[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと
ハンドルネームでいいので、お名前を書いてくださいね♪
質問はできるだけ具体的に書き込んでください。回答がしやすくなりますので!
当掲示板へのご質問は医療事務のお仕事に関するもののみに限定させて頂きます。
通信教育で医療事務を勉強されている方は、受けられている講座へご質問くださいね

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



20851.画像診断のレントゲンの腰部と腰椎の部位の病名の違い  
名前:林檎    日付:2021/1/21(木) 10:13
整形で詳しい方教えてください。
先日整形外科レセプトで、骨粗鬆症の患者さんで、骨粗鬆症の検査実施して
腰椎のレントゲンを実施しました。
審査でレントゲンが減点されました。
骨粗鬆症の検査をして、医師は骨の状況を観察しているのでしょうが?
やはり、腰椎の撮影をしているので嘘でも今月のレセプト病名をつけているのが妥当ですかね!
そして、腰椎でも腰部でも記載印字の文言は違いますが、部位としては、腰だから、腰に関連した腰部狭窄症やヘルニア慢性腰痛症の記載でもよいでしょうか?
整形外科部門の病名の適応疾患名がいまいちわかりません。
教えてください。
よろしくお願いします。



20853.Re: 画像診断のレントゲンの腰部と腰椎の部位の病名の違い
名前:がっち    日付:2021/1/22(金) 8:51
目的は骨粗鬆症の検査と思いますが、当院での例で挙げますと、骨粗鬆症の診断又は経過確認の際には、骨密度(DEXA法)と腰椎2方向の撮影を行っています。
腰椎2方向は、正面・側面で撮影後に圧迫骨折の状態を確認しています。
骨密度のYAM値と圧迫骨折の状態から、テリボンやイベニティといった注射薬・内服などの検討に入ります。
ですので、骨粗鬆症(確定・疑い)・腰椎圧迫骨折(確定・疑い)が入り、圧迫骨折があった場合は、どこからどこまでの(例L1〜L5など)を補足病名として記載しています。
お尋ねの場合は、骨粗鬆症の患者様とのことなので、圧迫骨折の有無を記載すればいいのではないかと推察します。
その他、ヘルニア等疑いがあれば適宜疑い病名として記載をお勧めします。


「20851.画像診断のレントゲンの腰部と腰椎の部位の病名の違い」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb