[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
小さな一歩の会

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



149.カンボジア支援活動報告  
名前:いっぽ    日付:2012/2/29(水) 21:28
国際人権ネットワークからの報告です。

 2012年 カンボジア支援活動
      2月10日〜12日    23名で活動

寒い日本から厚着の上に帽子、手袋、マフラーで身を固めて出発しましたが、
シェムリアップ到着後は、夏の服装で身軽になりました。

11日は、朝8時から市場を見学。9時に希望小学校へ到着しました。
村人によるカンボジア楽器の演奏と子どもたちの歓迎を受け、
朝礼後参加された皆様を紹介。

午前・午後に別れて校庭ではサッカー選手による教室が開催。
3教室では参加者の皆様が交代で、理科の実験・日本語とクメール語での交流
華道体験など異文化交流会が行われました。
カンボジアでは中学に行かなければ理科を学ぶことは無いだけに、
興味深い驚きの体験をすることができました。

文字表やおもちゃを通して文化の違いを理解しあう場面もありました。
たとえば「当ててしまったら負ける」「当てたら勝」など1つのゲームでも
考えの違いを感じた瞬間でした。
お母さんへ花束を作ってプレゼントする体験では、楽しく全員が夢中で作品作りに
挑戦していました。
サッカー教室では元気いっぱいにプロ選手の巧みな技を追いかけていました。
クメール語で書かれた参加者の名前を呼んで一緒に走る競争や赤白対抗戦は
初めての企画でしたが、文字を楽しく覚えるのに良い競技だと思いました。

1年生には10月新入学時に制服とゴムぞうりを配布しましたが、2年生から
6年生までは今回配りました。
新しい白のシャツを着た子どもたちは輝いて見えました。
村では夜、村長やグループ長、日頃お世話になっている学校の周りの家族を招待して
交流会を開催しました。
音楽に合わせて最後にはみんなでクメールの踊りを楽しみました。

12日は、第2回保護者会を開催。
子どもたちがクメール語と日本語で「幸せなら手をたたこう」を元気いっぱいに
歌っている姿に保護者からも笑顔があふれていました。
参加者からは、マルモダンスや華道のパフォーマンス、マジック、が披露され
盛り上がりました。
紐につるしたパイ食い競争では、かわいい笑顔がいっぱいでした。

同時に村の敬老会も開催。
11時半には校庭に敬老会の皆さんも合流。
マラリア予防の蚊帳とお米5キロ、フランスパン、ジュース、果物、
日本から持参された日焼け止めやクリームなどの化粧品、お菓子、Tシャなどを
1人ずつに手渡し致しました。
村長からお礼の挨拶や子どもたちからは感謝状を渡し、お礼の気持ちを
伝えることができました。

その後、井戸を掘った場所に住んでいる人々へお米と蚊帳、衣類などを届けました。
遺跡見学を止めて、市場で購入した材木で学校のトイレ扉や机、いすなどの
修理をして下さる参加者の方もあり、得意な分野で楽しく活躍して頂き、
村の方々や子どもたちに喜んで頂けたのではないかと思います。

参加された方々とは現地集合で空港にて初めてお会いしますので活動内容や
現地の状況、言葉、文化の違い、電気やガス、水道など何にもない村での
活動ですので本当に大変だったと思います。
十分に対応することができなかったことなど反省することばかりでございますが、
参加された皆様が村の方々と協力して一生懸命に活動を支えて下さいましたお陰で
無事に終えることができましたことをご報告させて頂きます。
たくさんの笑顔に出会え、私たちも元気と喜びをもらうことができました。

17年目にして今年は、希望小学校から6年生が卒業します。
最初に出会った子どもたちが夢にみていた「学校に行きたい」と願った夢が
やっとかたちになりました。
ご支援を継続して下さいました皆様方のご支援のお陰でございます。
感謝の気持ちでいっぱいでございます。ありがとうございました。  
                 2月15日
          国際人権ネットワーク 代表  緒方由美子


「149.カンボジア支援活動報告」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb