[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
北見混声合唱団のBBS
        広告・PR・誹謗中傷など、管理者が不適切と判断した場合は 削除する事もあります

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



67.♯な音、♭な音  
名前:山Z    日付:2007/8/12(日) 23:32
練習中に思い出したことがあります。

それは以前、オケでワーグナーを練習したときの指揮者の話なのですが、コーダの部分で単なる響きの羅列にならないように、もっと和声のキャラクターを意識した方が良いというのです。要するに臨時記号♯のついたコードは明るい響きに、逆に♭のついたコードは柔らかい響きで吹くようにという指示でした。

理論に全く疎い私は、これがどういう理屈によるものなのか、気になっていました。たまたま手にした理論書にも同様の事柄がありました。(『やさしくわかる楽典』青島広志著p44〜ファ♯とソ♭同じ音でもムードは違う・・・但し詳しい理由までは書かれていない)

もやもやっとした気持ちでいたところ、先日ピアノ伴奏を担当なさっているN先生が分かりやすく教えて下さいました。N先生曰く「もともとキーにはそれぞれ個性がある。♯系のキーは明るく緊張感があり、逆に♭系は柔らかさやリラックスしたムードがある。臨時記号が出てくるのはそうしたキーの個性がハーモニーに反映されるということなのだ」というのです。(・・・N先生、違っていたら御免なさい再度教えて下さい。)

ダイナミックスの変化やアーティキュレーション、フレージング、無声音の加減・・・合唱には様々に歌にメリハリをつけ魅力的な演奏にする手がかりがあります。そういった手がかりの一つに、「和声のキャラクターを意識して際立たせること」もつけ加えられたら素敵ですよね。

210.234.199.218
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)


「67.♯な音、♭な音」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb