[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
薬師丸ひろ子非公式サイト(ファンサイト)掲示板

この掲示板は薬師丸ひろ子非公式サイト(ファンサイト)の掲示板です.
最新情報・想い出・メッセージ等、薬師丸ひろ子に関することをお書き込みください.

こちらもどうぞ → 非公式サイト内検索 薬師丸ひろ子事典 Yahoo!カレンダー<hiroko_y_fanclub>


[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容

投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 
○書き込みの削除・編集はこのページ下方を参照下さい○

いただいた情報は 非公式サイト へ反映することがあります.
ご質問に関しては よく寄せられる質問非公式サイト内検索 をご参照ください.
不適切と判断される書き込みは予告なく削除する場合があります.
 管理人 だるま 




6621.12月2日 ハートデリバリー。  
名前:RIKO    日付:2012年12月15日(土) 23時0分
昔は、女の子が生まれると
裏の畑に桐の木を植える習慣があったそうです。
女の子が成長して、嫁ぐ時には
その桐の木を切って、タンスを作りたい…。
そんな親の願いを込めた習慣だったといいます。

【桐一葉 落ちて天下の 秋を知る】

葉っぱを落とした木々の上には
真っ青な空が広がっています。

薬師丸ひろ子 ハートデリバリー。

おはようございます。薬師丸ひろ子です。

【桐一葉 落ちて天下の 秋を知る】

これは、中国の古事からきている言葉だそうです。
葉っぱ一枚という小さな事から、大きな情勢の変化を読み取る。
そんな観察力の大切さを説いているそうです。

観察力と言うのは、思いやりや気遣い
優しさや親切の基本になるので、大切にしたいものです。

えー、私も、人間を演じるという仕事をしていて
観察力が必要な仕事だと、思っています。
ただ、いつもいつも、こう、アンテナを意識して
張り巡らせているわけではないんですけれども
でも、時々意識して“今日は観察しに出掛けよう”と
思う事があるんです。
そんな時はですね〜、バスに乗ったり、電車に乗ったりして
ま、私自身はあの〜、帽子を被ったりして、
誰も私には気付いていないだろうと…いう…
えー、私の勝手な思い込みですけれども
私が観察者になって、バスに乗り込みます。

よく私は、母親を演じることがありますけれども
でも実際、私に子供がいるわけではないので
ほんとのリアルなお母さんと子供の会話というのに
あまり触れる機会がないんですね。
なので、そういう時に、バスに乗って、小さなお子さんと
そうですね〜、ま、幼稚園、小学生くらいのお子さんと
お母さんが座っていると、その会話を
耳をダンボにして聞いていることがあります。

それは、自分が想像する、母と子の会話よりも
ずっとずっとリアリティーがあります。
子供の話に「そうね。そうね。」と、よくテレビやドラマで観るような
優しいお母さん像の親子もいれば、
とっても…なんて言うんですかね…笑っちゃうぐらい
リアリティーのある、シビアな会話をしている
お母さんと子供がいたりとか、いろんな親子があって
これは、自分の頭の中で想像することには限度があるので
“あぁ、そう言えばあんな親子がいたな〜”とか
“こんな会話もすることもあるんだなぁ”ということが
頭のどっかにあると、いつか自分がそういうお母さんを演じる時に
何かヒントになったりする事があります。

例えば、自分の目の前に親子らしき人が座っているとしたら
何故その人たちが親子に見えるんだろうか?
もしかしたら親子じゃないかもしれないけれども
自分の思い込みで“きっとこの人達は親子だろう”と思う
それは何なんだろうか?・・・とか
漠然としたことを、色んな理由を考えながら
えー、見てたり、観察したりすることも、まー、楽しいと言うか
時にはそんな事もしてみなきゃな〜と思う事があります。

なので、よく人を見たりとか、人の会話を何気な〜く耳に入れて
聞いているのは、とっても、私にとっては楽しいし、大事な作業でもあります。
あなたの観察力はいかがですか?

それでは今朝は、この曲でスタートです。
原由子さんで、♪少女時代♪


それでは今朝も、お便りからご紹介します。
ラジオネーム ととちゃん からです。

ひろ子さん、おはようございます。(おはようございます)
来年で50代になることや、ずっと同じ業界で働いていたこと。
一度リセットしてみようと、今月初めに辞職しました。
年内は何もしないで、ゆっくりしてみようと考えています。
長い人生、何かしら転機が必要かもしれませんね。

さて、ひろ子さんには、転機だった出来事や出会いはありましたか?
あればお聞かせください。

というお便りおただきました。ありがとうございます。

お仕事を辞められるには、そうとう勇気がいったんじゃないかな〜と思います。
それか、とってもとってもお疲れになったのか、
何か考えるところがおありだったんじゃないかな〜と思います。
ユックリされてみてはいかがでしょうか?

えー、人の事だから、こんなに簡単に言えるとも言えますけれども
でも、無理に無理を重ねて、今自分を壊してしまう人もたくさんいます。
どこかで、何かちょっと、こう、自分でお仕事を辞めるわけにもいかない方
何かちょとこう、気持ちをリラックスできる事とか、趣味とか
こう、一息つけるような、なんか自分が今ある状況の中から
ふと逃避出来るような事が見付かればいいですね。

今、こういう事で悩んでいらしたり、考えていらっしゃる方
とっても多いんではないかな〜と思います。

私の転機…というのは、そうですね〜、
一番まぁ、大きな転機だったのは、二十歳の時ですね。
えー、一回この時に仕事を完全に辞めようと思いまして
事務所も辞めましたし、何も仕事の予定も入れずに休んでみました。
その期間、一年…あったんでしょうか?
そんなに長い期間ではなかったんですけれども、
私にとっては、とても必要な時間だったし、長さには関係なく
大事な休息だったように思います。

その時に、自分がいっぱいいっぱいになって、
もう何も考えられない、もうダメだと思っても、
こうやって何か気分転換できる方法を、自分の中で見付けたり
探したりする事が出来れば、この仕事を続けていく事が出来るかもしれない
と思ったのが、二十歳の時で、
その時に、しばらくやっていなかったスキーに出掛けて
怪我したって、もう自分にしか迷惑はかからないと思ったり
そんな事が気分的にも自分を楽にして、遊んだようにも思います。

そんな事から、もう早…そうですね〜、二十歳の時からですから
それからまた、まぁ30年弱、仕事をしていますけれども
その時があったからこそ、もう、あんまりもう迷わないし
えー、自分の中では、ん〜、この仕事を続けて行こうというふうに
なんか、柱が出来たようにも思います。

まあ、そうは言っても、あのー、時々悩んだり、やはり自信がない事も
多いですし、ん〜、困った時に誰に相談…という事でもないんですけれど
一度、外国でカウンセラーの方に相談した時に
自分にこの仕事がむいているのか、いつも怒られてばっかりで
誰にも褒められる事はないけれども、何で自分はこの仕事をしてるんだろう。
自分自身と向き合いたくて、カウンセラーの方にかかった事があります。

その時に『あなたは何年この仕事をしているんですか?』と聞かれて
「早20年以上、25年、ん〜そんななるんでしょうか?」
と言って、自分で“何年だろう?”と思って数えている間に
もうお医者さんに『悩むのはやめなさい。』と仰って、
普通、ほんとに嫌だったら、そんなに長くは続けられないし
それだけの年月、あなたがこの仕事と向き合っているという事は
きっとそれは、あなたに向いている仕事なんだ。
やり続けなさい。と、言われたことが、
たった一時間の間に、それぐらいでしたけれども(笑)
なんか、その言葉に安心させられて、納得して、うん。
“きっと自分はこの仕事が好きなんだ”というふうに
それ以来ずっと、思い込んでいます。

ととちゃん、どうぞ、一回ユックリ休んで、リセットして
ご自分の好きな事をやってみて、そしてまた、今度は
ご自分の生き甲斐を見付けてください。
直接目に見える形じゃなくても、誰かの役に立ってるとか
誰かが喜んでくれる事があると、思える事があったら
また、何かいい再出発になるんじゃないでしょうか?

それでは一曲、お聴きください。
ケルティック・ウーマンfeat.薬師丸ひろ子 
♪You Raise Me Up 〜祈りバージョン〜♪ 



6622.Re: 12月2日 ハートデリバリー。
名前:RIKO    日付:2012年12月15日(土) 23時2分
こんなタクシーに乗ってみたいと思いませんか?
今日は≪ジャズタクシー走る≫というお話です。

江東区の個人タクシー、安西敏幸さんの車に乗ったお客さんは
車内に低く流れるジャズに気付いて言います。

『おや?いい音楽ですね。』とか
「もっと大きくしてください。」

安西さんの車は、後ろのトランクに真空管アンプを搭載。
車内を、振動や騒音を防ぐ材料で改修。
そして選りすぐった装備した、おそらく世界に一台と言われる
ジャズタクシー。
その噂を聞きつけた、フランスの国営テレビが、わざわざ取材に
来たこともあるそうです。

ある夜、安西さんの車に乗ったお客さんが、ポツリと言いました。

『仕事で疲れ切った帰りは、いつも虚しい気分なんです。
でもお蔭で、今夜はとっても豊かな気分になりました。』

そんな言葉をいただくのもしばしば。
安西さんは言います。

いい音で、いい音楽を聴くと、人はみんな、いい人になるんです。

今年70歳の安西さん、生まれて初めて、本物のジャズに触れたのは
中学生になった頃でした。
近所の人が連れていってくれた大手町。
出来たばかりの産経ホールの舞台に、その人は現れました。

ルイ・アームストロング。

その顔、その声、その体、そして、そのトランペットの音色。
安西少年は、胸の中でつぶやきました。
“こんな人間はいるんだ”
高校卒業後、自衛隊に入隊した安西さんは、横須賀の駐屯地へ。
ある店から洩れ聞こえてくる音楽に聞き入っていた安西さんに
一人の黒人兵が声を掛けました。

Do you like this song?

YES!!

OK!!!!

黒人兵は、安西さんを店の中に招き入れました。
『このジャパニーズソルジャーが、ブルースが好きだって言うんだ』
雲を突くような大きな男たちが、安西さんに握手を求め、お酒を注ぐ、

音楽は人を繋ぐんだ!

安西さんが学んだ瞬間でした。

自衛隊を除隊し、いくつかの会社務めの後、タクシー業界へ。
家族のため14年間、無我夢中で走りました。
そして、平成3年、個人タクシーを開業する時、ふと思ったそうです。

これからは、どれだけ稼ぐかより、どれだけ楽しく働くかを考えたい。

車載用の真空管アンプを付けて走り始めた安西さん。
予約で都内クルージングを始めると、クリスマスや誕生日
そして、プロポーズの為に利用されました。

今日も名演奏と、素晴らしい出会いを乗せて、
安西敏幸さんのジャズタクシーが走ります。


いつか、安西さんのタクシーに乗ってみたいですね〜。
私は、普段自分で運転するので、タクシーに乗るというのは
自分にとって、とても贅沢な経験が出来る場所なんです。
いつもは自分で運転していますので、周りの景色というのは
あまり見ることが出来ません。
でも、運転手さんが運転していてくれれば、自分で好きな音楽を
聴きながら、いつもは気付かなかった街の景色を見ながら
目的地まで行けることが、とても私にとっては贅沢なことで
新しい発見もあって、いつも通る道なんですけれども
“あっ、こんな所にこんなお店があったんた”とか
“あっ、こんな所にこんなお家もあったんだ”とか
わずかな小さな発見ですけれども、それでも何か新しい物を見付けたら
ちょっと嬉しくなります。

えー、以前、中国に行った時に、車は大渋滞、そして
えー、もう自転車もたくさん走っていて、今にも車と人と自転車と
ぶつかりそうな…もうヒヤヒヤするような状況の中で
その時、私が選んで聴いていた音楽は、オペラでした。

なにか、全くその場の状況とは似あわない、
ちょっとチグハグな感じもしますけれども、そういう雄大な音楽を
聴いていたら、景色の中で、自分がヒヤヒヤ、イライラしていた事も
少し治まって、それも一つの、なにかこう…映画のように見えてきたから
なんか不思議です。

お贈りした曲は、
ルイ・アームストロングで ♪ハロー・ドーリー♪でした。

薬師丸ひろ子 ハートデリバリー。
今日の放送はいかがでしたか?

さて、この日曜日。このところ空気も乾燥していますから
皆さん、喉を大事に守ってくださいね。
今日は好きな音楽をかけながら、ドライブでもしてみましょうか。

それではまた、薬師丸ひろ子でした。


6623.Re: 12月2日 ハートデリバリー。
名前:RIKO    日付:2012年12月15日(土) 23時7分
こんばんは。大変おそくなりました。
宿題にしていただいていた、2日放送分の投稿です。

ととちゃんさん、遅くなりましたが、おめでとございます。
ユックリ過ごせていますか?
充実した時間が過ごせるといいですね。

皆さん、先週分の投稿、もう少しお待ちください(^_^;)
胃腸炎が流行っているみたいですので、皆さんお気を付けください★
(女性/30歳代/関東)


6624.Re: 12月2日 ハートデリバリー。
名前:金魚    日付:2012年12月15日(土) 23時31分
RIKO 、いつもありがとうございます。
宿題などと思わずに、気楽にしてください。
と言いながら、楽しみに待っている私など、
プレッシャーをかけているのではないか、と
少し反省しています。(少しだけですが……)

私はほとんど宿題を出さずに40年あまり過ごしました。
「愉しい宿題」を出すのが難しいからです。
タクシーの安西さんのように愉しくできたら素敵だなあと思います。
(男性/60歳代/関東/『今度は愛妻家』)


6625.Re: 12月2日 ハートデリバリー。
名前:味沢(旧 戦国自衛隊員)    日付:2012年12月16日(日) 2時22分
RIKOさんが”宿題の持ち越し”と仰っていたので気掛かりでした
大切に読ませて頂きました

ととちゃんのお便りから、ひろ子さんの人生の転機について話されており、とても深イイ重要な放送回だったんですね

私も20年音楽関係の業界で以前の会社に10年勤めていましたが
PCや携帯の音楽配信(ダウンロード)によるCD不況で
数年前に業界を去りました

今ようやく別の道で立ち直りつつある最中です

ととちゃんさんへ
ひろ子さんじゃないけれど、一旦休養して心身共にリフレッシュ
するのが一番じゃないでしょうか?
またエネルギーが充電すれば道は開けてきます

RIKOさんへ
無理してないですか?みんな誰もそれこそ以前も書き込みが
ありましたが”感謝”こそすれ、”宿題”なんて望んでいませんよ
ありがたくて心苦しいくらいです
大変な作業だし、体調や家庭の事情もおありでしょう
ましてや寒さ厳しき折、年末・年始を控えてさぞやお忙しい事だと
思います 本当に出来る範囲で充分なので「宿題」は”なし”よ!
期待が負担を架けてゴメンナサイ。ありがとう。 


6635.Re: 12月2日 ハートデリバリー。
名前:ととちゃん    日付:2012年12月16日(日) 20時45分
RIKOさん
こうして、文字になると、また、違った感じがしますね。
いつもいつも大変な作業をしてくださって感謝しています。

味沢さん
コメントありがとうございます。
ひろ子さんの転機を聞くことができて、非常に励みになりました。
ただ、ハローワークに行くと 厳しいのが現状なんですが、
何とか、自分らしく、生きていきたいと思います。

長年、仕事をしていたら、ユッタリって難しいものですね。
単身赴任から持ち帰った荷物の整理もできていない…汗
気持ちが吹っ切れていないのでしょうね。

だるまさん
こちらで いつも ゆったり まったり させていただいています。
ありがとうございます。


「6621.12月2日 ハートデリバリー。」への返信


※「投稿KEY」の使用方法(自分の書き込みを削除(編集)できます.)
削除(編集)したい記事番号をチェック(□)し、
↓投稿KEYを入力、[削除]ボタン(〔編集〕ボタン)を押してください.
(投稿KEYは書き込み時に入力しなければ削除(編集)できません)
ただし、返信された記事も削除されますのでご注意を

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb