わりはありませんこと、補足させて頂きます。

6.カメラの修理、そして予備機の購入 返信  引用 
名前:よしの88    日付:2009/8/15(土) 2:49
昨日撮影中にシャッターユニットがいかれてしまい、故障した、EOS 1D MarkVですが、早々に一番で修理に出してきました。

一応は今までのこととその経緯に関しては全て手柔らかに言っておきました。

購入から、1年1ヶ月ですので、保証期間外ですが、どうもリコール対策もあるようで、無償修理と言う事になりました。

今回の故障内容が具体的に記されず、内容は以下の通りとなっていました。
本来であれば、シャッターユニット故障とか書くのでしょうが、リコール対策も含めてと言う事なのかも知れません。

@AF精度、ミラー機構部点検・修理
Aミラー部油量点検・清掃
Bセンサー清掃

の3点と記されていました。

@に関してはリコール対策のものと思われます。
シャッターユニットの故障ではなく、ミラー機構部の不具合としたようです。

また、AF精度に関してはうちの場合、その殆どがMF撮影であるために特に気になっていなかったことですので、どちらでも良いのかなと言う感じです。

まあ、悪くならなければいいのですが・・・。

Aに関しては初めて聞きました。
どうもシャッターユニットの潤滑油の出が普通より多く、センサーを汚してしまう事があると言う事でした。

そう言えば、うちの場合、いつもセンサーのゴミに関しては毎回出来るだけ注意して清掃するようにしていますが、それでもなお、出来た写真を見るとゴミのようなものが写っている場合が多々あったことを思い出しますと、もしかしたらこの不具合によるものが原因だった可能性もあるのではないかと思いました。

そうなるともはや保証期間内外を問わず、リコールの対象になって来ますが、そのことに関してうちは何も言わなかったにも関わらず、こうして項目として上げていると言うことは、リコールの大きな部位を占めているのかも知れません。

Bに関してはまあ、解体しますから普通のことでしょう。

さて、これで無償修理となったのは良いのですが、その期間となりますと、ある程度予想していた通り、約2週間ほどで、戻ってくるのは月末近くと言う事でした。

修理が終わって戻ってくるまで撮影が出来ないと言うのは大変な痛手ですので、スレッド5にも書いた通り、予備機の意味合いも含めて、中古機を探す事にしました。

修理に出して、その足でいくつかのカメラショップをまわり、その程度と価格を見比べて行きました。

その中でいわゆる、「傷・スレ」の全くないきれいな中古品があり、試し撮りにおいても一応問題がないですし、今般のリコール対策もされていると言う中古機があり、それを購入することに決めました。

実際問題、かなりの出費となりますので、迷いがなかったわけではないのですが、撮影の時間の問題とその後の問題も含めて、迷っているわけにも行かず、購入を決めたあんばいでした。

価格的には昨日予想した通りでしたが、出来れば少しでも出費を抑えたいとも思ったものの、中古機の品質などを考えると多少は仕方がないとも考えました。

EOS 1D MarkVの中古機に関しては、付属品その他はどちらでも良いことですが、やはりストラップだけはクビに直接掛けるもので気になりますので、別の新品と言う事にしました。

その後早々に設定に関して、セットをし直して、撮影に出ました。

撮影では特に問題となる事も、気になることも今の所はありませんので、予備機としては十分に持ちこたえるのではと思っています。

ただ、今回の出費で後継機が出たとしてもすぐには購入できない可能性も出てきたことは否めないことでもあります。

5.カメラの故障 返信  引用 
名前:よしの88    日付:2009/8/13(木) 23:52
本日の撮影中に現在使っている、EOS 1D MarkVが故障しました。

シャッターユニットがいかれてしまったようで、これはどうにもなりません。

スレッド3でも書いたのですが、後継機の噂も出始め、後継機が出てくれるまで何とか使え、その後は整備・点検に出してから予備機として使用しようと思っていたのですが、やはりなかなかそううまくは行かないものです。

購入してから、約1年1ヶ月、撮影枚数は15万枚くらいですが、公称の30万枚の半分でダメになってしまった事になります。

このあたりも微妙で、クレームを付けたいところですが、公称は公称であって、条件や撮影の仕方、その他で大幅に変わるというのがメーカーの見解のようです。

せっかく時間的にも余裕が出来、様々なところに行きながら、撮影をしていますが、カメラを修理に出してしまうと、少なくとも、10から14日くらいは戻って来ませんので、大変な痛手です。

まずは明日の一番に修理に出すのは勿論の事ですが、その修理中のカメラのない間をどうするかが問題です。

結局はもう1台購入するしかないようです。

考えられるのは・・・
@もう1台、EOS 1D MarkVの新品を購入する。
Aもう1台、EOS 1D MarkVの中古機を購入する。
BEOS 50Dの新品を購入する。
CEOS Kiss系統の新品を購入する。
D修理が完了して戻ってくるまで、撮影を諦める。

の5点のうちのいずれかになるかと思われます。

本来であれば、Dなのでしょうが、先にも書いた通り、時間的なものを考えますと、一番に除外できそうです。

そうなると@〜Cのいずれかとなるわけですが、ここで金額的なものを考えますと・・・

@在庫のある店、その他を考えても、おおむね38万〜40万ほど。
Aおおむね、27万〜32万ほど。
B10万円弱。
C6万円強。

と即入手出来ると仮定して、調べた感じでは、この様な感じです。

やはり、出費は抑えたいのですが、今更下位機に後戻りも出来ませんから、結局のところ、現在考えている一番有力なのは、Aの方法と言う事になります。

後継機も噂のみですし、今現在は予備機もない状態ですから、予備機として持っておくのも今回の様なこともまたあり得ますので、必須の事のようにも思われます。

本来であれば新品の方が良いに越したことはありませんが、後継機の噂もあり、それもここ数ヶ月の問題でしょうから、新品ではなく、中古機でも良いかなと思っています。

今までシャッターユニットの故障による、撮影中断は今回を含めて、3回目でそのいずれの時も予備機がないがために貴重なシーンを逃してしまうことも多くありました。

そう言った事も考え合わせて、今回はこの故障を機会に予備機の購入という意味合いで明日、現在のを修理に出した足でカメラショップをまわって、中古機であればその撮影枚数も確かめられたら確かめて、検討をしたいと思います。

中古機と言うのはあまり好きではありませんが、これも仕方のない事で、実際に在庫している、その程度を見て決めて行きたいと思います。

反対に納得できるものがない場合はまたその時に考えたいと思います。

ただ、機械は良いとしても、やはりストラップだけは新品でないと・・・そんなことも思っています。

4.著者割引価格 返信  引用 
名前:よしの88    日付:2009/7/29(水) 5:15
最近知った事なのですが、この「著者割引価格」と言うものの事です。

今までその存在は知っていましたが、一般的には利用できないものと思っていました。

また、うちの場合、多くの自然科学系、生物系のメーリングリストに参加をしていますが、今までその中で取り上げられてはいても、特に気にすることもありませんでした。

しかし、最近、この「著者割引価格」を利用できる機会があることを知り、何冊かの書籍を購入しました。

書籍は一般的には「定価」で販売されていますが、この「著者割引価格」ですと色々ありますが、おおむね定価の6〜8割程度の価格の様です。

低価格の書籍の場合は、割引価格であっても送料の関係などで1冊あたりでは割高になってしまう例もあるようですが、まとめて何冊かの場合は有利になるようです。

また、定価でも著者割引価格でも送料設定が同じ場合は、当然の如く、1冊でも著者割引価格の方が有利でもあります。

うちの場合は自然科学系、生物系の専門書や図鑑の購入が特に多く、一般的にそれらの書籍や図鑑は大変に高価格の場合が多いですので、この著者割引価格は大変に金額的にも有利と言う事になります。

例えば、今回購入した図鑑の中で、価格が3万円半ばのものがありましたが、著者割引価格で2万円半ば、そして、送料も無料と言うケースもありました。

今回、高価格の図鑑類などはこう言った制度を利用するのも一つだと思いました。

ただ、新刊時、新出版、予約などの場合が殆どのようですので、実際に実物を見て確かめる事は困難のようではありますが、出版されてから少しの間であれば利用できる場合もあるようですので、その時その時で判断していけばいいかと思います。

うちの場合は書籍や図鑑類などは実際に本屋さんに行って見てから買うと言う時間が殆どありませんので、その題名、出版社、著者、また紹介記事や目次などをサイトなどで見て、買うか買わないかを判断しています。

今回の例えばであげた図鑑は中身を見たことはありませんが、著者陣、目次、内容紹介から以前より購入をすると決めていた図鑑でしたので、迷うことなく、その申し込みをしたあんばいでした。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb