[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
こけし談話室・訪問ノート

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
 



1680.質問です  
名前:若葉印    日付:2008年12月9日(火) 23時17分
Original Size: 640 x 480, 55KB Original Size: 640 x 480, 58KB

かなり以前に一度お邪魔しましたが、あまりに久し振りなのでほぼはじめまして(^^ゞ。

基本的なことで今までずっと疑問に思ってたことがありまして質問させていただきます。
いわゆる「伝統こけし」と分類されるこけしの範囲ですが、
今まで伝統こけしを作っている工人さんの作品はほぼそう解釈してたのですけれど、
たとえば写真のような柿澤是伸さんの帽子こけしのように、ご本人のアイデアやちょっとした遊び心などで作ったものは新作こけし・創作こけしの分類に属するのでしょうか?
ひな人形も伝統こけしではないとしたら、ねまりこなどはどっちなのでしょう?鳴子では古くからあるようですが。
あと、青い染料で描いた画像のようなこけしはお気に入りなんですが、今まであまり見かけず、伝統こけしと言ってもいいのでしょうか?

「伝統こけし」と「新作こけし」・「創作こけし」の区別が、
その辺のところで曖昧な認識でいたので教えて頂けたら幸いです。



1681.Re: 質問です
名前:deku    日付:2008年12月11日(木) 20時42分
 私も曖昧です。ことばでの概念など,迷うだけですから自分の感性に素直に収集すればいいのではないでしょうか。写真のこけし 魅力ありますね。こけし 帽子こけし そんな曖昧さでいいのではないですか。こけしに魅力を感じる感性,特に伝統こけしだけとなると,それほど一般的なものではないようですから,それを大切にして自分で伝統こけしと感じられるこけしを愛でるというのは如何でしょうか。


1682.Re: 質問です
名前:若葉印    日付:2008年12月12日(金) 0時33分
deku様
お返事ありがとうございます。
おっしゃるとおり、あまりそうした区別にこだわりすぎず楽しんだほうがよいのかもしれませんね。

あえて言えば、伝統を大切に継承した工人さんが、伝統的技法で作られたものであれば、広い意味で伝統こけしの部類かなぁ、と今思ったりしました。
ありがとうございました。

「1680.質問です」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb