[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
cinema cafe

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



5887.こんばんは  
名前:むんく    日付:2012/1/29(日) 21:9
「水曜日のエミリア」と「愛する人」を見ました。前者は何かのDVDの予告編で、ラスト近くの感動的な場面のセリフまで出ていて、もう見知っていましたが、やはり良かったなと思っていたら、「愛する人」はもうその何倍も感銘を受け、見て良かったと思いました。涙が終始止まりませんでした。自分が20代だったら、この映画にここまで感情移入できなかっただろうと思ったら、映画を含め、色んな芸術作品に対して、自分が思う評価というのは、いかにその作品の性質?にその時共感できたか否か、ということなのだなと強く思いました。自分の感性がすべてというか、その作品が世間でいかにその時評価されているかなど、客観的なことはおまけのようなものなのだな、と思ったのです。と言いつつ、管理人さんの昨年のベスト10を参考にさせていただいて、今せっせとDVDを借りている次第なのですが。



5888.Re: こんばんは
名前:管理人    日付:2012/1/31(火) 21:32
むんくさん、こんばんは。
むんくさんの意見に共感です。
同じ映画でも見た時の年齢や状況で受け取り方も変わってくるでしょう。
本当に共感できるか否かだと思います。
あと自分の好みではないけどすごいなー、と思う映画もありますから、やはり観てみようかな、となってしまうのですけど。
自分の感性(センス)にフィットする映画を見たときは気持ちがいいですね。
「愛する人」私もとても泣いてしまいました。
「エミリア」も良かったですけど私も「愛する人」のほうがだんぜん好きでしたよ。
私の選んだものがむんくさんの好みとあうといいのですけど。
ちょっと責任重大ですね(笑)


「5887.こんばんは」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb