[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
EC clubの掲示板
オンラインでのコミュニケーションにご活用ください。なるべくハンドルネームをお使いください。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容

投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 
メールアドレスは書き込まなくてけっこうです。



578.里山歩き/若御子山から大反山  
名前:石井明彦    日付:3月22日(日) 19時22分
21日はまたまた里山歩き。秩父の若御子山から大反山です。前回ここに来たのは30年ほど前か?
 まるで4月の陽気の中武州中川駅から歩き出し、振り返ると両神山が顔を出します。
 登山口へは、桃と桜が満開の民家の庭先を通らせていただきました。ご主人が「その先に水芭蕉が咲いているから見てゆきな、それと去年の台風でかなり道が荒れているから気をつけてな」と声をかけてくれます。
 若御子山中腹には福寿草の園地があります。油瀝青も咲いていてまったく春ですね〜。ここまではルンルン!
 この先道は急になり荒れて来ます。山頂のお社は完全に崩れていました。そこから大反山への縦走路入口は岩登り。状況はかなり悪く、本日のメンバーを考慮して無理をせず撤退。途中まで戻って、別の道から大反山に向かいましたが、こちらも道は荒れています。歩きやすかった登山道も大雨に土をさらわれて、石がゴロゴロ露出して、足をひねらないように注意深く歩かねばなりません。
 と言うわけで、こちらも時間切れになり、途中の明るい雑木林のところで戻ることにしました。
 千メートルにも満たず、登山コースの標高差も5百メートルほどの里山とは言え、あまり歩かれない山は、崩れてもなかなか修復されないし、おもわぬ危険に遭遇しますね。安全第一!登頂は出来なかったものの、やはり自然の中にいるだけで幸せな気分になれる一日でした。
 コロナもアウトドアの方が安心のようですしね。


「578.里山歩き/若御子山から大反山」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb