[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
G-NET 最新芸能情報
気になる芸能関係の最新情報とお勧め情報を毎日整理し、掲示します。ご利用ください!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
   タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



447.父のような温かなまなざしに見守られ 貫地谷しほりさん  
名前:為五郎    日付:2014/8/5(火) 9:25
父のような温かなまなざしに見守られ 貫地谷しほりさん(asahi.com)よりH26.08.05紹介
 この写真は、昨年私の初主演映画「くちづけ」のプロモーションで訪れた博多で、共演の竹中直人さんとお食事させていただいた時の1枚です。竹中さんとは、4回目の共演でこの映画で2度目の親子。私は精神が未発達のまま大人になった娘の役で、竹中さんは娘の面倒を見続けるために施設で一緒に暮らしている父親役でした。撮影中はとにかく、竹中さんの父としてのいとおしげなまなざしが温かくて。振り返るといつもそのまなざしで見つめてくださっていて、難しい役に安心して入り込めました。

 実はこの映画でブルーリボン賞主演女優賞をいただいたんです。よく何のために女優をやっているの? と聞かれることがありますが、この時わかりました。私、人からほめていただくのがうれしいんだなと(笑)。昔からスポーツや勉強が得意なわけでもなかったので、ほめられた経験があまりありませんでした。この仕事をしてからほめていただくことが増え、特にこの受賞時は多くの方に喜んでいただけて、本当にうれしかったです。

 8月15日からは舞台「ガラスの仮面」の主役、北島マヤ役に挑戦します。大人気漫画が原作であり、演技の天才少女という役柄なので、役が決まったことをマネジャーさんから聞いた時には「いやいやいや、だめでしょ」とぶんぶん手を振ってしまったほど(笑)、大きなプレッシャーと不安を感じました。でも、制作発表時に原作者の美内すずえ先生が「貫地谷さんが思う通りに精いっぱい演じてくれれば」とおっしゃってくださったことに背中を押していただきました。 多くの原作ファンの方がイメージする北島マヤにどれだけ近づけるか? これを目指し、自分の感じるままに精いっぱい演じます。

    ◇

かんじや・しほり 女優。主演映画「くちづけ」で第56回ブルーリボン賞主演女優賞受賞。舞台「ガラスの仮面」の主役を務める。秋には映画「救いたい」が公開予定。

◆舞台情報「ガラスの仮面」8月15日〜31日、青山劇場にて上演(19日と25日は休演)。地味で平凡に見えるが、演技の天才である北島マヤが、幾多の困難にぶつかりながら、永遠のライバル:姫川亜弓と共に伝説の演劇作品「紅天女」を賭けて競い合う物語。

出演は、貫地谷しほり、マイコ、浜中文一(関西ジャニーズJr.)、小西遼生、東風万智子、一路真輝  他。


「447.父のような温かなまなざしに見守られ 貫地谷しほりさん」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb